| 年末年始特別企画

2014年を大予想!今年の気になるゲームの話題・情勢

86

2014年はコンシューマーゲーム業界にとってどんな年になるのか?
本記事では個人的な展望を語って行きたいと思います。
あくまでも参考程度にご覧ください。

1fc90d05.jpg
コミットメント達成の危機となっている任天堂が大きな動きを見せる!?

ここ数年、業界再王手となる任天堂の経営状況は芳しくありません。
岩田社長も最近は株主などからお叱りの言葉を沢山頂いており、
社長という立場すらも危うくなっています。

一応、2013年も人気タイトルを大量投入して結果を出してきてはいるんですが、
Wii Uが足を引っ張り過ぎているため、思うような結果が出てきていません。
と言う訳で2014年はもっと大きな施策をする必要があると思います。

足を引っ張っているWii Uをどうするのか?
ユーザーが流れていると言われているスマートフォンとはどういう関係を取るのか?
新たな秘密兵器を発表するのか?岩田社長が退任するのか?
コミットメントの結果が明らかになる、4月には何らかの大きな動きがあると思われます。

13
3DS「パズドラZ」のフォロワーが生まれる?

昨年の12月に発売された3DS「パズドラZ」。
本作はスマートフォンで展開されている基本無料の「パズル&ドラゴンズ」をベースに、
ストーリー要素や演出の強化など大幅に手を加えた、
フルプライスの課金無しという買い切り型のタイトルです。

本作のようにフルプライス・課金無しで大幅に要素を加えた
スマートフォン初の基本プレイ無料タイトルは今まで無かったんですが、
100万本を超える大ヒットとなりました。この動きをみて、
似たようなビジネスモデルの作品が現れるのではないかと見ています。
スマートフォンではなく、パソコンのブラウザゲームになりますが、
PSVITAで発売される「艦これ改」の成功によってはさらにこの流れが加速するかもしれません。

51
ドラゴンクエストシリーズの最新作が遂に発表?

2012年に発売された「ドラゴンクエストX」からもうすぐ2年。
そろそろ次のナンバリングタイトルが発表されてもおかしくないと思っています。
オフラインゲームだった「ドラゴンクエストIX」からはもうすぐ5年になるだけに、
「X」を手に取れなかった人からしたら飢餓感が現れてきてもおかしくは無いですからね。

シリーズ物の新作は最新作が発売された直後に発表される事が多いので、
シリーズ最新作である3DS「ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵」が
発売された直後辺りは注意深く見守っていたほうが良いと思います。

81
PS4はどんな売れ方をするのか!?

2月22日に、いよいよプレイステーション4(PS4)が発売されます。
コンシューマーゲーム機がハードスペックの面で一世代上に行くのは8年ぶりとなるだけに、
ゲームファンとしては注目せずにはいられません。そんなPS4ですが、どんな売れ方をするのでしょうか?

おそらくスタートダッシュは供給不足だったPS3を上回ってくると思いますが、
「現行機で十分」という声がPS3発売時以上に多いだけに、
需要がひと段落する消費税が増税された辺りからはWii Uレベルの売上になる恐れがあります。
しかし、海外では順調に世代交代が進みそうなので、確実にシェアを伸ばしてくるでしょうね。

ちょっと気になるのが、大作マルチタイトルの売上比率です。
最近は大作のマルチタイトルになるとPS3版が圧倒的に売れますが、
そこにPS4版が加わることで需要が分散されると思います。
売上が分散される事で、しっかりと世代交代が進むまでは
海外産のマルチタイトルはあまりランキングの上位には入れないかもしれません。

83
ニンテンドー3DSの新型が発売?

2013年はキラータイトルを連発したニンテンドー3DS
あまりにも昨年が凄すぎたため、前年を上回る売上を出すのは困難だと思われます。
そこで、市場のカンフル剤としてさらなる新型を発売してきそうです。

それは昨年海外で発売されたニンテンドー2DSかもしれないし、
もしかしたら大きくデザインを変更した新型になるかもしれない。
そろそろコンシューマーゲームユーザーに行き渡って来そうなので、
スマートフォンのみでゲームをプレイするユーザーにも何らかの形で訴求する必要があります。

121
日本マイクロソフトが再始動!

2013年はほとんど仕事をしなかった日本マイクロソフト
しかし、2014年は新型ゲーム機Xbox Oneを日本で発売するという事で、
少なくとも昨年よりは仕事をすると思います。

そこで気になってくるのが、どれだけ力を入れるかと言う事です。
日本でXbox Oneを売るにはあの本体仕様では色々と厳しいでしょうし、
日本独自のラインナップも揃える必要があります。
またXbox 360中期のやる気を見せてくれたら良いのですが、果たしてどうなるか・・・。

130516-2155-06
インディーズタイトルがコンシューマーに続々と上陸!

「マインクラフト」、「テラリア」のヒットによって、
日本でもインディーズゲームが少しずつ浸透してきています。
PS4、Xbox Oneではインディーズゲームをさらに揃えて来るようですし、
Wii Uでも海外ニュースを見た感じでは色々と出すつもりのようです。
大手メーカーがバックアップする機会も増えるでしょうから、確実に浸透するでしょうね。

また、キックスターターというクラウドファウンディングサービスで生まれた
インディーズタイトルが今年から続々と芽を出す事も注目。
そこで生まれたタイトルがどれだけ日本のコンシューマー市場でも発売されるのか分かりませんが、
これからは確実にインディーズ生まれの斬新なゲームが
コンシューマーで発売される機会が増えそうなので、何気に凄く楽しみだったりします。
真面目な大作タイトルばかりでは面白くありませんからね!

135136
低価格販売&アイテム課金のタイトルが増える?

昨年発売された「実況パワフルプロ野球2013」は多くのシリーズ物が売上を落とす中、
低価格販売&アイテム課金商法によって大きく売上を伸ばしてきました。
この結果を見て、似たような販売形式のタイトルが増えてきてもおかしくはありません。

実際、昨年はフルプライスタイトルでも課金システムを取り入れた作品は多くありました。
それらのタイトルはほとんどが批判されていましたが、
ソフトの価格を抑えることで少しは批判が収まると考えて来るところも出て来るでしょう。

205
人気タイトルのナンバリングがスマートフォン向けに展開される?

スマートフォンでのゲーム市場拡大に合わせ、
コンシューマーゲーム市場がどんどん縮小しているのはみなさん御存じの通りです。
そんな中で人気シリーズのマザーシップタイトルが、
スマートフォン向けに展開されてもおかしくはありません。

現に「ブレス オブ ファイア」シリーズや「レイトン教授」シリーズは、ナンバリングタイトルとして
スマートフォン向けに展開(※)される予定です。「ドラゴンクエスト」シリーズこそは
今のところ展開するつもりはないようですが、だからといって今後一切ないとは限りません。

具体的には名前を出しませんが、某S・C社のFシリーズ最新作とか、
某K社のGシリーズ最新作とか、どちらかと言うと勢いが落ちてきているシリーズは、
テコ入れも兼ねてスマートフォン向けにマザーシップタイトルを出してきそうです。
※レイトンシリーズは一応、3DS版も予定されています。

ここからは昨年予想した話題の答え合わせをしたいと思います!

Xbox 360の次世代機が発表!?
⇒ようやく・・・ようやく発表されました。 

マイクロソフトは日本市場をどうするのか?
⇒Xbox Oneを日本でも発売するとは言ったものの、大きな動きは見せず。

Wii Uはどうなるのか?
⇒年明けから失速。最悪な状況となりました。

3DS向けタイトルは増えてくるのか?
⇒年末辺りからようやく売上に見合ったタイトル数の増加がありました。

無双タイトルの今後は?
⇒シリーズの乱発・マンネリによって多くの作品が前作から売上を落としています。
 特に「ワンピース海賊無双2」は前作から売上が半減しました。大体予想通りの結果。

PSVITAは生き残れるか!?
⇒値下げ、新型の発売。美少女ゲームの大量発売によってなんとか居場所を見つけられたようです。

PS3とXbox 360が(海外では)最後の収穫期に!
⇒「グランド・セフト・オートV」、「ラスト・オブ・アス」など
 今世代を締めくくる作品が色々と発売され、予想通り(海外では)最後の収穫期となりました。

不振続きのレベルファイブはどうなる!?
⇒「妖怪ウォッチ」がヒットするものの、目玉コンテンツとなる
 「イナズマイレブンGO」、「レイトン教授」、「ダンボール戦機」の最新作はいずれも厳しい結果で、
 依然として厳しい状況が続いています。そんな中、ついにスマートフォンに力を入れる事に。

発売タイトルの減少は食い止められるのか!?

⇒相変わらず歯止めはかけられず、停滞期は指で数えられるほどしか新作が発売されませんでした。

基本無料ゲームがさらに増える?
⇒「鉄拳レボリューション」など、ナムコブランドのタイトルが
 続々と基本プレイ無料タイトルとして発売・発表されたのが印象的でした。

歴代の予想記事
2011 2012 2013
2014 2015 2016
2017 2018 2019
2020

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(10)

  1. 匿名 より:

    レイトンは3DSでも出ますね
    S.C社のはHでなくFでないの?

  2. gbs より:

    任天堂のコミットメント達成は難しいですね。
    営業利益は黒になりそうな感じがあるので、そうなればあまり深刻ではないかと。
    今月末に第三四半期決算の発表があり、そこで達成可能か否かはほぼ確定するので
    そこでどのような説明があるか注目でしょうか。
    パズドラZはヒットしましたが、スマホでも圧倒的なパズドラだったからというのも大きい気がします。
    フルプライスで出すなら内容にどれ程手を入れるかが大事。
    単純移植は正直厳しい、でも追加要素を多くすれば開発費もかかる、
    それでいてパズドラ程の売上も到底見込めないとなればフォロワーがいくつか出ても、
    それで終わってしまう可能性があります。
    まあ上記はネガティブな見方ですし、利益だけではなく企業のCS機に対する姿勢も
    関わってくるのであまり問題にならないかもしれませんが。

  3. 伯爵 より:

    PS4は発売日に買いたいところですが、やりたいゲームがoutlast、サイコブレイク、FF15あたりなので初期不良も考えて最初のうちは様子見をしておこうかなと考えております。
    インディーズゲームでは、ホラーゲームあたりが大量参入して欲しいです。steamではアムネシアをはじめホラーゲームが多くあるのですが、それに対してPS3はホラーゲームが少なかったのが残念でした。
    PS2までは零、サイレン、サイレントヒル、デメント、クロックタワーなど国産のホラーが数多くあったのですが・・・

  4. kentworld より:

    >匿名さん
    大変失礼しました。色々訂正しました。

  5. kentworld より:

    >gbsさん
    流石に黒にはなるでしょうね。
    あそこまでして赤字だったら恐ろしいです・・・。
    現時点では2013年を超えるラインナップは期待出来ないので、
    決算ではある程度の結果を見せてくれないと、色々厳しいと思います。
    それだけに何らかの大きな発表をしてくると思います。
    ソーシャルゲームをコンシューマーに大幅アレンジして発売するビジネスモデルは、
    パズドラZが当初あまり注目されていなかったように、
    まだ懐疑的に見られているユーザーも多いと思います。
    しかし、現時点では予想を上回る結果ばかりを残されているので、
    恐れずに挑戦しても良いと思うんですよね。
    こればかりは各メーカーさんの考え方次第ですが、
    今回の大ヒットで励みになったのは間違いありません。

  6. kentworld より:

    >伯爵さん
    あらら・・・様子見してしまいますか。
    個人的には大した初期不良に当たった事が無いので、
    恐れずに発売日に買いたいと思っています。
    ホラーゲーム・・・確かに日本では少ないですよね。
    和製ホラーの方が好きなので、確かにもっと出て欲しい。
    海外のホラーはどうしてもグロに走る事が多いので、
    生々しさを上手く表現した和製ホラーをもっとやりたいですw
    あ、ダンガンロンパはホラーゲームとしても楽しめましたよw

  7. 黒詩★紅月 より:

    > 3DS「パズドラZ」のフォロワーが生まれる?
    『艦これ改(仮)』の内容はまだはっきりわからないね。
    『パズドラZ』みたいにフルプライスで
    パワーアップする内容だったら、
    期待したいだと思う。
    紅月はスマホゲーが嫌いとも言えるから、
    ハード版しかない楽しさと便利さぐらいは
    ちゃんと作って欲しいね。
    DL戦法とネットを繋がないと
    プレイできないゲームの面倒さは
    『シェルノサージュ』で十分に味わった…。
    続編もなんとなくスルーしたい気分がある。(;´∀`)
    > PS4はどんな売れ方をするのか!?
    PS4とPS3タイトルの開発は
    同じぐらいコストの件についてはすごく気になる。
    コストが同じと言う意味は
    ガストやコンパイルハートなど元々PS3で
    ゲームを作った会社がより良い環境を得られるだけでなく、
    技術的にPS3タイトルを開発ことが困難したメーカーが
    より開発しやすい環境でもあるじゃないかな。
    そこで、PS4をパワーフルで開発するゲームが
    多くなったことだけでなく、
    中小メーカーのゲームにも期待できそう。
    むしろ出来てほしいなの。
    ゲームはグラフィックだけではないから、
    アイデアの出処だ。
    こんなに強いハードこそ今まで出来ない作品を
    どんどん出てほしい。
    紅月はそういうゲームのほうが期待する。
    PS2時代での名作たちよ!復活の時間だ!
    > 低価格販売&アイテム課金のタイトルが増える?
    やっぱりそれはシリーズ作品じゃできない上に、
    ジャンルによって絞っているね。
    そこまで増えないだと思う。
    > 人気タイトルのナンバリングがスマートフォン向けに展開される?
    (`・д・´)コラ、ヤメタマエ!!
    シリーズが死ぬと同じような…。

  8. Ryou より:

    ■ドラクエ11の展開
    イルカの次はいたスト3DSではないかとみてます。
    後、ピザ屋(アルテピアッツァ)がニンドリで今年もがんばる的な
    コメントもしてたので本編リメイクもありそう。
    (オプーナかもしれませんけけどw)。
    それれはともかく11の話は年内にはあるでしょうね。
    いわっちの3DS向け大型タイトルがこれならしっくりきますし。
    ■ナンバリングのスマホ展開
    自分からしたら非常にトチ狂った展開としか言えません。
    あくまで外伝として運営するならともかくね。
    ブレス、天外よあんたのことじゃ。
    ■新型3DS
    4亀での亀岡さんのコメントで再度話題になり始めましたね。
    その新ハードが3DS後継機だとしたらまだ早すぎる。
    流石にDSi的なものと思ってます。
    機能としては、DS互換なし、解像度の向上、
    準備中らしい8GBROM対応(現行3DS/LLにも対応)等かな?
    ■Wii Uの展開
    kentさんは大きく触れてませんが、Wii Uのテコ入れにも注目。
    まず、お得パックによってWii Uは販売は向上しましたが、
    このお得パックは数量限定となっている点。
    数が捌けたら通常モデルに戻るのと思いますけど、
    そうなったら確実に消費者は割高と感じるでしょうし、
    売上も速攻、お得パック出す前の水準に戻るでしょう。
    そんな状況を避けるためにお得パック終了に合わせて
    “Wii U本体自体の値下げ”か或いは”マリカ8のDL版を内蔵”した
    新たなお得パック出すものと予想してます。
    てか、売る気があるならそれくらいして貰わないとですね。

  9. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    艦これ改はパッケージタイトルみたいなので、
    パズドラZのようなタイプのゲームであることを期待したいですね!
    オフラインで遊べるようなゲームだったら個人的にも歓迎。
    PS4の開発費は、PS3よりもあがらないという話はちょくちょくありますね。
    それで少しでも発売タイトル数が多くなったら良いのですが。
    ユーザーとしてはそこが一番重要だと思います。
    アイデアの話になると、日本のメーカーは
    PS4のソーシャル機能を上手く使って来そう。
    紅月さんが嫌う、ネットを繋げないとプレイ出来ないゲームばかりになるかもしれませんが^^;
    残念ながらスマホに本腰を入れるシリーズは出て来るでしょうね。
    コンシューマーでの展開に行き詰っているシリーズは特に。

  10. kentworld より:

    >Ryouさん
    >■ドラクエ11の展開
    いたストも時期的には出てきてもおかしくはありませんが、
    これはドラクエシリーズと言って良いのか微妙なところですからねぇ。
    ドラクエは2年以上待たされるのが恒例ですが、発表はされるでしょうね。
    >■ナンバリングのスマホ展開
    コンシューマーでの展開に行き詰った作品は、
    これからもどんどん流れるでしょうね。
    ドラクエのようなまだやっていけるタイトルが
    流れてしまったらトチ狂ったと思ってしまいますが。
    >■新型3DS
    僕もDSiのような本体をイメージしています。
    携帯との一体化もあり得るでしょうね。
    スマートフォンとの関係も決着付けないといけませんから。
    >■Wii Uの展開
    僕はWii Uよりも任天堂全体のテコ入れが気になっているので、
    任天堂の項目でまとめてみました。
    本当は新型3DSもまとめたかったんですが。
    >”Wii U本体自体の値下げ”か或いは”マリカ8のDL版を内蔵”した
    >新たなお得パック出すものと予想してます。
    大体そんなところでしょうね。
    今更同じ価格で単品販売は出来ないと思います。
    実質値上げとも取れますから。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

隠れた良作の宝庫!2015年マイベストダウンロードゲーム
2017年マイベストゲームランキングTOP20~大豊作だった2017年に最も楽しめたゲームを大発表!~
2018年マイベストゲームランキングTOP30~SIEソフトが健闘する中で首位になったのは!?~
パルテナ様、キトゥン、伏見 雛 、焔、他2012年マイベストゲームヒロイン
スマブラSPの8人同時バトル大会を日本5大都市で開催!?2019年の抱負を発表します!
ドラクエXIは3DS版が先行発売?PS4は年内に450万台売れる?2016年のゲーム業界を大予想!
Switchの小型モデルが発売?FFXVIが発表?2019年のゲーム業界を大予想!
喜多川祐介、ジャック、坂本竜司、プロンプト、他2016年マイベストゲームヒーロー
マックス、新島真、宮本ひかり、イリス、他2016年マイベストゲームヒロイン
大激戦を制したのはあのタイトル!2013年マイベストゲームランキング