2014/12/31/18:00 | 年末年始特別企画

今年は大手ゲームメーカーの考察もします!2014年ハード考察

2014年を締めくくる企画の第4弾!
今回はこれで7年連続となる各ゲーム機の1年間を振り返っていきます。
各ゲーム機にとって、この1年間はどんな年だったのでしょうか?

214
3DS

2年ぶりとなるマイナーチェンジ機が発売され、人気タイトルも色々発売されたニンテンドー3DS
昨年に続いて発売された「モンスターハンター」、
「ポケットモンスター」シリーズ最新作は今回も大ヒット。
今年はそれに加えて「妖怪ウォッチ」シリーズの大ブレイク。
「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズの携帯機参入が重なったことで、
短期間にダブルミリオンクラスのヒットを過去最高ペースで生み出しました。
それに合わせた新型の発売もあって、今年も圧倒的な勢いを見せつけましたね。

その一方で例年以上に中堅以下のヒットがなかったことが気がかり。
例えば「マリオゴルフワールドツアー」、「ヨッシーNewアイランド」、
「ワンピース超グランドバトル!」、「ポケモンアートアカデミー」、
「マリオパーティアイランドツアー」辺りは、本来ならもっと売れるべきだと思います。
一見健全に見える3DS市場も、闇がたくさん潜んでいる印象です。

134
PS4

ついに日本で発売されたPS4
発売当初は海外での人気爆発に合わせて盛り上がっていたものの、
その後すぐに失速して日本市場の特異性が改めて分かりました。

その後もヒット作がなかなか生れず、苦しい状況となっていますが、
9月の発表会で大量の注目作が発表。その勢いはPS3を飲み込んでしまうほどで、
現時点での状況は厳しいものの、将来性は高いハードである印象です。
PS4にとっては2015年以降が本番と言っても過言ではないでしょう。

102
PS3

PS4が発売されたことで旧世代機となったPS3
2014年もまだ現役であったものの、PS4やPSVITAとのマルチタイトルが増えた影響で
勢いが分散されてしまい、前年から大きく勢いが落ちてしまった印象です。
PS3からPS4への移行は緩やかなものになると見ていましたが、
予想よりも早く移行が進む可能性が出てきたと思います。

1e05dcbc.jpg
PSVITA

今年もコンスタントに新作が発売されたPSVITA
前年の値下げ、新型発売による勢いによってさらなる市場拡大が見込めましたが、
今年は「フリーダムウォーズ」がヒットした以外は
バージョンアップ版の発売中心で、伸び悩んだ感が強い1年でした。

頼みのSCEも海外での不振によってPSVITAは諦めムードで、
1年前とは状況が大きく異なっています。
じゃあこのままフェードアウトなの?かと言われるとそうとも限らず、
スクウェア・エニックスなど大手国産メーカーは少しずつPSVITAに力を入れ始めており、
事実上のガラパゴスゲーム機故に先行きが不鮮明となっています。

6f65700b.jpg
Wii U

ついにキラータイトルが発売されたWii U
前年のクリスマス商戦による勢いを今度こそはと繋げようとしたものの残念ながら繋がらず、
「マリオカート8」の発売までは再び寒い状況となりました。

その「マリオカート8」もソフトこそは本体の割に良いスタートを切ったものの起爆剤にはならず、
もう1つのキラータイトルである「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」は
3DS版先行発売による需要の先食いによってこちら思うような売上にはなっていません。
サードパーティの発売タイトルもほとんどなく、
まだいくつかの注目作は残っているものの、先行きは決して明るくないと思います。

192
XboxOne

海外から1年遅れてようやく発売されたXboxOne
久しぶりに日本マイクロソフトの新作ラッシュがあったものの、
これまで以上に日本向けではない本体の仕様。ビッグタイトルの不足。
Xbox360市場が冷め切った中での発売という事で涙が出るほど厳しいスタートとなってしまいました。

素人目からはとてもやっていける市場規模ではありませんが、
これでもしぶとくやっていくつもりなのでしょうか?
2015年は日本マイクロソフトの忍耐力が試される1年になりそうです。

Wii U マリオカート8 セット シロ
任天堂 (2014-11-13)
売り上げランキング: 91

PlayStation4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH1100AB02)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-10-09)
売り上げランキング: 16

ここからは大手ゲームメーカーの1年を振り返っていきます





任天堂

Wii Uに2大キラータイトルを発売したものの、
目立ったのは3DS版「大乱闘スマッシュブラザーズ」と
3DS「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」。
未だに日本市場を代表するゲームメーカーではあるものの海外市場では苦戦が続いており、
なかなか悪い状況から抜け出せません。現行機では弾を出し尽くした感があるだけに、
来年はどう乗り切っていくのか気になるところです。

カプコン

例年以上に「モンスターハンター」頼みの1年だった印象。
カプコンの場合は海外市場に力を入れてしまっている故に開発期間の長期化が深刻で、
コンスタントに大作を発売できないのが痛いですね。
その穴埋めを果たすハズのスマホゲームでもヒット作を出せず、今年は苦しい1年でした。
来年以降に出てくる大作が少しずつ発表されているので、早く巻き返してほしいところです。

バンダイナムコ

豊富なキャラクターコンテンツを抱えて安定感抜群なバンダイナムコ。
しかし、2014年のコンシューマーゲーム市場ではあまりヒット作を生み出せず、
苦しい1年だったと思います。このメーカーの場合クオリティに問題あることが多いだけに、
自業自得とも言えますけどね。来年巻き返すことはできるのでしょうか?

スクウェア・エニックス

相変わらずリメイク&海外ゲームのローカライズラッシュ。
その一方でスマートフォン向けには積極的でさらに腐ってしまった印象でしたが、
基本プレイ無料でありながらもコンシューマー向けにも積極的に展開しており、
「サガ」シリーズ最新作の発表や「ファイナルファンタジーXV」発売の目処も立ってきて、
改善の見込みはあると思います。来年以降の巻き返しに期待したいです。

セガ

数年前からコンシューマー事業を縮小していましたが、
今年はシリーズ物の最新作発売はもちろん、
クロスメディアプロジェクトの「ヒーローバンク」も展開して頑張っていました。
でも、悲しいかな。あまり大きな成果にはならず、
さらなるコンシューマー事業の縮小に拍車をかけています。来年以降はどうなるのやら。

SCE

PS4が全世界で好調だった一方、日本市場では夏に発売した
PSVITA向け2作とローカライズ担当した「デスティニー」くらいしかヒットしていません。
海外産タイトル中心では、日本での存在感を示すのは困難だと思うのですが?

レベルファイブ

「妖怪ウォッチ」一本だけで一気に絶好調となりました。
来年もまだ勢いは保てると思われますが、
それ以外にも数多くの人気シリーズを持っているだけに、
来年はそちらの復活にも期待したいところです。

コナミ

相変わらずのスポーツゲームとメタルギアソリッドの会社。
たまーにそれ以外のゲームも発売しますが、
今年は全体的に前作を大きく下回る売上のタイトルが多く、
ますますコンシューマー事業縮小の可能性が出てきています。
とりあえず「悪魔城ドラキュラ」と「ラブプラス」の今後は厳しいでしょうね。

コーエーテクモ

今年も手堅いヒットを連発した安定感抜群の企業。
「ドラゴンクエスト」、「ゼルダの伝説」など人気シリーズとのコラボレーションも積極的で、
厳しいコンシューマーゲーム市場では貴重な勝ち組だと思います。

アトラス

熱狂的なファンによって今年も安定した1年だったと思います。
「新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士」がやや不調だったのは気がかりですが、
来年はいよいよ「ペルソナ」シリーズ最新作が発売されそうで、期待しています。

角川ゲームス

フロム・ソフトウェアを子会社化するなど勢いに乗っていますが、
旬の中で発売されたPSVITAの「ラブライブ! School idol paradise」が不調だったのは残念です。
来年発売されるPSVITA「艦これ改」が二の舞にならないことを祈ります。

マーベラス

好調だった昨年とは対照的に今年は不調でした。
発売されるゲームは売上だけではなく、評判が悪いことも多く、
数年前に起きた信頼の低下が再び巻き起こっています。

その他

日本ファルコム、コンパイルハートは今年も安定感抜群。
日本コロムビアは前年に続いて密かに好調。
隠れた子供需要を掘り起こすのが上手いメーカーです。
スパイク・チュンソフトもまずまずかな。
日本一ソフトウェアは今年も新規タイトルに積極的でしたが、あまり結果を出せず。
海外勢は大作が不足していたため思ったほど浮上せず。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(6)

  1. MGMの名無し より:

    明けましておめでとうございます。今年も更新がんばってください。 個人的にはBRAVELY SECONDに期待してます。 

  2. MGMの名無し より:

    ブラッドボーン!DQヒーローズ!龍が如く0!FF15!FF零式!アンチャーテッド4!TheOrder!
    PS4に期待しております!

  3. 日本ハム より:

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    スクエニの論評が辛辣ですね!
    同意しますけど(笑)
    ケイオスリングス3を発売日に買ったのですが、あっという間に値崩れしてショックでした。(待てばよかったという意味ではなくて。)
    ある程度力を入れて作ったものがユーザーからそっぽを向かれて、社内的にもショックだったんじゃないかと思います。
    かつてのファンとしては、やっぱりコンシューマで頑張って欲しいし、新規タイトルもいろいろ出して欲しいと思っています。

  4. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    >個人的にはBRAVELY SECONDに期待してます。 
    体験版は好印象でした。
    前作との比較でハードル高そうですが、
    期待に応えられるだけの出来であってほしいですね!

  5. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    >PS4に期待しております!
    僕も期待しています。
    今年こそはPS4のあっと驚くゲームに出会いたい!!!

  6. kentworld より:

    >日本ハムさん
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    新年早々、すみません(汗)
    ケイオスリングスIIIは値崩れ早かったですよねぇ。
    こういうタイトルこそ売れて欲しいのですが。
    ですが、スマホ版も不調とのことなので、
    ケイオスリングス自体が厳しいのかもなぁ。
    今年のスクウェア・エニックスは
    力を入れたタイトル色々発売するだけに、
    現時点での実力がハッキリしそうですよ。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ニンテンドースイッチの発売日は3月18日?年内に180万台を販売?2017年のゲーム業界を大予想
2014年を大予想!今年の気になるゲームの話題・情勢
各ゲーム機・ゲームメーカーにとって今年はどんな年だった?2016年ハード&ゲームメーカー考察
ドラクエXIは3DS版が先行発売?PS4は年内に450万台売れる?2016年のゲーム業界を大予想!
喜多川祐介、ジャック、坂本竜司、プロンプト、他2016年マイベストゲームヒーロー
例年以上に印象的なヒロインが多かった!2013年マイベストゲームヒロイン
2017年マイベストインディーズゲームランキング~上位には意外なタイトルがランクイン?~
携帯機版PS4が発表される?休眠IPの復活はまだ続く?2018年のゲーム業界を大予想!
意欲的な作品が盛り沢山!2016年期待のゲーム(ダウンロードタイトル編)
隠れた良作の宝庫!2015年マイベストダウンロードゲーム