2018/06/29/12:00 | プレイ日記

イースVIII -Lacrimosa of DANA-【攻略プレイ日記】エンディングまでダイジェストで一気に攻略!


イースVIII -Lacrimosa of DANA- /PSV / PS4 / Switch

日本ファルコムが贈るアクションRPG、PSV/PS4/Switch「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」。

今回の記事では本作のダイジェストプレイ日記を書いていきたいと思います。

※本記事は2016年8月6日に公開したPSVITA版のプレイ日記を再編集したものです。

▼イースVIIIとは?

・セイレン島を舞台にしたアクションRPG。
・漂流村を拠点に島の地図を作成。仲間と共に脱出する手段を練って行く。
・漂流者を探して村へ勧誘。勧誘する度に施設が増える。
・アクションは無双ライクで爽快。
・冒険具を入手する事で行動範囲が広がって行く。

グラフィックの進化に驚いたゲーム冒頭!

2016-07-21-210051

ゲーム冒頭。

あれ?イースってこんなグラフィック綺麗だっけ?

 
と言いたくなるほど前作からパワーアップしていて驚きました。

と言っても他のゲームと比べたら特別凄くはありませんがw

イベントシーンは立ち絵では無くポリゴンキャラの寸劇になり、ボイスも追加されているので確実に1世代は進んだ印象です。

2016-07-21-210128

ゲームは豪華客船の中からスタート!

まずは船の中を探索してイベントを進める事になりました。

このあと、イベントが発生して船が沈没。島に流されるアドル達。

2016-07-22-041941

島に漂流してしまい、豪華客船の人々ともはぐれてしまったアドル。

入り江に村を作る事になり、ここがゲームの拠点となります。

島にいる漂流者をここに集め、脱出する手段を探っていく感じですね。

2016-07-22-041536

船が沈没して島に流れてからはいきなりサービスシーン!

2016-07-22-041707

彼女の名はラクシャ。19歳。よくいるツンデレ系ですが、貴族だけあって言葉遣いは丁寧。

ただ、男性には不信感を抱いていて、このイベントによってそれがさらに加速しますw

2016-07-22-043115

島にたどり着いてから最初に戦ったのがこちらのボス。

村の中にあった洞窟に入り、雑魚を倒しながら奥まで進んでいたら遭遇しました。

この時点はまだまだ簡単で、新しいアクションを覚えながら進んでいく感じになっていますね。

2016-07-22-053358

続いて戦ったのがこちらのボス。恐竜?

顔以外ダメージを与えられないので、ジャンプしながらの攻撃で戦いました。

前回のボスよりは強いですね。回避と攻撃を使い分けて何とか勝利!

2016-07-22-053729

ここで新たなパーティメンバーのサハドと合流!

ガサツだけど慣れなれしく、出会った直後にご覧の有様ですよ。

アドルはともかく、ラクシャは嫌そうにしています。

肝心の戦闘能力はなかなかのものですね。攻撃力が高いので、最後までパーティメンバーに入れておりました。

アドルよりも操作キャラにしていた頻度が多いかも!?

2016-07-22-055806

この辺りから新要素の釣りが出来るようになりました。

釣りをする事で素材が手に入って色々便利なので、気が向いた時についやってしまう♪

息抜きとしても良い要素ですね。釣りのミニゲームが収録されている作品を久しぶりにやった気がする。

仲間と共に島の奥へ!

2016-07-22-063834

冒険の舞台は森へ!

ここでも湖のようなところがあったから、戦闘の合間に釣りを楽しみましたね。

今までのイースではこんな事が出来なかったので新鮮♪

環境音も鳴っていて臨場感が今までとは比べ物になりません。

2016-07-22-070531

森の奥に行くとボスのセルペンタスと戦闘!

こいつは前方、後方のどちらからでも攻撃されるのでちょっと厄介な存在でした。

ゴリ押しが通じにくいので、ヒット&アウェイ戦法で戦いましたね。

2016-07-22-071107

ボスを倒すと 冒険具「グリップグローブ」を入手!

これを使えばツタを登る事が可能で、行動範囲が広がって行きます。

そうそう、「イース」もアイテムを入手して行動範囲を広げていくゲームでしたね~。

こういうゲーム、大好きなんですよ♪

でも、今作はストーリー主導で今のところ一本道の印象が強いですね・・・。

2016-07-22-190619

ツタを登ってこれから!って時にオウムからの伝言で村まで戻ることに。

モンスターが村を襲い掛かってきたので、新要素のタワーディフェンスゲーム、迎撃戦を始める事になりました。

これはとにかく村に突撃してくる敵を追い払うゲームですね。

タワーディフェンスゲームだけあって色々設置出来ますが、あまり洗練はされておらずとにかく向かってくる敵を倒せば何とかなるバランスでした。

評価システムやリーダーボードもあるけど、あまり意味を感じません。

2016-07-22-192931

気を取りなおして冒険の続き!

奥に進んでいくとカメレオンみたいなボスが登場しました。

最初は細長い足場で戦っていましたが、後半からは戦場が変更!

ボスは天井にぶら下がって戦うという「イース」では珍しいシチュエーションでした。

2016-07-22-200737

ボスに勝利して冒険の続き!何だか空が暗くなってきたので、キャンプをする事に。

2016-07-22-201121

アドルの夢の中に出てくる謎の少女。

セピア調の画面ですが、可愛いのは伝わってきます。一体、この少女は・・・。

2016-07-23-195657

このあと、新たなパーティキャラのヒュンメルが登場。

クールな性格の青年で、運び屋らしい。他の仲間とは違って結束力が低く、本当に信頼して良いのかよく分からない存在。でも、クールでカッコいい。

2016-07-24-090131

2016-07-24-093027

ここから連続してボスが登場!

でも、難易度ノーマルだと割とサクサク倒す事が出来てそれぞれあまり印象に残らなくなってきました。

確かに姿や行動パターンは違うんだけど、ゴリ押し気味で戦えるんですよね。

2016-07-24-095145

いくつかのイベントを攻略して沼地へ!

沼地だけあって移動が大変で、敵の攻撃も激しいので面倒なエリアだw

でも、ここのボスを倒すと冒険具「浮き輪靴」が手に入って移動が楽になりました!

沼地エリアでは必須アイテムになりそうだ。

2016-07-24-110357

夜の漂流村でのイベント。男性不信だったラクシャがアドルに・・・。

やはり、本作のメインヒロインはラクシャなんでしょうか?

ここまでの流れを見ているとそんな気がしてなりません。

ついにダーナ編へ突入!

2016-07-25-064354

今まで主人公(アドル)の夢に登場していた少女・ダーナ。

第三章からはついに彼女の視点からも物語が進行するようになります!

今まではセピア調のイラストのみの登場でしたが、フルカラー・フルポリゴンだとこんな姿をしているのか。

上半身は2枚の布で胸を隠したのみで、なかなか大胆な格好をしておるw

2016-07-25-065253

プレイアブルキャラクターとしても少しだけ操作出来ました。っていうかレベル60ですか!?

この時点で主人公サイドでは20以上もレベルが低かったので、まずはその強さに驚きました。

MPゲージも長いし、頼もしいですな~。

2016-07-26-005046

イベントシーンが挿入され、再び主人公サイドへ!

今度は山道を登っていく事になりました。かなり険しい山道になっていそうな予感。

今作はこれまで以上に高低差のあるフィールドが増えましたよね~。

2016-07-26-005905

山道で出会った少女・リコッタ。新たなパーティメンバーですね。この娘はロリコン系かな?

2016-07-26-081628

ちょっと先のイベントシーンになりますが、こんな格好で寝られると襲ってくださいと言っているようなものじゃないですかw

決して股間にある布をめくりたいとか、そんな事は断じて考えていません!

2016-07-26-070238

何度か村に戻って迎撃戦をしつつ、山道のてっぺん近くまで到着!

雲が下に見えるくらいの高さで、凄い見晴らしが良いですね~。

2016-07-28-224146

記念に一枚撮ってみました。本作はダブルタップでカメラをズームイン・ズームアップが可能で、最大まで近づけるとこのような写真を撮れます。

こうしてみると、しっかりと顔も描かれているのが分かりますね。

いや、それが今のゲームでは当たり前なんだけど、前作ではそれが怪しかったので。

2016-07-26-065452

山道で出会った日本ファルコムのマスコットキャラクター、みっしぃ。

「軌跡」シリーズで人気のあるキャラクターですが、「イース」シリーズでは見た事がありません。

みっしぃには料理をあげることが出来て、内容によってはお礼が貰えました。

今後、良い料理を作成出来て余ったら分けてあげようかな♪

2016-07-28-220426

ちなみにお気に入りの料理は「肉厚ラタトゥイユ」です。

これを食べると一定時間SPが自動回復するのでスキル技をある程度使い放題で、そこからEXTRAゲージを溜めて必殺技でドーンと攻める脳筋プレイをしやすいんですよ。

これをサハドでやると派手で強力です。

2016-07-26-073429

大きな山を越えたら、参道へ!何やら見た事がある寺院を発見。あれはもしかして・・・。

2016-07-26-074327

そう、アドルの夢に登場する少女が暮らしている寺院なんですね。

2016-07-26-082459

少しずつ寺院に近づいていくアドル御一行。このままダーナと再会する事になるのでしょうか?

2016-07-26-171818

何度かアドル編とダーナ編を交互に切り替えて先に進むと、ダンジョンを攻略する事に。

2016-07-26-172241

大樹の寺院はちょっとだけ謎解きが用意されていました。

そうそう、「イース」は謎解きなどのギミックも存在しましたね。

これまでに攻略したダンジョンは敵を倒しながら進んでいく感が強かったので何か物足りないと思っていたら謎解きがなかったからなのか。

スポンサーリンク

ダーナと再会!物語は大詰めへ!

2016-07-26-173008

ダンジョンの奥に進むとようやくダーナと再会!

詳しくは伏せますが、パーティメンバーにもなります。

ただ、アドルと同じ属性なので、常にパーティメンバーに入れると苦戦する事があるんですよね。

そのせいでダーナは最後まであまり第一線には入れませんでした。もうひとりの主人公だというのにw

2016-07-26-174504

あと、パーティメンバーに加わった途端、レベルが主人公サイドに合わせて低くなっています。

「RPGあるある」だと思いますが、ちょっとガッカリ。

2016-07-26-183633

その後は塔のダンジョンへ!

ここも多少、謎解き要素が強くて面白かった。

中盤まで進めると冒険具「始祖鳥の翼」を入手!

これで二段ジャンプが出来るようになり、今まで行けなかったところにも行けるようになります。

普通に使ってましたが、そう言えば前作まではジャンプって出来なかったんですよね。

それが今作では二段ジャンプも出来るようになったのか。フィールドの高低差が激しくなる訳だw

2016-07-27-030018

その後は寄り道をしつつ、漂流者を救出。

気が付けば漂流村の住人もここまで増えました。

これだけの人らを一気に表示させたらそりゃあ漂流村の処理が重くなるわなw

2016-07-27-031354

続いて向かったのが幽霊船!

これまでとは打って変わってホラー要素が強いダンジョンで、「航海日誌」というアイテムを探しながら探索をしました。

フィールドの構造はオープニングで探索した豪華客船に似ている?

2016-07-27-104238

幽霊船を攻略して、次のダンジョンに向かって奥に進むと大ボスのオケアノス戦へ!

これまでのボスよりも明らかに大きく、体力ゲージも沢山あって山場って感じです。

攻略方法も凝っていて、ひるませて弱点を露出させてタコ殴りするというゼルダ方式。

長期戦でしたが、これまでのボスよりも充実感はありましたね。

2016-07-28-044543

大ボスを倒し、あとは船を完成させて島から脱出するだけ!

なんだけど、少女・ダーナの謎が残されているのでここからはそちらの話がメインになります。

これまで以上に激しい戦いを乗り越え、ダーナの謎を明かしていく事に。

2016-07-28-221545

物語も終盤のようで、ここからは怒涛のボスラッシュ!

10分に1回のペースでボス戦が用意されているんじゃ!?と言いたくなるくらい色んなボスと戦います。

でも、この辺りからは攻略法が確立してしまって全員同じような印象でした。

オケアノス戦のように趣向を凝らしていたらまた違うんでしょうけどね~。

2016-07-29-063615

ついに最後のダンジョンに突入!

最後だけあってめちゃくちゃ長いダンジョンでしたw

別に仕掛け自体はそんなに凝っていないんだけど、驚くほど中ボスやボスが出てくるんですよ。

合間にはイベントシーンがいくつか存在するし、1時間以上はかかります。

2016-07-29-061456

最後のボスと戦う前に出来るだけトロフィーも取っておきました。

モンスター撃破数、古代種撃破数、フラッシュガード発動回数、フラッシュムーブ発動回数、EXTRAスキル発動回数。

それぞれ一定数を超えるとトロフィーを獲得出来るので、半端な物はここで取っておく事に。

でも、スキルフィニッシュ発動回数やブレイク発動回数は目標まで遠く、やっていると作業になりそうだったので諦めました。

2016-07-29-175357

最後のボスを倒し、エピローグへ!

ここから分岐が入って通常エンドか真エンドのどちらかになります。

通常エンドは消化不良なところがあるけど、真エンドは消化不良な部分をしっかり解消してスッキリしました!

今回はストーリーの出来がいつもよりも良いですね。

ついにゲームクリア!

398

とりあえず無事にクリア!

いやぁ~、今回は大作に相応しいボリュームだった。

大ボリュームでプレイ日記をお送りしましたが、これでもめちゃくちゃ飛ばしながら書いています。

本当はもっとストーリーについて触れたかったんですけどね~。

何にしても力作でした。テンポの悪さは気になりましたが、全体的な水準はかなり高く、良く出来ています。

関連記事:イースVIII -Lacrimosa of DANA-【レビュー・評価】若い世代でも楽しめるようストーリー要素が大幅に強化された新生イース!

イースVIII -Lacrimosa of DANA- - Switch
日本一ソフトウェア (2018-06-28)
売り上げランキング: 65


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(4)

  1. ほにょ より:

    文中のサハドという名前を見て、「イースも最近のFFみたくリアルにいろんな人種のキャラクターが出てくるようになったのかな?」と思ったのですが、画像を見て(スマホなのでページを読み込むときに画像は遅れて表示されます)変わらぬファルコム節に安心?しました。元々南欧~地中海周辺をモチーフにした舞台設定のシリーズなので、アラブっぽい名前のキャラクターが出てくるのも自然なんですけどね。

  2. kentworld より:

    >ほにょさん
    サハドはシリーズでお馴染みのパワータイプですね。
    毎回、パーティメンバーにはいますよね。
    お馴染みのドギも出て来ますよー。

  3. がは より:

    ファルコムのゲームは、波打つ海岸線の表現がよかった。世界を旅している感じを味わえました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

Marvel’s Spider-Man(PS4)【攻略プレイ日記①】拠点ミッションに大ハマリ!フォトモードで撮影した写真も大公開!
ハードモードをクリア出来るようになってきた!お気に入り曲もドーンと15曲紹介!初音ミク Project DIVA Future Tone プレイ日記
進行不能バグに遭遇!?と思いきや。ダーク ソウル2 スカラーオブザファーストシン ダイジェストプレイ日記②
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【攻略日記③】いきなりゲルド地方を攻略!攻略の順序を間違えたかも!?
マリオカート8 デラックスで追加された全16コースを軽く紹介!
ファイアーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王【攻略日記②】セリカ軍で海賊船バトルラッシュ!
ファイアーエムブレム エコーズ もうひとりの英雄王【攻略日記③】魔女ワープやガーゴイル無限増殖に苦戦!
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【攻略日記①】始まりの台地を攻略!ここだけで10時間は遊べそう!
ついに舞台は宇宙へ!レゴ シティ アンダーカバー・プレイ日記③
ゴーストリコン ワイルドランズ【攻略旅行記④】プカラでみんなとロック☆クライミング ※実況動画付き