2019/08/10/12:00 | お知らせ

【募集】ブログ運営について悩んでいるのでアドバイスをお願いします!

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

最近、ブログ運営について色々悩んでいます。

ぼくとしては時代に取り残されたくないと思っているんですが、どうも旧式の状態を抜け出せずに居るんですよ。

そこで!コメント欄で読者からアドバイスをいただくことにしました。

いくつかのテーマを設けるので、何か思い付いたらコメント欄にどんどん投稿をお願いします!

コメント欄高齢化問題

これは数年前から顕著になってきたんですが、コメント欄の年齢層が全体的に高くなりすぎています。

読者の正確な年齢を知っているわけではないんですが、よく挙げられているゲームハード・ソフトの話題からしてアラフォー、アラフィフの方が多く感じるんですよ。

おかげでコメント欄の民度も高くなっていますし、助かってますが、ぼくがメインターゲットにしている層と乖離しているにもまた確か。

最近はレトロゲーム機のミニチュアシリーズについての話題も取り扱っているとは言え、当ブログのメインコンテンツは最新ゲームの話題です。

10~20代が飛びつくような話題はそこら中にあるのにコメント欄の住人はゲーム歴30年以上の大ベテランさんばかり。

ぼくとしてはもう少し自分と同世代かそれ以下の方からのコメントも求めているんですが、一体、どうすればそういう方がコメントをするようになるのでしょうか?

おそらく、10~20代はSNSのレスポンスに慣れてしまい、ブログにコメント投稿するのが負担になってきているんだとは思います。

こちらとしては出来る限り早く返信したいとは思っているんですが、長いコメントはパソコンからじゃないと返信が出来ません。

そうなると24時間以上のタイムラグが生じてしまい、コメントに書かれている内容が古くなってしまう恐れが生まれるんですよ。

一方、TwitterなどのSNSは短文でのやり取りなので、平均して数十分でレスポンスが返ってきますから。

このレスポンスに慣れてしまうとブログのコメント欄は重すぎます。

が、これは仮定なので、是非とも普段読んでくださっている10~20代の読者からの意見を聞いてみたいです。

ぼくとしてはもっと色んな年齢層の方からのコメントが欲しいですから。

アラフォー、アラフィフの方は当ブログにコメントされる理由を教えてくれますと嬉しいです。

そもそもコメント欄は必要なのか?

そもそも、読者から見てコメント欄は必要なのでしょうか?

実は近年のブログ界隈ではコメント欄は必要ないという見方が強かったりします。

何故かというとメリットよりもデメリットの方が多いと言われているから(何がデメリットなのかはリンク先をご覧ください)。

当ブログの場合、ブログがSNSとして活用されていた頃の名残でコメント欄を設けています。

そのうえで付いたコメントには出来る限り返信をしているんですが、この規模のブログで返信をしているところって全くと言って良いほど無いんですよ。

だって、すべてのコメントに返信をしていたら何時間も経ってしまいますから。

当ブログの場合、少ない時でも1日20件。多い時には1日50件以上も付きます。

最新記事だけを見るとそんなに付いていないように見えるかも知れません。

でも、実はこれまでに公開した2,000以上の古い記事にもコメントをされる方が一定数居るんですよ。

ブログは副業やライフログのツールとして活用し、SNSは友達作りのツールとして活用する。

この5年間でそういう住み分けが明確になってきたんですが、当ブログの場合は良くも悪くも全部盛り込んでいます。

それ故に負担が大きくなりすぎてしまい、新しいコンテンツを生み出しにくい環境になっているんですよ・・・。

こんな状況でも必要なのでしょうか?

普段からコメント投稿をされる読者からの意見はもちろん、普段、コメント投稿をされない方の意見も聞いてみたいです。

「『M☆G☆M+etc…』はコメント欄がSNS化しているところが大きな魅力!」なんて声があまりにも多いようですと今後も続けないとはなぁとは思っていますが・・・。

読者はどんな記事を読みたいのか?

続いて聞いてみたいのが、読者はどんな記事を読みたいのかです。

1つのタイトルについて詳しく語るレビューやプレイ日記が読みたいのか?

それとも複数のタイトルについて色々触れているコラムや情報系が良いのか?

取り扱うタイトルは最新ゲームが良いのか?それともレトロゲームが良いのか?

取り扱うゲーム機はSwitchが良いのか?それともPS4が良いのか?

必ずしも要望に応えられるとは限りませんが、あなたの読みたい記事を教えて下さい。

スポンサーリンク

全体のまとめ

以上!今のぼくがブログで悩んでいることです。

2007年から始まった「M☆G☆M+etc…」も9月で12周年を迎えます。

ブログのあり方も開設当初とは大きく変わり、当ブログの形式は旧式と言わざるを得なくなりました。

「『M☆G☆M+etc…』は何が魅力なのか?」

自分では判断しきれないところがあるので、あなたの意見を聞かせてください。

追記:読者のコメントを元に以下の記事で改善点を挙げてみました。


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(107)

  1. 匿名 より:

    新しい層を開拓すると言う意味では政治とかどうでしょうか?

  2. げむおた街道をゆく より:

    こんにちは。僕のブログ運営の考えは、「自ら楽しみ、人も楽しませる」です。この記事は、読者に喜んでもらえるだろうと思い書いています。もちろんアクセスが多い方が良いのですが、無ければ無いで、同じ趣向の人は一定数いるので、その人たちに喜んでもらえれば、それで良しとしています。これは僕のようなブログ現状維持派の場合です。kentさんのように更なる上を目指す人には参考にはなりませんね。あと僕のブログもコメント欄は閉じています。思いやりのないコメントがあり、精神的につらくなったからです。

    • 匿名 より:

      若者の間では“基本無料ゲーム”が大流行してる故、若年層を取り込むのは難しいかと思いますが頑張ってください!!٩( ‘ω’ )و
      最新のゲームソフト(有名な大作タイトル)を基本的に取り扱えば、自ずと若い読者が増えると思います。

      個人的には、「レビュー」と「コラム」を中心的に読みたいです!😃

      • はルひ より:

        若いとゲーム好きはたくさんYouTubeのゲーム動画を見ますね。ゲーム情報収集とかの面ではほとんど機能しませんが。。
        そういう層にはそもそもゲームブログやニュースサイトの存在すら届けようがないような気もしちゃいますねえ

      • kentworld より:

        はい!頑張ります!今後も最新ゲームの話題をどんどん取り扱いますからねー!

    • kentworld より:

      そんなことがあったのですね・・・お疲れさまです。コメントが来ると嬉しいけど、誹謗中傷されると傷付きますよねぇ・・・

  3. 匿名 より:

    コメント大変でしょうから全てに変身する必要はないと思います。また受け付ける記事、そうでない記事で分けたりしてもいいかもですね。

  4. がは より:

    夏休みの自由研究みたいな面白いテーマですね。
    僕自身はおっさんゲーマーなので、自分の好みは参考にはならないです。
    以下は若い人向けにkentworldをリニューアルするなら、の一案です。

    (1)カワイイを最重視に

    まずはキャラ画像の外注化。pixivの有名絵師さんに絵を依頼する。
    自前のハト画像を使いたいというこだわりは、あえて捨ててしまう。

    ページフォントは丸文字で柔らかい印象を。
    ページレイアウトも、今の「文字、文字、文字…」ではなく、
    ゲーム画面のタイルを敷き詰めたりして、華やかに。

    (2)レビュータイトルのカジュアル化

    sekiroなどのゲームデザインに優れた濃いゲームは最小限に。
    ゲーム大会をやっているスマブラ、スプラトゥーンや
    乙女ゲーなど女子前提のゲームを多めにする。
    スマホゲーも視野に入れないといけないでしょうね。

    (3)1ページの分量を細切れにして、食べやすく

    「画面スクロール」で長文を読む習慣が、若い人には少ない気がします。
    そのため、今ある濃い記事を要約して1画面にするのではなく、
    1つのゲームの感想を、第1回(操作について)、
    第2回(キャラについて)など連載型の記事にする手もあります。

    • kentworld より:

      夏休みの自由研究ですかw

      デザインはもっとスタイリッシュにしたいなぁと思っていますが、それには膨大な手直しが必要になります。外注で何万円か払って改善しようかとは考えていますが・・・

      検索流入も期待出来るので、記事の密度は出来れば濃くしたいなぁという思いがあります。

      ただ、文章は若い人でも分かりやすくはしたいですね。

  5. hanataka より:

    40代です🎵(-_-)

    コメントする理由として、現実だとまわりでゲームトークできる状況に恵まれてないし、kentさんブログはゲーム愛が非常に伝わってくるのでコメントして関わりたくなるからです🎵

    僕は整体師なので、患者様とゲームトーク出来る環境にあるので、恵まれてる方だと思いますね。

    僕的にはPS4の話題が嬉しいですが、他機種の話題を読んで情報得られるので、今後も全方位で情報書いて欲しいです🎵

    若い世代だと、例えばウチの子供達(20代後半)、ブログ等は基本読んでないって言いますね。スマブラをネット対戦して楽しんでいますけど、気に入った作品をひたすらネット対戦して満足していますね。時間が無いって言って、ゲームプレイとYouTube観たら寝るって言ってます。

    今後も楽しく読ませて頂きますね🎵

    • kentworld より:

      コメントで関わりたくなるようなブログに感じてもらえると嬉しいです♪

      って整体師さんだったんですか!?それは初耳でしたよw

      PS4の話題、最近はあまり出来ていませんが、新作が出たらしっかりしていきます。

      やはり、若い人はブログを読んでいないのですね・・・時代は動画なのかなぁ。参考になりました。

  6. あかさたな より:

    僕は17歳ですが、コメントに関して僕自身少し思うことがあってもしないことがほとんどです。
    その原因のひとつに返信が来たかどうかをわざわざブログに飛んで確認しないといけないことがあると思います。ブログの性質上仕方ないですが、通知があればいいのになぁとたまに思います。
    あとはおっしゃられた通りTwitterとのレスポンスの違いですかね。あの楽さに慣れてしまったら少しの手間でも、いいやとなってしまいます。ブログ自体が過去の産物になつつあるというのも大きいと思います。同年代の人はもっぱらTwitterとインスタの話題ばかりでブログの話は聞いたことがありません。

    コメント廃止については正直な所どちらでもいいかなと思います。ほとんどの方が記事だけを見に来ているのでコメントは見ない方が多いと思います。あるならあるで僕は嬉しいんですが、kentworldさんの労力に見合っているかと言われれば、noだと思いますね。

    記事については、僕はレビューが見たいです。機種はなんでもいいですが、レトロより最新のゲームの方が興味が湧きます。

    • kentworld より:

      17歳の読者からの意見はとても参考になりますm(_ _)m

      そうなんですよ・・・コメント周りの仕様は旧式と言わざるを得なくなりました。色々と不便過ぎるので、ここはなんとかしたいと思っています。

      最近は記事内容だけを見る方が増えているのも分かりました。コメント返信は下手をすると記事作成以上に労力を使っているのでちょっと考えたいと思います。

      今後も最新作のレビュー記事はどんどん公開しますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

  7. 匿名 より:

    20ゲーマーです、最近管理人さんのゲームに対する姿勢が好きで読んでます
    コメントに関してはどちらでも良いかなと思います…というかあまり私はコメント自体読んでませんね…
    あとプレイ日記よりもレビューなど特集のほうが好きです、良いところも悪いところも書いてあるのでプレイ日記はいつか自分でやるかもしれないと思って読みません(すみません)Switch、ps4どちらもやってほしいです…!
    そして失礼なんですが…フォントなどが古臭く感じます(Twitterや用語集に飛ぶリンクなど)ブログデザインを見直してみてはどうでしょう
    失礼な意見で本当にすみません💦でもこのブログは好きなので応援しています。

    • kentworld より:

      コメント数が多い記事でもアクセス数に大きな差が生まれないので、あまり読まれている人は居ないのかなとは思っていました。

      今後もプレイ日記よりもレビュー記事を重視していきます。

      フォントの件は参考になりました。デザインは少しずつ見直していきます。

  8. 真山 より:

    29歳です。今までゲームブログは今やってるゲームで検索して引っかかったサイトの記事を読む程度でしたが、こちらのブログは毎日読んでます。
    キッカケはswitch購入するか悩んでた時に色んなswitchソフトのレビューが載ってたこのブログを参考にしたのがキッカケで読むようになりました。
    魅力はゲーム情報を早く載せたり、自分の視点観点で分かりやすく言ってること、あとはレビューしてるソフトのラインナップが個人的に好きです。そして、一番の魅力は見やすくまとめてくれてるとこです。
    個人的には他のブログよりも凄く見やすいと思っています。

    ブログ運営についてはしたことがないので、よく分からず何とも言えませんが、ブログに足運んでコメントを残すのは大多数の人は中々しないと思います。でも、自分みたいにコメントはしないが定期的に読んでる人は結構いるんじゃないかとも思いますし、定期的に読んでなくてもこういったわかりやすく纏めてるブログがあるのは大変助かると思います。
    続けていくかはケントさん次第ですが、俺は応援してます。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!Switchソフトのレビュー記事が読まれるきっかけだったのですね。

      一応、Switchで発売される主要タイトルは今後もレビューしていきますのでよろしくお願いします。見やすさも実感出来ているようで嬉しいです!

      大多数の方がコメントを残さず記事だけを読まれているのかな?とは数字を見て感じていました。それだったらもう少し見直していかないといけませんね。応援ありがとうございます!

  9. 匿名 より:

    コメント欄が魅力のひとつなので残した方が良いと思います
    ちゃんとした記事を読めばコメント付けたくなりますし、コメント欄が放置されないので民度が下がらない
    基本的に読者対kentさんの会話になるので読者同士の不毛な意見の言い争いになりにくいのも魅力です
    読者とkentさんのやり取りを読むことでまた違った見方が見えたりして記事を読むより面白いときもあったりします

    記事は最新でもレトロでも良いですがどっちかに片寄るとしんどいですね
    今ぐらいのバランスでも良いと思います
    読者層が高くなるのが悩みとのことですが、ある程度の年齢になると他に行き場もなくなるしよほど嫌なことがない限り居続けるので固定層になるというかけがえのない強みになると思いますよ

    • kentworld より:

      ご意見、ありがとうございます。コメント欄が魅力という意見もそこそこ頂いているので、完全に失くすのは避けたいと思います。積み上げてきたものもありますからね。

      バランス感覚に関しては了解しました。新旧の比率は下手に弄らないようにします。

  10. 匿名 より:

    自分の書いたコメントに返信あるのがわかってるので定期的に見に来るのでView数増えますし、ついでに新しい記事も見るのでリピーターになって読者囲い込めますし良いんじゃないんでしょうか?

    • kentworld より:

      確かにコメント返信を行うことである程度増えるのは分かるんですが、労力に見合った数字なのかというと違うんですよね(^_^;)

      でも、リピーターにはなってほしいので、今後も続けていきたいとは思っています。

  11. 匿名 より:

    ゲーム機の今を知りたくて、毎日読んでます。
    だから、週間売上本数、発売予定日はとても大事!
    シリーズ物だと、初めてだと分からないことが多いので、過去のソフト紹介は必要。
    ゲームレビューでは、ゲームを楽しむコツがあるといいですね。
    コメント欄は、読者に答えてほしい時だけOKです。

    • kentworld より:

      参考になります。週間売上本数、発売予定日は比較的書きやすい記事なので今後も続けていきます。

      ゲームを楽しむコツですか。好みが分かれそうなゲームの場合、単独記事で触れたいなとは思っています。

  12. 匿名 より:

    僕は二十歳手前のアラトゥウェですが、親がゲーマーだった事もあり、初めてのゲーム機が初代PSだったので、そこそこ前のゲームもある程度は知っています。
    また、名作であるほどプレイする機会にも恵まれやすく、年齢層を問わず印象に残りやすいので、余程ニッチなゲームでない限り、会話に出るゲームからは年齢層が測れるかというと、そうでもない気がします。
    まぁ学生らしからぬ文章で信憑性薄いですが。

    このブログの魅力は、レビュー記事の豊富さだと思っています。
    ゲーム名 レビュー
    でググると、このブログと@wikiが大体ヒットするので。
    個人ブログではトップクラスなのではないでしょうか?

    • 匿名 より:

      あと追加で少し。
      たまに出てくる、kentさん製の味のあるイラストは好みが分かれそうだなぁと思います。
      加えて、ちょくちょくユーモアも挟みますが、ネタの系統として下ネタ、おやじギャグなど、カッコつけ始める中高生が嫌いそうな物が多いような気が…

    • kentworld より:

      20歳手前にして初代PSのゲームをご存知ですか!?

      そうなると、生まれる前のゲームもある程度は知っているということなのですね。素晴らしいです!

      確かにゲームの英才教育を受けた方々は実年齢よりも前の世代を知っているというのはありますが、統計上、稀かなと思っています。

      有り難いことに検索でレビュー記事がよくヒットするので、今後も頑張っていきます!

  13. 匿名 より:

    21歳のゲーマーです。
    偶然ここを見つけて記事を読んでいるとゲーム紹介がわかりやすい記事が多く今ではゲームを探すときの参考にしています。また、自分も知らない昔のハードのゲームの記事もあり、昔のゲームを知るための数少ない場所となっていて重宝してます。
    コメント欄なのですが、kentさんと意見交換できる貴重な場でもあるので個人的にはこのまま継続してほしいというのが自分の意見です。民度が高いというのなら無くす必要性もあまりないと思います。
    若い層の開拓について悩んでいらっしゃるのならば、ポケモンシリーズや妖怪ウォッチやイナズマイレブンなどの若年層が多いメジャーなタイトルの記事をもっと作ってみるのはいかがでしょうか?プレイ日記もレビューもどちらもゲーム購入の参考として必要ですので今のままが丁度いいバランスだと思われます。そのゲームに関する記事を複数に分けて書くのもいいかもしれません。
    取り扱うゲームもSwitch系のソフトを少し増やすのも1つの手なのではないでしょうか。Switchの話題は嬉しいのですが、自分がここにハマったきっかけは様々な年代やハードのゲームの紹介に魅力を感じたのでハード年代問わず続けてほしいですが。
    要望も所々入っていて申し訳ないのですが、kentさんの読者にこんなゲームがあることを伝えたいという熱意は読者にも伝わっていると思います。応援しています。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!20代前半の方からの意見はめっきり聞かなくなったのでコメントされるだけで嬉しいです!

      今後も昔のゲームについても触れていかないとなと思うようになりました。

      コメント欄は荒れることが滅多に無いので、今後も形は残していきたいと思っています。

      取り扱うコンテンツ次第ではまだまだ読者層を若返らせることは出来そうですもんね。

      自分の興味次第ではありますが、挙げられたタイトルを意識していきます。

      今後も様々なコンシューマーゲームの話題を取り扱っていきますね♪

  14. アレイサ より:

    この記事は、匿名コメントが多いですね!珍しい!

    以前言った「生放送を始める」というのは、
    あながち冗談じゃないです。
    けんとさんは、トーク力やアドリブ力が必要だと思っているようですが、
    客の言っていることを理解できる包容力と理解力があれば
    放送は成り立つと思います。
    他者の意見を受容できて、様々なゲームについて知識豊富なけんとさんなら、
    来てくれた人の欲求を満たせると思います。
    あと、こういうものは人と人との関係で成り立っていますので、
    人望の厚いけんとさんなら、その点は大丈夫かと!

    新作ゲームに感動したら、
    その魅力を語る雑談配信でもしたらいいですし、
    ちょっと変わったプレイをしたくなったら、
    その内容を映すでもいいですし。
    で、さりげなくブログに誘導したら、
    今まで獲得できなかった層にも届くと思います。

    僕は、ここのコメント欄は好きですが、
    けんとさんの手間なら、なくなっても仕方がないと思います。
    以上、私からの所感でした!

    • kentworld より:

      普段、コメントされない方からの投稿が多くて嬉しいです。MGMにもこんなにも多くの若い方々が読まれていたとは!?

      生放送はもちろん、動画コンテンツに関してはかなり下の年齢層も見ているのは実感しています。

      確かに新しい層を取り込むうえでは選択肢の1つとして良いかも知れませんね・・・。

      何らかの形で動画コンテンツも強化していけたら良いかなと思っています。

      アドバイス、しっかり受け止めたいと思います。

  15. たつ より:

    僕もコメントさせていただきます!
    若い子に人気のあるYoutuberの方々もそうですが、画面のレイアウトは非常に重要で今風にしたいのであればここは手を入れないとダメでしょうね。
    コメント欄の年齢層についてなんですが、自分の意見を言いたい若い子はTwitter等で発信してるでしょうし、ブログ読者さんが全部高年齢化してるとは限らないでしょうし、コンテンツの魅力にも一役買ってると思うので、一概に悪いとは言いきれない部分もあると思います!ただkentさんの労力はかなりの物だと推測できるので続けるかはkentさんのモチベ次第ですね。
    最後にコンテンツのあり方なのですが、家庭用以外にも、スマホ、PCゲー等を見ていると今のゲームの流行り廃りのスピードは物凄くて、僕個人の意見として正直時流を読んでコロコロ変えていくのはイナゴの大軍を追っかけていくようで、悪手になりかねないと思います!せっかくここまでのライブラリと知識をお持ちのkentさんの強みを生かすには家庭用ゲームに絞って色んな機種と向き合いながらやっていけば、若者にも刺さる記事も出てくるでしょうしkentさん自身のモチベーションも保てると思います!後はちょっと無順しちゃうんですが、もう少し記事をライトにするのもありかなーと考えてますwとりあえず真摯にCSゲームに向き合ってきたkentさんの労力はきっと無駄ではないですよ!

    • kentworld より:

      そうですね、大きく動き出すと本末転倒になりかねないので、まずは小手先でやっていこうかなと思っています。

      みなさんのご意見を聞いて、ある程度考えが固まりました。近々、お伝えしたいと思います。

      何かを失くすというよりは新しい層を開拓するため現状を維持しつつ新しい試みをやっていこうかなと思っています。

      コメント欄を見て予想以上に10~20代が読んでいるんだなと思いました。

      コメントをしていないだけで読んでくれている人は読んでいるようです。それを知れただけでも今回記事にして良かったと思っています♪

  16. kamome03 より:

    30代前半です。
    去年辺りまではたまにコメントしてましたが、最近はコメントしなくなりました。理由としては、かなり常連さんも定着していてコメント欄は毎回ついてますし(失礼ながら、昔はコメントつかないこともよくありましたのでw)、コメントが余りに多いと大変かなと思いますのでだんだんとしなくなりました。
    後はツイッターやインスタに慣れてしまうとやはりレスポンスの悪さが目立ってしまうかなーと、毎回コメントしてもいつ返信コメされるか分からず、何度もコメント欄をチェックするのも正直面倒かもですね。
    毎回コメント欄を解放せず、記事によって解放するのはどうでしょう?
    一日2回記事更新の一回とか、コラムやレビューだけ解放するとか

    なんにせよ、kentさんの負担にならないことが一番だと思いますので
    熱中症に気をつけてブログ運営頑張って下さい。陰ながら応援してまっせー。

    • kentworld より:

      お気遣い、ありがとうございますm(_ _)m

      コメント欄が内輪向けなのは良くも悪くもですねw

      他の人が入り込めるような余地は作っていきたいです。

      レスポンスは本当にご不便をおかけしています。改善策を見つけたので近々発表します。

      確かに記事によってはコメント欄を閉じるのも良さそうですね。

      毎日暑いので、水分補給、気を付けますm(_ _)m

  17. おそおみ より:

    こんにちは
    読者層の若返りということですが、そもそも人口ピラミッドを考えれば仕方の無いことのようにも思います
    私はアラフォーですが、学生の頃は一クラス42人で一学年で12クラスとかありました
    小学校でも1000人以上の生徒がいたりと、まさにベビーブーム真っ只中だったのですね
    それと比較した現在はどうでしょうか?
    子供の数は激減しているのに魅力的なコンテンツは減ることがありません
    ゲームという遊びが「輝かしかった世代」と「選択肢の一つでしかない世代」が混在する今、「極端に少ない若い世代」というパイを「無限に存在する魅力的なコンテンツ」で奪い合っているのが正直なところではないでしょうか?

    アラサー以上のユーザーが増えるのはある意味では自然の流れであるように感じます
    そもそもゲーム市場そのものが「過去の栄光のリメイク」を頻繁に行う時点で若いユーザーは置いてけぼりですし、言い方は悪いですが、ツイッターやYoutube等のコンテンツに勝てる魅力もありません

    誰もが幼い頃に夢中になったものの影を追いかけて大人になるのですから、ゲーム黄金世代ではない若い人がゲームブログに足を運ばないのも自然なことなのでしょうね

    以上のことから、私はユーザー層の若返りは無謀だと思います

    • kentworld より:

      確かに団塊の世代と言われていますもんね。今では小学校に1,000人もの生徒が居るなんて信じられません。

      人口ピラミッド理論はなるほどと思いました。

      ただ、記事では触れませんでしたが、20代の読者が6割を占めているゲームブログも中には存在するんですよ。

      そことうちは何が違うのかな?と思って考えるようになりました。

  18. つぐみ より:

    おっさんですが(知ってる)
    うちの子達も動画ばっかりで、ブログとかは攻略情報系しか見てないですねー

    ブログという形式上、文字をしっかり読み取れる人じゃないと難しいかと

    web漫画とかならキャッチーだけん
    定期的にゲームパロディ漫画とか描いたらいいんじゃないかな?
    ただ、kentちゃんのギャグセンスと絵柄がコロコロ寄りなので、10代後半から20代に刺さるか?っていうと難しそうなんだけど
    もうちょっとぶっ飛んでボボボーボボーボボ寄りのキチッてる系にしてもいいかもね(笑)
    しかし、その年齢層は萌えと厨二真っ盛りで、信者体質や正義の押し付け体質になりがちだから扱いも難しそうと勝手に思います。
    客層増やす、または変えるとしたら、今の顧客を切り捨てることも厭わない気持ちが必要と思いますね
    試行錯誤頑張ってください。

    • kentworld より:

      若い人は文字を読まないとは思いたくないんですけどねぇ。

      まあ、若い人でも入っていけるよう、分かりやすい文章構成は気を配っています。

      画像コンテンツはキャッチーで良さそうですね。まあ、手間は掛かりますがw

      色々と企画を思い付いたので、これから9月にかけて発表します。期待していてください!

  19. おそおみ より:

    2019年の人口ピラミッドを確認してきました
    15歳~25歳までの男性の数は、日本人口の5%です
    その5%の中からこのブログに興味を持ちコメントをして欲しいということになりますよね

    それってどうなんでしょうか?
    正直、若い女性があまりこういったブログにコメントするようには思えません
    となればやはり「若い男性読者」を増やすことが若返りになると思います
    その数は総人口比率でわずか5%
    ネット上に若い人に訴求する多くのコンテンツが溢れる中で、この少ない人たちがゲームに興味を持ってこのブログに辿りついてコメントを書く可能性ってどのくらいなのでしょうか?

    私は、決して後ろ向きなことを言いたいのではなく、現実を正しく認識してから舵取りをした方が良いと思うのです
    アラサーやアラフォー、アラフィフィ男性の数と、15~~25歳の男性の数には大きな差があります

    若い人に何がヒットするのか
    若い人がプライベートの時間を割くコンテンツとしてゲームやゲームブログはどういうポジションなのか
    そこをリサーチしてから考えても遅くはないように思います

    頑張ってください

  20. koji より:

    コメント欄は解放する記事と解放しない記事でわけてもいいと思います。コラム記事や有料記事だけ解放するとか。
    あと公開後しばらくしたらコメント欄は閉じてしまって、コメントがそれ以上つかないようにするのもよいかと。古いレビュー記事にもたまーにコメント書いちゃってるうちの一人ですが、kentさんに負担かけたくて書いてるわけじゃないので、過去記事はコメント不可、もしくはコメ返無しにしても自分は全然かまわないですよ。

    • kentworld より:

      そうですね、もう少しコメント欄の解放を意識しようかなと思います。レビュー記事は残るものなので、出来る限り残していきたいと思っていますが・・・

  21. むぐ より:

    これは40になってしまったけど10代との付き合いが多いわたしから言わせてもらいますよ笑
    まずいまの子はコメントとかを長々と書く文化がありません。
    了解を「り」なんて略しますからね
    あと、snsやラインのやりとりが多すぎて疲弊しているようです。
    身近でみた10代の子、ラインのアイコンに80とか数字ついてますからね、めんどくさいようですよ。
    今の子はインスタに写真あげていいね!くらいしか求めてないような気がします。
    もし、若い子を入れていくとしたらスマホゲーや、snsみたいにいいね!だけでやりとりできるようなライトなコンテンツかと思います。
    おじさん世代としてはちょうどネット全盛期な為にこーゆーコメントを考えながら書いてコミニケーションを取るのが一つの楽しさとしてみについています。
    しかし、そのレスポンスのしっかりしたところがケントさんのブログのよいとこでもあり悪いとこでもあるのです。
    毎回すべての人に返信するだけでも、自分の時間も失っていくし義務感みたいな部分もあり疲弊するのかと思います。
    いつかは重荷を軽くする為コメントはツイッターにして拾えないものはいいね!で終わらせたりするのも一つの形だと思います。
    さて読みたいコンテンツとしては一つのタイトルに的を絞らないのはよいと思います。
    常に最新のゲームや気づかないインディゲームを取り上げるのも魅力です。
    ゲームに絞らない雑記みたいなのももっとあると人間性がより見えてよいのではないでしょうか?
    レトロゲーは今の子にはあまり刺さらないような気がします。
    弱点をあげます
    ケントさんは民度が高くて、真面目なのでそれが返っていい意味でも悪い意味でも教科書通りのような部分があります
    弾けてる部分もあるんですがやっぱりどこか落ちついているんです。
    なので、30〜上の世代が関わりやすい感じがでているのかもしれません。
    まあブログに関しては色々試行錯誤してみないとわからないですが、ツイッターではバズったりしててそこから若い新規層を取り込めていると思いましたのでそこにヒントがあるかもしれませんね!

    • kentworld より:

      あはは、とても参考になりますw

      うーん、めんどくさがり屋さんが増えたのかなぁ。文字を書く習慣は身に付けたほうが良いと思うんですけどねぇ。

      コメント返信に関してはもう少しフラットにしていきます。これまでは全員に返信することを鉄足していましたが、それは取りやめようかなと。と言っても大半のコメントには返信しそうですがw

      Twitterに関してはもう少し連動させていきたいなと思います。昔よりは弾けているようにしているんですが、まだ足りないかな?

      教科書通りというのは何となく分かりますw 自分としても型にはまっているなぁと感じていますので。これからはもう少し踏み外していきますので期待していてください!

  22. hachi より:

    今年で29です。
    あまりコメントできていないですが、毎日しっかり見てます。
    いつもすぐポチるせいで、こちらのブログ経由でAmazon利用することを忘れてしまい申し訳ない……;
    とりあえず、イカちゃんのフィギュアは経由してポチリましたb

    ■コメント欄高齢化問題
    若い人もプレイしているコンシューマーゲーム……ポケモン、スプラ、スマブラ、マイクラ、フォートナイトですかね。
    これらで『需要のある記事』となるとやはり攻略系になりそうです。アプデ度に新しく書いたりとか。
    スマブラSPの場合、『kent流ドンキーコング攻略法』とか書いてみるのも面白いかもしれません。(というか見てみたい)
    あとはeスポーツに注目してみたりとか……記事にするのにかなりパワーが必要だと思いますが。

    自分が思ったことは、そもそも若い時からkentさんのように「広く浅く」ゲームをやる人って少ない気がします。
    新作ゲームは安くないですし。どっちかというと「狭く深く」プレイする人が多いのではないでしょうか。

    あとはもう、常に若い人達の間で何が流行っているのかチェックするしかないかと……

    ※余談ですが、ドラゴンボールのゲームもかなり需要があります。
     実はブログをちょっとやってて、『ドラゴンボール ゼノバース2』の攻略記事をいくつも書いたのですが、春休みや夏休みになるとその記事だけアクセス数がかなり増えます。

    ■そもそもコメント欄は必要なのか?

    kentさんとやり取りできる場が無くなるのは寂しいですが、重荷に感じているのであれば、コメントの返信をやめたり、閉じたりしていいと思います。

    もう過去のように『考えが偏っている⇒コメントで指摘されて考えが変わる』なんてことも無いでしょうし。

    ■読者はどんな記事を読みたいのか?

    自分はコラム系が読みたいですね。内容によっては有料でも買いたいです。

    プレイ日記はプレイしていない人だとイメージできないので、あまり需要がないと思います。
    プレイしていれば楽しみの一つになるんですけどね。

    • kentworld より:

      おお!ありがとうございます!Amazonを利用される場合、ブログ経由だと嬉しいです!

      攻略系の記事は書いていて楽しいものは書いていこうかなとは思っています。そこで挙がったタイトルだとスマブラは書きました。それ以外のコンテンツは他の人の方が詳しそうなので書きませんでした。

      確かに若い人は狭く深くプレイしている人の方が圧倒的に多いでしょうね。色んなゲームの話題を取り扱うことがかえって足かせになっている可能性も出てきました。

      え?hachiさんブログをやっていたんですか!?初耳でしたよw 教えてくれても良かったのに///

      コメント欄はもう少しフラットにしていきます。

      コラム記事が読みたい感じですか。プレイ日記は確かに出足が鈍いので、常連さんは求めていないのかなぁと思っています。それでも高難易度アクションRPG系は書いてしまうんですけどねw

  23. ディス より:

    20代後半の読者です
    PS3時代からこのブログを読んでいますが、コメントはこれまで1度しかしたことがありません
    その理由はブログのコメントだとSNSの発言より少し責任を持たないといけないからかなと思います
    kentさん自身はもちろん、コメントでもこれだけゲーマーな方が集うブログとなりますといい加減なことは言いづらいですし、大抵は単なる独り言で片付くツイッターと比べるとすこしハードルを感じる部分はあります
    このブログの記事を読んで、その感想はツイッターで…なんてこともやってしまいますね
    これからはコメントするようにします…w
    米欄の有無に関してですが、欲しい派です
    理由はこのブログにはゲーマーが集っており、kentさんに加えてコメントでたくさんの方の意見を見ることができるからです
    ただ返信が大変とのことなので、公開して3日以内の記事のみ返信とかにしてもいいかもですね
    求めている記事ですが、やはりこのブログの場合は安心して見られるレビュー、分かりやすいゲーム発売予定リストなんかが特に魅力ですね
    自分にとってkentさんは広いネットの世界で最も信頼できるレビュアーの一人です

    • kentworld より:

      大変参考になりますm(_ _)m

      なるほど、SNSの発言よりも説得力を持たせないといけないのは確かにありますね。ブログのコンテンツは残るものですから。

      そこがコメント投稿の足を引っ張っているというご意見は目からウロコでした。

      今後はコメントしてくださるんですか!?20代からのコメントは貴重なので嬉しいです!

      コメント返信に関してはもう少しフラットにしていきます。

      今後もディスさんにとって信頼出来るレビュアーであり続けられるよう頑張ります!

  24. 雪月あきら より:

    これはなかなか難しい問題ですね。
    個人的な考えを書かせて頂きます。

    若年層はスマホゲームをプレイしている人が多い印象があります。
    ゲームにお手軽さを求めている人が多いと思うんです。
    コアゲーマー向けの高難易度ゲームは苦手だという人もいるでしょう。

    個人的な考えですが、難易度が低めの作品や一般受けしやすそうな作品のレビュー記事、廉価版など安く買えるゲームの情報記事などを増やしていけば、お手軽にゲームを楽しみたい層も取り込めるのではないかと思っています。
    ただ、難易度が低いライト向けのゲームをkentさんが楽しめるのかという問題もありますが…。

    コメント欄の廃止は僕のブログでも少し考えておりました。
    自分のブログでコメントを頂けた時はとても嬉しいです!
    しかし、読者とのコミュニケーションはTwitterメインで行うのもアリだと思うんです。
    ブログとSNSの連携が重要だという意見もありますからね。
    あえてコメント欄を廃止し、負担が少なくなった分ゲームに関するツイートを増やしてフォロワーを増やし、ブログに誘導するというのも一つの手だと思います。

    もしかしたら的外れな意見を書いてしまったかもしれませんが、少しでも参考になれば嬉しいです!

    • kentworld より:

      やはり、今の若い層はスマホゲーム世代なんでしょうかねぇ・・・かと言ってスマホゲームの話題を積極的に取り扱いたくないという気持ちもあるので難しいところです。

      チョイスする多くのゲームは自分の好みで選んでしまっているので、簡単なゲームはあまり選ばないかな?w 妖怪ウォッチ4を購入したのは自分の中ではイレギュラーでした(そう言えば、このゲームのレビュー記事には低年齢と見られる方のコメントがチラホラ付きました)。

      >読者とのコミュニケーションはTwitterメインで行うのもアリだと思う

      お手本にしているブロガーさんの多くはこのような使い分けが出来ているので、うちも徐々に移行していこうかなと思っています。

  25. 30歳 より:

    このブログを見る理由は、新作のゲームレビューを興味本位で見る程度で、
    実際レビュー見てそのゲームを買うこともないし、最近は興味もなく惰性で見ることも多い。
    そもそも気になるゲームはレビューを見るまでもなく買うから、ゲームレビューブログを見る=ただの暇つぶし、でしかない。
    ましてやコメント欄なんてついでに見ることはあれ、それがなくなって困ることは全くない。
    これはあくまで俺の考え方だけど、読み手は俺がそうであるように、ゲームレビューブログに情熱を持ってるとは限らないから、深く考えるだけ無駄な気がする。
    なので、このブログをどうするかを考えるより、今まで通り管理人がどうしたいか、それを追求するべきだと思う。
    まあ、それでは数字が取れなくなってきたが故の、この記事なんだろうけどさ。

    • kentworld より:

      大変、参考になります。ぼくとしては文章で情熱が感じられたら良いかなと思います。

      カテゴライズされがちなブログですが、その中でもひときわ輝くような存在になれたら良いかなと。今は色々と試行錯誤をしています。

  26. となりける より:

    一昔前まではネットといえば個人サイトやブログがメインでしたが、いつのまにかツイッター、インスタグラムやYouTube、LINEなどのお手軽なSNSに取って代わられてしまいましたね〜
    僕がkentさんのブログを見ているのは、個人サイト時代がメインだった初期からのネット住人だからであって、その頃を知らない世代にはブログを見るという習慣はなかなか根付かないかもしれないですね
    なので、ネット初期を知らない若い層を取り込むには、ブログよりもツイッターやYouTube等々をうまく活用しないと難しいかなと…!

    なので、少なくともブログ運営においては、無理に若い層を取り込もうとするより、いっそ今の読者が喜んでくれるようなコアな記事を今まで通り貫いて行けば良いのではないかなと思います!

    • kentworld より:

      2009年も2019年もそんなに変わらないなぁと思っていた頃もありましたが、時代は着実に動いていますねw

      もはや今の時代はSNSに完全移行したんだと思うようになりました。

      そうですね、下手にブログの内容を変えるのではなく、若い層が居る分野へ足を踏み出して誘導させるような形にしていきます。

  27. 匿名 より:

    圧倒的な知識量を動画にしてYouTubeで投稿されませんか?
    若い人や同年代はゲームの小ネタ、おすすめベスト10、解析没データ系動画に飢えているように思います。「ゲーム夜話」など考察系動画も増えて来ています。動画なら受動的に情報が流れて来ますから取っ付きやすいですし、
    そこからブログへ誘導するカタチでも良いように思います。
    私はIGN Japanが討論形式の動画「しゃべりすぎGAMER」を配信しているのを目にし、そこから興味を持ち、IGNの記事を読むようになりましたね。

    と、考えるのも誹謗中傷斡旋ブログの台頭によって、ゲームまとめ系ブログだけでく、まとめブログのイメージ自体が悪くなったと感じます。人を争わせ病ませ不幸にすることでお金を稼ぐことが余りにも当たり前になっている。ゲームタイトルでGoogle検索すると誹謗中傷系ブログが検索上位に出でくるので、ゲームにハマって情報を調べようとした一般人が汚染されてしまう。動画から入った方が安全な気がするんですよね。Youtubeは炎上目的の動画に広告を貼れなくしましたし。

    失礼な話、私自身kentさんのブログを見つけた当初は恐る恐る見ていましたが、今は感謝しています。
    良質なブログが淘汰されていく様はやるせないですね。今は個人ブログだと、こことレトロゲームレイダース最後のゲー戦くらいしか私は知りません。
    企業系だとIGN Japanと電ファミ辺りが好きですね。

    • kentworld より:

      動画コンテンツに力を入れてブログへの誘導を図るというのも戦略としては良いと思います。

      ただ、動画コンテンツの作成はブログ記事とは比べ物にならないくらい手間がかかるので、量産は出来ないんですよ・・・

      その辺りの問題を頭に入れつつ向き合っていきたいと思います。

      まとめブログのイメージは確かに悪いですね。今はGoogleから駆除される流れになっているのでもっと進んでほしい。

      当ブログはまとめゲームブログとは真逆のスタンスなので安心してください。

  28. ムツゴロウ より:

    コメント欄については、このブログの大きな魅力の一つなので、残していただきたいというのが個人的な想いです。ただ、全てのコメントに対して常に返信するのがkentさんにとって相当な負担であることは想像に難くないですし、それを止めてしまわれても致し方無いと思います(毎度長文コメントを書いている私が言うのもあれですが)。私の場合、このような記事に残すコメントは、半分独り言のようなものですし、他の方もそのような人が多いのではないでしょうか。kentさんの気分次第、コメントの内容次第で返信したりしなかったり、基本はスタンプのみで済ませたり、という形でも良いのではないかと思います。

    若年層への訴求は、かなり難しいですね…。今どきはYoutubeのプレイ動画を見るだけでレビューを見なくとも大体の内容は掴めてしまいますし、あとはAmazonレビューをチラッと確認して購入、という人が多いのではないでしょうか。Twitterのような断片的な文字情報でのやり取りが全盛の今、そのような世代相手に新規の読者を開拓していくよりも、一定年齢以上の人をターゲットにした方が、見込みがあるんじゃないかと…。

    • kentworld より:

      大変、参考になります。ムツゴロウさんのコメントはとても丁寧で、いつも返信したくてウズウズしています。上手く返信出来ていませんが・・・w

      コメント返信に関してはもう少しフラットにしていきます。失くすことはしません。

      若年層への訴求は難しいところですが、対策は思い付いたので、今後、発表していきたいと思います。

  29. メトロキシド より:

    1から順に。
    コメント欄高齢化問題ですが、まず自分は恐らくkentさんが取り込みたいであろう層の人間だと思います。その自分からすると、ソシャゲはあまり好みでないのもありますが今の記事で概ね満足をしています。また、コメント欄に関しても自分が見ても面白いです。まあ、一個人の意見なので参考にならないかもしれませんが。

    コメント欄必要か、については少なくとも自分はコメント欄が無ければこのブログの読者になることはなかったと思います。確かにこの規模のブログでコメント機能をしている人は少ないと経験的に理解していますし、またコメント欄を残すことのデメリットの大きさも理解しています。
    しかし、個人的にはこう言った有名人の方に直接返信をもらえる事、そして気軽にゲームの話ができるこの場所がとても貴重な場所であると思います。
    SNSでもできるだろう、と思うかもしれませんが自分の好きなゲームについて話せる人を一々探すのも面倒です。一方で、この場所の場合凡そカバーされているためそう言った手間もありません。
    実際に、情報をただ一方的に受信するだけであれば代替手段を考える気がします。それに、エッセイ系も今ほど楽しんで読ませていただくこともできないと思っています。
    なので、できればで構いませんがコメント欄を残していただけた方がありがたいです。

    取り扱うタイトルですが、希望としては最新タイトルのものを中心にDS、3dsやwiiもちょいちょい触れるような感じですかね。
    エッセイ系の記事はとても面白く、自分でも一度考えさせられるものが多いような印象です。
    読みたい記事は…まあ上記に上げたものが中心です。

    そんなところですかね。

    • kentworld より:

      仰る通り、メトロキシドさんの層はぼくにとっては喉から手が出るほどほしいですw

      いえいえ、とても参考になっていますよ。ゲームの好き嫌いも新世代の感覚が分かるのでどんどん聞きたいです!負担じゃなければお願いします。

      コメント欄は了解しました。この場を重宝してくださっている方も多いので残すようにします。

      取り扱うタイトルも了解しました。それらのタイトルも力を入れていきます!

      エッセイ系と言いますと、コラムですね。毎回、メトロキシドさんのご意見が聞けて密かに投稿されるのを楽しみにしているんですよw

  30. 匿名 より:

    29歳です。
    若い人とやり取りするならブログよりもSNSのほうがいいような気がします。
    コテハンの人が沢山いる個人ブログにコメントするハードルって結構高いですよ。自分は何回かコメントしたことはありますが、このコメントと同じように匿名ですから。なんだか気後れしてしまうんですよね。
    コメント欄はあると嬉しいですね。kentさん以外の人の考えも知ることができますし。ただ、返信することの負担が大きいと言うのでしたら閉めてしまうのも有りだと思います。
    読みたい記事、というか読んでる記事は情報系が多いですね。セールの情報とかはだいたいここで知ります。
    ブログが旧式であることを気にしてのこの記事だと思いますが、旧式でもいいんじゃないかって思います。流行り廃りが激しい昨今、変わらないものがあると安心します。

    • kentworld より:

      大変、参考になりますm(_ _)m

      普段、コメントをされる方の意見ばかりを見ているので、されない方の意見は大変貴重です。

      もっとSNSを有効活用したいと思います。

      このブログでセール情報を初めて知っていますか!?有り難い限りです。ちょっと元気が出てきました。

  31. 不動尊 より:

    お疲れ様です。ブログの運営がかなり難しくなってきているのでは?若年層の取り込みはブログの形態ではSNSには太刀打ちはかなわないです。これはブログの内容の問題ではなく環境の違い。
    コメント欄はこのまま継続を希望します。コメントが必要な記事は週末あたりに集約してはいかがですか?コメント欄の必要の無い記事も良いですよ。
    記事の内容ですが新作情報と売り上げの情報は見直しですね。ケントさんがコストをかけるのがもったいない。上記の情報は他でも確認はできます。これは閑散期の記事を読んでいて目につきました。新作の記事の提案ですが月一で特集を組んでみる例えばゼルダの話しを読者から色々な話しを集めてケントさんがまとめる。どうかな最後に私はおじさんなので何故コメントするのかですがケントさんが必ず返答をしてくれるからですケントさんの謙虚な姿勢は気分がいいものです。失礼します。

    • kentworld より:

      そうですね、環境の問題が大きいのかなぁとは思っています。そうなると、下手に内容を変えるのではなく、ブログに入る環境を変えていけたら良いかなと思っています。

      コメント欄は今後も残していきます。

      新作情報と売り上げの情報はコスト的にはかなり楽なんですよ。これらのコンテンツは言い方が悪いですが、手が込んだコンテンツが完成するまでの時間稼ぎとして重宝しています。

      やはり、自分が考えた文章を編みだすのが一番コストが掛かってしまいます。

      コメント返信は今後も続けていきますが、もう少しフラットにしていきますm(_ _)m

  32. おそおみ より:

    昨今、ブログは枯れたコンテンツになって行っているように思います。

    ツイッターより文字数が多く、Youtubeのように聴くことも出来ないという点が、若い人には不人気なのでしょうね
    そりゃそうです
    明らかに簡単でレスポンス良く理解しやすいコンテンツがあるのなら、誰だってそちらに移動します

    こうして1世代前のブログ→コメント形式で「満足」したり「懐かしく」思ったり、「新しいものに馴染めない」人が寄り集まる場所になってしまいます

    ゲーム会社さえもツイッターで最新の情報を発信する今、一個人がブログで後追いする意義というのは見出しにくいものなのかも知れませんね

  33. ぐりこ より:

    40代後半のものです。
    コメントは初期の頃に時々しておりましたが、ゼルダの伝説 スカイウォードソードの頃を最後にと思っておりましたが、ケントさんがブログ継続に病んでいたころに励ましのコメントをさせて頂き、今回も久しぶりとなります。
    返信が大変そうだなと思い、コメントからは遠ざかっておりました。

    この年齢になりますと、他の人とゲームの会話をすることが全くと言っていいほどなくなってしまい、コメントはしませんがコメント欄も含めて読ませてもらっていることで、ゲームでいろいろな人と繋がっている気分を楽しませてもらっています。
    ケントさんの返信がなくとも、誰かのコメントを読ませてもらい色々な考え方や情報も得ることが出来ているのかなとも思います。

    自分としてはこの年齢になっても、コメント欄も含めて安心してゲームの情報が得られる唯一のブログです。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!

      何故、アラフォー、アラフィフの方が多いのかな?と推測した時、挙げられたような理由を思い浮かべました。

      重宝していただけて嬉しいです。上手く返信が出来ているのか分かりませんが、今後もこういった場は設けたいと思っています。

  34. 110ito より:

    高年齢の瀬戸際にいる(32歳)私から回答を。

    (1). MGMにコメントする理由
    1. kentさんの人間性(ゲームに対する愛情、ゲームを愛する人に対する愛情)に惹かれたから
    2. 必ず返信をしてくださるから

    (2). コメント欄は必要か?
    個人的には、あると非常に嬉しいです。
    理由は以下の4点です。
    1. コメント欄が落ち着いていること(努力に頭が下がります)
    2. 必ず返信があること
    3. 140文字以上で描きたい場合も多いこと
    4. TwitterもInstagramもやる気がないこと
    ただ、kentさんの負担があまりに大きいようなら、無理をしなくてもとは思います。
    でもそれだと僕とのコミュニケーションの機会はほぼゼロになるので悩ましい。

    (3). どんな記事を読みたいか?
    現状の構成(ニュースとレビュー中心、たまにコラム)が好きですね。

    (4). このブログの魅力
    1. 質の高い情報が得られるところ
    (特に自分ならば全く調べようとも思わないゲームについてのレビュー情報)
    2. 気兼ねなくゲームの話ができるところ(周囲にゲーム好きがいないので)
    3. 安全性が担保されたオフ会に参加できるところ

    現在、色々悩まれているようですが、個人的にはどんな形でもいいので続いて欲しいと思っています。読者からの一方的な言い分ではありますが。。

    • kentworld より:

      大変参考になります。

      さすが110itoさん、物凄く分かりやすく、それでいて具体的に理由を書いてくださったので助かりました!

      110itoさんのような素晴らしい方に出会えるきっかけにもなりますから、やっぱりコメント欄は残しておきたいなぁと思うようになりました。

      今後も質が高いと言っていただけるよう頑張っていきます!

  35. ぽらりす より:

    ブログでは、初めてコメントさせてもらいます。

    まず私がこのブログを見ている理由は、分け隔てなく色々な機種、ジャンルのレビューが分かりやすく読めるからです。
    ニュース対しての考えが読めるのも好きです。
    そして、それが魅力だと思っています。

    私は今までコメントをしなかったのは、やはりtwitterよりもなんか敷居が高く感じます。
    私は若くないですが、多くのSNSに慣れてる若い子は、ブログ文化とずれがあるような気もするのでこればっかりは仕方ない気もします。
    あと文章力が無いので、長文になり迷惑になると感じたからです(現に今も)

    でも、他の人の意見も一目で見られるコメント欄を読むのも好きです。そして、twitterよりも交流が密に感じますね。
    なので、個人的にはコメント欄はあった方が良いかなとも思います。
    が、負担に感じるのであれば、無くしても良いかもしれませんね。

    長文失礼しました。
    kentさんが、続けれる状態が大切だと思います。
    無理し過ぎないようにしてくださいね。

    • kentworld より:

      こちらでははじめましてm(_ _)m

      Twitterのフォロワーさんが当ブログを読んでくださっているのを知った時は嬉しくなります。

      やはり、Twitterよりも敷居が高く感じるのですね・・・端から見たご意見、とても参考になります。

      今後はTwitterからのコメントも積極的にしていただけるようにしていきます。そのうえでコメント欄も残していきたいと思います。

  36. キムチ より:

    10代、20代の人はゲームのレビューを見るとしたら、Amazon等の大手通販サイトのレビューを参考にしている人が多いように思います。
    大手通販サイトは商品ページを開くとすぐに投稿数と採点が載ってるので、文章を読む手間が省けますよね。
    今の人は、どうしてこの点数になったかという理由より、高評価か低評価か、そういう結果のみに重きを置いている様に感じます。
    何かそういったトコロに若い人が少ないっていう理由があるかもしれませんね。
    きっと娯楽が溢れすぎて時間が惜しいんだと思います。

    ちなみに僕が読みたい記事ですが、今のままでかなり満足なんでよく分からんです笑
    でも思い出話的な記事とか、何か議論を提唱する記事とかは好きですね。
    そういった記事はコメント欄を設けている効果が強く出ると思いますし、僕的には友達の意見を聞いてる様で読んでいて楽しいです。

    • kentworld より:

      そうですね、点数はキャッチーですから・・・

      わかり易さも重要だなぁと思いつつ、そこばかりを意識してしまうと薄くなってしまうので匙加減が難しいです。

      今は娯楽が有り触れているので若い人は1つ1つをじっくり触る時間がないんじゃないかなとは思いますね。

      >思い出話的な記事とか、何か議論を提唱する記事

      この辺りの記事は個人的にも書いていて楽しいです!コメントもよく投稿されるので、今後も積極的に書いていきます♪

  37. セシル より:

    ここしばらくはコメント返信も負担だと思い見に来るだけでしたが、kentさんの負担が許容範囲を越えているようならコメント欄は無くても良いかなと思いますよ。意見が欲しい時だけやるというのも良いと思います。ブログ読者の若返りというのは難しいですよね。40代のおじさんから見てる若い人のやってるゲームってスマホがメインなのかなって思うので、コンシューマメインのこのブログのメインターゲットとは少しズレてる気もしますしね。個人的には、もっと突き抜けてkentワールドを創って欲しいかな(笑)では応援してますので願晴って下さい。

    • kentworld より:

      コメント返信はもう少しフラットにしていきます。

      今いる読者も大切なので、そのうえで新しい読者が入っていけるような対策を練っていきます。

      記事の内容に関しては大きく変わることはないと思うので安心してくださいm(_ _)m

  38. 匿名 より:

    やっぱりプラットフォーム自体の老朽化によるオワコン化は避けられない気がする。
    自分はアラフォーでyoutubeにゲーム動画を上げてるけど、視聴者の半数以上が24歳以下で自分とは明らかに年齢ギャップがあるのに関わらず、それなりに盛況になっているので明らかに若い層がyoutube自体に集まってる感じなんですよね。
    振り返ってみれば自分が20代の頃は2ch全盛期で、当時は全ての情報やネット文化はここに集うなんて思いこむくらい入れこんでましたけど、今は適当に流し読む程度でメインは完全にyoutubeやツイッターに移行してます。
    やはりネットの最先端にいることを維持したいなら、特定のプラットフォームに拘らず、どんどん流れに乗って変えていくことも必要だと思います。

    • kentworld より:

      そんなにも若い層が見ているのですね!なるほど・・・ブログとは対象的だなぁw

      ブログ全盛期から10年以上が経っていることを頭に入れておきます。

  39. くっぞこ より:

    こんにちは。
    私の歳は40代半ばです。。
    KENTさんのブログに時々コメントさせて頂くのは、
    単にKENTさんからの返信があるからです。
    それによってKENTさんの心の負担が
    増えてしまっているのならば申し訳ないです。
    もし、負担が多いのであれば、コメント欄は閉鎖してもらっても
    全然かまわないです…というより、
    何より、ここはKENTさんのブログなんですから。
    あと、コメント欄を残したとしても、コメント返信を一切しないとか。

  40. ケイ より:

    今年37です。
    若いつもりでいたけどアラフォーだ!?

    MGM+の魅力ですが、扱っているゲームの幅が広い所です。やっぱり、面白いゲームを知りたいっていうのが目的かな。なので、新作紹介や旧名作のレビューも楽しく読ませてもらってます。あとはkentさんの文面も真面目さが伝わってくる所が魅力的かと思います。
    コメントは返信付いてると嬉しいっていうのはありますけど、無くなるのもやむ無しかと。
    そうなったら、今までフォローしてなかったのでTwitterフォローします!

    • kentworld より:

      大変参考になります!今後もコンシューマーゲームの話題を幅広く取り扱っていきますからねー!

      Twitterはもう少し有効活用いきますので、是非フォローしてください♪

  41. masomiya より:

    30代半ばです。
    凄く重大な事でしたので、コメントはしてませんでしたが、ずっと読んでるブログなので、ここはコメントさせて頂きたいと思います。

    まず、コメント欄を私は見てますし、参考にしてます。kentさん以外の方がそのゲームとか記事に対してどう思ってるか手っ取り早く読めるからです。今の10代20代の方がどちらかというと保守的だと思います。考えが偏るし、信者的だし、文章も読まないしで。30代〜年齢的にもプロジェクトの中心人物だったり、管理者的な立場だったりで、どの職業でもどうしても報告書などの文章を読まなければならず、またビジネス本なども読んでる為、文章に親しみがあるし、調べ物もするからリンク先の参照も苦じゃないと思います。本を読む方は例外なく想像力が豊かだと思います。性格の良い悪い関係なく(笑)10〜20代は卒論とか就職時以外本を読む事、文章を読む事が少ない気がします。

    何が言いたいかと言うとブログという媒体自体が若者向けではないという事です。私の20代ではYouTubeが始まったばかりでmixiやモバゲーなども読んでたし、ブログ全盛の時代でしたが、動画全盛の時代にわざわざ文章を読む人間は先に記載した通り文章に触れる様になる30代からだと言う事です。
    それに貶めているようで申し訳ないですが、kentさん自体も、またその周りの環境も年相応の方々ばかりで、見識を広める為に10代や50代など幅広い年齢の方々との付き合いが無い様に感じます。文章から、またブログのレイアウトからですが私はそう読み取れました。
    自身のリアル環境も幅広い付き合いがなければバーチャルな読者なら尚更1020代読者の心は掴めないと思います。

    最後に、進撃の巨人のアルミンが「何かを得るには何かを捨てなければならない」的なセリフを言っていたと思いますが、3040代読者を切り捨てるつもりで企画や文章、レイアウトを改革断行しないと1020代読者の割合は増えないと思いますが、総読者数はかなり減少すると思います。
    その覚悟をもって、ブログコメントの閉鎖やブログ自体に手を加えて頂きたいと思います。
    願わくば好きなブログなので、良い方向に行って欲しいですし、kentさん自身も書いていて楽しいブログになっていってくれればと思います。
    長文失礼致しました。

    • kentworld より:

      確かにブログは若者向けという匂いがしなくなりました。一方、動画コンテンツは見るからに若者向けであることが伝わってきますw

      そうなると、年齢層が高くなってしまうのも止む終えないのかなぁ・・・。

      このブログは出来る限り分かりやすさを重視しているので現状には驚きを隠せませんでしたが、もう少し現実を受け止めていきます。

      常連さんになるのかは分かりませんが、若い人を呼び込ませるための策は考えたので実行に移していきます。

    • がは より:

      横から失礼します。すばらしい考察ですね。
      「若年層の取り込み」
      「(アクセス総数向上による)マネタイズの強化」
      この2つは相乗効果というより、相反する課題な気もしてきました。

  42. ヨウタイガ より:

    長く続けていればこその悩みであり、転換期ですかね。
    僕は平均年齢を上げている方だと思いますが、やはり年齢が上がるほど、日常の身の回り(会社等)でゲームの話をする機会が減りがちな分、身近なブログにコメントする事で関わりを持つのかなー、とか思いました。僕はまだ職場ではゲームをする人間もそこそこいますが、やはり深い話は難しく、こちらのブログでは思い切り話せますし、コメントを返していただける嬉しさもあり、身近に感じています。
    ただ、KENTさんのブログもそれなりに長くみていますが、やはり大きくなるほどコメントへの負担が増加しているんだろうな、という思いもあり、全てのコメントに返信する対応に尊敬の眼差しで見ています。
    若い方は、ツイッター等の比較的リアルタイムでの情報のやり取りが主流なんでしょうかね。僕も最近はツイッター利用していますが、お手軽感はありますね。
    今後のコメント返しの負担を考えるとやめるという決断も1つかもしれませんね。1個人としては寂しい部分もありますが、ツイッター等もありますしね。
    読みたい記事と言えば、僕はやはりレビュー記事が好きです。KENTさんは新作購入から早期に熱のこもった記事を上げてくれるので、自分が気になっているゲームの時は特に読むのが楽しみですね。

    いずれにせよ、大きなブログを長く運営していく中では、やはり変える部分が出るのは当然だと思いますし、ゲームやブログ更新自体にKENTさんが楽しみを持って向き合えるスタンスが、最終的には読者のためにもなるのかなー、なんて思います。
    最近はNOTEの記事もありますが、やはり自分のライフスタイルの変化とともに、仕事、趣味の時間のバランスも変わりますし、気負いすぎないスタイルが、心身ともによろしいかと思います。
    いずれにせよ、これからもブログは楽しみにしてますよー。
    オフ会でゲームで盛り上がるも楽しいですが、ゲームやそれに付随する生活のトークとかも面白そうですね!
    長文失礼しました。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!アラフォー、アラフィフ辺りになると日常でゲームの話をするのはかなり限られてしまうでしょうから、このような場が重宝されるのかなとは思っていました。最近はそれが顕著になりすぎているので深刻に捉えていましたよ(^_^;)

      Twitterは本当にコミュニケーションを取る分には便利ですよね。個人的にも楽だなぁと思いつつもブログに注力していますw

      コメント欄は残しておきますが、今後はもう少しTwitterを有効活用したいと思います。近々、施策を発表します。

  43. ジョエリー より:

    少なくとも自分の周りではツイッターやユーチューブが主流なメディアです。ブログに関してはやってたという話も見てるという話もほとんど聞かないので今の若い人たちにはあまり馴染みのない文化かもしれません。若い読者を増やしたいならツイッターやユーチューブで目立つような動きをした方が良いと思います。

    コメント欄に関しては個人的に記事と一緒にコメントも読むので楽しみな要素の一つですが返信が負担になっているなら過去記事のコメントには返信しないとか一部の記事には返信しない、もしくはコメント欄を設けないとかしても良いと思います。ツイッターの方が若い人がコメントをしやすいと思うのでそっちに誘導しても良いかもしれません。

    記事の内容に関しては個人的に今のままで満足してます。自分の周りでよく話題に出るゲームはスマホゲームが大半ですが、スプラトゥーン・ペルソナ・CODなど大作ゲームの発売日近辺になると割とCSゲームの話題が出ることもあるので最新のゲームの話題をメインに取り扱うのは今後も続けた方が良いと思います。

    • kentworld より:

      お若いジョエリーさんからのご意見は参考になりますm(_ _)m

      やはり、若い人たちにブログというワードは珍しいものなんですね・・・。

      コメント欄の解放や返信は今後も続けていきますが、返信を徹底するのは止めようと思います。でも、大半のコメントには返信します。

      Twitterはもう少し有効活用したいと思うようになったので、近々、誘導するための施策を発表します。

      記事内容も了解しました!今後もコンシューマーゲームの旬を追い求めていけるようなブログにしていきます!

  44. 匿名 より:

    20歳です
    コメントはしませんが記事は見てますよ

  45. クマちゃん より:

    皆様の言う通り、民度維持と意見交換のためにコメント欄は残した方がいいです。でももしコメント返信は負担になったら、全てのコメントに返信する必要はないと思います。もちろん自分のコメントにKentさんの返信が来たら嬉しいですが、Kentさんが楽しめなければ意味がありません。

    記事も今のままでいいと思います。レビューするために無理やり好きではないゲームをやる必要がありません。Kentさんが楽しめるのは一番です。
    でも絶対SIMPLE主義のラー油さんみたいにたまにKentさんの食生活を発信するのもいいと思います。

    • kentworld より:

      了解しました、コメント欄は残しておきます。クマちゃんさんからのコメントはいつも楽しみにしていますよ。先日はうっかり見落としていて返信が遅くなってすみません。

      仰る通りレビューするゲームは無理やり選んでしまったら本末転倒なので、若年層狙いで好きでもないゲームをプレイするのは避けたいと思います。

      食生活を発信ですか!?ゲーム雑記系の記事で検討してみます。

  46. kenken より:

    今更かもしれないですが、気になるテーマだったのでコメントさせてください。
    自分でゲームブログやっててこう言うのもなんですが、kentworldさんのブログをたまに拝見していたにも関わらずこれまであまりコメントしなかったのはブログのコメントってちょっと敷居が高く感じるからなんですよね‥

    なので基本的にはブログにコメント欄不要派です。
    ‥ただこのブログに関しては民度が高いのでコメント欄があった方がいいと思います。

    あと今後のブログ運営については
    ・youtubeを利用する
    ・このブログを(リスク覚悟の上で)新規向けに大きく変える
    が多くの意見みたいですが、もう一つの選択肢として
    ・もう少し低年齢向けの新ブログを作る
    というのはいかがでしょうか。
    ‥大変だとは思うのですが、このブログの良さを消さずに色々実験的なことはできるんじゃないかなと思います。

    ただブログ自体古い(特にゲームブログってジャンル)問題はあるかと思いますので、新しいゲームブログを作っても、成果出すのは難しいかな‥と思います。
    私のブログはkentworldさんより低い年齢を意識してますけど、見に来る人ってやっぱり30~40歳ぐらいの人が一番多いので。(レトロゲームとか多数扱ってるから当然と言えば当然かもですが‥)

    あともしyoutubeやるとしたら大変です。
    すでに言われてますが、ブログよりはるかに時間がかかる‥(やり方次第だとは思いますが)
    ゲームジャンルは競合多いし、その中でどういうやり方をしていけばいいのか未だ試行錯誤状態です。(すみません、これは私の個人的状態です‥)

    私の場合、動画に力を入れた関係で最近ブログがちょっといまいちな感じになってますし、kentworldさんが今後どういうやり方を取り入れるにしても、労力はかかるけど結果は出なかったってことになりうるかと思います‥

    長文失礼しました。
    今後のどういう運営するのか、同じゲームブログを書いている者として注目してます!

    • kentworld より:

      長文コメントありがとうございますm(_ _)m

      ブログのコメントはたしかに敷居が高いですね。ぼくも他のブログでコメントは滅多にしませんから。この壁は年々高くなっている気がします。

      今後のブログ運営についての案をありがとうございます。どれも可能性を感じますが、かなりの労力が必要であることが難点ですね。

      動画コンテンツの作成はブログよりも遥かに大変であることは実感しています。うちも実況こそはやっていませんが、インターネットラジオや短いプレイ動画の編集だけでも時間がかかっていますので・・・。

      そういう意味でkenkenさんが動画コンテンツに力を注いでいるのを見ると頭が下がります。

      ブログにしても対話形式だと編集が大変そうですし、「凄いなぁ」と思ってみています。うちも全く同じことは出来ませんが見習いたいです。

      読者層に関しては、やはり30~40代が一番多いのですね。もう少し下の世代を取り込めたら良いと思うのですが、ゲームブログだと難しいようですね。

      対策に関しては+αの方向で考えています。

  47. y.crash より:

    このブログでは少なくとも公開されている範囲でしょうけどみなさん民意が高いと思うのと、返信されるのが楽しみなのでコメント欄は残してほしいと思うのが本音ですが、もし返信がつらいと思われるならばコメント欄を廃止してもそれはかまわないかなと思ってます。

    自分はどうもひねくれてるんで20代ですけど流行とか嫌いですし、ツイッターやらとかもやる気がないんですよね・・・。
    なんで前にも言ったかもしれないですが自分としてはむしろブログの方がいい場所になってるんですよね。

    このブログを見始めたきっかけってKentさんもご存じ「オリとくらやみの森」あたりですが実はXboxタイトルもしっかりと記事として扱っているっていうところ大きいかもしれないです。
    オリはちょうどその時めっちゃやりこんでたゲームっていうのもあったんですよね。
    もちろん任天堂のゲーム機のソフトやプレステのソフトのゲームレビューも充実してますが、自分としてはXboxのソフトレビューがあったっていうのが一番の要因かも。

    まあ、自分みたいな人はほとんどいないと思いますがw

    実はアドバイスとか全然思い浮かばなくてコメントするかすっごい迷ったんですが、アドバイス関係なしに言いたいこととりあえずコメントすることにしました。

    • kentworld より:

      今後もXbox系のレビューもどんどんしていきます!

      ブログはコミュニケーションの場という意味では旧式と言わざるを得ないです。

      ブログならではの閉ざされたコミュニティも良いもんですが、新規が入りにくい状況なのでテコ入れを図ることにしました。

      いえいえ、コメントをありがとうございます。今後もブログ運営自体は大きく変えません。

  48. AVC-M370 より:

    Kent氏がこの先生きている間ずっとゲームレビューをしていたい覚悟があるならば、このスタイルで良いとは思うがね。
    あっちの方と言うか利益がなければやってられない、慈善事業ではないと言う面が強くなり、皆辞めていったとは思うが。
    楽しめなければ人生ではない。

    若年層は、雑誌も読まれない時代だけにそもそも文字記事が読まれない可能性はあるな。
    TwitterやらLINEやら比較的短文の会話連投コミュニティーや、動画での生映像で声を聴ける事や短文のワイプがポイントでもあるのかね。

    後はスマホ離れを何とかさせる事だろうか。
    コレ一台で必要なことが完結している以上、他のデバイスより触れている時間が長い。
    反面ゲーム機はその用途の気が向いたときにしか触って貰えない。
    プレイ中にスマホアプリが呼び出せば、ゲーム機は手を止められてしまうが、スマホアプリ同士ではスマホから手を離すことはない。
    場合によってはTVを必需品とするところから始めなければならない、まあ昔とは違うのだろうな。

    • kentworld より:

      最新記事で今後の施策を発表しました。コンテンツ自体は大きく変えていきませんよ~。

      文字中心のメディアは不利だとは思いますが、自分のペースで読めるなど利点は残り続けると思います。

      ブログの利点は何なのか、改めて考える機会をいただけました。

      今は娯楽が溢れていますが、コンシューマーゲームもブログも高い競争率の中で生き残っていけるようなコンテンツを生み出し続けてほしい(いきたい)です。

  49. 30代の名無し より:

    30代で見てるだけの人だったが、最近になってコメントした方がいいのかな?って雰囲気が出てきたのでコメント残させて頂きますね。

    あってもなくても大差ないようなコメントでも沢山していった方がいいんですかね?

    あとツイッターはアカウント持ってるけど積みゲーの消化で忙しくて全くログインしてないんですよね。そんな居ないも同然の人にフォローされても胡散臭いアカウントとしか思われなさそうでほぼ使ってなかったりしますね。

    あと最近の記事の感想言わせてもらうが、アフィとか言われても分からないですし、私より若い人じゃもっと知らないんじゃないでしょうかね?

    • kentworld より:

      ありがとうございます!

      記事を読んで思ったことがあればコメントしてくれると嬉しいです。

      やっぱり寂しいですし、褒められたら承認欲求を満たせますからw

      アフィリエイトはブロガーじゃないと分からないことなのかも知れませんね・・・

  50. 都築孝師(つづきたかし) より:

    私がこのブログを見つけたきっかけは確か

    「スーパーロボット大戦X」にアニメ作品「魔神(ましん)英雄伝ワタル」が参戦!!!

    という長年の夢がかなったことでした!!!その嬉しさから、かたっぱしから「スパロボX」&「ワタル」関連の記事や情報を検索していたらこのブログを見つけることができたというわけです。
    つまり私は本来このブログにとっては

    “部外者な読者”

    のひとりだったわけです・・・!
    はじめは顔出し程度のつもりだったこともあり一旦は忘れ去っていたはずでしたが、約1年後に舞い戻り、タイミングよくPCエンジンミニの発売が発表されたことであれから入り浸っているという状態です。
    そんな感じなので本来このブログが求める最新ゲーム好きな若者たちがどうしたらこのブログを見つけてくれるのか?このブログを読んで気に入ってもらえるのか?というご質問には答えられないですし、アドバイスもできません・・・申し訳ありません。
    (続いて『お知らせ』記事に向かいます)

    • kentworld より:

      いえいえ、ぼくなりに解決策は見つけたので、挑戦してみることにします!

      もっとこのブログを若返らせていきたいですねー!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。