2018/03/27/12:00 | M☆G☆Mコラム

カミングアウトをして任天堂の事がますます好きになってきた!

任天堂信者でPS嫌いだった僕が全機種を愛するゲーマーに更生した話

元任天堂信者であることをカミングアウトしてから約半年。

今回の記事では今の心境をお話したいと思います。

胸を張って任天堂を好きと言えるようになった!

カミングアウトをしてからこのブログで任天堂への愛を堂々と語れるようになりました。

まず、大きいのが読者の方々が暖かく受け止めてくれた事。

もっと厳しい意見が集まるかと思っていたのに、僕のことを嫌いになるどころか好きになってくださる方が沢山現れたんです。

しかもカミングアウトがきっかけで親交が深まることもあって、友達が増えました!

その影響で吹っ切れてしまって、「元任天堂信者だろうが任天堂贔屓だろうがユーザーなんだからどうでも良いじゃん?」と思うようになったんですね。

以前までは様々な事情によって任天堂が好きであることを前面に押し出し過ぎると後ろめたさみたいなものを感じていたんですが、今は全く感じていません。

好きな物を好きと発信して悪いことなんて何もありませんから♪

でも、面白い作品に出会えないと愛って薄れてしまうじゃないですか?

ところがですよ?

有り難い事にカミングアウトをする直前にSwitch/Wii U「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を始めとする素晴らしい作品に出会えたので、僕の任天堂愛は薄れるどころかますます加熱するようになったんです!

おかげで過去最高レベルに熱が高まっていて、愛に関しては全盛期と比べても遜色ないほどになっています♪

全盛期(任天堂信者時代)との大きな違いは任天堂以外のコンシューマーゲームを敵視していないことですね。

任天堂タイトルが好きだけど、それ以外のコンシューマーゲームソフトもだーいすき♪

任天堂愛と比べたらちっぽけなものかもしれませんが、今はコンシューマーゲーム全般を応援していきたいと思っています。

中立を意識しすぎた故に狂った感覚

ところで、僕が何故、任天堂への愛を前面に押し出したら後ろめたさを感じたと思いますか?

理由は複数ありますが、まず、一つ目は総合系のコンシューマーゲームブログを運営しているから。

しかもタチが悪い事に売上や業界考察系の記事も公開しているので、中立じゃないと説得力が落ちると思ってしまったんですね。

なので、任天堂に対して必要以上に強く当たってしまったんです。

僕の場合、素性が素性なので、放っておくと任天堂贔屓になってしまいそうでしたからね。

だったら欠点に感じるところを強調して目立たせればバランスが取れるんじゃないかと思ったんです。

また、今、ここで初めてぶっちゃけますが、当ブログで機種表記を「PS4/XboxOne/Switch」「PS3/Xbox360/Wii U」「PSVITA/3DS」と任天堂ハードの表記を頑なに後ろへ持っていくのはバランスを取るためだったんです。

こうする事で「任天堂贔屓じゃないんですよ~」と遠まわしに伝えていたんですね。

でも、ある時に気が付きました。個人で運営している以上、どんなに頑張っても中立でいられるのは不可能だって。

ゲームプレイに費やせる時間は限られていますし、多感な時期に楽しんだ作品はどうしても思い入れを持ってしまいますから、絶対に偏りは生まれてしまうんです。

今は色んなゲームを楽しんでいますが、どうしてもアクションゲームに偏ってしまい、それ以外のジャンルが手薄なのは否めませんもん(人気ジャンルNo1のRPGはもっとプレイしたいとは思っているのですが・・・)。

その点に関しては未だに少しコンプレックスを持っていますが、好きの度合いが偏ってしまうのはどうしようもありません。

そもそも、物申さなければ良いんだ!

そもそもの話、何故、ここまで中立を意識しなければならないのでしょうか?

そこも最近分かってきたんですが、僕、ゲーム評論家ごっこをしていたんですね。

業界に関しての展望を語ったり、物申していたので、だったら説得力を持たせるため中立を意識しなければならないんじゃないかなって。

でも、所詮は素人が運営しているゲームブログですから、僕が物申したところで大して影響力はないと思うし、業界考察に関しても大して価値はないと思うようになったんです。

それよりはいちコンシューマーゲームファンとしての「愛」や「楽しい」を発信した方が結果的に価値が出てくると思うし、有意義なんじゃないかなって。

なので、以前のように全方位物申す系の記事を公開する事は止めました。また、必要以上に煽ったり、ネガティブな見出しを避けるようになりました。

そういう事をするから一部の方からえこ贔屓に受け止められてしまい、重箱の隅をつつかれてしまう訳で、単純に「嬉しい楽しい大好き」と言い続けていたら誰も突っ込まないでしょう。

任天堂大好き!PSも大好き!Xboxも大好き!

それで良いじゃないですか。

「任天堂大好き!PS大嫌い!」「PS大好き!任天堂大嫌い!」なスタンスの方が読み応えあるかも知れませんし、毒を盛ることで高評価への価値が高まると思いますが、無理に毒々しくなる必要なんか無いと思います。

もちろん、「嬉しい楽しい大好き」と言い続けているだけだと記事がパターン化しますし、読み物としても面白くなくなってくるので、「【閲覧注意】想像力でゲーム機のコントローラをHENTAIな物に置き換えてみた!」みたいなユーモア記事を織り交ぜたり、こういうコラム記事を公開するなどして別の形で味付けしていきたいと思います♪

また、どうしても気になった点があるとしたら、目立ちすぎないくらいに書いていくつもりです。

後ろめたさを持っていたもう一つの理由

僕が任天堂への愛を前面に押し出したら後ろめたさを感じたもう一つの理由。

それは、自分自身がメインターゲットから外れていて、ファッションとしてみたら任天堂をカッコよく感じなかったから。

やっぱり、成人男性としてはまん丸なキャラクターよりもカッコイイキャラクターが前面に出たゲームをプレイしていた方がカッコ良く見えると感じてしまうんですよ。

そう感じている時点でカッコ悪いのかも知れませんが、厨二病をこじらせたカッコつけたがり屋なのでねw

今はもう、吹っ切れていますので、少なくともネット上ではゲームをファッションと捉えるのを止めにして気にせず「任天堂大好き!」って言いたいと思います。

スポンサーリンク

僕と任天堂は切っても切り離せない関係

一時期は任天堂から距離を取ろうと思ったこともありました。

任天堂のイメージで染まりたくないから意図的にブログで任天堂への扱いを悪くしたり、必要以上に厳しく当たったり。

せっかく出会った任天堂仲間とも僕が拗れてしまったせいで仲違いをした事もありました。

任天堂が不調だった影響も大きいですが、それ以上に自分自身を変えたいという想いが必要以上に強まってしまい、暴走してしまったんですね。

その結果、アンチ任天堂とも言えるような方とブログを通じてつるんでしまった事もありました。

任天堂のイメージに染まりたくなかったので、そういう方々は僕にとって好都合だったので利用してしまったんです。

でも、僕がどんなに任天堂から距離を取ろうと思っても無理だったんです。離れようと思ってもくっついてしまう!w

例えばニンテンドーダイレクトが放映されるとします。

すると、放映終了後に数多くの仲間たちがLINEやメールを送ってくるんですよ。

「カービィの新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」とか、「今回のダイレクトは良かった!」とかw

それだけ、僕は数多くの任天堂仲間たちに囲まれていたんですね。

もちろん、当ブログでニンテンドーダイレクトの情報まとめ記事を公開したら物凄い沢山のコメントが付きます。

こんなにも数多くの仲間が居たら離れたくても離れませんし、仮に冷めていたとしても皆さんに感化されて熱量が高まりますよw

そもそも、当ブログは任天堂のおかげでここまで大きくなれました。

任天堂のWiiへのソフト供給に対する不満」という記事を公開したら各所で拡散されて平均アクセス数が4倍になり、「ゼノブレイドクロスを発売日に買うのをやめることにします」という記事を公開したらまとめブログに紹介されてまたまたアクセス数が倍増して・・・

いずれもネガティブな記事なのでそこは不本意ですが、任天堂が居てくれたからこそ当ブログが大きくなったのは確かなので、そこは本当に感謝したいです。

不快に思われた任天堂ファンの皆さんへ改めて

改めて書かせていただきますが、今まで当ブログを読んでいて不快に思われた任天堂ファンの皆さん。本当に申し訳ありませんでした。

今後は中立を保つために任天堂へ強く当たるとかバカな事はせず、それよりも「好き」な気持ちをもっともっと前面に押し出していきたいと思います♪

最近は任天堂熱が高まっているので、買い逃した過去の作品もどんどん購入していますよ!

コレクターになるつもりはありませんが、任天堂好きなので見逃した良作にもどんどん手を出していきたいと思っています。

もちろん、当ブログはコンシューマーゲームファンブログですので、任天堂以外のゲームタイトルも積極的に取り扱い、「ここが面白いよ!」と伝えていけるようにしていきたいです!

このスタンスはずっと続けていきたいと思っています。10年、20年。それだけスタンスを維持していきたいな♪

10周年を機にカミングアウトをしましたが、それまでが第一章だとするとこれからは第二章になります。

コンシューマーゲーム好きが集まる真の楽園を目指していきますよー!

ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX - Switch
コーエーテクモゲームス (2018-03-22)
売り上げランキング: 28



コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(24)

  1. hanataka より:

    好きなことを好きなように楽しむって素晴らしい❗

    僕は違う理由で、遊びたいのに手を出していないゲームがありますからねぇ。

    金銭面で考える事もあるんですが、平日住んでるワンルームマンションの整理整頓で考える事もあるのですよ。

    掃除好きで、物の置き方を「掃除しやすいか!?」で考えて物を買うので、これ以上、ゲーム機増やすと……という理由で諦めてるんです。

    潔癖症か!とよく言われるんですが、この性格のために欲しい作品を諦めてるって……ちょっと考えものですねぇ。(-_-)

    • kentworld より:

      凄い!そこまで徹底されて整理されているんですね!

      僕の場合、部屋が超汚いので見習いたいくらいですよ(^_^;)

      ホント、掃除は意識してやらないといけませんね・・・

  2. すこーる より:

    カミングアウトってすごく勇気が必要な行為なんですよね。
    告白することで自分がどう思われるのか想像すると怖くなって言えないことは、きっと多くの人が抱えていると思うけど、そのことをブログで大々的に発表したんだから、改めてkentさんはすごいなあと思いました。
    元任天堂信者であることは、ゲームファンでなければ別に何でもないことだろうけど、思いを抱えている本人からすると、大問題でしたでしょうからね。

    カミングアウトをしたことで、kentさんはいい成果を得られたし、それを見てまた勇気をもらえた読者もいるのではないと思うから、結果は大成功だったのではないかと思います。

    「離れようと思ってもくっついてしまう」んだから、kentさんにとっては任天堂は人生って感じなんでしょうね!

    • kentworld より:

      そうですね。カミングアウトは相手にどう思われるのか本当に不安です。

      僕のカミングアウトはゲームブログ界ではタブーだと思っていたので、明かすまではどうなるのか本当に読めませんでした。

      結構、ゲームブログって荒れやすいですからね・・・

      結果的にはみなさんに心を開いて頂けるきっかけになりましたので、大成功だと思います!

      任天堂=人生であることは間違いないですね。

      任天堂が居たからこそこのブログは存在し、大きくなりました。この恩は忘れないようにしたいです!

  3. ホンマ?トモフミ より:

    僕もケントさんの最悪はブログを辞めるかもしれないと前情報を出していたカミングアウトはどういう爆弾💣を投下するのか不安でその不安はツイッターでやなことがあったことをトリガーにツイッターなどのアカウントを消して9月のしばらくの間、ケントさんのブログに顔を出さなくなるぐらい不安でしたよ(´・_・`)

    でも蓋を開けてみれば、それは自分の青春時代と似通ってて、な〜んだってなりましたよ。
    でも〇〇は正義で✖︎✖︎は悪だということで、どちらかをこき下ろそうとする風潮はわかります。
    単純に便利な方を好きになったり、両方好きになればいいのになかなか難しいものですよね(^^;;
    僕もそれは通った道で単にゲーム好きといえども生きてるといろいろ葛藤がなぜかおきますよね。

    僕はもしかしたら一見、達観してるように見えるかもしれませんがゲームライフの枠組み作りは未だに止まってないですよ。
    例えば、今だと基本料無料のスマホゲーは任天堂のしか認めないとかPSVRは実際に体験してないからヘッドマウントしてゲームするのが、怖いという偏見を持ってます(おまけに高いし…)。

    でもそれでも一つだけ思うのは、ケントさんという最高のネット友達とやっぱり僕の人生の生きがいはどうしてもゲームなので、今後もコンシュマーゲームとケントさんのMGMブログはしばらくまだ数年以上続いていたら、個人的には嬉しいです!

    ケントさんも反発や文句が読者の知らない範囲であるかもしれませんががんばってくださいね👍

    コメントしませんでしたけど、昨日のコントローラ変態妄想も気が抜けておもしろかったですよ(笑)どんだけコントローラが卑猥なものに見えるのですか!
    「お主、コントローラに恋をしておるな!?」

    • kentworld より:

      心配をかけてすみませんでした。あの予告がトモフミさんにそこまで大きな影響を与えていたとは・・・。

      カミングアウトの内容は予想外だった感じでしょうか?トモフミさんを始め、カミングアウトをしたことで逆に好感を持てた人が多かったのでこちらも良いきっかけを与えられましたよ♪

      同時期、悲しいことがあったんですが、トモフミさんのエールもあって耐えられました。本当にありがとうございます!

      偏見というものは誰しもが多少なりとも持っているのでしょうね。問題はそれを表に出すのか出さないかだと思いますので。

      トモフミさんはほとんどの記事に長文コメントを投稿してくださって、もはやMGMは生活の一部になっているのではないでしょうか?

      こちらとしてはトモフミさんの生活の一部になっているだけでも存在して良かったと思っています!今後も期待に応えて読み応えのある記事を書き続けていきたいです♪

      コントローラの変態記事はこのタイミングでぶっ込んでみました!w 人によっては好みが分かれそうですが、真面目で普通なゲームブログの運営はもう、飽きてしまったので、はっちゃけ記事もやっていきますよ♪

      あの記事は書いていて自分でも恐ろしくなってきましたw ここまでコントローラが卑猥なものに見えてしまうのも一種の才能かもしれませんね(^_^;)

      • ホンマ?トモフミ より:

        ほんとですよ!カミングアウトする前からケントさんのMGMブログは僕にとって生活の一部だったので、カミングアウトによってはブログが終わるかもしれないっていうのは、少なくとも気分は良くなりませんよ(^_^;)依存しすぎなのにも気をつけようと思って、9月のしばらくの間は距離を置いてましたけどね。
        でもそれでケントさんをはじめ、C-REXさんなどに迷惑をかけたのは申し訳ありませんでした。

        それにしてもケントさんのカミングアウトが僕以外に受け入れられてこちらも嬉しいです(*’▽’*)
        僕ももとは任天堂信者だったものなので(^^;;

        • kentworld より:

          いやはや。カミングアウト前からこんなブログを生活の一部にしてくださるとは!?

          依存しすぎると、消えてしまった時のショックが大きいですもんね。こちらこそご迷惑をおかけしました。

          カミングアウトは明るく締めようとは思っていましたが、予想以上に反応が良かったです。新たなファンを獲得出来たので嬉しいなぁ♪

  4. AVC-M370 より:

    個人的にはTVゲームという物が任天堂スタートで経験して来ている為、なんだかんだ言おうと切り離しては計れない存在として居るだろうか。
    玩具の様であろうとそれは手軽に楽しめる物の形と言うかね。
    PSはAV機器の様なハイテクを楽しめる物の形であり、どちらだからこうというのも楽しみで良いかと。

    • kentworld より:

      そうですね。スタートはここですから。古巣からは離れようと思ってもなかなか離れません。

      玩具もAV機器も魅力的ですよね。TVゲームはこれらを融合しているところに魅力を感じます。

  5. 青雲スカイ より:

    子供の頃の体験や記憶というものは強烈ですから、それによって構築された嗜好というものは自然に変わる事はあっても、意識的に消そうとしたり変えようとしても無理が出てきてしまうかもしれませんね。

    kentさんが任天堂に対して意識的に厳しく接していたという時期をリアルタイムでは見ていなくて過去の記事を色々読んだ位ですが、正直言ってkentさんが任天堂への感情移入や愛を消したり隠そうとしても不自然さや無理が出てくると思いますし、好きな物を好きと言い、楽しい物を楽しいと言う今のスタンスが一番だと感じます。

    • kentworld より:

      好きな物を隠す程ではありませんでしたが、今のように「好きだー!」と強調することも出来ず、もどかしい思いをしておりました。

      周囲の目を気にしすぎてしまったんですね。

      周りを気にするのは重要なことではありますが、ポジティブな面は包み隠さず伝えたほうが良いんじゃないかと思うようになりました。

      今はかなり自然体で運営出来るようになり、付いてきてくださる読者さんもより親和性の高い方々になってきたと思うのでこれでよかったです♪

  6. kou より:

    ゲームは娯楽ですから、楽しむのに何かを意識してしまうと楽しさが損なわれてしまう、というのは確かだと思います。
    自分もネットの内外でそんな例を見たり、自分で経験したりもしました。

    迷惑をかけない範囲で気楽にやるのが一番だと思います。拙著ブログも基本的にそんなコンセプトでやってたりします。
    …そのおかげできまぐれ更新なんですが。

    • kentworld より:

      ゲームは娯楽なのに、色々と難しく考えすぎておりました。

      長く続けていくと定期的に軌道修正をしないといけませんねw

      ブログ上では好きなことはもっと素直に伝えていけたら良いなと思うようになりました。

  7. メタ君 より:

    好きなら好きのまま。そして嫌いなら嫌いでいいですよ。そしてその仲間もみつけられるはずです。嫌いなら別のものを好きになる、好きなら好きのままでいる。これが大事だと思います

    • kentworld より:

      長年の経験上、好きな物を公言し続けていると似た者同士が集まってくると実感しております。

      メタ君もマリオの関連記事に色々コメントしてくださって、当ブログが気に入ってくれたようで嬉しいです♪

      • メタ君 より:

        いえいえ、そちらこそ楽しい記事を有り難う御座います。新しい記事を見つけたら思わず読んじゃいます。Kentworldさんもこれからも宜しくお願いします!!

  8. むぐお より:

    まあ発信者っていうのは色々気を使いますからね!
    気を使いすぎても仕方ないですもんね〜
    そのほうが気楽に運営もできると思います。
    でも、俺もそうだったんですが、サターン買ってたときはプレステをすごい敵視しまして、バーチャのパクリで鉄拳だあ?とかデイトナに対抗してリッジレーサーだあ?
    とかすごいはらたったんですけどなんなんでしょうねあの感情は笑
    頑張って応援してたけどFF7にトドメさされた気分でしたね
    いやサターンにはグランディアがある!みたいな無駄な対抗心燃やしてみたり笑
    いまになるとすごいアホらしいです
    ちなみに任天堂は俺の中でゲームの歴史の中心だった為敵対心はなく、ファミコンからすべての機種を買っております。
    まず任天堂のだす本体ってわくわくするんですよ
    どんなことができるんだろう?って子供心をくすぐるんでほとんど予約したり早い段階で買ってましたね

    • kentworld より:

      物申す系の記事って、実は公開したあとの方が大変だったりします。

      書くまでは割とすぐなんですが、他の記事と照らし合わせて矛盾を指摘されたり、発言を貫かないといけなかったりして、同系統の記事を公開すればするほど脇を固めるのが大変になるんですよね(^_^;)

      ゲーム業界人も強い主張をされる方は重箱の隅をつつかれて大変だと思います。

      サターンとPSは激しいシェア争いをしていましたからね。

      題材が被るゲームも多かったですし、片方に肩入れしていたら敵視するのも無理は無いと思いますw

      サターンは1996年辺りまでは頑張っていたようですが、それ以降は大きな差が生まれてしまいましたよね。

      一時期はやや優勢だっただけに、逆転された時のサターンユーザーはさぞ、悔しかったと思います。

      サターン派の場合、任天堂って中立的な感じかもしれませんね。

      かく言う僕もPSは敵視していましたが、サターンやセガは中立的な印象でした。

  9. つぐみ より:

    過去の記事からして任天堂好きはだだ漏れでしたからね(笑
    カミングアウトの際には『それ知ってるけど!?』でした(笑
    黒歴史?も人生のエッセンスのひとつですから、自分と向き直せて良かったんじゃないでしょうか。

    あと最近またコンシューマーゲームも勢いが出てきて良かったですねぇ。
    そこらへんの勢いが無くなるとkentちゃん病まれるようなんで(笑

    任天堂にはこれからも丁寧にゲーム&本体を作っていって欲しいかなと思います。

    • kentworld より:

      つぐみさんはMGMのヘビー読者ですからねぇ。

      「知ってた」となるのは自然なことだと思いますw

      僕の場合、2012年辺りから読み始められた方々の目を気にしすぎてしまいました。

      コンシューマーゲームの勢いは無くなったら病みますねw

      でも、病んでる姿をブログで見せてもしょーがないと思うようになってきたので、最近はみんなを元気付けられるようにしていきたいと思うようになりました♪

  10. 名無しのMGM より:

    アンチなのは漏れまくってましたが、一応「任天堂がますます
    嫌いになる」発言以前の中立を装っていた某さんが年末に
    スプラでWiiUが爆売れしていた時に
    「今さらWiiU買って、この後何買うんでしょうね」と
    発言した時に、「何買うんでしょうね」と追従するんじゃ
    なくて、そこは過去作なり今後の期待作を挙げて欲しかった
    ですね。

    • kentworld より:

      あの頃の僕は悪霊に取り憑かれたような感じだったと思います。

      もう、そんな方とは関わらないようにします。今だったら仰っているような展開に持っていきますね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。