2018/08/11/12:00 | M☆G☆Mコラム

僕が「ゲームで遊ぶ」と書きたくない理由~ゲームというワードから来る先入観~

ゲームというワードから来る先入観

ゲーム

みなさんは「ゲーム」というワードを聞くと何を連想しますか?

僕の場合、遊び、勝負事、賭博を連想します。

しかし、ことコンシューマーゲームに限ると「遊び、勝負事、賭博」だけでは片付けられないと思うんですよね。

今回の記事ではゲームというワードから来る先入観について語っていきます。

ゲーム好きを公言する事で感じる後ろめたさ

みなさんは「ゲームが好き」を公言して後ろめたさを感じる事はありませんか?僕はあります。

何故なのか考えてみたんですが、僕の中でゲームいうワードを聞くと「遊び、勝負事、賭博」を連想するからなんですね。

なので、ゲームに理解が少ないおばちゃんとかには「ゲームが好きです!」とは広言しにくいんです。

どうせ「遊び人」と思われるでしょうから・・・

かつてのゲームとは大きく性質が変わってきた最近のゲーム

しかし、最近のゲームは芸術作品の側面も増してきました。

幻想的な世界観の中でストーリーを進めていく事をメインにした作品もあれば摩訶不思議なパズルを解いていく作品もあります。

また、ゲームに触れていて映画や音楽のような感動をする事だってあります。

このような体験も出来る今のゲームはかつての「遊び、勝負事、賭博」を連想するゲームとは全く異なるもので、一緒には出来ないと思うんです。

新しい呼び名が定着してほしい

日本でゲームの社会的地位はまだまだ低いと思います。

その理由の一つにゲームと言えば「遊び、勝負事、賭博」を連想しやすいからだと思うんですよね。

ゲームに対する理解が少ない世代にとってはゲーマー=遊人なんて思う人も居るでしょう。

それだけゲームというワードから来る先入観は凝り固まっていると思うので、今のゲームを正当に評価してもらうためには新しい呼び名が定着するべきだと思うんですよ。

現実的には老若男女に知れ渡るには非常に時間がかかる点が大きな重荷となって実現するのは相当難しいとは思いますが、ゲームに理解がある人とそうでない人のゲームに対する認識があまりにも乖離していると思うので、いつかはこの溝が埋まって欲しいと思います。

スポンサーリンク

ゲームで遊ぶと書くことで生まれる抵抗

以前の記事でも書きましたが、僕は「ゲームで遊ぶ」と書くのは抵抗があります。

それは、これ以上「ゲーム=遊び、勝負事、賭博」を連想させたくないからなんですね。

こんなにも沢山の感動を味わえる娯楽なのに”遊ぶ”と表現する事で敬遠する層が現れる恐れがありますから。

ですので、僕は少し濁して「プレイする」と表記する事が多いです。

ニュアンスは同じなんですが、こうする事で少しはゲームの悪いイメージも薄れるんじゃないかなって。

何にしても、ゲームの悪いイメージが払拭されて欲しいです。

 



コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(54)

  1. 匿名くん より:

    ゲームっていうのはただの遊びではなくてその他娯楽の集合体ですからね。

    作家性のあるストーリーを楽しんだり、作曲家の魂の入った音楽を聴きながら迫力の戦闘をしたり、独自性のある芸術作品を表現したり…
    中にはゲームのお陰で人生が変わる人も居ます。

    さまざまな娯楽から集まって一つの物にまとめて楽しめる「ゲーム」というコンテンツを趣味にする事が出来て私は本当に幸せだと感じていますし、そういう人がさらに増えて欲しい。

    • kentworld より:

      ご理解いただけて嬉しいです!

      ゲームは総合エンターテイメントであるという認識がもっと広まって欲しいと思います。

      本当に今のゲームは遊びや賭博、賭け事では済みませんよね。

  2. ワタ より:

    確かに映画鑑賞や音楽鑑賞と比べるとゲームは一般層にまで浸透しておらず、少しネガティブなイメージがあるかと思います。
    一時期マスコミが報じてた「ゲーム脳」も影響してるかもしれません。
    年齢層が高くなるほどその傾向が強いです。
    逆に言うと、今のゲーム世代の若者がもっと年を取ればそういう風潮もなくなると思いますね。偏見のために、素晴らしい傑作ゲームがスルーされ、一部のゲーマーだけのものになってしまうのは勿体ないです

    • kentworld より:

      ゲームの社会的地位向上のために自分はどうすれば良いのか考えてみた結果が「ゲームをプレイする」という表現を多用することでしたw

      微々たるものですが、これは僕の意地だと思いますw

      ゲームのイメージが悪いのは複合的な要因があると思いますね・・・

  3. hanataka より:

    昔のファミコンで感覚が止まってる人が多いですから、今の進化したゲームを理解するって難しいんでしょうねぇ。

    僕は、映画と同等って感じてるので、趣味聞かれたら普通に「ゲームですね🎵」と言いますね🎵結局自分が好きなナルシストな性格なので、好きなものは好きって言えます🎵

    話変わって、盆休み初日にゲーム買いに行ったんですが、狙ってたファイアープロレスは売り切れでした。FIFA18を2000円で手にいれれましたので、盆休みは擬似ワールドカップです😌💓

    • kentworld より:

      昔のファミコンゲームと今のゲームは全然違いますよねw

      少なくともゲームをファミコンと表現する人はその頃の認識で止まっているのかなぁと思います。

      hanatakaさんのようなお父さんがもっと増えてほしいです♪

      僕にとってhanatakaさんは目標の1人ですよ!

      おお!セールでFIFA2018を2000円とはやりましたね!

      少し遅くなりましたが、家でワールドカップ気分を味わっちゃいましょー!

  4. ヨウタイガ より:

    ゲーム=遊び、というのはイメージとしてはついて来てしまい、遊びという面が、例えば趣味としてあげる時に世間的にはマイナスイメージを持つ事もありますよね。実際に面接調書とかで趣味に読書や音楽鑑賞、スポーツを書くことはあってもゲームとは書きにくいです。
    単純なゲームという表現ができないくらい素敵な体験ができるという意味では、プレイが合いますかね?でも、個人的には友達と一緒に対戦したり協力したりっていう部分は、やはり遊ぶという表現も好きです。集まってワイワイ遊ぶっていうのは楽しいですしね。
    いずれにしろ、単純な遊びじゃないっていう事が世間的にもっと広まると嬉しいですね。

    • kentworld より:

      そうなんですよ。子供だったら良いんですが、大人になって遊ぶという表現を使うのは抵抗があるんですよね(^_^;)

      あとはゲームって遊ぶだけでは表現しきれないものが詰まっているんじゃないかなぁって。

      友達と一緒に楽しむ場合は確かに遊ぶが適切ですね。

      それは、かつてのゲームに近い体験を味わえるからだと思います。

  5. 店員ちゃん より:

    つくる、あそぶ、わかる。普通にあそぶでいいじゃないですか。

    • kentworld より:

      ニンテンドーラボですかw

      任天堂は「遊ぶ」という言葉を大切にされていますし、古典的なゲームを未だに作り続けているので、こと任天堂ゲームに関しては「遊ぶ」が適切なのかも知れません。

  6. つぐみ より:

    ゲームは娯楽、または趣味だからなぁ
    遊ぶで問題は無いかと

    あとゲームしてる人のイメージが悪いのは、ゲームばっかりして、やらなければならない事を疎かにしてるからではないかな?
    熱中して気が立って、怒りをぶちまけて家族に接したりして無いか?
    人の話も聞かずにゲーム画面見ながら生返事をしていないか?
    まぁこれは自分にも我が子にも見えるところですわ

    あと海外ほどゲームの賞金も無いし食っていけるイメージも無いのもマイナスですな

    あと事実コミュ障多いので、そこらへんから改善が必要かと
    自分も含めて(笑

    • kentworld より:

      これは僕のちっぽけな意地だと思ってください笑

      ゲームのイメージが悪いのは複合的な要因があると思います。

      ユーザーもイメージを悪化しない努力をしたほうが良いかも知れませんね。

      いずれにしてもゲームの社会的地位はもっと向上してほしいです。

  7. ゲーマー より:

    固定観念を捨てるのは難しいなぁ…

    ゲームを構成する諸要素のうち《キャラクター》を最も重要視するゲームのことを《キャラゲー》と言いますが、ネガティブなイメージ。スマブラは《キャラゲー》の側面もありますが、ここまで開発費をつぎ込んだ作品を安易に《キャラゲー》と言いたくない。

    レッド・デッド・リデンプションIIの作り込みを見てると他のオープンワールドがチープに見えてしまう。

    超大作をプレイすると底知れないワクワク感がゲームにはあります。音楽のパターン化されたコード進行や似たり寄ったりのハリウッド映画を上回るポテンシャルがゲームにはあります。

    • kentworld より:

      固定観念っていうのは努力をしなければ捨てられませんからね。みんながみんな出来ることではないと思います。

      確かにキャラゲーってあまり良いイメージがありません。まあ、昔は問題作が多かったからなぁ。

      仰る通り、ゲームのポテンシャルは計り知れませんよね。それがもっと多くの人に伝わらないかなぁと常に思っています。

  8. むぐお より:

    最近はちょっと変わってきてるような、気がします
    普段ゲームをしないような人が別の社員の人とパズドラの話してて
    40代のおじさん2人がパズドラの話してるのにすごい違和感を感じました笑
    そういえばファミコン世代はいま40代とおもうんでその世代の人たちからしたらゲームに後ろめたさは減ってきてるような気がします
    上の世代はちょっとわからんですが
    あとはいまの10〜20代ってスマホの単純なゲームを暇つぶしといいつつずーっとやってます
    いまの時代ゲーム=スマホになってるのかなって
    ゲームに対しての先入観は悪くなくなってるのかもしれませんがスマホゲーなんてやりたくないんですよ〜
    これがゲームに対する先入観をもったおじさんと同じく
    スマホゲーに対して先入観をもったおじさんにおれがなってるんだなあって思いました

    • kentworld より:

      今のアラフォーってファミコン世代ですかね?

      一昔前まではアラフォーの方がゲームをするって想像出来ませんでしたが、時代が流れてだんだん珍しくなくなってきました。

      この流れが続けば、もしかしたらゲームの悪いイメージも薄れていくかも知れませんね。

      例えばマンガは昔と比べて年配の方への理解も広まっていった印象ですし。

      スマホゲームの先入観は僕もありますが、進化していることは確かなので、今後はどうなるのか分かりません。

  9. kiyoppy より:

    ゲームは公言し難い環境だと思います。親からあまり良い顔しませんが、親はツムツムやってるし何なの?と思う時があります。
    競技性が高いゲームの上手い人は、僕は尊敬しますよ。

    • kentworld より:

      あぁ、なんか共感出来ます。うちの母もスマホゲームをたまにやりますのでw

      ゲームってスポーツの側面もありますので、上手い人には憧れます♪

  10. 天火星 より:

    確かにゲームが趣味だと公言すると馬鹿にされますね、僕も結構多いですよ。でもね、気にしないんですよ!何かに集中・全力になれる・楽しめるという事はね実際に[バカ]だという事なのです、でも同じバカなら楽しまにゃ損ですよ損。自分をバカにした人だって何かのバカ・オタク・マニアなんですから、趣味が合わんってだけで攻撃する人は放っておけばいいんです。まあ、僕の場合はただ単に神経が図太いだけですけどね!

    • kentworld より:

      確かに、僕もある意味ではバカだと自負していますw

      何かに集中・全力になれるって良い意味でバカですよねw

      行きていくうえでは図太さも必要だと思います。僕も図太くならないと!

      • 天火星 より:

        あと、自分の場合ゲームは「遊ぶ」「する」「やる」ですね。
        ・・・言い方は悪いですが一般の見識って言ってもゲーム=悪理論で乗り切ってきた一部の「お年寄り」が大多数を占めています、少なくとも僕の周りは理解してくれる方が多いですね。
        因みに、過去に僕をボロクソに罵ったのは母方の爺様です・・・!
        アンタもゴルフバカだろうに・・・(笑

        • kentworld より:

          今、定義されている言葉の多くはお年寄りが作ったものばかりですもんね。いずれ改定される日が来たら良いのですが。

          あはは、爺様に棚に挙げられてしまいましたかw

  11. エンタメ最高マン より:

    私はあんまり気にせずに「ゲームで遊ぶ」と言ってしまいますが、「プレイする」の方がちょっとカッコいい印象を受けるのはわかります(笑)

    また娯楽の中でもたとえば映画や音楽と比べて、「趣味がゲーム」と言いづらい環境なのは私も感じますが、これはおそらく歴史の長さによるものだろうなぁと思ってます。というのも、テレビゲームは案外歴史が短いですからね。

    その意味では、ゲームもあと数十年すれば広く認められた文化になるだろうと楽観的に考えています。

    • kentworld より:

      そうそう、プレイするって表現はカッコイイ感じもするんですよね~。

      カッコつけたがり屋だから表記しているってのもありますw

      歴史の短さは影響していそうですね・・・マンガなどがそうであるように、時間が経つことで認められる可能性はあると思います。

      そのためにはもっと日本のコンシューマーゲーム市場が活気づいて欲しいですねー

  12. すこーる より:

    僕も普段はゲームを「プレイする」と書くことが多いですねー。流れで「遊ぶ」と書くこともありますが。
    理由もkentさんと大体同じで、「遊ぶ」という言葉だと、少しネガティブな印象があることと、あとゲームというジャンルの持つ幅広い可能性は、「遊ぶ」という言葉では纏めきれないかなと思うのが理由ですね。

    ゲームに対するイメージは、ファミコン時代は自分自身も世の中的にも「遊び」という認識だったと思います。
    しかしPSやN64の時代になって、映画的だったり、また映画とも異なる可能性のあるジャンルであると自分の認識が変化していき、相変わらず「遊び」という捉え方の人が多い世間に対して、認識のずれを強く感じるようになりました。
    そのころと比べれば、今は大分世の中の認識も変化はしてきていると感じます。
    まあ、スマホゲームが主流になってきたことによって、その認識もまた変化していくのかもしれませんが(^_^;)

    • kentworld より:

      おお!すこーるさんも同じように使い分けていましたか!?

      もちろん、「遊ぶ」という言葉で纏められる作品もまだまだ多いとは思いますが、例えば「ワンダと巨像」のような素晴らしい世界観の中で感動を味わえるゲームに対して「遊ぶ」という表現だけで纏めても良いものかと思ってしまうんですよね。

      このような作品はファミコン時代には全くと言って良いほど存在しませんでした。

      ですので、ファミコン時代と今のゲームは似ているようで全然違うものなんですよね。

      スマホゲームは遊ぶと言うよりは課金のイメージが強いので、また認識が変化していそうです。

  13. AVC-M370 より:

    ゲームの理解は変わって来ているぞ。
    スマホアプリで何だかんだと年代問わずプレイしやすくなっているからな。
    ただまあ時間泥棒と言う認識はより広まるやも知れないが。

    プレイと言おうが遊ぶと言おうが言葉遊びの理解があるかどうかではないだろうか。
    機械等の工学部品のあそびも必要であるから採り入れられているにも関わらず遊びと称される。が、ぱっと理解される人間は限られる。
    また、それは人間の体も無意識に行っている機構であり、ゲームも自然な物であり、隙間に取り入れていると。

    • kentworld より:

      基本プレイ無料が広まり、ゲーム自体をプレイする層は着実に広まっていますね。

      遊ぶをプレイに置き換えるのは小手先だとは分かっていますw

      これが僕に出来るせめてもの抵抗なんですw

  14. koji より:

    自分もkentさんに忖度してコメントするときはなるべく「遊びました」ではなく「プレイしました」と書くようにしていました。
    気づいてたかなー?w

    • kentworld より:

      kojiさんがプレイすると表現していたのは気が付いていましたが、僕に合わせていたんですか!?

      なんというか、ありがたいですm(_ _)m

  15. ほにょ より:

    非常につまんない回答かもしれませんが、もしご存じでなければロジェ・カイヨワの「遊びと人間」について検索をかけてみてはどうかなと思います。

    「ゲームの大學」などのゲーム研究本の冒頭に必ず載っているのがこのカイヨワによる遊びの定義です。哲学の部類に入る文章なので小難しい文章ではあるのですが、読み進めるとあぁなるほどなと腑に落ちる内容です。

    個人的には遊びというのは他の生き物にはない、人間を人間たらしめている大事なものだと思っています。ただ生存競争に生き残り、子孫を残すことだけに囚われない「遊び」というイレギュラーな発想があったからこそ、サルの泡沫編異種でしかなかったはずの人類はマンモスに踏み潰されることなく生き延びることができたし、今のような文明を築くこともできたのだと。遊びをせんとや生まれけむ、です。

    善も悪も人間の一部です。後ろ暗いものや後ろめたいことも実は人間や人間が生み出すものには必要な要素で、なくなることはないと思います。ただ教育の場では何が正しいことなのかの基準をはっきりさせないといけませんから、そういう部分は否定される。それだけのことです。

    率直に言って、今回のコラムはすべてがkentさんのひとり相撲であるかのように感じました。

    • kentworld より:

      この記事では何故、僕が「ゲームで遊ぶ」と表現することが少ないのかを述べているのに過ぎませんからね。

      つまらない意地と言えばそれまでだと思います笑

      人によってはこんな風に言葉選びをしているんだなぁと思ってください。

      今後も僕は「ゲームをプレイする」と表記し続けていきたいと思いますし、みなさんにそれを押し付けるつもりはありません。

      「あくまでも自分はこう書いているんだよ」というのを記事にしたのに過ぎませんので、それでこれだけの反響をいただけるとは(コメントランキング開催中とは言え)ありがたい限りです♪

      • ほにょ より:

        冷静になってみればそうなんですよね。でも、ついつい感じたままに書き込んでしまいました。失敬。

        失敬なついでに書くと、僕が「遊人」と聞いて想像するのはゲーマーではなく漫画家さんの方です。

        • kentworld より:

          いえいえ、正直なコメントをありがとうございます♪

          漫画家さんを彷彿するということは、それだけ思い入れがあるということなんですね。

  16. くっぞこ より:

    こんにちは。
    私の世代だと、ゲームセンター=不良のたまり場、
    というイメージがあって、小学生の頃は学校の規則で立ち入り禁止でした(笑)
    行けばカツアゲされるとか、そういうイメージで(笑)
    そんな悪いイメージは、家庭用ゲーム機の明るいイメージで、
    払拭されてきたと思いますけどね(笑)

    • kentworld より:

      ゲームセンターって確かにそんなイメージが根強いです。個人的には未だにそういうイメージを持っていますからw ゲームのイメージが悪いのはその頃の影響もありそうですね。

  17. ユージ x^-^= より:

    初めて投稿します。
    自分はゲーム以外にアニメやマンガも大好きな三十路のオタクですが、誰から何を言おうとも気にしていませんので何も問題ありません。
    (気にしていたら辞めていると思う。)

  18. メトロキシド より:

    なるほど…深い話ですね。
    ぶっちゃけ、kentさんが仰ってるゲームの意味は世間の人が付けた、つまりゲームに悪印象を持ってる方が付けた印象と思われます。
    そのため、世間では悪印象が付随していると思います。

    ん~ゲームといいますか、遊びの本質は感動(心を豊かにする)だと思いますため、ゲームは悪といいましたら他の遊び(例えば芸術鑑賞)も悪と定義しえると思えます。
    (どちらも仕事と定義できませんし、仕事と定義したらどちらも巻き込むため)

    正直、そこら辺の問題は難しいため深く喋れませんが要するにゲームをプレイする、即ちゲームで遊ぶ(kentさんの仰る悪い意味でなく)ということのみを表す単語(芸術鑑賞みたいな)を作るべき、という意見は賛成です。
    話題がずれますが日本のそういうヤング文化といいますか、アニメも漫画もゲームと同じように批評されがちですね…

    まあ批評される=有名になると同義と言えますので(有名でないとそもそも人は気にもかけません)、そういう意味では世間に認められていると言えますので、市民権を得るのもそう遠くはないと思いますが…

    • kentworld より:

      確かに、ゲーム好きが付けたような感じはしませんからね~。

      なるほど、遊びの本質は感動(心を豊かにする)ですか。

      コンシューマーゲームにしてもそういう面は強いだけに、悪で片付けられると悲しいですね。

      何か良い言葉が生まれたら良いのですが・・・それは、我々のようなゲームに理解があり、権力のある方に頼るしかなさそうです。

      もう少し時間が流れたら変わってくるかも知れません。

  19. kamome03 より:

    ゲーム=遊び、勝負事、賭博と連想してしまうのは、自分にとっては意外な気がしてしまいました。自分的に勝負事や賭博とは離して考えてます。

    ゲームが趣味って言うのに誇り持ってるので職場でもお客さんや取引先にも普通にゲームが趣味って言いますし、ホームページや店のブログでもゲームネタ散りばめてますw
    外側を気にする人ほどゲームが趣味って隠したがる気がして嫌です。
    それに、ゴルフや車が趣味な人よりお金かからないし、家にいる事が多いので事故や災害にも巻きこまれないので、ゲームいいですよ〜って周りに勧めてます

    嫁にも、出かけるよりゲームしたいしゲームしてる時は邪魔しないでくれって言いますw

    ゲームを遊ぶ、ゲームをプレイする
    確かに後者の方が感じはいいかもしれないですね♫プレイするってプロっぽいかもw

    • kentworld より:

      ありゃ、意外な感じがしてしまいましたか。僕も切り離して考えたいんですが、ゲームって単語を聞くとどうしても・・・

      いいなぁ・・・ゲームを趣味って公言が出来て。これは僕も見習いたいところです。

      確かにゲームはコスパ良いですし、リスクが少なくて安全ですよね。そこは僕も気に入っています。

      ゲームをプレイするって表現はカッコイイから使ってしまいます。言葉もファッションですから♪

  20. ろぜ より:

    文章では「ゲームで遊ぶ」も「ゲームをプレイする」も使い、会話では「ゲームで遊ぶ」を使っていますね。
    個人的には会話で「ゲームをプレイする」を使う方が恥ずかしく感じます。

    そもそも「ゲームで遊ぶ」と「ゲームをプレイする」では助詞の意味が方法と目的で違うのに同じ意味として使ってるのもおかしな話です。
    カタカナ英語の使い方のせいかもしれませんが。

    僕は二つを比べた時に「ゲームをプレイする」の方が主体性を感じます。
    なので文章で使ってる時も無意識のうちに「俺がゲームを遊んでるんだぞー、この俺が!ゲームに遊ばれてるわけじゃないんだ!」ってのが出てるのかもしれません。

    ところで「プレイする」だとエロ方向に考えがいってしまうのは僕だけでしょうか?

    • kentworld より:

      あぁ、分かりますよ!口で「ゲームをプレイする」って言うのはなんかカッコつけているような感じがしてしまいますw

      文字だと自然な感じがするんですけどねー。

      「プレイ」って言葉も便利なもので、そっち方面も連想出来てしまいますw

      ですので、言葉遊びしやすい単語なのではないでしょうか?w

  21. コルチカム より:

    「ゲーム=遊び、勝負事、賭博」を連想させたくないというのは私も同じですね。
    ゲームは人が手間暇かけて作った作品なので、映画や本と同等かそれ以上の扱いを受けて然るべきだと思いますが、そもそも「ゲーム=作品」と考えている人自体少ない気がします。

    まあ基本プレイ無料の運営型ゲームや継続的にアップデートを繰り返すゲームは私もあまり作品扱いはしたくないですがね…

    • kentworld より:

      おお!同意してくださってありがとうございます!

      コルチカムさんにとってもゲームはただならぬ存在ですからね。ご理解していただけると思っていました。

      僕はゲームに対して作品という表記をよくしますが、考えてみるとこれって普通の人からしたら不思議に感じるかも。

      作品扱いしたくないゲームは僕もありますねぇ・・・知らないうちに使い分けています。

  22. マージ より:

    ゲームと賭博(ギャンブル)は、切り離して考えていますが、よく考えると、パチスロや麻雀などのギャンブルも、確かにゲームなんですよね。

    • kentworld より:

      ゲームって広義に見るとギャンブルも該当するんですよね。麻雀をする時も「今回のゲームは~」と表現する方は多いと思います。

  23. ホンマ?トモフミ より:

    僕にとってゲームはおもちゃ、息抜きという面が強いですけど、確かに賭博ごととごっちゃにしては欲しくないですね。
    一応、おもちゃとしては思ってますけど立ち位置としてはゲーム(特に買い切り型のコンシュマーゲーム)は映画やCDなどのデジタルエンターテイメントの一環としてもう少し浸透してほしいところはありますね。
    でもゲームの歴史って微妙に浅いですが、確実にユーザーの高齢化と新規ユーザーの開拓は進んでるとは思いますのでそのうちゲームも万人の娯楽になる日は近いでしょう。

    「ゲームをプレイする」というのは、若干カッコよくはありますねwww

    • kentworld より:

      ゲームも多様化していますよね。もはやゲームという単語だけでは纏められるレベルではなくなってしまいました。

      ゲームは映画や音楽と同等の扱いを受けるべきだと思います。

      ユーザーの高齢化は当ブログの読者層を見ても感じますね。かつては30代、40代の読者がここまで多いとは想像も出来ませんでしたからw

      ゲームをプレイする、カッコイイでしょ笑 カッコつけて使用しているところはありますw

  24. ジョエリー より:

    確かにゲームって今の日本だと社会的に地位が低いので、公言しにくいですね。自分も仲が良い人にしか公言してないです。自分は芸術的なゲームも好んでプレイする事が多いですが、それらが国内だと作品として認識されず埋もれてしまう時があるのはモヤモヤしますね。
    今後はゲームを楽しんできた人たちが歳を取ってくるので、段々とゲームが社会的に受け入れられるようになれば良いなと思っています、

    • kentworld より:

      芸術的なゲームの存在自体、知らない人は日本ではかなり多いですね。

      売上を見た感じでもそういうタイトルはあまり売れませんし。僕もモヤモヤすることがあります。

      そうですね、我々が歳をとって権力を握れば、社会的に受け入れられるかも知れません。

      そのためにもコンシューマーゲーム市場が続いて欲しいですね!

  25. シロマ より:

    僕はゲームに関してプレイって言葉を使ってますけど、そこまで遊ぶという言葉自体には違和感がないですね。

    • kentworld より:

      僕が「プレイ」を意識して使っている理由を挙げてみました。

      でも、誰かと対戦する場合は遊ぶでも違和感はないかも。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ステージクリア型とシームレス型ゲームの違いとは?
暴力がクローズアップされるエンターテイメントを見て生まれる男性恐怖症
超マニアックな注文もアリ!Wii U版ゼルダの伝説 風のタクトで変えて欲しいところ
カミングアウトをして任天堂の事がますます好きになってきた!
【検証】ミニスーファミのゲームは今、プレイしても楽しめるのか?2017年の視点でプチレビューしてみた!
これ以上カッコいいゲームが存在するか?ペルソナ5のスタイリッシュなデザインを褒めまくってみる
ゲーム会社が発足する公式バーチャルYouTuberの可能性。上手く行けば自社のマスコットキャラクターを育てられるかも!?
ゲームのボリューム感は評価の対象にしているのか?
PS Plusに1年間加入してどれだけ得したのか調べてみた!年間料金約5,000円の価値はあるのか?
YouTuberのHIKAKIN氏を見て感じた謙虚な姿勢の大切さ