| ケンルドコラム

【コラム】購入したゲームを売却するのは悪い行為なのか?ゲーム売却から感じられる後ろめたい気持ち

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

ぼくはブログ上で極力書かないようにしていることがあります。

それは、購入したゲームを売却したことです。

本記事ではゲームの売却について語っていきます。

ゲームを売却するのは悪い行為ではない

まず始めに書いておきますが、購入したゲームを売却するのは悪い行為では決してありません。

小売側が正規で行っているサービスですし、何よりも小売の利益に繋がるからです。

特に発売されたばかりの人気タイトルは新品が品薄になりやすく、そういう時に中古が流れてきたら売り物が増えるので大助かりでしょう。

そういう意味では業界に貢献しているとも言えます。

ユーザーが使える金額は無限ではない

加えて触れたいのが、ユーザーが使える金額は無限ではないこと。

ゲームというものは娯楽用品で、生活必需品ではありません。

なので、生活必需品のために売却して生活の足しにしないといけないことはあるでしょう。

仮に大切なゲームだったとしても生活の足しにするため泣く泣く売却しないといけないことはあると思います。

実際、ぼくも好きなゲームを生活の足しにするため泣く泣く売却したことはありました。

でも、お金に余裕が出てきた数年後に買い戻したことがあったんです。

ゲーム好きとして誠意に欠ける行為にも見えてしまう

ここまで書いたように購入したゲームを売却するという行為は決して悪いことではありません。

しかし、一方ではゲーム好きとして誠意に欠ける行為にも見えてしまうんです。

例えばぼくが「このゲーム最高に楽しめました!大好きです!」という旨のゲームレビュー記事を公開するとします。

でも、その記事の最後に「3,000円で売りました!」なんて書いたらどうでしょうか?

それまで伝わっていた書き手の愛が一瞬にして崩壊してしまうような気がするんですよ。

売却するようなゲームって「その人にとって楽しめなかったガッカリゲー」をまずは想像してしまいますからね。

「それまでに書いていたことは嘘だったの?」と思われかねない一行だと思うんです。

どんでん返しとして使えるネタではありますが、純粋なゲーム愛を伝えるためにはリスキーに感じてしまいます。

無理に書く必要はない

何度も言うように購入したゲームを売却するという行為は決して悪いことではありません。

ですが、無理に書く必要はないと思っています。

個人的な感覚ですが、購入したゲームを売却したという行為を聞いたらまずはネガティブな印象を持ってしまうんですよ。

何度も言うように売却するようなゲームって「その人にとって楽しめなかったガッカリゲー」をまずは想像してしまいますからね。

でも、実際には様々な理由があると思います。

楽しめたけど金銭面の関係で泣く泣く売却しないといけない人。

クリアしたら必ず売却するスタイルの人。

スペースの関係上、泣く泣く売却しないといけない人。

色んな人が居ると思うんですよ。

しかし、不特定多数の場で「売却した」という事実を公開する場合、全員に理解してもらうのは不可能でしょう。

中にはぼくのように「そのゲーム楽しめなかったのかな?」って感じでネガティブに受け止めてしまう人は居ると思います。

だからこそ、無理に書く必要はないと思うんです。

スポンサーリンク



目次へ戻る

全体のまとめ

以上!ゲームの売却に関する話でした!

この辺りの感覚は人それぞれだと思いますが、このブログでゲーム愛を叫んでいるぼくにとってはナーバスな話なんです。

誤解を与えかねない行為だと思うので、購入したゲームを売却した事実を必要以上に書くことはありません。

ただ、一つ書いておきたいことがあります。

それは、「売却するゲーム=つまらなかった、ガッカリしたゲームとは限らない」ってことです。

ぼくは裕福な環境じゃないので、例えば金銭面の関係で泣く泣く売却しないといけない時はあるんですよ。

出来れば大豪邸を買ってゲームを何千本も収納出来る部屋を作りたいんですけどね。そんなものは夢のまた夢なんです。

そういう意味で困るのが、家に友達を呼んだ時。

ぼくがどんなゲームを買っているのか知っている人の場合、ゲーム棚をジロジロ見て

あのゲームがない!あれ、売ったの?

と訊かれることが何度かあったんです。

悪気はないと思うんですが、もし、売却していた場合は凄く言いにくいんですよ。

売却する理由は様々ですから、そこは訊かずに察してほしいなぁって思います。

▼最後に3行まとめ

・ゲームを売却するのは悪い行為ではない。
・しかし、一方ではゲーム好きとして誠意に欠ける行為にも見えてしまう。
・ゲームを売却するのは様々な事情があると思うが、誤解を与えかねないので無理に書かなくても良い。

ケンルドコラムリストへ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント


Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(56)

  1. Kiyoppy より:

    自分は収集に興味がないので、次々ゲームは売却しますし、何ならゲーム以外も売却する事には特に躊躇する事はないです。
    ここ最近ではCODは残していますが、売却してもたいした金額になりませんしね。
    しかし、この記事を読んでいると、PCエンジンのソフトを売却していない世界線だと、どれだけ収集していたか気になりますね。

  2. 匿名 より:

    私の場合、持っておきたいゲームはあまり面白くなくても残しておきますが
    単に遊んでみたかっただけのゲームの場合は満足したらそれで売っちゃいますね
    お金の問題というよりも(それもありますが)保管場所の問題が大きいです
    そんな何でもかんでも残しておくことはできないんですよ

    • kentworld より:

      ゲームは売却出来るからこそ気軽に手を出せるところはあるので、気持ちは分かります。

      本当に保管場所の関係で何でもかんでも残すのは難しいですよね~

  3. つぐみ より:

    『パッケージ版は売れるのが利点』なんで、売らない一択及び売る事に苛まれるならDL版を最初から買えばで良いんじゃね?って考えてしまいますねぇ。

    自分はパッケージ版は高く売れるなら、クリアしていなくても直ぐ売って、安くなったらまた買えば良いやって考えちゃうタイプなものですので、まぁここらへんは色々な考え方ですよね。
    プレゼントで貰ったゲームとかなら考えるけど・・・。
    基本円盤に思い入れは抱かないし、自分は『今やらない=今要らない』モノなんで即行断捨離しちゃいますね

    PCだと全部DL版なんで、現在『売る』って選択肢は無くなってますが
    売れないから、日本の6k以上するゲームを買うときは迷うね
    海外のPCゲームだと4kとかくらいでゲーム買えるからさ『おま値』反対よ!(笑)

    • kentworld より:

      パッケージ版は今となっては売却出来ることも利点になっていますよね。

      物に対する考え方は本当に人それぞれだと思います。

      だからこそ、安易に何々を売りましたと公言するのは危険だと思うんです。自分が好きなものだった場合、良い気はしませんから。

  4. 不動尊 より:

    お疲れ様です。ケントさんには
    ナーバスな話ですね。ゲームは
    贅沢品であり嗜好品でもある。
    情報をどれだけ収集しても自分に合わなければ手放す選択が出来る環境は決して悪い事では無いはず又その一事で人の良し悪しを判断する事も無い。と私は一考します

    • kentworld より:

      発信者としてはナーバスな話だと思っています。

      みなさんに好きなゲームを売りましたと公言しても良いことはないと思っていますので。みなさんが不動尊さんにように暖かく受け止めてくれたら良いんですけどね・・・

  5. hanataka より:

    最近は、厳選して購入してるので、売却しませんねぇ。僕的にクソゲーと感じれば売りますが、最近の作品は、プレミア付いたら売ろうと残してます🎵(笑)クソゲーの恨みを少しでも回収出来ればと。(笑)

    今持ってるソフトを全て並べれる棚を欲しい気持ちはありますが、僕的に精鋭ソフトだけを今は飾ってます🎵後はクローゼットの中🎵

    • kentworld より:

      意外なタイトルがプレミア付いたりするので分からないものですね~。

      好きなゲームは飾ってそれ以外はクローゼットの中というのは良い発想かも!?

  6. キムチ より:

    僕も売ったりしますね〜
    収納スペースの問題が主ですけど。
    10本ほどたまったらその中から5本ほど抜粋して売ります。
    基準はもう一度遊ぶ予定があるかどうかですね。
    ストーリー重視のゲームは売りますし、ゲーム性に惚れ込んでたら売りません。これが僕の基準です。ちなみにRDR2は例外で売りません笑

    記事にもありますが、最近はゲーマーならゲームを売らずコレクションしろとか、売るぐらいなら買うなとか、色々と在り方についてうるさい人が増えましたね。
    僕もたまに他人から指摘を受ける時があるんですが、ホントに勘弁して欲しいです。
    ゲーム好きはコレクターである事も求められるので、そこら辺は面倒くさいですね〜。

    • kentworld より:

      そうだったんですか!?

      そういう意味でぼくは対戦系のゲームは優先的に残すところはありますね。確かにストーリー重視だとリプレイ性が低いので売却しやすいかも。

      とやかく言う人は自分が好きなゲームを売られてしまったショックによるものなのかな?

      相手が好きな作品を売却してしまったことがバレた時は気まずくなりますし、こちらが好きなゲームを相手が売っていたことを知っていたら良い気分はしませんので(もちろん、相手にとやかく言うことはなく、心の中で残念がりますw)。

      • キムチ より:

        あー確かに在り方を求めるというより自分の好きなゲームを売られてショック!!って気持ちのが強いのかもしれませんね〜
        僕も以前、スプラ2を友達とやってて、ウデマエXを2人で目指す!って意気込んでたのに、いつの間にか友達がスプラ2を売却してて悲しい思いをしました。

        そう考えるとゲームを売却するって、知らずに友達を傷つける場合があるのかもしれませんね。
        さすがkentさんですね〜
        僕にその視点は無かったです!

        • kentworld より:

          共感していただけて嬉しいです♪

          キムチさんもそんなことがあったのですね・・・。

          そう、人それぞれ事情があるとは言え、ゲーム売却を知った時に心の中でガッカリすることってあると思うんです。

          だからこそ、ブログ上では必要以上にゲームを売却したなんて書かないようにしています(RDR2は残していますのでご安心をw)。

  7. S.K より:

    最近こちらのブログを知りTwitterから見させてもらっています。
    ゲームの売却はあまりゲーマーの間で話題に上がる事もなかったのでとても興味深かったです。
    自分も色々な理由で売却する事がありますが、このコラムを見てとても共感出来ましたし、何よりゲーム愛を感じました。
    今後もブログ更新楽しみにしてます。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!Twitterフォローさせていただきました!

      最近はTwitterも力を入れていて読み物として面白くしています。もし、気に入ったツイートがありましたらどんどん拡散してくれると嬉しいです(^^)

      これまでゲーム売却に関してはタブー視していたんですが、今回、思い切って記事にしてみました!

  8. むぐお より:

    なんでゲームを売るのはネガティブな気持ちになるんでしょうね
    たしかに売りました!って言うとどんなにはまってても一過性のものなのかな?って感じてしまいますね
    男はわりと収集癖があるひとも多いので好きなものを売るのに否定的な気持ちになるのかな?ともおもいます
    俺はわりと売りますけど、クリアしてないけど面白いゲームは売らずにとってます

    • kentworld より:

      ゲーム売却ってまずはガッカリゲーを想像してしまいますからね・・・個人的にはその辺りにネガティブな要因が隠されていると思います。

      売却するってことは所有しているゲームよりも劣っているように評価したのか?と勘ぐられてしまうとか。

      実際には高値で売れるから楽しめたけど売ったパターンも多いと思いますけどね。

  9. 雪月あきら より:

    僕もゲームを売却することに罪悪感はありませんね。
    ゲームを入れる棚にも限りがありますから、良作ゲームでもほとんどやらなくなった作品は売却します。
    棚で眠らせるくらいなら、欲しい人に渡った方がよっぽど良いと思ってます!

    最近はあまりモノを持たないよう心がけているので、DL版を購入することが多くなりましたけどね!

    • kentworld より:

      確かに棚で眠らせている間に買取価格が安くなったり、品薄の間に再出荷が行われて市場の在庫が潤沢になる可能性もありますもんね。

      そう考えると売った方がむしろ業界のためで良いことをしているように感じます。物事は様々な視点が必要であると改めて感じました。

  10. ホンマ🍜トモフミ より:

    確かにレビューのタイミングで「すごく楽しめました♪」→「¥◯◯で売りました」というのは、食レポでいえば「このラーメンすごく美味しかったです」→「翌朝は下痢便でした」というほどだと思いますよwww
    なので少なくともレビューでは絶対によくない話題ですねwww

    でも僕はゲームを売ること自体はマイナスに思いませんよ。新しい出会いを探すうえでは大事だと思います。

    僕の場合は、3DS/PSV世代のときはパッケージ版とDL版の線引きはグレーでしたが、Switch世代になってからはもっぱらDL版で買ってます。
    その大きな理由はパッケージ版を買うとすぐ売ろうかなって考えちゃうんですよ(^_^;)
    詰まったときとか難しくなったときとか他のゲームがほしいときとかwww
    その度に買い直すことが少なくないのでそれなら、DL版を買おうと思いたったきっかけが「FE if」でした。あのゲームは熱の上がり下がりが顕著で熱が冷めるとパッケージがあったらすぐに売りそうになるのでDL版を買いました(^^)

    他にもDL版のススメはいくつかあるのですが、どうせスマホゲームでもDLして買ってる時代なので今後もコンシュマーでもDL版でゲームを買うつもりです。

    …たまに冒険したいものがあるときはパッケージ版を買います( ^ω^ )

    • kentworld より:

      実はそういうブログを読んだことがありまして、最後にズッコケてしまったんですw

      体を張ったギャグをかますなぁと。うちでは真剣に愛を伝えたいと思っているのでそんな真似は出来ませんw

      トモフミさんのゲーム売却に関する考え方、よく分かりました。

      そう考えると売れないことはダウンロード版の利点になるのかな?w

      確かに現物があると売るという発想が生まれてしまいがちです。物事は色んな捉え方が出来ますね~。

      • ホンマ?トモフミ より:

        売れない、かさばらない、好きなものはいつも手元に残せるのが、DL版が好きなポイントです。

        欠点は特にSwitchの場合などは一つ一つのゲームの容量が多くてメモリーカードの容量がすぐいっぱいいっぱいになってしまうことです。
        まぁそこはゲームを買い過ぎない抑制にもなるし、将来的には大容量なSDカードの登場でそれまで大容量だったクラスのSDカードの値段が繰り下がるのでその技術の向上を応援してますよ。

        DL版はクソゲーや自分に合わないゲームにあたったショックが大きくなりそういう点では保守的になってしまうので、ちょっと試したいゲームがあるときはパッケージです。
        (半ば売ること前提のスタンス)

        • kentworld より:

          ダウンロード版って当初は否定的に見てしまいがちでしたが、こうしてみると様々な利点があるんですね。

          確かにSwitchは容量制限が厳しいのでパッケージ版を選んでしまいがちです。まあ、最近はSDカードも安くなってきたので、将来的にはそういった欠点もカバーされそうですが。

          パッケージ版、ダウンロード版。それぞれに特性があるので、状況に合わせて選択したいですね♪

  11. 青雲スカイ より:

    自分はゲームを売る事に罪悪感を覚える事はないですね。
    合わなかったゲームは勿論、楽しめたゲームでも、もうプレイしないだろうと感じたゲームは躊躇なく売ってしまうタイプです。
    たまに売った事を後悔して買い戻すソフトもありますがw

    小さなこだわりとしては、ゲームを売って得たお金はなるべくゲームを買う為に使おうとは思っています。

    • kentworld より:

      青雲スカイさんもゲームは躊躇なく売ってしまうタイプですか!?結構、売却する人って多いんだなぁ。

      売った後に後悔することはありますし、同じく買い戻したことはありますねw

      ゲームを売って得たお金はなるべくゲームを買うために使うとなったらゲーム好きとしては視野が広がるきっかけになって良いかも。

  12. koji より:

    最近は部屋に小説以外の物が増えるのが嫌になってきたので、ゲームソフト、CD、漫画、雑誌等はほとんどダウンロードで買っています。なので、ゲームソフトを売却する事もあまりなくなりました。ゲームソフトを売却する罪悪感はないですねー。むしろ棚にスペースができて凄く嬉しい…w

    • kentworld より:

      kojiさんの家は図書館のように本が多そうですもんね。そうなるとダウンロード版はスペース的にも重宝しそうです。

  13. がは より:

    モノ消費とコト消費って言うのかな。ゲームを楽しめたっていう体験がプレイヤーの記憶に残れば、そのあとは売ってもいいんじゃないかな。逆に、何年も開封せずキレイに保管してても、遊んでなければゲームを買う意味は薄いだろうし。

    • kentworld より:

      確かにゲーマーにとってはゲームを想う気持ちが一番大切ですからね。ゲームレビューだって書き手の記憶があれば現物がなくても書けますし。

  14. グリグラ より:

    自分がパッケージ版を買う理由はDL版より安い事と売却できることなので気にならないですね。半年に1度は持っているソフトを見直して売りに行ってます。
    そうすることで収納に困らないだけでなく、厳選された精鋭たちだけが残りますのでコレクションとしてより大事に思えるようになりますからね。

    まあしかし、他人から見たら気分は良くないこともあるでしょうから、SNSにしろリアルにしろ口外することはありません。

    • kentworld より:

      グリグラさんもゲームを売却されていましたか!?ゲームを本気で愛しているグリグラさんも行っているのであれば少しは安心出来ます。

      例えばグリグラさんの前でゼルダBotWを売ったなんて言ったら良い気分はしないと思うんですよ。なので、下手に売ったと書くことはありません(ゼルダBotWに関してはVRモードがあるし完全版が出ない限りは絶対に売りませんけどねw)。

  15. ジョエリー より:

    自分も楽しめなかったという理由以外でもスペースや金銭的な理由で売る事はよくあるので罪悪感は無いですし、他人が楽しめたと言っているゲームを売ってても特に気にならないですね。そもそも中古でゲームを買うこともよくあるので、人を責める資格は無いです笑
    ただどうしてもマイナスに見られることが多いのでわざわざ公に伝えることはしないですね。

    • kentworld より:

      何度かその人にとって好きなゲームを売ったことを知られた時、ガッカリされたことがあるんですよ・・・。

      ジョエリーさんのように寛容な方ばかりだったらこんなにも気にしなくて良いんですけどね。

      実はこの話題、ずーっと書きたかったんですが、今まで怖くて書けませんでした。でも、意を決して書いてみたところ、みなさん予想以上に売却されているようで驚きました!

  16. ナギ より:

    売って次の資金の足しにしたいから別に気にしてないですね

    近頃は売りに行くのが億劫で構図が崩壊してますが
    あ、ネットは梱包がメンドくてやっぱ選択肢外だったりします

    特に気に入ったものと売るのが恥ずかしいものは家にとってありますケド

    • kentworld より:

      ぼくの場合、Amazonの売却は利用したことがあります。Amazonから届く箱を使って送れば良いので簡単でしたよ~。

      ゲームを売却してもそのお金で別のゲームを買ったらそれでいいやって考えても良いのかな?

      それでも特定のゲームを売ったと公言するのは抵抗があるので言わないようにしています。

  17. jb より:

    家電やゲームハード等のちょっと高い買い物をする時にしぶしぶ売る事はありますね、クリアしたタイミングで売るという考えはないですね。良作だとまとまったお金になりますし、ゲオやブックオフ等の中古販売が存在すると言う事はそれだけ需要が在るということでしょう。僕もPS2時代はお金がなかったので買うソフトはもっぱら中古でした。なのでゲームを売ったり中古を買ったりする人を責める気にはならないですね。

    たぶんFF15のレビューで突っ込まれた事を気にしているのでしょうが、大半の人は他人のトロフィーなんて気にしないですからね、ケントさんもあまり気にせずにゲーム売るのは次の新作の為だと思っていた方が気が楽かと。

    • kentworld より:

      基本的に買取価格は中古の在庫が少ないゲームが高くなる傾向にあります。なので、新作&良作だと高く売れやすいです。

      中古問題は昔から根強いので、その影響はあるかも。

      FFXVのトロフィー問題は確かに全く無縁じゃないですねw

      鬼の首を取ったように騒ぐ連中が一定数居るからこそナーバスになっているところはあります。

      例えばぼくがゼルダシリーズを全部売ったのが知れ渡った場合、ゴシップネタとして取り上げられないかと思ってしまうんですw

      ※ゼルダシリーズは売らずに残してあります。

  18. ししむら より:

    私はゲームはしょっちゅう売ったりする方ですが、結構気にする人は多いみたいでこういう話題だといつも隔世の感を覚えてしまいますw
    子供の頃は欲しいゲームを購入費用の捻出の為に古いゲームを5本単位で手放していたりもしてました。
    今でもゲームはよくネット買取で売りますが資金面よりスペース面の問題と単純に私物が多いのが嫌なのでってのが大きいですね。
    なので最近は場所を取らないDL版を重宝してます。
    これでもうちょい安ければ最高なんですが…まあセールもあるので良しとしてます。

    • kentworld より:

      この記事のコメント欄を見ていると結構売る人も多いようです。全体的に見たらどうなんでしょうかね?

      個人的にはゲーム売却を公言するのって結構ナーバスな話だと思っていますが・・・。

      現物があると所有欲を満たせますが、一方では売りたくなる衝動に駆られるので難しいところですね。

  19. ヨウタイガ より:

    我が家は遊ばなくなったゲームは売ります。場所もとってしまいますし、売ったお金で、また新しいゲームを買ったり出来ますので。息子達にも自分が売りに行くタイミングで声をかけて一緒に売ったりします。自分のソフトの売れたお金は本人に渡すので、少しはお金の勉強にもなるかとも思っています。
    でも、思い出深いソフトは実際にはあまり遊ばなくてもとっておくことも多いです。後から売らなければ良かったと思うソフトやハードも多いんですけどね(笑)。

    • kentworld より:

      おお!お子さんに売ったゲームをお金を渡してお金の勉強をさせているんですね!

      確かに思い出のゲームって実際にはもうプレイすることがなくても残したくなることはあります。最近だとSEKIROがぼくにとっては残したくなるゲームです。

  20. AVC-M370 より:

    売り買いもコミュニケーションが発生するぐらいであれば良いのではないかと。
    長くつきあいのある店舗での会話や、現在流行りの個人売買でも匿名性に頼りきらない事をするとかな。

    ゲームを売ることに抵抗があるのはコミュニティーツールであるからではないかと。
    Kent氏(自分)が買ってプレイして満足までに1週間としよう。
    その時点で売ってしまったら、まだプレイしている常連ユーザーやこれから始める常連ユーザーとに出来上がっているコミュニティーと情報共有格差が出来てしまう可能性がある。
    あくまで一例だが。

    また、独りで楽しむだけのプレイスタイルでもなければ、長い人生の中でとあるソフトとの思い出が廻って必要になる、そんな時も口惜しくなる事もあるだろうしな。

    個人的には、皆沢山買って売ってくれ、こちらは中古で満足の行く値で回収したい。
    と言うスタンスでもある為、売るのは個人個人色々事情があるのだろうと意識はしていないな。

    • kentworld より:

      確かにコミュニケーションツールの側面があるからこそ抵抗があります。そう考えると、ゲームは単なる消費物じゃないんですね。

      改めて、ゲームは奥深いなぁと思いました。勉強になります。

  21. 匿名 より:

    新作のゲームソフトは高価なので、売ったりすることに対してマイナスイメージはありませんね。ゲーム産業に貢献していることは確かですし。
    話題が少しずれますが、ゲーマーが手元に残してあるソフトはどんな種類か気になります。
    子供の頃に買った思い出のソフトや接待用のゲームは定番として、他にどんな傾向があるかなー

  22. 都築孝師(つづきたかし) より:

    『購入したゲームを売却するのは悪い行為では決してありません。』

    とは言うものの、一時期はゲームメーカー業界では中古買取販売市場に対して嫌悪感を示していた時期もありましたからね。業界側は心底歓迎しているわけではない、と思っておいた方がいいのかもしれませんね・・・?
    え、私?勿論売りましたよ!(自爆!)かなり古~いファミコンソフトをいくつかかなり昔に、ですけど。
    それ以上に!中古ソフトばっかり買ってるんだよな~私は!!「スパロボ」シリーズはスーパーファミコン版「第4次」以外はぜ~んぶ中古だし!(爆)定価で買ったゲームなんて数えるほどしかないはず。はて、何だったかな?
    というように私のような者には中古買取販売市場は必要なんですよね!誰かがゲームを売ってくれるから、当時買い逃した古いゲームも手に入れることができる!!それに私は・・・(口を濁す)・・・でファミコンのカセット版「悪魔城ドラキュラ」を買った身なんですから!!ただ「ゲームを売った」だけのあなたを悪く言うことも、ましてや責めることなどとてもできるはずもないんです。

    その点ネットの“もばげ~”をはじめとするソーシャル配信ゲーム(う~正式名称がわからん!)とかは品物自体を買う必要がなく登録さえすれば誰でもゲームを始められプレイできますよね!かさばらないし、最後に売ってしまうという後ろめたさに悩まされることもない!タダだし!
    だが、“タダより高いものはない”。ネット配信ゲームは配信サービスが終了してしまえば、こちらが泣こうがわめこうが強制的にそのゲームの終わりと永遠の別れを余儀無くされてしまうのですから・・・!!!
    一長一短ですね。

    • 都築孝師(つづきたかし) より:

      あ~!!(またかいな)

      『定価で買ったゲームなんて数えるほどしかないはず。』

      よく考えたらファミコン時代は全部定価だった!!しかもいくつかは親に「買ってもらってた」んだよな!!中古ソフトを買い始めたのはPCエンジン時代以降でした!うっかりしてました!

    • kentworld より:

      中古ゲームは新品の売上を食っているのは確かですからねぇ・・・20年前の裁判は印象に残っています。

      でも、中古市場がないとゲームショップは食っていけませんし、ユーザーも安くゲームを買えます。中古ゲームは必要悪に感じます。

      ソーシャル配信ゲームの正式名称はソーシャルゲームですね。最近はデータしか残らないゲームが増えてきました。物理パッケージに慣れている者からしたら最終的に何も残らなくなるのは寂しいです・・・

      • 都築孝師(つづきたかし) より:

        『ファミコン時代は全部定価でしたか。親に買ってもらうとその辺は忘れがちですねw』

        あの頃は中古で買う&買ってもらうという概念が私には無かったですから、ね。雑誌の事前情報で吟味し、新作が発売されたらすぐに入手!がパターンでしたから。それでも“期待ハズレゲー”を掴まされることもしばしばありましたけども(汗&泣)。
        自腹を切ったゲームとそうでないゲームの区別も今となっては曖昧で・・・お年玉貯めたのか、誕生日プレゼントだったか、クリスマスプレゼントだったか、お祭りのおこづかいだったか、手元にゲームはあれどもはや記憶の彼方・・・(笑)。

        『20年前の裁判は印象に残っています。』

        「あのゴタゴタ」で裁判までしてたんですね?そうかもう20年も前のことになるのか・・・。今ではおさまっているんでしょうが、いつ蒸し返されるかわからないから注視した方がいいかも?!

        『中古ゲーム(市場)は必要悪に感じます。』

        ケントワールドさんの言う通り私も“必要悪”だと感じます。ちょっと“キツイ”単語だと思ったのであえてコメントには書かずにおきました。20年前にもめていた“必要悪”もすっかり定着した?!ということは「ゲームを売ること」はもはや“社会の常識”?!
        (先程と言ってることが違うなぁ私・・・汗)

        『データしか残らないゲーム。物理パッケージに慣れている者からしたら最終的に何も残らなくなるのは寂しいです・・・(一部抜粋)』

        あなたもですか?本当に何もかもが残らない、結果的に思い出すらも残らないゲームって寂しいですよね・・・?何とか覚えておこう、忘れないようにしよう、とは思うのですが、記憶力は・・・。“もばげ~”で遊んだゲームはマイアルバムに何らかの画像や記録が残っていればそれをきっかけに思い出すことができます。そうでないゲームは・・・御愁傷様。

        思いとどまって売らなかったゲームは無くさないように保管しましょうねケントワールドさん?

        『ゲーム棚をジロジロ見て
        「あのゲームがない!あれ、売ったの?」
        と訊かれることが何度かあった』

        あらら。しっかり(棚に並べて)保管するのも考えものなんだな。それでもどこかに無くしてしまうよりはいいよね?

        • kentworld より:

          気を使ってくれてありがとうございます。過激な表現は避けたほうが無難ですもんね。

          うちは専用のゲーム棚を設けてゲームは大切にしまっていますが、誰もが見えるところに飾っている以上、突っ込まれてしまうのが難点ですw

  23. 都築孝師(つづきたかし) より:

    ゲームを売ることについて思い出したことを一つ。

    ある日、古いゲームを売りました。
    いつの間にかそのゲームで遊んだ記憶が薄れていきました。
    気づけば、いや本人が気づかないうちに(!)そのゲームを売ったことも、遊んだことも、買ったことさえも忘れてしまいました。今ではもう思い出すことすらありません・・・。

    ゲームを売ってしまった場合、年月が経ってしまうとそんな風にそのゲームとの思い出の全てを忘れ去ってしまう可能性があるんです!!売ってしまったのはゲームだけでなく、思い出も同時に売ってしまったことになってしまうかもしれないんです!!
    手元にそのゲームさえ残っていれば、たとえ忘れてしまったとしてもふとしたことで見つけ出して思い出に浸れる可能性が残っているんです!!
    そのことに気づいてから私は「自分が所有しているゲーム(購入に限らず貰ったものも含む)」を売らなくなりました!!
    ゲーム自体ではなく、写真でもよいかもしれませんが、やはり現物が手元にあった方が実感がわくかと私は思います。
    でも・・・あのゲーム、どこだったっけなぁ・・・?
    そのまま再会できずに思い出せないことも多々ありまして(汗)。

    一方、ネット配信ゲーム(ソーシャルゲーム!)はサービスが終了してしまえばデータは跡形もなくなります!!あらかじめ画像や日記等を記録しておけば何とか思い出に浸れますが、それを一切しなかったゲームについてはよほどのことでないと思い出せないことも私は身をもって実感しました!!!

    「あの画像、記録しておけばよかったぁ~!!!ゲーム専用日記とは別の日記にコピーしておくべきだった!!!(サービスが終了するとそのゲーム専用日記も全て削除されてしまうんです!!!)」

    と後悔することが多々ありましたから!!
    ケントワールドさんが今ソーシャルゲームをプレイしているのでしたら、「その配信サービスが終了する日」のことをあらかじめ想像しておいてください!その時間は「永遠ではない」のですから・・・!

    • kentworld より:

      最近のゲーム機はゲーム画面のスクリーンショットを撮影出来る機能が標準搭載されるようになりました。

      ゲーム売却をして忘れてしまうようなら、スクリーンショット機能はとても便利なものではないでしょうか?

      スクリーンショット機能はスマホにも搭載されているので活用したいですね。

      • 都築孝師(つづきたかし) より:

        スクリーンショットですか?ゲーム画面の“記念撮影”みたいな機能かな。そんなに便利な機能が装備されているなんて最近の家庭用ゲーム機は進歩したんだなぁ!!PS2以降の家庭用ゲーム機の性能&機能の情報には疎い無業者の男なのでした。

  24. 都築孝師(つづきたかし) より:

    既にサービスは終了してしまったとは思うのですが、任天堂の「バーチャルコンソール(VC)」をはじめとする『テレビ画面でゲームを買って遊ぶ(ダウンロード形式?)』タイプもソーシャルゲームと同様に、サービスが終了したら「手元には何も残らない」ものなのでしょうか?せいぜい明細書ぐらいか?!だとしたらそれも寂しいな・・・。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

ステージクリア型とシームレス型ゲームの違いとは?
【コラム】スマブラSP×ペルソナ5(P5S)騒動は何が問題だったのか?
メモ帳の使い方が重要!ブログを書くのに便利なテクニックを紹介!
【コラム】ぼくが「SEKIRO」をクリア出来て「魔界村」をクリア出来ない理由。同じ高難易度ゲームなのに何故なのか?
【コラム】悪人プレイより善人プレイが好き!悪人プレイの魅力ってなんだ?
任天堂信者でPS嫌いだった僕が全機種を愛するゲーマーに更生した話
何故ファイナルファンタジーXが泣けるゲームなのか?
PS4版かSwitch版、どちらを買うのか悩む時代がやってきた
【コラム】ポケモン剣/盾にてエラーによる強制終了が発生!SDカードのセーブデータ破損!というデマが拡散された問題点を語る
【コラム】「コードヴェイン」が「ダークソウル」よりも簡単である10の理由