2018/10/08/12:00 | M☆G☆Mコラム

ゲーム機の互換機能って必要?互換機能がないことが好転してロンチを乗り越えたPS4とSwitchを見て思うこと

▼この記事で主に伝えたいこと

・ゲーム機の互換機能があるとユーザーには色々と優しい。
・しかし、PS4/Switchは互換機能がないことが好転してロンチを乗り越えたのも事実。
・次世代機は互換機能を付けるのだろうか?

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回の記事ではゲーム機の互換機能について語っていきます。

ゲーム機の互換機能は必要か?


ユーザーの間でたびたび議論になるゲーム機の互換機能。

互換機能とは、以前発売されたゲーム機のゲームソフトが最新ゲーム機でもプレイ出来る機能のことです。

例えばPS2ではPS1ソフトが。3DSではDSソフトが。Wii UではWiiソフトがプレイ出来ます。

そんな互換機能ですが、ユーザー側からしたら様々なメリットがあるんです。

箇条書きで挙げさせていただくと・・・

・発売直後に買っても互換機能によってソフト不足を感じにくい。
・前世代機を持っていなくても互換機能を機に手を出せる。
・複数のゲーム機をTVラックなどに設置する必要がなくなる。

こんなところですね。

確かにユーザーには経済的で便利な機能です。

互換機能は素晴らしい!素晴らしいと思います!

互換機能がないからこそソフトラインナップが充実していると感じるPS4とSwitch

しかし、今世代機のPS4とSwitchは互換機能がないからこそソフトラインナップが充実していると感じる面があるんですよね。

例えばSwitch。

SwitchはWii Uソフトの追加要素を加えた作品がかなり多く、しかもそれらがランキング上位に入っているんです。

・マリオカート8 デラックス
・ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX
・ベヨネッタ2
・ドンキーコング トロピカルフリーズ
・進め!キノピオ隊長
・New スーパーマリオブラザーズ U DELUXE

もし、SwitchにWii Uの互換機能が付いていたらどうなっていたのでしょうか?

おそらく、上記のタイトルは魅力が半減すると思います。

そうなると売上も減ってしまい、今のようなヒットは見込めなかったでしょう。

今でこそ専用タイトルが充実しているPS4も例外ではありません。

PS4も初期の頃は縦マルチやPS3などのリマスタータイトルばかりでした。

縦マルチも色々ありますが、初期の頃はPS3ベースのタイトルをPS4向けに移植(リマスター)して同時発売したものが目立っていたんですよ(特に国産タイトル)。

2018年になった今はPS4専用タイトルが増えてきましたが、それでもPS3向けのリマスタータイトルも新発売されているのをチラホラ見かけます。

もし、PS4にPS3の互換機能が付いていた場合、魅力は半減していたことでしょう。

当ブログも同じようなことをやっています!

ここまで読んでPS4/Switchは準新作を含めることでソフトラインナップの充実を図っているのが分かると思います。

が、実は当ブログも同じようなことをやっているんですよ!

▼当ブログが直近に公開した記事一覧

更新日 記事タイトル 記事の種類 文字数
10/7 Mighty No. 9【レビュー・評価】 準新作 約3,200
10/7 ロックマン11 運命の歯車!!【レビュー・評価】 新作 約4,400
10/7 【ゲームソフト紹介】【2018年10月2週の新作ゲーム発売スケジュール】 新作 約3,200
10/8 ニンテンドウオールスター 大乱闘スマッシュブラザーズ【レビュー・評価】 準新作 約4,300
10/8 一番くじ ゼルダの伝説 ハイラルライフスタイル2に挑戦してみた結果発表 新作 約2,200
10/8 【ゲーム情報まとめ】【最新ニュース】 新作 約3,200

 
この表を見て分かるように当ブログでは多い時には1日3回更新しています。

しかもこれらの記事は短文ではなく、3,000文字前後の大作なんです!

1日に平均して9,000文字って多すぎでしょう!w

なんて思われそうですが、実は新作記事の間に準新作記事を挟んでいるからこんなに多くなっているんですよ。

準新作記事とは、過去に公開した古い記事を大幅に加筆修正して最新記事として公開した記事のことです。

このような準新作記事を間に挟んでいるからこそ当ブログは短期間にボリュームある記事を連発出来ているんですね。

もし完全にイチから作成している場合、相当な時間が掛かってしまいますw

何故MGMはボリュームある記事を連発出来るのだろう?

そんな疑問を持たれる方も居そうですが、準新作記事を挟んでいるのも大きいんですね。

当ブログではこのようなことをやっているので、PS4/Switchのソフト施策はとても親近感を持てるんですw

過去の資産は有効に活用しないとね♪

ユーザー目線から見てもメリットが多い

え?ここまで挙げた利点はハードメーカー目線なんじゃないかって?

確かにそうですが、ユーザー目線から見ても互換機能がないことで生まれるメリットはあると思います。

例えばコンテンツの再活性化。

新ハード向けにバージョンアップ版やリマスタータイトルが発売されることでゲームメーカーはプロモーション展開をします。

すると再注目されるきっかけが生まれ、その影響でコンテンツが再活性化するんですね。

その結果、ユーザーが魅力を感じて手を出すきっかけが生まれると思います。

107

例えばぼくの場合、PS4「アンチャーテッド コレクション」を買いました。

本作はPS3で発売された3タイトルをPS4向けにリマスター化した作品ですが、ぼくは既にオリジナルのPS3版を全部持っていたんですよね。

それでも3タイトル収録されているお得感や追加要素。そして話題性に惹かれて買ってしまいました。

もし、PS4にPS3の互換機能が搭載されていたら

手元にあるPS3版で十分でしょ

 
と思って買ってなかったことでしょう。

他にも追加要素によってオリジナル版より遊びやすくなっていることもありますし、再発売することで生まれるメリットは沢山あります。

スポンサーリンク

後継機はどうなってしまうのだろうか?

ところで、後継機は互換機能を搭載するのでしょうか?

もし搭載されたら不安になることがあります。

それは、魅力的なソフトラインナップを展開出来るのかどうかです。

前述の通りPS4/Switchの初期は前世代機のソフトをベースにした準新作でソフトラインナップを拡充していました。

一方、PS4/Switchだけでしか楽しめない完全新作はほとんどなかったんですよね。

あったとしてもボリュームが不足していた印象です。

でも、これは仕方がないことなんですよ。

初期に発売されるタイトルはロンチに合わせないといけないためゲーム機のポテンシャルを活かせず、開発期間も短くなりがちですから。

この傾向はゲーム開発費の高騰化によって世代が進むごとに強まっている印象です。

PS4/Switchの後継機を発売する場合、この問題をなんとかしないといけません。

今世代機のようにまたバージョンアップ版やリマスタータイトル、旧世代機との縦マルチタイトルで1年目、2年目を乗り切るのか?

それとも互換機能を搭載したうえで準備期間を1年長くして専用タイトルを拡充していくのか?

一体、どんな戦略を取るのか気になるところです。

ぼくとしては新ハードを出す度に互換を切ってバージョンアップ版やリマスタータイトル、旧世代機との縦マルチタイトルでソフトラインナップを拡充していく戦略も良いと思うんですけどね。

例えば今は「Marvel’s SPIDER-MAN」がPS4で人気ですが、PS5初期に「Marvel’s SPIDER-MAN Remasterd」を展開してソフトラインナップの拡充を図るとか。

ユーザーの財布に優しい戦略とは言えませんし、TVラックの周辺には沢山のゲーム機を設置しないといけなくなるので難しいところですが・・・。



コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(58)

  1. y.crash より:

    自分としてはむしろ互換機能はほしいんですよね。
    もちろん互換が無いからこその良さも分かるんですけど
    過去のゲーム機をいまだにとって置かないとできないっていうのが嫌なんですよ。
    確かに仮にPS4に互換があるならPS3でいいかってなる人もいるのは分からなくはないんです。
    ただ、逆に考えればPS4一台でPS3もできるんだと考えるとPS3は手放しますね。
    互換が欲しい理由の一つとして、ゲーム機を置く場所が無いっていうのが自分にはあるんでw
    PS2の頃はPS1のソフトがほぼ互換してたんで重宝したんですよね。
    そういう面があるから自分としては互換はどちらかというと欲しいんです。
    もちろん反対意見も分かるんですが。
    過去の遺産にしか頼らないっていう発想も納得はします。

    プレステと任天堂機は互換を外したとしても、Xboxだけは互換を貫いてほしい。
    って思ったらPS5で互換の特許ってニュースが出て・・・。
    PS2並みの互換ならまだしも・・・今までのことを考えると過度な期待はしてないですね。
    PS1~PS4のゲーム全部互換とかいうのができるならまだしも・・・。

    • kentworld より:

      互換はあったら嬉しいんですけどね。

      商売としてみると旨味が少ないのも事実で、今回の記事ではその点に関して触れてみました。

      今のゲーム市場は準新作によってソフトラインナップを拡充しているので、互換機能によってそれをなくしたら大丈夫なのかと。

      ただ、いつまでも準新作でソフトラインナップの充実を誤魔化すのも限界だとは思います。

      そういう意味で互換はいずれ標準になるべきだとは思いますが・・・

      PS5の噂が出てきたので、記事を公開するタイミングとしては最適でしたねw

  2. 雪月あきら より:

    昔は互換機能を付けて欲しいと思ってましたが、互換機能があったらリマスタータイトルが発売されなかったと思うので今は無くてよかったと思ってます。

    実は僕が大好きなキングダムハーツシリーズもリマスター版が出てから本格的にハマるようになりました!
    複数のタイトルを1つにまとめてくれたので、以前よりも手が出しやすくなったからです。
    中にはオリジナル版よりも遊びやすくなっている作品もありますからね♪

    ただ、全ての作品がリマスター版を発売してくれるわけではないので、ゲームアーカイブスやバーチャルコンソールは出して頂きたいと思っています。
    昔のゲームをプレイしたくなることもありますからね!

    • kentworld より:

      そうだったんですか!?

      そうなると、記事で挙げたようなリマスターによって興味を持つきっかけが与えられた感じなんですね!

      確かにあのリマスターパッケージはお得感が半端ないので、ぼくも手を出してしまいそうですw

      ゲームアーカイブスやバーチャルコンソールのような数世代前のゲーム機の配信サービスになると前世代機との食い合いもなく、売り手側も旨味がありそうですね。

  3. ごりら より:

    一世代前のグラフィックのゲームやる気しない。
    性能が削られる。
    ダウンロードで対応できるのが大きい。

    • kentworld より:

      あまり言われていませんが、そういったデメリットもありますよね。

      そう、今はダウンロードで対応出来るんです。

  4. koji より:

    互換はあれば嬉しいですねー。
    PS5なら最低でもPS4との互換は欲しいです。
    互換無しのPS5と全世代互換のリッチな金のPS5(仮称)、2つのバージョンを用意してくれたら、全力で金のPS5に突撃しますよw

    • kentworld より:

      互換ありなしバージョンですか。

      1万円は価格差が出てきそうですが、kojiさんは互換ありに全力で突撃するようですねw

  5. kenthouse より:

    互換が無理でも、最近出ているリマスターやインディーズのゲームは可能な限り次世代機にもすぐ出せるようにと考えて作ってはいるでしょうね。ハードメーカーが移植が難しい次世代機を作ってソフト不足なんて戦略は考えにくいですし。

    それか、互換でダウンロードソフト

    • kentworld より:

      最近は各ゲーム機向けに最適化されたソフト作りを行っていますからね。

      どんな形であれ、次世代機でも今世代機の主要タイトルはプレイ出来そうです。

  6. 匿名 より:

    ハード側のメリットはロンチ時のスタートダッシュですね
    互換があると世代交代に時間がかかりスロースタートになりますから
    ソフトメーカーにとっては同じコンテンツを何度も売り直せるというのもメリットです
    一方でユーザーにとっては何のメリットもないですね
    機能が多くて困るはずがないので
    強いて言えば価格が下がることくらいです
    本音を言えばロンチ時点では互換機能なくても後から過去ハード全部動く新機種だしてくれたらいうことないのですが、メーカーからしたらそれこそ何の旨味もないのでまずやってくれませんね

    • kentworld より:

      PS3からPS4。PSPからPSVITAへの移行は思ったよりも早く感じました。

      今、思うと互換機能を搭載していなかったからなんでしょうね。

      ユーザー側のメリットも探せば色々あると思うんですよ。

      表面的にはあまり見えないので実感しにくいですが。

  7. ゾンビ顔 より:

    互換機能があっても、リマスター版が発売されたら買うのが作品のファンです。それはDVDとBDの関係で証明されています。

    • kentworld より:

      買うことを義務付けられても・・・

      何にしても、互換機能を搭載したうえで旧世代機のリマスターを出すと売上が減るのは間違いないと思います。

  8. がは より:

    互換の本質は、同じソフトを客に何度も買わせないで、手持ちの資産を流用させてくれる、客に優しいシステムだと思います。その裏返しで、メーカーが楽に儲けたければ、同じ(または少しの改良版)ゲームを、何度も客に買わせることがてっとり早いですかねぇ。

    • kentworld より:

      仰る通りです。ですので、ユーザー側からみたら搭載されたらメリットが目立つように感じてしまうんですよね。

  9. バラザム より:

    互換は欲しい派ですね。
    PS1の頃からRGB接続可能なテレビを買ったり、画質に
    こだわって無いわけではないですがゲームの面白さは
    見た目ではないですので過去作も遊びますよー
    現行機の凡作RPGに数十時間費やすならPCEの天外II、
    サターンのグランディア、PSのワイルドアームズ2
    でしょう(o^-‘)b
    いや現行機の良作をやれ、という話ではありますがw
    ただ実際に自分が9月に一番遊んだのはOneに対応した
    360の地球防衛軍4だったり。(PS4の4.1も廉価版価格で
    買ったんですけどね)

    PS2でもあったと思うんですが、前機種のソフトと互換が
    あって、かつフレームレート等で恩恵があったりすると
    なおの事嬉しいですね。

    • kentworld より:

      個人的には最新ゲーム機の最新ゲームに時間を取られて旧世代機のゲームをプレイする時間をほとんど取れません(汗)

      昔のゲームは昔のゲームなりにシンプルで面白さがよくまとまっていると思うんですけどねー

      どうしても今しか味わえない旬を優先してしまいます。

      単なる互換だけではなく、パフォーマンスも向上していると最高ですね。

      ただ、そこまですることでメーカー側はどんな旨味があるのか気になってしまいます。

  10. Conker the Squirrel より:

    自分は、互換機賛成派です。
    xboxは初代と360は不具合が多く、壊れやすく、自分も壊れてしまいました(怒)。
    こんなに壊れやすいのに買ったのは、メタルウルフカオスとレア社のゲームをやりたいと思ったからです。
    ゲームではないが、Xbox Liveのアバター機能はレア社開発のものですし、xboxはレア社の存在が大きいと思いました。
    oneの初代と360の一部互換はさすがだと思いました。
    oneはいずれ初代と360の全部互換してほしいです。
    PS2はPS1と互換があり、PS3初期型はPS1とPS2互換があったが、PS3後期型はPS2互換無くなってしまい残念だったが、PS1互換は残してくれた。
    PS2は初期型と後期型の薄型も壊れやすく、DVDの読み込み不良が発生しやすく、しかも壊れやすいのに、負担の掛かる縦置きを公式が勧めてきた時は馬鹿じゃないのって思いました。
    早く壊れさせてまた買わせて売上を上げようと考えていると思いました。
    縦置きしたした人達は、横置きした人達と比べて、皆早く壊れていました。
    やっぱり横置きだなあと思いました。
    自分も一年間縦置きした事がありますが、SCPH-50000は未だに壊れておらず、PS2の中で一番耐久値があると思いました。
    PS1~PS4全部互換をだしてもらいたいです。(特にPS2互換)
    PS4は互換無しでがっかりしました。
    wiiはGCと互換があり、Wii UはWiiと互換があったが、GC互換無くなってしまい残念でした。
    GCはディスクの読み込み不良が発生しやすく、しかも壊れやすいので、wiiのGC互換は神だと思いました。しかもwiiはGCより壊れにくい。
    Switchは互換がなくなりましたが、Switchはディスクじゃなくて、ゲームカードなので許せました。
    無理だと思いますが、任天堂にはGCとwiiとWii Uの互換機を出してほしいです。

    • kentworld より:

      Xboxは壊れやすいことで有名でしたもんね。その影響で信頼度は低下してしまったと思います。

      ぼくもXboxはレア社の存在が大きく、それが手を出す大きなきっかけでした。

      XboxOneの互換は本当に凄いと思うけど、あれをやっているせいで独占コンテンツが不足しているようにも見えるから勿体なく感じました。もう少し旧作を再アピールするきっかけを作ったほうが良いんじゃないかと。

      PS3は途中からPS2の互換を切ってしまったんですよね。あまりにも移行が遅かったので痺れを切らしてしまったようです。あれは色々と議論になりました。

      SIEとしては早く移行させたいがためにPS4にPS3の互換機能を搭載しなかったんでしょうね。あとはCellの問題もあるか。

      WiiでGCソフトをプレイ出来るのはあまり知られていないかも?

      それぞれの名称が全く異なりますからね。

  11. ホンマ?トモフミ より:

    僕はどっちかというとゲームに熱心な方なので互換機能の魅力はわかります。
    けど互換機能の影響でコストが上がるならいらないですね。
    PS2やGBAの頃は魅力的でしたが、WiiUのときにいちいちWiiモードに変えないと遊べないという辺りから互換機能の魅力が薄れてきました。
    3DSやPSVのときも前世代機のゲームが結構、古めかしく感じてそこでも魅力が低いと感じました。

    今のSwitchやPS4のリマスターや完全版を出して過去の作品をリニューアルする試みは認知度をあげる点においても良い試みだと思います。
    メーカーはあまりリソースをかけずに新作を良いペースで出せますからね。
    ユーザーの財布の紐には優しくないですけど、でもそこでもメーカーはどうすればリマスターを買ってもらうかで様々な試行錯誤をしてくるのでそこも楽しみなポイントです♪

    次世代機のPS5などでまた互換がなくなったら、嫌だな〜と思っちゃいますが、好きなゲームだったらまた買ってしまうのかなぁ。
    任天堂の次世代機はまだ想像できないですけどね。
    少なくともCPUやマシンパワーはPS4並みになるのかな〜。

    • kentworld より:

      PS2の頃が互換機能が珍しい存在だったので、かなりの訴求力がありましたもんね。

      でも、最近は互換機能も珍しくなくなってしまい、以前ほどの訴求力はなくなってきたと思います。

      Wii UでWiiソフトがプレイ出来ることもあまり恩恵を感じられませんでしたしね。

      互換機能を搭載するか?互換を切って旧ハードの新パッケージを出すか?

      認知度を高めるという意味では後者のほうが圧倒的に効果的だと思います。

      やはり、きっかけがないと旧ハードのゲームってなかなかプレイする気にはなれないですもんね。

      何だかんだ言いつつも旧作の新パッケージが出ると興味を持ってしまうことが多いです。

  12. Masaya より:

    今後はハードウェアを介さない『クラウド型』のゲームになるかも知れません。

    誰でも携帯している『スマートフォン』から、いつでもどの機種でも、高画質ゲームが遊べる感じで。

    5G通信が近々始まりますし、まだ始まったばっかなので、なんとも言えないですけどね。

    逆に私は、下位互換で、新作を買う動機になった者です。

    特にストーリー繋がりだと、過去作を遊んでから、新作を遊んだ方が良いですからね。

    あとはハードウェアを、闇雲に増やしたくないという個人的な思想もあります。(ミニマリスト的な)

    勿論、互換を切ることによって、新たな挑戦ができるのも確かです。

    PSならPSNow。
    Xboxなら下位互換。
    任天堂なら懐かしさを感じる雰囲気を出した新作を出す。

    でなんとかやってくれてるので、有り難い限りですが。

    • kentworld より:

      クラウドゲームは可能性を感じています。

      互換機能があると旧ハードの仕様に足を引っ張られるのが難点なんですよね。

      でも、クラウド機能だったらそんな欠点が払拭されるので、今後の主流になる可能性はあると思います。

      あとは回線問題をどうするのか?

      5G通信が主流になったら今よりも快適になりそうですが。

      • Masaya より:

        Xbox系の下位互換は、実質的にマイクロソフト主導でやってる『リマスター化』に過ぎないのですが、メーカー側は申請するだけなので、手軽ですよね。

        エースコンバット7特典にも、PS4にはエスコン5をそのまま移植。
        XboxOneでは、エスコン6を下位互換ですから。

        Xbox One X エンハンスドに対応するタイトルもあるなど、保有していれば無償。なくても、オンデマンド配信対応であれば、遊べるというのは良いと思います。

        PSNowが、スマホで遊べたのが、無くなってしまったのは残念ですがね。

        Xboxは近々、スマホ向け『クラウドゲームサービス』を開始。

        Googleも、『Google Chrome』からクラウドゲームが起動できるサービスも、『アサシンクリード オデッセイ』で、試験的に北米でサービス開始してます。
        https://news.denfaminicogamer.jp/news/181002

        クラウドゲームは、どちらかといえば、サーバー内にある高性能コンピューターを用いて提供するものなので、感覚的には、ゲームパソコンに近いですな。

        • kentworld より:

          XboxOneの互換機能は謎技術と言われていますね。あれはSONYでも真似出来ないくらい凄いことをやっていると思います。

          そしてXboxも気になるサービスを開始してきましたね。

          クラウドゲームは回線問題が永久につきまとうとは思いますが、それでも以前と比べて改善されてきたのは確かなので、技術が発達すればもっと実用的になりそうです。

  13. hanataka より:

    僕は互換機能は希望しますねぇ。特にPS1~2の作品で、絶対リマスター出ない大好きな作品を何時でも遊べる状況が欲しいですねぇ。

    最近、PS5のニュースで過去作品を綺麗な画像に出来る機能があるとの事で、物凄く期待してるのです❗

    • kentworld より:

      全てのタイトルがリマスター化されるわけではないですもんね。そういう時に互換があると助かります。

      PS5の話はまだ話半分だとは思いますが、気になる情報ですね。

  14. アレイサ より:

    互換はある意味、制約だと思いました。Wiiはゲームキューブとの互換を持たせるために、コントローラポートとメモリーカードスロットが搭載されていましたが、これは本来必要ないものですよね。Wiiのゲームを遊ぶのに必要のないものが、旧世代のゲームを遊ぶためだけにわざわざついているというのは、どうなんでしょう。もしSwitchに、Wii Uで遊ぶためだけのガジェットがついていたら、僕はSwitchを気に入っていなかったと思います。型にはまらないゲーム機をつくる、任天堂ならではの悩みかもしれませんが…(笑)

    • kentworld より:

      そうなんです、互換機能があることで足を引っ張られることもあるんですよね。

      Wii→Wii Uが顕著でしたし、Wii Uが失敗した要因の一つにも感じます。

      SwitchはWii Uとの互換を切ったからこそあんなにサクサク動くとも考えられますよね。

  15. グリグラ より:

    互換性は当然あった方がいいですが、無いからと言って困るものではないかな。
    無いことによってリマスター等が発売されることで注目が集まり、知らなかったソフトや当時は興味のなかったソフトに触れる機会が生まれるメリットもありますし。自分だとベヨネッタ2とか。

    SwitchもWii U互換が付いていたらここまでのソフトラインナップも実現できなかったでしょうからね。マリカDXなんて相当叩かれてたんじゃないかな。

    • kentworld より:

      単に互換機能を搭載しているだけだと、埋もれた旧ハードの作品を見つけにくくなりますからね。

      仮に搭載するとしても旧作をアピールしなければ利用する頻度が下がってしまいます。

      Switchソフトの充実ぶりは互換機能を取ったからこそですよね。マリカDXの大ヒットも考えられなかったと思います。

  16. JINO より:

    コスト的な問題があるので難しいとは思うんですけど
    やはり互換機能はあってほしいと思いますね
    単純に一つのハードで様々なソフトが遊べるほうが便利ですし
    PS2が発売初期にラインナップが十分でなかったにも
    拘らず大ヒットを飛ばした要因の一つにPS1との
    互換機能があるとみていますからね

    • kentworld より:

      細かいことを抜きにすると互換はあった方が嬉しいですね。

      PS2にPS1の互換機能を加えたのは画期的でしたし、PS1の膨大なソフト資産によって相当な訴求力がありした。

      なので、PS2に関しては互換機能を搭載して大正解でしたね。

  17. 匿名 より:

    面白い話題ですねぇ
    僕も前は互換ないとは何事だ!って感じだったんですが
    やっぱ3DSとwiiUの立ち上げ苦戦&ソフト不足をリアルタイムで経験しちゃうと
    プラスアルファ移植でブーストできるならいいかなぁなんて最近は思ってます

    • kentworld より:

      ありがとうございます!

      3DS/Wii Uがスタートダッシュに躓いたのは互換機能の存在も大きいと思います。

      それで肝心の専用タイトルが不足して沈んだら元も子もないですよねぇ。

  18. いつもの名無し より:

    互換機能、前はあった方が良いと思ってたんですけど
    PS4やSwitchの成功を見てからは
    別にいらないのかなとも思うようになってきました。
    互換がハードの売りになる時代ももう昔なんでしょうね。

    後、リマスターとして新しく出してくれた方が
    むしろ昔のタイトルに触れる機会があるし、
    個人的にはそっちの方が良い気がしています。
    わざわざ昔のゲームを買ってきて
    最新ハードでプレイするのもなんか違う気がするんですよね。

    • kentworld より:

      互換機能はあると有り難いですが、それで足を引っ張られて肝心の専用タイトルが出なかったら元も子もないですからね。

      PS4/Switchがロンチの辛い時期を乗り越えられたのは互換を切って旧ハードの作品を準新作として売り出したのも大きいと思います。

      旧ハードの作品はきっかけがないとなかなかプレイする気にはなれないですよね。

      副次的なものかもしれませんが、きっかけを与えられるのは嬉しいです。

  19. T・A より:

    個人的には互換機能入れるならDL版も出来る様にして欲しいですね
    例えば仮にVITA後継機が出るとしましょう
    私はVITA前までは持ってましたが今はやりたいソフトがないので2年前に売りました(今はPS4だけ)
    ですがVITAもPS3も来年でフリプの配信が終わるじゃないですか
    VITA後継機が出てくれたらフリプで手に入れたソフトのDL版をVITA買わずにVITA後継機で出来たら助かりますが
    PS3のソフト(DL版)もそうです

    後知識不足ですみませんがゲームの開発費が高騰してるけど家庭製品も開発費高騰してるんじゃないかと思いますね
    それを何とかするのがハード会社とサードの会社じゃないかと思います
    開発費高騰はちょっと辛いですね(苦笑)

    • kentworld より:

      最近は様々な形でダウンロード版を入手出来ますからね。

      後継機でも活かせられたらユーザーとしては理想的です。

      ゲーム開発費の高騰化はインフレ化のレベルが半端ないんですよ。

      開発ツールの効率化でなんとかなれば良いんですが、現状の長期化を見ていると完全には対処しきれていない印象です。

  20. むぐお より:

    噂ではps5はすべてに互換できるような特許を取得したような話を見ました
    エミュレータ的なものでしょうかね?
    自分的には互換は特に希望はしておりません。
    初期ps3をもっていたときにps2のソフトをやったかと言うとそんなでもないんですよね
    あとはソニー側に旨味があるのかなあ?って感じもします。
    中古市場に流れているソフトをプレーできるとしても会社からしたら無意味ですからね
    ps5を出すとしたらps4としばらく共存させるんだろうなーとか考えたら互換はしなそうだなーと思いました。
    やるとしたらダウンロードでps1〜ps4までできる形にしそうですけどね
    どちらかというと任天堂のソフトのほうがあとでやりたくなるんですよね〜
    いまはwiiひっぱりだしてGCのスパイダーマンやったりしていますからね

    • kentworld より:

      PS5の話は色々と出ていますが、現時点では話半分に受け止めています。

      互換機能は最新ゲームを常に追いかけているとあまり活用出来ないんですよねw

      あと、ハードメーカー的に旨味があるのかと言われるとそこまでないと思います。

      あるとしたらユーザーからの信頼感や稼働率の向上でしょうか。

      そういうのって重要ではありますが、実態を把握しにくいんですよね。

      PS4からPS5への移行は普通なら2~3年は掛かると思います。そこをどう上手く流していくのか今後の展開が楽しみです!

      最近はゲームキューブソフトをプレイするハードルが高くなってきているので、そこは何らかのサービスで補ってほしいですねー

  21. ジョエリー より:

    互換は要らない派ですね。
    互換を付けてしまうと前世代のゲームを動かせるようにしないといけないので、ハードの進化に制約がかかりそうですし値段も高くなりそうです。これらの影響が全く無いなら互換が付いていてもいいと思いますが、中々難しいと思います。
    何より昔のゲームはフレームレートの向上やロードの短縮など快適にプレイ出来るようにしてほしいと思っているので、互換よりリマスターで販売してくれた方が嬉しいです。
    そもそもWiiUや初期のPS3を見ててもわかる通り、互換が付いていても売れないですしね・・。

    • kentworld より:

      互換機能を搭載することで発生するデメリットはその辺りですね。

      過去に互換機能を搭載したハードもその辺りがネックになっていました。

      旧世代機のゲームは今、プレイするとかゆいところに手が届いていないことは多いです。

      今世代はフレームレートやロード時間が前世代機よりも向上されました。そちらを意識すると旧世代機のままでは厳しいですね。

  22. 匿名 より:

    とりあえず既存のPS2ソフトを遊べる新しいハードは欲しいかなあ
    サードから互換機が出るほどレトロではなく、かといってDL版があるほど新しくもないので、リマスターで日が当たったごく一部を除いて遊ぶ手段がなくなっちゃいそうで

    • kentworld より:

      そうですね、PS2ソフトはだんだんプレイするまでのハードルが高くなってきています。

      快適に全タイトルをプレイ出来る環境を提供したら需要ありそう。

  23. AVC-M370 より:

    互換機能か。
    無理のない範囲でなら永遠に対応して貰いたい物だな。
    と言うのもPS2の互換で初期に出たPS3のコストアップと耐久性の問題を残したからな。
    ニコイチはPSXで実績はあったハズだがね。
    任天堂は毎回2世代で切っている為わかりやすいが、自社のソフトに関してはリサイクル製造するのに難しいソフトが出ていない。
    マリオは何作目だ、マリオカートは何作目だ、マリオパーティは、とな。
    唯一難産なのはゼルダぐらいだろう。その為比較的難しい事はないかと。

    まあざっくり言えばゲームソフトと言うのは過去の焼き直しバージョンアップのシリーズを売ってきた訳だが、互換はそれを半分捨ててしまう訳だからな。
    ハードウェア企業にとっては苦渋の策であり諸刃の剣。
    ソフトウェア企業は工面すれば何とでもなるのだが、一緒に堕ちている感はあるな。
    ただリマスターの様にデザインを変更しないまま調整ですむ方法で負担が少なければ、何度も焼き直し互換とは言えIPが消滅せずメーカー的には助かるのではないだろうか。

    反面コレクター的には互換性は高い水準で要求したい所だな。
    旧ハードのサポートはない状態でも移植されないソフトを所持している場合はプレイしたい。
    特にキャラクター版権物の移植はほぼ絶望的だ。
    他にも挙げている者もいるが、ハードを用意するスペースの問題もあるしな。

    • kentworld より:

      互換機能ってユーザーの財布には優しいですが、実際のところ、メーカー側の負担は大きいでしょうね~。

      それを何とかするべく各社水面下で新たなサービスを構築していそうな気はしています。

      やはり、過去の資産をもっと有効に活用したいでしょうからね。

      リマスターパッケージは仰る通り繋ぎとしては最適で、IPの存在感を維持出来るというメリットもあります。

      リマスターパッケージが発売されなければ10年以上もブランクが生まれるIPもいくつか見られましたから。

      版権モノはバーチャルコンソールなどでは配信されにくいですからね。そういったタイトルの救済は必要だと思います。

  24. 匿名 より:

    ゲームアーカイブスやバーチャルコンソールさえ残しておいてもらえれば光ディスクの後方互換は切ってもらっても構わないですね。
    無理やり詰め込んで初期型のPS3みたいになっても困りますし。
    もっとも、ゲームアーカイブスやバーチャルコンソール自体が後方互換と言えなくもない気がしますが。

    • kentworld より:

      ゲームアーカイブスやバーチャルコンソールの資産を引き継いでほしいところですが、現状では出来ていませんよねぇ。

      それは勿体なく感じています。

  25. ナスタ より:

    互換機能のあるなしはハード売上にはあまり関係ないと思います。特に初期段階のアーリーアダプター層がユーザーの中心になる段階ではハード購入の決め手はそのハードでしかプレイできない新作ソフトだったり、他のハードにはない新しいギミックだったりが多いはずですし。
    一方で過去作品のリマスター版を準新作完全版として出すならばハードホルダーは初期のラインナップ不足を抑えられますし、ソフトメーカーは早期参入しやすいですし、ユーザーは追加要素や機能改善があれば、完全新作の合間の選択肢が増えるのは歓迎されるでしょうし…。これなら互換機能のコストを考えても削られるのは当然なのかなと思います。

    と前置きした上で僕は互換機能正直欲しいです笑
    というのも僕の好きなゲームソフトやプレイしてみたいソフトで現世代機でプレイできないものが山ほどあるもので。特にADVなんかはどうしても陽の目を浴びにくいジャンルですからね。まあ実際には新作ソフトで手一杯で手を出す時間はあまり無さそうですが笑
    それでも実際に出来るのと出来ないのとでは全然違うかなと。それに正直そんなに何個もハードを常に置いておくスペースが取れないのもあります。
    最もハード性能や機能向上の足枷になるのは考えものなのでやり方次第だとは思いますが。何にせよ過去の資産が既に生産終了している本体でしかプレイできないのはあまりにもったいないと思うので、クラウドサービスなどを利用して将来的には何らかの形で標準搭載されるべきだと思っています。

    最近PS5の互換機能の話を一部まとめサイトなどが囃し立てているのが拡散されていますが、PS4の時も彼らは同じようなことを言っていましたので、僕は今のところ全く信用する気が起きないです笑
    勿論実現したら最高に嬉しいです。

    • kentworld より:

      客観と主観をバランス良く取り入れた素晴らしいコメントだと思います!

      いくらハードメーカー的に都合悪くても本心として欲しい感じなんですねw

      スペースの問題はぼくも常に抱えています。そこは上手く移行出来たら良いなーと思っていますが。

      次世代機はクラウドサービスなどによってハードのあり方が大きく変わってきそうですね。

      どんな形で売り出すのかワクワクドキドキしています。

      PS5の話はまだまだ話半分にしています。

      ゲームイベントなどでドーンと発表されてから初めて意識したいですね~。

  26. つぐみ より:

    部屋はスッキリさせておきたいので古い本体をいつまでも所持していたくないから、互換があるか古いソフトをダウンロード版でもいいから対応させて欲しいですねぇ
    ロマサガリマスターの流れでPS4&Steamでミンストレルサガ起動できるようにならないかなw

    あと、さすがにビデオ入力端子とかD端子とか使ってられないよね(笑)

    • kentworld より:

      うちには大量の古いゲーム機が押し入れに眠っていますw

      こいつらのソフトをダウンロードタイトルなどで楽しめたら嬉しいのは確かです。

      でも、世の中ってトレードオフなんですよねぇ。

  27. おとなし より:

    360が現役なときに初代Xboxの互換があると知り 「幻魔 鬼武者」 「ニンジャガイデンブラック」を試してみました。
     Xbox時代は面白いけど高難易度で上級者向けだと思っていたが、YouTubeの攻略動画にある華麗なプレイを真似したりするうちに上達してドハマリしました。
     初代Xboxは押入れの奥にあるし幻魔 鬼武者は互換がなければ、ここまで遊ばなかったと思います。

    • kentworld より:

      初代Xboxはかなり大きいですもんね。なので、Xbox360でもプレイ出来るのは助かります。

      残念ながらぼくはあまり活用出来ずにいますが(汗)

  28. 天火星 より:

    互換機能のメリットはこの記事にも出てる通りソフト不足を補える事、デメリットはアップグレード版を出しにくい事と新作ソフトに手を出しにくくなる事ですかね。
    確かにPS4が出た当初、僕も言葉が乱暴ですみませんが[PS4に互換機能無いの正直クソじゃね?]と思ってました。でも今じゃ無くてもいい、いや無い方が正直ゲームの未来を切り開けるのでは?と心変わりしました。当初は[有ったら嬉しい]が[当然有るよね?]に変わってたんだと思います。

    • kentworld より:

      心変わりされましたか!?

      まあ、PS3にも愛着を持ってしまいますもんね~

      互換機能を付けるのかどうかの判断は後ろを向くか前を向き続けて歩くのかの選択に似ていると思います。

      PS4の今があるのは互換機能がなかったことも大きいと思いますね~♪

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。