2018/06/25/12:00 | 特集

ここは抑えていて当然!良質なゲームのメニュー画面で見られる便利機能を紹介!

このゲームは良作だなぁ・・・。

数多くのゲームに触れているとちょっと触っただけでも良作である事が伝わってきます。

その条件の1つとなるのが、メニュー画面のユーザーインターフェースです!

ここを触っているだけで「このゲームの開発者は分かっている!」と思うんですよね。

今回の記事では良作が抑えているメニュー画面の便利機能を紹介します。

方向キー押しっぱなしで加速

数多くのゲームに存在するメニュー画面。

方向キーで選択している項目の移動を行いますが、ゲームによってはスクロールしないとすべてを確認出来ないくらい用意されています。

そんな時にあると嬉しいのが、方向キーを押しっぱなしにする事でカーソルの移動速度が加速する機能。

この機能が搭載されていないと一番下までスクロールするのに時間が掛かってしまい、テンポが崩れてしまいます。

項目が少ないモード選択画面はともかく、項目が多くなりがちなサウンドテストやギャラリーモードではあった方が良いですね。

デフォルトのカーソル位置

前述の通りメニュー画面は多くのゲームに存在します。

その際に重要なのが、デフォルト状態時はどこにカーソルが置かれているのかです。

これはケースバイケースなので、ここからは状況に応じた解説をしていきます。

初めてゲームを起動した時

「最初から」にカーソルがデフォルトで置かれるようにする。

初回起動時はセーブデータが存在しないので「最初から」始めるしか方法がありません。

2回目以降のゲームを起動した時

「続きから」にカーソルがデフォルトで置かれるようにする。

「最初から」にカーソルが置かれていると誤って選択した時に長いオープニングムービーをまた見させられるハメになります。

チュートリアルムービーを見るか訊かれた時

「いいえ」にカーソルがデフォルトで置かれるようにする。

「はい」にカーソルが置かれていると見たくもないのに誤って選択した時に長いチュートリアルムービーを見させられるハメになります。

セーブデータ削除画面で再確認の選択肢が表示された時

「いいえ」にカーソルがデフォルトで置かれるようにする。

「はい」にカーソルが置かれていると誤ってセーブデータ削除画面に飛んだ時に誤操作で消してしまう可能性が高まってしまいます。



中には逆の方が良いと感じられる方もいるかもしれませんね。

ここで挙げた選択肢が多数派だと思いますが、どうでしょうか?

端から端へカーソル移動出来るようにする

メニュー画面で一番下までカーソルを移動させた時、さらに下ボタンを押すとします。

すると、一番上の項目までカーソルがワープしたら便利ですよね?

方向キー押しっぱなしで加速する機能と合わせて欲しい機能ですが、スクロールしないとすべてのメニューを表示出来ないほど項目が多い場合は無いほうが逆に良いです。

というのも方向キーを押しっぱなしにした時、上下左右に激しくスクロールして脳や目に良くないから。

加速機能と端から端への移動機能の両方を兼ね揃えるのは1画面固定式のメニュー画面のみの方が良いと思います。

ですので、便利ではありますが、安易に搭載しない方が良い機能です。

複数選択機能

アイテムを管理するゲームは数多く存在します。

そんなゲームに欲しいのが複数選択機能です!

例えば複数のアイテムをお店で売却したくなる事はありませんか?

一個一個売却するようでは時間が掛かってしまいますからね。

特に最近のゲームは”素材”というカテゴリーのアイテムが存在するせいで細分化してしまいました。

手持ちのアイテムが100種類、200種類に達する事も珍しくはありません。

そんなゲームでは複数選択機能は必要不可欠だと思います。

性能の比較とクイック装備機能

RPGなどで見られる武器や防具を販売しているお店。

快適に楽しめるよう、お店の買い物画面では現在装備しているアイテムとの性能比較機能と購入時のクイック装備機能は搭載してほしいです。

これらの機能が搭載されていないと現在装備しているアイテムよりも優れているのか分からないですし、いちいちメニュー画面を開いて装備しないといけませんからね。

最悪、購入したのを忘れて装備しないまま冒険に出掛けてしまうかも知れませんから。

そういう意味では宝箱から現在装備しているアイテムよりも優れている物を入手出来た時も性能の比較が出来たり、クイック装備機能を搭載してほしいです。

最近はお店の買い物画面で性能の比較とクイック装備機能を搭載している作品こそ増えてきましたが、宝箱から入手した時までは挿入されない事が多く感じます。

スポンサーリンク

カーソル音

カーソルを移動させた時。項目を選択した時は音が鳴るようにしてほしいです。

これらは映像を見れば分かる事ではありますが、音が聞こえるとより分かりやすくなるのでユーザーに優しいと思います。

鳴る音はゲームの世界観に合った物が理想的ですね。ここは開発者のセンスに委ねられると思います。

一つ言えるのは、移動時の音と決定時の音は分けた方が良い事です。

全体のまとめ

以上!良作が抑えているメニュー画面の便利機能を紹介してみました!

普段、何気なく触っているゲームのメニュー画面ですが、快適に楽しんでもらうための気遣いがなされているんですね。

最近は全体の水準が上がってきているのでここで挙げた機能の多くは搭載されている作品が多くあります。

しかし、一昔前までは良作でさえも抑えていない事が多くありました。

たまに昔のゲームをプレイしてみると「え?こんな気遣いも出来ていなかったの!?」と驚くことがよくあります。

ゲームも作品を重ねて洗練されて行ってる事がよく分かる話ですね。

メニュー画面

メニュー画面

posted with amazlet at 18.06.21
WAVE MASTER (2012-05-30)


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. hanataka より:

    カーソル移動について、今僕が楽しんでいる閃の軌跡改だと、アイテム選ぶ時に、カテゴリー毎に、左右押すとパッと次のカテゴリーにいくので便利ですねぇ。伝わるかしら⁉️

    特にアイテム多いRPGは、カーソルの動きは大事ですよね?

    • kentworld より:

      アイテムの種類が増えたことでカテゴリー分けも重要な要素になってきましたね。

      閃の軌跡ではそんな機能があるんですか!?日本ファルコムの作品はユーザーインターフェースに気遣いを感じることが多いです。

  2. Awaken より:

    UIはゲームプレイの中でもプレイヤーが最も触れる部分のひとつですから、些細な不親切が結構なストレスになったりするんですよね~
    まとめて売る機能
    各種ソート機能
    とかも好きですね
    趣旨が違うかもしれませんが、HUDの個別on/offが個人的には嬉しいポイントです!
    トゥームレイダーシリーズとかアサクリシリーズとかはgoodですね

    • kentworld より:

      そうなんですよ。ユーザーインターフェースの作り込みはとても大切だと思います。

      HUDの非表示は没入感を重視するゲームでは非常に重要ですね。

      加えて、HUDを非表示にしても不便に感じさせないような調整も必要になってくると思います。

  3. マージ より:

    とりあえず、サービスショットが見たいです(笑)

    昔のゲームなんかだと、不便な場所にカーソルがあったりしますよね。

    • kentworld より:

      サービスショットとは一体、何なんでしょうかね。嫌な予感がしますよ笑

      たまに昔のゲームをプレイしているとユーザーインターフェース周りでストレスを感じることが多くて驚かされます。

  4. がは より:

    リスト選択は記事の通り、カーソル移動に気配りを感じますね。あと最近ありがたいのが、モンハンワールドのリング状のアイテム利用機能。選択肢を見なくても、アナログスティックを倒す角度で使いたいアイテムが選べちゃうのは助かる。

    • kentworld より:

      リング状のアイテム利用機能は非常に便利だと思います。アナログスティックを倒す角度で使いたいアイテムを瞬時に選択出来るので、僕もお世話になりました♪

  5. AVC-M370 より:

    これは決定ボタンを連打する仕様である事が問題ではあるな。
    RPGは決定ボタンキャンセルボタンだけで、遊べる簡単と言われているが、反面他のボタンに割り振る事で誤操作を防げる点を見落としてしまっている。
    (同時に多ボタンの操作のゲームへの批判に繋がってもいる)

    たまにあるのは新規に始めたにも関わらず、つづきから、にカーソルのあるゲーム。ツッコミ所で意味がわからない。
    後はあれだな、セーブデータ1つしか作っていないのに、どのセーブデータで遊びますか?かね。
    もうそれしか無いのだから飛ばしてさっさとロードしてくれと言いたい。

    チュートリアルに関しては、はいいいえよりも△や□、XやYを押して選択の方が決定ボタン連打防止で良いな。

    お店で購入時の現在のステータスとの比較は必須で欲しい。
    子どもの頃はある程度時間に余裕があった為、あれしてこれしても楽しめたのだが、大人になるとパッと比較したいのに、となる為だろうか。

    カーソル音は地味ながら、ボタンを押している体感に繋がる為、実は合った方が良い。
    ピコピコゲームしてる、に形容されるアレだな。

    このUIやらの話はメーカーが何処まで作り込んでいるのかに左右される気はするが、1発ソフトにはなかなか手を込められないのでは無いかと思われる。

    • kentworld より:

      言われてみるとメニュー画面では決定ボタンしか使いません。

      個人的にメニュー画面では一つのボタンだけで進められるようにして欲しいところですが、誤操作を防ぐという意味で他のボタンに操作を割り振るのも良い手段だと思います。特にセーブデータの削除機能では有効ですね!

      お店で購入時の現在のステータスとの比較はもはや必須になってきたと思います。

      この機能が搭載されていないとその作品の評価は大きく落ちてしまいますね。オクトパストラベラーも当初は搭載されていなかったのでヒヤヒヤしましたw

      カーソル音は地味ながらも重要ですよね。ピコピコゲーム。まさにそれです!あの心地良さが欲しいんですよ。

      記事で挙げたような便利機能は今や常識と化しているので、各社、マニュアルのような物が存在するんじゃないかと思います。

  6. らす2 より:

    今のゲームに慣れきったユーザーは十字キーでなくセレクトボタンでいちいち上下にカーソル動かしてた時代のゲームやったら発狂しそうですね。

    カーソルが上下の端でループしないのは地味にストレスですね。
    最近の作品でもできてないのが未だにあります。

    • kentworld より:

      セレクトボタンで上下カーソルを動かしていたのって、ファミコン時代の初期まで遡りますねw

      あの手のゲームを初めてプレイした時はタイトル画面から脱出することさえも大変でしたよw

      カーソルのループ機能は使い所にも寄りますが、搭載されていない作品は意外と多いですね。

  7. ナスタ より:

    UIがユーザーフレンドリーじゃないとジワジワとストレスが溜まりますよね〜。大体同意ですが個人的にはチュートリアルの選択肢はデフォルトで「はい」がいいかな。初回プレイだと見ないことがないので。その上でスキップが出来るようにして欲しいです。チュートリアルの直後にミスして戻された時にまた同じチュートリアルを見せられることがたまにあるので。

    カーソル音は重要ですよね!無音の作品は物足りなく感じてしまいます。センスが良い音が鳴ると作品の印象もガラリと変わりますね。

    • kentworld より:

      記事で挙げられているような機能は今の時代、最低限、必要になってきたと思います。

      記事で挙げるの忘れていましたが、スキップ機能も欠かせないですね。

      この機能が搭載されていたら間違ってムービーを見ることになっても欠点をカバー出来ますので。

      このテーマはまだまだ掘り下げられそうな気がしてきました。

      ゲーム開発は常にユーザーの気持ちを理解しないといけないから大変ですよね(^_^;)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。