2018/08/12/12:00 | M☆G☆Mコラム

新作ゲームの発売が減っているのに激戦区と感じる週が増えた理由とは?

毎月のように言っている新作ゲームの激戦区

ゲッ・・・あのゲームの発売日が○月○日に決まったのか!?

ヤバイ・・・その日はあれも出るしこれも出るから激戦区やん!

みなさんは新作ゲームの発売日が重なった関係で激戦区と感じた事はありますか?

僕の場合、月末は新作ゲームの発売が集中しやすいので毎月のように言ってますw

しかし、昔は激戦区と感じる事なんて無かったんですよ。

昔のほうが圧倒的に多くの新作タイトルが発売されていたのにおかしいですよね?

今回の記事ではその理由を探っていきたいと思います。

昔は興味の範囲が狭かった

昔の僕は興味の対象が広くありませんでした。

ダウンロード専売だからノーカウント。

ゲームジャンルが○○だからノーカウント。

マイナーゲーム機でしか発売されないからノーカウント。

キャラクターがマリオじゃないからノーカウント。

そんな感じで知らないうちに興味の対象を絞っていたんですね。

無理もありません。当時の僕はプレイしたゲームが少なかったのですから。

結局のところ人は自分が触れたことある物に関連性がないと興味を持ちにくく、価値を感じないのでしょう。

10年間で興味の対象が一気に広がった

任天堂信者でPS嫌いだった僕が全機種を愛するゲーマーに更生した話

過去の記事で何度も書いたように昔の僕は任天堂のゲームしか触れていませんでした。

ですので、任天堂ハード以外で発売されるタイトルは興味の対象外だったんですね。

特にマイナーゲーム機で発売されるタイトルは眼中にもありませんでした。

こんな事を書いたらその筋の人に怒られてしまいそうですが、セガサターンやネオジオポケット、Xboxはマイナーゲーム機のイメージが強く、ごくごく一部のタイトルを除いて全く興味がなかったんですよw

ところがこの10年間のうちにXbox360→PSP→PS3→PSVITA→PS4→XboxOneと任天堂ハード以外のゲーム機を購入し、それぞれの対応タイトルを購入して楽しむようになってから興味の対象が一気に広がったんです!

「ギアーズ オブ ウォー」にハマったら同系統のTPSや欧米ゲーム自体に興味を持ち、「デモンズソウル」にハマったら高難易度アクションRPGというジャンルに興味を持ち~

こんな感じで次から次へと新境地を開拓していたら大抵の大作ゲームには興味を持つようになりました。

その結果、週に5本程度しか新作が発売されなくてもそのうちの3本は購入予定タイトルだったり興味があるタイトルになるケースが増えたんです!w

もし過去の自分が今の自分を見ていたらどう感じるのか?

もし、過去の自分が今の自分を見ていたらどう感じるのでしょうか?

おそらく、「え?そんなタイトルにも触れているの!?」なんて思う事でしょう。

例えばXboxOne関連は昔の僕だったらネオジオポケットどころかそれ以下の扱いで「自分には関係のないもの」だと思って眼中にも入らなかったでしょう。

今の僕からしたらXboxOne関連のタイトルも立派な注目作の一つだと感じているんですけどね・・・。

興味の対象が増えると楽しい

僕は昔と比べて興味の対象となるゲームが大幅に増えました。

それ故にすべてを楽しみきれず、もどかしく感じる事はありますが、基本的には楽しいです。

「○月○週はこれを買って、○月○週はこれを買って~」みたいな取捨選択する楽しさがありますからね。

そう考えると今とは比べ物にならないくらい沢山のゲームが発売されていた1990年代後半の頃にもっと興味の対象が広かったら良かったのなぁと思います。

あの頃に今と同じくらい興味の対象が広かったら最高に楽しい毎日を送れていたのになぁ・・・

後ろ向きな考えで良くないとは思いますが、そう考えてしまう事はあります。

スポンサーリンク

みんなの興味の対象も広げていきたい

僕がこのブログを続けている理由の一つに「紹介するゲームの魅力を読み手に伝えたい」という物が存在します。

そして、興味の対象が増えてほしいと願っているんですね。

興味の対象って増えれば増えるほど楽しくなってきますから♪

○月○週は興味ある新作ゲームが多数発売されて困っちゃう!

こんな風に皆さんとこれからも嬉しい悲鳴をあげあっていきたいです笑

 


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(46)

  1. メトロキシド より:

    興味の対象を広げるですか…
    文字通り世界を広げるという意味のため、なかなか難しいのですよね。
    保守的な人が多くいまの趣味で、ある程度満足してしまうとなおさら手を出そうとしません。
    自分の場合、興味を広げられるかわからないジャンルに時間を割くよりも興味があると断定出来るものに時間を割きたいと考えてしまっているのでなおさらですね。

    だからこそ、人に勧めてもらうというのは大変重要だと思います。
    自分で新ジャンルを1から探すなんてことはあまりにも難しく、時間を割いてしまいますが他の人に勧められたものだと少なくと焦点が絞れるため、自分で1から探すときに比べ少ない時間で興味が広げられます。

    そんなわけでこのブログのおかげで昔は任天堂にしか興味がありませんでしたが最近はps4のゲームにも並々ならぬ興味を持ち、購入したいとさえ考えるようになりました。
    言われなくてもそうすると思いますが、このブログでぜひ他の人にも興味を広げさせるという行為を続けて欲しいです。

    • kentworld より:

      新境地を開拓するためには人の勧めが重要だと思います。

      僕もいろんな方の影響を受けて興味の対象が広がっていきましたからねー。

      当ブログのおかげで興味の対象が広がっていますか!?

      任天堂以外にもPS4に興味を持つようになったとは、僕の後ろを付いてきているようで嬉しいです♪

      これからも皆さんに興味を広げるためがんばりますよ!

      そのためには上手く伝える努力をするようにしています。ですので、レビュー記事を読んで分かりにくいと感じたことがあったらどんどん教えてください!

  2. Kiyoppy より:

    自分の場合はジャンルより洋ゲーアレルギーがなくなった事で幅が広がりました。
    しかし、それもPS3までで時間が経過する度に今ではすっかり極端な洋ゲー派になった感じです。そういう訳で幅が狭くなったのかもしれません( ;´・ω・`)

    • kentworld より:

      あらら・・・洋ゲーに興味を持った代償が現れてしまいましたか(^_^;)

      それはそれで昔のkiyoppyさんが見たらビックリするかも知れませんね。僕の記事で興味の対象が広がってくれたら嬉しいんですが。

  3. ゲーマー より:

    管理人のゲーム愛は凄いなぁ~

    私の場合は、開発期間、ディテール等の事前情報を調べ、優先順位をつけて購入します。

    予算の都合上、レッド・デッド・リデンプションIIとスマブラSPを購入予定ですが、コストパフォーマンスを考えると他のゲームに興味が湧かないです。

    • kentworld より:

      確かに予算や時間を考えたらその2タイトルだけで間に合いそうなんですけどねー。

      誘惑に負けてしまって、次から次へと手を出してしまいそうですw 良いのか悪いのか(^_^;)

  4. むぐお より:

    ケントさんもやたら幅広くなった印象がありますね
    以前なら格ゲーとか
    とくにキャラものドラゴンボールとか手をつけなさそうでしたしサガスカもやってなかっただろうな〜って思いました
    ジャンルにこだわらなければ毎月楽しみできてよいですよね
    それで読者側にも興味のないゲームも興味をもたせることもあるだろうと思います
    まあps1時代のゲームって当時は、楽しめたけどいまやるときついゲームが多々あります笑
    初期のポリゴンに愛がないと厳しいですよね

    • kentworld より:

      そうなんですよ。今年だけでも普段は手を出さないような作品に手を出しましたから。ドラゴンボールファイターズやサガスカはまさにそれですね!あとスパロボもそうです。

      これもみなさんのおかげですし、初挑戦のゲームに関する話題をこの場でしたらみなさんが興味を持ってくれるわけで、良い事尽くしですね♪

      PS1時代のゲームは今、プレイすると当時の興奮を味わいにくいからリアルタイムで楽しみたかった・・・

  5. 匿名くん より:

    興味の対象を減らすという事は自分から選択肢を減らす事ですからね。
    どのハードを買ったらどのハードでゲームは遊んではいけない!みたいな制約はない以上全てで遊んだ方が勿論良いですよね。

    …ただ最近のいわゆる「大作AAA洋ゲー」に関してはFPS.TPSの似たり寄ったりのゲームだらけの現状に正直飽きが来てしまってるのが実はあります。
    日本のゲームはかなり多様性があって素晴らしいんですが、ソニーやマイクロソフトのファーストも含めて昨今の大作洋ゲーは「絶対に失敗してはならない」という想いがあるからか、挑戦的な物が少なくなってきてるなぁと感じます。

    なのでその辺りのゲームを楽しむ為には何とか別の楽しみ方を模索するべきかなぁ、と思ってはいますが中々大変です(笑)

    • kentworld より:

      大作AAA洋ゲーのマンネリ感は到るところで指摘されていますね。

      最近はUBIソフトのオープンワールドゲームがますますテンプレ化しているのが気になります。

      確かに洗練されてきてはいるけど、もっと冒険してほしいなぁ。

      マンネリ感はプレイヤーの努力で改善出来ることはありますからね。向こうに頼りっきりではなく、こちらも模索するのは大切なことだと思います。

  6. AVC-M370 より:

    90年代の変すぎるゲームを紹介する確率が減って良かったのではないかね。
    まあ好みは変えられないからな。
    アクションゲーム的には銃より剣劇の方が好みなのかFPSやらに余り興味はないしな。

    • kentworld より:

      いやぁ・・・あのような変過ぎるゲームに憧れるんですよぉw

      FPSも昔は興味なかったんですが、10年ほど前から好きなジャンルになれました♪

  7. いぬん より:

    年齢を重ねる事に色んな視野が狭くなってきてる自分にはある意味凄く共感できる内容のお話でした!
    ありがとうございます!

    • kentworld より:

      共感していただけましたか!?

      僕もゲーム以外の視野は狭くなってきているので、気を付けたいところです。御礼の言葉をありがとうございます!

  8. ヨウタイガ より:

    アンテナを広くしていると、いろんな物が見えて来ますよね。僕は以前よりも購入するゲームの幅は広がったように思います。アンチャーテッドをきっかけに洋ゲーやTPSも買うようになりました。
    以前よりもゲームの詳しい情報が手に入りやすくなった事もあり、結果欲しいものも増えています。昔は雑誌やCMくらいしか情報源が無かったので、どうしても発売日に買いたいと思うのは大作ゲームになりがちでした。
    今はネットで色んな情報が手に入るため、より自分に合いそうなゲームを探せるようにはなりましたね。

    • kentworld より:

      ヨウタイガさんも興味の対象が広がってきましたか!?

      いろんなゲームブログを読まれている影響もあるのかな?それでしたら書き手としては嬉しいです!

      僕も興味の対象が広がった大きな要因はみなさんのおかげですね~。コメント欄でのやり取りはもちろん、他のゲームブログを読んで興味が出てきたことは数え切れないほどあります。

      • ヨウタイガ より:

        アンチャーテッドシリーズを買う前は、ケントさんのレビューをかなり参考にしましたよ。他のブログさんからもかなり影響を受けています。周りに直接話せるゲーム仲間が減ってはいますが、昔と違いブロガーさんから情報を得られるのも楽しいです。

        • kentworld より:

          当ブログのレビュー記事が参考になったようで嬉しいです♪

          個人ブロガーの記事はユーザーの生の声でもあるので、影響を受け易いところがありますよね。これからもヨウタイガさんに影響を与える記事を書いていきます!

  9. 天火星 より:

    ケントさんのゲームに対する熱意は凄いですね、見習いたいものです・・・!
    確かに子供の頃より趣味やプレイするゲームの幅は増えましたね、だからこそ財布(身体)がもたない・・・!自分はプレミアムバンダイ等で特撮の変身アイテム武器とか買ったりしてるので余計に・・・!!
    宣言しときますが、僕はケントさんのレビュー読んで購入決定したゲームが多くなった人間です。これからも応援させてもらいますぜ!!

    • kentworld より:

      おお!それは嬉しいですね!

      最近でもこのブログがきっかけで購入タイトルが増えているようで、天火星さんのゲームライフを豊かに出来る役割を果たせているようで嬉しく思っています♪

      ほかにも趣味があると財布が大変ですよね。それと時間や身体もキツイw

      今後も当ブログの情熱を受け取ってゲーム熱を高め続けてください!

  10. ホンマ?トモフミ より:

    いろんなゲームを知るとその分「あれもでるのか?これもでるのか?」ってなりますよね(^_^;)
    興味が広がるのはいいけど、その分誘惑が膨らむので、そういうときはカネと時間の観点からどれが一番自分にベストなものかって選択しちゃいます。当たり前なことかもしれないですけどね💧

    10年前と比べたりすると特に映画やゲームは興味の範囲が広がってるのでそれは楽しいことでもありますね(*^^*)
    上半期はいろいろSwitchなどで新作ゲームが出て、目移りしてましたけど、今は今後でるポケモンやスマブラ、FEを充分に堪能するため、去年から積んでるゲームたちを楽しんで待ってようと思ってます。

    • kentworld より:

      ええ、誘惑が多すぎて管理も必要になってくると思います。

      僕もあれも欲しいこれも欲しいと思いつつも取捨選択をするようにはしていますねー。

      ですので、積みゲーは多くても少ないタイトルを集中的にプレイすることが多いです。

      トモフミさんも自分のキャパシティを考慮に入れて楽しんでください♪

  11. 青雲スカイ より:

    自分の場合は逆に昔の方が色々なジャンルやシリーズに挑戦してましたね。
    だんだん興味の範囲が狭まっているのを感じます。
    視野が広がって興味の範囲が広がったというのは羨ましいですが、多分、今の自分が同じように範囲を広げようとしても無理だろうなというのが正直なところです。

    kentさんがこれまで以上に色々なジャンルやシリーズのゲームに挑戦するのを楽しみにしています。

    • kentworld より:

      当ブログが青雲スカイさんの視野を広げるきっかけになったら良いのですが・・・

      以前と比べたらゲーム熱も高まっているようなので、期待しています!

      本当に興味の対象が広がりすぎて収集が付かなくなってきましたw

      • 青雲スカイ より:

        このブログを読み始めてからの方がそれ以前よりもゲーム熱は遥かに高くなりました。
        大人になってからというもの、結構その時々でゲーム熱に変化があって、1年以上全くゲームをやらない時期すらあったんですよね。

        ゲームに関する視野がこれから広がるかは分かりませんが、大神みたいに気になっていたけど未プレイだったゲームをこれからどんどんプレイしていきたいです。

        • kentworld より:

          今後、さらに熱が高まるように出来たら良いなと思っています♪

          ゲーム熱の変化は僕もありますね。さすがに1年以上全くやらない時期はありませんでしたが・・・

          読者に様々なゲームの魅力を伝えるのが今は目標としてあるので、青雲スカイさんにもっと出来たら良いなと思っています。

  12. くっぞこ より:

    こんにちは。
    子供の頃に比べ色々なジャンルのゲームに手を出しやすくなったのは
    自由にできるお金の額が増えたから、
    というのも大きいかもしれないですね~
    私の場合だと、中古ファミコン屋さんが
    近所に初めて出来たのが中学生の頃で、
    それまではおもちゃ屋さんで定価販売
    (売れ残りはワゴン価格で)でしたから(笑)
    今はまた遊ぶ時間が少なくなっているので、
    スイッチと3DSだけで手一杯ですね~
    それでも、スイッチは毎週DLゲームだけで
    10本以上発売されているので追いつけないでいます(笑)

    • kentworld より:

      大人になると自由に使えるお金が増えますからね~。その影響も大きいと思います。

      昔のゲームは販売価格が極端だったのでしょうか?

      ファミコン時代の価格設定は知らないんですよね・・・汗

      Switchはダウンロード専売タイトルが一時期の3DS並に色々発売されているので、そちらに興味を持ったら手がつけられなくなりますw

      • くっぞこ より:

        確かファミコンの頃のソフトの価格は、
        今とほとんど変わらないと思いますよ。
        一万円超えてた光栄のソフトは除いて(笑)
        だいたい5000円~7000円くらい。
        末期の頃の容量が大きいソフトが7000円前後だったと思います。

        • kentworld より:

          あぁ、書き方が悪かったですね。

          店頭でファミコンソフトは当時、どれだけの値引率で販売されていたのか知らなかったという話でした。

          話を聞いた感じだと定価販売とワゴンで二極化されていたってことかな。

          • くっぞこ より:

            そう言う事だと、当時おもちゃ屋さんでは定価販売と、
            わずかな売れ残りがワゴン価格です。
            文房具屋さんで、トランプの横にゲームウオッチや
            ファミコンが並んで置かれて、
            売られていた頃もありましたから(笑)
            だから、中古ファミコン屋さんと、ディスカウント店で、
            普通に値引き販売されていた時はビックリしましたよ~(笑)

          • kentworld より:

            補足をありがとうございますm(_ _)m

            それは、今の時代からしたら想像も出来ない光景ですね。販売店とゲームの関係性を振り返るのも面白そうです。

  13. つぐみ より:

    steamを利用してから、ゲーム安すぎて色んなジャンルをかいつまんで楽しんでます。
    色々やった結果、結局フォーオナーが安定して楽しめてます。
    ps4版のフォーオナーやりましたがpc版以上にマッチングしませんな。ありゃキツイ
    閑話休題
    最近は萌に傾倒してしまって支離滅裂な内容になるジャパニーズゲームに嫌悪感を抱く以外は、大体のジャンルに手を出してます。
    最近はゲームの発売日はさっぱり管理しておりませんので、激戦区かどうかわからんうちに発売日なことが多いですわ
    多分ダウンロード版なら何時でも買えるんで、予約するとかそういうのが無くなってるからですかね
    予約したソフトを買いにいく作業も無いですしねぇ

    • kentworld より:

      Steamは驚くほど沢山のゲームが発売されていますもんね。

      コンシューマーゲーム好きとしてはノーカウントしてしまいがちですが、いずれはSwitchなどに移植されるかも知れませんから、アンテナを張るようにしたいです。

      やはり、PS4版フォーオナーはマッチングしにくいですよね。せっかく頂いたのになかなかプレイ出来ません。

      あぁ、わざわざお店に行って予約をする習慣を持っているからこそ発売日を意識してしまうというのはあるかも知れませんね。

      ダウンロード版だとその手間が省けるので意識しにくくなります。

  14. ほにょ より:

    おっしゃるように物事に対しての興味や関心の感度が上がると、入ってくる情報は増えますし視野も広がります。加えて90年代と今とでは世の中に流れている情報の量そのものが違うと思うんですよ。

    確かに発売点数自体は減りましたけど、その代わり周辺情報の洪水に溺れる時代。その情報にしても純粋に受け手の利益になるように出ているものもあれば、送り手の世の中の注目を集めたい、自分を売りたい、あわよくば受け手の心を弄びたいという意識が露骨なものもあります。だから、ある程度の取捨選択は絶対に必要になってくると思うんですよね。

    • ほにょ より:

      もちろんゲーム雑誌バブルだった90年代にもクセの強いライターさんはいたし、読み手にいろいろ仕掛けてくる人もいました。でも今では、世にあふれるゲームの話題のほとんどがそんなのになっちゃってる感じがします。そんな中でいろいろ考えてkentさんはブログを書いてらっしゃるなというのはいつも感じます。

      • kentworld より:

        ありがとうございます!いえいえ、まだまだ読者への配慮が足りていないなぁと反省することばかりです。これからも昇進していきます!

    • kentworld より:

      今はインターネットがあまりにも普及しすぎたせいで情報量がとんでもないことになっていると思います汗

      情報の取捨選択なんて昔は考えられませんでした。周辺情報の洪水に溺れる時代というのは言い得て妙ですね。

  15. グリグラ より:

    自分はSwitchのインディーゲームに興味が出てから激戦区と感じることが増えましたね。発表から配信日が近いことや突然の配信などで入れ込んでくるので油断なりませんw

    興味の対象という点ではまだまだ洋ゲーは手狭です。インディーの洋ゲーはたくさん遊んでいるのにパッケージタイトルの洋ゲーとなると、途端に少なくなります。
    考えるにインディー系はゲーム性が高く他の部分は薄いので、ローカライズがあまり気にならないですが、パッケージタイトルだとストーリー、収集物の読み物などで違和感や引っ掛かりを覚えることが多く世界観や親近感を感じにくいのかなと思っています。

    • kentworld より:

      Switchのインディーズゲームは毎週、大量に配信されますもんね。

      あれに興味を持ったら選択肢は倍増するのではないでしょうか?w

      ローカライズの件は興味深いです。確かにインディーズゲームはゲーム性重視のタイトルが多いと思います。

      オーバークック2のローカライズはあまり良いとは思っていないけど、ストーリーとか理解しなくても全然楽しめますもんねw

  16. ナスタ より:

    昔は自分の気になるゲーム以外は発売日自体気にしてもいなかったですね〜。
    ゲーマー復帰してからは興味対象が大きく広がったので見方が大きく変わりました。

    kentさんも最近はあまり普段やらなそうなゲームに挑戦していますよね!最近だとサガスカはかなり予想外でした。この調子でノベルゲームもやりましょう笑

    • kentworld より:

      ナスタさんの興味対象はここ数年で一気に広まったのではないでしょうか?

      今では僕よりも広いですからね~♪

      やはり、新年は新しいことに挑戦したいと思っているので、今年もいくつか挑戦をしてみました。

      おかげで興味の対象がますます広まっていますよ。

      ノベルゲームもプレイしたいのが色々溜まっているので、そのうち大攻勢に入りたいんですけどね~笑

  17. シロマ より:

    現行の携帯、据置ハードを揃えていてゲームに関しては興味の幅がより増えてゲームをより楽しむ事が出来たが、他の趣味の漫画やアニメは殆ど触れなくなったのと僕のゲームに対するプレイスタイルはゲームクリアだけではなくある程度やり込むから(可能ならプラチナトロフィー獲得)と購入するゲームの量と時間が噛み合わないのが悩みですね。

    • kentworld より:

      僕もゲームの興味対象が広がりすぎてマンガやアニメに触れている時間が全くなくなりましたw

      時間は有限なのが辛いところですね~。もっと上手く時間を使っていきたいです。

      シロマさんも時間が足りなくて困っていそうですね(^_^;)

  18. ジョエリー より:

    自分もPS4を購入した最初の頃は興味の幅が狭くてほとんど新作は買ってなかったですね。それが今では他ハードも購入して激戦区に感じることがかなり増えましたね。少なからずkentさんのブログの影響もあると思います。
    他に趣味もあって欲しいゲームを全部買うことが出来ないので、激戦区の時には嬉しい悲鳴をあげております。笑

    • kentworld より:

      こういうのって興味の度合いによって温度差が生まれてしまうものですが、ジョエリーさんともスッカリ激戦区の共有が出来るようになって嬉しいです♪

      当ブログの影響もあるようで、続けて良かった。

      ゲームソフト紹介記事を毎週欠かさず書き、売上予想をするのはみなさんと激戦区の共有をしたいからというのもあります。

      今後も激戦区!激戦区!と盛り上がっていきたいですね♪

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ブログ運営を題材にした経営シミュレーションゲームがなかなか出ないので自分で考えてみた!
【検証】ミニスーファミのゲームは今、プレイしても楽しめるのか?2017年の視点でプチレビューしてみた!
ブログをやめるのをやめた理由~誰かに必要とされている事を知った時に生まれる希望~
ゲームが上手い人は天才なのか?
気が付いたらZ指定のゲームばかり買ってしまう理由
スマブラSPがスマブラ for Wii Uの完全版ではなく新作である6つの理由
横スクロールアクションで隠し要素がありがちな場所
ゲームは触って面白いのかどうかが一番大切!元任天堂信者がゲームレビューで見せた意地とは?
今、インディーズゲーム界で密かにトレンドとなっているローグライクの魅力を語る!
ゲームメディアにはない個人ゲームブログの強みとは?悪口以外にもこんな強みがあった!?