| ケンルドコラム

【コラム】「このゲームの面白さが分からない人は終わっている!」と書いたら反発コメントが殺到した過去

▼この記事で主に伝えたいこと

・ネット上で異なる意見・立場の人の考え方を変えさせるのは”ほぼ”不可能。
・異なる意見・立場の人に喧嘩を売るような書き込みをしても逆効果。
・だったらお互いが尊重し合えるような記事を書いていきたい。

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

本記事では過去の過ちについて語っていきます。

とある文章を加えたせいでブログに反発コメントが殺到!?

数年前、インターネットサーフィンをしていたら不快な気持ちになりました。

何故不快になったのかと言うと、ぼくが楽しんでいるゲームをボロクソに貶しているAさんを見かけたからです。

そこまで酷く言わなくても良いのなぁ・・・

そんな感情が強く残ったままぼくはそのゲームのレビュー記事を執筆し、公開しました。

しかし、そのレビュー記事にはこんな文章が含まれていたんです。

ぼくはめちゃくちゃ楽しめて最高でした!このゲームの面白さが分からない人は終わっている!

正確にはちょっと違いますが、要は意見が真逆の人に対して喧嘩を売るような文章が混ざっていたんですね。

するとどうでしょうか。該当記事に反発コメントが殺到したんです!

その多くは冷静な反発コメントでしたが、中には公開出来ないような誹謗中傷と捉えてしまうコメントもいくつかありました。

被害者ヅラしてしまいましたが、この場合、悪いのはどっちでしょうか?

今のぼくは記事で余計な一言を書いた自分自身が悪いと思っています。

何も書かなければコメントも付かなかったでしょうからね。

不特定多数の場で立場・意見が反対の人に喧嘩を売るリスク

ぼくはめちゃくちゃ楽しめて最高でした!このゲームの面白さが分からない人は終わっている!

何故、ぼくは読み手にこんな喧嘩を売るような文章を記事に含めたのでしょうか?

白状するとぼくが好きな作品をボロクソに貶しているAさんに対して反発したかったからです。

極端な話、Aさんにだけ伝わったら良かったんですよ。

でも、名指しをするのは感じが悪いから名前を出さず不特定多数に向けて発信してしまいました。

それ故にAさんと同じ立場・意見の人も敵に回してしまったんですね。

世の中には色んな考え方の人がいるけど、Aさんと似たような考えを持った方も山ほど居るでしょう。

だからこそあらゆる分野で派閥というものが出来上がるんですね。

ネットで書き込みをしてスカッとするのは危険な兆候?

あぁ・・・スカッとしたぁ♪

ネットで書き込みをしているとこのような気分になることがあります。

しかし、ぼくの経験上、このような気分になるのは危険な兆候です。

何故かと言うと思わぬ人を傷付けてヘイトを集めているかも知れないから。

実際、後から思わぬ人を傷付けてしまった事実を知ったことが何度もあるんですよ。

その時「あぁ・・・あの時にスカッとしたのはそのせいなのかぁ」とよく思って後悔をします。

「ぼくはめちゃくちゃ楽しめて最高でした!このゲームの面白さが分からない人は終わっている!」なんて書き込んだ時も同じような感じでした。

確かに書いて一時的にスカッとしたけど、メリットはそれだけなんですよね。

その代償として多数の人を敵に回してしまうのであれば「ぼくはめちゃくちゃ楽しめて最高でした!」の書き込みだけで良かったと後悔しています。

SNSで異なる立場の意見は逆効果?

ぼくが喧嘩を売るような文章を加えたのは気晴らし以外にも理由があります。

それは、反対意見の方を更生させることです!

「ぼくのレビュー記事を読んで考え方を変えやがれぇ!」というエゴ全開であのような文章を加えたんですよw

しかし、これは逆効果であることが分かりました。

SNSで異なる立場の意見は逆効果(アンドラ)

↑少し前にインターネット上で出回ったニュース。

アメリカのデューク大学などの研究グループが1600人余りを対象にTwitterで立場が異なる人の意見に目を通すことを目的に1ヵ月実験してみたところ、政治的な傾向に変化は無かったようなんですね。

それどころか自分の意見に凝り固まる傾向が見られたんですって!

1ヵ月もTwitterで目を通していたら相当な数の意見を目にすることでしょう。

その中には鋭い意見も見かけたと思いますが、それでも政治的な傾向に変化は無かったようなんですね。

ということはプレイしたゲームがクソゲーだと思っている人に対していくら神ゲーであることを力説しても考え方は変わらないのでしょう。

思えば特定の人を更生させるのを目的に記事を書いて公開したことが何度もあります。

しかし、一度も変化はありませんでした。

記事を読むくらいじゃ人の考えは簡単には変わらないんですね・・・

スポンサーリンク

立場が反対の人でも楽しく読める記事を目指します!

このような経験を経てぼくは立場が反対の人でも不快にならない記事作りを目指すようになりました。

例えばぼくは「高難易度」「アクション」の「コンシューマーゲーム」を好みます。

一方で世の中には「低難易度」「RPG」の「スマホゲーム」を好む人も居るでしょう。

ゲームレビューやコラムではそんな人が不快にならないような記事にしていきたいですね。

これって非常に難しいことだとは思いますし、今でも出来ているのかは分かりません。

が、敵を作るのは嫌なので、不特定多数の場で発信する時は気を付けていきたいと思います。

こういう意見もあるのか!?でも、自分はこう思うよ♪

こんな感じでお互いの意見を尊重し合えるような記事を書いていきたいです。

「相手を更生させよう」「考え方を変えさせよう」なんて思ってもほぼ不可能だと思うので押し付けないように気をつけます。

過去には押し付けがましいコラム記事を多数公開してしまいました。

もうそんな記事は書かないようにしていきます・・・

別の形でスカッとしよう♪

じゃあどうやって不快な気持ちを発散すれば良いの?

記事を読んでそう思われた方も多いと思いますが、別の形で発散すれば良いんですよ。

世の中には色んなストレスの解消法があります。

運動をする。カラオケで歌う。楽しいゲームをする。

挙げだしたらキリがありません。

なんだったら趣向が近い人と話し合うのも良いと思います。

ぼくもストレスを感じてしまうことは多くあります。

でも、負の感情を文章にして不特定多数の場で発信しないようにしていきたいですね。

だって、誰かが不快な気持ちになってしまうかも知れませんから。

ケンルドコラムリストへ


Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(33)

  1. つぐみ より:

    うどんが至高の人に、究極のラーメンを薦めても、いきなりラーメン最高!になるか?って言ったら難しいですからね
    そして『この味がわからないなんて、君は●●●だね!』って言われたら
    まぁムカツキますわね(笑)

    理解されないにしても、相手の意思を尊重するなり相手がそう思う根拠を理解した方が理解してもらえる可能性があるかもしれないですな ゼロの場合もあるけどw

    まぁ自分も最近の美少女大盛りゲームには反吐が出るぜ!と思ってますが、まぁそれを愛する人もいるんで『十人十色』・・って思ってますw
    逆に自分が好きなフォトリアルむさいおっさん活躍ゲームが嫌いな人もいるでしょうしね(笑)

    • kentworld より:

      予想以上に人の考えって変わらないんだなぁと実感しています。

      相手の考えを変えさせることを目標に一生懸命記事を書いても無駄な労力になるのかも。

      美少女ゲームが苦手なのは全然良いと思うんですが、プレイしている人を小馬鹿にしてしまうと一気に敵が生まれてしまいますよね。

      ぼくもやってしまいがちだったので気をつけるようにしています。

  2. 匿名 より:

    価値観否定したらそりゃ反発されますね
    マイノリティとかマジョリティとか関係なく炎上します
    布教するなら面白い人どうしで盛り上がって口コミでじわじわ広げていくしかない?

    • kentworld より:

      頭に血がのぼると周囲が見えなくなってしまうんですよね笑

      そうですね、布教するなら同志を集めて盛り上がっていくのが良いと思います。

  3. hanataka より:

    僕も、奥さんに「自分が普通と思うな!自分の意見を押し付けるな!」とたしなめられています🎵

    意見や食い違いは当たり前なんですよね。育ってきた環境が違うから~♪と有名な曲でも言ってますし🎵

    僕は最近、相手の言ってる事が本当に間違ってたり、相手が勘違いしてても、注意せず乗っかるようにしてますね。で、後で相手が間違いに気付いて謝ってきても「そうなんだ!へー」等の相づちで、揉めない様に流してますね。

    無駄に言い合う方がストレスだなって思うんですよ。やはり僕は冷めた性格なんでしょうな🎵

    • kentworld より:

      奥さんにたしなめられていますかw

      人それぞれ十人十色。自分が普通だと思わない。肝に銘じて起きますw

      ぼくは相手が間違っていてもあまり指摘しないようにしますが、間違いに気が付いたら正解であることを教えてしまいますw

      老婆心というか、人に物を教える快感を味わいたいようです・・・

  4. 匿名 より:

    最近?だとFF15とかも色々言われてましたね
    インターネットで匿名だから言いたいことを言ってるんでしょうけど…
    ネチケットを大事にしないといけませんね><

    • kentworld より:

      FFXVはかなり荒れましたね・・・

      それだけ尖った作品ではあったと思います。

      負の感情で書き込んでもろくなことがないので、ネチケットは本当に大切ですね。

  5. むぐお より:

    わかるわかる
    俺も昔は自分が楽しいゲームだからみんな楽しさがわかるはずだ!!
    なんて考えに至ったことありますね
    結局自分が指針なんでつまらないと思ったものが他の人は楽しかったりしますしね
    自分が楽しいゲームなんかは昔は楽しさを伝えようと力説しましたがいまは人それぞれだからなあであんま言わないようにしてます
    勧めたりはしますけどそれで買ってくれて意外と攻略してなかったりするとショックですし笑
    いまだ偏見とどうやってもこれはつまらんってものもありますけどね
    好き好んでやってる人に文句つけるのも変ですからね

    • kentworld より:

      自分第一に考えていると、どうしても自分がすべて正しいと思いこんでしまうんですよねー。

      昔はそんな気持ちが強くありました。むぐおさんもそういう過去があったんですね。

      >それで買ってくれて意外と攻略してなかったりするとショック

      あぁ・・・そんな経験、何度かありますよw

      確かにあれはショックですね~。

      合う合わないはどうしても生まれてしまうけど、逆の立場・意見の人に喧嘩を売らないようにしていきたいです。

  6. オレオレンジ より:

    自分も、こういう攻撃的な文章を書く傾向にあるので、気を付けないとなぁ。

    と、昔のサモンナイトやテイルズシリーズのレビューを見て思った次第。
    勘違いされたくないので言うけど、全要素が嫌いだったらそもそもプレイしないので。
    世界観とか戦闘が好きな分、納得いかないシナリオや展開に怒りが湧くんです。

    • kentworld より:

      記事の出来事を参考にしてくれたら嬉しいです。

      不特定多数の方が読まれることで生まれるリスクってあるんですねー><

  7. y.crash より:

    そういう風に言いたくなるのも分かりますし、それを見て批判するのも分かります。
    十人十色って言葉は本当だなぁってつくづく感じてます。
    みんな違うんですから、共感する人はいるでしょうし反対する人もいるでしょう。
    やっぱりブログも公共の場と考えればいいんでしょうね・・・。
    むつかしい問題だ・・・。

    逆に世間で批判意見が多いゲームはなんで批判意見が多いのか考えてしまうんですよね。
    世間で言うクソゲーは課金要素が強いゲームじゃなければ手を出したくなってしまうんですよwww

    • kentworld より:

      人間心理を理解出来れば両者の気持ちは納得できますね~

      十人十色は肝に銘じておきますw

      そして、ブログとは何なのか考えるときっかけになりました。

      何故、批判される作品は批判意見が多いのか考えると色々見えてきそうですね。

      もし、そのような作品をレビューされる場合、例え肯定派になったとしても、否定派を尊重しつつ書いていきたいです。

  8. がは より:

    「ゲームは操作してナンボ、ガチャなんて単なる買い物でゲームじゃないじゃん」などの自分の信念は、アイデンティティなので無理にねじ曲げなくてもいいと思います。信念は変えずに心に隠しておき、ガチャを楽しんでる相手を攻撃しなければいいんじゃないかな。

    • kentworld より:

      ええ、信念は変えるつもりはありません。

      変に反対意見の方を意識せず、自分の考えを述べていきたいです♪

  9. 隣の飼いケルベロス より:

    ネットは本当に怖いですよねー…
    匿名で好き放題言えるので、気に入らない意見があったら徹底的に叩けますからね…笑

    でも人によって価値観や意見が違うのは当たり前なので、自分と違うからと言って、
    目くじら立てたりせず、相手の意見を理解して尊重したいですね!

    • kentworld より:

      ネットの恐ろしさを感じさせる出来事だと思います。

      でも、こういう経験を経て人間的に成長していけました♪

      ネットで学べることも色々ありますね~

  10. くっぞこ より:

    こんにちは。
    インターネットは世界中の人が見れるので怖いですよね~
    私は、例えブログなど読んで反対意見を持っているときは、
    あまりコメントしませんね~
    こういう事はネットの世界だけのハナシ
    ではないのも怖い事ですけどね(笑)

    • kentworld より:

      世界中の方が記事を読まれていると実感する出来事です。

      くっぞこさんは自粛をしていましたか。

      不特定多数の場はネットだけではないので、現実世界でも応用出来ると思います。

  11. AVC-M370 より:

    同じ体感をしなければ共感は出来ない。
    だろうな。
    学校で給食な話題でも、給食の味が好きだったのか、食べるの遅く昼休みの時間独りで食べていた苦さなのか、同じメニューが出ていない場合やら、やはり評価感想は体感での印象の記憶によってズレてしまう。

    まあおどけて言うのはありなのだが、ネットでは真意を汲み取りにくい文字だけの場合やら別に理由も出来てしまうからな。

    • kentworld より:

      それぞれの体感によって考え方が変わるというのはその通りです。

      みんながみんな同じ環境で育ってきた訳ではないので、考え方が変わるのは当然なんですね。

      もっとそれを意識して物事を言うようにしていきたいです。

  12. ホンマ?トモフミ より:

    最近、「怒りの使い分け」という本を読んでそこでもうまい怒り方は相手の人間性を変えることに期待して怒るのではなく、自分の状況を変えるために怒ることが適切というのがありました。
    要するに相手の考えを改めさせるのはそれほど、大変だということを知りましたよ。
    なかなか難しい問題ですよね。

    僕はゲームに求めていることは「低難易度」「RPG(特に復帰してから)」「気軽さ(そのため、スマホやコンシューマーでもおk〜)」でケントさんとはかなり考えが違いますけど、根本的にゲームが好きだから良い関係を築けてると思います。
    あとは考えの柔軟性だと思いますね。
    僕も「このゲームが面白さがわからないやつは××」という考えの時期もありましたが、大学以降いろんな人との交流があって、柔軟性が出てきました。

    必ず生きている以上、違う意見の人はいますのでケントさんも揉まれず押しつけられずでがんばってくださいね。

    • kentworld より:

      ほぉ・・・そんな本があるんですか!?

      自分の状況を変えるために怒る。なるほどねぇ・・・

      相手の考えを改めさせるのは物凄い労力が要ると思います。

      世の中には無数の人間が居ますから、特定の人ばかりを意識して考え方を改めさせるのは無駄な労力になるのかもしれませんね。

      ぼくが今でも反対意見の方に喧嘩を売るような書き込みを連発していた場合、おそらくトモフミさんは今この場には居なかったと思いますw

      もちろん、トモフミさんが柔軟性ある性格なのも大きいとは思いますけどね♪

      トモフミさんを不快にさせない記事作りをすることが一つの目標になってきましたよ。

      今後も記事を公開することで意見の食い違いはあると思いますが、それぞれが尊重出来るような形にしていきます!

  13. ヨウタイガ より:

    やはり好みはあるので、万人に受け入れられるっていうのは難しいですよね。
    でも、好きな事を書いていると、やはりその熱意は伝わるかと思います。あとは受けたの好みでどこまでそれが伝わるかはちがうんでしょうけども。僕はTPSや高難易度系は苦手ですが、Kentさんの記事を見て、興味を惹かれる事が多いです。
    同じゲームに対してマイナス要素を書いていると、自分の購入の参考にしようとしていると迷うときもありますが、それ以上に熱意のある記事を読むと自分も体験してみようと感じます。
    コメントにしても記事にしても、顔をが見えないからこそのマナーがあると気持ちいいですよね。

    • kentworld より:

      ぼくの記事を読んで興味を惹かれますか!?

      それは嬉しいですね~。

      ヨウタイガさんが興味を持って衝動買いさせることを目標にしようかな?w

      日々、自分が好きなタイトルの魅力を相手にどう伝えようか試行錯誤しております。

      もっと褒め上手になりたいな~♪

  14. C-rex より:

    思考や思想はどれだけ狂ってても、まともでも何でもありですが、それを言葉にすれば責任を伴います。自己防衛をするなら、不用意な発言は避けるべきですね。
    残酷な物言いですが、インターネットも現実と同じ社会だから、馬鹿正直に曝け出せば、自分のメンタルがやられるのは必然です。自分の意見をはっきり主張したいなら、Twitter、5ちゃんねるや虹裏のようなアングラで半年ROMって、レスバトルに強くなるぐらいではないと煽りは自我がやられると思います。その当事のkentさんには、それが欠けていた。

    ゲームはエンタメなので、対立煽りは外道の行いです(政治は対立がベースなので事情が変わりますが)。だから、kentさんの今のやり方が望ましいと思います。

    • kentworld より:

      確かに政治とゲームは根底が全然違いますもんね。

      政治の話が何故、荒れがちなのか分かってきました。

      ゲームもハードメーカー間で派閥はあるかもしれませんが、基本はエンタメなので対立争いは避けるようにしたいですね♪

      人間、失敗を重ねて成長していくものだと思います。

      今回はみっともない過去を晒してしまいました。

      みなさんの参考になったら幸いです。

  15. 天火星 より:

    僕は作品を叩かれるだけじゃあビクともしませんよ、ただそれを好きなファンをバカにするのは良くないとは思います。(一部の過激派ファンは除く)
    確かに不特定多数の人間に喧嘩を売るのは悪手でしょうなあ・・・、過去にそれで言葉でメタメタにされた人を何人も見かけましたし。

    • kentworld より:

      反対意見で攻撃的な方を見かけると、ついついこんな文章になってしまうんですよね。

      でも、それを不特定多数の人が読む場で公開するのは悪手でした。

      この記事ではそんな過去を語ってみた感じです。

  16. ジョエリー より:

    自分も昔好きなものを貶されて反発してしまったことがあるので、気持ちはよくわかります。
    ただ『これを楽しめてない人は終わっている』と反論してしまうとその人自身の価値観を貶していることになってしまい、考えようによっては相手より酷いことを言ってしまっているので避けた方がいい表現ですね。

    最近だとゲームクリエイターの方があるゲームを楽しんでいる人を小馬鹿にする発言をしていたのがショックでしたね・・。ゲームクリエイターなのにこんな事を言ってしまうのかという残念な気持ちになりました。

    • kentworld より:

      そうですね。記事を書いていて気が付いたんですが、文章を書く時は目の前に相手が居ることをイメージした方が良いかなぁって思います。

      このコメントもジョエリーさんが目の前に居ることをイメージして書いています。

      しかし、ブログを書いている時って目の前に人が居ることをイメージしにくく、それが攻撃的な文章に繋がったんだなぁと今になって気が付きました。

      個人的にTwitterではタイムラインによって目の前に人が居ることを意識してしまうので迂闊な発言が出来ないんですが、そのゲームクリエイターさんはそういった感覚に欠けていたのかもしれませんね。

  17. 都築孝師(つづきたかし) より:

    (また“寄り道”してしまった!)
    およそ1年前の記事、興味深く読ませてもらいました!

    『「相手を更生させよう」、「考え方を変えさせよう」なんて思ってもほぼ不可能だと思う』

    つくづく一度形成されてしまった“脳の重みづけ”を変えることは困難なのだとこの記事を読んでわしも改めて思いました。
    でも・・・

    『記事を読むくらいじゃ人の考えは簡単には変わらないんですね・・・』

    そうすると新聞で記事を書いている記者やジャーナリストの方々の仕事、活動にむなしさを感じてしまいそうですね・・・。皆さん、不特定多数の人々に向けて少しでも興味や関心をもってもらいたくて取材をしたりその記事を書いているはずなんですから!!それなのに人の考えは簡単には変わらないとなると、ね。
    その点、映像特に動画のインパクトは一瞬にして人の考えを変えさせる力がある?!まさに“百聞は一見にしかず”!それ故に影響も大きく「使い方を誤れば」・・・!!
    言葉もしかり。時には映像以上のインパクトを与えかねないこともある!!だがそれは“当方が意図していない形”での場合が多い!!当初の目的であるはずの特定の相手の考えを変えられない代わりに炎上のきっかけになってしまうこともある!!ケントワールドさんが遭遇&体験することになってしまったこの記事のような出来事も言葉のもつ力によるもの!!
    ブログに限らず、不特定多数に向けて「発信」するからには言葉のもつ力には気をつけたいものです。しかしわしは「主張」する時は感情的になってしまいがちですが(汗)。それも本音ゆえ!!!
    (ああ、また短いコメントにするつもりが思ったよりも長くなってしまった)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【検証】ミニスーファミのゲームは今、プレイしても楽しめるのか?2017年の視点でプチレビューしてみた!
PS Plusに1年間加入してどれだけ得したのか調べてみた!年間料金約5,000円の価値はあるのか?
【コラム】ゲームのグラフィック論争は何故起きるのか?グラフィックの比較や批判をすることで生まれる危険性
ゲームカタログ@Wikiに個人ゲームレビューサイトが対抗する方法とは?
【コラム】ライトユーザーの視点から見た複雑なゲームを楽しめない4つの理由
【恋バナ】苦手なタイプだけど好意を寄せてくれるからという理由で告白をOKして付き合ってしまった話
隠しルートだと思ったのに正規ルートだと知った時のガッカリ感
Metacriticのメタスコアは信用出来るのか?自分がゲームソフトに付けたスコアと比較してみた!
ボリューム不足で賛否両論なソニックフォースを見て感じたクリアまでのプレイタイムを長引かせる重要さ
【コラム】アクションRPGとアクションアドベンチャーの違いは何なのかズバリ答えます!