2018/05/18/12:00 | M☆G☆Mコラム

俺氏、保守的なゲーマーだった【BitSummit Volume 6 大反省会】

自分は挑戦的なゲーマーだと思い込んでいた過去

様々なゲームをプレイしている僕、kentworld。

そんな自分を見て「マイナータイトルも欠かさずプレイしている俺、カッコイイ!」なんて思っていた頃がありました。

が、最近はそんな風には感じていません。

それどころか自分は保守的な人間なんじゃないかと思うようになったんですね。

そう思うきっかけになったのが、先日開催されたインディーズゲームの祭典「BitSummit Volume 6」です。

僕はこのイベントに参加して様々なタイトルを触ってきましたが、チョイスの仕方があまりにも保守的だと思いました。

ここからはその理由を挙げていきます。

チョイスするゲームジャンルが偏っている!

まず、触れているジャンルのほとんどが2Dアクションゲーム!

世の中には数多くのゲームジャンルが存在するというのに、チョイスした作品の半数以上が2Dアクションゲームでは保守的じゃないですかぁ!

だって、2Dアクションゲームは面白さが保証されていて余程ヘマをしない限り駄作にはなりませんからね。

言い訳をさせて頂くと、ゲームシステムを覚えるのが億劫になってきたからなんです。

例えばクウォータービューで数値が沢山並んだ画面のゲームはシステムが複雑そうで1つ1つ覚えるのが大変そうですからね・・・。

○○みたいなゲームばかりチョイスしている!

もう一つ、チョイスするタイトルに反省点があります。

僕、「BitSummit Volume 6」では特定のタイトルに似せたような作品ばかりに手を出していたんです。

例えばPS4「reverie」は見た目が「MOTHER」や2D「ゼルダの伝説」っぽいから。

PC「ジラフとアンニカ」は見た目が3Dの「ゼルダの伝説」っぽいから。

Switch「Yooka-Laylee(ユーカレイリー)」やPS4「HAT IN TIME」はN64時代を彷彿させるカラフルポップな3Dアクションゲームだから手を出していました。

結局、既存のゲーム体験をなぞったような作品ばかりじゃないですかぁ!

これらの作品は確かに良く出来ていますが、革新的な評価になるのは難しく、ゲーム史に名を刻む可能性は低いでしょう。

スポンサーリンク

評判を聞いて手を出している

仮に既存の枠から飛び出たタイトルをチョイスしたとしても、後追いの事がほとんどです。

例えば最近、インディーズゲームではPS4/PSVITA「アンダーテール」やSwitch「Celeste」を購入しました。

これらのタイトルを購入したのも周りの評判が良かったからなんですよね・・・。

自分の意思で手を出したのではなく、背中を押されて購入したに過ぎません。

何だかんだで求めてしまう安定感

以上!保守的なkentworldの醜態を晒してみました!

シリーズ物を好んで購入する人が安定感を求めているように、僕も革新的なタイトルを楽しみたいと思いつつ、心のどこかでは安定感を求めているんだと思います。

まだまだ甘いな~と思いましたよ。

本当にチャレンジングなゲーマーだと自負するのであれば全く評判が出回っていない新ジャンルのゲームにいち早く手を出さないといけませんね。

「シリーズ物ばかり手を出している奴らは保守的」「マイナータイトルばかりに手を出している俺カッコイイ!」なんて上から目線で人を見ていた事も過去にはありましたが、自分も保守的なので偉そうな事は言えません。

結局のところ頭に付けているアンテナの数が違うだけに過ぎないんですね・・・。

なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか : 人間の心の芯に巣くう虫
シェルドン・ソロモン ジェフ・グリーンバーグ トム・ピジンスキー
インターシフト
売り上げランキング: 121,412



  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(31)

  1. ホンマ?トモフミ より:

    もしかして誰かにご指摘を受けたのですか?
    個人ブロガーは大変やなぁ(笑)
    …僕も人のこと言えませんがねwww

    ビットサミットのインディーズゲームは相変わらず2DACT多いなぁと思ってたけど、やっぱりケント氏の好みやったのか〜。

    でも共感するのもありますよ。
    僕がそもそもめちゃくちゃ保守的なゲーマーで、一時は「任天堂から出てるソフトしか買わんぞ!」って時代もティーンの頃はありましたよ(笑)

    今は昔よりはおおらかになった気もするけど、ゲームはやっぱりソフトメーカーや見た目(一目惚れ度合い)、話題性が先行していっちゃいます。

    「マイナーものしか興味のない、俺カッケー(笑)」はティーンの頃に映画やラノベ、アニメで特にあったなぁ( ^ω^ )
    その影響で今は話題のあるものや自分の好みに照らし合わせて選ぶのが増えました。
    その経緯は察してください(泣)💦

    • kentworld より:

      あ・・・いえ、自分を客観的に見て感じた事を書いてみました。

      BitSummitは2Dアクションも目立っていましたが、僕の好みも大きいと思います。

      僕も一時期は任天堂のゲームしか買っていませんでした。ゲームキューブ時代が顕著かな?

      保守的な思考になっていると、ゲームメーカーは信頼を得たところが圧倒的に有利なんだなぁと思います。

      ホント、男ってのはカッコ良さの基準を勝手に決めて一喜一憂する生き物ですよねw

      ティーンの頃だったらまだ良いですよ。僕なんかつい最近までやっていましたからw

  2. hanataka より:

    色々なジャンルに手が出せる、好奇心旺盛な人は、スゴいなって感じますねぇ。

    僕はやっぱり「世界観」重視ですね🎵そして僕の場合はメジャー級作品、ほぼ遊んでないっていう…。ドラクエ、FF、ボンバーマン、ストⅡ、マリオ関連作、等々。

    考えれば、漫画も読んでませんね。ドラゴンボール、スラムダンク等々。少年ジャンプの作品で、キン肉マンの次に好きなのが「ブラックエンジェルズ」だった小学生でしたねぇ。その頃からマニアック。

    • kentworld より:

      本当に凄いですよね。そんな好奇心は年々、衰えてしまいます。

      また、好奇心旺盛になりたいもんです。

      hanatakaさんはメジャー系とは無縁のようで、それもまた凄いと思います。

      僕の周りにもチラホラいますけどね♪

  3. エンタメ最高マン より:

    これは私にとっても耳がいたい話ですね~。というのも私自身かなり保守的だという自覚があります。

    ゲームジャンルこそ色々やってはいますが、ゲームを見た目で選ぶという特性上、手を出さないしりーず

  4. エンタメ最高マン より:

    (ごめんなさい、途中送信してしまいましたm(__)m)

    も数知れず。

    自分の好きなタイトルに関しても、大きな革新よりも正統的なブラッシュアップを望む傾向があります。
    ただこれはゲームに限ったことではなく、個人的な性格だと思いますw

    • kentworld より:

      あら・・・エンタメさんもそうなんですか?

      僕から見たらエンタメさんは色々プレイされる方という印象ですが。

      僕の場合、ゲーム以外になるとさらに保守的ですw

      リスクが大きいことは全くやろうとしませんからね(^_^;)

  5. ナスタ より:

    これはすごく共感できますね!僕自身保守的なゲーマーじゃないつもりでしたけれど、BitSummitは見事に好みの方向性のゲームばかりプレイしてしまいました。2Dアクションとゼルダライクなゲームばかりでkentさんとかなり被りましたしね笑

    それとコンシューマー展開が決まってないソフトもあまり触らなかったのも失敗だったかな。折角の機会だからもっと視野を広げるべきだったよなあと反省しています。マイナーばかりになるのもダメでしょうが、もっとチャレンジ精神を磨いていきたいですね。

    • kentworld より:

      ナスタさんとはBitSummitでプレイしたゲームはかなり被っていましたね!w

      購入タイトルが自分の好みばかりになるのはまだしも、せっかく様々なゲームをプレイ出来る機会を与えられたというのに安定感のあるタイトルばかりを選んでしまった事に反省しております。

      つい、見た目やジャンルなどで決めてしまいますが、来年のBitSummitではもっとチャレンジ精神を磨いていきたいですね!

  6. こうゆう より:

    皆から愛される万能なゲーマーなんて居ませんよ( ;∀;)

    僕はケントさんのゲーム考察も好みも含めて好きです(笑)

    挑戦的だろうが保守的だろうが僕から見れば関係なくて、トコトン貫く姿勢がめっちゃカッコよくて憧れてます。

    コレからも頑張ってくださいね^ ^

    • kentworld より:

      ううう・・・優しいお言葉をありがとうございます(´;ω;`)ブワッ

      これは、もっとゲーム考察を頑張らなくては!

      こうゆうさんは幅広くゲームを楽しまれていて凄いですね。

      コンシューマーの枠を越えてパソコンやスマホゲームまで視野に入れていますから・・・

  7. 隣の飼いケルベロス より:

    これはゲーマーあるあるですねw
    ついつい、知ってるゲームの範囲内で新しいゲームを選ぼうとしてしまうんですよね〜
    クソゲーをやる辛さを知っているので、尚更保守的になってしまいますね…w

    • kentworld より:

      特定のシリーズやジャンルに人気が集まるのも納得の現象だと思いますw

      僕も心のどこかではクソゲーを回避したい気持ちがあるんですね・・・いや、悪食も好きですが。なんだろう、この矛盾はw

  8. つぐみ より:

    どうしても好きなゲームの系統はありますからな

    自分も最近アクションか格闘ゲームくらいしかやる気しませんよ

    インディーズは奇抜なゲーム多いですが、乱発されすぎてチェックできませんな
    PCだとなおのこと(笑

  9. nicond より:

    特に意識はしてないんですが、面白そうと思ったゲームは大体オープンワールドアクションになってしまいますw

    インディーズは手を出しにくく感じてしまいますね。近年の大作に慣れていると余計に…

    「話題作だからやらないと!」っていうのは分かりますが、基本的には自分が面白そうと思ったゲームをやればいいと思います。

    • kentworld より:

      オープンワールドゲームの開放感は魅力的ですからね~。気持ちは分かりますよw

      インディーズゲームはオープンワールドゲーム系は弱いかな。全体的に小規模なタイトルが多いですもんね(^_^;)

      最近はインディーズゲームの2Dアクションがマイブームで、セールになっていて面白そうなものを中心に楽しんでおります。

  10. 青雲スカイ より:

    ほぼ決まったジャンル(RPG、2D探索型アクション、経営シミュレーション、競馬ゲー)しかやらない。
    長く続いているシリーズものを途中から入る事に躊躇する。
    インディーズタイトルは先に配信している他機種版や海外で評判が良く、配信される時にはその情報が伝わっているゲームを主にチェックして、評判の分からないインディーズ作品は様子見する。
    新規タイトルはメーカー、体験版の感触、発売前の情報等、ある程度以上の期待が持てる作品しか発売日買いはほぼせず、期待値が微妙なタイトルは様子見。

    我ながら保守的だなと思いますし、主に遊ぶジャンル以外のジャンルは年々やらなくなっていく一方ですが、いまさらそれを変えようとしても無理だろうなと思います。

    最近気になっている新規タイトルはオクトパストラベラーとリトルドラゴンズカフェの二つで、オクトパストラベラーは発売日に買う事が確定していますが、リトルドラゴンズカフェはもうちょっと情報が集まってから決めるつもりです。

    • kentworld より:

      好奇心というものは歳を取る毎に衰えていくものなんでしょうかね・・・

      まあ、好みというものは中高生の頃に確立されてしまい、なかなか変えるのは難しいとは思いますが。

      新規タイトルとは言っても、開発会社の実績やプロモーション展開次第ではすんなり手を出せますよね。

      ゲーム会社も僕のような保守的なゲーマーを上手く引き込むような販売戦略が求められると思います。

  11. タロン より:

    ゲームブロガーとしては悩ましいところですねー
    評判だけでは片寄ってしまいますしね
    かといって好みでないものをどこまでフラットに評価できるかは難しいところ

    どうしても辛い評価にせざるを得ないゲームも出てきますし

    保守的な話ではインディゲームの側面として、レトロゲーマーが集うオアシスであり
    また独創性あふれる切り口をもった作品が生まれるゲームのるつぼ的な感じですね

    僕は安さも相まって、尖った作品があれば気になって触りたくなります
    もちろん2Dアクション好きなんで、
    偏りはかなりあると思いますがw

    • kentworld より:

      インディーズゲームは多種多様ですが、自分の場合、レトロゲーム好きの側面もあるので、名作を意識したようなパロディゲームにはつい目が行ってしまいますw

      もう少しイノベーションを感じられるタイトルに手を出したいところですが、今回参加したBitSummitではあまりにも既存のゲーム体験をなぞったゲームばかりに手を出してしまったので反省しておりますw

  12. AVC-M370 より:

    アクションゲームはプレイ時間の回転も良さそうなので仕方が無いとも。
    まあ先ず会場入りする人間という時点で保守的では無いのではないかね。

    • kentworld より:

      うう、フォローをありがとうございます。BitSummitはまだまだマニアックなイベントですので、参加している時点で一定のチャレンジ精神はあるのかもしれませんね。

  13. 黒詩★紅月 より:

    「評判を聞いて手を出している」は普段やったことがないジャンルも含めるなら、保守ではないですよ(^q^)

    ほとんどの人は時間と金的に保守になると思います
    そんなにやれないから、満足できそうなほうを優先に選びます

    特に閑散期のチョイスがわかりやすいですね
    オススメできる定番が少ない時期だけど、本数自体はまだまだ色々あります

    最近はブログを作りました

    • kentworld より:

      ううう・・・フォローありがとうございます( TДT)

      普段やったことないゲームも含めているので、そういう意味ではチャレンジングかも知れませんね。

      今はちょうど閑散期ですが、インディーズゲームを中心にプレイしています。大半が2Dアクションなのは我ながら保守的だなぁと思っていますがw

      ブログは拝見しました。熱心に書かれたコメントを編集して投稿する感じですね。より多くの人に読んでもらうためには良いやり方だと思います。

  14. MGMの名無し より:

    「評判がいいから」で買っているなら別に気に病むことは
    無いのではないでしょうか。

    あと誰でも苦手ジャンルはありますからね。
    STG(RCG、格ゲーetc)は苦手だから遊ばない、とか
    龍が如くやGTAは現実的な暴力描写が強いから遊ばない、とか。
    ただ、任天堂のゲームは合わないから遊ばない、は(あれだけ
    各ジャンルあるのに???)とは思いますが。

    • kentworld より:

      ううう、フォローありがとうございます(T_T)

      苦手ジャンルはどうしても生まれてしまいますよね。

      任天堂はジャンル化するような物ではないと思います。まあ、作風のイメージは固まっていますが。

  15. チキ より:

    ゲームの魅力をブログで発信してるkentさんならではの反省ですね。
    自分に厳しいというか理想が高いのかな?

    物事に注げる時間と情熱には限りがあるので僕は自分の琴線にビビッと来たゲームを厳選して遊んでます。
    なので自然とジャンルはアクションゲームとシューターに片寄ってしまいますね。
    時間があればもっと色んな作品に触れてみたいですけど、あまり気にしないように割り切ってます。

    数値がたくさん並んだゲームは僕も苦手かな。
    そういうゲームのどういうところが面白くて評価されるのか研究してみれば視野が広がるかもしれませんね。
    例えばRPGをやる時になるべくレベル上げに頼らず、そのゲームならではの戦略を探して攻略してみるとかね。

    評判を聞いての後追いは気にしなくてもいいのでは?
    最新作を真っ先にプレイしてレビューを書けるゲームメデイアの速報性には敵いませんし、周りの人の評判のおかげで自分がノーマークだった作品に出会えたとしたら、それは素敵なことじゃないですか(^-^)

    自分で革新的なゲームを発掘しようと思ったらコンシューマーで出るのかも分からないPCのインディーズゲーをやりまくるくらいの勢いがないと難しそうですね(^^;)

    滅多にお目にかかれないからこそ革新的なのであって、「出会えたらラッキー」くらいの気構えでいいと思います。
    醜態なんて卑下する必要は全然ないと思いますよ😁

    • kentworld より:

      ううう、フォローありがとうございます(´・ω・`)

      BitSummitはせっかくの体験イベントでしたので、そういう時くらいは安定感を求めすぎず、もっと色々と触ったら良いんじゃないかと思いました。

      購入されるタイトルに関してはまあ、時間とお金には限りがありますので、優先順位は出来てしまいますよね。

      数値が沢山並んだゲームも面白さは理解しているつもりなんですが、歳を取ってシステムを覚えるのが面倒になってしまい、また、時間も限られてきましたのでプレイするまでの腰が重くなってしまいました。

      レベルを上げまくって物理で解決するのも良くないとは思っていますけどね・・・。

      近々、Steamは導入する予定で、ゲームメインのつもりではありませんが、もう少し革新的なタイトルを発掘したいという気持ちはあります。

  16. ジョエリー より:

    自分も3DアクションゲームやTPS、FPSなどが好きで、気づいたらそのジャンルのゲームばかり買ってしまいますね。
    SRPGやDRPGなんかは完全に喰わず嫌いで全く手を出して無いです。笑

    インディーズゲームはそこそこプレイしていますが、自分も周りの評価に流されて購入している事は多いですね。
    逆にSIEのジャパンスタジオのNEW みんゴルや任天堂の星のカービィ スターアライズのように、あまり手を出してこなかった、もしくは得意ではないジャンルの作品でも、結果どちらも楽しめましたが好きなゲーム会社の作品なら積極的に購入してしまうことが多いです。

    でもゲームは楽しんでこそなので、保守的・挑戦的かはあまり気にしなくても良いかと思います。

    • kentworld より:

      ジョエリーさんも食わず嫌いはするのか・・・いやはや、新しい発見がありましたよ。

      インディーズゲームは色々出ていてどれが面白いのか分かりにくいので、つい、周りの意見を参考にしてしまいます。

      信頼あるゲームメーカーのタイトルだったら例え未プレイのシリーズでも手に取りやすいのはありますね。

      すみません、以前、僕は保守的なゲーマーを見下していたところがあって・・・その反省も兼ねて書いてみました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。