2019/01/23/20:00 | 特集

ぼくがキングダム ハーツシリーズを好きになった7つの理由

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

全世界で大人気の「キングダム ハーツ」シリーズ。

今回の記事ではぼくが「キングダム ハーツ」シリーズ好きな7つの理由を書いていきたいと思います!

キングダム ハーツシリーズとの出会い

まずはぼくと「キングダム ハーツ」シリーズの出会いを書いていきます。

ぼくが「キングダム ハーツ」シリーズを初めてプレイしたのは2011年でした。

元々、初代が発売された2002年頃から気になってはいたんですよ。

特に「II」はディズニーとノムリッシュが上手く調和したファッションセンスがドツボで興味津々でした。

でも、当時は様々な事情でプレイ出来なかったんですよ・・・。

それから約6年後。「キングダム ハーツ」シリーズ好きの友達がPSPの「バースバイスリープ」の貸してくれたからプレイしたんです。

その時は良く出来たアクションゲーム以上の印象を持つことが出来ず、面白いけど好きと言えるところまでは行きませんでした。

一応、2012年に発売された3DS「キングダム ハーツ3D」も購入してクリアしましたが、感想は変わりません。

その大きな要因となったのがストーリーの押し付けでした。

「キングダム ハーツ」シリーズは全体的にムービーが長く、ストーリーを重視しています。

でも、初代から入らないと分からないことが多くて特に3DS「キングダム ハーツ3D」は前提条件が多すぎてついて行けなかったんですよ。

そのためアクション部分しか楽しめませんでした(それでも満足度はそれなりに高かったんですけどね)。

ところが約6年後、PS4「キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス」でシリーズを最初から通してプレイしたことで好きなシリーズになれたんです!

大きな要因としては「Re:チェイン オブ メモリーズ」の戦闘システムに大ハマリしたことに加えてストーリーを把握出来るようになったことも大きかったりします。

キングダム ハーツ、好きだぁ!

今では心からそう思えるようになりました。

ここからはぼくが「キングダム ハーツ」で好きな点をいくつかの項目に分けて挙げていきます。

その1:カラフルポップでメルヘンな世界観

本シリーズで好きな点をまず挙げるとしたら世界観になります。

ぼくはカラフルポップでメルヘンな世界が大好きなんですよ。

そういう意味で本シリーズはディズニー作品とコラボしているだけあって世界観は最高でした!

全体的に配色がカラフルで親しみやすく、デザインもポップなので気に入っています♪

その2:ディズニーによって調和されたノムリッシュのファッションセンス

そんな世界観をさらに彩るのがノムリッシュ!

ノムリッシュとは野村哲也さんが描く独特な作風を指すんですが、全体的に中二っぽい感じなんです。

・ビジュアル系バンドのような「髪型」
・整い過ぎた「顔立ち」
・チャラさ全開の「シルバーアクセサリー」
・黒を基調とした「ファッション」

↑ノムリッシュの特徴と言える点を挙げてみました。

個人的にノムリッシュテイスト全開だと苦手なんですが、そこにディズニーのテイストが加わることで上手く調和された感じがするんです。

特に「II」のソラやロクサスのファッションは中二病とポップを融合させたような感じで気に入っています♪

思えば「II」発売当時、ソラやロクサスの髪型やファッションに憧れて彼らを携帯の待受画像にしていたものですw

カッコいいけど可愛い。

個人的にはこのようなファッションが一番好きで昔からそういう格好を好んでいました。

それだけに「キングダム ハーツ」のファッションセンスはドツボですw

その3:友情の素晴らしさを感じられる

元々「キングダム ハーツ」シリーズはスクウェアとディズニーのコラボタイトルでした。

そのためかストーリーにも様々な側面があります。

・普遍性のある「ファンタジー」描写
・仲間を思いやる「友情」表現
・クールでカッコいい「中二」テイスト

個人的にこの中で好きなのが、「仲間を思いやる友情表現」です。

ソラの視点から描かれているストーリーは「心」をテーマにしているだけあって友情表現が多いんですが、それが良いんですよ。

大人になると損得勘定で人付き合いをしてしまい、人間関係が希薄になりがちです。

それ故に友情とは何なのか忘れてしまいがちなんですが、本シリーズをプレイすると「あぁ!友情ってこんな感じだったよな!」と思えるんですよ。

少しだけこそばゆい感じがするシーンがあるのも確かです。

でも、「友達って良いなぁ」と感じられ、「自分も友達を作ろう!」という気にさせてくれるんですよ。

その4:胸がグッと来る儚い表現

友情表現が熱い「キングダム ハーツ」シリーズですが、一方では儚い一面も強かったりします。

ソラたちは旅をすることで様々な友達を作っていきますが、その多くは消えてなくなりやすいんです。

例え新しい友達が出来たとしても一緒に居る時間はあっという間のことも多かったりします。

そのため別れの描写も多く、そういうシーンを見る度に胸がグッと来るんです。

大切なのは みんなで何回会うかじゃなくて みんなを何回思うか これだ

こちらは友情と儚いシーンを絡めたシーンで好きな台詞です。

離れていても思う気持ちがあれば友達のままなんですね。

個人的に一番好きな儚いシーンは「Re:チェイン オブ メモリーズ」の「光への約束」

ここでもとある別れを経験することになるんですが、爽やかな雰囲気と下村陽子さんが奏でるピアノサウンド(※曲名はネタバレなので自主規制)が最高にマッチしていて泣けました。

「光」というワードを含めたセリフを発した後に主題歌の「光」が流れる演出も最高に決まっていて好き。

個人的に「Re:チェイン オブ メモリーズ」がシリーズで一番好きなのは戦闘の面白さだけではなく終盤に挿入されるイベントシーンの「光への約束」が秀逸なのもあります。

その5:常に変化をもたらすゲームシステム

ここまで世界観やストーリーを中心に語っていきましたが、肝心のゲームシステムも気に入っています。

特に好きなのが、常に変化をもたらしているところです。

例えば戦闘システム

基本的にはリアルタイムのアクションバトルなんですが、常に新システムを取り入れて別ゲーにしているんです!

以下、代表的な5作の戦闘システムを簡単に解説します。

・キングダム ハーツ
⇒ファイナルファンタジー風のユーザーインターフェースで楽しめるリアルタイムのアクションバトルを構築!

・キングダム ハーツ Re:チェイン オブ メモリーズ
⇒前作をベースにカードゲームの要素を加えたことで思考型ゲームに変貌!?

・キングダム ハーツII
⇒フィールドの仕掛けや形態チェンジ、仲間との連携システムの追加によって戦略性が大幅アップ!

・キングダム ハーツ バース バイ スリープ
⇒魔法の育成や合成、さらにはデッキ制になったことでRPGらしさが大幅アップ!

・キングダム ハーツ3D
⇒モンスターの育成要素やフィールドアクション、さらには制限時間の概念が追加されたことで不思議なゲーム性を実現!

このように戦闘システムは作品ごとに全く毛色が異なるので常に新鮮味を感じられました!

中には「ゲームシステムを変に変えないでくれ!」と考える方も居ると思います。

しかし、個人的にはずっと同じシステムだと飽きてしまうので常に作っては壊してを繰り返すスタイルは大好きです♪

この辺りは「ファイナルファンタジー」シリーズの良い点を踏襲しているなと思います。

その6:プレイヤーを飽きさせない多彩なギミック

個人的にゲームプレイでのギミックは非常に重視しています。

そういう意味で「キングダム ハーツ」シリーズはギミックにも力を入れているところが好きです!

例えばストーリーを進めていくと定期的にミニゲームが挿入されるんですよ。

それもシューティングやレース、リズムアクションなどゲームジャンルごと変わることもあったりします。

前述の通りぼくは飽き性なので、ギミックが凝っているのは嬉しいです!

ギミックのおかげでディズニーの多彩なワールドが活きて来ますし、今後も貫いてほしいですね~!

その7:達成感を味わえるゲームバランス

一見するとライトユーザー向けに見える「キングダム ハーツ」シリーズ。

しかし、実際にはコアユーザー向けと表現しても良いくらい歯ごたえがあったりします。

一応、難易度設定も出来ますが、一番簡単なビギナーモードが実質的なノーマルモードといっても良いくらい全体的に難しいです。

特に終盤のボスラッシュは歯ごたえ抜群で、適正レベルだったとしても敵の攻撃パターンを把握しなければ勝てません。

個人的には最適なゲームバランスに感じられました!

確かに何度もリトライしてイライラすることはありますが、このくらい難しいからこそ達成感が生まれ、様々なゲームシステムが活きて来ますからね。

どんなに強い敵でもレベルを上げたら何とかなりますし、絶妙なゲームバランスに感じられます。

スポンサーリンク

全体のまとめ

以上!ぼくが「キングダム ハーツ」シリーズで好きなところでした!

ムービーが長過ぎたりストーリーが複雑過ぎるのは苦手ですが、それ以外のほとんどは気に入っています♪

今後、新作が発売されたら必ず発売日に買いたいですね!


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(16)

  1. ホンマ🔑トモフミ より:

    キンハーシリーズはストーリー以外だったら、かなりケントさん向けだな〜と改めて思いましたよ。

    本日、ずっとキンハー推しじゃないですか!
    最新作キンハーⅢのファーストインプレッション、期待してますよ(*’▽’*)

    • kentworld より:

      今日はキングダムハーツ推しになってしまいましたw

      元々、ゲームデザインは気に入っていたんですが、ストーリーにはついて行けず好きの手前で止まっていたんですよ~。

      それがようやくストーリーを理解出来たので好きになれました!

      あと、ポップと中二を融合したファッションセンスが好きなのもありますw

      最新作のファーストインプレッションも期待していてくださいね!

  2. ベベベリ より:

    そういう内容だと忠告しても旬を追い求めるからー!

    これでシリーズ物を最初から遊ぶか途中から遊ぶかみたいなコラムもできますね!

    • kentworld より:

      キングダムハーツシリーズに関しては最初からやった方が良いですねw

      ドラクエやFFなどはそれぞれが完全に独立しているから途中からでも入りやすいんですが・・・

      でも、”好き”になるためにはシリーズの最初からやるのは大切なことなのかも。

  3. ワタ より:

    記事を読んでるとキングダムハーツをやってみたくなってしまいますね。
    PS4を持っていないのが悔やまれます…

    • kentworld より:

      この記事で興味を持てたら嬉しいです!

      いつかプレイすることになったらこの記事を思い出してくれすとさらに嬉しいです♪

  4. つぐみ より:

    CM見た娘からディズニーに許可は得ているのか?と初歩的な質問を貰いました
    『許可を得てなかったら絶対に〇されちゃうところだよね ハハッ!』
    って返しておきましたけど(笑)

    戦闘難易度が高めというのはよさそうですが、キンハーはノムリッシュテイストが苦手な自分にとっては、一作も手を出したことが無い作品です。
    アクション寄りでディズニーキャラが大活躍するなら娘の新しいゲームジャンルの開拓になりそうですが、まだ早そうかな~とも思います。
    なにせ、うちの娘もストーリーはすっ飛ばし派なので(笑)

    • kentworld より:

      確かにディズニーの許可をもらっているのか気になってしまうくらい大胆なことをやっていますからねw

      キングダムハーツシリーズはアクションゲームとしてもイケますよ~。

      でも、ストーリー重視なので、その辺りを取っ払ってアクションに特化した作品を出しても良いように感じます。

  5. hachi より:

    キングダムハーツシリーズも”好き”の仲間入りになったんですね。

    自分はまだその手前ですらないですが、今やっているBBSはマップデザインも戦闘システムも好みで、Ⅱから一転して好きになりつつあります。
    1月中には2.8まで終えたいなぁ。

    今のところ、Ⅲを終えたときにどうなっているかは『不安でもあり楽しみでもあり』って感じです。
    まずはこのシリーズの節目をこの目で見届けたいですね。

    • kentworld より:

      はい!仲間入りを果たすことになりました!

      昔からキングダムハーツシリーズの世界観やファッションセンスには惹かれていて、あとはゲーム性やストーリーが楽しめたら好きになれるところだったんですよ~。

      hachiさんはぼくと好みが近そうなので、バースバイスリープは楽しめると思います。

      3Dも場合によっては好みになるかも!?

      IIIはシリーズの集大成みたいな感じで、あとは最後の展開が納得出来たら期待しても良さそうです。

  6. むぐお より:

    3の前に予習をするというのはかなりの時間を要したと思います
    俺は1.2はクリアしましたがその後でたものはクリアしていません
    一通りプレーしたんですけどね
    ほかの番外編は俺にとっては蛇足でした
    3を出すまでに1.5とか2.5とか2.8とかこういうやり方は本当に呆れました
    ようやく出してもらったので溜飲も下がりそうです笑
    願わくばしっかりと大団円を迎えてほしいですね

    • kentworld より:

      今月はキングダムハーツシリーズに時間を費やしまくりましたw

      この14年間、なかなかナンバリングタイトルを生み出せなかったのはPS3の失敗が大きいと思います。

      もっとPS3が作りやすいゲーム機で日本でも売れていたら・・・。

      この14年間、スクウェア系のファンはさぞ辛い思いをされたことでしょう。でも、ようやくうっぷんを晴らせそうです。

  7. 匿名 より:

    中二っぽいとかそういう言葉ができるずっと前からゲーム業界で活躍してた人ですもんね野村氏は
    宗教画のようなFFモンスターデザインや可愛らしいデフォルメキャラ、パラサイトイヴのような洋画調の人物造形などここで挙げられたようなノムリッシュ要素にに当てはまらないものもたくさん手掛けてるのが凄い
    デザイナー出身としては日本で一番成り上がった人かも知れませんね

    • kentworld より:

      野村さんはキャラクターの描き分けも上手いですよね。

      確かにデザイナー出身でここまで上り詰めた人はほとんど見かけません。

  8. またとち より:

    1作ごとに別のストーリーで完結型の方が良かったんじゃないかと思いますね。新作やった後に過去作をやりやすいという事もありますし。

    • kentworld より:

      ビジネス的にはそちらの方が良いと思いますが、一方ではストーリーが繋がっているからこそ受ける恩恵も感じられました。

      いずれその辺りをコラムにしてきたいです。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

【閲覧注意】kentworldが選ぶHENTAIゲームコントローラーランキング!
祝!初代Xbox生誕15周年!Xbox360に繋げるため短命に終わったハードの一生を振り返る
祝!ゲームキューブ15周年!任天堂の方針を大きく変えた苦境のゲーム機を振り返る
友達とやったら絶対に盛り上がるPS4/XboxOne/Switch/Wii Uの対戦ゲームを大特集
おまけと侮るなかれ!FPSのキャンペーンモードを大特集!
ゲームのストーリーが複雑で理解出来ない!→簡単に理解出来るようになる秘密の魔法を紹介!
4年間ありがとう!今までプレイして楽しかったWii Uソフトをランキング形式で発表!
【サントラ】今までに貰って特に豪華だと思ったゲームソフトの予約特典や購入特典を厳選して紹介!鑑定価格5,000円超えも!?【ブックレット】
【売上予想】2019年にミリオンセラー(100万本達成)を記録しそうな新作ゲーム7選!
マイナーでも長寿ハード!Xbox360の9年間を振り返る