2019/05/04/20:00 | M☆G☆Mコラム

【コラム】何故「星のカービィ」はバリバリゲーマーの成人男性からも支持率が高いのか?

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

1992年4月27日に誕生した「星のカービィ」シリーズ。

シンプルで可愛らしいキャラクターが主人公のシリーズですが、個人的にはとても不思議な存在です。

本記事ではその辺りについて語っていきます。

ファンの熱意が凄い!

数多くの人気IPを持っている任天堂。

「星のカービィ」もその1つになりますが、数ある任天堂IPの中でもファンの熱意が凄いんです!

例えば先日、ぼくの家に友達が泊まったんですよ。

その時に彼は旅行中であるにも関わらずカービィの一番くじを近くのコンビニで15回も引いてきたんです!w

一番くじは1回600円以上するので、15回も引いたら1万円近くします。

一番くじにそれだけの大金を費やすとは凄すぎる!

kentworldが選ぶ好きな任天堂ゲームシリーズランキングベスト10!1位になるのは果たして!?

また、先日当ブログで好きな任天堂シリーズランキングという記事を公開しました。

その中には「星のカービィ」を含めなかったんですが、コメント欄では何名かに「入ってなくて意外!」と言われたんです。

「意外」と言われたシリーズ作品は他にはなかったので、その時も「星のカービィ」シリーズの妙な強さを実感しました。

マリオより好きな任天堂キャラは? 3位「リンク」 (goo ランキング)

こちらの記事では「カービィ」が堂々の1位を獲得しています。

ですが、ちょっと待ってください。

「星のカービィ」シリーズって任天堂IPの中ではそこまで売上が高い訳ではないんですよ?

一番売れたGB「星のカービィ」にしても172万本。

近年発売された「星のカービィ」シリーズ本編はいずれも70~80万本程度の売上で、最後にミリオンヒットとなったのは2008年に発売されたDS「星のカービィ ウルトラスーパーデラックス」の120万本です。

単純に売上のアベレージだけを見たら「スーパーマリオ」「ポケットモンスター」「どうぶつの森」の方が上回っています。

にも関わらずファンの熱意はこれらのシリーズに匹敵するどころか上回るレベルに感じます。

一体、この強さは何なのでしょうか?

何をそんなに成人男性を夢中にさせるのか

ファンの熱意が凄いと書きましたが、その前に書くべきことを忘れていました。

それは、ぼくが話している熱狂的なファンの大半が成人男性ということです。

「星のカービィ」シリーズと言えばゲーム初心者がメインターゲットなので、基本難易度は高くありません。

やり込み要素も充実していますが、どちらかと言うとライトユーザー向けと言っても良いでしょう。

にも関わらず当ブログをよく読まれるようなゲーマーの成人男性からも支持率が高いので不思議に感じています。

スポンサーリンク

星のカービィの魅力とは?

この手のコラム記事を書くと多くの方は結論を期待されるでしょう。

ですが、分からないので結論は書きません。

「だったら記事を書くな!」と言われるかも知れませんが、ブログ記事は必ずしも完全な状態で公開する必要はないと思っています。

何故ならブログ記事にはコメント欄というものが存在するからです。

という訳でこの記事を読まれた方。

何故、「星のカービィ」シリーズは成人男性からも支持率が高いのか理由を教えてくださいm(_ _)m

何気にずーっと疑問に思っていることだったりします。

追記:コメント欄にて沢山の回答をいただきました!

本記事を公開してから約20時間。

なんと、20件以上のコメントが付きました!

当ブログの読者層は30代男性が多いので、この事実を見ても「星のカービィ」は成人男性からの支持率が高いことが裏付けられたと思います。

コメント欄では様々な回答をいただいたので、主な意見を箇条書きでまとめてみました。

・シンプルなデザインによって大人でもイラストの練習用にしやすく親しみやすい。
・「~スーパーデラックス」「~Wii」などがゲームの入門となった。
・子供時代に読んだ「デデデでプププな物語」などのコミック版が印象に残っている。
コピー能力によってプレイヤーの好みで難易度を調整出来る。
・裏設定などによって考察のし甲斐があるので大人でも楽しめる。
・終盤に見られるダークな演出やメカニックなデザインが男心をくすぶる。
・BGMの完成度が高く、ゲーム音楽好きを刺激させる。
過去作品のファンを喜ばせるような演出がゲーム業界屈指と言えるほど凝っている。
・キャラクターデザインから郷愁や童心をくすぶる
安心感がある。

個人的に印象的だったのが、裏設定などによって考察を楽しめること。

考察は大人ほど楽しめる能動的な遊びだと思っていますが、実はカービィってそういう楽しみ方も出来るんですね。

本記事を公開したおかげでカービィの新たな一面が垣間見れた気がします。

もっとぼくもカービィを能動的に楽しんでいかないといけませんね。



コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(64)

  1. 匿名 より:

    カービィは簡単に書けるキャラなので多くの人が子供のころにカービィの落書きをしたと思います
    なので思い出に残りやすいキャラになり成人してからも熱狂的なファンが多いんじゃないんでしょうか

  2. タロン より:

    任天堂のキャラクタービジネスとして見ると、マリオよりもカービィの方が人気で手広くやってるんじゃないかなー

    関連商品のアイテム数もかなりの数があり、キディランドとかでも大きく取り扱ってるのをよく見ます

    ゲーム的な視点で見ると、GBのカービィから約30年近く
    幅広い年齢層に向けたジャンルではマリオよりは簡単で子供向きな内容となれば
    、当時子供だった人は既に親くらいの年齢
    となれば子供に買い与えやすいので親子2世代に渡って馴染みのあるキャラクターですね
    しかも最近はスマブラの影響もあって更に人気が増しているとも
    桜井さんのコラムかなんかで見ましたね

    • kentworld より:

      関連商品は間違いなくマリオやゼルダよりも多いですねw

      一番くじの売上も良いようで、友達によると売れ残っているところは殆ど見かけないようです。

      初代から30年近くが経っているので、親子2世代に渡って親しまれているコンテンツになっていそう。

      そうなると、人気もさらに安定感が増しそうですね~!

  3. y.crash より:

    支持率が高い理由ですか・・・難しいですね・・・。
    自分の場合は何ですけど、ゲームとしてだと意外とやりこみ要素が多いんですよね。
    普通にクリアだけじゃなくてぼすぶっち、格闘王への道、かちぬきボスバトルやミニゲーム、スコアアタックとか実はやりこめばやりこむほどやばい中毒性になるものが多いですし、特定のコピーだけでクリアしよう、すっぴんでいこうとか、苦手なので行ってみるかとか。

    そしてゲーム部分以外だと実はすごいストーリー要素とそこから膨らみ続ける考察とかそういう妄想が激しくのし上がってくるんですよね。
    ダークマター族とはなんなのか!?カービィは実はダークマター族なのか否か!?64のブルブルスターは実は地球の成れの果て!?デデの旦那の帽子の中身はどうなんだ!?(一部で実は坊主だという情報がw)何故ラスボスはソウル化するのか!?実はメタナイトはカービィの・・・!?ハルカンドラがすべての元凶なのでは!?等々(すべて憶測です悪しからずw)

    個人的にはまった理由はそういうところかしらwww

    • kentworld より:

      サブモードの多さは特に近年のシリーズ作品では顕著ですもんね。

      コピー能力は数多く存在しますが、どれか1つだけの縛りプレイも言われてみると出来そうです。

      ストーリー要素の考察は意外と多くの方が行っているようで驚きました。

      言われてみると各作品のラスボスは関連性を感じられるので、それぞれの繋がりを考察してみると面白そうです。

  4. 771 より:

    コロコロコミック等の漫画や
    エアライドなどで
    子供の頃の人気を築いたと推測します!
    その子供たちが20代中盤辺りに
    なっているのではないのでしょうか?

    あとほのぼのした世界観に見せかけて
    実は裏設定であったり
    シリーズの繋がりを匂わせたりといった
    「ファンがよりファンになる」作り込みがしっかりしているのも
    魅力の一つなのかなあと思います。
    BGMであったりボスの時のポーズ画面であったり
    一見遊んでると気付かないけど
    よく考えると気付く、というような仕込みに
    みんなハマっているのかなあと思っています。
    そういうもののほうが考察のしがいがありますからね!

    • kentworld より:

      コロコロコミックの漫画はかなりの人気でしたもんね。

      エアライドもゲームキューブ専用ながらも高値安定で根強い人気を感じます。

      裏設定を考察するなど能動的に楽しむからこそ作品の印象が残ってより好きになれるというのはありそう。

      そう考えると、ぼくもカービィを楽しむために今後は考察をしないといけませんね・・・

  5. マチケワネ より:

    カービィは、とにかく考察したくなるような内容がたくさん入っているのが大きいですね。例えば最近のカービィは全てラスボスが○○ソウルとして裏ボスになりますが、まずソウルとは一体何なのかというところから考察できますね。ダークマターやらについても謎に包まれた部分が多いです。
    ここ最近で言えば、wiiはハルカンドラという全てに繋がりそうな技術を、トリデラではセクトニアの凝った設定、ロボプラではまさかのギャラクテイックノヴァの正体など、また気になる要素をたくさん入れてます。
    そしてスターアライズはラスボスがカービィの存在意義そのものに関わる謎の存在でしたね。最近のカービィは黒い任天堂に認定してもいいと思います。これらのネタはもはやGB時代から追っていないとわからない部分もあるので、懐古ファンがむしろ戻り始めているんですよ。kentさんは最近のカービィを設定面からおったことはありますか?全く違う面白さが待っていますよ。
    そしてもうひとつがBGMの高過ぎる完成度。新曲も安定していいんですが、グリーングリーンズを始めとして過去作のアレンジが最高すぎるんですよ。スターアライズのラスボスでもそりゃまたお見事。これも過去作プレイヤーであればあるほど嬉しい部分なので、それも懐古ファンが戻る理由ですね。
    ちなみに任天堂にしてはとか関係なく、過去作を喜ばせる演出の巧みさはゲーム界でも屈指だと思います。明らかに同じ場面は無いのに必ず元ネタがわかってしまう。

    • kentworld より:

      恥ずかしながらもカービィの考察はほとんどしていませんでした。

      一応、本編に関してはほとんどの作品をプレイしているんですけどね。

      もう少しカービィを能動的に楽しむようにしたいです。

      BGMに関しては特にカービィWiiの評価が極めて高いですね。

      ファンサービスに関してはぼくでも分かりました。特にスターアライズは凄かったですもんね。あれはファンであればあるほど高評価になると思います。

      それにしても、マチケさんのカービィに対する熱意が凄いw

  6. Ovais より:

    幼児でも受けいれやすいデザインの特徴に曲線の多用とディテールのシンプルさが挙げられます。

    ピカチューやジバにゃんやアンパンマンなどそうですね。このことは人類共通の好みで、ポケモンやアンパンマンが世界で一兆円以上の市場規模を持つことからも証明されています。

    成人男性が好む理由は、郷愁とか童心とかをくすぐる安心感からくるんじゃないかなーと思います。

    逆に、似たジャンルのデジモンやゾイドが一般化しなかったのは、鋭角な線とディテールの詳細さがファンを選ぶ結果になったんだと思いますね。

    • 静岡おでん より:

      何故かカービィ好きの34才男です。普段は殆ど格ゲーしかしませんが、カービィの新作が出た際は買ってしまいます。ヨッシーにも似たような感覚を覚えますが、カービィほどでは無いので買うまでには至らず。自分でも理由は分かりませんが、ここにもファンがいるということを言いたくて初投稿してしまいました。

      • kentworld より:

        格ゲー×カービィの組み合わせは珍しいですね。

        もしかしたら格ゲーで疲れた体を癒やすためなのかな?と思いました。

    • kentworld より:

      ぼくも丸いキャラクターは未だに好きなので分かりますw

      カービィの人形は持っていませんが、1つくらいは欲しいですから。

      こういう成人男性はあまり居ないものかと思っていましたが、意外と多いようで驚きました。

  7. メトロキシド より:

    一応自分は成人男性なんで星のカービィが好きな理由について言及してみたいと思います。
    一言で言えば、「ギミックの面白さ」これでしょう。
    同じような作品であるマリオと決定的に違うのは、マリオは緊張感を持ち上手いプレイをすればクリアできる(=死にゲー要素がある)のに比べ、カービィは緊張感を持つ必要はありません。代わりに、目の前のギミックをコピー能力なりなんなりでどうやって乗り越えるか、それを楽しむゲームだと思います。
    例えるのであればマリオはスポーツで、カービィは遊園地です。
    スポーツである以上、負ける(=死ぬ)こともたくさんありますがそれをどうやって乗り越えるかを楽しむゲーム(それを極限まで乗り越えることに特化したゲームがダークソウルなどの死にゲーです)です。
    一方、カービィは遊園地で誰が訪れても楽しめます。(死の概念がほとんど無く、ギミックを楽しむことから)上達という概念は基本なく、格闘王や真格闘王でようやく導入されるレベルです。故に、誰がプレイしてもある一定以上の楽しみを味わえる。そう思います。(ギミックがイマイチだとヌルゲーと化します。ドロッチェ団が好例です。)
    他にも、BGMと演出が上手く記憶に残りやすいとかもあると思います。
    こんな回答でいかがでしょうか?

    • kentworld より:

      回答、ありがとうございますm(_ _)m

      緊張感は意図的に排除しているようなことを桜井政博さんも仰っていました。成人男性に対してもそれが良い方向に作用しているのですね。

      カービィ=遊園地の表現は目からウロコでした。個人的にはデスペナルティが緊張感に繋がって好きなんですが、そうは言っても戻された時の苦痛は付き物なので、そこで投げ出してしまう人も多いのかなと思います。

      デスペナルティについて考えさせられる話です。

  8. MGMの名無しさんforSwitch より:

    今の成人男性と言えば僕も含めて20~30代ぐらいでしょうかね?

    それならまず、SFCのスーパーデラックスやひかわ先生のデデププの存在が大きいと思いますね。
    スパデラはゲーム自体の完成度が高いことに加え、「メタナイトの逆襲」や「銀河に願いを」等、それまでの可愛らしいカービィ世界に強烈な激熱&シリアス要素が加えられた事がシリーズにより深みを与えたのではと思います。
    今やシリーズの代表的名曲であるグルメレース、ナックルジョーやマルク等のキャラが生まれたのもこの作品ですからね。
    それに加え、当時コロコロの看板作品だったデデププはギャグ漫画としての出来も非常に良く、当時の男子からの評判も上々でしたね。実際僕もデデププでカービィ好きになりました!!

    次の転機は64(これが僕の初カービィ)とアニメかな?
    ゲームとしての特徴は異なれど64でもスパデラと同様、所々にシリアスな雰囲気が漂う作品でした。こうじょうけんがくのステージやラスボス02のインパクトはBGMも合わせて決して頭から離れない程で僕にとっても思い出深い作品です。
    そして2001年から2年間放送されたアニメ版はゲームとはまた違った設定ながら、デデデ&エスカルゴンの強烈過ぎる(笑)キャラやカオスにも程があるギャグ&風刺描写、3Dと合わせた大迫力のバトル等々、純粋なアニメとしても非常に面白かったです!!メタナイトの人気を不動の物にしたのも本作です。

    そしてDSでスパデラが「ウルトラスーパーデラックス」として復活した事で再評価されましたね。更に「大王の逆襲」(主にマスクドデデデ)という新たな新要素も合わさって、既存新規問わずにカービィ熱を上げたと思います。
    その後もWii→トリデラ→ロボプラ→スタアラと途切れる事無く良作を連発しましたが、いずれも何かしらの闇描写&シリアス&激熱展開が混ざっており、過去作のオマージュと上手く合わせる事で当時男子だった男性ユーザーも夢中になれる仕掛けが含まれています。

    戦艦等のメカニック・騙し裏切り・闇(中二)描写等々男子が喜びそうな要素を含むことで、ただ「可愛い」だけでは無い一癖も二癖もある魅力が溢れる。
    それこそが「カービィ」の特徴であり、僕も含めた当時の男子が今でもカービィに夢中になれる要因だと思います。

    • kentworld より:

      スーパーデラックスをマイフェイバリットにする20~30代の男性は多いですもんね。ぼくの周りでもかなり多いです。ひかわ先生の漫画もかなりの人気でした。

      N64版とアニメ版は同時期に展開されていましたが、ここで新規ファンを獲得した可能性は高そうです。

      その後はDSでミリオンヒットを連発し、Wiiから新体制に入って今に至る感じでしょうか。

      そう考えるとカービィファンでも様々な世代が存在することが分かりますね。

      そう言えば、ぼくの友達も世代間のギャップに悩まされていましたw

      中二的な一面は特に終盤は目立っていますね。そこに惹かれる方も多そうです。

      こうして考えると、一見するとシンプルに見えるカービィでも様々な戦略が功を奏して今に至るのが分かります。

      詳しい考察をありがとうございましたm(_ _)m

  9. 匿名 より:

    子供が喜んで遊ぶゲームで親も安心して与えることが出来て昔から今まで途切れることなく新作がリリースされ続けているから親子揃って楽しめて大人が見ても可愛らしく洗練されたデザインで恥ずかしくない、という条件をすべて満たしたキャラクタはほとんどいないと思います

  10. 匿名 より:

    見た目が女性の胸のあたりを彷彿とさせるからだと思います

  11. ホンマ☆トモフミ より:

    僕も成人男性でありながらなんでカービィが根強く成人男性にも人気なのかは謎ですが、個人的にはキャラクターが魅力的かな。
    カービィの周りのデデデやメタナイトなどのキャラクターがシンプルながらもいいデザインなんですよ。
    あとはゲームがめちゃくちゃおもしろいのも忘れちゃいけないです。
    毎回、20種類以上も登場するコピー能力は他のシリーズにはなかなか真似できない魅力でしょう!「ロックマン」シリーズなどでちょっと近いものがあるのですが、あちらは制限が多いので個人的にはコピー能力には劣ってしまいます(^_^;)
    シリーズ自体も本編の強固な軸があって、スピンオフがいろいろ出てるのも魅力かな。

    確かに任天堂の中では中堅的な売り上げなので地味な印象受けるかもしれませんが、良くも悪くも安定的に売れていて決してバカにできないシリーズだとは思いますよ。
    ちょっとポケモンやどう森より売れていないと指摘されるとヘコむな〜。
    今は国内で100万本売れなくなりましたが、グッズ人気は根強いんじゃないかな。

    • kentworld より:

      カービィのグッズ売上がどれだけなのかは知りませんが、何気にかなり多いんじゃないかと思っています。

      都会で展開されているカービィカフェもすごい人気ですから・・・

      売上的にはミリオンヒットが出なくなりましたが、それでも妙な強さを感じます。

      この辺りの傾向を正確に読み切れたら大化けするポテンシャルを感じます。

      コピー能力は1種だけでも様々な技が存在して作り込まれていますもんね。

      実質、20種類以上のプレイアブルキャラクターが居るようなものではないでしょうか?

      カービィファイターズやカービィバトルデラックスなどのスピンオフタイトルはその辺りの魅力をより分かりやすく伝えようとしているように感じます。

      • ホンマ🌎トモフミ より:

        20種類のプレイアブルがいるって考えるとなるほどなって思います。
        確かにカービィファイターズやスタアラの追加キャラとか見るとプレイアブルキャラの多さを何気なくですが、アピールされてますね!

        他の方の意見もおもしろかったです。初心者の入門用ゲームだから印象に深く残るとか考察しがいがあるという点は感心しました。
        考察という観点だと「こうじょうけんがく」やブルブルスター地球説とか知ってたけど、今のカービィシリーズでもハルカンドラテクノロジーなど馬鹿にできない設定もおもしろかったなぁ〜(o^^o)

        • kentworld より:

          プレイアブルキャラクターといっても良いくらい1つ1つのコピー能力が作り込まれています。

          今回の記事は複数人の意見があってこそまとまったと思うので、皆さんには大感謝です♪

  12. kou より:

    単純な理由で恐縮ですが、テンポの良さやプレイの幅広さ…など、「アクションゲーム」として完成度が非常に高いタイトルだからと思います。

    コピー能力が最たるものですが、ステージごとに適した能力を使ってサクサク進んだり、すっぴんやテクニカルな能力を使って進んだりとプレイヤーの好みで難易度を調整でき、いずれの選択でも大きく破綻することはない。(収集アイテムの為に制限を受けることはありますが)
    夢の泉から貫徹されている”おおらかさ”と計算性が両立されているからの人気だと思っています。
    長文になり申し訳ありません。

    • kentworld より:

      kouさんも星のカービィをかなり愛されていますもんね。

      コピー能力システムの搭載って何気にかなり大変だと思います。

      下手に盛り込んでしまうとゲームバランスが破綻してしまいますから。

      その点、多くの作品は破綻しないようバランス調整している印象で、これは簡単なようで何気にめちゃくちゃ難しいことなんでしょうね。

      • kou より:

        曲がりなりにも、ゲーム人生で一番長く付き合ってきた作品ですからね。夢の泉もスパデラも何周も遊びましたし、ある種の相棒と言えるかもしれません。

        こちらの記事に感化されて、ちょい自分の方でもカービィ考察を書いてみようかと思っています。
        近いうちに形にできたらいいな。

  13. 不動尊 より:

    お疲れ様です。世の中が尖り過ぎて疲れているかな?戦国武将が観音信仰をしていますよね。世の中が尖り過ぎると自分自身を柔らかく受け止めくれる何かを側に置きたくなる心理があるはず。
    カタイ返答ですがどうですか?

    • kentworld より:

      なるほど、心理学みたいな話になってきますが、ぼくも疲れた時は柔らかいもの(さっく~とか)に受け止めたくなる気持ちが悪いので何だか分かります。

  14. 雪月あきら より:

    カービィは大好きなシリーズです!
    人気の理由は、やっぱりキャラの可愛さでしょうか?
    簡単に描けるキャラが多いので、小学生時代はらくがき帳に描きまくっていた記憶があります!

    ただ可愛いだけでなく、ラスボス戦辺りの熱い展開や、一部の狂気を感じる演出のおかげで大人のプレイヤーの方にも人気なのだと思っています。
    ロボボプラネットの終盤はかなり熱くなれました!

    確かにカービィシリーズは(一部を除いて)ライトユーザー向けですね。
    だからこそ、ストレスをあまり感じることなくストーリーをクリアできる点が魅力的だと感じています。
    僕の場合、あまり難易度が高すぎると投げてしまうことがあるので(汗)

    ライト向けではありますが、アクション面はしっかりしているので動かしていて楽しいです!
    特にSDXベースのシステムは1つのコピーで複数の技が出せますからね。

    カービィシリーズはストーリークリア後にボスラッシュ等の上級者向けモードが追加されることが多いですね。
    ボスラッシュはかなり難易度が高いので、本編で物足りないと感じた人も満足できるでしょう!
    初心者から上級者まで幅広く楽しめるのが、カービィの魅力だと思ってます♪

    • kentworld より:

      雪月さんもカービィのゲームを色々レビューされていましたもんね!どの作品のレビューもぼくが書いた記事よりもずっと愛を感じられました。

      ぼくもカービィは気が付いたら描いていましたw ラスボス辺りはそれまでに感じたポップなイメージから一転してダークな面が強調されますもんね。

      個人的には星のカービィ2の真のラスボスが印象に残っています。文字では語られないので、あれは考察したら面白そう!

      ボスラッシュモードは特にN64版で楽しんでいました。ぼくの場合、本編は物足りなく感じてしまうので、毎回ボスラッシュモードで満足感を満たしていますw

  15. 匿名 より:

    自分もカービィ大好きです。
    初めてプレイしたのはファミコンの夢の泉でゲームボーイのやつもやったしスーパーデラックスはデータが消えやすいことで有名ですが消えるたびに何度もクリアしたりしました。
    その後はちょっと離れてたけどWii以降に出たのは全作プレイしています。
    カービィの魅力ですがやっぱりまずはキャラが可愛い事ですね。
    そしてただ可愛いだけではなくかっこよかったりちょっと不気味なのもいたりと本当に雑魚敵だけでも色んなのがいます。
    それから曲も素晴らしい。
    言葉では説明しにくいのですが聞いていて耳に残るようないい曲がいくつもあります。
    アクションゲームとして見た場合たしかにクリアするだけなら難易度は低めですが、アイテムやスイッチのコンプを目指したりクリア後の高難易度モードなどもやろうとするとかなりのやりごたえになります。
    それに難易度が低いというのもライフの回復しやすさ、飛行能力、コピーといったカービィ自身の能力の高さのおかげでゴリ押ししやすいというのが大きな理由なので決してアクションとして薄味というわけではありません。
    そして忘れてはいけないのがファンへのサービスですね。
    毎回言われないと気付かないところまでしっかりと作り込み、特にスターアライズでは本当に無料でいいのかと言いたくなるほどの内容の追加キャラとステージまで配信され製作者の人達が本当にファンの人達を大切にしてくれているのが伝わってきます。
    そして一番の理由ですがやっぱり見ているだけで可愛いんですよ。
    これだけはマリオやリンクには真似できない強みだと思います。

    • kentworld より:

      あぁ、ぼくとカービィシリーズの遍歴が似ていますね~。ぼくの場合、コロコロカービィ辺りで一旦離れてWii版で戻ってきました。

      コメントを読んでもう少し能動的にカービィを楽しもうと思うようになりました。

      コピー能力を使わない縛りプレイとかやってみようかな?

      スターアライズはアップデート後のコンテンツをまだプレイ出来ていないので、いずれはやろうと思っています。

      あれだけシンプルなデザインであそこまでの可愛らしさを表現出来るって何気に凄いことです。

      実はコメントに付けたさっく~のデザインはカービィの影響を少しだけ受けています↓

  16. ☆☆☆☆☆ より:

    ゲーム好き成人男性と言ってもゲーム初心者の少年だった時代はあったわけでして、すぐ死ぬし空を飛べないマリオは超序盤で投げ出していた当時の自分が初めてクリア出来た横スクが夢の泉DXでした。ゲーマーとして原初の成功体験です。

    カービィの強さと多彩なギミックでホイホイされた中盤で一度詰みましたが、その頃にはある程度のプレイヤースキルとここまで来たら最後までっていう意地が生まれてました。
    こうしてゲームを攻略する達成感を知った後、以前は横で見ているだけだったスーパーデラックスなどにも手を出していって今に至ります。

    初代から最新作まで一貫してゲーム初心者に向けたつくりをしているシリーズですし、お世話になったタイトルは違えど似たような体験をした少年達は多いのではないでしょうか?

    後はまああれだ。あんな無害そうな顔して普段は食う寝るくらいしかしてないのに、いざという時は格好良く世界を救うヒーローとか惚れないはずがないな!

    • kentworld より:

      ぼくは子供の頃、マリオに訓練された人間なので「なるほど~」と思いました。

      もし、ぼくが初めてプレイしたゲームが「星のカービィ」だったら価値観が変わりそうです。

      こうしてコメントを読んでみると、☆☆☆☆☆さんにとってのカービィは切っても切れない関係に感じます。

      以前は記事を面白くするために無礼な表現を使ってしまったこともありましたが、☆☆☆☆☆さんのような方を傷付けてしまったので反省しています。

      >初代から最新作まで一貫してゲーム初心者に向けたつくりをしているシリーズですし、お世話になったタイトルは違えど似たような体験をした少年達は多いのではないでしょうか?

      そうですね、自分にとってそれはマリオやゼルダになりますが、人によってはカービィにもなるんだなと改めて実感しました。

    • ☆☆☆☆☆ より:

      熊崎カービィ、特にTDX以降は全てのボスにポーズ画面のスペシャルページが実装されていて、毎度毎度ファンの考察脳をガンガンに揺さぶってくるのもありますね。
      特に2周目的モードのパワーアップ版ボスの内容は敵側の裏事情や他作品との繋がりをムンムン匂わせてくるので、ここからが本番とすら言えるかも。そして、半ばポエムと化してる真ラスボス最終形態のページまでチェックしてようやく一段落、そして考察へ…というのが近作の流れです

      スターアライズのアプデ第三弾はそういう意味でも美味しかったですね。今回のラスボスは特に謎の多い存在でしたし。

      • kentworld より:

        お話を聞いていて、カービィって想像以上に深いところまで楽しめるんだなって思いました。

        外側からは伝わりきれていないので、もっとそういう話が広まれば良いんですけどね。

  17. まーちゃん より:

    やはり常に初心者向けというコンセプトを基に一定以上のクオリティの作品を出し続け、ファンになった固定層のゲーマーのファンも大事にしているからでしょう
    マリオやゼルダやポケモンに比べるとどうしても売り上げ的に見劣りします。しかしこれだけ任天堂のハードごとに新作を出し続け一定以上の売り上げを出し続けているのは星のカービィという世界観を大事にしながら魅力的な新要素を入れているからだと思います。これは任天堂以外の会社がなかなかできないことです。
    話がそれますが,カービィはマリオシリーズに比べると簡単で全体的にキャラがかわいらしいので女の子にも人気があるみたいです。

    • kentworld より:

      近年のシリーズ作品もミリオンヒットこそしないものの安定した売上を維持出来ていますもんね。

      今はコンシューマーゲーム市場全体が右肩下がりなだけに、あれだけ安定した売上を維持出来るだけでも凄いです。そこには様々な苦労が隠されているのでしょうね。

      今回の記事では当ブログのメインターゲットとなる成人男性にスポットを当ててみましたが、女性人気の高さも実感しています。

  18. AVC-M370 より:

    男性に限らないのではないだろうか。
    キャラクターとしてみれば愛嬌のあるデザインがある。
    20年ぐらい前にアニメやマンガにまで広がった事で印象度としては幅広い可能性もあるしな。
    誰が手にとっても楽しめる汎用性の高いアクションも人気なのだろう。

    売り上げに関しては市場の純粋な需要数字の指標に活かされているのではないかと。
    マリオやらは売れている宣伝に使わなければならない為、数字的には挑戦的な作品にし辛い。
    そう言うサード役割が任天堂ファーストタイトル内でもあるのだろう。
    現在はカービィに充てられてはいるが昔はスタフィーやらワリオやら色々キャラクターを変えて出していたと。

    • kentworld より:

      女性人気の高さも実感しています。ぼくの友達もカービィ好き同士でカップルになったことがありましたからw

      個人的にはカービィのスピンオフタイトルはもっと色々出しても良いと思っています。

      近年はダウンロード専売タイトルで色々出していますが、まだまだ色々出来そうなIPに感じています。

      未だにカービィが持つポテンシャルの高さを言語化出来ていない印象なので、このような記事を投稿して読者に問いかけてみました。

  19. くっぞこ より:

    こんにちは。
    星のカービィが大人に人気があるということが意外でした!
    GBの1作目が出たとき高校生で、
    GB2作目までしか遊んでないんですよね~
    比較的易しいのでヘタクソな私には嬉しいゲームで好きなんですが、
    大人に人気がある理由としては、どうなんでしょう?
    大人になって腕が鈍った人でも、クリアできるからとか?(笑)

    • kentworld より:

      ぼくの周りでは熱狂的なファンの成人男性が多いんですよ~。

      くっぞこさんのように意外に感じられる方は多いのではないでしょうか?

      個人的に成人男性=ゲーマーというイメージですが、そういう層にもカービィのように初心者でも楽しめるゲームは必要なのかなと思いました。

  20. ししむら より:

    実は私もカービィについてはなかなかやりこんでる方でして、20作以上クリアしていて横スクロールの本編はTDXを除きすべて100パーセントクリアしています。
    今のカービィ人気については、wiiバブルの時にヒットしたカービィwiiの時についたファンが今ネットで熱気のあるファンだと思いますね。
    あのあたりから本格的にカービィに関わってる熊崎ディレクターがゲーム性から世界観まで良くも悪くも方向づけてしまいました。
    ゲーム性は特に人気のあるSDXベースのいわゆる格ゲー的なコマンドコピーモノ、ストーリー性、世界観はSDXの銀河に願いををベースにした裏設定満載の厨二シリアスもの、という風にしてしまいました。
    これがwii時代3DS時代のキッズ(厨二)プレイヤーに大受け、その熱気が今まで続いてる、という感じですね。
    まああれから10年ほど経ちますしあの時のプレイヤーがそのまま大人になったということだと思います。
    子供向けのとっつきやすいポップさと厨二的なダークなシナリオの合わせ技というべきでしょうか。
    しかし普通にプレイする分にはダークな部分は分からないようになっているんで気づかない人も多かったでしょうね。

    先ほど良くも悪くも、と言ったのはダークな部分がちょっとポップな部分まで侵食し過ぎという不満を持っている人もいるからですね。
    そしてそれ以上に問題なのはSDX式のコピー能力をここ10年間使い回しているマンネリ感ですね。
    私も夢の泉のような終始ファンシーな世界観に惚れてファンをやっていたので今の展開にはちょっとついていけない所がありますし、SDX基準のゲーム性にも飽きてきたので次も同じような感じなら買うのは控えようと思っています。
    カービィはそろそろ刷新の時期で、開発者インタビューなどを聞く限りそれは開発側からもそういう声が上がってるのでその辺に期待したいです。
    スターアライズをwii以降のカービィの集大成にしようという熱意はプレイしていてすごく伝わってきましたしね。

    • kentworld より:

      20作品以上はすごいですね!確かにWii版辺りから方向性が確立して今に至る感じがします。

      友達もファンのコミュニティでは熊崎ディレクター世代が目立っていると話していました。

      スーパーデラックスがベースになっているあまり、気になるところも多いようですが・・・。

      マンネリ化の指摘もよくされますね。現状でも高い支持率を維持出来ていますが、今後はどうなるか。

      まだまだ高いポテンシャルを感じるので、スピンオフを含めて今後の展開を楽しみにしています♪

      E3辺りで新作が発表されたりして!?

  21. つぐみ より:

    丸くて可愛いものは、母性なり父性なりが刺激されるのかもしれませんな
    ゲーム性的にはコピー能力は結構厨二チックで男心を刺激されるチート能力かと思います。
    簡単ではあるけど、コンプリートなど考えると結構やりごたえもありますしね

    • kentworld より:

      そうなると、さっく~もワンちゃんありか!?笑

      そう言えばつぐみさんもカービィを愛していましたね。コピー能力は言われてみると中二的なものが目立っています。

  22. 匿名 より:

    カービィはコピー能力を使って能動的に敵を倒せるので、マリオやドンキーコングよりも「激しい敵の攻撃をかいくぐり、ちくちくとダメージを与えて激闘の果てに敵を倒す」という面白さが強いと思います。また、マリオやドンキーなどと比べると、雑魚敵との戦闘に負けることは少ないため、雑魚戦は爽快感があります。こうした点から、戦闘の面白さを求めている層からの支持が厚いように思います。ロックマンなどと層が被っていることになりますが、最近はロックマンシリーズの新作が少ないため、若い方はカービィに流れつつあるのかもしれません。

    • kentworld より:

      マリオやドンキーコングは戦闘よりもアスレチックに重点が置かれていますもんね。

      カービィの場合は格闘寄りなので、そこが人気の秘訣なのかなぁと思ったこともあります。

      体力がマリオやドンキーコングよりも多めに設定されているのもポイントですね。

      多少ダメージを受けたくらいではビクともしないところにも人気の秘訣が隠されていそう。

  23. ナスタ より:

    カービィシリーズは可愛らしくて個性的なキャラクター達が魅力的なのはもちろんですが、アクション面もコピー能力の取捨選択など能動的な楽しみ方ができるところかなあと思っています。なによりもBGMのクオリティが毎度高いので、それだけでもプレイしたくなりますね〜。
    個人的にはマンネリを感じる部分も多いのですが、裏を返せば安心感のある作風ではあると思います。クリアするだけなら割と簡単にできるけれど、やりこむとどこまでもプレイできる作品が多いのもカービィらしいですよね。

    可愛らしいキャラクターとは裏腹にダークな演出が多いのも惹かれますし、世界観も凝っていて過去作との繋がりなども含めて考察のしがいがありますね。

    • kentworld より:

      ぼくの場合、あまり考えずに目の前の敵を吸い込んで進めていましたが、もう少し能動的に楽しまないとなぁとみなさんのコメントを読んで思いました。

      BGMのクオリティは定評ありますね!クラブニンテンドーのトリプルデラックスサウンドセレクションを注文しなかったので後悔していますorz

      ぼくもスターアライズでマンネリ感が気になっていましたが、アップデート後のコンテンツは未プレイなので、いずれは再プレイしたいと思っています。

      世界観の考察はあまりしてきませんでしたが、カービィ2の真のラスボスが気になっていた頃もあったので、ちょっと考えてみようかなと思うようになりました。

  24. Ryou より:

    普通にクリアするだけなら子供でもできるけれど、
    その先がぶっちゃけ本番でウチラに刺さるような
    要素やモードが豊富ですからね。サントラの曲名
    もさりげなく厨二要素ぶち込んでるしw

    熊崎カービィは古くからのプレイヤーも蔑ろにせず、そういう
    所を抑えてきるし桜井さんの後継者としてしっかりこなしてる
    と思いますよ。最近で衝撃を受けたのはSDX20周年でロボプラ
    の真かちぬきで黄色いアイツを仕込んだのは鳥肌モンですたw

    • kentworld より:

      ぼくもカービィはクリア後が本番かなぁと思っています。

      なので、レビュー記事とは別にクリア後の隠しモードについて語った記事を書きたくなってしまいますw

      熊崎カービィになってからもファンサービスが凄いなぁと思いますし、そこがファンのハートを掴んでいるんだなぁと思いました。

  25. ケイ より:

    カービィ楽しいですよね。
    とはいえ夢の泉ばかりやっていたのですが。
    (FC/GBA/3DS版も)

    達成度100%にしようと思うと結構大変。
    トリプルデラックスとロボボプラネットは
    久々に遊んだのですが、ボスラッシュは難しかったです。
    とはいえあまり上手くない自分が
    なんとか達成できる難易度です。

    思うにメインモードは謎解きアクションなんですよね。
    特定の能力が必要だったり
    壁でふさがれる前に抜ける必要があったりで
    上手くいくと「やったー」と思える。
    そういう部分が好きです。

    見た目の可愛さも魅力の内ですが
    単純にゲームデザインが好きなようです。

    • kentworld より:

      夢の泉は何度も再発売されていますが、すべてプレイされましたか!?

      達成率100%はなかなか大変ですね。

      ボスラッシュはぼくも毎回苦戦します。

      失敗するとだいぶ前に戻されてしまうので、ボスのパターンを覚えないといけません。

      メインモードでは最終的にアイテム収集がメインになるので、謎解きアクションの側面が出てきますね。

  26. 匿名 より:

    近年の作品を担当しているディレクターが設定作るの大好きな人で、作品間を跨いだ設定や伏線をガンガン放り込んでくる所がマニア層の心を掴んでいるところは間違いなくあると思います。
    それぞれの作品単体で見てもテキスト回収の快感はバイオシリーズ等のADVにも匹敵する程ですし……

    あとは旺盛なファンサービスとアクション面の調整でしょうか。
    大抵の作品はやり込もうとするとかなり濃厚なゲームに仕上がってるので、そこに耐えうるだけのアクション性が確保されているのがわかるという。
    アクションの細かい調整をしっかり評価できる濃いファン層が付いている印象です。

    • kentworld より:

      考察やファンサービスがここまで成人男性のハートを撃ち抜いているとは思いませんでした。

      その辺りの話は今回の記事でよく分かりました。

      パッと見は低年齢向けに見えても実はそうじゃないところがカービィなんですね。

  27. より:

    カービィの楽曲は、ややテンポが速くてリズミカルな物も多いですね。特に1-1ステージの曲が。草原を進むステージなので明るくほんわかな感じでも有ります。
    記事にも書かれているように、熱心なファンは居るという事なのですね。1992年から現在まで、人気が強いのもうなずけます。因みにスマブラでは、シリーズ通し一番のマイキャラです。

    • kentworld より:

      1-1のBGMはよく聞くとバックの音でグルグルまわっているような音が聞こえますもんねw

      熱心なファンは本当に多い印象です。星さんもその1人だと思います。

  28. 匿名 より:

    カービィシリーズはとにかくbgmが素晴らしいってのと、ノスタルジーを感じるってところが大きい気がします
    自分も石川さん安藤さんのbgmに惚れたってのと、俗に言う数字カービィにノスタルジーを感じてカービィオタになったクチです

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

海外産オープンワールドゲームに負けない良さを生み出したメタルギア・FF・ゼルダシリーズ最新作
どっちが良いの?RPGにおけるシンボルエンカウントとランダムエンカウントの長所と短所を挙げてみた!
【コラム】ぼくが世間で酷評された「レフト アライブ」を楽しめた”たった1つ”の理由
【コラム】良質なゲームなのにAmazonのカスタマーレビューで星1を付ける人が居るのは何故なのか?
【コラム】2018年に初めて1999年発売の「シェンムー」をプレイしたことで感じた7の衝撃
JRPGユーザーの視点から見たウィッチャー3 ワイルドハントとはどんなものなのか?
PS4版かSwitch版、どちらを買うのか悩む時代がやってきた
ニンテンドースイッチのおかげで気軽に楽しめるようになったパーティゲーム
kentworldがゲーム下手である7つの理由。ゲーマー兼ゲームブロガーなのに実はゲームが下手だった!?
【コラム】どっちが良いの?オープンワールドゲームとリニア式ゲームの長所と短所を挙げてみた!