| ゲームの話

スーパーマリオ3Dコレクションの収録タイトルをガチレビュー!

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は9月18日に発売されるSwitch「スーパーマリオ3Dコレクション」の収録タイトルをガチレビューしていきます。

本作には

  • スーパーマリオ64
  • スーパーマリオ サンシャイン
  • スーパーマリオ ギャラクシー

といった3Dマリオの名作が高画質化されて収録されています。

ぼくはこれらのタイトルをリアルタイムで遊び、累計プレイタイムは合計で1,000時間に達するほどハマりました。

そこで、本記事ではこれから楽しまれる方、既にプレイされた方に向けてオリジナル版の

  • 良かった点
  • 惜しかった点
  • 当時の思い出

を語っていきます。

注意

今回のレビューはオリジナル版を基準に語っています。

スーパーマリオ64

良い点

まず紹介するのが、N64で発売された「スーパーマリオ64」です。

本作は箱庭マップを探索してアイテムを集めていく3Dアクションゲームですが、初めてプレイした時は衝撃を受けました。

何故かと言うと、今までプレイしていた「スーパーマリオ」シリーズは平面世界だったのに、今作ではすべてが立体化していたからです。

しかもですよ?

そんな世界をN64に搭載されている3Dスティックを傾けることで360度自由に動き回れたのですから、ゲームの時代が一気に進んだように感じました。

厳密に言うと本作が発売された以前にも

  • スターフォックス
  • バーチャファイター

など、3Dポリゴンによる立体的な映像を採用したゲームは存在したので、世界初の3Dゲームではありません。

が、アナログスティックを使って3D世界を自由に冒険できるゲームはほとんど見られませんでしたし、そもそも、ぼくはそれらの作品を当時は知らなかったので、衝撃度は相当なものでした。

ただ、それまでにプレイした2Dゲームとは操作形式が大きく異なるので、操作に慣れるまでが大変だったのをよく覚えています。

例えばマリオではお馴染みのクリボーを踏みつけるとしますよね?

2Dマリオでしたらジャンプして十字キーの左右を押して微調整するだけで踏めました。

本作の場合、距離感を掴み、軸が合っていないと踏めないので、最初はクリボーを踏みつけることさえも苦労したものです。

さらには

  • 通常よりも高く飛べる「3段ジャンプ」
  • 遠くまで飛べる「走り幅跳び」
  • 壁を蹴って高くまで登っていく「壁キック」

などの新アクションを駆使しないと進めないエリアも存在するので、本作を攻略している時はまるで新しいスポーツを覚えるかのような感覚でした。

人によってはしんどく感じるかも知れませんが、新しいアクションを覚えることでそれまで行けなかったエリアへ行けるようになった時はぼく自身がレベルアップしていく感覚を味わえたので、当時は夢中でプレイしましたね。

そう感じられたのは、全てのアクションを最初から使えたからです。

最近のアクションゲームは先のステージに進むことで新しいアクションを少しずつ使えるようになっていきますが、本作の場合、最初から全てを使えます。

なので、操作キャラクターではなく、プレイヤー自身のステータスに依存するようなバランスになっているんですね。

ゲームソフトにはこのようなアクション一覧表が封入されていたので、当時は格闘ゲームのコマンド技を覚えるかのように一生懸命練習したものです。

特に走り幅跳びはなかなか覚えられなかったので、何度も練習しました。

本作は自由度が高く、攻略ルートが多彩なので、全てのアクションを覚えなくてもゲームをクリアすることはできます。

が、完全クリアをするには走り幅跳びも覚えておかないといけなかったんですね。

例えば「やみにとける どうくつ」には走り幅跳びを使わないと進めないエリアが存在します。

当時は走り幅跳びで飛び越えた先には何があるのだろう?と想像しながら練習をしたものです。

もし、本作の操作が簡単なものだったり、最初から全てのアクションを使える形式でなかった場合、こんなワクワク感は味わえなかったと思います。

難しいと言えば、はねマリオの飛行アクションも覚えるのに苦労しました。

ゲームを進めると赤ブロックが使えるようになり、叩くことではねぼうしが出現し、被りながら三段ジャンプをすることで空を飛ぶことができます。

しかし、3Dスティックを引いたり、奥に倒して上昇と下降を繰り返さないと思うように高度をあげることができないので、最初の頃は空中のコインを思うように取れず、何度も落下死しちゃいました。

でも、慣れてくると、まるで鳥のように空を飛ぶことができるので、めちゃくちゃ気持ち良いんですよ。

そんな気持ち良さを強調させるのがBGMと効果音です。

特に下降してからの上昇時は最高に気持ち良いので、思わず「翼をください」を口ずさみたくなってしまいましたもん。

このゲームをプレイして、「空を飛ぶってこんなに楽しい物なのか!?」と思いましたよ。

発売からかなりの年月が経ちましたが、本作は未だにマイベストスカイアクションゲームです。

825

このように本作は上達することに面白さの主眼が置かれていますが、その面白さをさらに強めてくれるのが攻略の自由度です。

従来の「スーパーマリオ」シリーズはスタートからゴールまでを一直線で進んでいくゲームでした。

しかし、本作ではそのルールをぶち壊し、箱庭マップを探索してアイテムを集めるゲームになったんですね。

各ステージに入るとキーアイテムであるパワースターのヒントがわかるようになっています。

ヒントに従っていけばスタートからゴールまでが一直線に感じられるものもありますが、大砲を使って高いところまで一気に飛ぶとか、

そういったショートカットも用意されているので、二次元から三次元になったからこその自由度を実現しているんですね。

また、フィールドが3次元になったことで探索する楽しさも大幅に増していて、視点を変えたらコインが見つかったりとか、2Dゲームでは絶対に味わえない探索を楽しむことができます。

集めることになるアイテムはキーアイテムとなるパワースター以外にも

  • 各ステージに8枚隠された「赤コイン」
  • 100枚集めると良いことがある「黄色コイン」

など多彩で、エントランスとなるキノコ城にも秘密がいっぱい隠されているので、探索しているだけで時間が過ぎてしまいます。

828

凄いのが、ステージの多様性です。

メインの箱庭ステージは15ステージ。

エクストラ、クッパステージを含めると20を超え、かなりのボリューム感を味わえます。

ゲーム機本体と同日に発売されるゲームって開発期間の関係でボリューム不足であることも多いんですが、本作はそんなことありませんでしたね。

惜しい点

826

3Dアクションゲーム黎明期の作品だけあって、カメラの性能は良いとは言えません。

カメラの回転は遅いので自分が今、求めている視点にはすぐにならず、妙な習性があるので癖が強く感じられます。

どんなゲームでもそうですが、カメラワークはある程度の慣れが必要です。

また、操作性も癖が強く、例えばキャラクターを動かしても加速が遅かったりして、良くも悪くもアナログ感が強くなっています。

この操作感覚で足場が少ないフィールドをジャンプして行くことになるのですから、空間認識能力がない場合、苦戦するかも知れません。

まとめ

スーパーファミコンの「スーパーマリオRPG」を呑気に楽しんでいた頃、本作を初めて知りましたが、その時は衝撃が走りましたね。

数多くの3Dアクションゲームが本作の影響を受けて作られているように、最初にして最高のゲームを生み出しました。

今となっては当たり前の要素ばかりですし、最近の3Dマリオと比べて操作性に癖があるので最初は面を喰らうかも知れません。

しかし、箱庭3Dアクションゲームの基礎を生み出した歴史的に残る名作であることは間違いありません。

目次へ戻る

スーパーマリオ サンシャイン

良い点

続いて紹介するのが「スーパーマリオサンシャイン」です。

本作は南国を舞台にした箱庭探索型の3Dアクションゲームで、「スーパーマリオ64」の正当な続編として開発されました。

が、前作から全てが上回っているのかとそうではなく、めちゃくちゃ進化している部分もあれば惜しいなぁって思う部分も強調されていたんですね。

289

まず良いと思った点についてなんですが、ポンプを使った新しい遊びです。

今作では「スーパーマリオ64」にあったアクションに加え、ポンプを使った様々なアクションを行えるようになりました。

ポンプは複数の種類が存在し、

  • ノーマルノズルで放水する
  • ホバーノズルでホバリングを行う

といった感じで生身のマリオでは絶対にできないことができるようになり、今作ではこれらのアクションを使い分けてステージを攻略することに重点が置かれています。

面白いのが、ポンプアクションは通常のアクションと組み合わせることで化学反応を起こすことです。

例えばノーマルノズルで放水した後、濡れた床に向かってヘッドスライディングを行うとズルズルと滑ったり。

スピンジャンプを行った後にノーマルノズルで水を発射すると全方位に放水ができたり。

攻略に役立つのかと言われると微妙なところですが、単純に動かしていて楽しいので、前作よりも遊び場という印象を強く持ちました。

292

そんな印象をさらに強めてくれたのが南国らしいロケーションです。

本作の舞台となるドルピック島は南国のリゾート地で、従来のマリオシリーズよりも行楽に出かけた気分を味わえるようになっています。

涼しげなデザインの建造物、屋台を彩るフルーツ、透き通るほど透明な水、色鮮やかなサンゴ、見ているだけで暑さが伝わる陽炎etc…

ポンプアクションと相まって箱庭マップを探索している時のワクワク感は前作をさらに上回っていました。

141004-0636-39

個人的に好きなのが、各ステージのどこかに隠されたアスレチックステージです。

アスレチックステージではポンプが使えないので、ホバリングで足場から足場へ飛び移るなんてことはできません。

そのうえ落ちたら一発アウトなので、難易度が非常に高いんですね。

でも、何回もミスした末にゴールできた時の達成感が素晴らしく、「これぞマリオだ!」って思いました。

当時は友達を家に集めてみんなでアスレチックステージを交替で楽しんだものですよ。

これが非常に面白く、相手のプレイを見て茶々を入れたり、誰が一番先にゴールできるのかを競ったりして、アスレチックステージの交替プレイだけで3~4時間は過ぎ去りました。

まあ、真夏の時期にエアコンが掛かっていない部屋で遊んでいたうえ、全員、男なので、むさ苦しかったのもよく覚えていますけどねw

惜しい点

293

このように「スーパーマリオ サンシャイン」は良いところはトコトン良いんですが、一方では惜しい点も目立っています。

個人的に惜しいと思ったのが、ステージ数が前作となる「スーパーマリオ64」から大きく減っていることです。

キーアイテムとなるシャインこそは全120枚と減っていないんですが、そのうちの24枚が青コイン集めで手に入るものだったりして、前作よりも数合わせになっているんですね。

また、青コインの隠し場所にしても特定のオブジェクトに向かって放水すると出現するなど強引なものが多く、非常にわかりにくいので、コンプリートするまでの道のりはトラウマでしたw

それと、操作性に関しては前作よりも難しくなっている印象です。

ただでさえ3Dマリオの操作は難しいと言うのに、そのうえで2本のスティックを的確に操作しないと使いこなせないポンプアクションが加わりましたから・・・。

良い点で挙げた高難易度なアスレチックステージといい、とても万人受けするマリオとは言えないので、軽い気持ちでプレイすると火傷するかも知れません。

個人的には難しい操作を覚えて上達することに面白さを感じられたので好きなんですけどね。

まとめ

前作と比べてボリュームが減ってしまったのは残念ですが、その分、遊びの幅が大幅に増しています。

なので、工夫次第で神ゲーになるポテンシャルを秘めた作品だと思いますね。

季節感が強い作品なので、できれば真夏の時期にプレイしたい作品です。

本作は2002年夏にリアルタイムでプレイしましたが、当時は本作とゲームボーイアドバンスの「黄金の太陽 失われし時期」を交互にプレイして最高の夏休みを楽しめました。

あれから18年も経ったとは・・・時が経つのはあっという間ですね。

目次へ戻る

スーパーマリオ ギャラクシー

良い点

最後に紹介するのが、「スーパーマリオギャラクシー」です。

正直、ここまで紹介した3Dマリオは人を選ぶ作りだと思うんですが、本作に関しては比較的万人におすすめできます。

というのも本作は従来の3Dマリオで問題だった点を解消しているからです。

特筆したいのがマップデザインです。

本作では宇宙が舞台となっています。

その影響で複数の球体マップを行き来していく進行形式となっているんですが、マップが球体である影響でマリオの位置を把握しやすくなり、常にカメラが自動で見やすい位置に回ってくれるようになりました。

おかげで操作が簡単になっています。

また、これまでの3Dマリオとは違い、各ステージのキーアイテム獲得までの道のりがほぼ一本道になっているので、何をすればクリアできるのか分からなくなる可能性が減りました!

その影響で箱庭探索型というよりはステージクリア型という印象が強くなり、過去2作と比べて面白さのベクトルが変わっていますが、今作の方が面白さを理解しやすくなっています。

このように本作は舞台を宇宙に映したことで従来の3Dマリオで見られた問題点を解消することに成功しましたが、同時にゲームとしての面白さを強めている点も忘れてはいけません。

例えばマリオが移動すると球体マップが回転するようになっています。

このような仕組みにすることでプレイヤーがカメラを操作しなくてもマリオを見失わなくなり、マップも把握しやすくなっているんですが、同時に死角を生み出しているんですね。

おかげで複数のスイッチを制限時間内に踏むような仕掛けが生きるようになり、どこにスイッチがあるのか探す楽しさを生み出すことに成功しています。

こんな体験、従来の3Dマリオでは見られなかったので新鮮に感じました。

2a44fbf0.jpg

新鮮味と言えば、Wiiリモコンのポインタ機能を使って作動させるスターキャプチャー。

この仕掛もね、新鮮味が凄かったです。

スターキャプチャーを作動させるとマリオを吸い寄せることができます。

一部のエリアでは大量に設置されたスターキャプチャーを上手く作動させ、マリオを誘導させることになったので、初めてプレイした時は

なんて斬新なゲームなんだ!?

と思いましたもん。

わかりやすく言うと、パソコンのマウス操作をしながら3Dアクションゲームをプレイしているような感じでしょうか。

このような遊びは3Dスティックで再現するのは難しく、スムーズにカーソルを動かせるポインタ操作ならではだと思うので、対応ハードがWiiであることを活かしているように感じました。

そんな「スーパーマリオ ギャラクシー」ですが、ボリュームは今回紹介する3タイトルの中では最も多かったりします。

ネタバレになるので具体的には言いませんが、ステージ数が非常に多く、パワースターを120枚集めた後も驚くほど沢山のエンドコンテンツが用意されているんですね。

そのためライトユーザーだけではなく、コアユーザーも満足できる作品になっていて、「星のカービィ」シリーズみたいに間口の広い作品になった印象です。

BGMも宇宙をイメージした壮大なオーケストラサウンドを採用しており、完成度が非常に高いので、本作がスーパーマリオ人気投票の中で上位に入りやすいのも納得しています。

惜しい点

完成度が非常に高い「スーパーマリオギャラクシー」ですが、パープルコイン集めは調整不足だったかなと思いました。

ステージによっては紫色のパープルコインを100枚集めることが目的となっています。

しかし、どのステージでも100枚全て集めるのにかなりの時間がかかってしまううえ、ミスをしたらまた1枚目から集め直さないといけないんですね。

このやりこみ要素は過去2作のような箱庭マップを探索する楽しさを補っているんだと思いますが、全体的に一本道の今作ではそれを味わいにくく、蛇足に感じてしまいました。

惜しい点としてはもう1つ。

水中ステージの難しさです。

水中ステージでは従来の3Dアクションゲームに近い形式で探索することになるんですが、球体マップに慣れてしまうと煩わしく感じるんですよ。

一応、今作からスピンダッシュができるようになり、カメラも賢くなっているので、過去2作よりもマイルドになっている部分はあるんですが、Wiiリモコンとヌンチャクで操作するのは少し難しく感じました。

目次へ戻る

まとめ

過去2作の問題点を解消しつつ、Wiiという特殊なゲーム機の機能を上手く活かした名作で、今回紹介した3タイトルの中では最もおすすめできる作品です。

先程も少し話しましたが、良い意味で「星のカービィ」のような万人向けの作品になりましたね。

スポンサーリンク

目次へ戻る

全体のまとめ

ここまで「スーパーマリオ3Dコレクション」の収録作をガチレビューしてみました。

これから楽しまれる方の参考になり、既にプレイされた方は共感していただけたら嬉しく思います。

今回はオリジナル版を基準に語ってみましたが、「スーパーマリオ3Dコレクション」が発売されましたらどこかどう変わったのかをお伝えするレビューしますので、公開されましたらそちらの方もよろしくお願いします。

目次へ戻る

本記事の動画版

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(5)

  1. わかめ より:

    はじめまして、いつも動画を楽しく見させていただいてます。
    ただ、個人的に音声のポップノイズ(マイクに息がかかった時の音)が多いのが気になりました。
    ポップノイズはポップガードを使えば軽減できるので、良かったら使ってみてください。

  2. ヤス より:

    この3作品をやりこんだら、ジョイコンが壊れそうなのが心配です。

  3. 匿名 より:

    任天堂の3Dアクションはマリオ64を試金石として時オカで完成した感があるので今やるとマリオ64は操作性にあか抜けない感はありますね
    サンシャインはカメラワーク込みで操作が難しいのにゲームも難しくて心が折れました
    操作性が変わってないとしたら最近のマリオに慣れている人がやるとビックリすると思います
    ギャラクシーは操作も簡単で世界観は壮大でワクワクしてスゴく楽しかったですね
    ある意味3Dマリオの完成形だと思います(さらに洗練されたギャラ2がないのは残念ですけれど)

  4. 匿名 より:

    早くやりたいよおおおおおおお!!!!!!!

  5. トモフミ🍃ラクーン より:

    DS以来だね(^^)マリオ64!

    トラウマを克服するぜ!マリオサンシャイン!

    携帯機でどう操作するの?マリオギャラクシー!

    明日は祭りだ〜!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

ネタバレ注意な!俺、このゲームのこと好きだわ!ファイナルファンタジーXVのエンディングを見た感想を書いていく!
【レビュー】VR SENSEのDOAXを触ってきた! [評価・感想] これはPS4/PSVR版を越えたか!?
Switch Onlineにスーパーファミコンソフトが加わったことでSwitchが神ハードである理由がまた1つ増えたという話
スプラトゥーン2のサーモンランをローカルプレイで楽しんでみた!神次元の面白さで社会現象になるぞこれは!?
自作映画「サクライフ2」をついに公開!制作の裏側も明らかに!?
噂通りアスラズラースは凄い作品だった・・・
15,000円以上する高級コントローラ、Xbox Elite ワイヤレス コントローラーを触ってみた!他
【レビュー】「Switch ケース BEBONCOOL 収納バッグ」が帰省時に超便利!ニンテンドースイッチをドッグごと収納して安全に持ち運べる!
沖縄でダイビングして「イカ、よろしく~」ポーズを撮ってきた!
【レビュー】「スイッチ コントローラー BEBONCOOL」がProコンの半額以下で購入できるうえに性能も良い件について