2019/06/22/12:00 | ゲームレビュー

【レビュー】モンスターハンターワールド:アイスボーン(βテスト) [評価・感想] ティガレックスが強すぎる!クラッチクローで新たな戦略性が誕生!?


モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション/PS4

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

2019年9月6日に配信される大型拡張コンテンツPS4「モンスターハンターワールド:アイスボーン」。

6月21日からPSPlus会員限定でβテストが開始されたので早速プレイしてみました!

本記事ではそちらのレビューをしていきます。

▼このゲームを3行で説明すると?

・ハンティングアクションゲーム「モンスターハンター:ワールド」の大型DLC。
・新フィールド、新モンスター、新アクションなどが追加された。
・主な舞台は「渡りの凍て地」。

まるで氷の幕の内弁当に感じた「渡りの凍て地」

今作を象徴するのが、新フィールドの「渡りの凍て地」。

βテストでは3つのクエストに挑戦出来ましたが、そのうち2つの舞台が本フィールドとなっていました!

特徴的なのが、氷に覆われた世界であること。

本編のPS4「モンスターハンターワールド」では氷に覆われたフィールドはほとんどなかったので、パッと見で違いが分かります。

フィールドで特徴的だったのが温泉。

浸かると体力が徐々に回復するので、戦いを忘れてごくらくしたくなりますww

ロケーションのバリエーションは予想以上に凄かった!

氷に覆われた世界って華やかに欠ける印象ですが、「渡りの凍て地」は開発者が持っている引き出しを惜しみなく盛り込んでいます。

山、洞窟、森、湖。

それぞれのエリアに氷をテーマにしたロケーションが存在して、まるで幕の内弁当のよう。

背景も作り込まれていて、遠くをよく見るとペンギンの群れを見かけました!

モンスターの討伐で忙しいけど、背景もじっくり見ないと勿体なく感じます。

ティガレックスが強すぎる!

βテストでは3体のモンスターを狩猟することになりました。

1体目のドスジャグラスはリハビリ用w

持っている装備が強いのもありますが、簡単に倒せます。

2体目のバフバロは今作で新登場のモンスター。

こいつは雪をまとめて転がして来るのが厄介でした。

油断していると連続で攻撃を食らってしまいます。

3体目のティガレックスは復帰組ですが、こいつは強い!w

耐久力が高いので制限時間20分以内に倒すのはかなり難しいですし、攻撃も激しくて何回もやられてしまいます。

後ろに回り込もうにも動きが機敏なのでなかなかスキを見つけられません。

新たな戦略性を生み出したクラッチクロー

今作は単にフィールドやモンスターを追加しただけではありません。

新たにクラッチクローという新アクションが追加されました!

このアクションはワイヤーでモンスターにしがみつくというもの。

しがみついた場合、そのまま部位を攻撃出来るうえ、部位の肉質が一定時間柔らかくなるんです!

ある程度近付かないと命中しませんが、よりアクションがダイナミックになり、仲間との連携プレイがしやすくなりました。

過去に戦ったモンスターもクラッチクローの追加によって新たな戦略性が生まれそう。

「モンスターハンター」シリーズってアクションが1つ加わるだけで遊びの幅が広がるから凄いです。

思えば前作のPS4「モンスターハンターワールド」はアクション周りにそこまで大きな革新がありませんでした。

今作ではその辺りにもメスを入れているので、アクション周りで新鮮味を求めている人にも良いと思います。

世界観をより楽しむ新要素も!?

新要素はそれ以外にもいくつかあります。

まず触れたいのが、小型モンスターのライド。

今作では条件を満たすことで小型モンスターに乗って移動することが出来るんです!

しかも単に乗れるだけではなく、ボスモンスターまで自動で連れて行ってくれます。

ライドアクションは3DS「モンスターハンター ストーリーズ」でも見られましたが、ついに本家にも取り入れてきましたか!?

フォトリアル系のゲームとは言え、主人公が小型モンスターに乗っている姿は微笑ましいです。

もう1つ触れたいのがビューモード。

これは好きなアングルから眺めることが出来るモードで、スクリーンショットを撮る時に重宝します。

欧米のAAA級タイトルでよく見られるフォトモードに似ていますが、あそこまで融通は効きません。

というのも時間を止めての撮影は出来ないからです。

ボスモンスターを狩猟した瞬間に時間を止めて撮影出来たら良かったんですが、マルチプレイを考慮に入れているのか出来ません。

その辺りは残念に感じますが、これまでよりもダイナミックな視点から背景などを撮影出来るので魅力的な機能に感じます。

本記事で掲載したスクリーンショットの多くはビューモードを使用しての物になりますからw

約4,800円の満足感はあるのだろうか?

今回のβテストでは3つのクエストしかプレイ出来なかったので、これだけで全体のボリュームを推し量るのは無理があります。

しかし、新フィールドがどんなものなのかは分かりました。

製品版では拡張されるのかも知れませんが、単品で4,799円(税込)もする大型DLCであることを考えるともう1つくらい新フィールドが欲しいなぁと思ってしまいます。

公式では”超大型DLC”と謳っているだけに価格相応かそれ以上の満足感を味わえる内容だと思いたいところですが・・・。

スポンサーリンク

全体のまとめ

全体的には本編から順当に拡張されている印象です。

9月には本作以外にも様々な話題作が発売になるので購入しようか迷います。

皆さんはβテストをプレイしてどう感じましたか?

一体、どれだけの方が本作を購入するのか気になります。

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(10)

  1. ホンマ・凍・トモフミ より:

    まさかモンハンストーリーズにあったライド機能を本編に入れてくるとは!?

    9月は当初、それこそ「アイスボーン」や「イースⅨ」などタイトルがそれなりに充実してる感じでしたが、E3後はウルトラ激戦区に様変わりしましたね〜(^_^;)

    最近の9月のプランは「コントラ」をやめて、「二ノ国リマスター」を買おうか検討中です。
    やっぱりレベルファイブのRPGはおもしろいな!と思ってしまったので💦

    • kentworld より:

      派生作品から逆輸入していますねw

      え?9月は二ノ国リマスターに心が揺れ動いているんですか?妖怪ウォッチ4効果、凄いなぁ。

      魂斗羅はインパクトあったけどあのラインナップだと埋もれそうな気がします・・・。

  2. 匿名 より:

    フィールドに関してはまだ広がりそうですね、行き止まりがいくつかありましたし
    まあ個人的にはフィールドよりどれだけモンスターが追加されるかが重要かなと思いますけど

    • kentworld より:

      フィールドは最大級の広さとアナウンスされていますもんね。製品版ではその辺りも期待しています。もちろん、本命はモンスターの追加ですけどね~!

  3. 匿名 より:

    ティガは1回だけやられてしまいましたが、1人で初見クリア出来ました。他の2体はドスはともかく、バフバロは少し苦戦しましたが、1回もやられずに倒せました。ティガは残り5分辺りで何とか倒せました。とりあえず3パック全て手に入れられました。

  4. 只の通りすがり より:

    ワールドをずっとやってる者からしたらティガはあまり強くなかったですけど、久しぶりの人や初めての人には厳しい相手でしょうね。

    今までのGだと新規の追加モンスター2、3体程度で終わってたけど今回はもっと増えるのを期待して良い感じかな?
    過去に登場したモンスター大量投入でもOKですけどね。

    • kentworld より:

      やっぱり、モンハンってアクションゲーム的なスキルも必要ですもんね。

      みんなと同じ装備で挑んでも結果に大きな差が出てきますからw

      今までのGだと新規の追加モンスター2、3体程度だったんですね。てっきりもっと多いのかと思っていましたw

  5. 野菜みた より:

    第3回βテスト参加してきました!
    前回までのテストはアイスボーンを買う気がなかったので興味なかったんですけど、情報を集めるうちに購入意欲がわいてきました。
    で、また最初からワールドをプレイしています。

    アイスボーンなんですけど、追加モンスターも亜種含めとはいえ現時点で18体いるので満足感はあるんじゃないのかなと思います。ワールド最大のマップも追加されますし、エンドコンテンツも何かしら考えてそうなので、かなり楽しめそうですよ。マスターランクから難易度もあがるでしょうし。ティガとイヴェ強かったw

    自分的には各武器に追加されたアクションが魅力的です。
    今使ってる武器は狩猟笛、ガンランス、チャアク、操虫棍なので、ワールドの使用感と比較してみます。

    狩猟笛
    一応武器の振りが早くなってます。ほんのちょっとですけど。
    響音攻撃っていう笛を立ててクルクル回すアクションが追加されてて楽しい。けどめっちゃ隙ができるのでチャンス時くらいしか使えなさそう。でも響音攻撃→柄殴り→響音攻撃→柄殴りのループはかなり強そう。

    ガンランス
    基本的にはそんなに変わってない印象。起爆竜杭っていうガンランスの砲撃に反応して誘爆するやつの使い方次第な気がします。溜め砲撃の誘爆ダメージが大きいので集中スキル付けて起爆竜杭溜め砲撃メインのスタイルが強いかも。
    でも自分はやっぱりフルバーストが好きです。

    チャアク
    4つの武器の中で一番使用感が変わりました。
    ワールドだと超高出力属性解放斬りをひたすら使う感じだったんですけど、アイスボーンで追加された斧強化してからの斧攻撃が笑える。なんかザクザクしてて爽快感凄いですw
    ただ、これも隙ができるので使いどころが難しい。でも超高出力以外の選択肢ができたのは大きいです。

    操虫棍
    操虫に関する利便性のアップとジャンプ中からの攻撃が強化されてます。
    ジャンプ攻撃の強化は良いと思いますけど、急襲突きっていうピンポイント攻撃は使いこなすの難しそう。ジャンプする操虫棍使いが増えそうな予感。

    今のところこんな感じです。βテストはちょっとプレイしただけなので、もっとやりこめば印象変わるかもしれません。
    追加された武器アクションを体験して、開発の人たちが頑張ったのはよくわかります。どのアクションもワールドのアクションから自然と追加されてて違和感を感じませんから。

    もうすぐアイスボーン発売ですね。楽しみです。
    といっても、新キャラは上位に上がったばかりなので、マスターランクまでの道のりは長いです。けっこうじっくりとプレイしているので。

    • kentworld より:

      古い記事にコメントありがとうございます!この記事を公開して少し経ってから畳み掛けるように色んな情報が出てきましたよね~。

      各武器に追加されたアクションを色々試したんですか?しかも微妙な違いを細かく書いてくださっている!

      とても参考になりました!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】エルシャダイ [評価・感想] 不思議な不思議な電波ゲーム
【レビュー】クリプト・オブ・ネクロダンサー [評価・感想] ローグライク×リズムアクションの化学反応で生まれた傑作!
【レビュー】龍が如く5 夢、叶えし者 [評価・感想] 竜頭蛇尾だが、5本分のゲームを詰め込んだ超大作!
【レビュー】THE SWAPPER(ザ・スワッパー) [評価・感想] アナログ性の高さがややこしさを強めてしまった斬新な高難易度アクションパズルゲーム
【レビュー】ヘビーレイン-心の軋むとき- [評価・感想] 心に残るミステリードラマを体感出来る次世代アドベンチャー!
【レビュー】Yooka-Laylee(ユーカレイリー) [評価・感想] 絶滅危惧種のアイテム収集型3Dアクションゲームがここに復活!
【レビュー】ピクセルジャンク シューター2 [評価・感想] 前作未プレイの人は素直にそちらから
【レビュー】ペルソナ5 [評価・感想] 守るべきところは守り、あらゆる部分がパワーアップした超大作!
【レビュー】がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス [評価・感想] 開発者のユーモアが詰まったシリーズ最高傑作!
【レビュー】Detroit: Become Human(デトロイト) [評価・感想] 人間とアンドロイドの争い・愛情・友情をゲームとして描いた超大作!