2018/12/28/20:00 | 年末年始特別企画

2018年に最も読まれた上位20記事をPV数付きで大公開!アクセス数1位はあのゲームのレビュー記事だった!?

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回の記事では当ブログが2018年に公開した記事の中でアクセス数が多かった記事を20位から発表して行きたいと思います。

果たして今年一番読まれた記事は何になるのか!?

20位

Detroit Become Human(デトロイト)【攻略日記】カーラが早期離脱!?1周目はどのような運命を選んだのかダイジェストでお届け!(10,200PV)

20位はPS4「Detroit Become Human」の攻略プレイ日記。

本作は選択肢が多いアドベンチャーゲームなので、ぼくがどんな選択をしたのかダイジェストで記事にしました。

あまりにもトンチンカンな選択をしているので笑いながら読んでくれたら嬉しいですねw

こういう選択肢が多いアドベンチャーゲームのプレイ日記は面白いなと思いました。

19位

ディシディア ファイナルファンタジー NT【レビュー・評価】玄人向けで前作以上に人を選ぶが、戦闘システムの完成度はピカイチ!(10,200PV)

19位はPS4「ディシディア ファイナルファンタジー NT」のレビュー記事。

残念ながら期待ほどのセールス&評価にならなかった作品ですが、1月に公開したこともあってTOP20入りを果たしました。

「ファイナルファンタジー」としてのお祭りゲーとしては人を選びますが、対戦アクションゲームとしては個人的には良いかなと思っています。

18位

ゴッド・オブ・ウォー(PS4)【レビュー・評価】マンネリアクションが全編ノーカットによる探索型アクションアドベンチャーに大変貌!(10,400PV)

18位はPS4「ゴッド・オブ・ウォー」のレビュー記事。

今年のGOTYを受賞したタイトルだけあってレビュー記事の需要もバッチリでしたね。

記事では全編ノーカットがどれだけ凄いことなのか力説してみました。

今後、本作に続くゲームは出るのでしょうか?

17位

レッド・デッド・リデンプション2(RDR2)【レビュー・評価】極限までリアリティを追求した最高の西部劇シミュレーター!(10,900PV)

17位はPS4/XboxOne「レッド・デッド・リデンプション2」のレビュー記事。

こちらもGOTY候補だっただけあって当時の話題性はかなりの物でしたね~。

ですので、TOP20入りも納得です。

記事の方はあえてネガティブな方面から先に触れてみました。

ネガティブな話題を先にするのかどうかはタイトルによって決めていきたいと思います。

16位

マリオ+ラビッツ キングダムバトル【レビュー・評価】マリオなのにマリオじゃないガチなシミュレーションRPG!(11,200PV)

16位はSwitch「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」のレビュー記事。

発売当時は「マリオなのにマリオじゃない♪」という歌モノCMが話題になっていましたよね~。

実際、本作は従来のマリオゲーとは大きく性質が異なるのであの歌モノCMは言い得て妙だと思います。

よく考えたら今年はシミュレーションRPGをあまりプレイしなかったなぁ。

15位

ロックマン11 運命の歯車!!【レビュー・評価】様々なしがらみを抱えながらもわが道を貫いた良質なクラシックゲーム!(11,500PV)

15位はPS4/XboxOne/Switch「ロックマン11 運命の歯車!!」のレビュー記事。

あまり売れませんでしたが、レビュー記事の注目度は高めでしたね。

記事の方ではダブルギアシステムや古典的なゲーム内容をクローズアップして取り上げてみました。

ステージは少なめですが、それぞれ職人的な作り込みをされているのでいつかやり込みたい。

14位

レッド・デッド・リデンプション2(RDR2)はつまらない?楽しくプレイするための7つのコツを紹介!(12,000PV)

14位はPS4/XboxOne「レッド・デッド・リデンプション2」を楽しくプレイするためのコツをまとめた記事。

本作が発売された当時、あまりにも癖のある内容であることから挫折する人が続出していました。

そこで、どうすれば楽しめるのかをまとめてみようと思ったんですね。

読者のニーズを見事に掴んだようで、公開当時は物凄い反響でした。

ある程度の反響はあると思っていましたが、ここまで大ヒットするとは!?

13位

モンスターハンター:ワールド(MHW)【レビュー・評価】あらゆる部分が大幅進化した次世代のモンハン!(12,900PV)

13位はPS4「モンスターハンター:ワールド」のレビュー記事。

さすが年間ランキングでも1.2を争うほど人気が高いモンハン。

レビュー記事の反響もバッチリで、TOP20入りを果たしました!

まあ、モンハンの人気を考えるともっとアクセス数があっても良さそうですが、他サイトでも多数のレビュー記事が挙がっているでしょうからね・・・。

12位

ザンキゼロ【攻略プレイ日記】最終ダンジョンまで一気に攻略!色欲のクリーチャは無敵か!?(15,900PV)

12位はPS4/PSVITA「ザンキゼロ」の攻略プレイ日記。

難易度が高いゲームであるためか、攻略プレイ日記としては珍しく公開直後から人気が集まりました。

今はアップデートで難易度が緩和されたけど、発売当時はかなりのマゾゲーでしたもんねぇ。

だからこそハマったところはありますが、ストーリー重視のプレイヤーを振り下ろしてしまった気がします。

11位

ドラゴンボール ファイターズ【レビュー・評価】初心者から上級者までおすすめしたい全方位バッチリな格ゲー!(16,900PV)

11位はPS4「ドラゴンボール ファイターズ」のレビュー記事。

シリーズ初プレイでしたが、まさかここまで反響をいただけるとは!?

この手のゲームには疎いので良いレビュー記事になっているのかはあまり自信がありませんw

でも、記事を読んで興味を持った人が居たのは嬉しかったですね~♪

スポンサーリンク

10位

おすすめのメトロイドヴァニア系タイトル20選!それぞれの違いを徹底解説します!(17,700PV)

10位はメトロイドヴァニアの特集記事。

今年はメトロイドヴァニアも色々プレイしたのでまとめて語ってみました。

気が付けば通算20作品もメトロイドヴァニア系タイトルをプレイしていたとは自分でも驚き。

しかも「メトロイド」や「悪魔城ドラキュラ」シリーズを除いてこの本数ですからねw

記事ではレビュー記事のリンクも貼っているうえにそれぞれの違いをデータとしてまとめているので資料的価値も高い記事だと思います。

これは人気記事になるのも納得。

9位

メタルギア サヴァイヴ【レビュー・評価】強い風当たりの中で生まれた人を選ぶ神ゲー!(18,100PV)

9位はPS4「メタルギア サヴァイヴ」のレビュー記事。

何かと叩かれがちな作品ですが、内容の方は意外なくらい良かったので絶賛させていただきました。

その意外性が読者にウケたのかアクセス数は年間TOP10入りを果たすほどの勢いでしたね。

今ではだいぶ安くなってきたのでこの機会にプレイするのも良いと思います。

8位

ザンキゼロ【レビュー・評価】ダンガンロンパ風のストーリーやサバイバル要素によって3DダンジョンRPGの新境地を開拓した良作!(19,300PV)

8位はPS4/PSVITA「ザンキゼロ」のレビュー記事。

この記事は公開直後の勢いが凄まじかったですね!

朝7時に公開してからあれよあれよと訪問者が集まり、同時接続者数は常時200人を突破しました。

様子見の人が多かったようなので、レビュー記事の需要はかなりあったようです。

7位

スマブラって何が面白いの?kentworldが語るスマブラの魅力 (20,800PV)

7位は「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズの魅力を語った記事。

2014年に公開した記事をリライトしたものなんですが、参考になったからか長期的に読み続けられました。

特にシリーズ最新作のSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」が発売された直後の伸びが凄かったですね。

この記事でシンプルだけど奥が深いスマブラシリーズの魅力が伝われば良いのですが・・・。

6位

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(スマブラSP)【レビュー・評価】無駄な部分は削ぎ落として必要な部分は作り込んだ絶品のスマブラ!(21,100PV)

6位はSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」のレビュー記事。

さすが人気のスマブラ。公開から1ヵ月もせずに年間TOP10入りを果たすほどのロケットスタートを切りました!

レビュー記事は長期的に読み続けられるので、1年後のアクセス数は倍増しているかも!?

賛否両論のスマブラSPですが、この記事では楽しめた側として本作の魅力を存分に語っています。

5位

JUDGE EYES:死神の遺言(キムタクが如く)【レビュー・評価】神掛かった脚本の力で違和感や粗さを押しのけた良作!(23,000PV)

5位はPS4「JUDGE EYES:死神の遺言」のレビュー記事。

こちらも発売されたばかりの新作ゲームですが、スマブラSPのレビュー記事以上に人気を集めました。

キムタクが主演を務める新規タイトルということで幅広い層が注目していたようですね。

記事ではキムタク方面以外にもストーリーを掘り下げて語ってみました。

キムタクが主人公なのは魅力的ですが、本作の本質はやっぱりリーガル・サスペンスのストーリーだと思うんですよ。

4位

マリオテニス エース【レビュー・評価】シリーズ最低作を踏み台にして大きく飛び上がった史上最高のマリオテニスがここに誕生!(23,800PV)

4位はSwitch「マリオテニス エース」のレビュー記事。

そこそこ話題になった作品ですが、まさか4位にランクインするとは!?

記事では前作から良い意味で変わったことを全面的に押し出してみました。

スマブラSPもそうですが、Wii U版を経てSwitch向けに展開される任天堂タイトルは新作になると大幅に刷新していることが多く感じます。

例え見た目が似ていたとしてもゲームシステムやモードはガラッと変えてくるから油断出来ません。

3位

歴代ポケモンシリーズを全タイトル一気にレビュー! by トモフミ(32,100PV)

3位はなんとトモフミさんのポケモンレビュー記事が3位にランクイン!

当ブログでは今までに数多くのコラボ記事を公開しましたが、ここまで人気を集めたケースはありません。

ポケモン人気も大きいとは思いますが、シリーズ作品の簡易レビューが1ページにまとまっているのも大きいのでしょうね。

この記事はトモフミさんが一生懸命書いたので、彼の苦労が報われて良かったです。

2位

真・三國無双8【レビュー・評価】粗削りで評価が分かれそうな新シリーズ1作目!(32,100PV)

2位はPS4「真・三國無双8」のレビュー記事。

こちらも公開直後の勢いが凄まじかった記憶があります。

確か同時接続者数が300人を突破していたような?

正直、そこまで高いテンションで書いた記事じゃなかったので驚きました。

ゲーム内容の方は粗削りでしたが、磨けば光そうな部分もあるので今後に期待しています。

1位

オクトパストラベラー【レビュー・評価】高くそびえ立つ山を好きな角度から攻められるレトロ風オープンワールドRPG!(38,400PV)

そして1位はSwitch「オクトパストラベラー」のレビュー記事でした!

公開からずーっと勢いが衰えることなく高水準をキープしたことから首位になった感じですね。

ゲームレビューって大作RPGに人気が集まりやすいので、そう考えるとこの結果は納得。

最近はこういう王道の大作RPGがほとんど発売されないのでもっと出てほしいです。

スポンサーリンク

全体のまとめ

以上!2018年に公開した記事のアクセス数ランキングでした!

あくまでも2018年に公開した記事限定で、2017年以前の記事を含めるとランキングの顔ぶれはガラッと変わります。

例えば2017年に公開した「絶対おすすめ!PS4の神ゲー50選!本体を買った元がこれで取れる!」は2018年分だけで170,500PVとなっていますからね。

読まれる記事は年単位で読まれるので、今後も勢いだけではなく普遍性を持った良質な記事を書いていきたいです。


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(10)

  1. カルビ より:

    お久しぶりです。
    ところで今年、購入した旧作のパッケージタイトルの記事の予定はありますか?
    新作購入記事と同じくらい気になるのですが。
    予定がなかったら何本か教えてもらえませんか?

  2. ホンマ?トモフミ より:

    僕のレビューがこんなに読まれてるのは感無量です!
    みなさん、ほんとに読んでくれてありがとうございます(*≧∀≦*)
    ケントさんも記事化ありがとうございます。ほんとにケントさんのおかげで僕の駄文もとても読みやすくて楽しい記事になれてるのではと思いますよ。
    確かにブログの記事は普遍的なものでもありますので、去年の記事を手直してよかった💦
    あの当時は承認欲求が強過ぎて、MGMの読者層なんか御構い無しに書いてしまってました。

    私の記事が上位を取れて、嬉しくてたまりませんよ。是非、来年も新作ポケモンに合わせてまとめ記事をアップデートしたいと思ってます。もし紹介されたら、第8世代発売前のお気に入りポケモンコーナーも設けるかも。

    あと上位取れるか期待できませんけど、好きなシリーズなのでイマドキのファイアーエムブレムシリーズレビューも僕の世代の観点でMGMブログの読者層にアピールしたいと思ってます。時期はファイアーエムブレム風花雪月の発売前にあわせて、記事をお届けしたいです。
    ニンダイで追加情報があれば、いいんだけどなぁε-(´∀`; )今は特報だけだし。
    ケントさん自身も是非、楽しみにしてくださいね!(^^)

    オクトラや無双8がトップ1、2なのには驚きましたwww

    • kentworld より:

      ここまで多くの人に読んでいただけるのは早々ないのでこれは大快挙です!

      記事の編集は何気に時間が掛かったので、ぼくとしても報われましたw

      去年の記事はもうないので忘れてしまいましょう♪人は失敗してこそ成長出来るものですからね♪

      今回の記事も時間を置いたらまた見方が変わってくるかも知れません。その時はその時で手直しをしたら良いと思います。加筆も歓迎ですよ~♪

      FEの記事は楽しみにしています!ぼくも風花雪月の発売に合わせてFEシリーズのレビュー記事を改めて書いていきたいですね♪

      オクトラと無双8が上位なのは確かに意外かもw

      特に無双8は忘れがちですからねぇ・・・

      • ホンマ?トモフミ より:

        ポケモンの記事は今のところ、大幅に加筆する予定はないですが新作ポケモンに合わせてマイナーチェンジしていきたいと思います。

        ファイアーエムブレムの記事はケントさんのFE特集のながれに合わせることが目標になりそうです。

  3. A・T より:

    もっとも読まれた記事はオクトパストラベラーでしたか!近年では見かけなくなったオリジナルの王道路線の大作RPGですから、皆さん注目していたんでしょうね。
    ちなみに私もオクトパストラベラー気になってますよ。雰囲気やゲームデザインが凄く好みですし、switch購入したらスマブラかゼルダと決めていたのに、ここにきてオクトパストラベラーもプレイしたくなってきましたから困りましたよ(笑

    • kentworld より:

      よくよく考えたら当ブログの読者層はスーファミ世代が多いんですよね。

      なので、オクトパストラベラーはど真ん中ストライクなんじゃないかと思います。

      A・Tさんも好まれそうな雰囲気のゲームですよね。Switchを購入したら是非!2019年はSwitch漬けにしていきましょう♪

      • A・T より:

        2019年はswitch漬けの一年にしたいですね!ただ、PS4でも楽しみな作品が続々発売されるので、忙しくなりそうなんですよね~。
        メトロエクソダス、Anthemや隻狼などは絶対触れておきたいですし、最近は店頭でエースコンバット7のPVをのめりこむように見入ってしまい、気が付いたら予約していました(笑
        switchとPS4共にプレイしてみたい作品が多すぎて、このままじゃゲーム漬けの一年になってしまいそうですよ!

        • kentworld より:

          1月から3月にかけてPS4の大作ラッシュが始まりますもんね!

          むしろ、Switchの旧作をプレイする暇があるのかどうかといったところかもしれませんw

          A・Tさん的には3月までの新作とSwitchの旧作だけで2019年が終わってしまう勢いかもしれませんねw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

2017年の当ブログを振り返って~記事を書く時の心境が大きく変化した1年~
各ゲーム機・ゲームメーカーにとって今年はどんな年だった?2016年ハード&ゲームメーカー考察
2018年マイベストインディーズゲームランキングTOP20~隠れた名作の宝庫!~
1位になったのはあのタイトル!2012年マイベストゲームランキング
2016年マイベストインディーズゲームランキング~みんなが知らなかった良作ゲームばかり!~
パルテナ様、キトゥン、伏見 雛 、焔、他2012年マイベストゲームヒロイン
2018年印象に残ったゲームニュースTOP20を大発表!モンハンワールドが大ヒット!Switch版スマブラが発表&発売etc…
なんと1位が2タイトル!?2015年マイベストゲームランキング(パッケージタイトル編)
桜井 梨穂子、腐川冬子、不来方夕莉、他2014年マイベストゲームヒロイン
2014年を大予想!今年の気になるゲームの話題・情勢