2018/03/03/20:00 | 特集

祝!ニンテンドースイッチ発売1周年!怒涛の1年間を振り返ってみた!

本日はニンテンドースイッチ発売1周年になります!

今でこそニンテンドースイッチ(以下、Switch)は人気ゲーム機ですが、当初の期待度は決して高くはなく、マイナスからのスタートでした。

今回の記事では本ハードの誕生から今日までを振り返っていきたいと思います。

マイナスからのスタート

色々欲張ったせいで中途半端になり、僅か4年で幕を閉じたWii Uの一生を振り返る

Switchを語るうえで外せないのがWii Uです。

2012年12月に発売されたWii Uは様々な事情によって有力タイトルを揃えられず、2016年の時点では全くと言って良いほどソフトが発売されなくなり、厳しい状況だったんですね。

本来、発売4年目のゲーム機というものは一番、脂が乗っている時期だと言うのに・・・

あまりにも早い命であったため当時の任天堂は世間から冷たい目を向けられていました。

どうせ、ゲーム機を発売しても短命に終わってしまう。

そんなイメージを作ってしまったんですね。

畳み掛けるような正式発表から発売までの半年間

NXの正体はNintendo Switchだった!初公開映像を見て思う事を書いていく

そんな中、Switchは2016年10月に初公開されました。

この時点では携帯機と据え置き機のハイブリッドであることしか明らかにされず、発売タイトルの詳細などは2017年1月まではお預けだったんですね。

そのためこの時点であれこれ語るのは時期尚早だったんですが、Wii Uの悪いイメージを引きずっていたため世間での期待度は決して高くはありませんでした。

任天堂のタイトルはともかく、サードパーティ製タイトルは集められるのか?

3DSの後継機として発売したほうが良いのではないか?

当ブログのコメント欄にも沢山の懐疑的なコメントが集まってました。

ニンテンドースイッチの発売日が決定!さらに驚きの機能も発表!?発表会の情報をまとめ!

それから3ヵ月後の2017年1月。Switchの発表会と体験会が一気に行われました!

発表会では「スーパーマリオ オデッセイ」「スプラトゥーン2」「ゼノブレイド2」「ARMS」「1-2-Switch」「マリオカート8 デラックス」「ファイアーエムブレム無双」などの有力タイトルが揃って発表!

さらに本体の発売日が2017年3月3日に決定し、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「1-2-Switch」などが同日に発売される事が発表されました!

そしてコントローラを分離出来る事が明らかになり、「HD振動」「モーションIRカメラ」「加速度センサー・ジャイロセンサー」などを内蔵している事が判明!

ただの携帯機と据え置き機のハイブリッドではなく、Wiiや3DSのエッセンスも取り入れた任天堂ハードの集大成である事が明らかになりました!

発表されたタイトルはいずれも高い注目度でしたが、特に人気を集めていたのが「スプラトゥーン2」。

発表会の直後に行われた体験会では大行列が発生し、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」以上の人気を見せていたものです。

そんな感じで大盛況だった体験会ですが、我らが(?)kentworldはヨッシーのコスプレ姿で参戦するという謎の行動を起こし、ファミ通.comにも掲載されるのであった・・・

関連記事:【ビッグニュース!】kentworld、ついにファミ通.comデビューを果たす!!!

何をやっているんだこの人は・・・

ついに発売!大きな追い風となったのは!?

ニンテンドースイッチ【1stレビュー・評価】利便性を高めつつ、無駄なものを注ぎ落としたゲーム機

それから僅か2ヵ月後、Switchは発売を迎えました。

畳み掛けるような発表から発売。そして、任天堂の看板タイトルが総動員した事もあって当初よりは盛り上がりを見せていて、発売日はなかなかの盛況でした。

気になる発売週の売上は約33万台。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は約19万本。「1-2-Switch」は約8万本を売り上げるなどWii Uをやや上回る程度の売上を見せ、悪くはないスタートでした。

が、Switchはこの時点で大きな追い風があったんです。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【レビュー・評価】最先端から遠ざかっていた任天堂の復活を予感させる歴史に残る名作!

それは、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の記録的な高評価です。

海外レビューを集めたMetacriticでは平均97点と数年に一度現れるか現れないかのとんでもないスコアを叩き出し、ゼルダフィーバーが巻き起こっていたんですね。

そんなゼルダフィーバーは日本でも少しずつ上陸し始め、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は19万→4万→3万→4万→3万という一人用専用の大作ゲームとしては非常に粘り強い推移を見せたんです。

本体も合わせて売れ続けましたが、予想を上回る需要であったため売り切れ店が続出!購入したくても購入出来ない品薄現象が起こり始めます。

マリオカート8 DX、ARMSで燃料投下!

このように予想以上の盛り上がりを見せていましたが、この時点ではまだまだ懸念が多くありました。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の盛り上がりは確かに凄かったけど、所詮はシングルプレイ専用ゲーム。

長く持っても1ヵ月程度だと思われていたんですね。

しかし、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の勢いは留まることを知りません。

4月に入ってからも2万→2万→2万→2万と驚異的な粘りを見せ続け、本体も週に4万台前後を売り上げるという予想外の粘りを見せてきたんですね。

マリオカート8 デラックス【レビュー・評価】従来型マリオカートの決定版!

そんな中でさらなる燃料投下となったのが4月下旬に発売された「マリオカート8 デラックス」。

当初はWii Uで発売された「マリオカート8」の完全版と見られており、他の注目作に隠れていました。

しかし、Wii Uの不振によって多くの方は「マリオカート8」に触れておらず、新作と見られたのか発売直後から爆発的な売上を記録!

完全版なのにも関わらずWii U版の初動と同等の30万本規模を売り上げ、Switchの勢いをさらに高める役割を果たしたんですね。

その結果、ゴールデンウィーク商戦ではSwitchが目玉扱いとなり、他機種を圧倒。

売上ランキングでは「マリオカート8 デラックス」や「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が上位を独占しました。

ARMS【レビュー・評価】結果的に人を選ぶバランス調整となった次世代のeスポーツゲーム!

その後はゴールデンウィーク明けに若干勢いを落とすものの、6月中旬には新たな注目作の「ARMS」が発売されます。

完全新規のタイトルでしたが、「スプラトゥーン」を踏襲した販売手法によってそれなりに人気を集める事に成功。

発売週から10万本を売り上げ、その後も地味に売れ続けました。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「マリオカート8 デラックス」「ARMS」。

途切れる事なく有力タイトルを発売し続け、Switchは最大の目玉タイトルとなる「スプラトゥーン2」までの架け橋を順調に繋いでいきます。

影に隠れがちですが、5月にはダウンロード専売ながらも「マインクラフト」のSwitch版が配信されたことも見逃せない出来事です。

こちらも人気を集め、ファミ通調べによると1ヵ月に8万本規模の販売を記録したんだとか。

ついにスプラトゥーン2が発売!本体の入手がさらに困難となり、社会問題に!?

スプラトゥーン2【レビュー・評価】完全体スプラトゥーン、ここに現る!

2017年7月。ついにSwitch最大の注目作、「スプラトゥーン2」が発売を迎えます!

大不振となったWii Uで発売されても150万本を超える大ヒットを記録したのですから、人気ハードのSwitchで発売された「2」の期待度は相当なものでした。

残念ながら本体の供給が追いつかず、思うように数字を伸ばせない状況でしたが、それでも発売週に約65万本の販売を記録!

本体はますます出荷=販売と言えるような状況となり、発売から一定の期間が経過したのにも関わらず行列に並び、抽選予約をしないと買えない状況となりました。

この現象は社会問題となり、ついに各ニュース番組にも取り上げられる事態に発展。

深刻な供給不足でしたが、Switch=人気ゲーム機である事が世間に伝わり、完全に流れを作る事に成功しました!

ブランド志向が強い日本で人気ゲーム機というイメージの効果は大きく、この頃からサードパーティ製の意外なタイトルが発表されるようになったんです。

「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」はともかく、「蒼の彼方のフォーリズム」「リディー&スールのアトリエ」「ドラゴンクエストビルダーズ2」「DOOM」「ウルフェンシュタインII ニューコロッサス」「ファンタシースターオンライン2 クラウド」。

こんな感じでWii U時代では考えられなかったサードパーティ製タイトルが他機種とのマルチタイトルながらも発表されることが多くなり、Switchがプラットフォームの1つであると認識されるようになったんですね。

スーパーマリオ オデッセイ、ゼノブレイド2の発売で盛り上がりは最高潮に!?

ファイアーエムブレム無双【レビュー・評価】キャラゲーとしては微妙だが、システムのコラボには成功!

「スプラトゥーン2」の快進撃によってSwitchは夏が明けても好調を維持することに成功。

「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX」「ファイアーエムブレム無双」と中堅タイトルを発売しつつ、10月下旬には新たな大型タイトルの「スーパーマリオ オデッセイ」を発売します。

スーパーマリオ オデッセイ【レビュー・評価】マリオの問題点をほぼすべて解決した非の打ち所がない傑作!

本作はマリオシリーズの中では売れにくい3Dタイプの作品でしたが、15年ぶりの箱庭探索型であることやSwitchに人気に引っ張られ、なんと、発売週から50万本規模の販売を記録!

この頃から本体の出荷にも余裕が生まれ、週10万台ペースの販売を記録するようになります。

その結果、本体の累計販売台数は200万台、300万台と次から次へと大台を突破!

ゼノブレイド2【レビュー・評価】深夜アニメを見ながら壮大な冒険が楽しめるテイルズ オブ ゼノブレイド!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 英傑たちの詩【レビュー・評価】出し惜しみ感はあるが、最終的には大満足出来る内容!

12月には「ゼノブレイド2」も発売され、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の大型ダウンロードコンテンツ「英傑たちの詩」も配信された事からSwitchユーザーは大忙しとなり、非常にホットな1ヵ月となりました。

最大の売り時となるクリスマス週には27万台を販売!

据え置き機として見たらWii以来の爆発ぶりで、大いに盛り上がりました。

また、年末の賞レースでもSwitchソフトは大人気で、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」や「スーパーマリオ オデッセイ」が様々な賞を獲得!

Switchには魅力的なタイトルが多数存在することを見せつけ、同時に任天堂の復活ぶりをアピールする事に成功しました。

スポンサーリンク

年明けも安定した販売を記録!

マリオ+ラビッツ キングダムバトル【レビュー・評価】マリオなのにマリオじゃないガチなシミュレーションRPG!

年は明けて2018年。この頃になると供給が需要に追いついたようで、Switchは比較的楽に入手が出来るようになりました。

しかし、販売台数は決して悪くはなく、年が明けてからも4万台前後を維持するようになります。

発売タイトルに関しては「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」くらいしか年が明けていからのヒット作は現れていませんが、「星のカービィ スターアライズ」「Nintendo Labo」など大型タイトルが控えており、今後にも期待を持てそうです。

何よりも大きいのが、サードパーティを味方に付けたこと!

現時点では他機種とのマルチタイトルが中心ではありますが、年が明けてからも「すばらしきこのせかい -Final Remix-」「Dark Souls Remasterd」「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」「スナックワールド トレジャラーズ ゴールド」などの話題作が発表され、サードパーティにとってもSwitchは欠かせないハードになっているのが分かります。

また、ダウンロード市場でも大きな盛り上がりを見せており、ここ最近は週に10タイトルペースで新作が配信されている事も見逃せない出来事だと思います。

その結果、Switchの発売タイトル数は僅か1年で300近くに達しました!

これはWii Uの累計発売タイトル数を早くも上回るほどの数字で、売上だけではなく、タイトルも充実していることが分かります。

全体のまとめ

以上!Switchの1年間を振り返ってみました。

この1年間はSwitchにとっては非常に濃く、マイナスのスタートから圧倒的にプラスの状況へと持っていきましたね。

完全に好循環が生まれていますので、Wiiのように余程特殊な市場体質で無ければ好調を維持しそうで今後が楽しみです♪

関連記事:絶対おすすめのニンテンドースイッチソフトを大特集!

星のカービィ スターアライズ - Switch
任天堂 (2018-03-16)
売り上げランキング: 2
Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit - Switch
任天堂 (2018-04-20)
売り上げランキング: 142



タグ , , , , ,

おすすめ記事

  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(82)

  1. 青雲スカイ より:

    発売からここまでの展開は完璧に近いですね。
    ただ、去年があまりにも絵に描いたように上手く行ったので、今年の上半期に関しては見劣りは否めない面はあるので、下半期に期待したいです。

    サード作品はWii Uの頃とは比較にならないレベルで充実しつつあると思いますが、Switchが長命ハードになる為にはサード作品の更なる充実、ヒットが欠かせない要素だと思います。
    サード作品でタイトルは発表されているものの、音沙汰がない作品の現状を纏めたダイレクト的なものに期待したいです。
    ソフトメーカーの事情もあるでしょうから難しいかもしれませんが。

    何やら苦言めいた事ばかり言ってしまいましたが、今後Switchがどうなるかを楽しみにしています。

    • kentworld より:

      下半期はとっておきの弾を持ってきそうです。任天堂にとって下半期が稼ぎ時ですかね~

      サードパーティはSwitchの予想外過ぎる売上に適応しきれていない感があります。

      今は慌てて他機種からの後発移植作を連発していますが、いずれは同発。独占タイトルも充実してくるんじゃないかと思います。

      コンシューマーゲームは開発に時間がかかり、フットワークが重いところが欠点ですよねぇ。

  2. メトロキシド より:

    そういえばスイッチ発表直後は株価が下がったのでしたっけ…
    期待はずれという意見だったらしく。

    しかし、今や大人気ゲーム機となっており自分も最初は敬遠していましたが今では是非欲しいゲーム機になっています。特にゼルダは気になっています。

    • kentworld より:

      そうなんですよ。あの頃は何を発表しても株価が下がってw

      メトロキシドさんもスッカリSwitchに興味を持てたようですね。

      気軽なHD機としても楽しめます。購入されたら世界が広がりますよー♪

  3. ホンマ?トモフミ より:

    スイッチの出始めは3DSやWiiUの失敗で個人的にもう任天堂はハード出さなくていいのではと思ってたので、そこを去年はドドんと負のイメージを払拭しましたよね。

    今のスイッチの流れはDSやWii時代と違ってライトユーザーにもヘヴィーユーザーにも面白いソフトを供給できるほんとに間口の広いハードだと思いますよ。

    • kentworld より:

      Switchは任天堂にとって正念場だったと思いますが、見事、それまでの失敗を覆しましたね!

      確かに当時は任天堂はソフトメーカーになれ!との声がたくさんありました。

      Wiiとの違いは多数のゲーマーも取り込んでいることですね!

  4. MGMの名無しさんforSwitch より:

    この1年、スイッチにはホントお世話になりましたよ。

    ゼルダ・スプラ・マリオデ等の傑作が遊べるのは勿論ですが、何もかもがサッと始めて楽しめる手軽性がスイッチの魅力かなと思います。
    これの利便性のおかげでゼノ2のような重厚なゲームもコツコツ進める事が出来ました!!
    ドックがあればテレビでも出来るので好きなプレイスタイルで楽しめるし、こうした自由度の高さもスイッチ人気を支えている要因の一つだと思います。

    2年目に突入した現在も念願のビルダーズで重宝してます。
    ビルドと素材集め&探索が楽しい本作ですが、スリープ機能のおかげで始めるも終わるもサクッと出来るので余計のめり込んでしまいますw
    ゲームをするうえで非常に魅力的なデザインをしているので、1年でも長く楽しませて欲しいものです。

    • kentworld より:

      Switch充、していますね~!

      僕もゼノブレイド2は携帯モードのおかげでコツコツと楽しめました♪

      もし、本作がTVモードでしかプレイ出来なかった場合、あんなに早くクリアする事は出来なかったでしょうねw

      当時は真冬で超寒かったので、布団の中でプレイ出来たのは魅力的でした♪

      個人的にもSwitchのハイブリッドは重宝しています!

      今は新発売のビルダーズを楽しまれているんですね!

      これもSwitchとの相性が良さそうなゲームだと思います。

      僕はPSVITA版でプレイしましたが、ハードの特性と非常にマッチしていましたもん。

  5. 龍鬼 焔 より:

    去年の今日にSwitchが販売されて完全に風雲児となったのは、以前のコメントでも話しましたが全く予想が付かなかったです。(笑)

    本体をドックにジョイントするだけで据置き機、ドックから外して携帯機として遊べる二面性は本当に便利ですよね。
    似たコンセプトとして、PSVitaのゲームをVitaTVで遊ぶにはゲームカードを出し入れしないと遊べませんが、Switchではゲームカードの出し入れを払拭してるのが評価の高い所かな。

    今後の発売されてるソフトラインナップも期待出来る作品ばかりですし、何よりWiiUと比較したら失礼ですがサードソフトの充実っぷりが半端ない!
    DARK SOULSリマスターを始めとする緻密なCGを使ったゲームもそうですが、やはりあおかなやシュタゲ等のビジュアルノベルゲームがSwitchで遊べるのが、今までだと全く予想が付かなかった…。
    それだけSwitchの人気や評価が高いんでしょうね。
    自分も今じゃPS4よりSwitchの稼働時間が多そうな気がします。(笑)

    • kentworld より:

      当時の期待度はSwitchよりも同時期に発売されたPS4ソフトのほうが期待度は高かった気がします笑

      Switchはもちろん、ブレス オブ ザ ワイルドも多くの方にとっては伏兵だったでしょうね~。

      PSVITAとPSVITATVは別ハードでしたもんね。

      Switchはハイブリッドなので、ゲームカードを出し入れする手間が省けるのは確かに大きな利点で盲点でした!

      サードパーティ製タイトルはWii Uとは比べ物にならないくらい充実していますよねw

      今後はノベルゲームも充実しそうな予感。3DSでもあまり発売されなかっただけにびっくりです。

      龍鬼 焔さんもスッカリ、Switchを気に入られていますねw

  6. ジョエリー より:

    任天堂の据え置き機は比較的短命ですがそれでもWiiUはあまりに短かったので、発売前はSwitchの成功に懐疑的でした。しかし実際は売り切れ続出で社会現象になるほど売れてゲーム業界が盛り上がる一因になったので、とても嬉しかったです。

    自分も最初はマリオオデッセイまでには買おうくらいの気持ちでしたが、ゼルダがかなり面白そうで結局3月中に買ってしまいました。結果的にゼルダがかなり楽しめたので良かったです。

    2年目に入りましたが今の所今年の発売予定ソフトが少し寂しく感じるので、2018年下半期は頑張って欲しいと思います。

    • kentworld より:

      Wii Uの一生は任天堂の据え置き機としては歴代最短でしたね~

      それだけ、任天堂にとっても失敗の印象が強かったようです。

      Switchはこの勢いだと少なくともWiiくらいは持ってくれそうで良かった。

      ゼルダの大絶賛でジョエリーさんの購入が早まったのは印象的でした笑

      でも、マリオの頃は入手困難になっていたので、正解だったと思います。

      今はカービィやLabo待ちの状態ですが、もっと将来性を感じられる超大作の発表に期待したいですよね。

  7. AVC-M370 より:

    ゼルダにオープンワールドに特別興味は無かったがWiiUも初日に購入している縁でSwitchも購入したな。
    ゼルダに関しては興味があれば持っているWiiUでプレイすれば良かったというのもあるがね。

    Wiiは新たに体感をイメージさせて行くことに成功したが、結局はセンサーを使ったソフトが段々と対応を渋り、既存のジャンルへ向いてしまい他社に比べ性能不足が足枷になり登場せざるを得なかったWiiUだが、この時点で一人用ハードになっている事に気付くべきだっただろうな。
    Switchはやはり一人用ではあるが、自宅でプレイした環境を誰かの家に持って行き、共有する事も出来るようになっている。
    ポータブルゲーム機としては大振りな為、車内で使う等は迷惑だが、家の中で自由に動かせると言う事は、誰かの家に持っていく事では問題ない。
    そう言う小さいコミュニケーションに絞って注力しているのは相変わらず上手い所だろうな。

    • kentworld より:

      Wii U、Switch共に発売日購入をされましたか!?

      ゼルダは忘れがちですが、Wii Uでも発売されていますもんね笑

      不思議なくらいSwitchで購入される方が多くて当時はビックリしておりました。

      それだけ、みなさんがSwitchのコンセプトに惚れたってことでしょうかねー

      Wii Uのコンセプトは色々と裏目に出てしまったと思います。いろんなものを詰め込みすぎてしまった。

      携帯機って外に持ち運びできるイメージがばかりが先行しますが、家の中で持ち運び出来るのも大きなメリットですよね。

      • AVC-M370 より:

        その昔PS2よりDCやGCの方が見やすいグラフィック(テクスチャ重視よりシェーダー?の方が好み)だった事が印象にあってな。
        任天堂機にも好印象を持っていないこともなく、Wiiが出た時も赤外線センサーがどれ程遊べるのか、GCと比べマルチプレイは手軽かどうかと、割合早くに購入していた。
        その次に今度も何か魅せてくれるのでは無いかとWiiUをな。
        世代的に近いPS3よりWiiUの方がどれぐらい遊びやすいか、Wiiよりマルチプレイが楽しめるか、ミラーリングディスプレイなコントローラーで新しい体験を試して見たかった。
        体感の結果はまあそれなりには満足だが、Switchもこれらの流れで任天堂の遺伝子に興味を持つのは必然だったと。

        • kentworld より:

          そうだったんですね。ゲーム遍歴を軽く紹介、ありがとうございます!

          ゲームキューブは安定感のあるハードでしたね。

          ゲーム機としての完成度は今でもゲームキューブはトップクラスだと思っています。

          あとは、もう少し傑作といえるソフトが増えてほしかったなぁ。本当に惜しいハードでした。

          任天堂ハードに求めていることは遊びやすさ、新しい体験というのは同感です。

          そこに期待されているようですと、任天堂とは上手く付き合っていけそうですね。

  8. Awaken より:

    ハードを買いたくなるソフト、ゲームをやりやすくするハード。
    この循環には脱帽です。

    • kentworld より:

      Switchの好調ぶりを見ていると、ハードコンセプトって大切だなぁと思います。本当に良い循環が現れていますよね♪

  9. 隣の飼いケルベロス より:

    wiiuが好きだった身としては、スイッチは特に心配してませんでしたが、
    やはりゼルダの存在はかなり大きかったでしょうね〜
    ゲーム史に残る名作をロンチで出すことが出来たのは、これ以上ない好スタートだったと思います!
    その後もスプラトゥーン、マリオオデッセイと名作が続きましたし、
    この一年は、スイッチが完全に主役でしたね!

    • kentworld より:

      ゼルダはロンチタイトルにしてSwitch史上最高のゲームなんじゃないかと言いたくなるほどの完成度でしたもんね!

      僕も本作によって任天堂の信頼度が一気に回復しました♪

      本当に昨年の快進撃は凄かったです!

  10. クマちゃん より:

    多分かの「モンスターハンター:ワールド」ブームの影響で、最近スイッチの供給はようやく安定したようで、先日定価(+国際送料)で買いました。どうしてもアクションゲームが苦手ですから、ソフトは「リディー&スールのアトリエ 〜」一本しか購入しませんけど。
    「リディー&スール」の出来はイマイチなので、スイッチを購入したばかりなのに、自分にとって完全に用済み状態になりました……
    「ゼノブレイド2」を購入したいが、やっぱりARPGよりコマンド制RPGをやりたいです。

    アクションゲームが好きな人間は確かに多いですが、良いゲームハードには色んなジャンルのゲームが必要だと思います。今スイッチにはアクション以外のジャンルが足りないみたいです。

    それに周りには私以外日本語がわかる人がいないので、WIIと違って家族皆でワイワイ楽しめないです。「1-2-Switch」があると言えど、ルールが複雑そうで、日本語がわからない、ゲームもよく接触しない人間にその面白さを伝わることが困難だと思います。「WII Fit」のような、ゲーム性がわかりやすい世界中の誰でも楽しめるゲームも増やしてほしいところです。

    • kentworld より:

      おお!購入されましたか!送料も必要だったようで、大変でしたね・・・

      リディー&スールは合いませんでしたか。

      ゼノブレイド2ですが、一見するとアクションRPGに見えますが、一応、RPGなんですよ~♪

      アクション要素はほとんどありませんので、苦手でも楽しめると思います。

      バトルはコマンド制では無いんですけどね。ファイナルファンタジーのアクティブタイムバトルに馴染みがあれば楽しめると思います。

      クマちゃんさんにおすすめのゲーム・・・RPG系ですと「ロストスフィア」。

      パーティゲームですと「いっしょにチョキっとスニッパーズ」が良いと思います。このゲームは日本語が分からなくても直感的に楽しめますよ♪

      参考にしてみてください。

      RPG系タイトルは言われてみると不足していますね。

      今後は「オクトパストラベラーズ」「真・女神転生V」「ファイアーエムブレム最新作」「ドラゴンクエストXI」が発売されるので、徐々に充実してきそうですが。

      • クマちゃん より:

        Kentさんオススメのゲームを教えてもらってありがとうございました!大変助かりました。

        「ゼノブレイド2」はRPGなんですか!よかった、アクティブタイムバトルも大好きです。即購入しました。すごく楽しみ!

        「ロストスフィア」をずっと購入したいですが、PS4版の方がよっぽど安くなったのでどのハードにするのか迷いました。でもKentさんの助言もありますしスイッチ版にしませう。

        実はパズルゲームはよくわかりませんが、せっかく新ハードを購入しましたし、新しいことをチャレンジしてみたいです。体験版があるのはありがたいです、早速ダウンロードしてプレイします★

        スイッチ今後の発展を楽しみにしています!

        • kentworld より:

          参考になったようでしたら良かったです!

          ゼノブレイド2は即購入されましたか!?

          それはうれしいです!また、感想などを聞かせてくださいね♪

          戦闘システムは複雑ですが、本質はアクティブタイムバトルに近いと思いますので、少しずつ覚えていけば良いと思います。

          ロストスフィアは確かにPS4版の方が安くなっていますね・・・

          どちらでプレイしても問題はないと思いますが、ゲーム内容からするとSwitchの方がマッチしている感じはします。

          いっしょにチョキっとスニッパーズはそう言えば体験版がありましたっけ。

          あれはピタゴラスイッチなどが好きだったら楽しめると思います。ぜひ、家族の方とやってみてください♪

  11. くっぞこ より:

    こんにちは。
    スイッチのソフトは、私も結構買ってますね~
    数えたら20本ほど(笑)
    パッケージ版は数本で、DLソフトが多いんですけどね~
    しかも今年の年末年始セールで安くなっていたので(笑)
    でも内蔵メモリが32GBなので、そろそろ追加のSDカードが欲しくなってきますね~

    • kentworld より:

      もう20本も購入されましたか!?

      おそらく、僕よりも買っていると思います。

      僕は何本かな?もう、数える癖を無くしてしまいましたw

      僕もSDカードを拡張しないとなぁ・・・8GBでは全然足りません。

  12. W・D より:

    発売前、発売後の流れはあまり追ってなかったので解説がわかりやすくてありがたいです。私もメイン機で使っていた3DSも流石に飽きみたいなものが出てきて新しいハードが欲しくなったのと、ゼルダの評判がずっと気になってたのがあって今年入って購入しましたね。
    スイッチの流れは良さそうですが、懸念と言いますかケチをつけるなら、私みたいに3DSプレイしていた層を取り入れてる状態でしょうから3DSの後継機出すのならそっちに影響はかなりありそうな気はします。
    任天堂がスイッチ一本に絞ってソフトを全力で供給するというのも悪い結果にはならないでしょうが、携帯機市場の一部を手放すような形にはなってしまいかも。

    • kentworld より:

      そう言ってもらえると記事にして良かったです!

      任天堂としては携帯機市場を手放す覚悟でいるんでしょうね。

      現時点では収益に問題はないので、このまま進めていきそうです。

      今の水準を保つには1年目以上にハード・ソフト共に販売をしていかないといけませんが。

      そうなると、もっと有力タイトルを発売して欲しいところですね~

  13. まめのん より:

    1日遅れましたがSwitch1周年おめでとうございます!
    64時代~GC時代、間を開けてWii後期~WiiU時代までに続いたサード不足がこれで解消されたってことですねわかります((オイ
    今まで家にある据え置き機はWiiしかありませんでしたが、去年のクリスマスイブにSwitchを買ってもらったので毎日が楽しいです!
    今年も期待作に期待します!(スマブラとか出ないかなぁ…あと3DSの未来はどうなるのかな…)

    • kentworld より:

      任天堂の据え置き機はサードパーティ製タイトルが不足しがちでしたもんね。

      Switchの場合は今のままだと充実してきそうです。

      Wii→Switchと来ましたか!?

      そうなると、最初に触った時のインパクトは相当なものだったんじゃないでしょうか。

      Wiiよりも遥かに高性能なうえに携帯機としても活用出来ますから。

  14. 読者 より:

    最初、NXへの期待は0どころかマイナスでした。
    WiiUを放り出して次の据え置き機を開発中と言われても、当時はパズドラモンスト白猫のスマホゲー全盛期。周りの人もコンシューマーは終わった的な事を言ってました。
    しかも発表はDeNaとの会見の際で、ハード事業撤退か!?との憶測を払拭したいがための苦し紛れの強がりともとれる場でのタイミングでした。その時点でNXは携帯機と据え置き機とのハイブリッドとは囁かれてましたが、もう何を出しても未来はないだろうと。そう思ってました。

    そんな疑念が一瞬で晴れたのが、去年10月のPVでしたね…!ハハーンハハーンイエ~♪のアレですw 同梱物はPSPの出力的なケーブルを想定してたら、まさかのドックに置くだけでテレビモード!本体を引き抜くともう携帯機!左右のコントローラーが取り外せて好みのスタイルで持てる!…とすべてが衝撃的でした。みんなが「イカちゃん髪型増えてる!」とチラッと映ったスプラの話題しかしてなかったのが悔しかったですwそれもいいけどSwitch本体注目してよ!と。男の子的に、なんかこうあのガジェット感がめっちゃそそられたんですよ…!

    もうPV見終わった瞬間にこれは絶対発売日に買おうと決めるのに何の迷いもありませんでした。1月の体験会では価格やジョイコンの性能の発表、ソフト体験会とか色々行われたんですよね。普段動画はあまり見ないんですが、体験会の映像は食い入るように見てました。発売前からこれほど今か今かと待ち続けることなんて久しぶりで。それもコンシューマーの新ハードをこれほど待ち遠しく思うなんてと、去年の1月から3月3日までがやたらと長く感じてましたw

    実際に手に入れてからはもう、1周年まであっという間でした。ロンチからマリカ8DXまでの約2か月間は多少ソフト日照りを感じたけど、全体的な発売スケジュールは練りに練られてたと感じます。WiiUの失敗が相当悔しかったんでしょうね。しっかり学んできましたね…!

    ゼルダとマリオとスプラとゼノブレの新作が1年目に出た最初で最後のハードになると思います。
    『スタートダッシュ』
    この言葉の大事さを、WiiUとSwitchで2回痛感させられました。1回目が教訓となり、2回目で実践してきた任天堂。2年目となる今年はどうなるのか、楽しみにしています。

    • kentworld より:

      本当に当時はコンシューマーゲーム末期の印象で、スマホゲームに押されまくっていましたよね。僕も病んでいましたw

      NXも苦し紛れの発表に感じましたねぇ。任天堂もいずれはスマホメインになるんじゃないかとさえ思っていました。

      読者さんは10月のPVで何かを感じていたんですね。あの時点では個人的にはノーコメントと言える状況でした。もちろん、購入するつもりではありましたが。

      発売日決定から発売日までの期間は異例の速さでしたが、読者さんにとっては長く感じていたんですねw

      思うように出荷されずもどかしいことはありましたが、それも今や昔。今では本体も普及し、ソフトも沢山発売されたので、過去の出来事はすべて良き思い出にすら感じます。

      当時の興奮を思い起こさせてくれる素晴らしいコメントをありがとうございます!

  15. スイッチ最高マン より:

    エンタメ最高マンです(笑)
    でも本当にスイッチは歴代で一番好きなハードになりました!一周年おめでとう!この一年も心から期待しています。

    • kentworld より:

      おお!ついにスイッチ最高マンに改名しましたか!?なんてw

      でも、違和感ないから凄いですねw

      今では歴代で一番好きなハードになりましたか!?

      それは相当なことですよね。ブログでも熱心に応援されているのも納得です。

  16. より:

    前世代機のせいで任天堂のキャラ自体に対しても「コイツなんて嫌いだね」と八つ当たりしてた気がしました。同じ内容のゲームしか出なかったのも大きかったかと。レゴゲームに対してもです。サードが最終的にアレしか出なくなっていたので。
    しかし今回は親しみ易いコミカルな物も暗く暴力な物も女の子向けも萌え系もどんどんソフトが出る事に加え、パワーアップ移植も多いので、どんどん色々欲しくなり、Newマリオもアイランドじみたヨッシーアクションゲームもどんどん来ーい!と思うようになり、レゴゲームも久々に購入しています。ドラクエビルダーやポケモン、ソニックなど色々欲しくなってます。
    それに加えて何度も書いているように世界のゲームを遊べるのが凄い。前世代機までは日本でも出ていたジャストダンスは出なくなった為、海外のを買って遊んでみようと思っています。PS4など他の機種でも同時発売ですが、Switch版が欲しいですね。

    • kentworld より:

      もう、何度書いたのか分からなくなりましたが、Wii U時代は守りに入っていたところがありましたもんね。

      もちろん、Wii Uから入られた方にとっては満足行くものだと思いますが、往年のファンですとマンネリ感を持ってしまいます。

      Switchはその点、攻めていますので、古参ユーザーでも新鮮味がありますよね♪

  17. 匿名 より:

    switchの成功は1画面&汎用的なチップにしたのも大きいと思いますね
    wiiuはセールス的にサードメーカーがソフトを出さないのは仕方なかった面もありますがセールス的には成功していた3DSも
    シェアでは圧倒的に劣るVITAの方がソフトの発売本数が多いと言う逆転現象が起きてました。
    ユーザー層もありますがそうなった最大の要因は3DSが独特なハードな為他のハードとの流用がし難いと言うのが最大の理由だったと思います。
    switchはそう言った面も改善したからこそ中小メーカーも積極的にソフトを出し始めたんでしょうね

    • kentworld より:

      そうそう、3DSもソフトが作りにくいようですからね。

      あんなに普及したのにソフトはさほど発売されず、なんでかなー?とずっと思っていましたもん。

      Switchは明らかにソフトの供給数が違うので、本当に作りやすくしたんだなーと思います。

  18. ナスタ より:

    WiiUは個人的には好きなハードですが色々な問題もあり世間的に受け入れられたとは言いがたいものだったので、正式発表前は期待と不安が半々でしたが、とにかくゲームプレイが快適でお気に入りのハードになりました!実を言うとゲームハードを発売日に購入したのってSwitchが初めてだったりします。

    この一年はなんといってもゼルダ、マリオ、ゼノブレイド2と期待作が発売されてどれも素晴らしい内容だったのが印象的です。本体の人気も相まって任天堂の復活を印象づけられて一年でしたね。

    サードソフトもWiiUの次である事を考えると現状でもそれなりに充実してますし、何より今までだとあまり考えられなかったようなソフトが発売するようになったのが印象的です。ダウンロードソフトは配信数が多すぎて情報が追えない笑
    既にWiiUを超えるソフト数になっていることからもソフトメーカーからのSwitchの評価の高さが伺えますね。サードパーティが本腰を入れ始めるのは今年の後半くらいからだと思いますので、任天堂の次なるビッグタイトルも含め今後も期待しています!

    • kentworld より:

      Switchがゲーム機を発売日に買った初のパターンだったんですか!?ナスタさんの高いゲーム熱を見ていると意外過ぎますw

      そうなると、Switch発売日は盛り上がりを感じられましたかね?話題商品の発売日って独特なお祭り感があって好きなんですよー!

      昨年の期待作ラッシュは本当に凄かったです。任天堂に求めていたものが一気に出てきた感じ。

      最近のゲーム情報まとめ記事ではSwitchで意外なサードタイトルが発表されたことばかりをネタにしていますよw

      ダウンロードソフトは配信が多すぎて拾いきれていないので勿体なく感じております・・・

      サードの本腰は今年の後半辺りから見たいですね!きっと、オリジナルタイトルもいっぱい発表してくれると思います。

      もっと、HD振動を活かしたゲームをやりたいのよ///

  19. tanu より:

    スイッチ一年目の大成功を予測できた人はほとんどいないのでは無いでしょうか。自分は4月には失速してると思っていましたw
    今年はMHWが大ヒットしてPS4が爆売れしている中でもスイッチ本体は4万前後をキープしていましたし未だに根強い需要がありますね
    3DS市場が縮小しVitaは後継機の発表がないですから国内サードはスイッチに移行しそうです
    ですが今年に入ってダイレクトがないのが気になる所。任天堂ラボはヒットするでしょうがゲーマー向けではありません。このまま情報がないとゲーマーから「スイッチは自分たちとは関係ないハード」とWiiのような印象を持たれる危険性があります。年末予定の大型IPは今の時点で発表して期待感をもたせたほうがいいでしょう。
    あとライトユーザーをインディーズに導く取り組みも欲しいところです。現状では能動的な人しかインディーズは買ってないでしょう。多くの人にアイデア勝負の小粒なゲームと手軽に遊べるスイッチの相性の良さを知って欲しいですw

    • kentworld より:

      僕も4月には失速すると思っていた側の人間ですw

      スプラトゥーン2までのソフトラインナップが寂しく見えたので、Wii Uの二の舞いにならないか心配だったんですよねぇ。

      モンハンワールドの影響を全く受けていない所からもSwitchの人気は根強く感じられます。

      まさか、こんな粘り強い推移をするとはなぁ。

      今年に入ってからはやや手薄ですが、仕込みは色々していると思いますので、遅くても今年の後半にはもっと色々攻めて欲しいなーと思います。

      確かに今のままだとゲームファンからの熱が冷めてしまい、よろしくないですよね。

      インディーズゲームはライトユーザーでも楽しめる作品が色々ありますので、もっと上手く宣伝して欲しいと思います。これはSIE、MS側にも言えることですが。

  20. より:

    いやったあああああい!ソニー生まれ、スピン得意な赤い奴のPS4独占だったゲームがSwitchに本当に来て、しかも日本版も!それからスマブラも発売決定です!発売時期は早めなので完全版かも。だとしたら、ぜーーーーーーったい、あの二人組!あの二人組は帰って来て欲しい!ネスとリュカのどっちか消そうとかいう案も立てずにいて欲しいです。どっちもかなり人気なのは開発側も分かってると思うので。

    • kentworld より:

      今回の発表は星さん、絶対に喜ぶと思いましたw

      クラッシュとスマブラはかなりのストライクだったんじゃ!?

      続報が楽しみですね♪

      • より:

        そうですね。特にスマブラは大きいです。桜井さんも「他の格闘ゲームやれ」とかインタビューで言ってたし不安でも有りましたから。やはりこれが無いと任天堂機は盛り上がりませんね。新作だとすれば消えそうなのはモデルチェンジ三人と他社ファイターのどれか、トレーナーも不安です。桜井さんのゲームのキャラについては消える不安は無いと思いますが。

        • kentworld より:

          スマブラは数ある任天堂ゲームの中でもトップクラスの固定ファンを持っていますからね~。

          新ハードが発売されたら必ず欲しいシリーズだと思います。

          今回はWii U版ベースだと全キャラ続投されそうですが・・・

  21. より:

    PS4から移植、または同時発売されたSwitchソフト:クラッシュ、ぎゃる☆がん2、あなたのなんちゃら、スカイリム、DOOM、SNKヒロインズ、リディー&スール、蒼の彼方、よるのないくに2、進撃2、などなど沢山ですね。 移植ソフトは主にWii UとPS4でオリジナルが存在する物が多数ですね。
    2014年発売のWii Uソフトの移植版はカート8とキノピオ隊長ですよね。…チャイルドオブライトももしかしたら…。

    • kentworld より:

      チャイルドオブライトの発売もあり得ると思います。移植タイトルだけでも注目作が目白押しですね!星さんの場合、新作に手を出す余裕がなくなってしまいそうw

  22. necrologionline より:

    ありがとうございました。

  23. より:

    ゼルダもマリオも今回は、共に3D空間を自由移動出来るゲームになってますね。前の機器だとそういったコミカル物はレゴしか無かったですしね。

  24. より:

    スイッチのソフトラインナップを見るに、「黒い任天堂」出てるなーと思います。「女の子をフェロモンで打つアレ」を許可したり「元々PCの18歳指定ゲーム」を許可したり、「同人サークル開発のゲーム」や「PSVitaで発売されてる腐女子向け恋愛物」も許可しています。「18歳以上のみのSwitchソフト」ももはや3つ。これは…もしや「ガンガンピクシーズ」も来るのではと思ってしまっているぐらいです(笑)

  25. KA より:

    NX発表からスイッチの名称決定まで正体すら分からず相当モヤモヤしました、その翌年ソフトラインナップが発表されて次第に興味が出てきてプレイ出来ませんでしたけど体験会まで足を伸ばしました。それでも購入タイミングはマリオデかゼノブレ2辺りを予定していてゼルダはwiiu版でいいかなと思ってましたけど発売前日辺り突然スイッチ買おうと衝動に駆られて発売日に購入しました、新ハードを発売日に購入するのは3DS,新3DSに次いで3台目になります。当時はまさか翌年まで品薄になるほど人気になるなんて思ってもいませんでした。
    とにかく1年目はすごい豪華なラインナップで2年目はやや守り気味だなと思った矢先にニンラボ発表とは、購入は今のところ見送りですけどこういったチャレンジ精神のあるゲームもどうなるか期待してます。さらに年末にスマブラも控えてることもあり2年目も充実したものになりそうです。

    一年で購入したスイッチのタイトル数はパッケージタイトルのみでも一年目の3DSの倍以上でWiiUのタイトル累計購入本数に迫ってきました。マリオデ以降稼動率が一気に高くなり購入予定タイトルも急速にスイッチに移り始めました、ただ完全に移行するのはスイッチ版どう森まで待つことになりそうです。

    インディーズ等のDL専売タイトルが全盛期の3DS以上に充実してますね、洋物が多いいけど大作の息抜きや次のパッケージタイトルの購入までの繋ぎとしてプレイするのに丁度よい感じですね。ただ全体的に3DS時代より値段が高くなってるのがたまに傷ですが…

    据置携帯の両方で使えるため実質WiiUと同時に3DSの後続機としても兼ねてるのでWiiUはまだ3DSに残ってる層をスイッチに移行させるのも重要になりますね。今の所WiiUタイトルの+α移植が比較的目立ってますが来年辺り3DSタイトルのリマスター版も出始めてくるかもしれません。

    • kentworld より:

      NX発表から一年半くらい、音沙汰がなかったのでもやもやしましたよねー。各地でネガティブな憶測も色々と流れていましたし。その分、正式発表されてからは早かったですが。

      一年目のラインナップはとにかく凄かったですよね!それと比べたら二年目はややインパクトに欠けますが、発売タイトル数は多くなりそうで粒揃いに感じます。

      Switchの購入タイトルは早くもWii Uの累計に迫る勢いですかw それは凄いですねw

      インディーズゲームは多すぎて取りこぼしまくっています。なんか勿体無い気もしますねぇ。3DSソフトのリマスター版は僕も希望します。

  26. より:

    やはり大人向けゲームは延期になり易いようで、アークさんから発売のSwitchソフトの内、26日予定だった大人向けがまーた延期発表です。ファミリーなのは何処も問題無く発売出来る癖に、なんで大人向けばかり集中的にああなんだ?と思います。一度延期すると果てしなく延期、などという信用ならない現象も大人向け中心に起きやすいですしね。

    • kentworld より:

      一週間を切っての延期は残念ですね。個人的には大人向け:子供向けというよりは各ゲームメーカーさんのスケジュール管理に問題があるんだと思います。

      • より:

        あ、ごめんなさい。「来月の26日」と書けば良かったですね。今月の26日は何も出ない日です(笑)
        僕の見ている情報だと、ファミリー向けは発売日通り出る率が高い事が多いのです。任天堂の物とか。それに反して大人向け・リアルな世界のものは延期率高め、という印象が有ります。例えばコーエーさんのは大人な物ばかりですが、2016年度までは悉く発売延期がされていました。よるくににフィリス、ブルリフ、無双スターズなどほとんど全部。ファミリーなSwitchソフトを見てみても、延期になっている物は少なめな気がします。大人なSwitchソフトはぎゃるがんと同時発売予定だったソフトの一つや去年の東方、リアルなバスケゲーム、そして今回のワールドエンドなど。見てみても大人な物ばっか延期されてるような…。…配信中止になっちゃった全年齢向けパズルゲームなら一個有りましたけど…。

        • kentworld より:

          失礼しました汗

          大人向けや子供向け。強いて言えば情報公開のタイミングの違いはあるかもしれませんね。大人の方が最新情報に興味をもつ事が多いため、ターゲットにしている作品は早まって情報を公開してしまい、その結果、延期になってしまう作品をたくさん見かけてしまうとか。

  27. より:

    MiiはSwitchではひっそり隠れた所に存在する印象で、「あ、そういえばMii居たんだっけ」と思ってしまう程です。それだけ3DSやWii Uで主張強かったという事でしょうか。あの頃は何かと「人と繋がらせたがっていた」のでこのような感じだったのでしょうね。

  28. より:

    Miiだけならば、Miiverseと違い問題発言などは、言いませんからね(笑)Wiiの時は全くそんな発言しませんでしたし(笑)
    みまもりSiwtchの紹介映像、前までの文化のあり方ならばあそこで、子供のMiiとお父さんのMiiもしくはお母さんのMiiを使う所を、いつもの悪者亀親子を使ってる所がポイントですね。この事からも、Miiはかなり引っ込んだなと思います(笑)

  29. より:

    Switchのソフトのジャンルの「多種多様」。まるで2000年のあの伝説のソニーハードのような感じですね。あれも後のソニーハードと違い実に多種多様なゲームを出したお陰で売れまくったのか、伝説に残っています。この事から人々がゲームでまず第一に求めるのは、「色んなゲームソフト」なんだなと思いますね。ネットワークサービスはあくまでもオプション。様々なソフトを揃えれば、それだけ色んな年齢のお客さんが増えるという事ですね。

    • kentworld より:

      Switchソフトカタログを見ていると本当に多様性を感じます。

      多様性って良いですよね。眺めているだけでワクワクします。

  30. より:

    マリオオデッセイのあのボーカル曲を聞いて思うのが、「任天堂の復活を歌っている」感じがするという事です。実写っぽい街をマリオが踊りながら駆け抜けるCMもそんな感じです。…あの群衆が「スイッチで登場したゲームの仲間達」ならもっと素敵かも。
    これは想像ですが、マリオカートでスイッチのゲームの仲間達が爽快にレースをしているというシチュエーションも僕としては最高です。

    • kentworld より:

      そういう風にも捉えられそうですね。そう言われると今度聴いた時は任天堂の復活ソングに聞こえてしまいそうだw

  31. より:

    スマブラの最新作のリークっぽい画像流出です。画像は少しぼやけていましたが、マリオの帽子の部分にキャッピーの目と思われる部分が有ったり、クライマー居たり、新ポケモンとアームズの男主人公居たりしました。ステージや背景の応援客の動きからして、割とよくある「本物の画像の流出」っぽい感じです。過去には例えばスマブラXの初期のキャラセレクト画面がリークされ、それが後に公式にも載り本物だと分かったり、3DSスマブラのDLC以外の全キャラが揃った画像が載り、これもゲーム進めて本物だと分かった例が有りました。カート8のキャラセレクトもリークされた物が本物だったりしました。
    今回は、開発が公式に行われていると発表された後でのリークなので以前に流出した物よりは本物っぽそう。…まだ分かりませんがクライマーとスプリングマン、キャッピーは信じたいです。

    • kentworld より:

      僕も見ましたが、偽物と判断される方も多いですね。まあ、あと2ヵ月もすればゲーム映像はいくらでも出てくると思いますので、もう少し待ったら良いと思います♪

  32. より:

    最近はDLタイトルばっか新規公開されますね。そのくせ、延期したティーンズ向けゲームが又二つ。後、発表されるばかりで発売が全然されないと。

    • kentworld より:

      最近はパッケージタイトルの発表が不足しております・・・E3開催前だからかな・・・

      • より:

        海外はインディーズがパッケージ化される上、リージョンフリーなので日本でも買ったら原則すぐ遊べますね。日本の美少女っぽいキャラが描かれたリズムゲームが海外で出るそうで、内容によってはパッケージを取り寄せようと少し思っています。 ジャストダンス買いました。300種類のダンス曲が有り、ジョイコンをかつてのあのリモコンのように振りながら踊ります。日本版ではない為曲は当然海外仕様ですが。 曲の中にはタイアップも有り、マリオとマリオ+ラビッツ、日本の初音ミクなどとコラボしている曲も。他、海外のみなのに日本の風景・看板の文字などが映っていたりもします。所々アバターに国旗マーク出るんですが、リージョンフリーであるからか日本語無いのに日本の旗になってたりします。

        • kentworld より:

          向こうではインディーズゲームのパッケージ化も珍しくなくなってきましたね。日本でも少しずつ増えてはいますが・・・

          ジャストダンス、向こうではSwitchでも発売されているんですよね。収録曲を見た感じだと魅力的なので、日本でも発売したら良さそうです。

          情報ありがとうございます!

  33. より:

    あおかな、デビューしちゃいましたー! スイッチって色んなゲームをHDタブレットで動かせるから色々やりたくなるんですよー。

    • kentworld より:

      デビューしましたか!この手のゲームには慣れている感じかな?可愛い子が沢山出てきそうですよね笑

      • より:

        ブルリフとVita版風雨来記で慣れた感じです(笑) ミニゲームも入っていて、そちらは全年齢向け的な感じの、自動で飛ぶキャラを上下左右に動かしてアイテム取ったりエネミーシンボル避けて、HPが0にならないようにゴールを目指すモードです。
        東方のゲームの内、去年の年明け3日前に配信されたRPGソフトのパッケージ発売が決定しました。7月です。あっちはスナックと大差ない容量だそうで、最近ああいうRPG欲しいと思っており、気が変われば買おうかと思います、パッケージを。スマブラのDLに向けて可能な限り容量空けておきたいですし(笑)

        • kentworld より:

          それだけプレイしたら慣れてしまいますねw

          スッカリ美少女ゲームもお手物になった感じかな。

          東方ゲームって人気ですが、なかなかツウな印象です。

          パッケージ版も発売になるんですか?これはチェックしておかないと。

  34. より:

    Switchが発売される前は、「どうせ今回も壁やプロテクトで一杯だよ」とか思っちゃってました。ですが発売されてみると、ライバル社と変わらぬ心の広さを発揮しましたよね。ゲームジャンルの拡大に、リージョンフリーに。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

祝!プレイステーション20周年!ゲームの歴史を変えたゲーム機を振り返る
歴代アサシン クリードシリーズランキング!オリジンズは何位?
意外と知られていない?PS4本体に同梱されているマイクイヤホンが有能な件について
祝!PS2発売10周年!~PS2の10年間を軽く振り返ってみた~
こんな曲が好きです!個人的に好きなゲーム音楽
祝!セガサターン20周年!永遠の2番手ハードについて振り返ってみた
9年以上待ったタイトルも!?続・待望感が強かったゲームソフト
こんなに偉大な人だった!?任天堂の山内前社長を名言集から振り返る
XboxOneの独占タイトルを大特集!意外にもファミリー向けタイトルが充実?
kentworldが所有している非売品ゲームを大特集!店頭で販売されていないレアゲームが満載!