2019/07/17/7:00 | お知らせ

【お知らせ】有料記事を始めることにしました

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

当ブログの記事は無料で読むことが出来ます。

今後も無料記事は公開し続けますが、それとは別にnoteで有料記事を公開することにしました!

本記事ではその理由を明かしていきます。

無料で公開出来る記事に限界が見えてきた

当ブログではすべての記事を無料で公開しています。

が、無料で公開出来る記事には限界が見えてきました。

本音としてはもっとディープで特定の人に突き刺さるような記事を書きたいんですよ。

例えば題材はニッチだけど執筆に5時間以上掛けた重厚長大な大作記事とか。

しかし、あまりにもニッチだと読みたい人が限られてしまい、PV数も伸びません。

執筆に費やした時間を考えると旨味は少なく感じます。

最近はそう思うようになったので、攻めた企画の記事は公開出来なくなってしまいました。

でも、記事を有料で販売するのであれば例え閲覧数が少なくてもお金という形で帰ってくる可能性があるから攻めた企画の記事も公開しやすくなるんですよ。

1,000人中800人が読みたい記事と1,000人中10人がめちゃくちゃ読みたい記事。

当ブログでは前者の記事ばかりを優先的に書いています。

例えば複数のゲーム情報をまとめた記事とか、人気タイトルのレビュー記事とか。

noteで公開する有料記事はそういうのではなく、後者の1,000人中10人がめちゃくちゃ読みたいような攻めた企画の記事にしようかなと。

商品を売るプレッシャーを感じたい

無料で公開している記事はお金を払う必要がないので好きなように読めます。

一方、有料の記事はお金を払わなければ読めません。

当たり前のことではありますが、これって売り手側からしたらプレッシャーにも繋がると思うんですよ。

こちらは商品を提供する側になるので、対価に見合った内容にしないといけなくなりますから。

無料記事では許されていた部分も有料記事では許されなくなります。

人によっては対価に見合った内容には感じられず不満に感じてしまうかも知れない。

そういうプレッシャーは今までほとんど味わったことがないので、新たなステップを踏み進むためにも有料記事を公開したいと思っています。

もっとブログをマネタイズ化したい

おかげさまで当ブログは年間のPV数が700万を突破するほど人気を集めています。

これだけのアクセス数があるとかなりの収益を得ているように見えるかも知れませんが、残念ながらほとんど儲かっていません。

というのもゲームブログって収益の単価が他のジャンルよりも低いんですよ。

他ジャンルのブログだったら年間PV数が700万もあればこれだけで生活出来るくらいの収入を得ることが出来ます。

しかし、ゲームブログでは収益化の方法が限られているのでせいぜい副業くらいにしかならないんです。

当ブログの場合、かなり手間を掛けて運営していますので、時給に換算したら泣けるくらいの金額になってしまいます(泣)

お金のため”だけ”に運営している訳ではありませんが、正直なところ、このままでは長く続けられる自信がありません。

時間は有限なので、ぼくの環境が変わったらブログの優先順位が変わってしまうかもしれない。

最悪、更新頻度が落ちるどころかブログ更新そのものがストップしてしまうかも知れません。

でも、みなさんから金銭的な応援を頂けたら今後も優先順位を高い位置に保てそうなので、そういう意味でも有料記事を販売していこうかなと。

※noteには「クリエイターサポート(投げ銭)機能」もあるので有料記事を購入しなくても気軽に金銭的な応援をすることが出来ます。

スポンサーリンク

全体のまとめ

以上!有料記事を販売することにした理由でした!

有料記事はnoteでやっていきますが、冒頭部分だけはこちらのブログでも公開していきます。

そちらを読んで気になった場合、記事内に貼る予定のリンクを踏んで記事を買って頂けたら良いかなと。

繰り返しますが、当ブログは今後も変わらずに運営していく予定です。

あくまでもnoteの有料記事は+αでやっていくつもりなのでご安心ください。

kentworldのnoteはこちら


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(42)

  1. つぐみ より:

    客商売だと無料よりも有料の方が客質が良くなるっていう傾向もあるみたいですしそうなったら良いですね。
    ただし見る目も厳しくなるから、語彙力とか文章力とか問われますな☝️
    頑張ってください。

    • kentworld より:

      確かに無料だと誰でも読めてしまうせいで荒らしが出てくることもありますからねぇ。

      有料記事は文章で勝負するというよりは情報で勝負しようと思っています。記事を購入された方には有益な情報を提供したいです。

  2. yosi より:

    どうも!ブログの次のステップですね!記事内容によっては読んでみようと思います!…しかし700万ヒットでも副業レベルですか…。今僕もワードプレスとか、はてなブログなどに移転を検討していたので、ケントさんの状況はとても参考になります。(ただし8月からフリー時間が減る予定なのでそのままアメブロかもしれませんが)また、僕も「僕の記事が有料なら、10円でも買ってもらえるだろうか?1円なら?100円だとどうなる?」ということは検討したことがあるので、そういう意味でも参考にさせてもらいます。お疲れ様です!

    • kentworld より:

      はい!以前から有料記事を展開したいという野望があったんですが、なかなか決断出来ず今日まで発表が遅れてしまいました。

      一昔前ならアフィリエイト単価が高かったので年間700万ヒットもあればこれだけで生活出来たと思いますが、今は厳しいです。

      どんな記事を有料で販売するのか?など、今後の展開に期待していてください。おそらく、yosiさんにとってはかなり価値のある情報を提供出来るんじゃないかと思っています。

  3. 匿名 より:

    応援しています!

  4. スイミー より:

    是非、読ませていただきます。
    よろしくお願いします。

    • kentworld より:

      おお!読んでくれますか!?

      有料記事の方は途中まで読めるようにしてどんな人におすすめなのかしっかりと表記しますので、そのうえで読みたいと思ったら購入してくれると嬉しいです(^o^)

  5. Kiyoppy より:

    昨日、ツイッターでそれとなくアナウンスしていましたが、この事だった訳ですね。
    続報をお待ちしております。

    • kentworld より:

      そうなんですよ。実はずっと前から計画していたんですが、ズルズルと延びていたので自分を追い込むことにしました。有料記事は今月中には公開したいと思っています。

  6. らすに より:

    私もブログではありませんが同人誌を描いているので、他人からどう見られるか、時間を使ってまで消費するに値するものが作れているかということを気にしています。
    自分が普段無料で公開しているものと変わらずあくまで趣味の延長なんですが、有料となると読者の目は厳しくなるのでかなりプレッシャーを感じますよね。

    そういった事を加味しつつも自分から精力的に活動しようと思える事がすごいと思います。

    • kentworld より:

      同人誌も立派な商品ですもんね。お客様に買っていただけるからには満足してもらいたいという気持ちをらすにさんと共有出来て嬉しいです♪

      ぼく自身、かなりケチな性格なので、記事の内容が対価に見合っているのかはかなり厳しく見ることが出来ます。

      値付けも自由に決められますので、有料記事の価格設定はよく考えようと思います。

  7. y.crash より:

    有料記事ですか。逆に今までこれだけ人気のブログでありながらずっと無料でやってこれたって言うのも凄まじいですね。
    前に約2500万で買い取りって話があるって記事を思い出しましたけど、ぶっちゃけてそれ以上の価値があると思ってます。少なくとも自分は。

    でも今まで無料だとよかった部分も有料だと厳しい目が向けられることもあるとは思いますが、がんばってください。

    日本ってクリエイターに対しての対価が支払われにくいんですよね。
    海外だとそれくらい当たり前なんですが。

    • kentworld より:

      長年無料記事を公開し続けていたので、有料記事というのはインパクトがあるかも知れませんねw

      有料であるからには読者の目が厳しくなることは覚悟しているので、有料ならではのコンテンツを提供したいと思っています。

      無料記事とは何がどう違うのか、今後の展開に期待していてください。

      日本は無料で楽しめる娯楽で溢れかえっているので、対価が支払われにくいように感じます。

      0円と1円では見る目が全然変わるような気がします。

  8. 気になる男 より:

    有料記事も良いかもですね。
    ただ、誰も買わないと心沈むリスクがあるので、それも覚悟でお願いします。
    ケントさんは心弱い一面があるので心配です

    • kentworld より:

      初の試みなので、色々と心配なところはあります。
      でも、そうしたリスクを覚悟のうえで挑みたいと思ってます。
      kentworldの新たな挑戦、温かい目で見守っていてください。

  9. 雪月あきら より:

    ゲームブログのマネタイズって難しいですよね。
    僕もなかなか伸びなくて悩んでおります(汗)

    noteでの有料記事は良い方法ですね。
    どのような内容になるのかとても興味があります!
    僕も可能な限り購入させて頂きますよ!

    • kentworld より:

      ゲームブログってアクセスは稼ぎやすいんですが、マネタイズや集客面では全然ダメなんですよね~。だから、攻略サイトも減ってきていると言われています。

      おお!noteを購入していただけますか!?これは頑張らないとな~!有料で販売するからにはじっくりと温めてから公開したいと思います。

  10. 110ito より:

    新しい挑戦ですね。応援しています。
    年間700万PVとなると、1日あたり2万PVもあるんですね。
    これも、今まで高頻度で10年以上にもわたって蓄積させてきた資産の賜物といったところでしょうか。

    情報で勝負というのはいいと思います。
    どんなゲームでも楽しめるkentさんだからこそ、いろんな方面に訴求できる情報を持っているでしょうしね。実際に僕も情報を手に入れにきていると言えます(文章もわかりやすいですよ)

    これだけで生活できるようになれば、これも一種のプロゲーマーということになるんでしょうか。
    そこまで影響力が強くなれば、ゲーム会社の方からプレイを頼まれることも出てきそうです
    (すでにあるのかな?)

    なんにせよ応援してます&今後の展開が楽しみです。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!PV数はそうですね。特に週末は2万PVを越えることが多いです。

      一応、ぼくはこの10年間、人一倍ゲームとブログに入れ込んできたので、他にはない情報を持っているんじゃないかと思っています。

      その中には誰でも無料で読めてしまうからこそ公開するのを躊躇していた情報もあるので、有料記事ではそういう物を公開していこうかなと。

      ブログだけ生活出来る人のことはプロブロガーと言われていますが、ぼくはその域に達していません。憧れるんですけどねぇ。

  11. 匿名 より:

    このブログの読者として是非そういう記事も読んでみたいです!!楽しみに待ってます

    • kentworld より:

      おお!歓迎ありがとうございます!今後は今まで見られなかったタイプの記事をお見せしますので期待していてください!

  12. AVC-M370 より:

    有料記事の無料コメントに突っ込みを入れたら、有料部分にたまたま含まれていなかった不足が補完される物だった場合は、無料で有料の内容を含めて返信がくるのだろうか。
    或いはその部分はスルーで返信なのだろうか。
    それとも有料記事の無料部分には初めからコメント欄が付かないのだろうか。
    色々考えたら面白い事になりそうだ。

    • kentworld より:

      当ブログ内で有料記事の冒頭は公開する予定ですが、そちらの記事にはコメント出来ないようにするつもりです。

      ごく一部の内容だけを見てコメントされても的外れな内容になる恐れがありますからね~。

      有料記事の方ではコメント出来るようにします。

  13. カムイ より:

    面白そうな試みですねぇ。怠惰で不真面目で遊び惚ける俺には到底実行できない企画なんで興味湧きますわ。
    それにこれだけ大量の記事があると読むのに迷って気軽に新しい記事を読めないという一面も感じてはいました。
    余談ですが労力という面でも記事だけでなくコメント返しを毎回精力的にしてますしね。
    これだって大した労力ですよ。改めて敬服いたします。

    • kentworld より:

      有料記事を公開するからにはしっかりしたポリシーを持ちたいと思っています。

      コメント返信に関しては大変な面もありますが、みなさんとのやり取りによって自分自身を正すことが出来ているので楽しいですし勉強にもなっています。

      なので、出来る限りコメント返信には時間を費やしたいです。

  14. くっぞこ より:

    こんにちは。
    すごいですね~
    このブログで、先日、音楽や電子書籍のサブスプリクションサービス
    について記事にされてましたけど、
    世の中、ますます薄利多売になりそうで
    価格設定が難しそうですが、がんばって下さいね!

    • kentworld より:

      ありがとうございます!ネット上のコンテンツはタダで利用出来るものと思われがちですからね~。

      有料記事の方は薄利多売ではなく高付加価値でやっていこうと思っています。

  15. シロマ より:

    以前話されていた有料記事をついに始めますか。
    人気のあるイメージなゲームブログだけど700万PVでも副業レベルの稼ぎしかないのは以外ですね。
    僕は前からnoteで有料記事を購入しているしkentさんの有料記事も興味あるから勿論購入しますよ。

    • kentworld より:

      はい!ようやく発表することが出来ました!w

      ゲームブログはアクセス数を稼ぎやすいジャンルではありますが、これで食べていくのは茨の道です。

      有料記事、購入してくれますか!?とても励みになります。これでますます生半可な内容の記事は書けなくなりましたよw

  16. ワタ より:

    時間に余裕のある学生ならまだ知らず、社会人の年齢のkentさんが毎日ほぼ無償で更新していたとは驚きです。私も恐らく同年代ですので、その大変さを思うと頭が下がります。
    実は昔のkentさんの攻めた内容の記事も好きだったりするので、そういう記事が充実してくれたら嬉しいです。削除してしまった過去の記事をリメイクして再アップするのも面白そうです

    • kentworld より:

      そう言っていただけると嬉しいです!

      ネット上ではお金の話をすると荒れがちなので、てっきり悪く思われるのかと思っていましたので(^_^;)

      昔の攻めた記事は勢いだけで書いているので今となっては説得力に欠けます。もう少し根拠を提示したら良い記事になることもあるとは思いますが・・・。

      何にせよ、今後は以前とは毛色が異なる記事をお見せ出来そうです。

  17. ホンマ?トモフミ より:

    ようやく気持ちの整理がつきました。
    “お金を払いたくなる記事”を楽しみにしてますぞい!
    ケチなトモフミさんは手強いよ〜www

    • kentworld より:

      気持ちの整理ですか!?何かあったのかな?

      ハハハッ、トモフミさんは手強いですかw

      有料記事も冒頭部分はお見せしますので、そちらを見ていつものMGMとは違う一面を感じ取ってくれるだけでも良いですからねー♪

      • ホンマ!トモフミ より:

        リアルが忙しくて気分はダークサイドトモフミでしたので、最近はコメントを控えてました😅
        今はライトに戻りましたよwww😇

        ケントさんとは今後は1人の推しライターとして応援させてくださいな(^^)
        私は結構、優柔不断で手のかかる男なので(¬_¬)

        有料記事といえば、ゲーム機ヒストリーやゲームパブリッシャーの歴史レベルの記事なら買いますよ!
        そのときは楽しませてwww

        • kentworld より:

          ダークサイドトモフミですか!?

          それは怖いので、そういう時はメンタルを回復させてからコメントした方が良さそうですね。コメントの期限は基本的にはありませんので。

          推しライターですか!?ライターだなんて照れますなぁ///

          >ゲーム機ヒストリーやゲームパブリッシャーの歴史レベルの記事

          有料記事はこのくらいの気合いは入れないとダメだなぁと思っています。どのようにして無料記事と住み分けていくのか今後の続報をお待ち下さい。

  18. ナギ より:

    うーん・・・アフィリエイトや有料記事以外でブログで稼ぐ方法となると・・・書籍化?
    勿論、自費出版ではなく大手に声をかけられるシンデレラストーリーってことで

    ま、僕にはノウハウもコネもないので単なる戯言ですけどね
    それこそ大博打ってモンですよ

    そういやYouTubeってDVDみたいにソフト化されてるモンなんですかね??
    立ち位置的にブログに似てるかもと思いましたわ

    • kentworld より:

      最終的には個人で何らかの商品を売るのが近道だと思います。それにはまずみなさんからの信頼を勝ち取らなければなりません。

      >そういやYouTubeってDVDみたいにソフト化されてるモンなんですかね??

      YouTuberの場合はタレントに近いのでソフト化よりも有料イベントを開催する方が良いかも知れません。

  19. 面白いチャレンジですね より:

    業界人や関係者が裏話的じゃなく一般人が有料記事を書く事はハードルが高い反面、面白い試みだと思います。

    ブログで稼いでいる人はまず「稼げるジャンル」を選びますよね。
    偶然一致してる時もありますが。
    お金を稼げる人はその嗅覚が優れています。
    逆に出来ない人は無償でも好きだから続けますよね。
    他人の畑は…と言いますし。

    正直、時給換算とかされると見る方はちょっとガッカリする面はあります。
    誰でも趣味に費やす時間は時給換算しませんから。
    ジャンルは違えど少年スポーツのパパさんコーチなど無償でやってます。
    平日夜から土日は朝から晩まで。
    付き合いの飲み会など含めると純粋にお金はマイナスです。
    それでも子ども達から貰えるもの、それを通して得た人間関係。それが報酬です。
    でもそれだけじゃ満足出来ない人がいても仕方ないとも思います。

    お金じゃない動機が強い人はそれで良いんでしょうが、ゲームブログを商売にしたい・その事で認められたい心理が大きいんでしょうかね。

    ただ会社員でメインの収入があり仮に実家暮らしなら銭金に囚われすぎ余裕を持って続けた方がメンタルのためにもいいかなとお節介ですが思います。
    失礼しました。

    • kentworld より:

      お金の話をすると読者の見る目が変わってしまうので、今回の記事で儲かっていないことなどを書くのは抵抗がありました。

      しかし、何故有料記事を書くのかを正直に明かさないといけないと思ったので、意を決して話しました。

      ぼくが12年間、無料記事を書き続けられたのは間違いなくお金以外に得られるものがあったからです。それだけは言わせてください。

  20. Conker the Squirrel($皿$)💵 より:

    ついに有料記事を始めますか応援しますよ。
    自分は全ての有料記事を見るのは、金銭的に、ほぼ無理だと思いますが(悲)、自分が見たいと思った記事にはしっかりとお金を払いたいと思います。
    有料記事がブロガーに必要になってきている事実です。
    有料の記事のメリットは、
    読者数の限定化
    良質な視聴者・読者の確保
    拡散のリスクの減少
    です。
    記事じゃなくても、何でも無料のものほど文句を言われますからね。
    kentworld様のブログでは、そういう人は見かけませんが・・・。
    記事じゃなくても、何でもお金を払ってくれる人を味方につける事です。
    例えば宗教でも、信者が教団にお布施を払ってくれる人=味方です。
    デメリットは、有料です。
    「多くの人に読んでもらいたい!」と思っても「有料」の壁があり、前は無料だったのに、有料になったのかよ、じゃあ見るの辞めます・・・ということがあります。
    あと、有料記事があまり読まれてなくて、心にクリティカルヒットするかも・・・何でも有料は覚悟が要ります。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!

      有料記事は物凄く力を入れて書くので、そんなに多くは公開出来ないと思いますw

      でも、興味を持つような記事は買ってくれるようで嬉しいです!

      有料記事のメリットはおっしゃる通りです。

      金銭面でも様々なメリットが生まれますね。

      有料記事を読んでいただけるのかどうかは企画ありきだと思っています。

      まずはみなさんが買いたくなるような企画を考えなければ!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。