2018/06/18/12:00 | M☆G☆Mコラム

ゲームメーカーのプレスカンファレンスを見た時に生まれた矛盾した感情の正体とは?

どんどん加速するコンテンツの消費スピード

ネット全盛の現代。コンテンツの消費スピードはどんどん加速するばかりです。

ついこの前まで話題になっていた物が今日には忘れられる事もあったりと、一昔前までは考えられませんでした。

ゲームも例外ではなく、発表してから間髪を入れず発売しないとユーザーの熱量が下がってしまいます。

あまりにも感覚を空けてしまうと発表時は買おうと思っていたのに発売時には買う気が失せてしまうこともしばしば。

なので、発表した物は当日配信とまではいかなくても半年後には発売するのが理想的な流れになってきました。

昔はもう少し時代の流れがゆっくりだったので、個人的には待つのも楽しみの一つだと思っていたんですけどね。

特に大作系は2年、3年待たされてようやく発売される事で生まれてくる待望感を求めている頃もありました。

でも、今は違います。インターネットの普及でコンテンツの消費スピードが加速してしまい、それまでの2年、3年とは比べ物にならないくらいトレンドの移り変わりが激しくなったからです。

その結果、発表時は斬新に見えても発売する頃には陳腐になってしまう事も多く、デメリットばかりが目立つようになってきました。

ですので、プレスカンファレンスでは今年度内に発売する予定のタイトルを重点的に紹介するゲームメーカーが増えてきたのは時代の流れに合わせていて良いと思います。

大きく分けて2回訪れる新作ゲームに対する関心のピーク期

新作ゲームに対する関心のピーク期って、大きく分けて2回あると思うんですよ。

1つは”発売”前後。もう1つは”発表”直後だと思います。

これらのピーク期を上手く繋ぎ合わせられたらそのタイトルが本来持っているポテンシャルを最大限に発揮し、発売直後から高い売上を達成出来ると思うんですよ。

最近、それを上手く実現出来たのはニンテンドースイッチだと思います。

2016年10月20日に正式発表。2017年1月13日のプレゼンテーションにて本体やソフトの詳細発表。そして2017年3月3日に発売。

短期間のうちに波を作る事に成功し、熱量を保ったまま発売に漕ぎ着けました。

ニンテンドースイッチ成功の秘訣は色々あると思いますが、熱量を保ったまま発売に漕ぎ着けたのも一理はあるんじゃないかと思います。

プレスカンファレンスで感じた自分の中での矛盾

ここまで発表から発売までの期間を短くするのは今の時代に合わせていると回りくどく力説してみました。

ユーザーの関心を冷めさせないよう、詳細発表した物をすぐに発売する試みは良い!

良いとは思います。

でも、数年先のビジョンを知りたいのも確か。

数年先の展開まで分かると安心出来ますからね。

それにゲームメーカーが一年に発売出来るタイトルには限りがありますから、そこだけに重点を置いてしまうと弾が少なく感じてしまいます。

先日、各社がE3に合わせたプレスカンファレンスを立て続けに行いましたが、発表内容が少なくて「え?これだけ!?」と思ったところもいくつかありました。

大人の考えだと「本当は色々隠し持っているけど一年以内に発売出来るタイトルを優先しているんだろうな」となるんですが、やっぱり心のどこかでは「もっとサプライズが欲しかった!」「もっと先の予定を知りたかった!」なんて嘆く自分が居ます。

発表から発売までの期間は短くしてほしい!
やっぱり隠し持っている数年先に予定しているタイトルを教えて欲しい!

なんだろう・・・この矛盾した感情は。

スポンサーリンク

矛盾した感情の正体は2つの異なる視点を混合していたからだった!

発表から発売までの期間は短くしてほしい!

数年先に予定しているタイトルも教えて欲しい!

これが僕の本音になりますが、よく考えたら矛盾していますよね。

なぜ、こんな矛盾した感情を持っているのかある時、気が付きました。

僕、プレスカンファレンスを見る時は知らないうちに遊び手から投資家に視点が切り替わっていて、その瞬間の満足度ばかりを重視していたんです。

数年先に発売されても良いから、今後に期待が持てるような発表をしてほしい!

そんな思考になっていたんですね。

でも、プレスカンファレンスが終わってほとぼりが冷め、やがて投資家から遊び手の視点に切り替わってからは発売から発表までの期間が長い事に気が付いてからは不満を漏らすようになります。

遊び手にとっては基本的に発表されたものはすぐに遊びたいですからね。

物凄い映像を見せられたら「わぁ!面白そう!いつ出るの?明日発売してください!」なんてなるのは人情ですから・・・。

実際にゲームメーカーの株を買っているのかどうかはともかく、僕の場合、知らないうちに投資家と遊び手という異なる2つの視点を持っていました。

これらの視点を混合して物事を語ると矛盾が生じてしまうのかな?と思う今日この頃です。

ワガママハイスペック 通常版 - PSVita
iMel (2017-07-27)
売り上げランキング: 3,677


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(30)

  1. がは より:

    発表から発売まで長期に待たせてもOKなのは、ドラクエやモンハンのような実績あるブランドだけの特権だと思います。ハードごと新規購入をするインパクトのある。一方、無名タイトルをずるずる長く引っ張っても忘れられるだけのような。

    • kentworld より:

      人気シリーズは存在感が大きいですもんね。実際、週刊ファミ通の期待度ランキングでもずーっと続報がない人気シリーズ最新作が上位にランクインしていますから。

  2. つぐみ より:

    個人的にゲームの発売日のことは大体忘れるので
    E3とかは、まぁこんなゲーム作ってるよ!くらいで良いです(笑

    昔は発売日ラインナップをチェックしてましたが、今は『えぇぇ?このゲームもう発売日なのかい?』(マスオ風)ってくらいなもんです。

    最近は似たゲームも多くて情報錯綜しちゃう事が多いですなぁ
    よほどの特徴が無いと脳が覚えようとしません(笑
    ゲーム発売日覚えないのは、ある意味キャパオーバーで脳がバリア張ってるのかも(笑

    • kentworld より:

      脳がキャパオーバーしていますかw

      他に記憶しないといけないことが多いってことなのかな?

      僕の場合、ゲームに関する事を脳に記憶しすぎてしまっていますw

  3. 匿名 より:

    株主というかハードを買うかどうか悩んでいるときは将来含めて期待値を教えて欲しいということはありますね
    ハードを買って既に満足して遊んでいるときはそんな先の予定はどうでも良くなります

    • kentworld より:

      ゲーム機を早期に買うのも投資ですからね。そういう時は先の情報を教えてくれると安心出来るので助かります。

  4. Kiyoppy より:

    FF7リマスターが該当しますね。と言うか、近年のFFは発表から発売までが酷いと思います。FF13まではまだ許される雰囲気がありましたが、それ以降は期間が長すぎてこちらも興味が薄れますよ。
    洋ゲーは工程管理がしっかりしているのか、ぬかりないイメージです。

    • kentworld より:

      FFVIIのリメイクはまだまだ開発が序盤のようで、さすがにこれはどうかと思いました。

      いくらキングダムハーツIIIに掛かりっきりとは言え、ネタになるほどの悠長な構えだと思います。

  5. 読者 より:

    こういうゲーム製作発表の話題でよく上がるのが「FF7リメイク発表早すぎ!」問題ですが…個人的にはあのタイミングで発表して良かったと思ってます。キンハー3もFF15も発表されてからかなり時間が経っての発売ですが、スクエニのビックタイトルは発表することそのものが大きなアピールになるので、早く発表しすぎても熱量は冷めにくいんですよね。
    オクトパストラベラーだって、情報が初公開されて1年半近くたっての発売ですが待たされた感全然ないですし。逆に半年前ぐらいに発表されてても急だな、と戸惑ったかもしれません。やっぱりSwitchで何が遊べるのか?とみんなが気になってるタイミングで「発売は2018年になるけど、スクエニはこんなRPG作ってるよ」と公開したオクトパスのタイミングはあれで良かったんだなーと。

    FF7リメイクは3分割?になるかもしれないらしいので出来れば1作目は来年中には遊べるといいなと思います。スクエニは発表が早すぎるけど、カービィは発表から発売までが短すぎますw(ロボボの時は2か月しか無かった…w)

    • kentworld より:

      FFVIIのリメイクに関しては皆さんにPS4の将来性を感じてもらうためにあのタイミングで発表したのは正解だとは思いますが、その後の開発体制は疑問ですね・・・。

      本来ならFFVIIの20周年(2017年)に合わせて発売するのが理想的だったと思います。

      来年に発売されたら良いんですが、今の状況だとそれすらも怪しいです・・・。

      3分割の話もあるだけに、すべてをプレイ出来るのはずーっと先に感じてしまいますw

      最近のカービィは発表から発売までの期間が短いですね。まあ、カービィは長く売れるので、初動はそこまで気にしていないのかも知れません。

  6. らす2 より:

    毎年きっかり発売日をあまりずらさず、先の展望まで見せるファルコムは最強ということですな!
    (移植タイトルから目をそらしつつ)

    • kentworld より:

      ファルコムは毎年必ず9月末に新作を発売しますもんねw

      非常に安定感があり、大手ゲームメーカーが見習わないといけないところはあると思います。

  7. のろし より:

    確かに・・・と思いました。投資家目線で見ると利己的な視点で物事を判断してしまいます。その結果目先の金や利益を優先するように、自分にとって都合の良い情報が得られないと妙な拍手抜けが起こっちゃいますよね。
    私もNintendo E3 Directを観た直後は「期待してたメトプラ4もメガテン5も無い、ファミリー層ばかりで大丈夫か」と思っていましたが、冷静かつ広範的に観られるようになった現在ではこれで良かったと思っています。思えば2年目はスイッチ未購入のファミリー層に訴求したタイトルが中心ですしね。

    そう考えると去年含めE3やダイレクトでしっかり今後の展望伝えつつ発売が近いゲームもしっかり発表して経営の効率が凄いなぁと思います。だからこそ、今回の地震が心配です・・・任天堂だけじゃない、モノリス京都支部、カプコン、プラチナゲームズも大丈夫なのだろうか。

    • kentworld より:

      投資家と遊び手は目的が全く違うので、混合しないようにしていきたいですね。

      今は投資家目線で語っているのか、遊び手目線で語っているのかしっかり切り分けていきたいと思います。

      今回のDirectは投資家目線で見ると先行きがやや不安に感じるのも無理はないかも知れません。ヨッシーやメトロイドプライム4などの情報は欲しかったですから。

      地震の影響はどれほどの物なんでしょうかね・・・確かに関西の工場でストップしているところも見られたので全く影響がないってことはなさそうですが。

  8. 青雲スカイ より:

    特定のシリーズのファンは、そのシリーズの新作やシリーズの名作のリメイクが間違いなく作られているのかどうかの確証が欲しいというのも発表が待ち望まれる一つの要因なのかなと思います。

    例えばFIFAやCoDみたいな毎年来る事が分かっているタイトルは、シリーズファンにとっては勿論楽しみでしょうが、毎年この時期に発表されて秋には発売されるだろうという安心感があると思いますが、しばらく音沙汰がないタイトルの新作を待ち望んでいると、例えまだ時間がかかるとしても作っていると教えて欲しいとなるでしょうね。

    数年前のFF7リメイクやシェンムー新作、去年のメトロイドプライム4があそこまで喜ばれた理由はそこにあるんだろうなと。
    ただ、そういう開発初期段階での発表だと必然的に発売まで時間がかかるので、最初は喜んでいたファンもだんだん発売までの長さに不満を感じかねないというのが発表のタイミングの難しい所ですね。

    • 青雲スカイ より:

      E3でのシェンムーの発表は開発初期段階ですらなくて、キックスターターで資金が集まったら開発開始するという話でしたね。
      そりゃ時間かかるよなぁ。

      • kentworld より:

        キックスターターは開発開始前の段階で発表をすることになるので、物凄く待たされた感じがしますね。そこは難点かも。

    • kentworld より:

      確かにずーっと音沙汰がないシリーズは「新作を作っています」発言とか、タイトルだけの発表だけでも良いからして欲しいという気持ちは特に強くなりますね。

      そういう意味でメトロイドプライム4のタイトルだけ発表はまだ良かったかも知れません。

      FFVIIやシェンムーIIIになると中途半端に映像を流してしまっているので発売が近いんだと錯覚してしまいますから・・・

      それですぐに発売出来たら良いんですが、既に1年、2年遅れていますからね。

  9. AVC-M370 より:

    覚えて買いやすい時期に発売予定の発表だけで良いな。
    1年以上も先ならば毎年発表会しているのだから来年やれと言いたい。

    • kentworld より:

      大々的に発表をしていきながら来年の発表会が開催される頃も発売されていないと確かにそう感じることはありますねw

  10. ナスタ より:

    発表タイミングは遅くても早くても色々言われてしまいますからね。今ある情報だけで結論付けしたがる人には特に。

    個人的にはフォーカスを当てる作品はしっかり発売時期を公開するのが筋だと思い っていますが、それ以外は状況次第かなと思っています。
    人気シリーズの待望の新作なら早めの発表でも良いのかなと。ただその後の情報はしっかり段階的に出していかないとFFVIIリメイクみたいなことになりますね。
    一方で新規IPは発表から発売までスピード感がある展開が良いのかなと思います。でもオクトパストラベラーは新規IPながら早めの発表でしたが、継続してしっかり情報を出したり体験版の配信をしたりして上手く話題を繋げているので好印象ですね。

    • kentworld より:

      自分の中に存在している相反する要望を客観的に見た時、ワガママだなぁと思いましたw

      ですので、すべてユーザーに納得してもらえるような発表って不可能に近いんでしょうね。

      この記事のコメント欄でも様々なご意見が出ていますから。

      具体的な情報が公開されると完成に向かっていると錯覚してしまい、すぐに出せるんじゃないかと期待してしまいますからね。

      確かにそういう時は発売時期を教えて欲しいと思ってしまいます。

      オクトパストラベラーはSwitchソフトのお披露目と同時に公開されましたね。

      ハードの将来性をアピールするためにあのタイミングで発表したんだと思いますが、発売10ヵ月も前に体験版を配信するなどして上手く話題を繋げていると思います。

  11. 匿名 より:

    何も知らない状態から遊び始めたら実は神のようなゲームだったとかあるとすごい嬉しいから全ての情報をシャットアウトするのも一興かもしれない
    ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドとかも、オープンワールドだとか、そういう情報すら知らずにやり始めたらすごい感激しそう。

    • kentworld より:

      そうですね、まっさらな状態で楽しめたら驚きは大きいと思います。

      完全にシャットダウンすることはなかなか難しいですが、ある程度は出来そうなので可能であればやってみると良いでしょうね。

  12. ジョエリー より:

    自分としては翌年以降のタイトルも積極的に発表して欲しいかなと思っています。
    先の予定まで分かっていた方がハードを買う時の参考になりますし、来年以降も自分の好みのゲームが発売してくれるという事が分かる方が安心感があります。やりたいゲームや積みゲーがたくさんありますしね。笑
    ただ今年のTESⅥみたいにタイトルだけ発表というのはシリーズファンなら嬉しいかもしれませんが、個人的にはどんなゲームになるかわかりづらいのでせめてムービーだけでも見せて欲しいなとは思いました。

    • kentworld より:

      特に新しいゲーム機が出た時は1年目だけではなく、2年目辺りのビジョンも見せてほしいですからね。

      ですので、新ハードが発売されて間もない時期にFFVII リメイクやモンハン4。古くはFFXIIIが発表されたのはタイミングとしては良かったと思います。

      FFVII リメイクに関しては昨年辺りに発売してくれたら良かったんですが・・・。

      TESⅥに関してはスカイリムの関連作を色々出しすぎてヤキモキしているファンが多いため慌ててタイトルだけを発表したのかも知れませんね。

  13. めがねぃ より:

     いつも楽しく記事を読ませていただいてます。
     僕も昔ほどではないですが、ゲームをよくプレイしますが、プレイヤーが投資家目線になってしまうのは仕方がないような気もしますね。
     コンシューマにおいてはプレイヤーがそれ専用の機器を事前に買わされるという意味で、そもそも先行投資を求められます。そのため、買う理由になるようなタイトルや、買った後にも買ったことを後悔しないようなタイトルの発表を求めてしまうのは純粋なプレイヤーにおいてもありがちかなと思いました。日本のメーカーは先の大作の発表や発売日が近い作品の発表を織りまぜれるような、開発スピードが維持できれば、瞬間的・長期的な満足度を満たせるのかなとも思います。

    • kentworld より:

      ありがとうございます!ゲーム機を購入することも投資と言えますからね。

      ですので、発売1年目は例外的に先のタイトルを発表するのもアリだと思います。

      実際、新型ゲーム機が発表された時はその時点で明らかになっている参入メーカーやタイトルをドーンと発表しますから。

      ただ、3年、4年目辺りになるとあまりにも先過ぎるタイトルを安易に発表するのは危険かもしれませんね。

  14. ホンマ?トモフミ より:

    E3でこういう気持ちになるのは個人的には”去年が凄すぎた”というのがあるかなと感じました。
    主に任天堂のE3プレゼンの話になりますが、今年はスマブラやポケモンと古参IPで今年をやり過ごそうとしてる気がして、「おい!ヨッシーやメトロイドの新作の話題はどうした!なんでFE新作も来年なんだよ!」ってなったんですよね…
    でも純粋に今年は新作のポケモンやスマブラでも充分楽しみな自分がいるのも事実なんだよなぁ~。

    • kentworld より:

      任天堂の発表会はガッカリされていたようですね汗

      おそらく、水面下で色々動いているんだとは思いますが、具体的に見せてくれないとモヤモヤするところはあります。難しい問題ですね。まあ、まずはポケモンやスマブラを楽しみにしましょう♪

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

意外と知られていない?オプションでHUD表示をOFFにする事で高まる臨場感や没入感
登校・下校時のノリで語れる高難易度アクションRPGの素晴らしさ
今世代で一番グラフィックが美しいと思ったゲーム
ゲーム熱が低下したPS2/GC時代。当時のゲームは何が問題だったのか理由を挙げてみた!
スプラトゥーン2のプレイタイムが+100時間になるほど爆発的に面白くなる魔法を紹介!
マリオテニス エースで起死回生を図るマリオテニスシリーズ
PS4版かSwitch版、どちらを買うのか悩む時代がやってきた
ゲームブロガーの視点から表現規制の問題について考えてみた
任天堂の「ゲーム人口の拡大」戦略によって生まれた任天堂ファン同士で喧嘩していた過去
FPSが苦手・嫌いな人に捧げたい!FPSが持つ3つの魅力を全力で語る!【3D酔い対策ガイド付き】