| ゲーム売上ランキング

【ゲームソフト売上ランキング】マリパ、スパロボ最新作共に前作超え!【2021年10月25日~10月31日】

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

本記事では2021年10月4週のゲームソフト売上ランキングを考察していきます。

ゲームソフト売上ランキング

初 1 マリオパーティ スーパースターズ Switch 16.3万
初 2 スーパーロボット大戦30 Switch 7.1万
初 3 スーパーロボット大戦30 PS4 6.0万
初 4 零 ~濡鴉ノ巫女~ PS4 2.2万
初 5 ときめきメモリアル Girl’s Side 4th Heart Switch 2.2万
初 6 零 ~濡鴉ノ巫女~ Switch 2.1万
↓ 7 鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 PS4 0.9万(累計12.0万)
↓ 8 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Switch 0.9万(累計447.9万)
↓ 9 マリオカート8 デラックス Switch 0.9万(累計411.3万)
↓ 10 Minecraft Switch 0.9万(累計225.2万)
↑ 13 Back 4 Blood PS4 0.6万(累計2.2万)
↓ 14 メトロイド ドレッド Switch 0.5万(累計12.5万)
↓ 17 リングフィット アドベンチャー Switch 0.3万(累計288.3万)
↓ 18 おすそわける メイド イン ワリオ Switch 0.3万(累計15.8万)
↓ 19 ファークライ6 PS4 0.3万(累計5.2万)
↓ 20 FIFA 22 PS4 0.3万(累計4.3万)
初 21 Minecraft Dungeons Ultimate Edition Switch 0.3万
↓ 22 ドラゴンボールZ KAKAROT+新たなる覚醒セット Switch 0.3万(累計6.7万)
↓ 24 BLUE REFLECTION TIE/帝 PS4 0.3万(累計1.7万)
↓ 25 LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶 PS4 0.2万(累計15.1万)
↓ 26 鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 PS5 0.2万(累計2.5万)
↓ 27 FIFA 22 Legacy Edition Switch 0.2万(累計2.7万)
↓ 28 BLUE REFLECTION TIE/帝 Switch 0.2万(累計1.0万)
↓ 29 ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド + エキスパンション・パス Switch 0.2万(累計0.9万)

ソース (ファミ通.com)

※11位以下のランキングはこちら

先週のゲームソフト売上ランキング
過去のゲームソフト売上ランキング記事一覧

(ファミ通調べ)
(青がPS系。赤が任天堂系。緑がXbox系。)

マリパ、スパロボ最新作共に前作超え!

今週のゲームソフト売上ランキングで首位を獲得したのは、Switch「マリオパーティ スーパースターズ」。

初動売上は16.2万本で、前作となるSwitch「スーパー マリオパーティ」の初動12.6万本を上回ってきました!

好調な要因としては、

  • Switchの普及台数が前作発売時とは比べ物にならないくらい多い
  • 初期シリーズのファンサービスが多い

といったところでしょうか。

3DS「マリオパーティ 100ミニゲームコレクション」の時も思いましたが、本シリーズは初期作品に寄せた方がウケるようです。

みんながイメージする「マリオパーティ」と言えば初期作品のスゴロクとミニゲームですからね。

マンネリと言われようともパーティゲームですから、みんなが安心して遊べる内容にすることを求められている印象です。

過去5年のマリパシリーズ初動売上一覧
Wii U「マリオパーティ10」 5.1万本
3DS「マリオパーティ スターラッシュ」 3.8万本
3DS「マリオパーティ 100ミニゲームコレクション」 4.6万本
Switch「スーパー マリオパーティ」 12.6万本
Switch「マリオパーティ スーパースターズ」 16.3万本

2位、3位にはPS4/Switch「スーパーロボット大戦30」が初登場。

ここ最近はジリ貧だったスパロボシリーズですが、珍しく前作を超える初動売上を記録しています。

前作の初動が11.9万本だったのに対し、今作の初動は13.1万本。

多少ではありますが、売上の減少に歯止めをかけました。

シリーズ30周年記念作であることが影響を与えたのでしょうか?

興味深いのが、各機種の内訳です。

前作はPS4版が8.1万本、Switch版が3.8万本だったのに対し、今作はPS4版が6.0万本、Switch版が7.1万本。

PS4版の微減をSwitch版の大幅増でカバーしています。

過去5年のスパロボシリーズ初動売上一覧
PS4/PSVITA「スーパーロボット大戦V」 18.0万本
PS4/PSVITA「スーパーロボット大戦X」 14.0万本
PS4/Switch「スーパーロボット大戦T」 11.9万本
PS4/Switch「スーパーロボット大戦30」 13.1万本

目次へ戻る

零、ときメモGSも堅調!

4位、6位にはPS4/Switch「零 ~濡鴉ノ巫女~」が初登場。

2機種を合計した初動売上は4.3万本となりました。

7年前に発売されたWii U版の初動売上は2.8万本だったので、リマスター版がオリジナル版を超えています。

各機種の内訳はPS4版が2.2万本で、Switch版が2.1万本。

僅差ではありますが、PS4版の方が上回っています。

「零 -ZERO-」シリーズはPS2で生まれたことに加え、長らくPSハードで展開されていなかったので、その影響があったのでしょうか?

5位にはSwitch「ときめきメモリアル Girl’s Side 4th Heart」が初登場。

初動売上は2.2万本となりました。

これは、11年前に発売されたDS「ときめきメモリアル Girl’s Side 3rd Story」(初動6.4万本)を大きく下回っていますが、Switchの乙女ゲーでは最高の出足だったりします。

乙女ゲーでも「ときメモ」が強いってことなんでしょうかね?

ところで、この週はスクエニからPS5/PS4「Marvel’s Guardians of the Galaxy」が発売されましたが、TOP30圏外となっています。

同じスクエニ&アイドス製のPS4「Marvel’s Avengers」が初動で4.3万本を売り上げていたことを考えると意外な結果です。

シングルプレイ重視であることが響いたのでしょうか?

それとも、「Marvel’s Avengers」の評判がイマイチだったから?

なんとも残念な結果に終わっています。

また、UBIソフトから発売されたPS5/PS4「ライダーズ リパブリック」もTOP30圏外となってしまいました。

オープンワールドが舞台のスポーツゲームで面白そうだったのですが、ダウンロード版の比率が高すぎるのでしょうか?

目次へ戻る

今週のハード売上

Switch 108,000 → 75,000
PS5 14,000 → 24,000
Xbox Series 3,900 → 2,900
PS4 460 → 2,000
3DS 450 → 370

ハード売上はSwitchが首位に!

前週から3万台ほど数字を落としていますが、これは、有機ELモデルの品薄が影響しています。

前週はそこそこ出荷があったんですけどねぇ。

PS5は前週から1万台の増加。久しぶりに高水準となりました。

まだまだ普及していないので、これからブーストをかけてほしいです。

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

関連記事

今週もモンハンクロスが圧倒的!2015年11月30日~12月6日ゲームソフトランキング
【ゲームソフト売上ランキング】ここに来てポケモン ソード/シールドの新パッケージが4位に初登場!?【2020年11月2日~11月8日】
【ゲームソフト売上ランキング】エースコンバット7がまさかの初動20万本超え!【2019年1月14日~1月20日】
SCEの期待作、PSオールスターの売上は如何に!?2013年1月28日~2月3日ゲームソフトランキング
【ゲームソフト売上ランキング】マリカ8 DXが200万本突破!マリルイRPG3 DXはまさかの結果に…【2018年12月24日~12月30日】
ビルダーズはハーフミリオン突破!2016年2月8日~2月14日ゲームソフトランキング
【ゲームソフト売上ランキング】Fate/EXTELLA LINKが貫禄の首位!寿司ストライカーは…【2018年6月4日~6月10日】
3DS版ドラクエXがそれなりに健闘!Xbox Oneの本体売上は!?2014年9月1日~9月7日ゲームソフトランキング
討鬼伝 極はまさかの首位にならず上位は大混戦!2014年8月25日~8月31日ゲームソフトランキング
【ゲームソフト売上ランキング】ニンテンドーラボの売上結果は!?ゴッド・オブ・ウォーはシリーズ最高の出足!【2018年4月16日~4月22日】