| ゲーム売上ランキング

【ゲームソフト売上ランキング】星のカービィ新作が過去最高の初動売上を記録!【2022年3月21日~3月27日】

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

本記事では2022年3月4週のゲームソフト売上ランキングを考察していきます。

ゲームソフト売上ランキング

初 1 星のカービィ ディスカバリー Switch 38.0万
↑ 2 マリオカート8 デラックス Switch 1.9万(累計451.8万)
↓ 3 Pokemon LEGENDS アルセウス Switch 1.8万(累計219.5万)
↓ 4 ELDEN RING PS4 1.4万(累計30.8万本)
↓ 5 Minecraft Switch 1.3万(累計257.5万)
初 6 Ghostwire: Tokyo PS5 1.0万
↓ 7 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Switch 0.9万(累計482.3万)
↓ 8 ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン PS4 0.8万(累計3.7万)
↓ 9 マリオパーティ スーパースターズ Switch 0.8万(累計92.0万)
↑ 10 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド Switch 0.6万(累計198.7万)

TOP10圏外の注目タイトル

↓ 11 トライアングルストラテジー Switch 0.6万(累計11.8万)
↓ 12 グランツーリスモ7 PS4 0.6万(累計10.0万)
初 14 ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界 PS4 0.5万
初 17 Relayer(リレイヤー) PS4 0.5万
↓ 18 ELDEN RING PS5 0.4万(累計12.1万)
初 21 小林さんちのメイドラゴン 炸裂!!ちょろゴン☆ブレス Switch 0.3万
↓ 23 ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン PS5 0.3万(累計2.1万)
↓ 24 グランツーリスモ7 PS5 0.3万(累計9.1万)
初 26 ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界 PS5 0.3万
初 27 Relayer(リレイヤー) PS5 0.3万

ソース (ファミ通.com)

※11位以下のランキングはこちら

先週のゲームソフト売上ランキング
過去のゲームソフト売上ランキング記事一覧

(ファミ通調べ)
(青がPS系。赤が任天堂系。緑がXbox系。)

星のカービィ新作が過去最高の初動売上を記録!

今週のゲームソフト売上ランキングで首位を獲得したのは、Switch「星のカービィ ディスカバリー」。

なんと、初動から38.0万本を売り上げてきました!

これは「星のカービィ」シリーズとしては過去最高の出足だったりします。

最高初動を更新した要因としては、

  • 本編初の3Dアクション
  • ほおばりヘンケイが話題
  • 発売3週間前に体験版を配信
  • Switch市場が最高潮
  • 生誕30周年記念作品

といったところでしょうか。

今作はかつてないほど話題になっていたので、最高初動を更新するのも納得です。

注目したいのが、累計売上ですね。

「星のカービィ」シリーズは初動率が低く、累計売上は初週の3~4倍に達するのが基本なので、100万本突破は余裕と見ています。

できればシリーズ初となる200万本を超えてほしいところですが、どうなるのでしょうか?

初動に偏ってしまう可能性もあるので、2週目以降の推移にも注目したいところです。

近年発売された作品との初動売上比較
Wii「星のカービィ Wii」 初動14.4万本
3DS「星のカービィ トリプルデラックス」 初動22.5万本
3DS「星のカービィ ロボボプラネット」 初動15.4万本
Switch「星のカービィ スターアライズ」 初動22.3万本
Switch「星のカービィ ディスカバリー」 初動38.0万本
歴代カービィ初動売上ランキング
1位 Switch「星のカービィ ディスカバリー」 38.0万本
2位 DS「星のカービィ ウルトラスーパーデラックス」 26.1万本
3位 N64「星のカービィ64」 24.6万本
4位 3DS「星のカービィ トリプルデラックス」 22.5万本
5位 Switch「星のカービィ スターアライズ」 22.4万本

2位にはSwitch「マリオカート8 デラックス」がランクイン。

なんと、前週からさらに売上を伸ばして来ました!

数千本単位の伸びではありますが、新作が充実する傾向にある3月末に5年前のタイトルが2位にランクインするのは快挙ではないでしょうか?

コース追加パスの影響は着実にありましたね。

今後もコースが追加される度に売上を伸ばしてくるのでしょうか?

目次へ戻る

バイオハザード生み親の新作は地味な売上に…

6位にはPS5「Ghostwire: Tokyo」が初登場。

本作は「バイオハザード」や「サイコブレイク」で知られる三上真司さんの新作で、東京を舞台にしたオープンワールドゲームであることが話題となっていました。

しかし、PS5版しか発売されていないことも影響して、初動売上は1.0万本と地味な売上となっています。

PS4版が発売されていたらもう少し売れていたんでしょうけどねぇ。

現状はPS4からPS5への移行が進んでいないので、メーカーとしては悩ましい状況だと思います。

PS5のマシンパワーを活かしたゲームを出したい。

だけど、PS5に特化してしまうと売上が鈍ってしまう。

そんなジレンマが生まれていますからね。

14位、26位にはPS5/PS4「ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界」が初登場。

本作は人気シューティングRPG「ボーダーランズ」シリーズのスピンオフ作で、世界観やゲームシステムなどを継承しています。

初動売上の方は2機種合計で0.8万本と、2019年に発売されたPS4「ボーダーランズ3」(初動3.6万本)には及びませんでした。

タイトルだけでは「ボーダーランズ」シリーズの関連作であることがわかりにくいので、認知度が影響しているのかもしれませんね。

17位、27位にはPS5/PS4「Relayer(リレイヤー)」が初登場。

本作は角川ゲームスが贈るシミュレーションRPGで、開発は「GOD WARS(ゴッドウォーズ)」を手掛けたGODWARS TEAMが担当しています。

初動売上0.8万本は前作をやや下回る程度の出足になるので、まずまずのスタート。

と言いたいところなんですが、消化率は40%程度なので、期待ほどの数字にはなっていません。

今回はロボットを題材にしているので、前作よりも売れると見ていた小売店が多いようですね。

目次へ戻る

今週のハード売上

Switch 85,000 → 84,000
PS5  17,000 → 35,000
Xbox Series 3,600 → 390
3DS 290 → 280
PS4 10 → 10

ハード売上は今週もSwitchが一強。

週間売上は前週から横ばいとなりました。

「星のカービィ ディスカバリー」という話題作が発売になりましたが、カービィファンはSwitch本体を所有している方が多いのでしょうかね?

一方、PS5は久々に大幅に増加。

3万台に達したのは2021年12月第5週以来3ヶ月ぶりだったりします。

Xbox Seriesはここに来て大幅に減少。

PS5もそうですが、供給が不安定なので、週間販売台数が乱高下しています。

一体、いつになったら普通に買えるようになるのでしょうか?

Sponsored Link


関連記事

【ゲームソフト売上ランキング】ポケモンレジェンズがSwitch史上2位の初週売上を記録!【2022年1月24日~1月30日】
PS4ソフトがTOP20に9本もランクイン!2014年2月17日~2月23日ゲームソフトランキング
【ゲームソフト売上ランキング】はじめてゲームプログラミングがV2!累計売上は10万本を突破!【2021年6月14日~6月20日】
【ゲームソフト売上ランキング】モンハンストーリーズ2は前作と同等のスタート!プロスピ新作は…【2021年7月5日~7月11日】
神々2、FFX/X-2 HD共に大健闘!パズドラZは早くもミリオン突破!2013年12月23日~12月29日ゲームソフトランキング
【ゲームソフト売上ランキング】新作ラッシュも苦戦するタイトルが目立つ?【2021年9月27日~10月3日】
妖怪ウォッチ、スピンオフでも強かった!2015年7月6日~7月12日ゲームソフトランキング
新作が少なく、旧作が続々と再浮上!2013年4月1日~4月7日ゲームソフトランキング
ソードアート・オンラインがなんと前作超え!2014年4月21日~4月27日ゲームソフトランキング
今年初のミリオンタイトルが誕生!2015年7月20日~7月26日ゲームソフトランキング