2018/11/05/20:00 | M☆G☆Mコラム

スマブラSPの初期ファイターはたったの8体?ゲームのアンロック要素によって生まれるメリットとデメリットを考えてみた!

▼この記事で主に伝えたいこと

・報酬がないとゲームをやり込む気にはなれない。
・やり込むことで要素が解禁されるアンロック制要素はあらゆるゲームで歓迎!
・一方で用途によってはアンロック要素が邪魔になることもある。

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回の記事ではゲームのアンロック要素によって生まれるメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

そう考えるきっかけになったのはSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」のアンロック方式です。

本作は総勢74体のファイター(プレイアブルキャラクター)が参戦しますが、初期に選択出来るファイターは8体しかいません。

新しいファイターを増やしていくにはゲームをやり込む必要があります。

過去作品と比べて条件は簡単にしているようですし、最近流行りの課金によるアンロック制は取り入れていないようですが、中には最初から全キャラ使用出来るようにしてほしいと考える人も居るでしょう。

プレイアブルキャラクターのアンロック要素が存在することでどんなメリットがあるのか?またはどんなデメリットがあるのか?

まずはメリットを挙げていきます。

プレイアブルキャラクターのアンロック要素が存在するメリット

その1:ソロプレイのモチベーションになる

140322-0804-13

ぼくの中でゲームはソロプレイがメインになるものだと思っています。

しかし、報酬がないとなかなかプレイする気にはなれません。

ゲームの報酬として代表的なのがアンロック要素です。

隠しキャラクターが使用出来るようになりました!

隠しモードが出現しました!

隠しステージへ行けるようになりました!

こういったアンロック要素が存在することでゲームをやり込むモチベーションになります。

これって突き詰めていけばあらゆるジャンルのゲームに言えることだと思うんですよね。

ちょっと受動的な気もしますが、アンロック要素はあらゆるゲームの良い道しるべになっているのは確かです。

z9

そういう意味で「良いな~」と思ったのが、章ごとにプレイアブルキャラクターが変わっていく無双系タイトルのストーリーモード。

無双系タイトルは格闘ゲームから派生したジャンルなので、どの作品にも数多くのプレイアブルキャラクターが存在します。

それらをいきなり使いこなすのは大変なので、ストーリーを進めながら色んなキャラクターを使用出来るモードは歓迎です!

各キャラクターのアクションをストーリーに沿って自然に覚えていけますし、操作感覚がコロコロ変わることでゲームプレイの良いメリハリになりますからね。



無双系タイトルの場合、ストーリーモードは大きく分けて2タイプが存在します。

1つは特定のキャラクターを使ってショートストーリーを楽しむタイプ。

もう1つは複数のキャラクターを使い分けて壮大なストーリーをクリアしていくタイプが存在しますが、個人的には後者の方がモチベーションを保ちやすく感じます。

その2:少しずつキャラクターの仕様を覚えられる

今作には総勢74体のファイターが参戦します!

さあ!好きなファイターを選んでください!

みなさんはもしそんな展開になったらどうしますか?

ぼくは74体のうちごくごく僅かしか使用せず、大半のファイターを使用せずに終わってしまいます。

何故ならあまりにも多すぎて各ファイターの仕様を覚えるキャパシティがオーバーしてしまうからです。

「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのファイターはそれぞれ性能が全く異なります。

それらの性能・性能を74体いきなり全部覚えることはぼくには出来ません。

なので、初期ファイターが8体でそこから徐々に増えていくのは助かります。

プレイアブルキャラクターのアンロック要素が存在するデメリット

その1:マルチプレイ専用に出来ない

このゲームはソロプレイ専用!

このゲームはマルチプレイ専用!

こんな感じでゲームを用途ごとに使い分ける人は居ると思います。

そうなると初期のファイターが8体しかいないのはマルチプレイ専用にする場合は困ることでしょう。

ぼくの場合、とあるタイトルでプレイアブルキャラクターをアンロックするため平日に徹夜した過去が何度かありました。

何故かと言うと休日に友達と対戦する約束をしていたからです。

少しでも多くのプレイアブルキャラクターをアンロックした状態で対戦に挑みたかったから無理をしてしまったんですよね。

もし、最初から全キャラクターを選択出来たらそんな苦労をすることはなかったでしょう。

その2:興味のないキャラクターを無理やり使うことになる

ええ~!こいつらしか使えないのぉ!

特定のキャラクターにしか思い入れがない場合、初期は興味のないキャラクターを無理やり使うことになります。

もし、そんな展開になったらちょっとですね。

プレイアブルキャラクターではありませんが、とあるコレクションパッケージがアンロック制を取り入れた時に物議を醸していました。

そのコレクションパッケージでは複数のゲームを収録していたんですが、アンロック制を取り入れたせいで興味のないゲームをやり込まないとお目当てのゲームをプレイ出来ない場合があったんですね(広告で収録タイトルを明かしていたのにも関わらずです)。

これは捉えようによっては時間稼ぎに感じてしまい、プレイヤーに苦行が圧し掛かってきます。

スポンサーリンク

全体のまとめ

以上!プレイアブルキャラクターのアンロック要素が存在することで生まれるメリットとデメリットを挙げてみました!

個人的にはジャンルを問わずアンロック制を取り入れることでやり込むモチベーションが上がるので今回の仕様には助かっています。

しかし、マルチプレイ専用にしたい人や特定のキャラクターを使用することばかりが目当てだと苦行になるのも無理はありません。

マルチプレイの側面が強いゲームの場合、この辺りのさじ加減が難しそうですね。

みなさんはアンロック制についてどう考えていますか?

あ、課金によるアンロック制やルートボックス仕様についてはなしの方向で笑



コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(48)

  1. がは より:

    ほんと記事の通りです。ストーリーありきのアンロック。ストーリーが無いに等しい格闘ゲームのジャンルで、わざわざアンロックする意味がわからないよw

  2. y.crash より:

    アンロック性自体はおおむねいいとは思ってるところは多いんですけどね。
    少なくとも隠しキャラでもそのキャラを使うって言うまでのモチベーションにはなるにはなるんで。
    最初から使えないっていうのはもどかしい部分はありますけど。
    でも全キャラクターが最初から使える状態っていうのはあまり好みじゃないんですよね。
    まあ、あくまでやりこみ要素の一つとしては自分は欲しいんですよね隠しキャラ。
    もちろん隠しキャラを使っても初期キャラの方がいいやって思うことも多々あるんで。

    隠しキャラを出す条件も結構重要かも。
    大半はストーリーの特定部分(例えばボス戦後とか特定の場面をクリア)で追加。
    一部は特定のアイテムを取得して追加。
    隠しコマンドでのみ出せる隠しキャラ。(通常じゃまず使えない)
    自分が知ってるのだと、普通じゃぜったい見つからない場所に隠しキャラがいてそいつに触れると使えるっていうのがあるんです。
    あれを知ったときは正直度肝抜きましたw レースゲームなんですけどコース外にいるんですもんw 一ヶ所だけコース外に出られるところをとおってとか分からないよぉwww

    • kentworld より:

      アンロック要素はモチベーションになりますよね。

      やり込みをするうえでの見返りになりますから。

      昔のゲームは隠しキャラの解禁がやたらと難しかったですねw

      あれもあれで奥深さが生まれていたので好きですが、今の時代は簡単に情報が広まってしまうので、時代に適していないのかなぁと思ったりもします。

      もちろん、何らかの形で勲章みたいなものがほしいけど、実績やトロフィーがその役割を果たしているんでしょうね。

  3. ホンマ?トモフミ より:

    僕は課金によるアンロックはなんだかなぁですが、今回のスマブラのアンロック要素はウキウキしますよ!
    早くやり込みたいと思いました!
    確かに次は誰がプレイアブルになるかなという上では大きなモチベーションになると思います。むしろ僕はそういうスタイルの方が好き!

    しかし一方で例えばプレイアブルになるまでのインターバルがかなりかかったり、かなりのテクニックを要さないと使えないよというアンロック要素は困ります。(今はテクニック系はトロフィーや実績などのモードに落とし込むゲームが多いのでそれは助かります)

    逆にキャラクターのアンロック要素がほとんどないスマブラWiiUやマリカ8DXは拍子抜けしたことがあります。
    「え?もうこんなにいるの?」って。

    僕は基本的にゲームは一人で遊ぶときを前提で考えてしまうのでプレイアブルなどのアンロック要素が魅力的に写りますが、確かに友達と遊ぶときはキャラクターが結構いるほうがいいですよね。

    でもスマブラに関しては友達と一緒にワイワイ乱闘しながら、キャラを増やしてね♡ってスタンスでしょうね。
    僕は発売当日に乱闘しまくりますよ!

    • kentworld より:

      今回のスマブラのアンロック要素はウキウキしますか!?

      キャラクターを集めていく感じが良いですよね~。

      例えば5体目の隠しキャラ解放から6体目の隠しキャラ解放までのインターバルが数時間あったら厳しい感じかな?

      あの人数だとテンポ良く解放されないとモヤモヤしそうです(^_^;)

      マリカ8 DXは最初からコースがアンロックされていたのでそこは拍子抜けでしたね。

      まあ、あの作品はバージョンアップ版なのでWii Uユーザー向けの配慮なのかもしれませんが。

      スマブラWii Uに関してはクリアゲッターが良いモチベーションになっていました。

      今回のアンロック要素に関しては桜井さんがどこかの記事で語っていましたね。概ねぼくの意見と同じでした。

      • ホンマ?トモフミ より:

        キャラのアンロック面で僕がインターバル長いと感じたのがイースシリーズです。
        イースは魅力的なかわいい女の子キャラが加入するのですが、その子が加入するためにはゲームのおよそ2/3を攻略しなきゃならないのには困りました(^^;
        その上で期間限定のミッションが設けられてるので「そんなぁ~」って思いましたよ。

        これってあくまでも隠し要素としてのサプライズキャラならまだ許せるのですが、パッケージに移ってたり、ホームページに紹介されているうえで「実はこの子が使えるようになるのは15章(ゲームの終盤あたりでここまで行くのに平均で20時間かかるとする)からなんだ」と後でわかるとさすがに萎えますよ(´・ω・`)

        そのため、スマブラや格ゲーに限らずRPGのメンバーでも早めに大まかなキャラがパーティーに加入してくれたほうが僕は嬉しいですよ。(プレイ時間5時間までに大まかなお気に入りキャラがいるのがベストです)
        個人的にドラクエやFEあたりが大体理想的です(パッケージや公式サイトで紹介されない隠し加入メンバーはカウントしてません)。

        • kentworld より:

          RPGのパーティメンバーですか!?

          ぼくは前情報をあまり仕入れないこともあって新作RPGのパーティメンバーを知らない状態でプレイすることが多いんですよね。

          でも、事前に情報を仕入れていたらトモフミさんと同じように考えてしまいそう。

          RPGのパーティメンバーって終盤になっても加わるケースって多いと思います。

  4. 匿名 より:

    アンロック賛成派ですねぼくは
    マリオカートは最初から全開放なので、
    すぐに飽きた

    • kentworld より:

      マリオカート8 DXは極端に解放されていたので誰かと対戦する機会がなかったらプレイタイムが5時間未満になるところでしたw

  5. 街毛 より:

    課金なしのアンロックは大賛成です。一人一人の登場シーンを描けるようになるので思い入れも上がります。最初から全員使うより使いやすいキャラから操作を覚えていく方が成長しやすいですしね。

    このケースで一番成功したのは無双OROCHI2だと思います。最初の武将が三人しかいない絶望的な状況から毎ステージ新キャラを仲間にできることによる爽快感が良かったですね。

    • kentworld より:

      無双OROCHIシリーズって物凄い数のプレイアブルキャラクターがいるけど、ストーリーを進めていくことで徐々に増えている形式を取っているんですね。

      それでしたら特定のキャラクターばかりを使ってしまうぼくでも色々使うことになりそうで理想的です。

  6. 読者 より:

    アンロック要素は良いと思うんですが、今回のスマブラSPに関しては最初から全ファイター開放しといた方が良かったのになぁと思います。
    Nintendo Liveなどのイベントでもう全キャラ並んでる画面を見た人が多いと思いますが、なのに初期ファイター8人だと「あれ?目当てのキャラまだ使えないの?」とか「すぐクルールが使いたかったのに!」みたいな人が出てきそう。

    個人的にマリオメーカーでそれを嫌と言うほど味わったんですよねぇ…あのギミック使いたいのにまだ無い、追加されるのはリアル時間で明日とか…。待てませんでした。もうWiiUの時計むりやり進めましたよw
    個人的には初代64を懐かしみつつ推しキャラがアンロックされるのをのんびり待ちますが、これを待てない人はAmazonレビューにぷんぷん怒りながら書いちゃいそうでちょっと怖いですw

    • kentworld より:

      今回のスマブラは全キャラ存在を明かしてしまっているので、あそこまでガチガチにアンロック要素を入れてしまうと批判されてしまう恐れがありますね。

      Amazonのカスタマーレビューはせっかちな人が書き込むことも多いので、確かにぷんぷん怒りながら書く人が出てきそうですw

      マリオメーカーのアンロック要素は邪魔でしかありませんでした。

      せめて10人マリオをやり込むことでアンロックされていけば良かったんですが・・・

  7. 匿名 より:

    元のゲームが面白いこと
    これが最低条件です
    アンロック要素のためにツマラナイことを延々やらされるのは吐き気がします
    普通に遊んでもメチャクチャ面白いのに更に遊んでいるだけでどんどん御褒美までもらえて
    更に面白くなって更に遊んでたら更に御褒美もらえて、
    というポジティブスパイラルなら大歓迎です

    • kentworld より:

      それは重要な要素ですね!

      ゲームが面白かったらガチガチなアンロックでも気が付いたら全部開放していることもありますので。

  8. つぐみ より:

    複数のキャラを使うタイプじゃないので
    ガチャ的に好きなキャラが全然使えないとかだったらキレますね(笑)
    アンロックは面倒くさい要素でしかないですなぁ

  9. アレイサ より:

    僕は、スマブラのアンロックシステムは大好きですね!子供の頃、友達からミュウツーが使えるようになるとの噂を聞いて、当時流行っていた「夢枕(枕元にものを置いておくと、それに関する夢が見られるようになる)」で、ミュウツー参戦の手書きイラストを枕元に添えてまでミュウツー参戦を願ったもの。今まで使えなかったものが使えるようになるというのは、それだけで喜びですね!
    ただ、今の時代には合っていないのも感じます。なぜなら、今のスマブラは、発売前に全てのファイターが判明していて、ロックをかける意味がないからです。ミュウツーが参戦することを知らない小学生はいないと思います(笑)
    ケントさんのおっしゃるように、友人と遊びたい場合に、ファイターが自由に選べなくて困るということはあるでしょうね。今の時代に合っている方法を考えるとすれば、初回起動時に、未開放のバージョンと、解放済みのバージョンを選んで遊べるようにする、というものでしょうか。時間的に余裕があって、ファイターが増える喜びを感じたい人は前者、アンロックが面倒な人、友人と遊ぶためにソフトを用意したい人は後者を選ぶ、というように、ユーザーが自由に選べるようにするといいと思います。ゲームとしてどうなの?と思いますが、全ファイターを公開している以上、こういう案もあるのかな~と。

    ちなみに、プレイ日数経過による解放は、はっきりと申しますが論外だと思います!(笑)具体的に言うとマリオメーカーです。それも、おまけや色違いのパーツではなく、基本的なコースづくりに必要なパーツが、日をまたがないと入手できないのですから、あれはありえないシステムでした(笑)ゲームを買った初日は、ほぼ何もできませんでした。この少ないパーツで何を作れと?!引っ越してきて、ものがなくて寝るしかできない初日みたいな、そんな感じでした(笑)

    話はそれましたが、遊べば遊ぶだけ何かが解放されていくゲームシステムは僕は大好きです!このシステムがあるからこそ、僕はスマブラを買ってもすぐに積まずに済むのだと思います。

    • kentworld より:

      あはは、子供時代の思い出。可愛くて微笑ましいです!ミュウツーの手描きイラストを枕元に添えるとは!?

      スマブラDX辺りまではインターネットがそこまで普及しておらず、隠しキャラが広まるのに時間が掛かりましたからね。

      ぼくの場合、発売後にロイが隠しキャラで登場する噂を聞いて「原作のゲームが発売前なのにまさか!?」と思っていましたよ笑

      実はぼくもプレイヤーが未解放か解放かを選べるようにしたら良いんじゃないかと思っていました。

      今の時代、ユーザーの趣向も細分化していますから、設定で細かくイジれた方が良いと思うんですよね。

      スーパーマリオメーカーの件は同感です。

      ぼくも当時はWii Uの時計機能を使って無理やりアンロックさせていましたよ笑

      せっかくゲーム内容が良いのに変な仕様で評価を落とさないでもらいたいです。

  10. jb より:

    最近はガンダムゲーで露骨にDLCで強キャラ配信して稼ごうとするやり方が好きになれなかったので、多少面倒でもアンロック方式で頑張れば使えるようになる方が、不公平感がでなくていいですね。

    今度のスマブラも、パックンや後日配信の5体のDLCが余りにも強性能だと、批判がでるかもしれませんね。オンライン対戦付きゲームのバランス取る人は大変だ。

    • kentworld より:

      そう言えば前作はDLCのキャラが強くて一部で批判されていたんですよねぇ。

      課金している人を優遇させたい気持ちは分かりますが、露骨過ぎると不公平な感じがして反感を買いますね。

  11. Kiyoppy より:

    アンロックは好きなゲームならムキになりますが、課金要素が入ると急に萎えますね。
    実力で開放できるのなら攻略方法を考えて試行錯誤する過程が楽しいのに、運と資本力で済むのは個人的には許せません‼

  12. アレイサ より:

    追記

    スマブラのアンロック要素で思い出したことがあるので、追記します。
    スマブラXの、亜空の使者を進めることでファイターがアンロックしていくシステムは、正直味気なくてがっかりした思い出があります。ただ導線にしたがってシナリオを進めていくだけなのに、ご褒美がもらえるのはなんか違うなあ、と。
    スマブラDXの頃は、何が解放条件なのかわからなくて、ああでもない、こうでもない、と試行錯誤しながら遊びました。新しいイベント戦が出てきたときに、これをクリアすればええんか~!?とドキドキしたり、友達と乱闘してるときに、たまたま条件をクリアしていきなり挑戦者が現れたり。結果的に、ミュウツーは総プレイ時間だったので、当時は放置してゲットしましたが…(笑)でも、今作のアンロック要素にも、こうした遊びの幅があることを期待しています!

    • kentworld より:

      スマブラDX辺りまでは色々と試行錯誤してキャラクターを開放していましたもんね!

      個人的に初代スマブラでネスの解放条件が分からなくて四苦八苦していた思い出があります。

      ただ、今の時代は娯楽が多様化し過ぎてしまい、ユーザーの目も移り変わりやすいので、ある程度導線を用意してモチベーションを維持させないと厳しいのかもしれません。時代の流れってやつですかねぇ・・・

      隠しキャラはともかく、クリアゲッターは難しい条件のものがあると思うので、そちらに期待しています!

  13. キムチ より:

    僕はストⅡで豪鬼が初めて出た時の感動をまだ覚えてます。
    全く知らなかったんで笑

    今回のスマブラは全てのキャラクターが事前に告知されてるのでなんかアンロックが作業になりそうで嫌ですね〜
    なんなら全て隠したまま発売して欲しかったです笑
    今の時代は情報が早いので意味ないのかもしれませんが……
    「えぇー!スネークまた出たの!?」を自分の力でやりたかったです笑

    • kentworld より:

      そんな思い出がありましたか!?

      まっさらな状態で予想外のキャラが出てきたら嬉しくなりますよね♪

      またそんな体験を味わいたいけど、今の時代はネットの普及でなかなか難しいのかなぁと思います(泣)

  14. ttt より:

    不意に現れる挑戦者出現のアラート画面にすごく興奮してたクチなので、アンロック自体は嬉しいです
    選択肢多すぎると選べなくて困るゆとり世代ですしw

    ただ、74体もあると面倒な解除条件はあるんでしょうし、たしかに対戦の時揃ってなかったら嫌かもしれないですね…
    JOYSOUNDに入ってる十八番の曲が、たまたまDAM部屋に案内されたせいで歌えなかった時の失望感というか……違うか………

    • kentworld より:

      あぁ、「挑戦者が現れました!」みたいなアラートが出てきたら「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」って感じがしますもんねw

      今作は解放条件を緩くしているようですが、どこまで徹底しているのかは触ってみないと分かりません。

      JOYSOUNDの例えはちょっと違うかもしれませんが、面白い表現だと思いますw

  15. AVC-M370 より:

    ルートボックスとは何だろうか。

    アンロックは面白さに寄るだろうな。
    無双系は余り苦にならない傾向がある。
    ストーリーの中で特別操作が変わらないままどんどん増えるからだろうな。
    スマブラみたいな対戦タイプでは上手い人には苦にならないやも知れんが、初心者には易しくない。
    往年の格ゲーが物語っているからな。
    他人より上達する事が楽しめるかどうかの意欲がなければ、途中でCPUに詰まされる。
    ただワイワイ接待ツールならマリオカートやらを選べばよいと言うことなのだろう。
    まあ時限式なり解放されていく選択肢が複数用意されていると良いのではないかね。

    • kentworld より:

      ルートボックスは説明が難しいですけど、要するにガチャみたいなものだと思ってください。

      最近はゲーム用語集の更新が停滞しているので、余裕がある時にこういった用語を加えていきたいですね~。

      今のスマブラはライトユーザー向けなのかコアユーザー向けなのか分からなくなってきましたw

      マリオカートのようなカジュアル性は感じないけど、一方でガチガチという訳でもないですし・・・

  16. Conker the Squirrel より:

    課金なしのアンロックは賛成派ですが・・・
    だけどアンロックするのに難しすぎる条件というのはどうかと思います。
    例えばディディーコングレーシングでT.T.を出すの難スギです(怒)。
    未だにT.T.を使ったことがありません(泣)。
    あと隠しコマンドでアンロックされ隠し要素が出現するのもどうかと思います。
    そんなの普通じゃ分かりませんからね。
    例えばConker’s Bad Fur Dayでマルチプレイヤーモードで隠しキャラを出現させるには、チートコードを打ち込んでConkerなどが使用出来るようになります。
    ネットが使えなきゃチートコードなんて分かるか(怒)。
    スマブラXの亜空の使者みたいに、ストーリーを進めて行けばファイターがアンロックされるのがいいと思います。スマブラSPでもそうしてもらいたいです。
    だけど対戦ゲーでは最初から全て使えるのもありかもしれません。
    友達と遊んだ時、なんでお前のデータにはいないんだよ、選べないじゃないかと言われ、困ったことがありました。
    子供時代のトラウマです。
    キャラやステージなどの対戦で必要な要素は、小さな子供でも出せるような条件なのが一番だと思います。

    • kentworld より:

      ディディーコングレーシング!懐かしい!

      T.T.の解放条件は大変でしたよね!ぼくは開放するのに2ヵ月掛かってしまいましたよw

      そして、開放してからは満足してほとんどやらなくなってしまいました笑

      レア社のゲームってチートコードによる隠し要素が多かったですね。

      当時の洋ゲーってチートコードがトレンドだったようで、色んなゲームで見かけました。

      気が付けばほとんど見かけなくなりましたが、レッド・デッド・リデンプション2では久しぶりに見かけたので懐かしくなりましたねー

      あはは、アンロックされているキャラが少なくて友達に怒られてしまいましたか笑

      そうそう、そういった苦い思い出が生まれる恐れがあるからマルチプレイの側面が強いゲームのアンロック要素はバランス取りが難しいんです。

  17. ヨウタイガ より:

    使えるキャラが多いほど、アンロックの方が使ってもらえるキャラも増えますよね。記事にもありましたが、三国無双8では勢力ごとのストーリーに沿って時代が進み、そのシチュエーションによって使えるキャラが決まっていました。正直そういう仕様でないと自分では選ばないキャラもいますし、触れられて良かったと思う時もありましたね。
    一長一短ありますが、個人的なは一気に与えられるよりも、少しずつ増えていくワクワク感が好みですね。

    • kentworld より:

      無双8もかなりのプレイアブルキャラクターが居ましたもんね。

      あんなに多いと一部のキャラしか使わなくなってしまうので、ストーリーモードの仕様は助かりました!

      ぼくも徐々に増えていく形式が好きです。

  18. KAZU より:

    「集める」「揃える」ということが大好きなので、今回のスマブラのアンロックはワクワクしています。少しずつ使える要素が増えていく楽しみは最初しか味わえないので、楽しみたいと思います。
    70体以上のファイターを最初から全て出されたら、使わないファイターがたくさん出てきそう。アンロックされれば、その時にまず使ってみると思います。

    • kentworld より:

      集める、揃える。

      これはぼくも好きな要素です!

      出現キャラの存在が分かっていても「集める」「揃える」を意識していけばコツコツ感が生まれて楽しくなってきますね。

      アンロックされた直後は使ってみたくなる気持ち分かります!もしかしたらそれを狙っているのかもしれませんね。

  19. シロマ より:

    スマブラスペシャルは家のネット環境も整ったからマルチプレイメインでプレイしたいから最初は8キャラだけしか使用出来ないのはイマイチですね。
    僕は満遍なくキャラを使用するし嫌いなキャラとかいないからもの不満という訳ないがね。
    条件が緩いなら速攻で全キャラ揃えてから対戦したいですね。

    • kentworld より:

      最初の数日間はオンラインではなくキャラの解放などがメインになりそうですね。

      そこで感覚を掴んで戦場へ向かいましょう!

  20. nicond より:

    ゲームを進めるとキャラクターがアンロックされるシステムは好きなので、スマブラspの仕様は嬉しいです!

    それに加え、使用キャラが決まってない&前作未プレイなので、いろいろ触って自分に合うキャラを決められそうです。

    ただ、何と言ってもキャラ数が多いので、使ってみたいキャラが中々出ないとなればもどかしく感じそう。

    あと、使用キャラが決まっててオンラインでガツガツやりたい人は今作の仕様は合わないでしょうね〜

    • kentworld より:

      nicondさんもやり込むことでアンロックされていく仕様が好きですか。

      やっぱりゲームをやり込むうえではある程度の見返りを求めてしまいますよね♪

      今作はシングルプレイ好きには響く仕様だと思いますが、マルチプレイ至上主義みたいな考えだと合わない仕様だと思います。

      まあ、解放条件は緩くしているようなので、そういった方はそれまで辛抱していただく感じでしょうか。

  21. グリグラ より:

    アンロック式はやり方次第ですが、今回のスマブラはさすがにキャラが多すぎて初期8体は少なすぎると感じます。
    条件が緩くて、遊んでいるうちに全開放できるバランスならOKですが、こればっかりは触ってみないとわかりませんからね。

    初代スマブラは完全シークレットながら隠しキャラクターの存在を臭わせるキャラ選択画面があり、実際に登場した時は大興奮しました。
    しかし今作は登場キャラがすでに分かってしまっているので、アンロック式にかつて程の恩恵は感じられません。

    ただ、キャラの使用数が少ないことで新しいキャラを使う機会が増え、遊びながら仕様を覚えていくメリットはありがたいです。多すぎるので結局全員使うことは難しいでしょうが。

    • kentworld より:

      アンロック式にする場合、あんまりガチガチにし過ぎるとマイナスからのスタートに感じてしまいますもんね。

      今作は事前に参戦ファイターをすべて明かしていますし、そこが裏目にならないでほしいです。解放条件が本当に緩かったら良いのですが・・・

      そう言えば初代スマブラの選択画面は左右にシルエットが表示されていましたっけ。あれは想像する楽しさがありましたね♪

  22. Awaken より:

    特殊条件による従来スマブラ型の解放に加えて、ゲーム内コインの使用でも選択的にキャラ解放ができたら良いなと思います。発売を待ちわびたファンの中には特定のキャラを早く使いたい人もいるでしょうからね〜。
    ちなみに僕は8体からのスタートに燃えていまして、個人的には大歓迎です笑。使いたいキャラはいるんですが、そのキャラとの再会を目指して奮闘したいと思います。

    • kentworld より:

      いくつかの解放条件を作るのも良いですよね。

      従来の作品では対戦をしまくっていたら自然とアンロックされていくようにしていましたが、今の時代はもっと多くの条件を作っても良いと思います。

      おお!張り切っていますね!ぼくも見習って光の速さで8体から74体にしていきます!w

  23. バラザム より:

    自分もドリキャスの『熱闘ゴルフ』で隠しキャラの”せがた
    三四郎”と”プロゴルファー猿”を友達と遊ぶ日までに出現
    させるために頑張ったことありましたね~

    最初は少なくても条件は緩いみたいなので今回のケースは
    いいと思いますけどね。基本エッセンスの詰まった初期の
    8キャラですから『どのキャラも自分には合わない』という
    こともあまりないのではないでしょうか。

    同一ハードでの続編だったらセーブデータの連動で、前作で
    解放してあるキャラクターを最初から使える様にすることも
    出来たかもしれませんけどね。amiiboで対戦プレイ時に限り
    一時敵に解放できるようにするとかw

    • kentworld より:

      なんという思い出w

      でもゴルフゲームの隠しキャラにせがた三四郎やプロゴルファー猿が居たら友達が来るまでに解放したくなりますねw

      今回のスマブラSPは解放条件を緩くしているようなので、それが本当だったらそこまで大きな不満点にはならないと思います。

      あぁ、こういう時にamiiboでアンロックというのは良いやり方ですね。

      そういう意味でスーパーマリオメーカーのamiibo連動は良かったです。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

評論家の間に漂う斬新なゲームを絶賛しないとダメな風潮
ゲームメディアにはない個人ゲームブログの強みとは?悪口以外にもこんな強みがあった!?
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドに経験値の概念がない理由とは?探索を重ねて強くなるタイプのゲームが大好きです!
意外とオタクじゃない?ゲーム熱が冷めた時にkentworldがやる事
もっとワールドマップでワクワクさせてくれ!
自動生成機能を使ってほしい場所と、使ってほしくない場所
歴史が長い雪だるま式シリーズに途中から入ってゲームレビューする際の悩み
モンスターハンター(モンハン)が最強のコミュニケーションツールに感じた6つの理由
大器晩成なPSハード
どっちが良いの?RPGにおけるシンボルエンカウントとランダムエンカウントの長所と短所を挙げてみた!