| 特集

2021年発売のSwitch期待の注目作10選【年始からビッグタイトルが続々と発売!?】

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は、2021年に発売されるSwitchの期待作を紹介していきます。

任天堂のゲーム機は年末に強い傾向があり、年明けは新作が弱い傾向にあるんですが、Switch人気の影響が出てきたのでしょうか?

今年は年明けからミリオンセラーを狙えるほどのビッグタイトルが続々と発売予定となっています。

そこで、今回は大ヒット確実の期待作を中心に紹介していきますので、最後までご覧ください。

スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールド

まず最初に紹介するのが、「スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールド」です。

本作はステージクリア型の3Dアクションゲームで、2013年に発売されたWii Uソフト、「スーパーマリオ3Dワールド」のバージョンアップ版となっています。

ですので完全新作ではないんですが、個人的にオリジナル版は数ある3Dマリオ、Wii Uソフトの中でも上位に位置するほど完成度が高いと思っているので、今回の記事では真っ先に紹介することにしました。

本作で特筆したいのが、コースに設置された仕掛けのバリエーションがめちゃくちゃ多いことです。

マリオらしい王道のアスレチックはもちろん、スライダー、パズル、レースなどコース毎に全く異なる仕掛けが設置されていて、常に新鮮な体験が味わえるように作られています。

こういったステージクリア型のアクションゲームを遊ばれた方はわかると思うんですが、ゲームによっては同じ仕掛けを使いまわしてコースを量産していることもあるんですよね。

70

ところが本作では同じ仕掛けをできる限り使わないように作られているので、最後まで飽きずに楽しむことができます。

次から次へと新しい仕掛けが出てくるので、遊んでいる時はマリオのアトラクションがギッシリ詰まったおもちゃ箱かと思いましたよ。

そんな「スーパーマリオ3Dワールド」ですが、Switch版はフューリーワールドという新たなワールドが追加されることになりました。

いやいや、Wii U版の時点で物凄い数のコースが用意されていたのにそのうえで追加するってどんだけボリュームがあるんですかw

極めつけとなるのがオンラインに対応したマルチプレイ。

Wii U版ではオフラインでしかマルチプレイを行えなかったんですが、Switch版はオンラインでも行えるようになり、離れた友達と最大4人でコースを楽しめるようになりました。

3Dマリオでオンラインプレイが楽しめるのはこれが初になるので、何気にとんでもない追加要素ではないでしょうか?

他にも移動速度の向上、ジャイロ操作の対応など細かい部分のチューニングも行われており、Wii U版から完成度がさらに向上していると思われます。

Wii U版の時点で完成度の高さは相当なものだったので、これは、期待するしかありませんね!

Switch「スーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールド」は2021年2月12日発売予定となっています。

目次へ戻る

モンスターハンターライズ

続いて紹介するのが、「モンスターハンターライズ」です。

本作は「モンスターハンター」シリーズの最新作で、仲間と協力して指定されたモンスターを狩っていくアクションゲームとなっています。

特徴的なのが、翔蟲(かけりむし)を使ったアクションです。

翔蟲を活用することで空中を自由に移動できたり、壁を走ったり、武器ごとに用意された専用の技を使うことができます。

専用のゲージを消費する必要がある関係上、制限なく使用することはできませんが、従来のモンハンと比べても派手なアクションを楽しめるようになりました。

オトモガルクに乗ってフィールドを駆け抜けることもできるようになりましたし、本作のアクションに慣れてしまうと、昔のモンハンが地味に感じてしまうかもしれませんねw

世界観は和風テイストに統一。

新モンスターは妖怪のような見た目となり、おどろおどろした雰囲気を醸し出しています。

一体、どんな攻撃モーションが用意されているのでしょうか?

奴らを狩るのが今から楽しみでなりません。

そんな「モンスターハンターライズ」ですが、何気に注目なのが、インターネット通信プレイに加え、ローカル通信プレイにも対応していることです。

「モンスターハンター」と言えば近年は据え置き機での展開がメインとなり、離れた友達とマルチプレイを行う流れが生まれていました。

でも、モンハンって本体を持ち寄ってみんなで遊ぶのも面白いと思うんですよ。

今作では久しぶりに友達と顔を合わせてのマルチプレイを楽しめそうなので、そちらの方も期待しています。

今は人を集めてのマルチプレイがしにくいご時世となっていますが、早く沈静化して本作のローカル通信プレイで楽しみたいですね。

Switch「モンスターハンターライズ」は2021年3月26日発売予定となっています。

目次へ戻る

ブレイブリーデフォルトII

続いて紹介するのがこちら!

「ブレイブリーデフォルトII」です。

本作はスクウェア・エニックスが贈るファンタジーRPG「ブレイブリー」シリーズの完全新作で、1990年代によく見られた王道RPGの流れを継承した作品となっています。

仲間と共に街をハシゴして旅をする進行形式、ターン制コマンド式の戦闘システム、想像の余地を残してくれる簡略化された演出、温かみのあるグラフィック、耳に残るBGM。

スーパーファミコン時代のRPGに慣れ親しんでいたら「あ~!!!これこれ!これだよぉ!」なんて言いたくなるような作りになっています。

しかし、2020年3月に配信された特別バージョンの体験版は難易度が非常に高く、やや評価が割れていました。

「もしやガッカリゲーなのでは?」と少しだけ思ってしまいましたが、その後、体験版をプレイしたユーザーのフィードバックを反映。

3種類の難易度を設けたり、操作性、視認性などが改善されました。

2020年12月にはユーザーのフィードバックを反映した無料体験版「Final Demo」が配信されたので遊んでみたところ、完成度は前回の体験版よりも着実に上っているように感じます。

難易度はカジュアルモードの場合、高すぎず低すぎず丁度良い感じで、本作の特徴となる戦闘システム、ブレイブ&デフォルトの醍醐味を味わえる理想的なバランスに感じられました。

無料体験版「Final Demo」では「第一章」の前半部分を楽しむことが可能で、クリアするには5時間近くも掛かるほどボリューム満点の内容となっています。

ニンテンドーeショップにて配信中なので、気になる方はぜひ、プレイしてみてください。

製品版にはデータを引き継ぐことはできませんが、ある程度進めると中毒性抜群のカードゲーム、B&Dをプレイすることもできますよ。

Switch「ブレイブリーデフォルトII」は2021年2月26日発売予定となっています。

目次へ戻る

牧場物語 オリーブタウンと希望の大地

続いて紹介するのが、「牧場物語 オリーブタウンと希望の大地」です。

本作は「牧場物語」シリーズの最新作で、牧場経営やスローライフ、恋愛を楽しめるシミュレーションゲームとなっています。

「牧場物語」の関連作は既にSwitchでいくつか発売されていますが、本編の完全新作としては今作が初になるんですよね。

そのためかゲームシステムは過去作から刷新。

「マインクラフト」のようにフィールドを開拓して「木」「草」「花」「石」などの素材を使ってさまざまな物を作れるようになりました。

開拓を進めることで鉱山、火山などのダンジョンにも行けるので、これまで以上に牧場経営が疎かになってしまいそうですねw

もちろん、タイトルが「牧場物語」であるからには牧場経営の要素も強化されており、今作では開拓を進めていくことで牧場をシリーズ最大の広さにすることができるようになりました。

街ではこれまで通り住人との交流や恋愛も楽しめるので、今作もハマったらヤバいことになるでしょうねw

Switch「牧場物語 オリーブタウンと希望の大地」は2021年2月25日発売予定となっています。

先ほど紹介した「ブレイブリーデフォルトII」とほぼ同日に発売されるので、どちらを先にプレイしようか迷いますねw

目次へ戻る

ルーンファクトリー5

続いて紹介するのが、「ルーンファクトリー5」です。

本作は「ルーンファクトリー」シリーズ最新作で、ファンタジー世界で冒険と生活。両方を楽しむことができます。

一作目が発売された段階では先ほど紹介した「牧場物語」のスピンオフという位置付けでしたが、その後、独自の進化を遂げていきました。

しかし、開発元のネバーランドカンパニーが経営破綻したことからシリーズが凍結。

長いこと新作が発売されない状況に陥ってしまいましたが、様々な奇跡によって9年ぶりに完全新作が発売されることになりました。

今作で特徴的なのが、警備組織のメンバーとなり、仲間とともに冒険を繰り広げていけることです。

「ルーンファクトリー」は「牧場物語」とは違い、モンスターとの戦闘要素が存在することが特徴となっていますが、主人公が警備員でしたら戦いの動機付けを持たせていますので、より合理的な設定になったと思います。

グラフィックは据え置き機でもあるSwitchでの発売ということもあり、前作から大幅に向上。

見下ろし型の視点から肩越し視点になり、据え置き機で発売された「ルーンファクトリー オーシャンズ」のように立体感のある映像で楽しめるようになりました。

でも、タイトルに「5」と付いているので今作から入るのは抵抗がありますよね?

それを危惧してか公式では初めての方でも楽しめることを強調。

シリーズ初心者の方でもおすすめできるゲームとアナウンスしていますが、おそらく、これは本当だと思われます。

というのも「ルーンファクトリー」シリーズのストーリー、舞台は独立しているんですよね。

イメージ的には「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」のような感じでしょうか。

どちらのシリーズもナンバリング毎に舞台やストーリーが独立しており、途中からでも入っていけるように作られていますからね。

どうしても過去作を予習したい場合、Switchで発売されている「ルーンファクトリー4 スペシャル」をおすすめします。

本作は2012年に発売された3DSソフトのリマスター版で、新シナリオ、新難易度。

そして、「ルーンファクトリー5」とのデータ連動機能が搭載されています。

Switch「ルーンファクトリー5」は2021年5月20日発売予定となっており、本記事を投稿した時点では5ヶ月以上も先だったりします。

「ルーンファクトリー5」から入っても問題ないと思われますが、シリーズに興味を持ち、今すぐに遊びたい場合、前作の「ルーンファクトリー4 スペシャル」から手を出すのも良いかもしれませんね。

目次へ戻る

新すばらしきこのせかい

続いて紹介するのが「新すばらしきこのせかい」。

このゲームは「やっと出てくれた!」と思いましたよ。

本作は渋谷を舞台にしたアクションRPGで、2007年に発売されたニンテンドーDS用ソフト、「すばらしきこのせかい」の続編となります。

前作は野村哲也さんが描かれるスタイリッシュなキャラクターデザイン、ボーカル付きのカッチョイイBGM、2画面やタッチスクリーンを活かした斬新すぎる戦闘システム。

そして、思春期の少年の等身大を描いたストーリーが厨二病患者のぼくのツボにハマり、DSのおすすめソフトとして真っ先に挙げたくなるほど気に入っているんですよね。

しかし、セールス的に振るわなかったこともあり、続編がなかなか発売されませんでした。

それから14年後の2021年。

TVアニメの放送と合わせて続編の「新すばらしきこのせかい」がSwitchとPS4で発売されることになりました。

2画面を活かしたシステムは廃止されているようですが、

  • スタイリッシュなキャラクターデザイン
  • ボーカル付きのカッチョいいBGM
  • 厨二心をくすぐるストーリー
  • バッジを使って戦う戦闘システム

は継承されているので、紛れもなく「すばらしきこのせかい」の続編だと思われます。

フィールドのグラフィックは3Dになり、渋谷の細かい部分まで再現されるようになりましたし、これは、期待するしかありませんね。

Switch「新すばらしきこのせかい」は2021年発売予定となっています。

目次へ戻る

バディミッション BOND

続いては任天堂とコーエーテクモゲームスが贈る新規タイトル、「バディミッション BOND」を紹介します。

本作は相棒と共にミッションを遂行するアドベンチャーゲームで、特徴としては3Dで描かれる敵基地を攻略していく潜入パートが挙げられます。

こういったアドベンチャーゲームは立ち絵による会話イベントやコマンド選択による探索、謎解きを中心に据えた作品が多く感じますが、本作の場合、それに加えて3Dアクションゲームのような潜入パートが用意されているんですね。

それも潜入ルートが複数用意されており、捜査パートでの聞き込みによってルートが解放される形式となっています。

アドベンチャーゲームとしては意欲的なシステムを搭載しているので、これは楽しみですね。

キャラクターデザインは「アイシールド21「ワンパンマン」の作画を手掛ける村田雄介さんが担当。

躍動感のある作画は相棒と一緒にミッションを遂行していく本作のストーリーとマッチしているように感じます。

ミッションの成績によってキャラクター同士のエピソードが解禁され、意外な一面が見えるとのことですし、キャラゲーとしても楽しめそうな予感が漂ってますね。

Switch「バディミッション BOND」は2021年1月29日発売予定となっています。

目次へ戻る

バランワンダーワールド

続いて紹介するのが「バランワンダーワールド」です。

本作は舞台ミュージカルをモチーフにした3Dアクションゲームで、80種類以上の衣装を使い分けてステージに隠されたアイテムを集めたり、奥に潜むボスを倒していくのが目標となっています。

舞台となるステージは12種類。

それぞれにテーマが設けられており、様々な景色を楽しむことができます。

言ってしまえば「スーパーマリオ64」のような箱庭探索型のゲームだと思われますが、舞台ミュージカルをモチーフにした設定。

80種類以上の衣装を身にまとって攻略していくゲームシステムは本作ならではで、こちらも面白そうですね。

発売元はスクウェア・エニックスですが、ディレクターは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の生み親で知られる中裕司さんが担当。

彼はソニック以外にもゲームキューブの「ジャイアントエッグ」とか、Wiiの「天空の機士ロデア」などの良質な3Dアクションゲームを手掛けた実績があるだけに、今作も期待しています。

彼が手掛けるアクションゲームは難易度がべらぼうに高くなる傾向にあるので、今作でも暴走しなければ良いんですけどね笑

Switch「バランワンダーワールド」は2021年3月26日発売予定となっています。

ヤベ、モンハンライズと被ってるじゃん!?

目次へ戻る

New ポケモンスナップ

続いて紹介するのがこちら。

「New ポケモンスナップ」です。

本作は様々なポケモンの生態を調査していくカメラアクションゲームで、1999年に発売されたN64ソフトのゲーム性を踏襲した完全新作としてアナウンスされています。

現時点ではほとんど情報が明かされていませんが、N64版と同じくレール移動するマシンに乗って写真を撮影していく点。

グラフィックが美しくなり、N64版には登場しなかったポケモンも撮影できる点。

開発にバンダイナムコゲームスが関わっている点が判明しています。

N64版は当時プレイしたんですが、めちゃくちゃ惜しいゲームだったんですよ。

撮影するタイミング次第でスコアが変化していく奥深さ。

アイテムを使った謎解き。

そして、ローソンのLoppiで撮った写真をプリントアウトできる点は素晴らしかったんですが、当時判明していた151種類のうち63種類のポケモンしか登場しなかったんですよね。

元となるゲーム性が良かったので、もっとポケモンの種類が増えないかなぁと思っていたんですよ。

それだけにSwitchで発売される今作で長年の未練を晴らせるんじゃないかと期待しています。

ポケモンの種類は間違いなく前作から大幅に増えているでしょうし、時代が進んだことでSNSを通じた静止画・動画の共有ができるようになりましたからね。

発売されたら絶対に盛り上がると思うので、大好きなポケモンの撮影を楽しむのはもちろん、ユーザー同士の情報共有も楽しんでいけたら良いなと思っています。

発売日は現時点では明かされていませんが、2021年の早い段階で発売されることを期待して紹介させて頂きました。

今年は「ポケットモンスター」の生誕25周年になりますし、記念碑的な作品であることを祈っています。

目次へ戻る

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 続編 (仮称)

最後に紹介するのが、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 続編」です。

2017年に発売され、全世界で高い評価を得た「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」。

本作の正当な続編が2019年に発表され、トレーラー映像も公開されました。

映像を見た感じですと、前作よりもホラーテイストが強くなり、ダークな作風になると思われますが、現時点で結論付けるのは早計かなと思います。

ただ、「時のオカリナ」のその後を描いた「ムジュラの仮面」がダークな作風であった前提があるので、あの時の再来になるかもしれません。

いずれにしても初公開から2年近くが経過しているので、「ゼルダの伝説」生誕35周年となる今年こそは発売してほしい。

そんな期待を込めて今回は紹介させて頂きました。

ブレワイの自由過ぎるゲーム体験を経てから早4年。

未だにあの時の興奮を上回るほどのゲームに出会えていないので、続編となる今作は超えてほしいと思っています。

スポンサーリンク

目次へ戻る

2021年発売のSwitch期待の注目作10選のまとめ

ここまで2021年に発売されるSwitchの期待作を紹介していきました。

ここで挙げた以外にも様々な期待作が発売されるものだと思われるので、2021年のSwitchは例年以上に豊作の年になるでしょうね。

当ブログでは2021年もSwitchの新作ゲームをできる限りレビューしていこうと思っています。

少しでもみなさんの参考になれば良いと思っていますので、今年も応援。よろしくお願いします!

目次へ戻る

本記事の動画版

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(3)

  1. 匿名 より:

    ポケモンスナップとブレワイ2はやりたいかな?ほかはなんか微妙かも

  2. ケンケン より:

    あけましておめでとうございます。

    今年はソフト的にはスイッチの全盛期になるんじゃないかと思います。
    紹介されているものではやはり3Dワールド・モンハンライズ・ゼルダ続編ですね。
    どれも発売後にかなりの盛り上がりを見せると思います。

    ただやっぱり思いもよらなかった新規IPのゲームとかをみたいですね。
    どんなゲームなのかを想像するあの時間がすごく楽しいです!

  3. ヨシくん より:

    Buzz videoという動画投稿アプリにKENTOさんの動画を無断で使用している人がいますよ
    「ゲーム動画パラダイス」って人です!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

クリア後のおまけ要素が凄いゲームを大特集!
ニンテンドースイッチのおすすめRPG 10選
「ゼルダの伝説信者にありがちな9つの癖」を考えてみた!
神ゲー満載!Nintendo Switchで人気のおすすめインディーズゲーム65選!【2020/4/23更新】
無料で遊べるおすすめのニンテンドースイッチ ソフト7選
みんなは1日最高何時間プレイした?kentworldが1日に何時間もぶっ通しでプレイしたゲームを紹介!
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが影響を受けたと思われる作品を大特集!
【売上予想】2020年にゲームソフトでミリオンセラー(100万本達成)を記録しそうなタイトル8選!
マリオ64みたいな箱庭探索型アクションゲーム特集!マリオオデッセイの予行練習にオススメ!
【特集】子供が安心して楽しめるおすすめのPS4ソフト20選!PS4でも探せばこんなにもある!?