| コラム

有機ELディスプレイ搭載の新型Switchが発表!普通のSwitchとどっちが買いなのか?

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

大人気ゲーム機のニンテンドースイッチ。

なんと、有機ELディスプレイ搭載の新型Switchが2021年10月8日に発売されることが決定しました!

Switchの新型はかねてから噂されていましたが、ついに正式発表されたということになります。

ここで疑問になってくるのが、新型Switchは買いなのかということです。

既に持っている人はもちろん、今後、Switchを新しく購入予定の方はどれを買えば良いのでしょうか?

現時点でわかっている情報から整理していきたいと思います。

本記事を閲覧することでどのSwitchを買えば良いのかがわかると思いますので、ぜひ、最後までご覧になってください。

新型Switchの特徴

その1:有機ELディスプレイ

まずは新型Switchが従来のSwitchから何が変わったのかをまとめていきたいと思います。

新型Switchの特徴としては大きく分けて5つあって、1つめは7インチの有機ELディスプレイを搭載していることです。

Switchは本体にディスプレイを搭載しているので、携帯型ゲーム機のような感覚で持ち寄って遊ぶことができます。

が、従来のSwitchは6.2インチ。

携帯型ゲーム機に特化したSwitch Liteは5.5インチだったので、画面内の情報量が多いゲームは遊びにくいことがありました。

例えば「ダークソウル リマスタード」

本作は3D空間を探索していくアクションRPGなんですが、元々は据え置き型ゲーム機向けに作られていました。

そのため大画面で遊ぶことを前提に作られているので、文字が小さめとなっています。

加えて画面が全体的に暗いので、携帯モードで遊ぶ場合、視認性がやや悪いと思っていました。

新型Switchの場合、画面の大きさが7インチと大きくなっているので、視認性が向上している可能性があります。

また、ディスプレイが有機ELとなっているので、より色鮮やかな画面となりました。

具体的に言うと、深い黒色を表現できるようになったことで明暗差がハッキリするので、コントラストが強調された形となっています。

イメージ的にはこんな感じでしょうか。

こちらは2011年に発売された初代PSVITAで、新型Switchと同じく有機ELディスプレイを搭載しています。

個人的に初代PSVITAの有機ELディスプレイは色鮮やかで気に入っているので、新型Switchにも搭載されたのは嬉しいですね。

ちなみに7インチの有機ELディスプレイを搭載したからと言って本体の大きさはほとんど変わっていません。

高さは102mm。幅は242mm。厚さ13.9mm。

強いて言えば幅が3mmほど広くなっているようですが、まあ誤差の範囲内ですね。

従来のSwitchは黒枠が広くなっていました。

新型Switchは画面を大きくした分、黒枠が狭くなっているので、大きさを最小限に抑えられたようです。

その2:背面スタンドの強化

2つめの特徴としては、背面スタンドの強化というものがあります。

従来のSwitchにも背面スタンドが搭載されていて、コントローラを取り外すことでいつでも、どこでも、画面をシェアして対戦や協力プレイがすぐに楽しめました。

が、背面スタンドはお世辞にも頑丈なものではありません。

スタンドはスティックのように細長く、先端も脆いので、ちょっと力を入れると取れてしまいます。

新型Switchの場合、「フリーストップ式」のワイドなスタンドを採用。

横に太くなったほか、見やすい角度で画面をしっかりと固定することができるようになりました。

そのため従来のSwitchで感じていたテーブルモードの不便さが改善される可能性があります。

その3:有線LAN端子の搭載

3つめの特徴としては、有線LANを搭載しているというものがあります。

Switchでオンラインゲームを遊ぶ場合、大きく分けて2つの方法があります。

1つは無線通信によって接続するもの。

もう1つは本体にLANケーブルを繋げて接続するものなんですが、「有線LANアダプター」を別途で購入する必要があります。

「有線LANアダプター」自体は2,000円程度で購入できますが、その点が大きな足かせになっていて、無線で遊ばれる方が多く見られました。

新型Switchの場合、新たに有線LAN端子も搭載されているので、別売りの「LANアダプター」を購入しなくても有線接続ができます。

なので、「LANアダプター」を持っていない人はちょっとだけ得をすることになるんですね。

個人的には「LANアダプター」を繋げての有線接続はまどろっこしいところがあったので、地味に有り難い改善です。

その4:64GB本体保存メモリー

4つめの特徴としては、64GBの本体保存メモリーというものがあります。

Switch本体には保存メモリーが搭載されていて、従来のモデルでは32GBでした。

ですので、単純計算で倍増したということになるので、より多くのデータを保存できるようになります。

ゲームソフトのデータはもちろん、セーブファイル、スクリーンショット、動画などなど。

特にセーブファイルは本体にしか保存できない仕様となっているので、色んなゲームを遊べば遊ぶほど恩恵を受けると思われます。

まあ、最近のゲームは容量が増加傾向にあるので、保存メモリーが64GBになってもすぐパンパンになると思いますけどね。

何度も言うようにセーブデータは本体にしか保存できない仕様となっているので、MicroSDカードの容量が倍増するよりも恩恵は大きく感じます。

その5:スピーカーの強化

5つめの特徴としては、スピーカーの強化というものがあります。

この点に関しては聴き比べて見ないとわかりませんが、 携帯モードやテーブルモードでのゲームプレイをクリアなサウンドで楽しみたい場合は嬉しい改善点です。

目次へ戻る

その他の違い

ここまで新型Switchの特徴をまとめていきました。

それ以外の違いとしては2つあります。

1つめは、本体の重量です。

従来のSwitchは398g。Switch Liteは275gでしたが、新型Switchは420gとなっていて、少しだけ重くなりました。

まあ、そこまでの重量ではないので、誤差の範囲内なんじゃないかと思います。

2つめは、価格です。

従来のSwitchは税込み32,978円。Switch Liteは税込み21,978円でしたが、新型Switchは税込み37,980円となっています。

従来のSwitchからは約5,000円。Switch Liteからは約16,000円ほど高くなりました。

とは言え追加・強化された機能をみると妥当な上昇ではないでしょうか?

目次へ戻る

それ以外の情報(予約開始日)

発売日は2021年10月8日。

「メトロイド」シリーズの最新作、「メトロイド ドレッド」と同時発売となっています。

本作は探索型の2Dアクションゲームで、新たにホラー要素が追加されました。

間違いなく臨場感のあるゲームでしょうから、新型Switchとの相性が良さそうですね。

予約開始日は9月下旬。

現時点では正確な日程は明かされていませんが、任天堂公式Twitterアカウント(@Nintendo )でアナウンスをするそうです。

ただでさえ入手が難しいSwitchの新型ですので、相当な争奪戦になりそうですねw

個人的にはめちゃくちゃ欲しいんですが、きっと難しいんだなと思っています。

本体カラーは「ホワイト」と「ネオンブルー・ネオンレッド」の二色。

「ネオンブルー・ネオンレッド」は従来のSwitchでも見られましたが、「ホワイト」は今回が初のカラーです。

「ホワイト」の方が新型Switchであるとひと目でわかるので、おそらく、こちらに人気が集中するでしょうねw

目次へ戻る

新型Switchは買いなのか?

ここまで新型Switchの情報をまとめていきました。

ぶっちゃけ、新型Switchは買いなのでしょうか?

結論から言わせていただくと、携帯モードやテーブルモードでよく遊ばれる方は買いなんじゃないかと思います。

新型Switchで強化された機能の多くは携帯モードやテーブルモード向けです。

7インチの有機ELディスプレイ、背面スタンド、スピーカーの強化。

より大きく、美しい画面で、場所を選ばずにクリアな音で楽しみたい。

そんな方に向けた新型ではないでしょうか?

逆にTVモードで主に遊ばれる場合、現時点でわかっている情報からすると恩恵はさほど感じません。

今回の新型でメインとなるのは本体に搭載された有機ELディスプレイですからね。

TVモードで遊ばれる場合、有機ELディスプレイを活かせないので、携帯モード、テーブルモードでよく遊ばれる方向けの新型に感じます。

とは言え価格は税込み37,980円と良いお値段です。

携帯モードだけでしか遊ばない場合、Switch Liteという選択肢もあります。

こちらは画面が小さくなり、TVモードには対応していませんが、価格が税込み21,978円と新型Switchよりも16,000円ほど安くなっています。

ですので、安く買いたい場合、Switch Liteの方がおすすめです。

参考に比較表を作ってみました。

Switch Switch Lite Switch(有機ELモデル)
価格 32,978円(税込) 21,978円(税込) 37,980円(税込)
ディスプレイ 6.2インチ 5.5インチ 7インチ有機EL
スタンド 固定式スタンド なし フリーストップ式ワイドスタンド
プレイモード TV/テーブル/携帯モード対応 携帯モードのみ TV/テーブル/携帯モード対応
有線LAN なし(別売で接続可) なし あり
本体保存メモリー 32GB 32GB 64GB
Joy-Con 1セット付属 一体型のため付属なし 1セット付属
ドック 1台付属 付属なし 1台付属
サイズ 縦:102mm 横:239mm 厚さ:13:9mm 縦:91.1mm 横:208mm 厚さ:13:9mm 縦:102mm 横:242mm 厚さ:13:9mm
重さ 398g 275g 420g
バッテリー持続時間 4.5~9時間 3~7時間 4.5~9時間
HD振動 あり なし あり
モーションIRカメラ あり なし あり

目次へ戻る

スポンサーリンク

個人的な見解

今回、かねてから噂されていた新型Switchが発表になった訳ですが、みなさんはどう感じられますか?

個人的な見解としては、どうせ新型を出すならもっと強化してほしかったというのが本音です。

以前、当ブログでは「新型ニンテンドースイッチで直してほしい7つの改善点」という記事を投稿しました。

で、その時にぼくは

  • Joy-Conのスティック
  • ロード時間
  • 解像度・フレームレート
  • Joy-Conの持ちやすさ
  • LANポートの標準搭載
  • レトロゲームのさらなる拡充
  • HOMEメニューのカスタマイズ機能

といった7つの改善点を挙げたんですが、今回の新型は「LANポートの標準搭載」しか実現していません。

Joy-Conのスティックとか、ロード時間、解像度、フレームレートの改善とか、改善できるところはまだあると思うんですけどね。

正直なところ、ちょっとガッカリしました。

ただ、従来のSwitchではドック接続時に性能アップすることが発売後に判明したという前例があるので、もしかしたら他にも強化されている部分があるかもしれません。

実はロード時間が速くなっていたり、画面のカクつきが抑えられていたり。

実際、今回の発表時も「スプラトゥーン3」の新情報をサラッと盛り込んできたので、任天堂だったらやりかねないと思うんですよ。

その辺りは発売後にわかると思いますので、当ブログでも判明次第、お伝えしたいと思います。

目次へ戻る

本記事の動画版

 

関連記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

関連記事

新型ニンテンドースイッチで直してほしい7つの改善点
【コラム】GBAが再評価された理由。3DSが再評価される日も近い?
【コラム】ぼくが「SEKIRO」をクリア出来て「魔界村」をクリアできない理由。同じ高難易度ゲームなのに何故なのか?
【議論】Wii Uは失敗作なのか?
【検証】ミニスーファミのゲームは今、プレイしても楽しめるのか?2017年の視点でプチレビューしてみた!
【コラム】ゲーム好きのKENTが学生から社会人になったことで変わった4つの価値観
【コラム】RPGのターン制コマンドバトルで見られる8つの長所&短所
【コラム】「ゲームの面白さにグラフィックの美しさは関係ない」は本当なのか?
片方を持ち上げてもう片方を貶す比較廚は悪なのか?比較をするうえで気を付けたいこと
スプラトゥーン2のプレイタイムが+100時間になるほど爆発的に面白くなる魔法を紹介!