2018/05/07/12:00 | M☆G☆Mコラム

歴史が長い雪だるま式シリーズに途中から入ってゲームレビューする際の悩み

龍が如く5 夢、叶えし者でシリーズデビューを果たした時の感動

135

実は僕、「龍が如く」シリーズの本格デビューは「5」からだったりします。

正確にはスピンオフの「見参」からで、それ以外にも過去作品の体験版をプレイした事はありますが、ナンバリングタイトルで初めて最初から最後まで通してプレイしたのは「5」からだったんですね。

そんなPS3「龍が如く5 夢、叶えし者」を最後までプレイしてみたところ、その内容の濃さに驚きました!

全国5大都市が舞台で、主人公は5人。そして、プレイスポットは30種類!

明らかに通常のゲームと比べてボリューム感が半端なく、シリーズ初プレイだった僕は衝撃を受けたものです。

しかし、世間ではそこまで高く評価されていませんでした。

140

メインとなるシナリオのラストが賛否両論だったのもあるとは思います。

が、それを考慮に入れても壮大過ぎるシナリオやプレイスポットのボリュームはもっと評価されても良いのではないか?そう感じていたんですね。

でも、ある時に気が付いたんです。

「龍が如く」シリーズのマップやプレイスポットは足し算で増えているので、シリーズ経験者は数字ほどのインパクトは感じないんだと。

すべてが新規で作られているんだったら驚くかも知れませんが、流用部分も多く、前作に収録されていた物をそのまま収録するか少し改良するくらいですもんね。

そう、「龍が如く」は雪だるま式で要素が積み重なって行ったシリーズなんです。

だからこそ大作ゲームでありながらも1年1作ペースを守る事が出来ているんですね。

シリーズ初心者と経験者の評価によるズレ

141

いちユーザーからしたら歴史が長い雪だるま式シリーズの途中から入り、そのボリューム感を堪能出来るのは素敵な事だと思います。

数作品を経て少しずつコツコツと積み重なって行った要素を一度に堪能出来る訳ですからね。

ただ、ブログでゲームレビューをしている者からしたらどのように書けば良いのか迷うことがありました。

これだけの要素が一本のゲームに収録されているのは凄い!お買い得!

と声高らかに絶賛するのも良いとは思いますが、どうしてもシリーズ経験者との温度差を感じてしまう事があるんですよね。

確かにお買い得だけど、前作からちょっとしか要素が追加されていないじゃん

 
そんな声が聞こえてきそうで・・・。

シリーズ作品を連続でレビューして感じたこと

この一年で「ゼルダの伝説」「スーパーマリオ」「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「星のカービィ」「ゴッド・オブ・ウォー」シリーズなどを連続でレビューしました。

連続でシリーズ作品をレビューした時に感じた事として、良い点を挙げる際は前作からの強化点がメインになっている事に気が付いたんです(特に雪だるま式シリーズが顕著)。

例えば「スーパーマリオブラザーズ」の「2」を経て「3」をレビューをした祭は「マップ画面が追加されました!」「通った道を引き返せるようになりました!」「パワーアップアイテムが追加されました!」等と挙げていきます。

でも、「ワールド」以降の作品ではこれらの追加要素はあって当たり前なので、良い点として挙げるまでも無いんですよね。

もし、僕がDS「New スーパーマリオブラザーズ」などでシリーズデビューを果たしてそこから過去作品に触れていたら何を利点として挙げれば良いのか困ってしまいそうです。

ストーリーがしっかりしている作品だったらそこを褒めていけば良いのかも知れませんが、そういうタイトルばかりではないですからね。

スポンサーリンク

ゲームレビューって難しい

公平さを意識してしまうとゲームレビューって難しいです。

もし、ナンバリングが「10」まで続いている雪だるま式シリーズを公平にレビューしようとしたら「1」から順番にプレイしてそれぞれの追加要素を挙げていかないといけませんからね。

だからもう、難しい事は考えずに”直感”で書いていくようにしました。

人間にはバイオリズムという物がありますから、常にまっすぐ線を引くのは難しく感じます。

その時の直感で書いたレビュー記事は、もしかしたら数年後読み返したら的外れになっているかもしれない。

でも、そこも含めて個人ブログなんだと思います。

個人でプレイ出来るゲームの本数にも制限がありますし、今後も「3」や「5」でシリーズデビューを果たし、レビューする際は直感で書いていきたいですね♪

公平さを持たせるのは大切ですが、突き詰めていくとキリがないので、どこかで折り合いを付けた方が良いと思います。

龍が如く 極 新価格版 - PS4
セガゲームス (2017-09-21)
売り上げランキング: 573


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(35)

  1. KAZU より:

    これはレビュアーさんだけでなく、読者も意識したい点ですよね。
    ゲームに限らずあらゆる娯楽品がレビューされているので、Amazonなどよくわからない人のレビューは気にしていません。
    自分と全く趣向が違う人の意見を気にしても仕方ないですからね。

    ブログなどを読んで、趣向が合うと思ったレビュアーさんの意見を参考にしています。だからkentさんにも直感でレビューしてもらえればと思います。

    • kentworld より:

      Amazonのレビューは人によってバラつきがありすぎますもんね。

      一応、アカウント制ですが、わざわざ同じ人のレビューを追いかける事は面倒でなかなかしませんし。

      今後も直感は大切にしていこうと思います!

  2. 匿名 より:

    主観って人によって違いますからね。実際前作と比べてシステム面が改善されてたとしても、時代に鑑みれば当然だったりするとかありますし。オートセーブ機能とかそんな感じ。

  3. hanataka より:

    シリーズは難しいですよねぇ。特にストーリーが重要な作品ほど。

    確かに、龍が如く5のストーリーは、シリーズファンの僕にすれば、納得いかなかったですねぇ。全然任侠無いじゃん‼️って感じましてね。

    でも、結局、ゲームって、操作してて楽しいかが一番大事ですよね?ストーリー等は個人差ですからね。

    • kentworld より:

      ストーリーの好みって驚くほど変わりますもんね。

      エンディングの展開だけで印象が一気に悪くなる人もいればそうでない人もいたりして。

      本当にストーリー重視のシリーズ作品はユーザーの評価を一定水準維持するのは大変そうです。

  4. 田中 より:

    三國無双シリーズはマンネリ気味だと言われてますが自分は無双オロチ2で初めて本格的にプレイしたのでボリューム感と圧倒的なワラワラ感に感動しました。マンネリを打破することも大事だと思いますが初めてやる人にとっては普通に楽しめるものでもあるんですよね。だからあえて本編はいつも通りの良さを維持しつつ外伝などでいいとこ取り作品を作り上げるのもありだと思います

    • kentworld より:

      無双OROCHI2はかなりのボリューム感のようで、本作から始められたら確かに驚きそうですね!

      あと、この頃になるとワラワラ感もかなり凄いことになっているようで、雪だるま式ではありますが、無双ゲームとしての出来は頂点に達してきたと思います。

      マンネリ感に関しては長年、シリーズ作品をプレイしてきたユーザーだからこそ持つ印象ですね。

  5. ホンマ?トモフミ より:

    昨日、チャットで話題にしてたような内容の記事ですねwww

    そうですよね!シリーズものの最新作から入る人ってシリーズを追いかけてる人と比べてもすでに改良された結果のものをいきなりやってるようなものなのである意味で幸福ですよね。

    でも逆に前作のほうが優れていたりその人にとって良作だったりしたら前作のほうがいいよと言う「懐古主義」な人が生まれるのではないかと思います。
    僕だと「ポケモンDP」はGBA時代の前作と比べるともっさりしてると感じてしまうのがまさにそれですね。

    僕は「龍が如く」シリーズはPSPの「クロヒョウ」しかやってないですが、近々購入の機会があればいきなり「6」をトライしてみたいです。
    理由はPS4に特化されたドラゴンエンジンの「龍が如く」シリーズが気になるのとビートたけしが好きだからです(^^)

    • kentworld より:

      はい!以前から温めていた記事なので、これを機に公開してみました♪

      これは長年、困っていたテーマなんですよねぇ。

      今からゲームを初めてプレイされる方はある意味、羨ましいですw

      前作よりも劣っている部分があり、どうしてもそこが気になって新作を受け入れられない事は何度かありましたね。

      人によって重視しているところが異なるので、避けられない問題なのかも。

      龍が如く6も評判悪いですが、いきなりプレイすると驚きますよー!僕は体験版をプレイして感動しましたから♪

  6. マージ より:

    これは、レビュアーさんの直感でいいんじゃないかな?と感じます。

    雪だるま式~に限らず、これまでどんなゲームを経験してきたか、によっても、物差しは変わってきそうですから。

    レビューと言うのは、一つの参考ですからね。

    • kentworld より:

      確かにプレイしたゲームの本数によっても物差しは変わってくると思います。

      今まで全くゲームをプレイしてこなかった人が最新ゲームに触って素直に絶賛している記事も価値がありますよね。

  7. 匿名 より:

    結局レビューは『個人の感想』ですからね。

    良くも悪くもファンの多いゲームは『君は古いシリーズのことをわかっていないね』(メガネクイッ)みたいな人が湧いても仕方無いですね。しかしメガネクイッするほうもマウント取ろうとしないのが良いですね
    そういったファンが付いてるってことでファン活動という名のアンチ活動になって、シリーズそのものの印象悪くなるってこともあるしw
    自分もそういうところありますが、知識でも好きの度合いでも使った金銭額でもマウント取りたがり奴が一番面倒と言えば面倒ですな(笑)

    周りを気にして、よくわかんない忖度記事を書くよりは、自分はこう思うって芯のある記事を書いた方が後々良かですね。

    • kentworld より:

      「メガネクイッ」の表現に笑ってしまいましたw

      確かにそんな人はいますもんねww

      それは古参が新参を見下す典型的な例だと思います。僕も気を付けないとなぁ・・・

      はい!今後も直感で思ったことを書いていきます!時には的外れに感じる事があるかも知れませんが、温かい目で見てやってくださいね(^^)

  8. つぐみ より:

    あ、名前入れないで投稿したかも

  9. Kiyoppy より:

    龍が如くは4から入りましたが、確かに5はストーリーがいまいちでした。シリーズ経験者は前作と比較するので、辛口になりがちだと思いますが、シリーズ初心者には関係ありませんからね。
    自分もシリーズでやり続けているゲームはないですよ、ドラクエもFFも途切れましたし、新規さんはニュータイプの感覚でレビューですよ。

    • kentworld より:

      龍が如く4から入られましたか。そうなると、「4」の時点である程度の地盤を体験されたでしょうから、「5」の大ボリューム感もあまり堪能出来なかったかも知れませんね。

      これからも恥ずかしがらずニュータイプの感覚でレビューをしていきます!

  10. 青雲スカイ より:

    同じ10点を付けるにしても、シリーズファンが付けるのと新規の人が付けるのでは評価基準が違うでしょうし、意味合いはだいぶ変わってきますね。
    どちらの10点の方が価値があるという話ではないですが。

    雪だるま式に膨れ上がった作品の最新作を新規でやるのはコンテンツ量が多くて良いですが、逆に敷居が高く感じるユーザーもシリーズが進めば進むほど増えていって新規層が入りにくいという面もあるんでしょうね。

    レビューは直感で書く。
    それが一番良いと思います。

    • kentworld より:

      本当にシリーズファンと新規のレビュー記事って内容がガラッと変わってきそうですもんね。

      特に大作系だと要素が多いので、着眼点の1つを取っても全然違ってきそうです。比べてみるのも面白そう!

      要素が多いのは良いことのようで、実はハードルを高めてしまっている要因にもなりますよね。

      「○○が○○種類あります!」と言われてもプレイする前からお腹いっぱいに感じたりして。

  11. むぐお より:

    あーこんなことありました!
    俺はモンハンダブルクロスすぐやめてしまいましたが、友達がそこからちゃんとやり始めてがっつりはまってまして、楽しいからやりたいって言われましたけど俺はすごくマンネリであまり楽しめませんでした。
    龍がごとくも1.2はクリアしましたがそれ以降サブシナリオとプレイスポットの増加が逆にばらついて楽しめなくなりました。
    雪ダルマ式は結局根本が同じでなので新しい刺激がほしいとだめかもですね
    ゲームレビューは直感じゃないと書けないとおもいます。
    前作やってるとどうしても比較したりしますしね

    • kentworld より:

      モンハンダブルクロスはボリュームが凄い事になっているようですが、過去の流用が多いようですからね。

      シリーズをやり込まれたむぐおさんと新規のお友達とでは温度差は全然違ってきそうです。

      龍が如くは毎回、シナリオが面白いなぁとは思っていますが、アクションアドベンチャーとしてはマンネリですもんね。僕もそれは感じております。

      今後もその時に感じていた事を皆さんに伝えられるようにしていきますよー!

  12. 匿名 より:

    シリーズ経験者かどうかで、受け取り方は変わりますよねー。そうなると、僕も直感レビューがいいと思います。そこに「シリーズ初」とか「過去何作遊んでいる」みたいに書いてあると共感しやすくなるかもしれませんね。今更ドラクエとかを最初からっていうのも難しいですし、その作品単体への評価も必要なんでしょうね。
    龍が如くはps3版の1から遊びましたが、シリーズを重ねるごとに出来なかった事が出来たり、進化を感じながら楽しんでいます。ちなみに今は4の途中で止まっています‥。手元に5もあるので早く札幌を舞台に遊びたいんですが、もう少し先になりそうです(笑)。オブジエンドも挟みますしね。

    • kentworld より:

      そうですね。記事を執筆している時点でどれだけプレイしているのかを書いたほうが良いかも知れません。その辺も恥ずかしがらず、正直に書いていきたいですね♪

      龍が如くは「4」で止まっている感じですか。こればっかりはナンバリングの順でプレイしたいですもんね。札幌は近いうちに行くので、龍が如くの名所にも行こうかな~♪

      • 匿名 より:

        あ、名前入れ忘れてました。ヨウタイガでした。

        札幌いらっしゃるんですね!過ごしやすい時期だと思いますよ。美味しいものもありますし、堪能してくださいねー。

        • kentworld より:

          ヨウタイガさんでしたか・・・

          はい!札幌行きます!それもオフ会開催のために!

          明日、告知しますので、ヨウタイガさんも興味があったらどうぞ♪

  13. いつもの名無し より:

    マンネリという言葉に通じる話題ですよね。
    特に2Dアクションとかだと昔からゲーム性が変化しにくい所があるので、
    どこから始めたかで感じ方は変わるのかなと。

    でも無理に配慮しても窮屈な感じのレビューになりそうですし、
    楽しめたら楽しめたと書くのがベストですよね。
    僕もそうしてます。

    • kentworld より:

      マンネリはシリーズ経験者だからこそ感じられる印象ですもんね。

      僕はNewマリオシリーズの印象があまり良くないけど、出来は良いのでここから始められたら最高に良い作品に感じるかも知れません。

      特にポジティブな感情は隠すことはないですよね♪

      ネガティブな部分は出し過ぎないようにしつつ、出すところは出していきます。

  14. ナスタ より:

    レビューって書く方もそうですが、読む方も新規ユーザー、シリーズファンどちらもいますし、受け取り方や求めているものが違いますからね。

    どちらにも配慮したレビューなんて正直いって面白くないと思いますし、面白いと感じたところ、気になったところ、それぞれを直感でレビューするのが個人ブログらしくていいと思います。

    • kentworld より:

      ゲームレビューも突き詰めていくとどんどん腰が重くなってしまいますので、直感が一番かなと思うようになりました♪

      自分には自分なりの物差しがあるので、それを信じ続けていきたいです!

  15. AVC-M370 より:

    シリーズでの比較を入れた時点でプラスもマイナスも評価しているのはないかね。
    この時点で公平さは失われているのであって、前作よりと言って前作を乏しく評価している。
    新作を持ち上げているようであって、実は前作をマイナスの評価にしてあり、新作はプラスではなくプラスマイナスZEROの可能性も含んでいると言える。
    これがシリーズ化の評価トリックに思う。
    Kent氏の書いているシリーズの何処から始めたかで評価が変わるのはこの辺りではないかね。

    まあ公正に近いのはその作品の新しい所のみを評価することであり、どれだけシリーズで差異があるかは別の意見であると分けることだろうな。

    • kentworld より:

      個人的に比較対象は過去作品が最適だとは思いますが、確かに新作を持ち上げる際は前作を悪く言っているように捉えてしまうところがありますね。

      何かを持ち上げる時ってどうしても別の何かを咎めないと伝えにくいので、ヘイトを集めにくい前作を引き合いに出させて頂いています。何か別の伝え方があったら良いのですが・・・

      なるほど、シリーズ化の評価トリックですか。言われてみると、そこに現象の理由が隠されていそうですね。

      公正というのもなかなか難しいもんだと思います・・・

  16. ナギ より:

    この手のシリーズものはレビューされる時に「シリーズに初参戦してみました!」とか「自分は○○から始めてます」とか一言あると、読む方へレビュアーのスタンスっつーか視点っつーかが伝わりやすくていいのかもですね

    で例をあげればウィザーズハーモニー。かなり前にとぎれた作品ですから最新作がお初の方も多いはずです
    お初の方々はダンジョンRPGとして、このゲームの出来を判断する可能性が高いと思います

    でもきっと僕は過去作を知っているから、コレジャナイ感がゲームに対する評価判断に加味される可能性が高いのです

    そのせいで正当な評価が出来ていない、と他の人から批判うけるかもですが思い出補正があるからこそ、「僕だけの評価」になると思うのですね

    ま、だからこそ不特定多数の方に大声で叫ぶようなことはしないですが

    あー例の方が長くなってしまった‥

    ま、要は立場・思いは人それぞれなんで軽く配慮すると分かりやすくなるのかなーってのが結論ですな

    • kentworld より:

      そうですね。恥ずかしがらず、事前にどんな視点で書いているのか書くのも良いと思います。

      ナギさんのウィザーズハーモニーの評価基準は分かりやすいですね~。

      それは絶対に新参者と食い違いが生じてしまいそうw

      コレジャナイ感ってゲーム歴が長いとどうしても持ってしまいますもんね・・・

      しかし、どんな視点で書いているのかをしっかりと書けば反感は持たれにくく感じます。

  17. シロマ より:

    僕はシリーズ物のレビュー記事でのコメントは前作や既プレイの作品と比較しがちな内容が多かったですね。
    シリーズ物を間を置かないで続けてプレイしてしまってマンネリ感を感じて辛口なコメントした事もあります。
    この手のコメントを続けるとそのゲーム単体の本質を理解してないと思われるのは嫌なのでもう少し別の視点を持ってコメントしようと思います。

    • kentworld より:

      お気遣い、ありがとうございますm(_ _)m

      シロマさんのコメント、個人的には全く気にならなかったんですけどね~。

      でも、そこまで気遣いが出来るのは凄いと思います!あんまり気を使いすぎるとコメントが億劫になってしまいそうですので、無理のない範囲で良いですからね~。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

【恋バナ】苦手なタイプだけど好意を寄せてくれるからという理由で告白をOKして付き合ってしまった話
悪人プレイより善人プレイが好き!悪人プレイの魅力ってなんだ?
kentworldがゲーム下手である7つの理由。ゲーマー兼ゲームブロガーなのに実はゲームが下手だった!?
モンスターハンター(モンハン)が最強のコミュニケーションツールに感じた6つの理由
LEGOワールドとマインクラフトの大きな違いを紹介!ついでにドラクエビルダーズも
ぼくがゲームにクリア(エンディング)という終わりを求める4つの理由
神ゲーのメタルギア サヴァイヴを世に送り出した今のコナミについて想うこと
ゲーム内での自慢は良い事尽くし!逆にしない方が良い自慢とは?
脳の活性化にも繋がる?2Dアクションゲーム脳になると思い浮かぶ暇つぶし法とは?
僕に友達が少なかった頃。ブログで”好き”を公言することで沢山の友達が出来た!