| ゲームレビュー

【レビュー】マリオカートアドバンス [評価・感想] ショートカットが楽しい2D版マリカの最終形態!


マリオカートアドバンス/GBA

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2001年7月に発売されたGBA「マリオカートアドバンス」のレビューをしていきます。

本作はマリオファミリーが活躍するレースゲームですが、これは、ショートカットが楽しい2D版マリカの最終形態です!

1992年に誕生して以来、高い人気を誇る「マリオカート」シリーズ。

実は、2Dと3Dの大きく分けて2タイプが存在することはご存知でしょうか?

3Dの「マリオカート」は坂道などが再現されたタイプで、アトラクションのような感覚で楽しめます。

一方、2Dの「マリオカート」はと言いますと、紙の上で滑っていくような感じのレースゲームなんですね。

今回レビューするGBA「マリオカートアドバンス」はこの系譜にあたるタイトルで、SFC「スーパーマリオカート」のような感覚で楽しめます。

3Dの「マリオカート」に慣れていると違和感を持ってしまいますが、これはこれで妙な魅力があり、慣れてくると癖になってきました!

ここからはそんなGBA「マリオカートアドバンス」の良いと思った点から書いていきます。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • マリオファミリーが活躍するレースゲーム。
  • アイテムを使ったドタバタレースが楽しめる。
  • 新旧40コースを収録。
初リリース日 2001年7月21日
対応ハード GBA
ジャンル レース
売上 初週26.2万本/累計94万本
推定クリア時間 3~4時間(グランプリの全カップクリア)
発売元 任天堂

スポンサーリンク

良いところ

2D版「マリオカート」の限界に挑んだグラフィック

今作で特筆したいのが、2D版「マリオカート」の限界に挑んだグラフィックです。

グラフィックは2Dドットで構成されていて、キャラクターは立体感を持たせるために大量のパターンを。

背景はコーナーを曲がるとループするようになっており、数枚の絵が重なっているので、立体的に見えるんですよ。

加えてコースによっては時間経過と共に空の色が変わるので、ハリボテ感がありません。

カラフルな色使いといい、2Dゲームではありますが、地味に感じさせないよう工夫している印象です。

本作の発売以降、「マリオカート」シリーズは完全な3D表現に移行しました。

そして、作品を重ねる毎に3D表現に磨きが掛かっていますが、ドット絵の表現に関しては今作で完成形に達したと思っています。

ショートカットが楽しい

今作にはショートカットルートが大量に隠されています。

大きな要因となっているのがダッシュパネルとジャンプ台の存在です。

ダッシュパネルに乗るとカートの速度が急上昇します。

そのうえでジャンプ台に乗ると有り得ないほど遠くまで飛べるので、この特性を利用すれば大幅なショートカットを決められるんですね。

交差するようなレイアウトのコースでは大抵、ジャンプ台が設置されているので、見かけたらアイテムの「キノコ」を片手にショートカットしまくっていましたw

対戦ゲームとしては疑問ですが、タイムアタックで最短を目指す分には面白いんじゃないかと思います。

そんなタイムアタックをさらに盛り上げてくれたのが「モバイルアダプタGB」を使った通信プレイ。

今はサービス終了していますが、発売当時はタイムアタックの記録をオンライン上にランキング登録したり、ゴーストをダウンロードすることができました。

「スゲェ!『マリオカート64』では身近な人としか競えなかったタイムアタックが遠く離れた人とも競えるようになったぞ!」

と、当時は感慨深く感じていましたが、悲しいかな。僅か1年でサービス終了してしまいました(泣)

グランプリのやり込み要素が豊富

4つのコースで総合ポイントを競っていくグランプリ。

今作ではやり込み要素が増しており、新たにランク制度が設けられました。

ランクはコースのタイムに加え、如何に上手く立ち回れるのかで左右されるので、狙って高ランクを目指すのは並大抵のことではありません。

ですが、それまでは1位を目指すだけで終わっていたグランプリのやりこみ要素を強めたことは大きな意義があります。

やり込み要素としてはもう1つ。

おまけコースの解禁というものが追加されました。

どのように解禁するのかというと、各カップで合計100枚以上のコインを獲得する。これだけです。

総合1位にならなくても解禁されるので、コース上に設置されたコイン集めに専念するという楽しみ方もできるんですね。

コインを獲得することでスピードアップしますし、マリオらしいやり込み要素なんじゃないかと思います。

収録コースが多い

今作には40コースも収録されています。

これは前作となるN64「マリオカート64」の16コースを大きく上回っているので、当時としては凄い数だったんですよ。

内訳としては新作コースが20種。SFC版のリメイクコースが20種といった感じとなっています。

ただ、SFC版のリメイクコースは新作コース以上に全長が短く、ギミックが削除されている箇所もあるので、1つ1つは小粒に感じました。

昔のコースがリメイクして収録されているのは嬉しかったんですけどね。過度な期待は禁物だと思います。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

対戦プレイのハードルが高い

今作はシリーズ初となる携帯機での発売ということで話題になりました。

据え置き機で人気を博した「マリオカート」がいつでもどこでも遊べる。

当時としては大きなセールスポイントでしたが、その代償として対戦プレイのハードルが高くなっています。

もし、友達と対戦したい場合、人数分の本体と通信ケーブルが必要になってきますからね。

少しでも対戦プレイのハードルを下げるため、1カートリッジプレイにも対応していますが、その場合、40コース中4コースしかプレイできません。

まともな対戦をしたいのであれば人数分のゲームソフトが必要になってくるので、据え置き機版と比べたらハードルが高く感じました。

だからこそ、1人用のボリュームを増やしたんだとは思いますけどね。

バトルモードに関しては対戦プレイにしか対応していないので、勿体なく感じました。

癖のある挙動

今作は2D版「マリオカート」ということで3D版とは挙動が大きく異なります。

ドリフト時の遠心力は全然違いますし、ダッシュパネルを踏んだ時の加速度も全然違うので、3D版に慣れていたぼくは面を喰らいましたw

SFC「スーパーマリオカート」に慣れていたら違和感は薄れるとは思いますが、3D版に慣れている場合、注意が必要です。

個人的には挙動の軽さが気になりました。

特にダッシュパネルとジャンプ台を使ってめちゃくちゃ遠くまで飛んでショートカットできるのは面白いんですが、挙動がフワッとしているので、紙の上でインチキしているような気もするんですよね。

ゲームらしいと言えばらしいので、割り切ってしまえば良いと思うのですが、3D版「マリオカート」の重量感に慣れてしまうと、う~ん・・・。

フェンスがわかりにくい

今作のコースはペラペラな紙で描かれています。

坂道などは表現しきれておらず、フェンスの出っ張りも表現できていません。

それ故に大ジャンプして進んでいく時はどこにフェンスがあるのかわかりにくい!

前述の大ショートカットを決める時は困りましたw

開発者もその辺りは気になっていたようで、新作コースではナビゲート機能が搭載されており、次のコーナーがどんな形なのかアイコンで表示されるようになっています。

何故かSFC版のコースでは表示されませんが、コースの名前に「おまけ」という3文字が表記されているので目をつぶっておきましょうw

コースのバリエーションが少ない

今作には40コースも収録されていますが、バリエーションは少なめとなっています。

例えばクッパ城のコースは7種類も用意されているんですよw

新作のクッパ城コースが4種。旧作のクッパ城コースが3種って、そんなにも要りませんw

コースの全長も短めで、40コース収録とは言いますが、1つ1つのボリュームは控えめとなっています。

当時のぼくはコースの種類がレースゲームのステータスだと思っていましたが、それが間違いであることが本作をプレイしてわかりましたw

前作のN64「マリオカート64」には16コースしか収録されていないとケチを付けていた頃の自分が恥ずかしい・・・。

(「マリオカート64」のコースは1つ1つのボリュームが凄かった)

目次へ戻る

マリオカートアドバンスのレビューまとめ

ゲームらしい遊びが詰まった作品。

3D版「マリオカート」に慣れていると違和感を持ってしまうと思いますが、妙な魅力が詰まっています。

SFC版が好きでしたら惹かれると思うので、「スーパーマリオカート」好きはあえて本作に触れてみるのはどうでしょうか?

個人的には3D版「マリオカート」の方に思い入れがありますが、ダッシュパネルとジャンプ台によるショートカットは面白く、タイムアタックにハマりました!

発売当時、「モバイルアダプタGB」を使っての通信プレイを行えなかったのが心残りですw

ショートカットが楽しい2D版マリカの最終形態!

こんな人には特におススメ。
・タイムアタック好き。
・SFC版好き。

こんな人にはおススメできない。
・気軽に対戦したい人。
・3D版「マリオカート」の挙動に慣れている人。

お気に入り度【70/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

関連記事

【レビュー】天空の機士ロデア [評価・感想] 少々調整不足だが、Wiiの良さを再確認できる最後の作品
【レビュー】バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦 [評価・感想] 8年の時を経て面白さのベクトルがガラリと変わった新世代のバンカズ!
【レビュー】HUE(Switch) [評価・感想] 背景の色を変えることで道が開かれる新感覚パズル!
【レビュー】9-in-1 アーケードコレクション [評価・感想] 怪しいゲームが満載のパチモノコレクション
【レビュー】スティールダイバー [評価・感想] 京都の頑固職人が作った硬派なゲーム!
【レビュー】ClusterPuck 99 [評価・感想] 低コストなのにめちゃくちゃ盛り上がる隠れた最強の8人対戦対応ゲーム!
【レビュー】チキチキBOXYRACERS [評価・感想] とりあえず8人対戦ゲームを作ってみた感が強い安価なパーティツール!
【レビュー】スリーピングドッグス 香港秘密警察 [評価・感想] 龍が如くとGTAを合わせたような香港旅行ゲーム
【レビュー】タケシとヒロシ (Switch) [評価・感想] 兄弟愛を描いた独創溢れる小品!
【レビュー】初音ミク Project DIVA MEGA39’s(メガミックス) [評価・感想] 中途半端な部分はあるが今作も中毒性抜群!