2019/08/05/7:00 | ゲームレビュー

【レビュー】進め!キノピオ隊長 [評価・感想] 3Dワールドの素材を上手く流用した濃密なアクションパズル!

164
進め! キノピオ隊長/Wii U / Switch / 3DS

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2014年11月に発売されたWii U「進め!キノピオ隊長」のレビューをしていきます。

本作はキノピオが主人公のアクションパズルゲームですが、3Dワールドの素材を上手く流用した濃密なアクションパズルでした!

2013年11月に発売されたWii U「スーパーマリオ3Dワールド」。

ステージクリア型の3Dマリオとして好評を博しましたが、今回レビューするWii U「進め!キノピオ隊長」は同作から派生したゲームになるんです。

そのため素材の流用も散見されますが、また違った面白さを生み出していました!

アイデアの引き出しも豊富なので、通してプレイすると濃厚な体験を味わうことが出来ます。

そんなWii U「進め!キノピオ隊長」の良いと思った点からまずは書いていきましょう!

※2018年7月にはSwitch/3DS版が発売。

▼このゲームを3行で説明すると?

  • ステージクリア型のパズルアクションゲーム。
  • 箱庭マップのどこかに配置されたスターを集めるのが目的。
  • キノピオ隊長はジャンプが出来ないので回り道をするなどして目的地を目指していく。

スポンサーリンク

良いところ

カメラを回して正解ルートを探す楽しさ

突然ですが、みなさんは「スーパーマリオ」シリーズの前提ってなんだと思いますか?

ぼくはジャンプアクションだと思っています。

  • クリボーが彷徨いていたら「ジャンプ」
  • ハテナブロックが浮いていたら下から「ジャンプ」
  • くぼみがあったら「ジャンプ」

このように従来の「スーパーマリオ」シリーズはジャンプアクションが前提にありました。

一方、本作の場合、キノピオ隊長が主人公なのでジャンプすることが出来ないんです!

その影響で元となったWii U「スーパーマリオ3Dワールド」からゲームデザインが大きく変わっていました!

例えば小さいくぼみがあるとします。マリオだったらジャンプで簡単に飛び越えられるので、簡単に先へ進めますよね?

WiiU_screenshot_TV_01805

ところがキノピオ隊長の場合、遠回りをして隠された攻略ルートを探さないといけないんです!

そこで重要になってくるのが、カメラを回して辺りを見渡すこと。

視点を切り替える事で死角になっていたスターまでの道のりが明らかになり、あっさりクリア出来るかもしれません。

カメラを回して正解ルートを探す!

これが本作の本質に感じます。

多彩なギミック

224

「よくこんなにもアイデアを思いつくな~」

思わずそう感じてしまうくらい本作には様々なギミックが用意されています。

全部で70以上のステージが用意されているんですが、1ステージごとに異なるギミックが登場するんですよ。

高低差のあるアクションステージ。画面をタッチしてブロックを動かすパズルステージ。

一人称視点のアクションシューティングステージ。攻撃を避けながら進んでいくボスステージ。

軽く挙げてみましたが、どうでしょう?

いずれのステージも性質が大きく異なるので、気持ちを切り替えて楽しめます。

それでいて1ステージのクリアタイムは1~2分程度と短いので、「もう1ステージ!もう1ステージ!」と続けてプレイしてしまいましたw

ミニゲームが満載

225

多彩なギミックをさらに引き立ててくれるのがミニゲーム!

ボーナスステージではキノピオ隊長の残り人数をミニゲーム形式で増やすことが出来るんですが、用意されているのは1種類だけではありません。

  • 分身して大量のコインを入手していく「コインパラダイス」
  • マネミーから逃げながら迷路にある大量のコインやアイテムを入手していく「マネミーラビリンス」

このように複数のボーナスステージが用意されているんです!

いずれも短時間で終わってしまいますが、楽しくアイテムを稼げるので良い息抜きになります。

しかもミニゲームはこれだけではありません。

ゲームオーバー後に再開するとツルハシを使った特殊なミニゲームを楽しむことも出来るので、ギミックだけではなくミニゲームも調味料として上手く活用しています。

3Dワールドネタが満載

WiiU_screenshot_TV_01805

前述の通り本作はWii U「スーパーマリオ3Dワールド」がベースとなっています。

そのため同作品のネタが大量に盛り込まれていました。

透明な土管。入手すると分身するダブルチェリー。

一定のタイミングで消えてしまう床ブロック。タッチする事で動くブロック。

実は、この辺りのギミックはすべて「スーパーマリオ3Dワールド」にも登場していたんですよ。

さらに敵キャラクターやBGMも同作品から多くが流用されています。

ここまで来ると使いまわしで作られた低予算ゲーと思われるかも知れません。

確かにそれは否定出来ませんが、ゲームジャンルがアクションからアクションパズルに変わったことでさほど気になりませんでした。

むしろ、「スーパーマリオ3Dワールド」をプレイしていた当時を思い出してしまい、懐かしくなりましたよ(まだ1年しか経っていませんでしたがw)。

WiiU_screenshot_TV_01805

↑こちらはおまけとして用意されている「スーパーマリオ3Dワールド」ステージ。

ステージ構成は同じですが、キノピオ隊長はジャンプが出来ない関係上、随所にハシゴが設置されています。

その影響でまた違った楽しさを味わえました。

※Switch/3DS版は「3Dワールド」ステージの代わりに「スーパーマリオ オデッセイ」のミニチュアステージが収録されています。

過去作品のオマージュが満載

WiiU_screenshot_TV_01805

本作のオマージュネタは「スーパーマリオ3Dワールド」ネタだけではありません!

それ以外にも様々な過去作品のオマージュが用意されています。

野菜を引っこ抜いて敵に当てる→FC「スーパーマリオUSA」

ツルハシをブンブン振って敵を倒す→FC「ドンキーコング」

どこまでも追いかけてくるマネック→3DS「スーパーマリオ3Dランド」&Wii U「スーパーマリオ3Dワールド」

このように歴代マリオのオマージュネタが満載なので、スピンオフタイトルとは言えマリオファンがプレイしたらニヤリとすること請け合いです。

まあ、オマージュネタ自体は本作の元となったWii U「スーパーマリオ3Dワールド」にもあったので、源流はそちらになりますがw

やり込み要素が満載

WiiU_screenshot_TV_01805

ステージクリアの条件は「どこかに配置されたスターを入手すること」になります。

でも、スターを入手するだけでは芸がないですよね?

開発者もそう感じたのか、ある程度進めたらステージに隠されている宝石を一定数集めなければいけなくなります。

宝石は各ステージに3個ずつ隠されているんですが、難しいところにも隠されているのでコンプリートは簡単ではありません。

さらにさらに!

ステージによってはミッションが用意されている場合もあるんです!

例えば以下のようなミッションが用意されているんですよ。

  • コインを一定数集める。
  • ○回ブロック動かしてクリアする。
  • コインを○○枚集めてクリアする。
  • ゴールドキノコを見つける。

ポイントなのが、ミッションの内容は一度ステージをクリアしないと分からないようになっていること。

おかげで初回プレイ時は”やらされている感”が生まれませんでした。

おまけ要素が満載

今の時代にステージクリア型パズルアクションゲームを4,000円で売るのは厳しいと思っているのでしょうか?

本作にはおまけ要素もタップリ盛り込まれています!

高難易度の隠しステージ、全50階のやり込みステージ。amiiboを使って楽しめる「かくれんぼ」。

さらにSwitch版には「Nintendo Labo VR Kit」を使ったVRモードも追加されました!

前述の通りWii U「スーパーマリオ3Dワールド」やSwitch「スーパーマリオ オデッセイ」発のおまけステージも収録されていますし、盛り沢山な内容に感じます。

完全クリアを目指そうと思ったら通常クリアの倍はかかるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

ハンドルを回すのが面倒

WiiU_screenshot_GamePad_01805

ステージの中にはハンドルを回してオブジェクトを回転させる仕掛けがあります。

これ、タッチスクリーンに円を描くようにタッチスライドしないといけないので、ボタン操作と並行してやると面倒に感じました。

敵の攻撃が激しいステージでは少々蛇足に感じます。

全体的に地味

WiiU_screenshot_TV_01805

キノピオ隊長は移動速度が遅く、ジャンプが出来ないので、どうしてもアクション的には地味に感じてしまいます。

そのためマリオシリーズのような触って楽しい印象は薄く、本編ほどの中毒性は味わえません。

カメラを動かしてステージ構造を把握することに楽しさを見出せなければ厳しく感じます。

全体のまとめ


地味ながらも丁寧に作られた作品。

基本はWii U「スーパーマリオ3Dワールド」に収録されていたミニゲームと同じですが、大量のギミックによって大きく進化しているので価格が約4,000円なのも納得してしまいます。

正直なところこの手のパズルアクションってインディーズ系で探せば2,000円以下で購入出来るのでプレイする前は割高に感じていたんですよ。

ですが、実際にプレイしてみたところ4,000円以上の価値を感じられました!

とにかくギミックを出し惜しみなく放出してくるので、70ステージという額面だけを見たら危険に感じられます。

ちょっと触るだけで濃厚な体験を味わえるので、時間がない人にもおすすめしたい作品。

3Dワールドの素材を上手く流用した濃密なアクションパズル!

こんな人には特におススメ。
・探索好き。
・ギミック好き。

こんな人にはおススメできない。
・キャラクターを操作して派手に暴れたい人。

進め!キノピオ隊長/お気に入り度【70/100%】
プレイした時間・・・約7時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

, , ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(23)

  1. シロマ より:

    キノピオ隊長で面白いと思ったのは緑の人気者を見つけた時ですね。
    まだ1回しか見つけていませんが他のステージにもいるのかな?

  2. kentworld より:

    >シロマさん
    今回もルイージが隠れているとは。
    しぐさもそうですが、作り込みが細かいですね♪
    もっとそういうところをチェックしないと!

  3. マリオ大好き より:

    キノピオのしぐさがかわいい!
    全コースをクリアして、緑の弟がいたり、水色の女王様がいました。
    ポスターもはってありました。最終ステージはとても難しいけれと、マリオのポスターがはってあります。

  4. kentworld より:

    >マリオ大好きさん
    情報ありがとうございますー。
    攻略本を持っていないので、
    そこまで小ネタが隠されているとは思いませんでした。
    さすがパッケージ販売するだけのことはありますね!

  5. マリオ大好き より:

    最終ステージは、マネミーラビリンスの強化版で、50の部屋があり、マネミーが4人出てきます。
    kentworldさんは、どこまで進みましたか?

  6. kentworld より:

    >マリオ大好きさん
    難しくてほとんど進めていないのですよー><
    あれは50部屋攻略する気にはなれませんでしたw

  7. KA より:

    宝石やミッションのコンプ、おまけステージのクリアはまだですけど、全てのエピソードをクリアしました。思ったより3DWのミニゲームに比べるとギミックが追加されてましたね。中でも気に入ったのはトロッコに乗ってカブを投げるところですね、GPの画面に一人称視線が映し出されてそこで狙いをつけて投げるところが楽しかったです。立体的なマップだけどジャンプができないアクションゲームと言えば爆ボンを思い出しますけど、こちらはカメラを回しながらマップを良く見てそこにどうやって行くか考えるのと敵も倒すには基本的に使い捨てのアイテムを使いますからそこの所はマリオVSドンキーを思い出します、それに似たアイテムも出てきますから。
    確かにハンドル回しは面倒ですね、回す場所が安全地帯ならともかく、攻撃があたる場所だったら、特にエピソード2のボスでそれをかなり感じました。
    おまけステージも3DWのステージがこのゲームのシステムに合わせてリメイクされてるのも驚きました、おまけステージのゴールと3DWで隊長からグリーンスターをもらう場所と比べてみると少しニヤリとしてきます。
    このゲームの内容とハードの特性からいうと3DSと相性良さそうな気がするからウールワールドよりこっちを出してもらいたいなと思いました、できればステージはそのまま移植じゃなくて新規に作ってもらえるとありがたいです、エンジンは3DLのものを使ってあとはステージの構成を考えるくらいでいいですから。

  8. kentworld より:

    >KAさん
    約4,000円のタイトルなので、
    その分だけミニゲームから昇華していましたね。
    新作の谷間に軽くプレイするミドルプライスタイトルとしては良かったと思います。
    トロッコのシューティング要素は
    地味な印象が強い本作の見どころポイントでしたねー。
    >ジャンプができないアクションゲームと言えば爆ボン
    なるほど!確かにその部分は共通していました。
    あそこまでジャンプ出来ない事がコンプレックスになりませんでしたがw
    ハンドル回しは面倒でしたねー。
    あれはストレス溜まる要素。
    3DSに移植ですか。
    可能のような、可能でないような?
    ゲーム性的には合っていると思います。

    • KA より:

      っと思ってたら本当に3DSで出ちゃいました、しかもswitchとのマルチで。
      でもニュードンクのステージが追加されたけど3DWのステージをキノ隊アレンジの差し替えだったみたいである程度WiiU版購入ユーザーに配慮されてるかも。WiiU版のメインストーリーは3DWの前日談みたいになっていましたが移植版はどうなってるかな

      • kentworld より:

        このタイミングで3DSでも発売されるのは少々意外でしたね。

        そうそう、一応、Wii U版独自の要素も存在するんですよ。

        ストーリーは確かに気になります。記事では触れませんでしたが、進め!キノピオ隊長って絵本形式でストーリーが進むからそこもポイントですからね。

        • KA より:

          switch版が時限フリープレイになってましたから改めてプレイしました、wiiu版で体験しなかったことが結構ありました。

          VRモードは元々ミニチュアのようなステージデザインでしたので眺めてるような気分になりました、トロッコステージだと一人称視線になり没入感が増してきてVRステージで最も気に入りました。ステージセレクトは360度見回せてステージクリアするごとに賑やかになるのも良い感じです。

          ドットキノピオ探しは一見カメラのみ動かして探せばいいと思ってましたがギミックを起動させた後の地形に隠れてたり、近くに行けば音が鳴るのでこちらから出向くこともあるのでしっかりステージを攻略する必要もありますね。

          オデッセイステージは3DW本編の魔改造ステージと違いしっかり進キノ隊用に作られていて原作を再現されてるところも良かったです、ただオデッセイ未登場のアイテムがあるとか違和感ある部分もありましたが細かいことは気にしないのがいいかも、switch版だとやっぱりオデッセイの前日談に差し替えられてました。

          • kentworld より:

            気が付けばSwitch版は色々と追加されていてにぎやかになっていますよねー♪

            VRモードはミニチュアと割り切って作られているからこその良さがあると思います。VRってミニチュア世界との相性が良いですよね。

            ドットキノピオ探しは死角をうまく利用した作りだと思いました。見つけた時はワクワクします。

            オデッセイステージは未登場のアイテムが有ると確かに違和感が生まれますねw そこまで手が行き届かなかったのかな?

  9. Melissa より:

    体験版やりましたがなかなか楽しかったです?
    キノピオ好きなんで可愛くて良いですね~(*^^*)
    ところでこれ、カメラ操作の上下反転はできますか?

    • kentworld より:

      おお!体験版をプレイされたんですね!カメラ操作の上下反転・・・出来たかな~?そもそも、このゲームにオプションがあったのかどうかも記憶が怪しいんですよね・・・お役に立てなくてすみませんm(_ _)m

  10. Melissa より:

    あ、すみません、Switch版の話です?
    Switch版は発売まだでしたね(´ー`A;)

  11. より:

    ぽっぽぽぽー という汽笛が印象的な、この隊長さんのゲーム。より小型で軽いタブレットで遊べるこっちの方が、より楽しみです。
    もうすぐ、ピクサーのモンスターホテルのピクミンっぽい探索ゲーム出ます。海外で。フラゲのプレイ映像見てたら面白そうだったので、日本での予定が無ければこれも取り寄せる予定です。Switchで。本家とは違い、夜しか動けません。そしてフィールドに出せるエネミー数は10匹までです。男性と女性どちらを動かすか選べます。日数制限の表示は無いので多分無期限なんだと思います。
    ピクミンみたく、エネミーを投げたらそのエネミーが、障害物壊したり、道切り開いたり敵と戦ったりします。海外のYou Tubeユーザーも「まるでピクミンだ」と言うぐらいそっくりなんです。

    • kentworld より:

      もうすぐSwitch/3DSで発売ですね!確かに本作のBGMは「ぽっぽぽぽー」がまず印象に残ります。

      ピクサーのモンスターホテルのピクミンっぽい探索ゲームですか。

      それは知りませんでした。話を聞いた感じだと面白そうなので、日本でも発売されてほしいんですね~。

      結構、ピクミンのフォロワーも増えてきたと思います。ピクミン好きとしてはプレイしてみたいです。

  12. ほにょ より:

    こういうゲームは大好きです。ドリームキャストの後期に出た「タコのマリネ」というソフトが思い出されます。名作のリメイクとして大ひんしゅくを買った、「キュービックロードランナー」も同じ系統。僕は大好きですけどね。

    • kentworld より:

      僕もこういうゲームは水槽に入った虫かごに入った生き物を眺めているような感覚を味わえて好きです♪

      遡ってみるとドリームキャスト時代にも同系統の作品が存在していたんですね。

  13. より:

    スイッチ版購入です。Wii Uは、こういった「あんまり長く遊ぶ気にはならない」ゲームばっか出ており、ソフトの数も少なく「飽きる」ゲーム機でした。しかし、ソフトの多いスイッチでこういうのが出れば、「たまにはこういうのも…」というユーザーもより寄って来ると思いますね。

    • kentworld より:

      ハハハ、面白い表現ですねw 本作は主食かデザート。どちらかと言われたら後者だと思いますからね。デザートはそんなに多くなくても良いと思いますが、たまになら良いと思います。

  14. ?トモフミ🍄 より:

    キノピオ隊長は地味ながらもゲームとしての基本的なおもしろさをふんだんに兼ね備えているのでWiiUでは本作がスマブラや3Dワールドの次におもしろいゲームでした!
    当時はゼルダ無双のついでに買ったのですが、ゼルダ無双そっちのけで遊びましたwww

    その後に3DSやSwitchなどの携帯機や半携帯機で展開してくれたのはいつでもできるようになった点で個人的に嬉しかったですよ。
    今は個人的にハコボーイのようなポジションでたまに遊びたいこのゲームって感じで思い立ったときに遊んでます。

    • kentworld より:

      おお!かなり気に入っているようですね!でも、トモフミさんの趣向には良く合っているかも?

      もう発売されて5年目になりますが、Switch版がアップデートするなどしぶとく展開しているから驚きましたよw

      3Dワールドから派生したゲームとは思えないw

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス [評価・感想] ぶっ飛びすぎてリアル系からコメディ系FPSに進化!?
オトメディウス ゴージャス!【レビュー・評価】強化システムは面白いが、バランスが悪い
【レビュー】メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ [評価・感想] 中毒性抜群の良質なタスクワークゲーム。幼女好きにもおすすめ!
【レビュー】メテオス(DS) [評価・感想] 面白さの本質を理解するまでの誘導方法が貧弱な人を選ぶ良作!
【レビュー】ぷよぷよSUN決定盤 [評価・感想] 少々ハードルが高いものの中毒性は健在!
【レビュー】New スーパーマリオブラザーズ U [評価・感想] 無難な味付けながらも特大ボリュームでシリーズの決定版!
【レビュー】New スーパールイージ U [評価・感想] 裏ゼルダを彷彿させるNewマリオUの高難易度バージョン!
【レビュー】PAC-MAN 256 [評価・感想] エンドレスランアクションゲームをヒントに作られた新生パックマン!
【レビュー】OPUS-魂の架け橋 [評価・感想] 台湾人が愛情込めて作った小さなお弁当!
【レビュー】ロックマン10 宇宙からの脅威!! [評価・感想] 洗練されまくった8bitロックマンの決定版!