2018/04/25/7:00 | ゲームレビュー

スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー【レビュー・評価】よりキャッチーになり、やりこみ要素も増した理想的な続編!

1995年11月に発売されたSFC「スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー」を今回はレビューします。

SFC「スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー」は2Dアクションゲーム「スーパードンキーコング」シリーズのナンバリング2作目です。

開発は前作と同じくイギリスのゲーム会社「レア」が担当。

良いところ

より明るく、派手になった世界観

圧倒的な映像美で全国のゲームファンを驚かせた前作「スーパードンキーコング」。

しかし、全体的に地味な雰囲気なのは否めず、洋ゲーっぽさはあったと思います。

そんな中、今作は全体的に世界観が明るくなり、演出面も派手になりました!

まず、触れておきたいのが世界観。

青空をバックにした海賊船や茨の道など前作よりも明るいフィールドが多く、時間が夜のフィールドも遊園地のような華やかさがあり、地味な印象は薄れています。

そしてゴール時の演出!

前作はゴールをしても演出が挿入されず、そのままワールドマップに移るだけで味気なかったんですが、今作ではゴール時の演出が追加されました!

それも操作しているキャラクターによってBGMが変化するようになっているので、それぞれの特色が生まれているんですね。

BGMが最高過ぎる!

前作も素晴らしいBGMの数々ですが、今作はさらに素晴らしかった!

今作ではデビッド・ワイズ氏がすべてのBGMを手掛けているんですが、めちゃくちゃ良い仕事をしています!

全体的に前作よりも生き生きとした感じの曲が多く、どれも好きですが、特に好きなのが茨系ステージのBGM(通称、「とげとげタルめいろ」)。

少し静かな曲なんですが、とても切なく、あの坂本龍一さんが手掛ける曲に通じる物があります。

聴いていると切なくなってくるので、個人的には「泣きメロ」です!w

夏休み最後の日には「とげとげタルめいろ」を聴いてよく涙したものだ

軽快な2匹のコング

今作の主人公はディディーコングとディクシーコング!

ディディーコングは前作と同じく軽快に動きますし、新たに加わったディクシーコングはポニーテールを使ってのホバリングが出来るので、こちらも移動能力はかなり優れています。

そのためディクシーコング、ディクシーコング共に軽快な動きが可能で、前作のドンキーコングで感じられた重さが全く無いんですね。

さらに今作からはチームアップアクションが追加されました!

チームアップアクションはコングが2匹いる事で発動が可能で、これを使えば高いところに行くことが出来るんです!

そのため前作よりも2匹生き残る必然性が高まっています。

さらに増したギミックのバリーション

ギミックのバリーションは前作よりもさらに増しました!

前作で見られたタル大砲を使った仕掛けはやや影を潜めましたが、その代わりマスト、フック、気球など新たなギミックが追加され、全体的にディディーとディクシーの機動性を活かしたステージが増えています。

特に印象的だったのが、「コースター レース」。

前作で好評だったトロッコの仕掛けを利用したレースを楽しむ事が可能で、当時は「2Dアクションゲームでレースを楽しめるなんて!?」と新鮮に感じたものです。

冒険の手助けをしてくれるアニマルフレンドはランビ、エンガード、スコークスに加えて新たにコークス、スクイッター、ラトリー、クラッパー、グリマーが追加(一部、リストラされたキャラクターも泣)。

前作からの続投組もスーパーダッシュが可能になるなどパワーアップしていて、使用するとソニックもビックリするほどのスピード感で疾走出来るのが印象的でした。

速すぎて何度、ミスをしてしまったか

さらにパワーアップした隠し要素

隠し要素は前作からさらにパワーアップしました!

各ステージにはボーナスステージが隠されているのはもちろん、新たに「DKコイン」「クレムコイン」という収集アイテムが追加されています。

さらに「バナナコイン」という通貨も追加され、様々な施設を利用する時に必要となりました。

このように数多くのアイテムが追加され、しかも集める事で良いことが起きるので、ステージをくまなく探索するモチベーションが高まっているんですね。

収集アイテムと言えば、注目したいのが「アニマル禁止サイン」と「ゴールターゲット」の追加。

前者はアイテムと引き換えにアニマルフレンドとはお別れになってしまう仕掛け。

お別れは寂しいですが、その分だけ良いアイテムが貰えるので、頑張ってアニマルフレンドを禁止サインのところまで連れて行きたくなってしまうんですね。

後者はゴールする時に踏む必要がある仕掛けなんですが、一定の高さから踏んだ場合、ドラムに表示されたアイテムが貰えるんです!

表示されるアイテムはコロコロ変わるので、タイミングに合わせて踏まないといけないんですね。

困った事にステージの中には重要アイテムの「DKコイン」が景品になっている事もあるので、それを取るために何度も同じステージを再挑戦したものです。

隠しワールドが追加!

今作では新たに上級者向けの隠しワールドが追加されました!

このワールドのステージはどれも非常にトリッキーで難しく、アクションゲーマーへの挑戦状と言っても良いくらい。

すべてクリアすると真のラスボスと戦えるんですが、これは避けゲーでしたねw

隠しワールドへ行くには前述の「クレムコイン」を一定数集めなければならないので、当時は張り切って集めたものです。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

タイトルに偽りあり!

本作のタイトルは「スーパードンキーコング2」ですが、ドンキーコングはプレイアブルキャラクターではありません!w

ドンキーコングはクレムリン軍団に連れさらわれてしまい、出番はほとんどないんです!w

なので、タイトルの「スーパードンキーコング」は偽りがあります!

サブタイトルとして申し分程度に「ディクシー&ディディー」と付けられていますが、ドンキーコングファンは注意しましょうね。

全体のまとめ

地味だった前作よりも派手になり、ヒントも増えているのでより幅広い層が楽しめるような作品になりました。

それでいてやりこみ要素もパワーアップしているため、上級者も満足出来るようになっているのが嬉しいですね!

世界観も素晴らしく、色んな意味で前作からパワーアップしていて理想的な続編になっています。

よりキャッチーになり、やりこみ要素も増した理想的な続編!

こんな人には特におススメ。
・2Dアクションゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・2Dアクションゲームが苦手な人。

スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー/お気に入り度【95/100%】
プレイした時間・・・約150時間


タグ
  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(10)

  1. ホンマ?トモフミ より:

    スパドンの2や3は僕が小学高学年頃、要するにPS2,ゲームキューブ時代に触れましたがしっかりとおもしろく色あせてない名作だと思いました。

    僕もおもしろくない奴かもしれないですが、スパドン2は1や3よりもおもしろいと思いますね。全体的にゲームとしてメリハリがついてきました。

    確かに「とげとげタルめいろ」などの薔薇ステージのBGMは切なさがあっていいですよね。小学校の頃は苦手でしたが、中高年ぐらいになれば味がわかってきます。

    ほんとに不満点はタイトル詐欺くらいなくらいですね(笑)
    でもディーディーとディクシーは2人とも動きが機敏なので動作がもっさりなドンキーと比べるとこいつらでいいやってなっちゃいますwww
    3はともかく2ではドンキーが最後にぶちかましてくれるので一応、タイトル冠してもいいんじゃないかなと僕は思います。

    • kentworld より:

      PS2/GC時代に触れていましたか。その頃でも色褪せずに楽しめたとは、それだけの名作って事ですよね!

      改めてシリーズ3作をレビューしてみたところ、「2」が一番万人向けだと思います。

      「とげとげタルめいろ」はなんか好きなんですよね~。キャッチーではないんだけど、ああいう泣きメロって好きなんです♪

      あ!そうか!そう言えば最後にドンキーが決めてくれましたね!最後に主人公としての面目を保ちましたw

  2. ナスタ より:

    紛れもなく名作でしょう!前作以上に豊富なステージギミックやアクション、先に進むごとに難易度が上がっていくゲームバランスやグラフィックなど殆ど文句の付けようがないですね。

    BGMは「とげとげタルめいろ」や鉱山の曲を筆頭に名曲ばかりですね!サントラは15万円以上するようでとても購入できないので再発してほしい。

    個人的に一番残念だったのが、僕がアニマルフレンドで特に好きなウィンキーとエクスプレッソがリストラされたことです。前作で空気だったスコークスが活躍したのは嬉しかったですけれどね。

    ドンキーコングは3はともかく2は最後に活躍するのでギリギリセーフじゃないでしょうか笑

    • kentworld より:

      前作と比べたらギミックやアイテムのバリエーションが驚くほど増えていますよね。それでいてゲームバランスもしっかりしているので感心しました。

      とげとげタルめいろはスマブラXでアレンジされましたが、やっぱり原曲が一番好きです♪

      アニマルフレンドのリストらは分かりますよ~。エクスプレッソはスピード感があって良かったし、ウィンキーは思わず触りたくなってしまうほどプヨプヨした質感がツボです←

      スコークスは口からナッツ(タマゴ?)を出すようになって化けましたね。

      ドンキーはそう言えば最後に活躍していました笑

  3. kou より:

    SFC、というか2Dアクションゲームの一つの完成形ですね。革新的なシステムは殆どないながら凄まじい完成度だけで勝負できる、良い意味でゲーム屋らしい作品だと思います。

    久々に3DSでプレイするかな…

    • kentworld より:

      2Dアクションゲームの中でも最高峰に位置しますよね。個人的なBEST 2Dアクションゲームランキングでもやってみようかな?

  4. 読者 より:

    ゲーム史上に残る、究極レベルの作品のひとつだと断言できます。
    マイベストゲームでもトップ5には必ず入りますね。個人的にはもうこの作品こそが横スクロールアクションの金字塔だと確信しています。

    一番心を打ったのは、やはり前作になかった『明るさ、華やかさ』だと思います。
    基本的にジャングルや遺跡や廃工場といった寂れた場所を舞台にしてる1は、あれはあれでコンセプトを守り抜いてる感じはします。
    でも今回は日差しが差し込む船の上とか、ハチの巣と遊園地を組み合わせたワールドとか、なんというかこうわくわくさせるものを強く感じるんですよね…!
    沼地の湿地帯とかの薄暗いステージもあるんですが、演出や敵のアクションが派手になったこともあって地味さを感じない、いい意味で理想的なポップさを備えたと思ってます。苦労してクリアしてディクシーがヘビメタをかき鳴らしてくれたら「よっしゃー!」ってなったものですw前作は淡々としてたのでw

    そして音楽!これはもうほんとに、ほんとに最高です!ラトリーにだいへんしんが好きw
    やかましくでしゃばってくるタイプのBGMではなく、そのステージの環境音も取り入れたこれぞ絶妙!っていう曲ばかりなんですよね。ゴーストコースターはドキドキするし、火山コースではマグマがぐつぐつしてる雰囲気まで伝わってきます。なんというか、どれもまさしくピッタリって感じで。
    シンフォニックゲーマーズというBSのNHKで放送されたゲーム音楽のオーケストラ演奏番組でドンキー2メドレーも演奏されたのですが、あれももう胸が熱くなりました。隠しモードでサウンドテストがあるので今でもたまに聞いてます。
    スマブラはジャングルレベルだけじゃなくもっと2の曲もアレンジすべき!(笑)

    永遠に残る傑作2Dアクションです。いつまでも色あせないでしょうね。

    • kentworld より:

      それは凄いですね!

      それだけ、本作には思い入れがあるという事でしょうか。

      全体の印象論として世界観の明るさや華やかさについて触れましたが、読者さんも同じように感じているようでしたら安心ですw

      そうなんですよ、「2」は全体的に明るくて華やかなんですよね。

      ディクシーのヘビメタがゴールで流れた時はノリノリになれます♪こんなテンション、前作ではならなかったのでこれだけで印象がガラッと変わります。

      色々と細かく、それでいて的確なコメントをありがとうございます!レビュー記事に追記したくなるほど細かい部分まで的確に書かれていますよw

      スマブラの次回作では本作のアレンジ曲をもっと入れて欲しいですね♪

  5. JINO より:

    ドンドドドンキーコング2♪今度はドンキーさらわれた♪

    ドンキーには悪いですけどディクシー&ディディーのコンビの方が
    軽快で操作しやすくて好きでしたw
    難易度は相変わらず高いですけど特徴的なギミックが豊富で
    最後まで飽きさせない作りでシリーズの中では一番気に入ってます
    自分は森のステージのBGMが一番好きですね

    • kentworld より:

      SFC後期は歌ものCMが色々ありましたよね。

      スーパードンキーコング2、スーパーデラックス、スーパーマリオRPGと続くので、歌ものCMのゲームが名作という法則が生まれた気がします。

      ドンキーを操作出来ないのは寂しいですが、操作キャラの組み合わせは今作が最強ですし、世界観も一番万人受けしそうですよね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

バットマン アーカム・ナイト【レビュー・評価】最後を飾るのに相応しい幕の内弁当!
くるりんスカッシュ!【レビュー・評価】大作ゲームを遊んだ後の息抜きに!
レイトン教授と超文明Aの遺産【レビュー・評価】味が深まった、成熟された作品!
神巫女 -カミコ-【レビュー・評価】2Dゼルダと無双を融合させたようなレトロ調ゲーム
マリオパーティ【レビュー・評価】シリーズ1作目にしてモード数が多彩な新定番パーティゲーム!
メタルギアソリッド3 スネークイーター【レビュー・評価】凄く中身が詰まった作品。しかし取っつきは最悪
ゴミ箱 -GOMIBAKO-【レビュー・評価】PS3だからこそ実現出来た次世代の落ちモノパズル!
マーダード 魂の呼ぶ声【レビュー・評価】化ける可能性はあったコスパが低い意欲的なアドベンチャーゲーム
バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子【レビュー・評価】前作とは別ゲーだが面白さはさらにアップして最高のRPGにパワーアップ!
スター・ウォーズ エピソード1 レーサー【レビュー・評価】スピード感は凄いが、ゲームバランスは完全崩壊