| ゲームレビュー

【レビュー】ラチェット&クランク パラレル・トラブル [評価・感想] アッサリ風味だが、PS5ならではの体験が詰まった作品!

4


ラチェット&クランク パラレル・トラブル/PS5

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

「PS5ってPS4と比べて何が凄いんだろう?」

多くの人はそんな疑問を持たれていると思いますが、今回レビューするPS5「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」をプレイすれば一発で違いがわかります。

具体的に言うと、マップの切り替え速度が凄いです!

ゲームというものは別の世界へ移動する時にはロード時間が発生するものですよね?

例えば火山の世界から氷の世界へ移動する場合、読み込みをするために画面暗転するのが基本です。

ところが本作では全く発生しません。

1回だけならまだしも、2回、3回と連続で切り替えても全く発生しないので、PS5の恩恵を感じました。

展開が早すぎるあまり、クリア時の達成感を味わいにくいのが玉に瑕ですが、本体を持っていたらプレイして損のない作品です。

ここからはそんなPS5「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」の良いと思った点から書いていきます。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 武器を使って敵を倒していく3Dアクションゲーム。
  • 次元の裂け目を使って別の世界へ瞬時に移動できる。
  • 新プレイアブルキャラクターのリベットを操作するパートも存在。
初リリース日 2021年6月11日
対応ハード PS5
ジャンル 3Dアクション
売上 初週1.5万本
推定クリア時間 8~12時間
発売元 SIE

スポンサーリンク

良いところ

裂け目によって実現した新たな体験

「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」とは、ラチェットたちが活躍する3Dアクションゲームです。

基本操作は「スーパーマリオ」のような感じですが、戦闘はガラメカという武器を使って行う形式となっていて、TPS(サードパーソンシューティング)の色が強くなっています。

特筆したいのが、裂け目によって実現した新たな体験です。

これがですね、もうホント凄い。

どのくらい凄いのかと言うと、PS5ユーザー全員に体験してほしいくらい。

具体的に言いますと、裂け目に入ることで全く違う世界へ瞬時に移動することができます。

近未来都市から宇宙。宇宙から大雨の都市といった感じで瞬時に別の世界へ行けるので、思わず「え?これがプレイアブルシーン?」と目を疑いました。

長年、ゲームをやっている人であればわかると思うんですが、3Dアクションで別の世界へ移動する時にはロード時間や画面暗転が発生するものです。

本作ではそういうものがないので、短時間に様々な世界へ行き来することができます。

マップのスケール感も増しているので、情報量が凄いですw

一体、どれだけの時間を費やしてこれだけの素材を作り上げたのでしょうか?

想像しただけで恐ろしくなってきます。

パワーアップしたアトラクション要素

「マップの切り替えが一瞬だと何が変わるのか?」

ぼくは、アトラクション的な体験に変化が生まれたように感じます。

今作のゲーム進行はリニア式で、基本的には目的地へ向かって進む形式です。

その際には

  • 銃で敵を倒す
  • グラインドレールを突き進む

といった「ラチェット&クランク」シリーズではお馴染みのアクションを行うことになります。

そのうえでマップを切り替える要素が加わったので、より遊園地のアトラクションっぽくなった印象です。

トレンIVという惑星ではグラインドレールを突き進みながら次元の裂け目に入ったり、ウォールランで壁を走ることになるのでめちゃくちゃテンションが上がりました!

また、とあるステージではクリスタルをハンマーで叩いて次元を切り替える仕掛けが用意されていたりします。

次元を切り替えることで今まで行けなかったエリアにも行ける場合があるので、SFC「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」で見られた光と闇の世界を彷彿としました。

多彩なゲーム体験

ゲームクリアまでに味わえる体験は多彩です。

基本は3Dアクションにシューティングの要素を加えたような感じなんですが、それ以外にも

  • 戦車に乗ってウイルスを退治していく「グリッチミッション」
  • 次元を修復するためにエネルギーをつなぐ「クランクの次元パズル」

といったミニゲームが用意されるので、「ちょっとアクションシューティングが続くな~」と感じている時に挿入されると良い気分転換になります。

また、ステージによっては

  • 広大な世界を探索してアイテムを集める
  • 強敵に見つからないよう慎重に行動する
  • 乗り物に乗って高速移動する

といった遊びも存在するので、オープンワールドやホラー、レースゲーム的な楽しさも含まれている印象です。

3Dアクションとシューティングだけでも十分なのに、そのうえで他ジャンルの要素を盛り込むとは!?

ゲームクリアまでのプレイタイムは約10時間。

一般的な大作ゲームとしては決して長くはありませんが、クリアまでに味わえる体験が多彩なので、充実感は凄いです。

安定のシューティング要素

シリーズでお馴染みのシューティング要素は相変わらずの面白さとなっています。

キャラクターの動きは一般的なアクションシューティングゲームよりも軽快なので操作は簡単ですし、エフェクトが派手なので爽快です。

アシスト機能の「ゲームスピード」を使うとゲーム速度を遅くすることができるので、アクションシューティングゲームが苦手な人でもクリアできるように作られています。

今作ならではなのが、PS5コントローラ「DualSense」によって実現した手応えです。

例えば銃を発射する時にトリガーボタンを押すとしましょう。

すると、トリガーボタンが固くなるので、力強く押し込まないといけません。

この感覚が銃を発射する時そのものなので、臨場感を高めています。

また、

  • アイテムを回収する時に発生する細かな振動
  • ダメージを受けた時などに鳴るコントローラのスピーカー音

などの演出によって前作よりも手応えが増している印象です。

慣れてくると普通に感じますが、最初の30分ほどは衝撃を受けました!

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

ステージクリア時の達成感が薄い

ステージをクリアした時の達成感は薄く感じます。

なんというか、「え?もう終わり?」と感じてしまうんですよ。

本来、ステージをクリアした時って「よっしゃ!クリアしたぞ!」と思うものなんですが、本作ではそういった達成感が薄いです。

なぜ、達成感が薄いのでしょうか?

考えてみたところ、展開の速さに問題があるように感じます。

ゲームを進めていくとムービーシーンが挿入されるんですが、展開が早すぎるんですよ。

新キャラクターとなるリベットの活躍とか、ラチェットとクランクの友情とか。

見どころのあるストーリーではあるんですが、プレイヤーを置いてきぼりにするほど展開が早いので、何の感情もわきません。

まあ、ムービーを長くすると操作できない時間が長くなってしまうので、それもまた問題ではあるんですけどね。

「もう少しメリハリを持たせたら面白くなるのになぁ」と思ってしまうシーンが散見されます。

前作のPS4「ラチェット&クランク THE GAME」もそんな感じだったので、「これがシリーズの味なんだよ!」と言われたらそれまでですが。

目次へ戻る

ラチェット&クランク パラレル・トラブルのレビューまとめ

PS5の機能をふんだんに活かした作品。

どこかアッサリ風味ではありますが、PS5専用ソフトだからこその体験を味わえるので、本体を持っていたらプレイする価値があります。

ロード時間が爆速だと何が変わるのか?

コントローラに細かな振動機能が搭載されると何が変わるのか?

ゲーム開始から30分でわかることでしょう。

アッサリ風味だが、PS5ならではの体験が詰まった作品!

こんな人には特におススメ。
・PS5の機能を活かしたゲームを遊びたい人。
・3Dアクションゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・ボリューム感を求める人。

お気に入り度【80/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

,

 

おすすめ記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

関連記事

【レビュー】ソニック ジェネレーションズ 白の時空 [評価・感想] 20周年にふさわしいソニックの良さがまとまった作品!
【レビュー】新・ロロナのアトリエ はじまりの物語~アーランドの錬金術士~ [評価・感想] 雰囲気に重点を置いた初心者向けのゆるゆるRPG
【レビュー】バリアント ハート ザ グレイト ウォー [評価・感想] 戦争を題材にしたゲームの新たな一面を感じられた作品
【レビュー】ウィッシュルーム 天使の記憶 [評価・感想] 渋い雰囲気がたまらない!
【レビュー】ゼルダの伝説 時のオカリナ3D [評価・感想] 様々な部分を改良した時のオカリナの決定版!
【レビュー】立体ピクロス [評価・感想] DSの特性にピッタリとハマった傑作パズルゲーム!
【レビュー】ラチェット&クランク THE GAME [評価・感想] やや味気ないが、PS4では珍しい万人向けタイトル!
【レビュー】ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 [評価・感想] 懐かしさとマンネリ感が付きまとうコンパクトなゼルダ!
【レビュー】THUMPER リズム・バイオレンスゲーム [評価・感想] 高過ぎる没入感とスピード感によってあの世へ逝ってしまう恐れがある怪作!
【レビュー】ファイナルファンタジーXV エピソードイグニス [評価・感想] 本編のエンディングを見て感動した人は買って損なしの名エピソード!