| ゲームレビュー

【レビュー】スーパーモンキーボール特盛あそビ~タ! [評価・感想] とりあえずPSVITAの機能を使いまくった急造型の玉転がしゲーム


スーパーモンキーボール 特盛あそビ~タ!/PSVITA

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2012年6月に発売されたPSVITA「スーパーモンキーボール 特盛あそビ~タ!」のレビューをしていきます。

本作はおサルが入ったボールを転がしてゴールを目指すアクションゲームですが、とりあえずPSVITAの機能を使いまくった急造型の玉転がしゲームでした!

ステージを傾けてボールを転がしゴールを目指していく玉転がしゲーム。

誰でも思いつくほど定番のゲームですが、さすがに2010年代にもなるとフルプライスで売るのは難しくなってきます。

そんな中で発売されたのが今回レビューするPSVITA「スーパーモンキーボール 特盛あそビ~タ!」。

まだ発売されたばかりのPSVITAというゲーム機の機能を活かしまくった作品ですが、それらを駆使しても「いつものモンキーボール」の域は出ていませんでした。

それどころか古臭さを感じてしまい、2010年代に玉転がしゲームを発売することの難しさを実感してしまう作品です。

ここからはそんなPSVITA「スーパーモンキーボール 特盛あそビ~タ!」の良いと思った点からまずは書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • おサルが入ったボールを転がしてゴールを目指していく。
  • レベルは「初級」「中級」「上級」の3つに分かれている。
  • 本編とは別に8種類のバラエティゲームが収録されている。
初リリース日 2012年6月14日
対応ハード PSVITA
ジャンル アクション
推定クリア時間 5~10時間
売上 ランキング圏外
発売元 セガ

スポンサーリンク

良いところ

緊張感のある玉転がし

84f82469.jpg

今更言うまでもありませんが、本作はボールを転がしてゴールを目指していくゲームです。

意外なのが、難易度の高さ。

実は本作、可愛い見た目に油断していると返り討ちに合うほど難易度が高いんです。

というのも先のステージになると足場が細くなってノーミスでゴールを目指すのが難しくなるんですよ。

この緊張感、電流イライラ棒や実際の玉転がしゲームに通ずるものじゃないですか!?

さらに2010年代のゲームとしては珍しくコンテニュー出来る回数にも制限があります。

いわゆるアーケードスタイルとなっていて、最高難易度である上級モードはファミコン時代の骨太ゲームをプレイしているかのようでした。

見た目は可愛いけど、油断していると痛い目に遭います。

息抜きにピッタリなバラエティゲーム

本作には全部で8種類のバラエティゲームが収録されています。

バラエティゲームで特徴的なのが、PSVITAの機能を活かしていること。

カメラ機能、タッチ機能、2本スティック、ワイド画面、背面タッチパッド etc…

これらの機能を活かした内容になっているので、PSVITAのデモンストレーション的な役割も果たしています。

というのも本作はPSVITAの発売半年後に出たからです。

当時としては新ハードと言えるような位置付けだったので何もかもが珍しく感じました。

バラエティゲームはいずれも多人数プレイが可能。

1人でCPUとプレイしたらやや寂しさを感じますが、トロフィーの獲得目当ててプレイすると悪くはありません。

前述の通り本編は進めていくと難易度が非常に高くなるので息抜きにはピッタリに感じます。

スポンサーリンク


目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

中断セーブが出来ない

15f111d1.jpg

メインとなる「チャレンジ」モードは数十種類のコースを連続してプレイすることになります。

が、その数は難易度が上がる毎に増して行くので、難易度が高いモードをプレイしている時は中断セーブ出来ないのが不便に感じました。

いつでもどこでも楽しめる携帯機のゲームなのだから尚更。

スリープモードがあるとは言え、ゲーム内に搭載されていても良かったような?

時代遅れ感が漂っているゲームデザイン

df9e9b2a.jpg

上級モードでは一気に50コースを攻略することになります。

問題なのが、コンテニュー出来る回数に制限があり、中断セーブも出来ないこと。

アーケード版のゲームデザインを再現しているんだと思いますが、2010年代に発売する家庭用ゲーム機向けとしてみると時代遅れに感じました。

GC「スーパーモンキーボール2」のようにゲームオーバーの概念を無くしたストーリーモードを搭載することは出来なかったのでしょうか?

イマイチなエディットモード

2c55ffa6.jpg

ぼくが本作を購入した理由。

それは、エディットモードが搭載されているからです。

本モードではPSVITAのカメラで撮影した対象物がコースになるという機能が搭載されています。

聞いているとワクワクしますが、残念ながら精度はイマイチでした。

試しに明るい部屋でいくつかの対象物を撮影して作成してみましたが、適当な形のコースしか完成せず、全く上手くできません。

撮影にコツが要るのでしょうが、もう少し反応を良くしてほしかった。

2012年の技術ではまだ難しかったのかな?

癖のあるメニュー画面のユーザーインターフェース

3d4dd374.jpg

メニュー画面はPSVITAソフトらしくタッチ&フリック操作で選択することになります。

本体の機能を活かしているのは確かですが、快適性はイマイチでした。

というのも各メニューの並びが独特のため変な方向にフリック操作をしてメニューを回転させなければならなんですよ。

ロード時間もやや長く、実際にゲームをプレイするまでに余計なストレスが溜まってしまいましたw

サイバー調のデザインはカッコ良くていい感じなんですがねぇ。

目次へ戻る

全体のまとめ

「PSVITAの機能を使ってとりあえず『スーパーモンキーボール』を作ってみました!」

そんな印象を強く感じる作品。

それ故に2010年代のゲームとして見ると最適化されておらず、古臭さを感じてしまいました。

どうしてもPSVITAで「スーパーモンキーボール」をプレイしたい人以外には強くおすすめすることは出来ません。

古典的な面白さが詰まった作品なので、激安で販売されていたらとりあえず買っても良いとは思いますが・・・。

とりあえずPSVITAの機能を使いまくった急造型の玉転がしゲーム!

こんな人には特におススメ。
・骨太ゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・根気が無い人。

スーパーモンキーボール 特盛あそビ~タ!/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約8時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(2)

  1. より:

    このゲーム、ゲームのグラフィック部分にグラビアアイドルの写真なんて入れたから年齢区分マークCになってるんですよね。ホントPSは大人向け大好きな奴ですね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ポケモンカードGB [評価・感想] ぼくにカードゲームの面白さを教えてくれた思い出の作品!
【レビュー】ファイナルファンタジーXV [評価・感想] オープンワールドという道具を使って男同士の友情を描いた新しいFF!
【レビュー】ギアーズ オブ ウォー1(Xbox360) [評価・感想] 洋ゲー嫌いのぼくが洋ゲー好きになるきっかけを与えてくれた傑作!
【レビュー】アサシン クリード ブラザーフッド [評価・感想] オープンワールドなのに濃密!
【レビュー】スーパーマリオランド [評価・感想] 電池交換までに100周は楽しめるコンパクトな2Dマリオ!
【レビュー】任天童子 [評価・感想] お…これは地味に面白いぞ!
【レビュー】INSIDE(PS4/XboxOne) [評価・感想] 極上の体験が詰まった2Dアクションゲームのフルコース
【レビュー】ロックマン8 メタルヒーローズ [評価・感想] 何もかもが本気で作られた次世代のロックマン!
【レビュー】バリアント ハート ザ グレイト ウォー [評価・感想] 戦争を題材にしたゲームの新たな一面を感じられた作品
【レビュー】The Wonderful 101 [評価・感想] ピクミンとWii Uのエッセンスを盛り込んだ新しい形のプラチナゲー!