| ゲームレビュー

【レビュー】歩いてわかる 生活リズム計DS [評価・感想] 万歩計の域は出ていない

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

ぼくは昔から万歩計が好きで、小中学生の時はてくてくエンジェル、ポケットピカチュウなどを腰に付けて毎日1万歩を目標に歩いていました。

その頃は少し太っていたので、ダイエットの一環として頑張っていたんですよ。

今はかなりの減量に成功して普通の体系になれました(笑)


歩いてわかる 生活リズムDS/DS

そんな過去を持っていることもあって、ぼくにとってDS「歩いてわかる 生活リズムDS」は見逃せない存在でした(笑)

発売日にこそは買いませんでしたが、約半年後に1,980円で売っていたためその時に購入。

本記事ではDS「歩いてわかる 生活リズムDS」を使ってみた感想を書いてみようと思います。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • 同梱された「生活リズム計」の管理ソフト。
  • 「生活リズム計」を装着することで日々の歩数などが分かる。
  • 歩数を使った遊び要素も収録。
初リリース日 2008年11月1日
対応ハード DS
ジャンル 知育
売上 初週1.7万本
発売元 任天堂

スポンサーリンク

ゲームデータ内でしか歩数が分からないのがまた良い!

このソフトには「生活リズム計」と言う万歩計が2個同梱されており、プレイヤーはこの万歩計を腰に付けるかポケットに入れるかして1日の歩数を計ってもらいます。

ただし普通の万歩計とは違って液晶画面が搭載されていません。

1日の歩数は「歩いてわかる 生活リズムDS」のゲームソフトを差したDS本体と通信をしないと分からないようになっています。

この仕様は少し不便にも感じますが、いつでも歩数が確認出来ないことによって1日の歩数を測定する時の楽しみが生まれているのでこれはこれで良いと思いましたo(^-^)o

ちなみに「生活リズム計」は1週間分のデータを記憶することが出来るので、毎日DSと通信する必要はありません。

あと、単純にDSと通信して歩数を確認出来るだけでは無くどの時間に何歩歩いたのかも詳しく教えてくれるので、タイトル通り自分の生活リズムが分かるようになっています。

ここが本作最大のウリと言っても良さそう。

ゲームソフトには個人データを4人作れるようになっており、それぞれWiiでお馴染みのMiiを作成する必要があります。

※Wii本体に保存しているMiiを転送することも可能。

これは家族で一緒に生活リズムを測定してコミュニケーションを図ろうと言うことなんでしょうね。

確かに家族全員がダイエットしている家庭では盛り上がりそう!

ゲームソフトで他に出来ること

もちろん本作は単に個人データを作って1日の詳しい歩数データを測定してもらうだけの作品ではありません。

後から詳しい歩数データを見たり、自分が歩いた歩数を使って色々な遊びが出来たりWi-Fiでみんなの歩数を使って遊んだりも出来ます。

でも遊び要素の方はあくまでおまけって感じで、歩数を使った遊びに期待していたぼくにとっては肩すかしの内容かな(-。-;)

各個人の歩数の合計を使って地球の上に絵を描くことが出来る「歩いて作る世界地図」。

完成した絵は図鑑として登録されるのでちょっとした勉強にはなるのですが、絵を描くスピードが遅く合計の歩数が溜まっているとずーっと絵が描かれているのを見ていないといけないのでイライラします。

ゲーム性が皆無なのも寂しい。

それ以外にも

  • 各個人データの一日の生活リズムに応じてみんなの家を明るくする「リズムに合わせてライトアップ」
  • みんなのさまざまなデータを見ることが出来る「みんなのランキング」

といった遊び要素がありますが、どれもおまけって感じでゲーム性は皆無です。

スポンサーリンク

目次へ戻る

全体のまとめ

と言う訳でこのゲームは万歩計の域からは脱出していません。

生活リズム計が2個同梱されて定価は5,800円なので、それだったら多少機能が少ない普通の万歩計を買った方が良い気がする。

ぼくは1,980円で買ったから十分元は取れたと思いますが、定価での購入はお勧めできない作品です。

ゲームソフトとして発売するからにはもっと遊び要素を入れてほしかった。

任天堂製タイトルなので尚更そう感じてしまう。

演出面は任天堂製タイトルらしく遊び心があったんですが・・・。

歩いて分かる 生活リズム計DS/お気に入り度【50/100%】
プレイした時間・・・約1年

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, , ,

 

おすすめ記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(4)

  1. あずき より:

    kentさんも元ダイエッターだったとは!
    なんという親近感w
    わたしも万歩計愛用して体重落としましたよー
    その時は一日2万歩歩く、を実践してた(・∀・)
    音楽聴きながらだとかなり気分が違いますよね♪
    うん 今は面白い万歩計いろいろ出てるし
    ゲームソフトとして出すなら、遊び要素には
    凝ってほしかった所ですねえ。

  2. Ryo& より:

    ポケモンHGのポケウォーカーをいつも持ち歩いてるぜw
    あれで経験値上げてアンノーンをLV98まで上げたのも良い思い出w
    3DSの万歩計機能はどうなんだろうね。
    単純に万歩計代わりだけだったら、あんなでかいのいらねぇw
    あと夜にジョギングは、夏は痩せるけど冬ってあまり痩せないよねーw

  3. kentworld より:

    >あずきさん
    はい!実は僕ってダイエットには煩い性格なんですよw
    太りやすい体質なので、今も色々やっていますw
    毎日2万歩って凄いですね!
    接客系の仕事をやったら
    嫌でもその位の歩数にはなりますが・・・。
    ゲームソフトとして出すからには
    やっぱり遊び要素には期待してしまいますね・・・
    歩数を使ってミニゲームをアンロックするなどの
    要素が欲しかったなぁw

  4. kentworld より:

    >Ryo&さん
    ポケウォーカーも少し前まで
    生活リズム系と一緒にポケットに入れていましたw
    そんなにポケモン育てられたんですか!
    あ・・・そう言えば3DSって大きいから
    万歩計としては鞄を持ち歩く
    出かける時にしか役に立たないですね^^;
    冬は走ってもあまり汗をかかないので、
    ジョギングは夏にやる方が効果ありますね!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】巨影都市 [評価・感想] 巨影と絶体絶命都市のコラボがシュールなバカゲー!
【レビュー】あつまれ!ピニャータ [評価・感想] 作業的だが地味にハマる!
【レビュー】ARMS(アームズ) [評価・感想] 見かけによらずストイックな次世代のeスポーツゲーム!
【レビュー】ポケモン Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ(ピカブイ) [評価・感想] 新規層や回帰層が現役ポケモントレーナーになるための美しき架け橋!
【レビュー】バイオハザード RE:2(リメイク) [評価・感想] オリジナル版から20年が経った今だからこそ生み出せた傑作!
【レビュー】Minecraft(マインクラフト) [評価・感想] ツールの域を出たクリエイトゲームの歴史を変えた作品
【レビュー】ゴッド・オブ・ウォー(GOW PS4) [評価・感想] マンネリアクションが全編ノーカットによる探索型アクションアドベンチャーに大変貌!
【レビュー&コラム】Switchの「みんなで空気読み。」をプレイして感じたこと。空気を読むってめんどくさい!!!
【レビュー】ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 [評価・感想] ゼルダの常識をぶち破りまくったDSを代表する大作!
【レビュー】王様物語 [評価・感想] 様々な要素が凝縮された贅沢なゲーム!