2018/08/19/20:00 | M☆G☆Mコラム

ゲーム内での自慢は良い事尽くし!逆にしない方が良い自慢とは?

SNS上のゲームコミュニティは自慢が基本?

自慢

自分のこと、自分に関係の深いものを自分でほめ人に誇ることです。

あまり良い言葉ではありませんが、ことゲームに限るとむしろ自慢した方が良いんじゃないかと思っています。

実際、SNS上のゲームコミュニティでは”自慢”がコミュニケーションの基本です。

購入物の報告、ステージクリアの報告、自分で育成したキャラクターのパラメーター晒しなどは無意識にしてしまいますからね。

このブログはプレイ日記の比率が低く、レビューやコラム、情報や売上系が多いので自慢成分は少なめかもしれませんが、もっとユーザー寄りのブログだったら自慢がない記事の方が珍しくなります。

しかし、あまりにも自然なので「自慢している」という発想にはなりにくいでしょう。

それだけSNS上のゲームコミュニティでは自慢がコミュニケーションの基本として定着しているんですね。

自慢をすることでコンテンツが活性化する!

何故、SNS上のゲームコミュニティでは自慢をした方が良いのでしょうか?

それは、自慢をすることでコンテンツが活性化するからです。

ゲーマー根性を持っていると分かると思うんですが、ゲーム関連の自慢をされると追い越したくなるんですよねw

ハイスコアを更新しました!タイムを更新しました!

そんな感じでSNS上で自慢報告が挙がると身近な人であればあるほど追い越したくなる衝動に駆られる人も多いと思います。

そして、対抗してハイスコアやタイムの更新をSNS上で報告するとw

これが繰り返されることで話題性が高まり、コンテンツが活性化するので、非常に生産的だと思います。

メーカーの方も喜んでくれると思うので、こういう自慢はどんどんしたいですね♪

自慢合戦で人気を広めたソーシャルゲーム

ゲームで自慢といえばソーシャルゲームが代表的だと思います。

ソーシャルゲームはガチャでレアなキャラクターが出たことを報告したり、スコアアタックゲームでハイスコアを記録したことをゲーム内やSNSを通じて報告することで面白さが成立するように作られていますからね。

未プレイの方だと「ふ~ん」って感じになるかも知れませんが、名前を知るきっかけにはなりますし、プレイ中の方は悔しさで追い越したくなる可能性が高いと思います。

少なくとも負けず嫌いの僕は追い越そうと必死になり、課金してしまうでしょうw

ソーシャルゲームが人気になるのはお手軽性ではなく、こういった人間心理を上手く突いた仕組みも大きな要因だと思っています。

現実世界と分けて考えられる

このようにゲーム内での自慢は不快度指数が低く感じられます。

何故なのか考えてみたんですが、発信する側の人間的な能力値と切り離して考えやすいからなんですね。

ゲームが上手い人も確かに凄いとは思いますが、だからといって人間的な能力値が高いという発想にはなりにくいでしょう(もちろん、何かしらの能力が優れているのは確かですが)。

その結果、自慢された側は不快に感じにくいんですね。

一方、現実的な自慢は発信する側の人間的な能力値の高さを遠回しに見せびらかしているようだから人によっては不快に感じてしまうんだと思います。

「彼氏・彼女が出来ました」報告はまだしも、「年収1,000万円突破!」なんて報告をSNS上でしたらたちまち周りからは嫉妬の炎で燃え上がるでしょうw

それだけお金ってその人が持つ能力と直結して考えやすい物なんですね。

あと、持っているお金の数=行動出来る力とも言えますから、単純に惹かれてしまうのもあると思います。

実は当ブログ。開設初期の頃にブログの収入に関してうっかり記載してしまったことがあるんですが、驚くほど色んな方に意識されてしまい、様々な感情を持たれてしまったんです。

たったの数千円稼いだだけの報告だったのに、まさかあれだけの反響があったとは・・・

正直なところ、怖くなりました。

そして、収入面に関する話は避けたほうが良いなと思うようになったんです。

もし、嫉妬する人が出てきた場合、その嫉妬はやがて怒りに変わるかもしれませんから・・・そうなったらろくなことにはならないと思います。

スネ夫の自慢がムカつく理由

自慢といえば代表的なのがドラえもんの登場人物として知られるスネ夫。

視聴者の多くは彼の自慢を見て不快に感じたことでしょう笑

何故不快に感じてしまうのか考えてみたところ、彼の場合、他人の力に頼って自慢をしているからだと思いました。

スネ夫自体は大した人間ではありませんが、家庭が大金持ちなので庶民が手を出せないものも色々買って見せびらかしてきますからね。

それだけでも腹が立つのに主人公ののび太を見下すような発言をするのだからさらに神経逆撫でです!w

他力本願で結果を得たのに自慢してさらに相手を見下す。

このような自慢は最も避けたほうが良いパターンでしょうね。

ネットの場合、他人の力を借りて有名になってしまった人は気を付けた方が良いと思います。

批判と同じくらい避けたほうが良い自慢

批判はヘイトを集めやすいですが、自慢も同じくらい集めやすく感じます。

自慢って批判と比べて埋もれがちですが、実はとても危険な物なんだと最近になって実感しました。

ですので、現実世界での自慢は避けたほうが良いでしょうね。

僕も今までに沢山の自慢を無意識にして他人を不快にさせてしまいました。

そんなことをしても嫉妬されるだけで良いことがないので、自身の能力が高いという発想に繋がるような自慢は避けたいですね。

そんなところで「オレ凄い」アピールをしたって尊敬よりも嫉妬の感情のほうが上回りやすいですから。

スポンサーリンク

ゲームの自慢だったら安心!

長くなりましたが、ゲームに関する自慢だったら基本的には問題ないと思います。

ゲームの中での出来事は現実世界とは別で分けて考えられますからね。

今後もゲームに関する自慢はどんどんしていこうと思います!w

「ハードモードでクリアしたぜ!」「プラチナトロフィーゲットだぜ!」とか自慢することで「だったら俺も!」とやる気になる人が増え、そのゲーム内でのコミュニティが活性化すれば良い事尽くしですから♪


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(28)

  1. y.crash より:

    ゲームの自慢か・・・。今はそれほどしてないんですよねwww
    昔は同じゲームをしてた仲間とかいた際にすっごい自慢し合ってましたねw
    クラッシュのタイムアタックこれくらい出たぜ!とかw
    MGS5GZで本編のハードのタイムアタックを友人の前でやったときにはドン引きされましたけどねwww
    カズの「慎重に行け」と言われながら発見され即殺したり監視カメラを壊したりとゴリ押しw
    「こいつ敵に回したくない」って言われたのがwww

    • kentworld より:

      現実世界に限っての話かな?

      大人になると身近でゲーム仲間が減ってしまいますからね。やるとしたらネット上でやる感じになると思います。クラッシュ・バンディクーのプラチナトロフィー報告とかw

      >カズの「慎重に行け」と言われながら発見され即殺したり監視カメラを壊したりとゴリ押しw

      y.crashさんがプレイするメタルギアVは僕が知っているものとは違うようだ・・・w

  2. メトロキシド より:

    自慢ですか…変なプレイしたぜ!的な自慢はしますが、タイムアタック的な自慢はしませんね。とは言え、ゲームの自慢はした方が良いというのは賛成ではありますが、どっちかとというと自分の場合はゲームの良いところ自慢になりそうですw

    んー現実の自慢が受け入れられない理由は…というより正直他人の自慢をどうでも良いと感じますが、単純に自分はこれだけ頑張っているのにどうして報われなく、あいつは報われるんだ!みたいなものだと推測します。結果の量しか可視化されないことが多いですからね。(つまり嫉妬ですね)

    で、ゲームはあいつがこんだけ頑張って(つまり努力の量が可視化でき)いてスゲー!
    や、純粋に自分の努力が追いつかない場所ということがあると思います。(つまり嫉妬の生まれる余地が現実と比べて少ないと言えます)

    こう言っては誤解を招くと思いますが、敢えて言わせてもらいますと年収はどう考えたって人生の一部ですが、ゲームは人生の一部というより趣味の一部に属することの方が多いですからね。故にゲームで俺スゲー!は受け入られやすいと思います。
    (言ってる中身はkentさんと大体同じですねw 言い方が違うだけです)

    • kentworld より:

      ゲームの良いところ自慢も良いじゃないですか!ゲームの自慢は宣伝になるので、どんどんするべきだと思います♪

      現実の自慢が受け入れないのはまさにそんな感じですね。報われない人ほど嫉妬をしてしまう。ですので、本来ならそういう状況には陥りたくないんですよね。

      同じ自慢でもゲームと現実の自慢はこうも印象が変わるとは・・・メトロキシドさんの分析通りだと思いますが、面白い話だと思います。

      いつも非常に練られたコメントをどうもです!

  3. くっぞこ より:

    こんにちは。
    ブログは自己顕示欲の塊ですからね~(笑)
    旅行へ行っただの、美味しい料理を作っただの(笑)
    ゲームに限らず自慢は大いに結構じゃないですか~
    平凡な暮らしも自慢(自己顕示)になりますしね。
    そう言えば、昔と比べてブログの儲けが減ったとか、
    そういう記事を書かれてましたね~
    今も何となく覚えてるので、
    確かにインパクトがあった記事だと思います(笑)

    • kentworld より:

      旅行や料理自慢は僕も全然良いと思います。

      ただ、お金が絡む自慢は危険だな~って周囲の目を見て感じました。

      羨ましがられるだけだったら良いんですが、嫉妬されてしまい、変なことに巻き込まれてしまう恐れがありますからね。

  4. ヨウタイガ より:

    ゲームでは自慢できることはあまり無いんですが、何かをやっとクリアした、とかは誰かに伝えたくなりますね。報告というか、趣味であるゲームで情報共有したい感じですかね。
    ゲームですごい記録を出したり難しいモードをクリアできる人は、同じ趣味を持つ者として、単純に尊敬しちゃいます。

    • kentworld より:

      SNS上でゲームのクリア報告をされる方は自慢というよりは報告や情報共有という発想でしていることが多いかも知れませんね。

      僕も自力ですごい記録を出せる人は尊敬しますね~。プレイしているゲームだったら尚更。

  5. ホンマ?トモフミ より:

    自慢合戦って確かによく考えると今のゲームというコンテンツを活性化させてる一因はありますね。

    コンシュマーだとPS4やSwitchなどにも今はシェアリングボタンという簡単にムービーやスクショを取れるようになりましたが、それをみんなに見せることで宣伝にもなるから初めにそこに目をつけたマイクロソフトもしくはSIEはすごいと思います。
    任天堂はそれに加えて、自社ソフトでもバンバン共有しやすいタイトルを提供してますね!

    • kentworld より:

      シェアリングボタンもみんなに自慢するためにあるような感じですからねw

      今世代のコンシューマーゲーム市場を語るのであればシェアリングボタンは欠かせません。どういう発想で付けようとしたのかな?

  6. 天火星 より:

    自慢かあ~・・・、知り合い間でパラメーター晒しとかどれだけ酷いやられ方や失敗をしたかの自慢(?)はよくしますね。クリアタイムやスコアは自慢じゃなくて世間話的にみんな流してますしね、タイムよりも「どうやってタイムを縮めたか・スコアを伸ばしたか」の「手段」をのが盛り上がりますな。どうにも周りに色物めいた方たちか高率厨に片足突っ込んでるような連中しか集まらんもんでね!
    ていうかブログの収入晒して炎上て・・・、ええやんかそれぐらい・・・。
    ( ^ω^)・・・最近Twitterのフォロワーさんとかも心無いコメント貰ったそうなので、こういう話はかなり鶏冠に来ますな、コッコッコッ。

    • kentworld より:

      ゲーム自慢も多様化しているなぁw

      でも、そうやって情報共有をすることでより楽しめますよね♪

      ブログは炎上した訳ではないんですが、何名かに直接色々言われてしまったり、某掲示板みたいなところでも噂になってしまいました。

      2010年辺りの話になるので、もう、8年も前になるんですね。

  7. AVC-M370 より:

    今は競い合うソフトがリアルタイムバトルの為に中々自慢の様な敢えてする機会は少ない気がするな。
    そこで動画やらシェアするシステムを用意し、ソロ心理のプレイヤーを置いてけぼりにしない為の救済とでも言うか。

    Kent氏が何かお題タイトルを決めて自慢大会を主催してみるとかいかがかね。

    • kentworld より:

      自慢大会ですか?コメントが集まりそうなコンテンツのお題だったら良いかも知れませんね。

      まあ、その手の企画は毎週恒例のアンケートでやってみたいと思います。

  8. ゲーマー より:

    好感を持てる範囲で喜怒哀楽がはっきりしている人は好きですね。

    最近はYOUTUBERでも企業案件が増え、本当に面白いと心の底から思ってるゲームなのか?疑念を抱く( ̄ー ̄)。

    まとめブログは正当な批判でも《論点のすり替え》が多く、企業側がネットの悪い評判を火消しと呼ばれる人達が《論点のすり替え》で打ち消している事があるらしい。

    Kent氏のような本音でゲームを語ってくれるブログは少ない。自慢や批判は許容範囲です😋

    • kentworld より:

      企業が絡んでしまうとややこしくなりますからね~。

      実は当ブログでも企業案件はいくつか来ていますが、本当に興味があるものしか受け付けないようにしています。

      今後も自分が興味あるゲームの話題を中心に書いていきます!

  9. むぐお より:

    なるほど一理あるかも!
    snsは基本みんな自分を発信したがるんで自慢というか一億総芸能人化というかみんな自己顕示欲が強いんだなあと思います
    昔はそういうのありましたけどねえ
    ゲームは基本的にシングルプレイなので自慢することもないですね
    やっぱりできる時間も限られてるのでそれだけでも差ができるので
    現実の自慢は極力しないようにしていますがなにが知らず知らず自慢になってるかわからないのできおつけてますね
    プライベートでは最低限金の話と女の話はなるべくしないようにしてます
    基本的に自慢話を聞いてるほうが純粋に楽しいし平和です笑
    あまり嫉妬心もなくなりましたからね
    高くてうまいもの食べたとか見てると俺も頑張らないと!ってなります

    • kentworld より:

      自己顕示欲は僕もめちゃくちゃ強いですw

      みんな、芸能人になりたい夢を持っているんじゃないかな~笑 むぐおさんはもう無くなった感じなのかな?

      シングルプレイでもクリア報告などは歓迎ですよ!どんどんしてください!

      お金と女は男のロマンですもんね。盛り上がりやすい話ではありますが、危険性もあるかなぁと思います。

      まあ、個人的に現実的な自慢で嫉妬することが多いのは同い年や年下ばかりで、年上の方だと尊敬することが多いんですけどねw 年齢って結構意識してしまいます。

  10. つぐみ より:

    スネちゃまもそうですが、他人を貶めたり無闇やたらにマウントとりたがっていると鼻持ちならない存在になりそうですね。気をつけたいものです。

    SNSは自慢をした後に「平等」という言葉を掲げた努力しなかった人の足の引っ張り合いが見ていて悲しいときもあります。
    「不公平」とか「ズルい」という言葉を使う人に限って努力してない人が多いと個人的に思うのです。

    ゲームの自慢話ですと「他人と違ったプレイをしてみた自慢」は結構ウケますね

    • kentworld より:

      スネちゃまは良い反面教師になると思います。

      あぁ、自慢されて嫉妬してしまう人ほど努力していないケースって確かに多いです。

      しているケースもありますが、その場合はしている部分を間違えている事が多いと言うか。

      他人と違ったプレイをしてみた自慢は確かにウケが良いです。自由度が高いゲームだと色々出てきそうですね。

  11. hanataka より:

    ゲームの自慢は、僕は尊敬しますねぇ🎵高難易度ゲームのクリア動画を観て、いざ真似ようとしても出来ないので、素直にスゲーと感じます🎵

    ゲーム好きなので、ゲームの保持数自慢もスゲーと感じます🎵

    僕の自慢は……今まで一回もゲーム趣味に飽きてないって所かしら⁉️今でもゲームの電源入れたらストレス発散してますね🎵

    • kentworld より:

      ゲームに一度も飽きていないんですか!?

      それは素晴らしいことですよ!十分に誇って良いと思います。

      僕でもゲーム熱が冷めたことはありましたからね~。

      ゲームの自慢も多種多様だと思います。神プレイ、所持数、みんな尊敬しますね。

  12. エンタメ最高マン より:

    日常生活で自慢はなかなか受け入れられないことが多いですが、ゲームだと自慢したくなるし、されても素直に受け入れられる部分はありますよね。

    私はDQM(ドラクエモンスターズ)などで頑張ってレアなモンスターを育成しては「ほらほら!」と友人に見せてました(笑)

    それ以外にもやっぱり難易度が高いゲームをクリアできると自慢したくなりますよねw

    • kentworld より:

      ゲーマーはゲームの自慢をし合うことでむしろ仲良くなれますよね♪

      レアなモンスターを見せびらかすエンタメさん、何だか可愛いです笑

      ゲームの自慢はむしろどんどんして欲しいと思います。「これ見てみて~」って感じで来られると嬉しくなってきますよw

  13. シロマ より:

    ゲーム自慢はツイッターやここのコメント欄でよくしていますねぇ。
    最近、プラチナトロフィー取得率0.1%のあるゲームのプラチナトロフィーを目指しているので獲得したら報告します。

  14. ジョエリー より:

    自分もここのコメント欄でゲームのクリア報告やトロフィー獲得報告をよくしてますね。他の人のゲーム自慢を見るのも興味深く、特に好きなゲームだと話題に上がっているだけで嬉しくなります。
    折角最近Twitterも始めたので、そちらでも色々書いていこうかなと思います。

    • kentworld より:

      どんどんお願いします!ジョエリーさんの自慢はいつも刺激を受けているんですよー笑

      プラチナトロフィー報告とかされると「僕も負けないぞ!」っていつも思います。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

古参が新参を見下すコンテンツにしない努力を!
ゲームカタログ@Wikiに個人ゲームレビューサイトが対抗する方法とは?
漫画・アニメを題材にした実写作品から生まれる3つの拒否反応
ぼくが80点以上のゲームばかりをレビュー記事にしてしまう事情。ぼくは好きなゲームの記事を書きたいんだ!
新作ゲームの発売が減っているのに激戦区と感じる週が増えた理由とは?
ゲーム慣れしていない人に3Dアクションゲームをやらせると「まっすぐ走って連続攻撃をする」
ゲームユーザーとして心掛けたい”怒”の感情を”笑”の感情に変える発想の転換
海外産オープンワールドゲームに負けない良さを生み出したメタルギア・FF・ゼルダシリーズ最新作
スマブラSPがスマブラ for Wii Uの完全版ではなく新作である6つの理由
横スクロールアクションが時代遅れに感じていた時代