2019/02/09/7:00 | ゲームレビュー

キャサリン(クラシック)【レビュー・評価】コンセプトからズレた難易度設定で評価を下げた惜しい作品

63febed6.jpge0e49f11.jpg
キャサリン/PS3 / Xbox360

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2011年2月に発売されたPS3/Xbox360「キャサリン」のレビューをしていきます。

本作は大人の恋愛をテーマにしたストーリーが特徴的なパズルアクションゲームですが、プロモーションとゲーム内容が噛み合っていないように感じました。

発表時はアダルトな世界観やストーリーを楽しむのがメインかと思っていたんですが、実際には硬派なパズルアクションがメインのゲームだったんですね。

これはこれで面白いとは思いますが、個人的にはストレスを溜めながらプレイしてしまいました。

そんなPS3/Xbox360「キャサリン」の良いと思った点からまずは書いていきます。

▼このゲームを3行で説明すると?

・大人の恋愛をテーマにしたストーリーが特徴的なパズルアクションゲーム。
・ストーリーパートとパズルアクションパートの大きく分けて2つが存在する。
・エンディングは選択肢やメール返信で変化する。

良いところ

アダルト&ホラーなストーリー

な・・・なんだこの生々しい展開は!?

本作は大人をメインターゲットにしているだけあってストーリーは生々しいものでした。

本作のテーマ。それは、アダルティです。

主人公となるのは32歳の男性会社員ヴィンセント。

彼には交際5年目となる恋人のキャサリン(32歳)がいます。

そんな2人の間に突如現れた2人目の「キャサリン(22歳)」。

勘の鋭い方だとこのあとどうなるのか分かりますよね?

そう、週刊誌でよく見かけるあんなことやこんなことが巻き起こるんです!

しかもホラー要素もあるので、そっち方面でも楽しむことが出来ました。

本作は「ペルソナ」の開発チームが手掛けていますが、こんなストーリー展開はオリジナルタイトルじゃないと出来ませんわw

CEROはZではないので子供でも購入出来ますが、キャサリンはセクシー過ぎますし、ちょっと刺激が強過ぎるかもしれません。

センスが良い

全体のセンスは「ペルソナ」チームが手掛けているだけあって凄く良いと思いました。

キャラクターデザインは媚びておらず、スタイリッシュな感じ。

文字フォントや演出もセンスの塊で、アートワーク的な価値を感じられました。

実は本作、「ペルソナ」チームにとって初のHD機向け作品になるんですよ。

なので、当時としては「ペルソナ」みたいな作風の作品をHD機でプレイ出来るだけでも価値を感じられました。

中毒性の高さ

お・・・意外と面白いぞ!?

ゲーム部分の中毒性は高く感じられました。

本作のゲーム部分はパズルアクションがメインとなっていて、素早くブロックを押したり引いたりして頂上を目指して行くことになります。

評価システムの存在もあってリプレイ性が高く、慣れて来るとハイスコア更新のためについつい何度もプレイしてしまいました。

ステージのバリエーションも意外なくらい豊富。

様々な種類のブロックやアイテムが用意されていて、単純なゲームシステムの割に長く楽しめます。

本作はストーリーがメインでゲーム部分はミニゲームレベルと思っていたので、この点には驚かされました!

しかし、ぼくはとんだ勘違いをしていたのでした・・・(個人的に合わない&気になったところに続く)

豊富なやり込み要素

本作はやりこみ要素も充実しています。

代表的なのがバベルモード

こちらは条件を満たせばプレイ出来る高難易度のステージになります。

特徴的なのが、プレイする度にステージの構造が変わること。

そのためリプレイ性が高く、長く楽しめます。

2人プレイ&オンラインランキングにも対応しているので、最終的にはこちらのやり込みがメインになる方も多いのではないでしょうか?

続いて紹介するのがミニゲームのラプンツェル

こちらはレトロチックなグラフィックで楽しめるパズルゲームで、本編を簡略化させたような感じ。

短くてサクサク楽しめるうえに制限時間がないので詰め将棋的な感覚で楽しめました!

そのため本編をそっちのけてプレイしてしまうくらいw

いっそ、単品で売り出しても良いくらいです。

「ペルソナ」スタッフはビジュアル面のセンスだけではなく、面白いゲームを作るセンスもありますね。

選択肢やメール返信で変化する結末

本作のエンディングは複数用意されています。

ゲームを進めていくと様々な場所で選択肢が現れたりメール返信を行うことになりますが、そこでの回答によって結末が変わるようになっているんです。

エンディングの数は意外と多く、すべてを見るには最低3周する必要があるのでアドベンチャーゲーム的な楽しさもあると思いました。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

高過ぎて理不尽な難易度

わぁ・・・またゲームオーバーかよぉ。

全体的にパズルアクションパートは理不尽に感じます。

ぼくはマゾゲー好きなので普段はむしろ好印象になるんですが、このゲームの場合はダメでした。

そう感じてしまった理由が大きく分けて3つあるのでここからは細かく語っていきます。

謎の残機制とセーブシステム

昔のゲームは残機制のシステムを搭載しているケースが多く、残り人数が0になったら物凄く前からやり直しになるのが常でした。

本作ではそんな古臭いシステムを搭載しているんです!

そのため残り人数がゼロになったらゲームオーバーになってセーブしたポイントからやり直しになります。

問題なのが、セーブ出来るポイントが少ないこと。

下手をしたら何ステージも前のところからやり直しになるので、リカバリーがキツイんです。

おまけにそれまでに見た長いムービーやイベントシーンをもう一度見なければなりません。

すべてをスキップしたとしての2分ほどかかってしまうので物凄くテンポが悪く感じました。

操作性の悪さ

パズルアクションパートは操作性が悪く感じます。

例えばブロックの奥にぶら下がった時の横移動が左・右どちらを入力すれば良いのか分かりにくいんですよ。

それ故に何度誤動作を起こしてしまったことか。

全体的にキャラクターの動きがちょっと軽過ぎるのも操作性の悪さに拍車をかけている気がする。

焦っている主人公を演出しているのは分かるんですけどね。

ストーリー要素との干渉

リカバリーがキツイレベルデザイン、操作性の悪さ。

これだけでもストレスを感じますが、さらに問題なのがストーリー要素との干渉です。

広告を見れば分かるように本作はアダルティなストーリーを全面に押し出しています。

それ故にそちらを重視してしまいがちなので、ファミコンライクなゲームバランスはストーリーの邪魔をしているように感じてしまうんですよ。

このように本作の難易度設定は作品のコンセプトに合っておらず、思わぬストレスを生み出していました。

ただ、難易度が高いだけあってファミコン時代のゲームみたいな中毒性は感じられる作りになっているとは思います。

なので、ストーリーを気にせずパズルアクションゲームメインでプレイしたらまた印象が変わるかも!?

また、ぼくがプレイした頃はとんでもない難しさでしたが、現在は難易度低下の修正パッチが配信されたので少しはクリアしやすくなっています。

意外とアッサリなストーリー

「ペルソナ」スタッフの新作なんだからストーリーはさぞ深いものなんだろう!

プレイする前は思っていましたが、これが意外と短く、アッサリな感じでした。

「ペルソナ」シリーズのストーリーはボリュームがあるだけに尚更。

なので、ストーリーに期待しすぎると肩透かしを食らってしまう可能性があります。

パズルアクションゲーム部分が鬼畜なのはストーリーのボリューム不足を誤魔化すためなんじゃないかと邪推してしまいました。

全体のまとめ

アダルティなアドベンチャーゲームなのは仮の姿。

真の姿はファミコン時代を彷彿させる鬼畜なパズルアクションゲームで、ストーリーや世界観に惹かれて手を出したプレイヤーを振り下ろしてきますw

個人的にこの手のマゾゲーは好きになりやすいんですが、本作は全体的に噛み合わせが悪くて合いませんでした。

中毒性はあるのでハマる人はハマると思うんですけどね。

「ペルソナ」スタッフのゲームは難易度が高くなりやすく感じますが、本作では悪い方に作用しているような?

もし、今後プレイされる方が居ましたら鬼畜なパズルアクションゲームであることを頭に入れておいたほうが良いです。

コンセプトからズレた難易度設定で評価を下げた惜しい作品。

こんな人には特におススメ。
・パズルゲームを楽しみながらストーリーを楽しみたい人。
・パズルゲームが得意な人

こんな人にはおススメできない。
・ストーリーだけが気になる人。
・パズルゲームが苦手な人。

キャサリン/お気に入り度【65/100%】
プレイした時間・・・約20時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

, ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(11)

  1. かい より:

    最近、無料ゲームになってしまっているパズルゲームの売り方としてはいいと思う。
    特にゲーマーはパズルゲーム買わないだろうし。

  2. kentworld より:

    >かいさん
    パズルゲームはパッケージでは売り難くなっていますからね。
    高スペックなハードで発売するには
    何らかの付加価値が必要である事は分かります。
    でも、キャサリンの場合フルプライスではちょっと厳しいかな(汗)
    せめてあと1,000円安く!

  3. 伯爵 より:

    近所のゲーム屋で新品780円だったのを買ってプレイせずずっと積んでたのですが、先日プレイしたらストーリーとパズルの中毒性にのめりこんで一気にクリアしました。
    ペルソナチームらしい雰囲気が垣間見えて、かなりハマりましたよ(*^_^*)
    ジャンルは全然違いますが結構コンセプトがペルソナとも似通っていたので、ペルソナのストーリーのボツ案をこちらで採用したのかな?とも感じました。
    パズルはパッチがあっても後半はかなりの難しさでした笑
    恋人を裏切れず恋人トゥルーエンドを選んだのですが、他のエンドはパズルが難しくてなかなか見る気力が起きませんw

  4. kentworld より:

    >伯爵さん
    こんなゲームにもコメントを!?
    確かに最近はめちゃくちゃ安く売っていますねw
    多分、セールで買った伯爵さんと、
    発売日に定価で買った僕とでは全然受ける印象が違うと思いますw
    当時はアドベンチャー部分を前面に押し出していたうえ、
    パッチが当たった状態では無かったので激ムズでしたからw

  5. つぐみ より:

    箱○版とPS3版ともに持ってますがトライ&エラーの楽しいゲームでした。
    ハードでもクリアしましたが最終ステージの緊張感はとても良かったと思います。ランダム隕石はアレですが(笑)
    自分はこのゲームに至ってはステージ最初に戻されコントローラー投げたくなるような面倒さが良い緊張感を生み出していたかなって思いますねマゾなんでw

    仰るとおり絵だけに釣られると痛い目見るゲームですね。ストーリーと絵はオマケなゲームだと思います。金髪キャサリンに釣られましたのですが、パズルゲームが面白かったので良いゲームだった。
    続編は要らないから中身のパズルゲーム ラプンツェルだけでも携帯機で出して欲しいレベルです。

    • kentworld より:

      このゲームもつぐみさん、大好きでしたねw
      ベヨネッタと合わせて本当の意味での大人ゲームで盛り上がった頃でした。

      このゲームは発売前のミスリードが印象的だったなぁ。
      個人的にはゲーム部分を一新した続編もアリかなと思っています。

  6. kentworld より:

    やっぱりそうですよねw
    実際にゲームをプレイするとそのギャップに驚きますよー!
    見た目に惹かれていた人は痛い目に遭いますw
    このゲームはアトラスのHD実験作だったんですね。

  7. ホンマ?トモフミ より:

    このゲームのオリジナル版が出たのは確か10年前ぐらいですよね。
    僕は当時、ファミ通で知りましたが雰囲気が全面的に押し出されてた印象で後からパズルゲームって知ったときはびっくりしましたよ。

    • kentworld より:

      もうそのくらい前になるんですよね・・・

      当時のトモフミさんからしたら刺激が強すぎる作品だと思いますw

  8. りんご より:

    今週のファミ通見て面白そうだなと思ってました♡主人公の見た目がカウボーイビパップというアニメの主人公にちょっと似てて好きです
    新しいのもレビューいただけたらそれを参考に買うかどうか決めたいなと思います!

    • kentworld より:

      新作の方は買おうか微妙なんですよ~

      ・・・その週に買いたいゲームが他に3本もありまして・・・(^_^;)

      お役に立てなくて申し訳ありませんm(_ _)m

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

メトロイドプライム3 コラプション【レビュー・評価】新システムは蛇足だが、新感覚操作で一体感を味わえる探索型FPS
うつすメイド イン ワリオ【レビュー・評価】DSiのカメラ機能でメイドインワリオを作って壊してしまったバカゲー
新・ロロナのアトリエ はじまりの物語~アーランドの錬金術士~【レビュー・評価】雰囲気に重点を置いた初心者向けのゆるゆるRPG
ファイナルファンタジーX【レビュー・評価】PS2時代を代表・象徴する大作RPG
バトルフィールド3【レビュー・評価】戦場で戦っている感がさらに増した大規模FPSの決定版!
DATURA(ダチュラ)【レビュー・評価】謎の触れるアドベンチャー!
バトル&ゲット!ポケモンタイピングDS【レビュー・評価】お子様へのタイピングソフトとしてはおススメ!
ジェットロケット プラネットアドベンチャー【レビュー・評価】丁寧な作りだけど、何かが足りない
ブームブロックス【レビュー・評価】ワゴンゲームと見せかけて良作!
ケロブラスター【レビュー・評価】ブラックユーモアも併せ持ったお手軽なレトロ風2Dアクション!