| ゲームレビュー

【レビュー】マリオカート7 [評価・感想] 手堅く3DS向けにまとめて来たコミュニケーションツール!

bde06612.jpg
マリオカート7/3DS

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2011年12月に発売された3DS「マリオカート7」のレビューをしていきます。

3DS「マリオカート7」は人気レースゲーム、「マリオカート」シリーズの家庭用7作目となる作品です。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

良いところ

相変わらずのハチャメチャ感

37

「マリオカート」シリーズと言えば、コース上の多彩なギミックや、アイテムBOXから入手できる十数種類のアイテムが特徴となっています!

その辺は過去作品を踏襲しているため、今作でも奥の深いハチャメチャレースを楽しむことができます。

お馴染みのコウラやバナナを相手に当てたり、スターやキラーで相手にアタックしたり、サンダーで相手を小さくしたり・・・。

寂しい時でも、このゲームをプレイすれば一気に気持ちが明るくなる事でしょう。

自然な3D映像&60fps

40

本作は3DSソフトと言う事で3D映像に対応しているのですが、これが驚くほど自然なものになっていて、3D映像をONにしても自然な3Dに見えました(この辺は個人差がありますが)。

また、3D映像をONにしても、通信対戦中でもフレームレートは60fpsで安定しているため、常に画面はヌルヌル動くようになっています。

この点は地味に凄いと思った。

どうやらレーサーのポリゴン数を極力減らしたり、表示数を少なくしたりと、普段気にならないところの処理を抑えて工夫しているようですね。

コースがより奥深い構成に

42

今作から水中にもぐったり、エリアは限定されていますが、空を飛ぶことができるようになりました。

そのため池の中や細い道の先に意外なルートがあったりして、これまで以上にコースが奥深い構成になっていたと思います。

タイムアタックを極めようとしたら色々と試行錯誤が必要になって来ますね。

あと、コース上にコインがGBA版以来久しぶりに置かれるようになったのも嬉しい。

今作ではコインを集める事でスピードが上がるのではなく、コインを一定数集めてパーツをアンロックして行くシステムになっているので、レースが終わった後でも活用出来て有難味が増しています。

パワーアップしたローカルプレイ

38

「マリオカート」と言えば対戦ツールとしても役に立ちますが、そう言う意味で本作は色々とパワーアップしているのも良かったです。

具体的にパワーアップした点を挙げさせて頂くと・・・

  • ダウンロードプレイでも全コース選択可能(ただしダウンロードする側はヘイホーしか選べず、BGMも限定される)。
  • 「コウラのみ」「バナナのみ」「ボムヘイのみ」など限定的ではあるが出現するアイテムを決めれるようになった。

こんな感じになります。

今回も最大8人で楽しめるので、3DSを持っている人が集まったらぜひ本作でのレースを楽しみましょう!

3DSは普及台数が多いので、外で集まった時に本作を持っていると重宝します。

これだけ盛り上がって、1つのカードで8人で対戦できるゲームってそうありませんからね。

出現するアイテムをある程度選択できるのは、特に「バトルモード」では嬉しかった。

例えば出現アイテムを「ボムヘイのみ」にして、「マリオカート」でボンバーマンが楽しめたりしますからね!

充実のタイムアタック

41

今作では用意された「ゴースト」データとのタイムアタックが楽しめるだけではなく、「いつの間に通信」によるゴーストともレースが可能になりました。

なんと、最大7人のゴーストと同時に走ることができるようになったんです!

そのおかげでタイムアタックのモチベーションはグッと上がりました。

3DSフレンドが多いとより盛り上がる事でしょう!

1周のみのロングコースが追加!

45

通常コースは3周する事になりますが、今作から1周のみのロングコースが追加されました!

ロングコースは3つの区画で構成された作りになっているんですが、非常に長く、他のコースと比べて飽きにくくなっています。

僕は飽き症なので、1周だけで済んでしまうコースは有難かった。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

個人的に合わなかったオンラインのシステム

39

ローカルプレイの他にWi-Fiを使ったオンライン対戦も用意されているのは良いのですが、内輪的な大会を開きたかった僕としては色々と納得のいかないシステムでした。

具体的に書くと・・・

  • 権限者のシステムが無くなったため、ルームを開いたら誰でもレースの締め切りが出来てしまう。
  • コミュニティ(ルーム)を作れるのは良いが、ルーム内で複数のレースが開始されている場合、入りたいレースに入ることができない。
  • ルームを開いてから一定時間経過すると強制的にレースが開始される。
  • 無線通信のため回線落ち率が高い。
  • レース中プレイヤーの名前が表示されない(下画面をタッチすると下画面には表示される)。
  • フレンドのフレンドもルームに合流できるため指定した人のみでのレースをするのが難しい。
  • コミュニティ(ルーム)でのレースだと、VR(レート)が表示されない。

このように本作のWi-Fi対戦は内輪的なレースをするのは向いておらず、フリーダムな作りになっています。

ブログで大会を行いたかった者としては残念。

また、DS版では可能だったエンブレムの作成が出来なくなっているのも残念。

理不尽な150CCのグランプリ

43

150CCのグランプリではライバルのアイテム使用が激しく感じます。

1位になったら高確率でトゲゾー甲羅が飛んで来て、酷い時はさらに攻撃を食らって最下位になってしまう事がありました。

これはWii版の時も思いましたが、今作ではもっと理不尽になってきています。

何だかだんだん実力よりも運勝負になってきているような・・・。

もちろん実力重視では初心者と上級者の差が出るばかりですが、ちょっと運の要素が強過ぎる気がします。

遊ばせ方がクラシック

44

本作で1人で遊ぶ場合、

  • 8種類あるグランプリを4段階の難易度でクリアする。
  • タイムアタックを極める。
  • オンラインに潜ってひたすら対戦する

の3点がメインになって来ると思います。

ですが、どれも淡々としていて2011年のレースゲームとしてはもう少し+αが欲しいです。

例えばニンテンドーDS版にあったミッション形式の「ミッションラン」を収録するとか。

というか、何故今作では無くなってしまったのでしょうか?

目次へ戻る

全体のまとめ

オンラインのシステムが個人的には合いませんでしたが、基本的な出来は相変わらず良いので安定した面白さを求めている人はおススメ。

もうちょっと一人用のモードを増やすとか、色々できることはあると思いますけどね。

こんな人には特におススメ。
・安定した面白さを求めている人。
・3DSの対戦ツールを探している人。

こんな人にはおススメできない。
・短気な人。

マリオカート7/お気に入り度【70/100%】
プレイした時間・・・約25時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(2)

  1. アール より:

    ライバルの妨害がきつくなったのってダブルダッシュから
    でしたっけ?DS版とWii版は未プレイなのでわかりませんが。

  2. kentworld より:

    >アールさん
    ライバルの妨害、体当たりの事でしょうか?
    64版ではよく重量級で軽量級のキャラを飛ばしていたものです。
    最近の作品ではそれが出来なくなって来ましたよね。
    確かGC版の時点で弱くなっていました。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】V!勇者のくせになまいきだR [評価・感想] 飼育ケースから眺めているかのような新感覚RPG!3D酔いの心配はなし!
【レビュー】パックワールド(3DS) [評価・感想] フルプライスなのにボリュームはファミコンレベル
【レビュー】時空戦士テュロック [評価・感想] 夏になるとプレイしたくなるストイックなサバイバルFPS
【レビュー】パペッティア [評価・感想] 秀逸な演出に平凡なアクションが乗っかった作品
【レビュー】Undertale(アンダーテール) [評価・感想] ゲームに詳しい人がニヤリとするアンチテーゼの塊
【レビュー】トラックマニア ターボ [評価・感想] 何から何まで中途半端な偽レースゲーム【VRモードのレビュー付き】
【レビュー】スバラシティ [評価・感想] スコアアタックパズルに街作りの楽しさを加えたスバラシイ発想のゲーム!
【レビュー】勇者30 SECOND [評価・感想] 充実感は半端無いがシステムに限界が…
【レビュー】ポケモンスナップ(ポケスナ) [評価・感想] 写真撮影をレールシューティングに落とし込んだ意欲作!
【レビュー】ライフ イズ ストレンジ 2 [評価・感想] 「つまらない」けど「好き」な逃避行劇!