| ゲームレビュー

【レビュー】WHAT THE GOLF? [評価・感想] ゴルフの皮を被った仮装作品!

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2020年5月に配信されたSwitch「WHAT THE GOLF?(ワット ザ ゴルフ?)」のレビューをしていきます。

本作は単色の3Dグラフィックで描かれたゴルフゲーム!

・・・ではなく、ゴルフゲームに見せかけた何でもありなバカゲーでした!

ルールこそはゴルフと同じくボールを穴に入れる形式ではあります。

ですが、ステージによっては穴に入れていく対象物が変わったり、穴がサッカーのゴールになったりと視覚的な変化をもたらしているんです!

自由な発想で作られていて、短い時間の中で様々な刺激を味わえる作品に感じます。

これぞまさしくインディーズゲーム!

ここからはそんなSwitch「WHAT THE GOLF?」について詳しく書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • ボールをカップに入れていくスポーツゲーム。
  • ステージによってシチュエーションが大きく変化していく。
  • 様々なステージをクリアして最奥まで進んでいく。
初リリース日 2020年5月21日
対応ハード Switch
ジャンル スポーツ?
価格 2,050円
推定クリア時間 3~4時間
発売元 TribandProductions

スポンサーリンク

良いところ

ゴルフの常識をぶち破ったシチュエーション

ゴルフゲームと言えばパワーを調整してショットを繰り出し、少ない打数で穴に入れていくものですよね?

本作もその点は踏襲していますが、シチュエーションはステージによって大きく変化していきます。

中には「これはゴルフじゃないでしょ!w」と突っ込みたくなってくるほど変化に富んでいるので笑ってしまいましたw

だって、飛ばすことになるボールが人間になったり建物になるんですよ?w

穴にしても「ホールインワン」にちなんで「1」の形になったり、サッカーのゴールになったりとやりたい放題で、ゴルフの原型を留めていませんw

ですが、これだけステージの多様性が富んでいると一種の仮装作品を見ているかのような感覚になってきましたw

「次はどんなシチュエーションで俺を笑わせてくれるのだろうか?」

ある時からそんなワクワク感を持つようになり、続けてプレイしたくなったんです。

リアルなスポーツゲームと言うよりは任天堂のゲームに近い発想で作られている印象で、エンターテイメント性に富んでいます。

他社が発売したインディーズゲームのパロディが満載!

様々なシチュエーションのステージが用意されている「WHAT THE GOLF?」ですが、中盤からは他社が発売したインディーズゲームのパロディが続出します。

これからプレイするユーザーも居ると思うので具体的には言いませんが、個人的にプレイしたことがあるゲームも登場したので笑ってしまいましたw

見た目だけではなく対象となるゲームのシステムもパロっているので、インディーズゲームに詳しい人が見たらニヤリとすること間違いなし!

Switchの機能を活かしたステージを収録!

実は本作、Switchの機能を地味に活かしています。

Switchにはジャイロセンサーが搭載されているじゃないですか?

ステージによっては一人称視点になり、ジャイロ操作で向きを調整することになるので、Switchソフトならではの体験を味わえます。

ホント、本作は何でもありですねw

補足

ジャイロ操作をOFFにして楽しむことも出来ます。

ユニークな移動システム

ゴルフゲームと言えばコマンド選択でコースを選択する形式ですよね?

一方、本作の場合は2DRPGのようなトップビューのマップを移動してプレイしたいコースを選択する形式となっています。

しかもパワーを調整して好きな方向にボールを飛ばす形式なので、移動そのものがゴルフなんですw

ワールドマップのようなフィールドを移動してコースを選択する形式のゴルフゲームは見たことありますが、操作する対象は人間でした。

それだけにボールを操作キャラにするとはやられましたよw

歯ごたえのあるやり込み要素

各ステージを一度クリアすると高難易度バージョンをプレイすることが出来ます。

ステージの構成自体は大差ありませんが、

  • 打数が限定される
  • シチュエーションが変化する

といった変化によって難易度が上昇しているので、何度も挑戦しなければクリアすることは出来ません。

ですが、各ワールドのコース全てを最高難易度でクリアするとご褒美が貰えるので、腕に自信がある人は挑戦してみましょう!

本編のクリア自体は割とアッサリなので、プレイを終えて物足りなく感じた人もやり込みをおすすめします。

コミュニケーション機能が充実

これだけユニークなゲームだと友達に見せびらかしたくなりませんか?

本作の開発者も友達に見せびらかしてもらいたいようで、「友達に見せる」というゲームモードが収録されています。

こちらのゲームモードでは本編のステージをすぐにプレイすることができるので、友達にプレゼンテーションする時にはうってつけなんです!

友達にゲームをプレゼンテーションしたことがある人は分かると思うんですが、事前に準備しておかないと見どころあるシーンってなかなか見せられないじゃないですか?

本作の場合、「友達に見せる」というゲームモードを選択すればすぐに凄さを伝えられるので助かりましたw

是非、多くのゲームに標準搭載してほしいモードです。

友達とのコミュニケーション機能としては、対戦モードも収録されています。

ルールは「どちらが先にボールを穴に入れられるのか?」といった感じ。

プレイできるステージは本編とは異なるうえバラエティに富んでいるので新鮮に楽しめました!

おすそ分けプレイにも対応しているので、手軽に楽しめるのも嬉しいです。

スポンサーリンク

目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

スコアアタックは楽しめない

ゴルフと言えば18ホールを回ってハイスコアを目指していく遊び(ストローク)が定番です。

本作の場合、1ホール完結型なので、そういう楽しみは出来ません。

ゴルフゲームの体をなしていますが、ステージクリア型のアクションゲームに近い文法で作られている印象です。

目次へ戻る

WHAT THE GOLF?(ワット ザ ゴルフ?)のレビューまとめ

常識から外れまくったゴルフゲーム。

インディーズ系のゴルフゲームと言えば「ゴルフストーリー」も変わっていましたが、本作はまた違ったアプローチで攻めています。

ゴルフって地味に見られがちですが、発想の転換次第では化けることを再確認しました。

専門用語はほとんど出てこないので、ゴルフが苦手な人も是非プレイしてみてください!

ゴルフの皮を被った仮装作品!

こんな人には特におススメ。
・刺激を求めている人。

こんな人にはおススメできない。
・ゴルフゲームっぽさを重視する人。

WHAT THE GOLF?/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約4時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(2)

  1. メタ君 より:

    皮を被った系ハマってるんですか?w
    ゴルフって現実でパターとマリオ&ソニックでしかやったことないんですよねwん?あ、そうそう。あとマリオゴルフ。
    なかなか現実でもゲームでも難しいんですよねぇ

  2. かめたろう より:

    ちょいとだけ動画で観てみたけど、んなアホな!?(笑)の連続でむっちゃ面白そうですね。
    ゴルフは詳しくないけど今度やってみようかと思います。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ペルソナ5 [評価・感想] 守るべきところは守り、あらゆる部分がパワーアップした超大作!
【レビュー】罪と罰 宇宙の後継者 [評価・感想] 贅肉を極力取り払った古典的作品!
【レビュー】Wiiでやわらかあたま塾 [評価・感想] 5,000円の価値は感じられない簡単な問題集ゲーム
【レビュー】ヨクのアイランドエクスプレス [評価・感想] メトロイドヴァニアとピンボールを融合させた意欲作!
【レビュー】エストポリス(DS) [評価・感想] 大味で大雑把な作りの謎解きアクションRPG
【レビュー】ニンテンドッグス+キャッツ [評価・感想] ゲーム性以外がパワーアップ!
【レビュー】塊魂 ノ・ビ~タ [評価・感想] ダウンロードコンテンツを含めて初めて成り立つ突貫工事作品
【レビュー】レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア(RDR UN) [評価・感想] 西部劇×ゾンビの組み合わせが斬新な爽快TPS!
【レビュー】イモータル アンチェインド [評価・感想] ダークソウルに良い感じのTPS要素をそのまま盛り込んだ意欲作!
【レビュー】メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ [評価・感想] 傑作を予感させるプロローグ