2012/03/20/8:30 | ゲームレビュー

グラビティデイズ【レビュー・評価】3Dアクションゲームの新たな革命児!

9dcc21af.jpg
グラビティデイズ/PSV

2012年2月に発売されたPSV「グラビティデイズ」を今回はレビューします。

PSV「グラビティデイズ」は「SIREN」シリーズを手掛けた外山圭一郎さんが贈る重力アクションアドベンチャーゲームです。

正式名称は「グラビティデイズ 重力的眩暈:上層への帰還において、 彼女の内宇宙に生じた摂動」。

良いところ

画期的な重力アクション

85b889ed.jpg

本作で最も注目したいのがここ!

重力アクションを使用すると壁や天井を「」と定義する事が出来るので、壁や天井を歩く事が出来るんです!

そのため他のゲームでは壁や天井でしかない所にも仕掛けが隠されていたりするんですよね。

さらに凄いのが、大半の場所で使用する事が可能なため、ほぼ自由自在にこの重力アクションを使用出来る事。

そのため上手く使えば自由自在に大空を飛びまわる事が可能で、今までの3Dアクションゲームでは味わえなかった気持ち良さを感じる事が出来ました。

ここまで3Dアクションゲームをやっていて気持ち良く感じたのはN64「スーパーマリオ64」以来。

スピード感のあるストーリー

1f2a2d05.jpg

ストーリーはアメコミ調のイベントシーンによって展開されるんですが、無駄なシーンを描いていないのでスピーディーに感じ、せっかちな僕も楽しむ事が出来ました。

また、アメコミ調のイベントシーンが挿入されている時は次のステージを読み込んでいたりするので、イベント終了後はすぐ新しいステージをプレイ出来るのも良いですね!

収集アイテム集めが面白い!

04f95f2b.jpg

重力アクションによって移動が全く苦じゃ無くなったため、目に見えたアイテムは天井にあっても高いビルにあってもすぐに取れます。

そのためアイテムを集める中毒性がこれまでの3Dアクションゲーム以上に高く、無我夢中で集めてしまいました。

センスの良い世界観

0ee93e8f.jpg 9cca2d36.jpg

世界観はどこかレトロ調で、他のゲームには無い雰囲気に感じます。また、これだけ独特な世界をシームレスに歩けるのも凄い。

若干ジャギーが目立つ所はありますが、国産の携帯機としてみたら世界観の作り込みやマップの広さは破格とも言えるのではないでしょうか?

中毒性が高いチャレンジミッション

d1249780.jpg

本編のストーリーミッションの他にサブとしてミニゲームに挑戦できるチャレンジミッションが用意されているのですが、3段階に分かれた目標と重力アクションをフルに活用しないと高スコアを獲得出来ないルールによって中毒性が高く、ついついプレイし続けてしまいました。

インターネットを使ったランキング機能も嬉しいですね。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

3D酔い耐性や空間認識能力が無いと厳しい

c0c14681.jpg a9d50b14.jpg

重力アクションによってカメラがグルグルと回るため3D酔い耐性が無いと酔う可能性が高く、また、3Dゲームには必須の空間認識能力が無いと訳が分からなくなると思います。

一応救済措置としてジャイロセンサーを使っての照準合わせはありますが、それでも慣れていない方は厳しいと思います。

ゲームの難易度自体は、きちんと能力強化をして行けばそれほど難しい物ではありませんけどね。

リトライ時のロード時間が長い

85c6973f.jpg

チャレンジミッション終了後にリトライを選択すると、30秒近くも待たされてしまいます。

オープンワールドマップを採用しているのでこれだけ待たされるのかもしれませんが、やはりストレスが溜まりますね。

また、チャレンジミッションプレイ中は「リトライ」を選択する事が出来ず、わざわざ終了して再度チャレンジミッションを開始しないといけないのも面倒でした。

もう少し各マップに印象を持たせて欲しかった

6188605f.jpg 329f3544.jpg

色々なマップが用意されているのは良いのですが、ギミック的なものは少なく、敵キャラや重力アクション、アイテム配置によって各ミッションの差別化をしている印象で、各マップの細かい部分はあまり印象に残りませんでした。

オブジェクトや人に向かって攻撃したら、ちゃんとリアクションを起こしてくれるのは良かったんですけどね。

全体のまとめ

オープンワールドアクションゲームとしての構造はオーソドックスですが、独自の重力アクションや世界観によってオリジナリティを感じられる作品でとても印象に残る作品でした。

万人向けの作品ではありませんが、3Dアクションゲーム好きにとっては義務教育レベルの作品。

こんな人には特におススメ。
・3Dアクションゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・3D酔い耐性が無い人。
・空間認識が出来ない人。

グラビティデイズ/お気に入り度【95/100%】
プレイした時間・・・約17時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

 

A52

タグ ,
  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(20)

  1. 音無き鯱 より:

    グラビティディズはもう本当に久しぶりな感覚を感じたゲームですね。
    話は変わりますが、風ノ旅ビトやりました?
    プレイ時間はかなり短いですが、もう本当に心に響いた作品でした!

  2. you_Irving より:

    欲しいけれどもお金がないw
    ストクロ、パスしてこっち買うべきだった。
    体験版やってみた上でスルーしたんですけど、本編はやはり体験版とは違うんでしょうね(当たり前かw)。
    今度買いたいと思いますw

  3. kazu より:

    斬新でありながら、完成度の高いゲームでしたね。キュートな主人公、作り込まれた街、テンポ良く進むストーリー、何と言っても重力アクション!
    続編がありそうな終わり方だったので、次も楽しみなゲームです。

  4. バラザム より:

    FCに重力・浮力を銃の反動で制するアストロロボSASA、磁力を使ったパズルアクションの
    磁界少年メット・マグ。これまでもそんな意欲作がありましたが、これは面白そうなんでVITAを
    買ったときには購入したいタイトルですね。
    フォーエバーブルーでダイバー視点にして上下左右に行動しても大丈夫だったから、
    多分酔わないと思うけど…σ(^_^;)

  5. gbs より:

    このソフトのためにVitaを買いましたが
    その価値のあったソフトでした
    街やステージを飛び回る感覚は最高です
    不満だったのは回避がフリック操作でしかできないという点と、
    チャレンジのリトライの仕様とロードですね
    こういう新鮮なアクションがもっと出てくると嬉しいです

  6. nuwer より:

    >N64「スーパーマリオ64」以来。
    この言葉だけで一気にプレイしたくなりましたw

  7. くう より:

    3Dアクションゲーム大好きなのでこれはぜひやってみたいです*
    沢山ゲームが出るのは嬉しいことなんですが、逆に自分に合うものを見つけられなくて結局いつもシリーズものに落ち着いてしまいます。
    今でもゲームは高い買い物なので、ちょっと気になる位ではなかなか手が出なかったり…
    でもこうやってレビューを見てると、ポンッと背中を押してもらってるように感じます*
    あ、いや、さすがにまだVITAは買えないんですが…(>_<)
    でも、とても面白そうなのでいつかやりたいな*

  8. はにわ丸 より:

    そういえばこのソフトってPSNの評価が4000超えてるんですよね
    Kentさんの計算式(評価×14でしたっけ?)だと56000本DLされたことになるのかな
    Vitaの普及率を考えたらかなりすごいことだと思います

  9. 箱庭空間を重力操作で飛び回る感覚は今まで味わったことのないもので、初めて触れたときは本当に驚いたし、子どものように夢中になりました。
    この発想は大発明でしたね。
    家を作るための家具集めが重力グラブのチュートリアルになっていたりするあたりにも、遊んでいて外山氏のセンスの良さを感じました。
    桜井政博さんもこういうチュートリアル要素はゲーム内で段階を追って覚えられるように自然に取り入れてくれるし、面白い作品を作れる人にはこういうバランス感覚がそなわっているものなんでしょうね。
    そう言えばボス敵と戦っているときの没入感も凄かったですね…。
    汗かきながらボスと戦ったのは最近ではこのゲームだけですw(^▽^;)

  10. kentworld より:

    >音無き鯱さん
    今週配信になる追加DLCもぜひ落としたいですね1
    風ノ旅ビトは発売日に即行で買って2周クリアしたんですが、
    こちらはゲーム要素が低くて、
    世間の評価とは対照的に合わなかったんですよー><
    もちろんあの世界観には感動したんですが・・・。

  11. kentworld より:

    >you_Irvingさん
    本編は重力ゲージと言う物が存在して、
    いつまでに天井や壁を歩く事が出来なくなっています。
    ゲームを進めていく事で徐々に長く歩けるようになりますが。
    それ以外にも沢山のアクションやギミックが用意されていて、
    体験版から印象が変わりました。
    個人的にはインファマスよりも
    動かしていて楽しいゲームでしたねー。

  12. kentworld より:

    >kazuさん
    1作目でありながらこの完成度は流石ですね。
    少し先になるかもしれないけど、
    続編はぜひ出して欲しいです。
    それまでは追加DLCを楽しみましょうかね。

  13. kentworld より:

    >バラザムさん
    ぜひ、本体を購入されたらどうぞ!
    クリアまであっという間ですし。
    間違いなく、今まで味わえなかった感覚を味わえます!
    フォーエバーブルーのそれが大丈夫だったら、
    多分・・・酔わないハズ!?

  14. kentworld より:

    >gbsさん
    本当にそうですね。
    このゲームのおかげで
    PSVITAの印象がグッと良くなりましたw
    多少の粗はありますが、
    それを吹き飛ばすような面白さ!
    まだまだ3Dアクションも可能性を秘めているなと思いました。

  15. kentworld より:

    >nuwerさん
    本当ですか!?それは嬉しいです。
    スーパーマリオ64以降も
    色々と衝撃を受けた3Dアクションゲームはあるんですが、
    重力を自在に操って空を飛びまわる感覚は
    10年に一度あるかないかの衝撃でした。

  16. kentworld より:

    >くうさん
    ありがとうございます!
    このゲームは3Dアクションゲームの
    定義を変えてしまうほどの衝撃を
    持っていますからね・・・。
    数年後でも良いので、ぜひ手に取ってもらえたらなと思います。
    新規タイトルは、シリーズ物にはない
    衝撃を持っている事があるのが良いですね!
    このブログでは良い所悪い所、
    気が付いたら書くようにしていますので、
    それを見てピンと来たようでしたらぜひどうぞ!

  17. kentworld より:

    >はにわ丸さん
    そう言う事になるんですよね。
    そうなるとパッケージ版と同程度売れている事になるのか・・・。
    SCEもそれだけ売れているようなら、
    話題作りにアピールしたら良いのにと思います。

  18. kentworld より:

    >kojiデラックス もうひといきじゃ パワーをメテオにさん
    そうですね。このゲームをプレイしている時は、
    まるで子供に戻ったかのように、
    無我夢中でプレイしていました。
    アイテム集めの中毒性が高い・・・。
    ストーリーを進めているはずが、
    気が付いたらチュートリアルだった!という
    仕掛けは大好きです。こうすることで
    やらされている感が薄れますし。
    チュートリアルをやりましょう!って言われると、
    なんか嫌なんですよねー^^;
    僕はボス戦よりも、希少種ネヴィっていう
    隠しの敵キャラと戦っている時が
    没入感と緊張感がありました。
    あれ、めちゃくちゃ強いんだけど、
    倒すと沢山のプレシャスジェムをおとすんですよー。

  19. ウユニ より:

    定期的に古いレビュー掘り返す企画笑
    先程PS4版で本編全部クリアしたのでコメしてみます!
    確かにこれは物凄い意欲作。
    操作に若干癖あるから慣れるまで苦労したけど空に落ちる感覚は病みつきになりますね!
    いやぁ空間認識能力と3D酔い耐性あってよかった笑
    これ酔う人は1分持たないでしょうねw
    3D空間を自由に飛び回れるのに操作自体は単純にできるのと段々操作増えてく導入が上手かったですね。
    流石ファーストの作品らしい丁寧さ。
    ストーリーもテンポ良く冗長な場面も一切なかったので素晴らしい。
    キトゥンさんの魅力で引っ張って行ってる感否めませんでしたが笑
    いやぁアクティブな等身大の女のコって感じで可愛いですねw
    確かにこれは2が望まれるのもわかる気がする。
    本編自体はあっさり目なボリュームだったからプラチナ目指してもいいのかも。
    全ゴールドとか取れる気しないんですがw

  20. kentworld より:

    >ウユニさん
    ありがとうございます!
    ウユニさんが最近プレイするゲームは
    このブログでレビューしてあるものばかりなので、
    簡単に情報や意見、感想交換出来るのが良いですよねーw
    これは重力移動が斬新すぎました。
    単に重力を買えるだけではなく、
    それを移動手段にして空を飛んでいるように感じてしまうとは。
    PSVITAでこのレベルの作品が出来るのか!?と当時はビックリしましたよ。
    ストーリーはあまり評判良くないようですが、
    テンポが良いところを気に入っています。
    あとはキトゥンが元カノに似ているところw
    プラチナトロフィーは4日で取れましたよ!
    僕よりゲーム上手いウユニさんだったら楽勝でしょう!

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ファイアーエムブレム無双【レビュー・評価】キャラゲーとしては微妙だが、システムのコラボには成功!
ReCore Definitive Edition【レビュー・評価】問題作だった無印版から人に勧められるレベルにまでグレードアップ!
パックマン チャンピオンシップエディション2【レビュー・評価】前作から微妙に味付けを変えてきた新生ハイスピードパックマン!
Tricky Towers(トリッキータワーズ)【レビュー・評価】物理演算を上手く活かした落ち物パズルの意欲作
Rez Infinite【レビュー・評価】楽しさよりも心地良さを重視したVR体験を味わえる演奏シューティング!
がんばれゴエモンゆき姫救出絵巻【レビュー・評価】昔の日本へ旅に出かける2Dアクション!
ロックマン7 宿命の対決!【レビュー・評価】マイルドで遊びやすい良作!あのARMSのキャラもタイムスリップしてゲスト参戦?
アスラズラース【レビュー・評価】開発者が大暴走した作品
リトルビッグプラネット2【レビュー・評価】定価以上の価値はある歴史的名作!
Snake Pass(スネークパス)【レビュー・評価】ユニークで癖が強い操作性のレア社風3Dパズルアクション!