2018/03/11/7:00 | ゲームレビュー

あつめて!カービィ【レビュー・評価】末期にひっそりと発売されたDSらしい良作!

86
あつめて!カービィ/DS

2011年8月に発売されたDS「あつめて!カービィ」を今回はレビューします。

DS「あつめて!カービィ」はタッチペンで沢山のカービィを誘導してゴールを目指すアクションゲームです。

良いところ

タッチペン一本だけで実現できたゲームデザイン

257

タッチペンで沢山のカービィを誘導してゴールを目指していくDS「あつめて!カービィ」。

進行形式自体は本編と同じステージクリア型ですが、ボタンでカービィを直接操作する事は出来ず、タッチペンで誘導したり、カービィを弾いたりして先に進んでいきます。

最初はこれだけの操作で不便なく動かせるのか不安でしたが、以下のような理由によって杞憂でした!

・段差は勝手に登ってくれる。
・自動的に敵を攻撃してくれる。

しかもタッチペンしか使わないため片手だけで操作する事が出来るので、お手軽感があります。

ギミックが盛りだくさん!

259

各ステージに用意されているギミックは、実に多彩でした。

変化に富んだステージのシチュエーション。ミニゲームを絡ませたイベント。2画面を活かしたギミック。ストーリー性を盛り込んだ展開。

そして、数多く存在する敵キャラクター!

ステージ数は多く用意されていますが、退屈しないよう沢山のバリエーションが用意されています。

しかも良い意味で不規則なステージ構成になっているので、最後までダレませんでした。

操作が簡略化されているので薄いゲームになる恐れがあったけど、ビックリするほど盛り沢山なギミックによってそれを防いでいます。

異常な作りこみのミニゲーム

258

「星のカービィ」シリーズでは御馴染みのミニゲームは本作にも色々と収録されていますが、その出来が凄い!

ここからは本作に収録されているミニゲームの感想を軽く書いていきます。

参上!モグモグ団
⇒もぐらたたき風のゲーム。タッチペンで簡単に操作できるミニゲームですが、ボスが用意されているのが良いですね!

カービィのたいけつ!ピンボール
⇒ピンボール風のゲーム。普通に良く出来ていますし、いくつかのボス部屋も用意されているので、やり応えがあります。カービィならではの演出もGood!

かぞえる!!カービィ劇場
⇒画面内に出現するカービィの数を数えるゲーム。最初は簡単ですが、徐々に難しくなっていきます。コツとしては「2、4、6、8、10」と2体ずつ数えること。

○△□けんけん
⇒指定された模様と同じボタンを押していくゲーム。N64「星のカービィ64」にも似たようなゲームがあったような?BGMは懐かしさを感じられて好き。

空中探検隊EOS
⇒ツインビー風の縦スクロールシューティング。

アイテムを取ることでカービィが増えたり、弾が強化されていくので、本当にツインビーっぽい。6ステージ用意されているので、ボリュームも十分。

カービィマスター
⇒カービィ初のRPG。といっても攻撃は目押しでやっていくだけで、演出がRPGなだけです。

目押しゲーですが、それだけでは片付けられないほど多彩な敵が出現し、技が凝っているのが良いですね。


これらのミニゲームは、本編の各ステージに隠されているメダルを集めることでプレイ出来るようになります。

ここまでミニゲームの出来が良いと、収集アイテムを集める気にもなれますね!ただ・・・(個人的に合わない&気になったところに続く)。

完成度が高いドット絵

260

昨今のゲームでは珍しく本作のグラフィックはドット絵で作られていますが、そのクオリティがすごい!

沢山出てくるカービィは1体1体生き生きと描かれていますし、敵キャラクターのクオリティも凄いんですよ。

DS末期に発売されただけあって、2Dグラフィックの完成度は素晴らしいものでした!

ドット絵の職人が手がけている感じがする

コストパフォーマンスが高い

265

充実のステージ。ギミック。ミニゲーム。クオリティの高いドット絵。

これだけの要素を兼ね揃えて置きながら、本作の価格は約4,000円だったりします。

これはニンテンドーDSの標準価格よりも1,000円ほど安いので、コストパフォーマンスは高く感じました。

本作が発売されたのは後継機となるニンテンドー3DSの発売半年後だったとはいえ、頑張っています。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

1ステージが体感的に長い

266

ギミックが沢山盛り込まれているせいか、一部を除いてステージが長く感じられました。

腹8分目くらいだったら次のステージもやる気になるけど、おなか一杯で冗長に感じてしまうほどなので1ステージだけで満足してしまう事もあります。

収集アイテムを探しているとさらに長くなってしまいますし、もう少し短くても良かったと思う。

一応、2回目以降はショートカットポイントが出現して少しは短くなりますが、1ワールドに10以上もステージが用意されている事もありますし、物量が多すぎて逆に食べられなくなってきましたw

やや煩わしく感じるカービィを増やすシステム

261

沢山のカービィを誘導していくゲームですが、最初の数は1だったりします。

ここから徐々にカービィを増やしていくのも本作の醍醐味なんですが、基本的に他のワールドへ移る時はそれまで増やしていたカービィの数が1にリセットされてしまい、再びカービィを増やさなくてはいけないのでやや煩わしいです。

ステージによっては一定数のカービィがいないと入れないので、このシステムによってカービィを増やすため同じステージをプレイしないといけない事もありますしね。

救済措置として一度クリアしたワールドではカービィを増やしやすくなるようになりますが、それでもやや煩わしく感じてしまいました。

アイテム収集を強要させられる終盤の展開

263

終盤になると、それまでのステージに存在する”特定”のキラキラ光ったメダル1枚をすべて集める必要が出て来ます。

これがないと先へ進めないので、隠れているアイテムの収集を強要させられているように感じました。

せめて「どのステージのメダルでも良いから、合計○○個集めてくる!」という条件にして欲しかった。

クリア前にアイテム収集を強要させられるのは嫌だなぁ

全体のまとめ

少々冗長に感じてしまう部分もありますが、基本的な出来は良く、全体的にレベルの高い作りに感じました。

また、センスの良さも感じられ、久しぶりに桜井イズムを強く感じられた作品です(本作に彼は関わっていないハズですが)。

末期にひっそりと発売されたDSらしい良作!

この内容で約4,000円は安いです!

こんな人には特におススメ。
・DSらしいゲームを求めている人。

こんな人にはおススメできない。
・すぐにお腹がいっぱいになる人。
・タッチペンアレルギーの人。

あつめて!カービィ/お気に入り度【80/100%】
プレイした時間・・・約20時間


タグ ,
  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(6)

  1. y.crash より:

    ドロッチェのキャラの掘り下げが凄くてなんか嬉しかったw
    乾燥肌とかwww

    ミニゲームのほうでファンサービスを発揮しまくってるのが。特にアニカビのネタが豊富でw エスカルゴンにカスタマーサービス、まさかのコックオオサカになぜかいるマッチョサンwww それと超マニアックなカブキカービィw アニカビを見てる人だったら本気でビビること間違いなしwww

    カービィが死んだとき、シリーズいちカービィが死んだ感あるゲームと言われてるのがwww

    • kentworld より:

      ドロッチェのキャラが掘り下げられていましたか!?

      それは、y.crashさんにとってはたまりませんねw

      ミニゲームはただでさえ気合が入っているのにファンサービスも仕込んでいて、本編作品ではないとは言え油断出来ませんね。

      本作に関しては不思議なくらい桜井イズムを感じられました。

  2. ホンマ?トモフミ より:

    このゲームが原因で「Hey ピクミン」が手を出しにくかったんだよなぁ〜。っと言うように今作は僕、苦手です。個人的オススメ度は☆3/10ぐらいかな。作り込まれているミニゲームは確かに光るものもあって、なんでこれを本編のサブゲームに入れてくれないもしくはダウンロード専売で出してくれないんだと思います。
    でも肝心の本編となる今作がちょっと微妙なんですよね…。タッチメインの本作は10人のカービィを操作するのもあってテンポが遅くなりがちです。それなのにもかかわらずステージが長いうえに1ワールドに何10個もステージがあるので1ワールドか2ワールドの途中で萎えてしまいました。こういうゲームは個人的に飽きっぽいのですかね(^_^;)
    その後、本作のスタイルがブラッシュアップされた風のピクミンも2ワールド目で飽きがきましたし、ちょっと僕には合わないのかな?

    でも本作は隙間時間にできすぐにステージをクリアできるデザインにすれば、スマホゲーとして出してきたら嬉しいなぁ。

    • kentworld より:

      あつめて!カービィとHeyピクミンは確かに似ていますね~。

      個人的にはあつめて!カービィの方はまだスピーディな印象で、ギミックも凝っていて楽しめました♪

      まあ、ちょっと味が濃すぎるような気もしますが、かと言って薄味にしてしまうとパッケージタイトルで売り出しにくくなりますし、さじ加減が難しいところですね・・・

      本作を見ているとスマホという勢力が現れた中、携帯機のゲームソフトはどういう立ち位置でやっていけば良いのかますます分からなくなってきます。

  3. KA より:

    当時購入したい3DS専用タイトルが無い時にお世話になりました、何故3DSタイトルでは無いのかと思いましたけどタッチ操作メインなのと二画面貫通表示が多数あるやでDSの方が良いかなと感じました。

    ピクミンに比べると分担作業が無くストラテジー要素が弱くその代わりにアクション性が強くなった感じですね、こちらは横スクでピクミンはトップビューで、頭数を揃えるというところは似てるけど上記の面でゲーム性は大分違う感じでした。

    カービィと言えばオマケに定評がありますけどこれはオマケも本編に負けないくらい充実してました。

    何気にVC配信タイトルの中で発売日が1番新しいタイトルなんですね、発売日にプレイした身としてはこれがバーチャルコンソールで配信してるのがやや違和感を覚えました。

    • kentworld より:

      当時は3DSが発売されたばかりでソフトが不足していましたもんね。

      新ハードを初期に購入すると、どうしてもそのように感じてしまうところがあります。

      Hey!ピクミンとは操作形式がにていますが、バランス調整はだいぶ異なっていて別物として楽しめました。

      本作のおまけ要素は本当に凄かったですよね。あれはやり込みの良いモチベーションになっていました♪

      本作はDSの末期に発売されたため、DSバーチャルコンソールで配信されると「え?もう配信!?」という気はしますね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

バイナリー ドメイン【レビュー・評価】普通に良く出来たなんちゃって海外ゲーム
アイアンフォール インべーション【レビュー・評価】技術は一流だが、センスは二流
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 試練の覇者【レビュー・評価】軽いジャブだが、これだけで+10時間は楽しめそう!
キッド・イーカロス オブ・ミッス・アンド・モンスターズ【レビュー・評価】寄り道が重要なパルテナ!
勇者のくせにこなまいきだDASH!(勇こな)【レビュー・評価】来るべくして此処にきた最強のパズドラフォロワー!
Bloodborne(ブラッドボーン)【レビュー・評価】傑作になるポテンシャルを秘めた新しい高難易度アクションRPG
スーパーマリオランド2 6つの金貨【レビュー・評価】誰でも遊べるように作られたGBマリオの決定版!
世界樹と不思議のダンジョン【レビュー・評価】2大シリーズの良さを併せ持った理想的な時間泥棒ゲーム!
Hyper Light Drifter(ハイパーライトドリフター)【レビュー・評価】ハードでサクッと楽しめる地味なレトロ風ゲーム
ゴーストリコン ワイルドランズ【レビュー・評価】堅実な作りのオープンワールド型共闘ゲーム