2014/03/07/8:30 | ゲームレビュー

バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦【レビュー・評価】プレイヤーの数だけクリア方法が存在する!

93caf7d3.jpg
バンジョーとカズーイの大冒険:ガレージ大作戦 Xbox 360 プラチナコレクション

2008年12月に発売されたXbox360「バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦」を、
今回はレビューします。Xbox360「バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦」は、
3Dアクションゲーム「バンジョーとカズーイの大冒険」シリーズの日本では3作目となる作品です。

良いところ

140306-1758-36
マシンの組み立てが面白い

箱庭マップを歩き回ってアイテムを集めて行く「バンジョーとカズーイの大冒険」シリーズ。
今作でもその点は一緒ですが、徒歩での移動ではなく、
乗りものを使っての移動がメインになっています。
また、キーアイテムを集めるまでの手順は完全にミニゲーム化されており、
乗り物を使って攻略して行く形に変更されました。

この点は評価が分かれると思いますが、マシンを組み立てる作業自体は面白く、
かなり自由にパーツを組み合わせる事が出来るようになっています。
対戦モードも用意されているので、そこで自分だけのオリジナルマシンを
友達にアピールするなんて楽しみ方が出来るのも嬉しい。

140306-1808-04
攻略の自由度が高い

自分の作ったマシンで挑戦できるミニゲームは本当にクリアの方法が無限大です!
例えばブロックを制限時間以内に決められた場所にまで運んで行くミニゲームがあるとします。
そんなミニゲームがあった場合、荷台にブロックを積んで運ぶ人もいれば、
マシンに巨大な壁を作って指定の場所まで運んで行く人もいます。
どちらも間違ってはいません、正しいやり方です。

こんな感じでミニゲームのクリア方法はプレイヤーの数だけ存在します。
ミニゲームの成績によって貰えるアイテムが異なるので、
いかに効率よくクリア出来るか挑戦する事も出来て何回も遊べます。

140306-1802-20
色鮮やかなグラフィック

本作はXbox360ソフトとしては珍しく、ファンタジックでカラフルなグラフィックになっています。
イメージ的にはN64で発売された「バンジョーとカズーイの大冒険」のグラフィックを書き込み、
少々フォトリアルテイストを盛り込んだ感じで、個人的にはバンジョーの理想像となっていました。
バンジョーの鼻が角ばっている点は違和感ありますが(笑)

140306-1803-39
相変わらずのユーモア

バンジョーシリーズと言えば、ユーモア満載の会話も特徴となっています。
それは本作でも健在で、相変わらず自虐ネタ、イギリス風味のギャグが随所に盛り込まれていました。
ステージの中には懐かしのネタも含まれているし、シリーズではお馴染みのBGMも流れるので、
ファンとしては同窓会に行ったかのような気持ちを味わえました。ラストステージはファン必見です!

個人的に合わない&気になったところ

140306-1810-37
やらされている感が強い

ジグソーを取る過程がチャレンジ形式になった事で分かりやすくなった反面、
やらされている感が強くなっています。チャレンジの内容毎にマシンを改造するのも面倒。
面倒な事が苦手な人にはあまりおススメ出来ない作品かもしれません。
マシンも物理演算で動くので、転倒とかするし。

140306-1815-00
文字を読んでくれなくなった

今までの作品では文字に合わせて「どうぶつの森」のようにどうぶつ語?で
メッセージを読んでくれましたが、今作では読んでくれません。
ファンとしては少々寂しい。会話画面が一気に静かになりました。

140306-1800-00
歩き回る楽しさが薄い

本作ではマップのスケールがN64版の数倍大きくなっており、
マシンで移動する事を前提に作られています。一応、徒歩での移動も出来ますが、
マップが広いために目的地まで行くのに時間がかかるので、歩き回る楽しさは薄くなっています。
N64版のような歩き回る面白さを求めていたら楽しめないでしょうね。
マップが広くなった分、密度も薄くなっていますし。


N64版からゲームシステムが大きく変わり、別ゲーに生まれ変わりました。
大きく変わった事で前作ファンでも合わない可能性はあると思いますが、
個人的にはこれはこれで楽しめました。相変わらず癖が強いけど。

こんな人には特におススメ。
・マシンをカスタマイズするのが好きな人。
・想像力を働かせるのが好きな人
・シリーズファン。

こんな人にはおススメできない。
・歩き回る楽しさを求めている人。

バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦/お気に入り度【75/100%】
プレイした時間・・・約30時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

タグ
  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(4)

  1. チキ より:

    64のバンカズシリーズの大ファンなのでこのゲームも買いましたが途中で面倒くさくなって積んでしまいました…。
    マシンのカスタマイズは面白いのですが僕は効率を重視するあまり、ウンバの設計図にちょっと手を加えるだけで済ませていたので作業的になってしまいました。
    マシンの挙動はモッサリしていますし、ちょっと高いところからジャンプするとパーツが取れることがあるので動かす楽しさは薄かったです。
    あとチャレンジによって使用するマシンを固定されるのが嫌でした。
    シリーズに1作くらいこういうゲームがあってもいいとは思いますが、やはり僕は車よりカズーイダッシュで走り回りたいです。
    ところで画像のバンジョーはシャツとジャケットを着てますがゲームを進めるとそんなコスチュームが手に入るんですか⁉︎

  2. kentworld より:

    >チキさん
    変にリアルなところは、
    最初はN64からの進化を感じましたが、
    慣れて来ると余計に感じる事はありましたね。
    マシンの転倒はもちろん、
    オブジェクトの一部が取れて
    障害物のように転がったりとか・・・。
    次回作は原点回帰にして欲しいですね。
    というか、発売されるのかも怪しいんですが(汗)
    写真のコスチュームはなんだったかな?
    気が付いたらこんな格好になっていましたw
    もちろん、クリア済のデータです。

  3. より:

    バンジョーのゲームですが、海外ではGBAも出ています。元々はあのおサルさんのレースゲームの続編として作られていたのですが版権が任天堂に渡ったため使えず、結果バンジョーのレースゲームになったのです。 赤リス君のバイオレンスゲーム、kentさんならプレイされてそうですが、やった事は…無いのでしょうか?

  4. kentworld より:

    >星さん
    レア社のトリビア、ありがとうございます!
    任天堂から離れてしまったせいで、ややこしい事になっていますよねぇ。
    コンカーのゲームはプレイしていないんですよぉ。
    いつかやりたいなぁとは思っているんですが。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

ペルソナ4【レビュー・評価】複数のジャンルが絶妙に絡みあったお手本のようなJRPG
イトルデューの伝説 失われた島と謎の城【レビュー・評価】超砕けたおバカなゼルダライクゲーム!
Everybody’s Gone to the Rapture -幸福な消失-【レビュー・評価】コンセプトは良いが、プレイヤーに物語を楽しませるための導線が弱すぎる
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島【レビュー・評価】前2作よりも好みは分かれるが、大安定の出来!
ソルト アンド サンクチュアリ【レビュー・評価】ダークソウルとメトロイドヴァニアを融合させた高品質な2Dアクション!
アサシン クリードIV ブラックフラッグ【レビュー・評価】新たな柱を作りつつ、シリーズらしさも残した良作!
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 試練の覇者【レビュー・評価】軽いジャブだが、これだけで+10時間は楽しめそう!
ベヨネッタ【レビュー・評価】魔女のお姉さんは意外としつこい味だった!
SUPERHOT VR【レビュー・評価】超粗削りでハードルも高いが、バーチャルFPSの片鱗を堪能出来る意欲作!
はじまりの森【レビュー・評価】田舎育ちのゲーマーは絶対プレイ!