2014/12/03/20:00 | ゲームレビュー

バンジョーとカズーイの大冒険【レビュー・評価】レア社版マリオ64の原点!

276

1998年12月に発売されたN64「バンジョーとカズーイの大冒険」を今回はレビューします。

N64「バンジョーとカズーイの大冒険」は「スーパードンキーコング」シリーズで知られるレア社が製作した3Dアクションゲームです。

良いところ

当時としては高かった自由度

277

このゲームの目的は、各ステージに隠された「ジグソー」と呼ばれるアイテムを集める事!

多くの「ジグソー」は単にステージのどこかに置かれているのではなく、様々な手順を踏まないと入手が出来ません。

特定のアイテムを集めたり、住人の願い事をかなえたり、新しいアクションを覚えたり・・・

どれか一つだけを集中してやる必要は無く、並行しながら進めるのも良いですし、ただひたすらステージを走り回っても良い。

3Dアクションゲームが増えて来た最近は珍しくも何ともありませんが、当時としては自由度が高く感じられました。

多彩なアクション

278

本作の主人公はクマのバンジョーとトリのカズーイ。

操作は2人(匹)1組で行う事になり、アクションの中には2人の力を借りることで発動できるものがあります。

相棒のカズーイを力を借りて空を飛んだり、卵で攻撃したり・・・。

ゲーム中で使えるアクションはどれもコミカルで見ているだけでも面白いです。

ポイントなのが、最初からすべてのアクションを使える訳ではない事。

新しいアクションを覚えるには各ステージに隠れているモグラを探す必要があり、見つける事で新しいアクションを覚える事が出来ます。

新しいアクションが使えるようになる事でそれまで行けなかった所へ行ける事も多く、徐々に行動範囲が広がっていく楽しさも味わえるという事ですね。

ワクワクさせてくれるフィールドマップのデザイン

283

この手の3Dアクションゲームは数多く発売されています。

そんな中で本作が優れている点を挙げさせていただくと、フィールドのマップデザインがワクワク出来るような構造になっている事です。

例えばステージ2の「おたからザクザクびーち」。

大きな島になっている海辺ステージなんですが、真ん中にある超巨大な岩には大きな穴が開いているため自由に行き気が可能でその超巨大な岩の上には灯台が。島の周辺には沈没船や小島が存在して、冒険心を擽るマップデザインになっているんですよ。

地味に凄い!と思ったのが、各ステージに存在する様々な物の内部に入れる事。

建造物はもちろん、洞窟の中だったり、ツリーの中、ヤドカリの中など、どれもこれもきちんと正直に作られています。

しかもアイテムが大量に隠されているので、探す楽しさも強いんです。

レア社独特の世界観

280

このゲームは「スーパードンキーコング」シリーズでお馴染みのレア社が制作していますが、これまで以上に洋ゲーテイストが含まれています。

まず、アイテムに目が付いている!w

そしてほとんどのキャラクターのセリフに毒が入っている!w

この辺りは好みが分かれると思いますが、日本のゲームには無い独特の味を感じられて最初は違和感があったものの、今では本作の好きなポイントになっていたりします。

特に皮肉たっぷりなキャラクターの言動は癖になってしまいますよー。

相棒のカズーイと悪役のグランチルダによる皮肉対決は見物です!

グラフィックが綺麗

282

N64ソフトなのでポリゴンのカクツキは感じられるものの、テクスチャの貼り方が上手く、ローポリゴンでは表現し難いヌメヌメ感や影の表現を見事に再現していてレア社の技術力を感じられました。

木のリアルな模様は、今見ても凄いです!同時期に発売された3Dアクションゲームの中では高水準。

効果的なサウンド

285

このゲームのサウンドは耳に残る物が多く、聴いているとなんだかテーマパークにいるかのようでワクワクしてきます。

また、状況に応じて曲のアレンジが変わる点も注目。

例えば水中に入ると、サウンドがそれらしい感じにアレンジされるんです。

この手法は後にレア社のスタンダートとなって行くのですが、当時としては斬新で、臨場感を高める役割を果たしています。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

オンプ収集が面倒

284

各ステージには必ず100個のオンプが隠されていますが、一度でもステージから抜けたり、倒れてしまうとオンプの数が0になってしまい、また一から集め直しになります。

別にすべて集めなくてもクリアはできるのですが、オンプがあと1枚集まらない状態の時にミスをしてしまうと萎えます。

終盤のステージでオンプコンプリートは大変ですよー。

やや下品な表現

この辺りは好みが分かれると思いますが、少々下品な表現がありました。

さすがに便器の中が隠し通路になっているというのは・・・。

それ以外にもゲップなどをするキャラクターもいて、これらをギャグと捉えるかで感じ方は変わって来ると思います。

任天堂内製では出来ない事だとは思うんですが。

ややこしいゲームオーバーの演出

「ゲームをやめる」を選択すると、バッドエンディングが挿入されます。

初めてみた時はビックリしましたよ。ゲームを中断するだけでバッドエンディングになるなんてと。

しかし、これは演出の1つです。斬新だけど、ややこしく感じました。

全体のまとめ

随所に散りばめられている洋ゲーテイストが気になる人がいるかもしれませんが、個人的には好きな作品。

「ドンキーコング64」のルーツともいえる作品ですので、その系統が好きな人には文句無しにおススメ出来る作品です。

こんな人には特におススメ。
・3Dアクションゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・3Dアクションゲームが苦手な人。
・モノを集めるのが苦手な人

バンジョーとカズーイの大冒険/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約35時間

▼Xbox LIVE アーケード版について

286

2008年11月にはXbox LIVE アーケードで本作のリメイク版が配信されました。ここからはXbox LIVE アーケード版の長所と短所を簡単に紹介。

長所

実績システムを搭載
⇒Xbox360ではお馴染みの実績が追加されているので、よりやり込みのモチベーションがアップしています。

グラフィックがHD画質に!
⇒解像度が大幅に上がり、ワイド映像になったので、より美しく、より視野が広くなっています。
※ちなみにこの記事で使用している画像はXbox LIVE アーケード版の物です。

秘密の交換アイテム
⇒Xbox360「バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦」で役に立つ秘密の交換アイテムがゲームのどこかに隠されています。

秘密のアイテムの中にはN64版では入ることのできなかったマップで手に入るので、 N64版をやった事のある人でもちょっとした新鮮さを味わえると思います。

音符を集めた数がセーブがされるように!
⇒N64版ではステージから出るとそのステージで手に入れたオンプがすべて元の位置に 戻され、100枚集めるにはまた最初から集めないといけませんでしたが、Xbox LIVE アーケード版は1枚取るごとにセーブされるようになりました。

そのため例え99枚オンプを集めた状態でゲームオーバーになっても、また99枚オンプを持った状態から 再開出来るようになり、面倒さが大幅に改善されています。

N64版で最大の難点だった部分が改善されたのでこれはうれしい!

ランキング機能の追加
⇒Xbox LIVEにサインインすれば全国のプレイヤーとステージをクリアしたスコアで競う事が出来ます。

短所

操作性がやや改悪
⇒視点の変更はコントローラーの右スティックで行いますが、N64のCボタンユニットに比べてやり難い。

あと、バンジョーの視点でカメラを動かす時も右スティックを使わないといけないのもやり難い。

左スティックだったら動かしやすかったのに。やはりN64向けに作られたソフトなので、Xbox360では操作しにくい面がありますね。


タグ
  • LINEで送る

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(4)

  1. こども より:

    僕の子供の頃の思い出です
    鳥を育てるの楽しかったなあ
    宮本さんがマリオ64を超えたっておっしゃっていたような

  2. kentworld より:

    >こどもさん
    鳥の育成は終盤にありましたね!
    あれは季節を超えた壮大なイベントで、印象的でした。
    ある部分ではマリオ64を超えたと僕も思います。

  3. ボブ より:

    僕もこのゲームはかなり好きです。
    N64で一番遊んだゲームです。
    僕もこのゲームはマリオ64を超えた部分はあると思います。

  4. kentworld より:

    >ボブさん
    今も根強いファンが多い作品ですよね!
    N64で一番遊んだとは、思い入れが強そうです。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

Grow Up(グロウアップ)【レビュー・評価】続・子供の頃の夢を叶えてくれた3Dアクションゲーム!
メイドイン俺【レビュー・評価】万人に勧めたいツールゲーム!
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章【レビュー・評価】2Dゼルダの原点回帰!
ディスオナード 2【レビュー・評価】より味わい深くなったスルメを詰め合わせたステルスアクションゲーム!
スーパーマリオ オデッセイ【レビュー・評価】マリオの問題点をほぼすべて解決した非の打ち所がない傑作!
アンチャーテッド 古代神の秘宝【レビュー・評価】追加エピソードながらもオマージュが満載なシリーズの集大成!
王と魔王と7人の姫君たち ~新・王様物語~【レビュー・評価】より万人向けの作りに
リトルビッグプラネット【レビュー・評価】クリエイトゲー、パーティゲーとしておススメ!
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドの冒険ガイドブック&マップをレビュー!これさえあれば初心者も安心!
初音ミク -Project DIVA- F 2nd【レビュー・評価】続編というよりバージョンアップ版だけど、今回も超面白い!