| ゲームレビュー

【レビュー】バイオハザード6 [評価・感想] 欧米のAAA級タイトルに影響を受けすぎた「バイオ」ではないなにか

e35ca005.jpg42c3accf.jpg
バイオハザード6/PS3 / Xbox360 / PS4
バイオハザード トリプル パック/Switch

おはっく~!KENT(@kentworld2 )です!

今回は2012年10月に発売されたPS3/Xbox360「BIOHAZARD 6(バイオハザード6)」のレビューをしていきます。

本作は2010年代が舞台のサバイバルホラーアクションゲームですが、欧米のAAA級タイトルに影響を受けすぎた「バイオ」ではないなにかでした!

閉塞感のある屋内でゾンビから逃れつつ探索や謎解きを行うホラーアドベンチャー。

「バイオハザード」シリーズはそんなゲームだったハズですが、「4」からアクションシューティングゲームに移行。

5」に至ってはオンライン協力プレイの要素を加えて独自の進化を辿っていました。

しかし、「5」が発売された頃には欧米市場ではアクションシューティングとしてのマナーが出来上がっていたんです。

それ故に「5」の操作形式は古臭いとみなされ、「4」ほど評価されませんでした。

そんな中で発売されたのが今回レビューするPS3/Xbox360「バイオハザード6」。

操作形式を欧米のAAA級タイトル風に切り替え、銃を構えながらのカニ歩きや緊急回避のアクションを追加します。

さらに環境破壊描写も強化し、ストーリーにもスピード感を持たせて欧米のAAA級タイトルに真っ向から勝負を挑んだんですが・・・

もはや「バイオハザード」では無くなってしまいました!w

それでもカプコンのAAA級タイトルとして面白ければ良かったんですが、「バイオハザード」シリーズの癖が変に残っているので不味い部分も多く感じます。

カプコンが総力をあげて作り上げた大作だけあって力の入れようは伝わってきましたが、シリーズの今後が不安になってしまう作品でした。

ここからはそんなPS3/Xbox360「バイオハザード6」の良いと思った点からまずは書いていきます。

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • ストーリーに沿って仲間と協力しながら目的地を目指すホラーゲーム。
  • 7人の主人公が存在し、4つの独立したシナリオが用意されている。
  • ゲームを進めていくとそれぞれの主人公がクロスオーバーすることもある。
初リリース日 2012年10月4日
対応ハード PS3/Xbox360/PS4/XboxOne/Switch
ジャンル TPS
売上 初週67.7万本/累計85.8万本(PS3/Xbox360)
発売元 カプコン

スポンサーリンク

良いところ

壮大なスケール感とスピード感

かつての「バイオハザード」シリーズはこじんまりとしていました。

閉塞感のある屋内をグルグル回って脱出していく。

そんなゲームだったのでストーリーにスピード感はありませんでしたが、今作は凄い!

全体のスケール感が増したほか、ダッシュの移動速度がアップしたことで広大なフィールドを高速で駆け抜けることが出来るようになりました。

b53236f9.jpg

さらにカーチェイス、空中戦などのミニゲームが挿入されるようになり、ストーリーのスピード感が大幅に増してます。

さすが数百人の開発スタッフによって製作された超大作!

スケールの大きさが前作とは比べ物になりません!

開発規模だけを見たら欧米のAAA級タイトルと比較しても遜色の無いレベルに感じます。

ここまで開発費をかけられたのも巨大な欧米市場で人気を博しているのが大きいのでしょう。

2012年当時の和ゲーで同じくらいヒットしていたのは任天堂とスクエニくらいだったので、フォトリアル系に限定すると「バイオハザード」だからこそ出来た芸当に感じます。

圧倒的なボリューム

このように前作からスケール感やスピード感が増したPS3/Xbox360「バイオハザード6」。

でも、そんなにも高速で広大なフィールドを駆け抜けられたらあっという間にクリア出来そうですよね?

ところが本作の場合、ボリュームも過去最大級でした!

レオン&ヘレナ、クリス&ピアーズ、ジェイク&シェリー、エイダ。

なんと、本作ではこれらのキャラクターを操作して4つの独立したストーリーが展開されるんです!

驚いたのが、1つのシナリオをクリアするだけで6~7時間も掛かってしまうこと。

すべてをクリアしたら30時間近くになるので、体感的には過去作品の2~3倍長くなっています。

しかも各シナリオのマップは一部を除いてほとんど使いまわしをしていません。

よくプレイアブルキャラクターとストーリーだけを変えてフィールドは使いまわしをするゲームってありますけど、本作はそれぞれキチッと作っています。

この辺りからも潤沢な開発費をつぎ込んでいることが伝わってきました。

複雑に交差する群像劇を楽しめる!

様々なシナリオが存在するPS3/Xbox360「バイオハザード6」。

それぞれが独立しているので単独でも楽しめますが、複数プレイするとストーリーに深みが生まれてきます。

というのも各シナリオの主人公が合流することもあるからです。

初見だと「あぁ、合流したね」で終わりなんですが、そのあとに別の主人公でプレイしてみてください。

同じ合流シーンでも受ける印象が全然違うではないですか!?

過去作品でも群像劇の描写を取り入れていましたが、本作でも上手く機能しています。

中には過去作品で見られなかった各キャラクター同士の共演もあるのでファンには溜まりません!

一部のチャプターで見られた原点回帰

前作の反省点を踏まえて原点回帰を図る。

それが本作のコンセプトになりますが、確かに原点回帰と言えるような描写がありました。

特に印象的だったのが、レオン編の序盤。

レオン編の序盤は初期作を彷彿とさせるロケーション、謎解き、ホラー演出が用意されています。

全体的に「バイオハザード」らしさが欠けている本作ですが、レオン編の序盤に関してはらしさが残っていました。

本編で一番面白いチャプターはどこなのか訊かれた場合、ぼくはレオン編の序盤と答えます。

オンラインをフルに活用したシステム

a4e4f42f.jpg

時代はオンライン!

という訳で本作は前作以上にオンライン要素が存在します。

2人での協力プレイが楽しめるのはもちろん、シナリオがクロスオーバーすると全世界からマッチングされて最大4人での協力プレイが可能になりました!

さらに特定のステージに出現するモンスター(クリーチャー)を操作出来るモードも搭載されています。

つまり、モンスターとなって他プレイヤーの世界に乱入することが出来るんです!

シングルプレイでの敵はAIで動くのが基本なだけにこれは凄い!

モンスターが普段とは異なる動きをしている場合、それは他プレイヤーが操作していると思った方が良いでしょうw

「ザ・マーセナリーズ」での協力プレイも相変わらず搭載されていますし、今回もオンライン接続をすることでより楽しめる作品になっています。

ザ・マーセナリーズが面白い!

fcd75c16.jpg

先程チラッと触れましたが、今作にもサブゲームとして「ザ・マーセナリーズ」が収録されています。

ルールは簡単。制限時間以内に沢山の敵を倒して得点を稼ぐだけ。

なんですが、今作はシリーズの中で最も面白い「ザ・マーセナリーズ」となっていました!

というのも今作では

  • 移動しながらアイテム選択が出来る。
  • 緊急回避が出来る。
  • 銃を構えながらカニ歩きが出来る。

といった感じで操作周りが快適になっているので、純粋なアクションシューターである「ザ・マーセナリーズ」とマッチしているんですよ。

従来の作品ではホラーゲーム寄りの操作形式になっているが故にキメ細やかな操作が出来ずもどかしいところがありました。

今作の場合はそういった”もどかしさ”が薄れているのでフラストレーションが溜まりにくくなっています。

それが面白さを高めていて特にコンボを途切れずに敵を倒していくことに楽しさを感じられました。

ぶっちゃけ、本編よりもハマりましたから!w

スポンサーリンク


目次へ戻る

個人的に合わない&気になったところ

システム刷新により大雑把な作りに

前作から大幅にシステムが刷新されたPS3/Xbox360「バイオハザード6」。

移動速度が向上し、銃を構えながらカニ歩きが出来るようになり・・・

こうしてみると快適性が増して面白くなったように見えますが、大切なものを失ってしまいました。

それは、ホラーゲームならではの恐怖感です。

「『バイオハザード』が何故怖いゲームと言われていたのか?」

開発者はそれを分かっていたのでしょうか?

完全なアクションシューターに移行した代償として過去作品で見られた恐怖感が完全になくなってしまったんです。

銃を構えながら移動出来ないことで生まれる恐怖感、もどかしさ。

ゾンビが強くて弾薬が限られているからこそ生まれる心細さ。

謎解きが難しいことで生まれてくる探索性の高さ。

「バイオハザード」が何故怖いと言われていたのかぼくなりに分析してみました。

しかし、本作ではここで挙げたすべての恐怖感がなくなっていたんです。

銃を構えながら移動出来るようになったのは言わずもがな。

いつでも格闘技が使えるようになったことで弾薬が限られているからこそ生まれる心細さはなくなってしまいました。

さらにマーカー機能が追加されたので謎解きや探索難易度は大幅に低下しています(そもそもゲームの大部分が銃撃戦で謎解きや探索は一部を除いてほとんどありません)。

ストーリーにスピード感を持たせるためにこうしたんだと思いますが、その一方で「バイオハザード」の醍醐味はなくなっています。

その結果、大雑把なアクションシューティングになってしまったんです。

もうね、ダッシュで逃げ走りながらゾンビを蹴散らすなんてことが出来ますから、”狙い撃つ楽しさ”が無いんですよ。

銃撃戦メインのクリス&ピアーズ編ではダッシュ&近接攻撃をして出来る限り敵との戦いを避けてゴールまで突き進んでいましたw

一体、ぼくは何のゲームをプレイしているのでしょうか?w

冗長過ぎる展開

fa3f5a2f.jpg

このように今作は「バイオハザード」の醍醐味が無くなっていますが、一方で個人的に苦手だった部分は残っています。

それは、冗長過ぎるボスキャラクターです。

過去作品のように「倒したと思ったらまた復活して~」が繰り返されるのでウンザリしました(特にレオン&ヘレナ編の最後)。

このような演出は恐怖感を出すには有効ではあります。

しかし、前述の通り本作の場合は恐怖感が薄れているので単にしつこいボスとしか思えませんでした。

ここまで多いと死に対する説得力も薄れてしまいますし、ストーリーの水増し感も出てきますよ・・・。

コントローラを酷使するボタンアクション

7490b7b1.jpg

AAA級タイトルのトレンドを取り入れたかったのでしょうか?

今作はクイックタイムイベントが過去作品以上に強化されています。

スティックをグリグリ回す、ボタンをハイスピードで連打する。

イベントシーンではこれらの操作が頻繁に要求されるのでやり過ぎなんじゃないかと思いました。

ここまで多いとコントローラが壊れないか心配になります。

クイックタイムイベントの中には異様な難易度のポイントもありましたし、せっかく生み出しているスピード感を帳消しにしているような?

改善の余地があるグラフィック&カメラワーク

「バイオハザード」シリーズと言えばグラフィックの美しさにも定評ありました。

という訳で今作はさらに凄くなっている!

・・・と思っていましたが、見栄えに関しては悪化していますw

前作よりもフィールドのスケール感が増したことで個々の質を落とさないといけなかったのでしょうか?

全体的に灯火ばかりが目立って目がチカチカします。

せっかく中華街やアメリカを舞台にしているというのに勿体ない。

また、カメラワークも悪化していました。

というのも移動速度が向上した一方でカメラがキャラクターに寄りすぎているからです。

視界を狭くすることで恐怖感を演出したかったんでしょうが、前述の通り今作は怖くないですし、画面がグラグラ揺れ動くせいで3D酔いを起こしやすくなっています。

アップデートで多少改善されたとは言え、この辺りでも中途半端に「バイオハザード」らしさを持たせておかしなことになっているような?

目次へ戻る

全体のまとめ

完全なアクションシューティングに振り切ろうとしながらも「バイオハザード」要素が足を引っ張ったような作品。

全く異なるジャンル同士が融合を果たすことで化学反応が生まれることもありますが、本作の場合は苦味の方が強くなっています。

人によっては不味いと感じられるかも知れません。

たちが悪いことにそんな味であるにも関わらず特盛ボリュームなのですべてを食べ終わった頃には「もう食えねぇ」となりましたw

個人的にはシリーズ最高の面白さを誇る「ザ・マーセナリーズ」のおかげで及第点には達しましたが、おすすめ出来る作品ではありません。

欧米のAAA級タイトルに影響を受けすぎた「バイオ」ではないなにか。

こんな人には特におススメ。
・ハリウッド映画の主人公を体感したい人。
・クロスオーバーするシナリオが好きな人。

こんな人にはおススメできない。
・3D酔い耐性が無い人。
・クイックタイムイベントが苦手な人。

バイオハザード6/お気に入り度【65/100%】
プレイした時間・・・約30時間

累計1,000記事越え!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc

, , ,

 

おすすめ記事

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(8)

  1. ユウ より:

    こんにちは!初めまして!アメブロ時代から見させて頂いてたんですがついに初コメです
    最近バイオ4と5がセットになってるもの買って凄く楽しめたんで個人的にバイオブームが来てるんですけど、Kentさん的には6は低評価ですね
    6廉価版でるの待とうかなww

  2. kentworld より:

    >ユウさん
    はじめましてー。
    バイオシリーズは4、5、6とだんだん
    ダメになってきている印象ですね。
    4は凄く楽しかったんだけどなー。
    恐怖を楽しむのであれば断然デッドスペースですね!

  3. 匿名 より:

    こんにちは!私はアクション映画をそのままプレイできてるようで私はどハマりしました、けどホラーではないて感想本当にそうだと思いますwホラー苦手なのにどハマりしましたので…

    • KENT より:

      ドハマリしましたか!w このゲーム、ハマる人はハマるようですね。そういう声もよく聞きます。

  4. トモフミ=S=ケネディ より:

    バイオ6も5と同様にSwitchで遊べるようになりますが、こっちも微妙だな〜www
    群像劇は映画ならいいけど、プレイヤーキャラに感情移入しがちなゲームだとチャプターごとにキャラが変わると萎えてくるんですよね。個人的に逆裁シリーズだけは成長要素がないので例外ですが。

    今回のレビューを読むとどのようにして次回作のバイオⅦやバイオRE2が作られたのが、よくわかりました。これは失敗作の匂いがプンプンするぜ〜。

    確かにこれはバイオじゃない何かですねwww
    デビルメイクライのようにタイトルを変えて、サブタイトルに”バイオハザードGAIDEN”と銘打ったほうがよかったかも。

    今回のバイオシリーズのレビューをいろいろ読んでみて、やっぱり僕はバイオ4だけでいいかな〜と思いました。
    というかバイオ4の正統派続編がないのも事実だしな。
    バイオシリーズはナンバリングごとにゲームがまったく異なるので個人的にFFシリーズに通ずるものがあります。

    • KENT より:

      一部ではバイオハザード6という映画を体感するゲームと言われていますw

      一応、4つのシナリオは独立しているので、4本のゲームが収録されているような感じです。レオン編はレオンしか操作出来ません。

      本作を経てバイオ7やバイオRE2が発売されたのですから感慨深いです。バイオシリーズに歴史ありですね。

      Switch向けに体験版が配信されたので怖いもの見たさでプレイするのも良いかもw

  5. 九丸 より:

    バイオ6については、楽しい場面もありましたが、振り返ってみれば大体のシナリオは他のメーカーのヒット商品の劣化コピーに感じてしまいました(レオン編=L4D、クリス編=ギアーズ、ジェイク編=アンチャ、エイダ編=よー分からんステルス)。
    個人的に一番腑に落ちなかったのが武器やアイテムの管理の仕様で、消耗品の枠が少なく拾いきれないぐらい手に入るのでジャブジャブ使うといったプレイになってしまうので緊張感もへったくれもなく、かといって不要な武器をわざと無視して先に進むと、今度はクリア特典として強制的に持ち歩かされてしまい、縛りプレイそのものを縛られるという、4や5から大幅退化には面喰いました…。

    • KENT より:

      色んなゲームの影響を受けている感じはしますね。カプコンも急速に移り変わる市場の適応出来る低迷していた頃なので、それを象徴させる作品と言えるかも。

      このバランスだとアイテムスロットの枠はもっと増やしても良いと思いました。中途半端にバイオっぽさが入っていますね。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】メイド イン ワリオ [評価・感想] 黒い任天堂が詰まったビックリ箱!
【レビュー】バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子 [評価・感想] 前作とは別ゲーだが面白さはさらにアップして最高のRPGにパワーアップ!
【レビュー】ポケモンGO(Pokémon GO) [評価・感想] 社会現象になるのも納得!収集とソーシャルに特化した次世代ポケモン!
【レビュー】マリオゴルフ64 [評価・感想] 本格的なゴルフゲーム!
【レビュー】Until Dawn: Rush of Blood [評価・感想] PS Move2本がほぼ必須だが、期待通りのクオリティで満足度は本編以上!
【レビュー】オクトダッド~タコと呼ばないで~ [評価・感想] ネタゲーとしては良いが、操作は好き嫌いがハッキリ分かれるゲーム
【レビュー】大乱闘スマッシュブラザーズDX(スマブラDX) [評価・感想] 無理を押し通した末に生まれたゲームキューブの傑作!
【レビュー】アサシン クリード ブラザーフッド [評価・感想] オープンワールドなのに濃密!
【レビュー】スーパーマリオサンシャイン [評価・感想] コンテンツは少ないが、シリーズ史上最高の遊び場!
【レビュー】風来のシレンGB2 砂漠の魔城 [評価・感想] GBカラーソフトながら大ボリューム!