2015/08/01/12:00 | ゲームレビュー

【レビュー】バンジョーとカズーイの大冒険2(バンカズ2) [評価・感想] 肥大化し過ぎて面倒なゲームに

363

2000年11月に発売されたN64「バンジョーとカズーイの大冒険2」を今回はレビューします。
N64「バンジョーとカズーイの大冒険2」はクマのバンジョーと
トリのカズーイが主人公となる3Dアクションゲームの2作目です。
開発は「スーパードンキーコング」シリーズで知られるレア社が担当。

良いところ

150730-2207-30
前作から大幅にボリュームアップ

箱庭マップを歩き回ってキーアイテムを入手していくのが楽しかった
N64「バンジョーとカズーイの大冒険」。本作はその流れを組んだ作品ではありますが、
前作から大幅にボリュームアップしており、1ステージのボリュームが前作から倍以上になっています。

とにかく入り組んでいて広い!
いくつものエリアに分けられていて、細かい穴や部屋の中も入る事が可能で、
1ステージに隠されたすべてのアイテムを探すだけでもかなりの時間がかかってしまいます。

アクション数、アイテム数も前作から倍増しており、
2000年末に発売された大作ゲームに相応しいボリュームです。
そのボリューム感は、10年以上経った今でも耐えられるほど。

150730-2206-22
複雑なステージの繋がり

各ステージのキーアイテムをすべて入手するには、
別のステージで何かをしないといけない場合があります。
前作でも少しだけ複数のステージと連動した仕掛けはありましたが、
今作ではその部分が大幅にパワーアップしていて、
ステージ間の繋がりがより複雑になって歯ごたえのある謎解きを味わえるようになっています。
プレイした当時は「よくこんな複雑な構造の作品を作れたな」と子供ながらも感心してしまいました。

150730-2201-15
おまけ要素が満載

N64ソフトらしく、本作では対戦モードも収録されています。
用意されている対戦モードはなんと10種類以上!
いずれも本編のミニゲームを流用したものですが、
FPSチックなミニゲームは5種類ものルールが用意されており、
ステージも複数のものが選択出来るのでかなり力が入っています。

さすが日本でFPSを最初に流行らせたレア社!
「ゴールデンアイ007」や「パーフェクトダーク」のノウハウを活かしています。
一人称視点である関係上、酔いやすくなっていますけどね。

150730-2159-13

おまけ要素と言えば、今作では新たにプレイしたミニゲームでスコアアタックを楽しんだり、
一度戦ったボスと再戦したり、一度見たイベントシーンを再度見る事が出来ます。
このように本編以外にもおまけ要素が満載で、
前年に発売されたN64「ドンキーコング64」に負けないくらいの力の入れようです。

ちなみに一番好きなミニゲームは、UFOライド
一人称視点でUFOを操縦して遊園地を飛び回っていくシューティングゲームですが、
ぐるっと一回転をしたりとダイナミックで、N64ソフトながらも迫力を感じられました。

個人的に合わない&気になったところ

150730-2209-23
手順が増えて面倒になった

集める事になるキーアイテムは、前作と同じくらいです。
しかし、そのキーアイテムを入手するまでの手順は
非常に長くなっているため面倒になっています。

単に目的地へ向かってボスと戦ったり、隠し通路を見つけたり、
ミニゲームで勝利する程度だったら良いんですが、
今作からの新アクションを使ってバンジョーとカズーイを別々に行動させて仕掛けを動かしたり、
新たにプレイヤーキャラクターとなったマンボを操作したり、
変身して仕掛けを作動させたりといくつもの手順を踏まないといけなくなって
しかもステージが入り組んでアクション数・アイテム数が
倍増しているため面倒な印象が強く感じられました。

確かに遊びごたえは増していますが、胃もたれするほどのレベル。
作った人も大変だと思いますが、遊ぶ側も大変です。
N64「ドンキーコング64」も複雑な3Dアクションゲームでしたが、こちらは集めるキーアイテムが多い反面、
それぞれを入手するまでの手順はアッサリだったためさほど面倒には感じませんでした。

150730-2158-29
ロード時間がやや長い

データ量が増えた関係で、ロード時間が前作よりも長くなっています。
それでも光ディスクのゲームよりは圧倒的に短いですが、
別の部屋にいるキャラクターを交互に切り替えるシーンも多いだけに、
やや長くなったロード時間に当時はストレスを感じました。
※Xbox Live アーケード版はロード時間の長さが改善されています。

150730-2157-29
青空のフィールドがほとんどない

カラフルな3Dアクションゲームでは大切な青空
残念ながら本作では青空が綺麗なステージがほとんどありません。
夕焼けが目立つフィールドや屋内。夜。曇りのステージばかりで寂しく感じました。
前作と差別化を図りたかったのだと思いますが。


レア社のN64向け3Dアクションゲームを締めくくるのにふさわしい力作。
しかし、あまりにも筆が乗り過ぎてしまって、
胃もたれを起こしてしまうほどのどんぶり飯になってしまいました。

こんな人には特におススメ。
・複雑な3Dアクションゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・3Dアクションゲーム初心者。
・面倒なのが苦手な人。

バンジョーとカズーイの大冒険2/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約50時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(24)

  1. あれ より:

    こんにちは!あれと申します。このゲームが死ぬほど大好きな者です(笑)
    バンジョーいいですよね~。作り込まれた世界観、場所にマッチした音楽、爽快なアクション、制作者のユーモア、…どこをとっても大好きです!(笑)
    しかし、世間的にはあまり知名度の高くないソフトのようですね…。言われているように、手順が面倒だとか、難しいとか思われている方が多いのかな?私としては、これくらい作り込まれた世界観で、収集要素もたくさんあった方が楽しめるのですが…。全体的に陰鬱な雰囲気なのは、ちょっと独特で、私も子どものときは少し苦手でした(笑)ゾンビジンジョーハウスとかインフェルノとか(笑)
    バンジョー好きな私は、こんなゲームがまた出ないかと常々思っているのですが、なかなかないですね…(あ、トロピカルフリーズは面白かったです!)でも、この手のゲームって世間では求められていないのかなあ…。ワクワクするアクションゲームがしたいです。バンジョーが恋しいです(笑)

  2. シロマ より:

    そういえば、スーパードンキーコング64とバンカズ1
    にもあったゲームを終了するたびに見せられる
    バッドエンドは今作にもあるんですか?
    こういうブラックなところもレア社の得意分野ですね。

  3. 黒詩★紅月 より:

    このシリーズは前見たことがないですから、台湾で馴染みなシリーズではないかもしれないです。
    この時期の地面とかのポリゴンが貧弱を変わって、フィールドはすごく広いゲームあります。
    オープンワールドの基礎とも言えるでしょうね。
    日本メーカーも『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』みたい作品が出ましたが、オープンワールドゲームはほぼ作り出していないです。
    技術面とかの問題でもあるでしょうけど、やっぱり残念ですね。
    良いすぎるけど、やっぱりどのジャンルでも和風タイトルが足りないンゴ!
    得意ではないけど、謎解きでいける場所がどんどん増えるタイプが好きです。
    ゲーム性はリベレーションズ2より1のほうが好きでした。

  4. やゆよ より:

    バンジョーやった事無いんす。それにしてもkentさんは色々なゲームやってますね〜
    過去に確か浅く広くのスタンスと言ってましたもんね!

  5. KUMA より:

    >手順が増えて面倒になった
    あ~これ、わかりますね。Kentさんは本作のみとの事ですが、私の場合はレア社の64の3Dアクション全般でコレは感じました。『周りくどい』感が強いんですよねえ。
    宮本茂氏が『バンカズ・DK64でマリオ64を超えた』とか当時絶賛されてましたが、これらって3Dアクションとしての長所と同時に短所も増幅してる感じなんですよねぇ。その辺がどうも引っかかり、あんまり楽しめなかった気がします。
    私としては好きなレア社の64ゲーはゴールデンアイが筆頭、2番手がブラストドーザー、って感じですかね。

  6. kentworld より:

    >あれさん
    はじめまして!コメントありがとうございます。
    バンジョーは僕も大好きでシリーズは出来る限りプレイしています。
    知名度に関しては・・・1はともかく、2はかなり低いですね。
    2の感想を探そうと思ってもなかなかありません。
    日本人にあまり合わないゲーム性なのかな?
    2はちょっとやり過ぎましたが、
    1は本当に大好きなゲームでやりまくりました。
    この手のゲームは最近は本当に減っているので寂しい限り。
    最近はオープンワールドでミッションをクリアするタイプが主流で、
    アイテムを集めるタイプのはほとんどなくなりました。

  7. kentworld より:

    >シロマさん
    今回も用意されていますよー。
    かなり短くなっていますけどね。
    ブラックなところは相変わらずです。

  8. kentworld より:

    >黒詩★紅月さん
    3Dアクションゲームって色々出ていますが、
    バンジョーはその中で飛びぬけた知名度ではなく、
    むしろクラッシュバンディクーなどによって埋もれた存在なんですよね。
    ですが、僕は1作目は凄く大好きです。
    間違いなくオープンワールドの基礎となっていますね。

  9. kentworld より:

    >やゆよさん
    この頃は3Dアクションゲームばかりやっていました。
    今でも変わっていませんけどね^^;
    色んなゲームをやりたくて広く浅くになってしまいました。

  10. 零隠坊 より:

    はじめまして。
    いつも楽しくこのブログ読ませていただいているんですがどストライクな記事でしたので反応せざるを得ませんでした。
    360でバンジョー2を購入したのですがまさかそんなに複雑になっているとは!?
    序盤の序盤なので自力でクリアできるか不安になってきましたよ…。
    初代バンジョー(360版)は楽しいアクションの連続でクリアしたんですけど…
    そうはいかないのかなぁ。
    マリオ64にしろそこが難易度の機微ですよねー!
    発売当時の世代なんで意地でもやってみせますけれども(笑)
    >黒詩★紅月さん
    台湾の方だ!!
    日本語でコメントされてすごいなあ。
    たしかに日本のメーカーはかたくなにオープンワールド、箱庭系出さないですよね。
    いつかはHD画質でスター的なものの収集ゲーをやりたいなあ。
    てか黒詩★紅月さんの今までのゲーム遍歴を知りたい(笑)

  11. kentworld より:

    >KUMAさん
    マリオ64と比較されがちですが、
    レア社のゲームはどこかへ行ってミッションをクリアしていく形式が多いですね。
    マリオ64の場合は見えているスターを
    どのようにしてとるのか考えるところに面白さがありましたので。
    宮本さんの越えたは主に技術力に関してでしょうね。

  12. より:

    実は海外では、これ以外にも、もう一個。あのアカリス、コンカーのバイオレンスゲームです。このゲーム発売の翌年に出ました。64は日本では子供も多く遊ぶ為発売は控えられましたが、リメイクは発売になっているんですよね。前にも言った事が有りますが。

  13. kentworld より:

    >零隠坊さん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    実はXboxLIVEアーケードでバンジョー2も購入して
    この記事のスクリーンショットもLIVEアーケード版なんですが、
    途中で面倒になって8時間ほどプレイして中断しているんですよね。
    間違いなく、ある程度の気合は必要になると思います。
    クリアまで頑張ってください!

  14. kentworld より:

    >星さん
    コンカーのゲーム、レアリプレイで初プレイをしたいと思います!
    いやー、どんなバイオレンスゲームなのか楽しみですよ!

  15. MGMの名無し より:

    今さらのコメントですが、スカイパラダイス等結構空のステージありますよ。
    個人的には1より面白いと思っているんですがねー

  16. kentworld より:

    >MGMの名無しさん
    スカイパラダイスと記事で紹介したエリアだけなんですよね。
    前作は大半のステージが青空だったので少なく感じました。

  17. チキ より:

    発売当時は広大なエリアや新しいアクションにワクワクしながらプレイしましたが、改めてXboxでプレイすると、ジグソーを入手するまでの手順が複雑になって面倒に感じるところはありますね。
    グランティさんぎょうなんて他のステージからシュッポーに乗って行かないと工場の中に入れないんだから面食らいました。
    ステージとステージに繋がりがあるのは面白いと思いましたけどね。
    最近、恐竜が登場するゲームをやりたいと思っていたので、このゲームのテリーのオアシスでもやってみましょうかね。

  18. kentworld より:

    >チキさん
    これは腰を据えてプレイしないと
    なかなかクリア出来ないゲームだと思います。
    今のゲームはどんどんボリュームが増しているので
    感覚がマヒして昔のゲームはボリュームが少なく感じる物ですが、
    バンジョー2は全然そんな事はありませんでしたね。
    >グランティさんぎょうなんて他のステージからシュッポーに乗って行かないと工場の中に入れないんだから面食らいました。
    このシュッポーが一番の曲者でした。
    あれはもう、やりたくないですねw

  19. ボブ より:

    バンジョーとカズーイの大冒険2はステージが入り込みすぎてややこしい感じはありました。でもやり込みましたよ。
    FPSのミニゲームは4人でやると大盛りですね。

  20. kentworld より:

    >ボブさん
    ちょっと変な方向に気合を入れていますよねw
    FPSのミニゲームはレア社らしいと思いました。

  21. Conker the Squirrel より:

    時オカみたいに画面右下にマップを表示して欲しかった。
    広すぎて迷った。

    • kentworld より:

      このゲームはアイテムを探す事に主眼が置かれているので、意図的にミニマップを表示させないようにしているんでしょうね。

  22. 匿名 より:

    たしかぬ2は1より暗い感じでしたねぇ。小学生当時少し胃もたれて弟に任せちゃいました(笑)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】かまいたちの夜 輪廻彩声 [評価・感想] キャラ絵&ボイスは入り口として良いが、ホラー色が薄れている印象も?
【レビュー】ReCore [評価・感想] 面白さの核はしっかりしているが、問題点だらけで完成度は低い
【レビュー】Transference(トランスファレンス) [評価・感想] パッケージ化したことが災いした良質で割高なVRアドベンチャー!
スーパーマリオRPG【レビュー・評価】自分の中での最高のRPG!
【レビュー】幻影異聞録♯FE [評価・感想] FE要素が絡んだ実質的なペルソナ4や5の亜種!
【レビュー】トラックマニア ターボ [評価・感想] 何から何まで中途半端な偽レースゲーム【VRモードのレビュー付き】
デッドスペース2【レビュー・評価】日本で出せないからこそ味わえるものが詰まった作品
【レビュー】OPUS-魂の架け橋 [評価・感想] 台湾人が愛情込めて作った小さなお弁当!
【レビュー】ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 [評価・感想] せっかくの良作が仕様とユーザーのマナーで台無しになった残念な作品
ワギャンパラダイス【レビュー・評価】よりフレンドリーな作りに