2019/09/07/7:00 | ゲームレビュー

【レビュー】Celeste(セレステ) [評価・感想] メタスコア94点は伊達じゃない傑作2Dアクション!

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2018年5月に配信されたSwitch「Celeste(セレステ)」のレビューをしていきます。

本作は山を登っていく2Dアクションゲームですが、メタスコア94点は伊達じゃない傑作2Dアクションでした!

パッと見はよくある8bit風の2Dアクションゲームなので、静止画を見ただけでは良さを感じにくいかも知れません。

ぼくも当初はあまり惹かれず、メタスコアの高さを信じて購入しました。

「それなりに楽しいだろうけど、果たしてメタスコアで94点も付けるほどのものなのだろうか?」

なんて気持ちでコントローラを握ってみたところ・・・

「ヤバイ!あっという間に時間が過ぎてしまう!w」

それでいてストーリーも素晴らしく、ゲームとしての価値を高めることに成功していました。

ここからはそんなSwitch「Celeste」の良いと思った点からまずは書いていきます。

※本作は約2,000円のダウンロード専売タイトルになります。
※2019年9月にはPS4版も配信。

▼このゲームを3行で説明すると?

  • ステージクリア型のジャンプアクションゲーム。
  • ジャンプの他にエアダッシュや壁登りが出来る(ただし制限あり)。
  • 残機数は無限で、ミスをしても少し前のところから再開出来る。

スポンサーリンク

良いところ

高難易度だけど、中毒性が高い!

実は本作、難易度が非常に高かったりします。

主人公の体力は1しかなく、大量の罠が仕掛けられているので、余程のゲーム名人じゃない限りクリアまでのリトライ回数は100を超すでしょう。

なんて書くとウンザリする方も出てきそうですが、以下のような緩いペナルティによって何度も挑戦してしまいました!

  • 残機無限
  • 大量のチェックポイント
  • 一瞬のリトライ

戻されたとしても30秒ほど前なので、失敗してもやる気が削がれることはなくつい「もう一回!」と続けてプレイしたくなります。

もちろん、残り人数は無限。ゲームオーバーの概念はないので、何度ミスをしても少し前からやり直すことが出来ます。

この仕様が中毒性を高めてくれたので、クリア出来るまでぶっ通しでプレイしてしまいました!

見た目はファミコンライクな2Dアクションゲームに見えますが、本質は全然違います。

本家のファミコンゲームは残機数は3がデフォルトで0になったらステージ1からやり直しになりましたからw

シンプルだけど奥が深いアクション

ジャンプする、エアダッシュする、壁に掴まる。

本作に用意されているアクションはたったこれだけになります。

ゲームクリアまでのプレイタイムは6時間以上になるので、用意されているアクションが少ないと単調に感じそうですよね?

ところが本作の場合、バリエーション豊かなギミックやストーリー演出によってゲーム展開が単調に感じることはほぼありませんでした!

ジャンプアクションゲームは研究され尽くしたジャンルとは言え、ここまで長時間飽きずに楽しめるとは凄いw

ここからはギミックとストーリー要素にスポットを当てて語っていきます。

操作キャラの重力や仕様を活かしたギミック

パッと見はファミコンライクな2Dアクションゲームに見える「Celeste」。

しかし、本作をファミコンで再現するのは困難に感じます。

大きな要因となっているのが、動力の概念がプログラミングされていること。

例えば特定の方向に高速移動する機械に掴まるとします。

その際にジャンプするとどうなると思いますか?

本作の場合、普段よりも遠くに飛ぶことが出来るんです!

ゲームを進めるとこのように動力の概念を活かして進むエリアが出てくるので感心しました。

他に感心させられたのが、絶妙なアクションの制限。

先程、ぼくは「エアダッシュ」「壁登り」という2つのアクションを紹介しましたが、どちらにも以下のような制限があるんです。

  • エアダッシュ → 地面に着地するまで1回しか使用出来ない
  • 壁登り → 一定時間しか貼り付けない

ゲームを進めていくとこれらの制限を利用したマップ構造になっていきました。

特にエアダッシュの制限は

「いつ、どこで、どのタイミングで使うのか?」

といった駆け引きを生み出してくれるので、トライ&エラーの楽しさを強調してくれます。

何度も言うようにクリアまでのリトライ回数は3桁が当たり前ですので、覚悟して挑みましょう!

しっかりと溶け込んでいるストーリー演出

「歯ごたえあって楽しいのは良いけど、ストーリー性は低いんでしょ?」

ここまで読んでいてそう思われる方もいそうですが、本作はストーリーも秀逸だったりします。

しかもストーリー重視のゲームにありがちな長いイベントシーンが挿入されることはありません。

ストーリーの大部分は連続的なステージ構成によって語られていきます。

例えばホテルが舞台のステージでは支配人の掃除を手伝うことになるんですが、掃除をする毎に新しい部屋へ行けるようになっているんですよ。

もちろん、それらの部屋は罠だらけのアクションステージとなっていますw

このように本作は連続的なステージ構成によってストーリーが描かれるので、まるでアトラクションを体感しているかのような気分を味わうことが出来ました。

こんな感覚、ファミコンゲームでは絶対に味わえませんよw

歯ごたえ抜群のやりこみ要素

「Celesteはクリア後が本番!」

そう言い切っても良いくらい、本作はやり込み要素が充実しています。

代表的なのが収集アイテムの「いちご」。

「いちご」は各ステージの行きにくいところに設置されているので、意識して集めようと思ったらただでさえ高い難易度がさらに上昇しますw

ただ、「いちご」を集めてもゲームが有利になるなんてことはないんですよ。

PS4/XboxOne版の場合は実績・トロフィー要素によって集める価値は生まれてきますが、Switch版は本当に意味がありません。

なので、テンポ良く進めたい場合は収集アイテムを無視してクリアだけを目指したほうが良いかもしれません。

続いて触れたいのが「B面テープ」。

各ステージの分かりにくいエリアに隠されているんですが、集めることで裏面が追加されます。

これが非常に難しく、ステージ1の段階でギブアップしたくなるほどのレベルでしたw

ステージの構造自体は表面と同じなんですが、ギミックの配置がさらに嫌らしくなっているんですよw

裏面の難易度に慣れてしまうと通常ステージが簡単に感じてしまうかも!?

※B面をさらに上回る難しさのC面も存在します。

最後に触れるのが「ハート」。

これは「B面テープ」以上に探すのが大変だったりしますw

何故かと言うと超難解な謎解きをクリアする必要があるから。

ただでさえ隠しエリアを見つけるだけでも大変だと言うのに謎解き(それも超難解)をクリアしないと入手出来ないとはw

しかし、集めると良いことが起きるので、気になる人は集めてみましょう!

このように本作はやり込み要素が非常に多く、極めようと思ったら20時間、30時間はかかるかもしれません。

「2000円程度の2Dアクションゲームでここまで楽しめるとは!?」

とあるエリアでFC「スーパーマリオブラザーズ3」の隠し要素をオマージュしていたのは驚いたなぁ

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

良くも悪くもエベレスト登山の気分を味わえる

山登りは大変です。生半可な気持ちで頂上まで行くことは出来ません。

そんな登山の気分を味わってもらいたいのか本作のステージはどれも長過ぎます!

長い場合は1時間以上もかかってしまうことがあるので疲れてしまいました。

一応、中断セーブは出来るようになっているので好きなタイミングで止めることは出来ます。

しかし、熱中度が高いせいでついプレイを続けてしまうんですよ・・・。

1ステージ単位でプレイしようと思った場合、クリア後にはグッタリしてしまうかも。

疲労が溜まった状態でプレイするとミスが増えるので適度に休憩することをおすすめします。

全体のまとめ

中毒性抜群のアクションに秀逸なストーリー演出を加えた名作!

系統としては「スーパーミートボーイ」に近く感じますが、本作の場合は秀逸なストーリー演出を加えているのでゲームの価値がさらに高まっています。

ジャンプアクションメインの2Dアクションゲームって使い古されたジャンルに感じますが、本作をプレイしてまだまだ名作を生み出せる分野であることが分かりました。

本作のXboxOne版はメタスコア平均94点ということで一部では話題になっていましたが、そうなるのも納得のクオリティに感じます。

「今どき2Dアクションゲーム?」

なんてたかを括っている人は試しにプレイしてみてください。2Dアクションゲームもまだまだ捨てたもんじゃないですよ~!

メタスコア94点は伊達じゃない傑作2Dアクション!

こんな人には特におススメ。
・高難易度2Dアクションゲーム好き。
・雰囲気が良いゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・2Dアクションゲームが苦手な人。

Celeste(セレステ)/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約15時間

▼ハードメーカー別レビュー記事リスト

PS Nintendo
Xbox その他

, , ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(14)

  1. つぐみ より:

    これも面白そうなインディーズゲームですな
    買おうか迷ってました。
    なんとなくthey bleed pixelsというゲームに似ていて、そちらはグロ系統なのですが、これもなかなか難易度高いゲームですのでオススメです。
    自分はモンハンとフォーオナーやりすぎたからかゲーム疲れしてしまったんでファークライ5まではゲームブロガーさんの記事見てやった気になろうと思ってます(笑

    • kentworld より:

      これは掘り出し物ですよ!プレイしていたらツウになれると思います♪

      グロ表現は全く無いので、高難易度ではありますが、表現面では人を選ばないと思います。

      ゲーム疲れをしてしまいましたか。ファークライ5までになると一週間ほどは小休止かな?

      最近はインディーズゲーム熱が高まってきたので、3月の新作ラッシュが落ち着いたらまた色々手を出してレビューしたいと思います♪

  2. ナスタ より:

    僕はまだクリアしていませんが、滅茶苦茶面白いです。kentさんもかなり高得点ですね〜。

    快適にトライアンドエラーが楽しめる完成度の高い2Dプラットフォーマーってだけでもう間違いなく面白いですよ。個人的には2Dアクションは複雑な操作の作品よりもシンプル操作でギミック重視の物が好みなので、この作品は理想的ですね。マリオ3のオマージュにはビックリしました笑

    ストーリーもしっかりあって、シームレスなイベントシーンで違和感なく盛り込んでるのはうまいですよねー。たしかに1ステージが長い上に難易度が高いので疲労感はありますが、その分達成感があるので僕は好きですね〜。

    僕は収集物を回収しながらクリアするつもりなので、まだまだ楽しめそうです。B面も最初のステージだけクリアしましたが、既にやばい匂いがプンプンしてますね笑
    C面もちらっと動画で見ましたが、凄いことになっていて、まるで改造マリオを見ているかのようでした。最後までやるつもりですがクリアできるのかちょっと怖くなってきましたよ笑

    • kentworld より:

      密かにクリアまで進めていましたw

      2018年に入ってからインディーズゲームの2Dアクションゲームを色々プレイしましたが、個人的には本作が今の所一番ですね♪

      面白さの土台は出来上がっているので余程ヘマをしない限りは良作になるとは思っていましたが、予想以上に料理の仕方が上手いです!

      ストーリーの演出は良かったですね。最後は余韻に浸ることも出来て、ファミコン風の見た目からは想像も付きませんでしたw

      そしてやりこみ要素!ストーリークリアまでは序の口なんじゃないかと思うほど色々ありますよね。

      B面の序盤で心が折れそうになるほどですが、時間があったらC面も含めて楽しみたいなぁ。

  3. チキ より:

    このゲームの中毒性はヤバイですね!
    他のゲームが手につかなくなるほどハマりましたよ。

    僕はチャプター8をクリアしてチャプター1〜3のB面も制覇しました。
    累計死亡回数は3000回を超えましたよw
    青いクリスタルハートの在り処がわからなかったので攻略情報に頼ってしまいました(^^;
    kentさんは自力で見つけた青ハートはありますか?

    kentさんにやらせて貰ってなかったら未だに買ってなかったと思います。
    この神ゲーに出会えたのもkentさんのおかげですよ。ありがとうございます?
    僕のお気に入り度は文句無しの100%です!

    • kentworld より:

      まさか、ここまでハマられるとは思いませんでしたw

      チャプターB面も制覇するほどとは・・・ミスの回数も凄いことになっています。

      青いクリスタルハート。恥ずかしながらもほぼ攻略サイト頼みでしたね(^_^;)

      いえいえ、僕もナスタさんが話題にしていたり、メタスコア94点という客観的事実がなければ手を出していませんでしたので///

      現時点では今年トップクラスのタイトルになるようで、まさかの大穴が現れましたね!

      このようにインディーズゲームは伏兵が潜んでいますので油断出来ません。

  4. 🌋トモフミ🗻 より:

    セレステは僕も当初はゲーム画面の見栄えで地味なゲームだと思ってたのですが、「スクショ→プレイ動画→実際に遊ぶ」の工程で「おおっ!おもしろいじゃん!」ってなりました。
    このゲームはメタスコア94点も頷けるほど、僕にとってもディグ2に続いて、「インディーズバカにできないじゃん」タイトル第2弾となりましたwww
    救済措置もすごく親切で僕は、「スタミナ無制限・ダブルエアダッシュ(初期から取得状態)」がちょうど遊びやすいのでそれで遊んでますよ。
    セレステこそ、続編が出ないか楽しみです♪
    今作1本でも充分ボリューミーなんですけどね。

    • kentworld より:

      このゲームは見た目で損していますよね~。

      トモフミさんもハマったことから本作は分かりやすい面白さを兼ね揃えているように感じます。

      救済措置、使っていなかったので今知りましたよ。そんな良心的な要素があるとは・・・追記しなくては。

      何やらアップデートで追加ステージが来るようですよ。

  5. KAZU より:

    A面はクリアしましたが大変でした。何が大変かというとSwitchProコンです。真上に入りにくく、高確率で斜めに入力してしまいます。いいコントローカーが見つかったらB面に挑戦しようと思います。ゲーム自体は文句なく楽しめました。

  6. となりける より:

    ストレスなくトライ&エラーが出来るので、難易度が高い割にはサクサクと進められる良作でしたねー!
    ただ、個人的にはキャラクターのイラストがいかにも洋ゲーという感じで、あまり可愛いと思えませんでしたw

    • kentworld より:

      最近は高難易度&弱ペナルティのアクションゲームが好物になってきました♪

      そう、イラストがあまり可愛くないので、そこも購買意欲が上がらなかった要因です。となりけるさんのイラストだったら購買意欲が爆発的に増加するのになぁ・・・

  7. 匿名 より:

    こないだようやくセール来たので買いました!
    詰みゲー多くてまだ手を出せていませんが早くやりたいです

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】マリオカート7 [評価・感想] 手堅く3DS向けにまとめて来たコミュニケーションツール!
【レビュー】OPUS-地球計画 [評価・感想] 地球捜索のしんどさをゲームに落とし込んだ野心作!
【レビュー】YAIBA: NINJA GAIDEN Z [評価・感想] バランスも世界観もやりたい放題な超ニッチゲーム
【レビュー】TorqueL(トルクル) [評価・感想] イライラするけど、癖になる面白さ!
【レビュー】MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV [評価・感想] VR初心者の開発者がVR初心者のFFXVファンに贈る釣りゲー!
【レビュー】閃乱カグラ2-真紅- [評価・感想] 前作から大幅パワーアップしたハズがほとんど空回りしてしまった作品
【レビュー】閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達- [評価・感想] 飛び出す胸とボリュームがパワーアップ!
【レビュー】ピクミン2 [評価・感想] ローグライクゲームに変貌した前作とは似て非なる続編!
【レビュー】人喰いの大鷲トリコ [評価・感想] 最新技術を駆使して作られた、ゲームでしか味わえない楽しさと感動が詰まった名作!
【レビュー】アストラルチェイン [評価・感想] 質の高い食材をお構いなしに盛り込んだ力作!