| ゲームレビュー

【レビュー】Goat Simulator(ゴートシミュレーター) [評価・感想] 制限のないところをどう受け止めるのかで評価が変わってくる作品

99

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

Goat Simulator(ゴートシミュレーター)

ヤギになって街で大暴れするオープンワールドアクションゲームです。

公式では次世代ヤギシミュレーターと表記されている作品ですが、これは評価に困る作品ですねw

ゲームには付き物の制限がないので、そこの受け止め方次第で評価が変わる作品だと思いました。

ここからはそんな「Goat Simulator」について詳しく語っていきます。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • ヤギが主人公の3Dアクションゲーム。
  • ヤギとなって箱庭マップを駆け抜けることができる。
  • なにかする毎にスコアが加算される。
初リリース日 2015年4月17日
対応ハード PS4/Xbox One/Switch
ジャンル 3Dアクション
価格 2,999円 (Switch)
推定クリア時間 3~4時間 (全実績獲得)
発売元 Coffee Stain

スポンサーリンク

超シュールなヤギゲー!

Goat Simulator_20160113165628

本作はヤギを操作していく3Dアクションゲームです。

ヤギと言えば大人しいので地味なゲームに見えるかもしれませんが、そんなことはありませんw

想像を遥かに上回るほどシュールでバカなゲームとなっています。

まず、動きがビックリするほど安っぽいw

グラフィックはフォトリアル系ですが、見た目からは想像もつかないほど動きが軽く、当たり判定も曖昧だったりします。

坂道を登っても体がまっすぐ前を向いたまま歩くので、違和感がすごいw

住人のモデリングも一昔前の洋ゲーっぽく、決して高品質なものではありません。

しかし、本作はバカゲーになるので、これで良いと思いました。

BGMは牧場らしいカントリー調のアレンジとピコピコメロディーが合わさったような感じなのでお気に入り

コンパクトなフィールドに数多くのネタが!?

Goat Simulator_20160112002801

フィールドには数多くの小ネタが隠されています。

一見するとよくある街を舞台にした作品に見えますが、実は様々な場所にファンタジーやらSFネタが隠されているので、探索が楽しいんですよね。

フィールドは牧場と街の2種類が用意されていて、どちらもそこまで広くはありませんが、狭いエリアに沢山の秘密が隠されています。

フィールドに隠された秘密を探していく感覚は探索型アクションゲームに近いので、その手のゲームが好きな者としてはそれなりに楽しめました。

スポンサーリンク

ヤギさんは不死身です!

Goat Simulator_20160112181724

ある意味、本作のシュールさを最も高めているのが、ヤギさんが不死身であることです。

普通のヤギさんだったら車に引かれたり、高いところから落ちたら死んでしまいますよね?

しかし、本作のヤギさんは何をされても死にません。

車に引かれようが、高いところから落ちようが、海に沈もうが、宇宙に飛ばされようが関係なし!

全く死ぬことはなく、ピンピンしています。

そんなヤギさんですが、パワーがとんでもないくらいあったりします。

例え自分の数倍大きな岩であっても関係なし!舌を使って運ぶことができます。

このように本作はゲームだからこそできる嘘を付きまくっているので、制限なく楽しめます。

これはこれでシュールさが増しているので、素晴らしい調整だと思いました。

ゲームとシミュレーターの中間?

Goat Simulator_20160112002049

本作は公式でヤギシミュレーターと謳っているだけあって、ゲーム性はあるのかないのかわかりません。

一応、画面上には「○○をやれ!」みたいなことが表示されていますが、こなさなくても全く問題なし!

こなしたとしてもストーリーが進むなんてことはなく、体力や戦闘の概念もないので、ゲームらしい駆け引きはほとんどありません。

ゲームらしい要素としてはサブミッションらしきものがいくつかありますが、ゲーム中にそのような表記もなく、マーカー機能などもないので、存在すら気が付かない人がいてもおかしくないくらいです。

普通だったらある程度街で暴れまわって満足してしまうでしょう。

まあ、トロフィーや実績が用意されているので、それを目当てにプレイすることはできますけど、ノーヒントなので、攻略サイトは必須だったりします。

目次へ戻る

Goat Simulator(ゴートシミュレーター) のレビューまとめ

制限のないところをどう受け止めるのかで評価が変わってくる作品。

ゲームらしい駆け引きはほとんどないので、難しいことを考えず、肩の力を抜いて楽しむのが良いでしょうね。

普段、ストイックなゲームをプレイしている人は息抜きに手を出してみても良いかも!?

こんな人には特におススメ。
・バカゲー好き。
・友達が来た時の一発ネタが欲しい人。

こんな人にはおススメできない。
・能動的に遊べない人。

お気に入り度【50/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, , ,

 

Sponsored Link


  1. y.crash より:

    このゲームを知ったのはある某動画投稿者の動画でこのゲームやっていて、なんだこのゲームは!?って思っていましたね。
    それでしばらたった時にXboxOneで配信されると聞いて、いつの間にか購入していましたw
    起動初っ端から「を押してくださいAボタン」と出て、エキサイト翻訳どころじゃない訳し方してるなと思って説明文で「はまって動けなくなることがある」とかいろんな意味で凄いなと思いました。逆に日本語が上手い奴がいて、意図的にこんな翻訳をしたんだと思ってます。
    ゲーム内容も突っ込みどころ満載で「を倒した ○○さん」とか妙なリアルさのある気持ち悪い生命体とか、ヤギとかの動きがもう酷いったらありゃしないw
    バグを楽しむゲームって斬新だなと思いますね。
    コメントが思ってますしか言ってませんね、自分w

  2. kentworld より:

    >y.crashさん
    これは動画サイトで人気が出そうなタイプのゲームですねw
    実際、海外では大人気で売上の後押しになっているとか。
    翻訳はよくみるとひどいですねw
    「を押してくださいAボタン」ってよく見るととんでもない表記だw
    もしかしたら意図的なのかも。
    アップデートで修正は出来ますし。

  3. シロマ より:

    このゲームのプラチナトロフィーが獲得できたのは
    kentさんが以前紹介したブログのPS4ちゃんねるの記事が
    画像付きで詳しく書かれていたので非常に役に立ちました。
    一番時間がかかったのはミニゲームのフラッピーヤギですね。
    コツがなかなかつかめなくてあそこだけで一時間半もかかって
    しまった(笑)

  4. y.crash より:

    自分のコメントをよく見たら誤字がありましたw
    ○しばらくたった時 ×しばらたった時
    ○「を押してくださいAスタート」×「を押してくださいAボタン」
    これもヤギさんのバグのせいに違いない!(絶対違う)

  5. kentworld より:

    >シロマさん
    シロマさんもやり込んでいたんですねw
    フラッピーヤギは20分くらいでなんとかなりました。
    シロマさんは1時間半もかかってしまったかw
    僕はまだ早い方になるのかな?

  6. kentworld より:

    >y.crashさん
    バグが伝染してしまいましたかw
    でも、このゲームのコメント欄らしくて良いと思いますw

関連記事

【レビュー】biohazard(リメイク) [評価・感想] 10年後も耐えられる極上クオリティのリメイク作!
【レビュー】ケロブラスター [評価・感想] ブラックユーモアも併せ持ったお手軽なレトロ風2Dアクション!
【レビュー】428 〜封鎖された渋谷で〜 [評価・感想] サウンドノベルの新分野を開拓した渋谷の群像劇で遊べるアドベンチャーパズル!
【レビュー】PAC-MAN 256 [評価・感想] エンドレスランアクションゲームをヒントに作られた新生パックマン!
【レビュー】FIA ヨーロピアン・トラックレーシングチャンピオンシップ [評価・感想] ビックリするほどリアリティを追求したシミュレーター!
【レビュー】ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 [評価・感想] 人を選ぶがハマれば最高のゼルダ!
【レビュー】ズール 魔獣使い伝説 [評価・感想] 凡作だが見所も多い育成RPG
【レビュー】スーパーマリオブラザーズ1 [評価・感想] 横スクロールアクションというジャンルを築き上げたファミコン初期の集大成!
【レビュー】オバケイドロ! [評価・感想] 任天堂イズムが織り込まれたカジュアルなデッド バイ デイライト!
【レビュー】ディーエムシー デビル メイ クライ(名倉) [評価・感想] シリーズの固定観念をぶち壊した「5」に繋がる意欲作!