| ゲームレビュー

【レビュー】ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator [評価・感想] ゲーム実況者向けのとんでもないバカゲー!


ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator 鹿フル装備エディション/Switch / PS4

どうも!KENT(@kentworld2 )です!

近年はゲーム実況の一般化が進んでいて、人気YouTuberだけではなく、芸能人もゲーム実況をするような時代になりました。

そのためかYouTuberに実況してもらうことを意識して作られたゲームが増えている印象です。

今回レビューする「ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator」もまさに実況者に遊んでもらうことを目的にして作られたゲームだと思いました。

とにかくツッコミどころ満載のバカゲーで、プレイして楽しむというよりはツッコんでいるところを楽しむような内容となっています。

ここからはそんな「ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator」の良いと思った点から書いていきます。

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

このゲームを3行で説明すると?
  • ごく普通のシカが主人公の3Dアクションゲーム。
  • シカとなって箱庭マップを駆け抜けることができる。
  • 建物を壊すと鹿災害レベルが上がっていく。
初リリース日 2021年11月25日
対応ハード PS4/Xbox Series/Xbox One/Switch
ジャンル 3Dアクション
売上 初週0.3万本 (Switch)
推定クリア時間 3~4時間 (全実績獲得)
発売元 PLAYISM

スポンサーリンク

良いところ

シカのシュールな動き

本作ではシカを操作していきます。

シカといえばツノが生えた四足歩行の動物で、大人しいイメージがありますよね?

一方、本作のシカは180度異なる性質を持っていて、ありえない動きを見せてくれます。

二足歩行で猛ダッシュしたり、パンチを繰り出すのは序の口。

ろくろっ首のように首を伸ばしたり、車に乗って暴れることもできるので、訳がわからないことになっていますw

個人的にツボだったのが、人間たちを洗脳できることです。

洗脳させた人間たちはシカの後を追うようになり、一緒に踊ることができます。

その光景が実にシュールなので、動画のワンシーンに挟みたくなりましたw

本作のタイトルは「ごく普通の鹿のゲーム」ですが、どこが普通なのでしょうか?w

ツッコミどころ満載なので、ツッコミの大喜利大会を行っているのかと思いました。

アクションゲーム的な駆け引き

このように本作はフザケまくっていますが、意外にもゲーム的な楽しさもあったりします。

街を破壊して鹿災害レベルを上げたり、武器を使って敵を倒したり、スイッチを踏んで仕掛けを解いたり。

グランド・セフト・オート」や「ゼルダの伝説」的な楽しさがあったりします。

同系統のゲームとしては「Goat Simulator (ゴートシミュレーター)」が2015年に発売されましたが、ゲーム的な楽しさは似て非なるものだと思いました。

というのも同作とは違い、戦闘や体力の概念が存在するからです。

体力が0になるとチェックポイントに戻されてしまうので、敵と戦っている時はアクションゲーム的な駆け引きを味わえました。

タイトルに「Simulator (シミュレーター)」と表記されていますが、「Goat Simulator」よりはゲームっぽくなっています。

終盤はボスラッシュは必見ですぞ

謎解きが楽しい

フィールドは箱庭形式となっていて、様々な謎が隠されています。

謎のスイッチが設置されていたり、わかりにくいところにアイテムが隠されていたり。

謎を解くことで実績やトロフィーが解除されるほか、ストーリーが進行することもあるので、ノーヒントで解けた時は少しだけ嬉しくなりました。

ちなみにストーリーはご想像通り電波ですw

普通の感性を持っている方でしたら意味がわかりません。

でも、終盤のボス戦は格闘ゲームっぽくなったり、選択肢が挿入されたりするので、意外と凝っています。

ヒントが少ないので、能動的にプレイしないとラスボスまでたどり着かずに止めてしまいそうですが、余裕があったら進めてみることをおすすめします。

謎のミニゲームを収録

とある場所では謎のミニゲームをプレイできます。

代表的なのが「リバウシ」です。

ルールは「リバーシ」と一緒なんですが、台に打つのは石ではなく牛となっていますw

しかも動き回るので、視認性がめちゃくちゃ悪いw

真面目にレビューしたら低評価間違いなしの問題作ですが、どう考えてもツッコミ待ちだと思うので、プレイされる方はツッコミ芸を磨いておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

目次へ戻る

惜しい点

ステージ数がめちゃくちゃ少ない

ゲームの舞台となるステージはほとんど用意されていません。

1つ1つのステージが作り込まれているとは言え、あまりにも少ないのでもっと種類を増やしてほしかったです。

また、クリアまでのプレイタイムも短めで、ノーヒントで進めても3~4時間程度で終わってしまいます。

Switchダウンロード版の定価は1,980円(税込)。

パッケージ版に至っては3,980円(税込)になるので、この値段だったらあと2つくらいのステージが欲しかった。

3Dのゲームになるので、2Dのゲームと比べて開発費がかかるんでしょうけどね。

注意点

大雑把な挙動

アクションの挙動は大雑把な物となっています。

車は急に発信しますし、当たり判定も曖昧なので、決して高品質なものではありません。

絵に描いたようなクソゲーのような挙動となっていますw

ゲームバランスも大雑把で、一見すると強い敵でも強い武器を手にしたら一瞬で勝ててしまいます。

ただ、本作の場合は狙ってやっているようにしか見えないので、欠点として挙げるのは作品へのリスペクトに欠けると思いました。

という訳で欠点として挙げるのではなく、「こういう人にはおすすめしませんよ」という意味合いで注意点の項目として挙げています。

間違ってもAAA級タイトルのような体験を本作で求めてはいけません。

目次へ戻る

ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulatorのレビューまとめ

シカを主人公にしたとんでもないバカゲー。

街を破壊したり、人間と触れ合ったりと色んなことができるので、プレイヤーの工夫次第で面白くなるゲームに感じました。

反面、ゲームバランスは大雑把な作りなので、真面目に作られたゲームが好きな方にはおすすめできない内容となっています。

個人的には動画投稿を含めて楽しむゲームなんじゃないかと思いました。

素材としては最高に楽しいものなので、あとは投稿者がどう料理するのか?

それ次第で評価が大きく変わってくる作品です。

今の時代、ゲームだけではなく、プレイヤー自身も面白くなる必要があるのかもしれませんね。

個人的には「Goat Simulator」よりもゲームらしい駆け引きを味わえたので、同作よりは気に入っています。

こんな人には特におススメ。
・バカゲー好き。
・ゲーム実況者。

こんな人にはおススメできない。
・真面目なゲームを求めている人。

お気に入り度【55/100%】

累計1,000記事突破!KENTがプレイしたゲームのレビュー記事一覧へ

ハードメーカー別レビュー記事リスト
Nintendo PlayStation
Xbox etc
関連作のレビュー記事

, , ,

 

Sponsored Link


関連記事

【レビュー】レッド・デッド・リデンプション(RDR) [評価・感想] 一人でもみんなでもじっくり楽しめる西部劇TPSお買いセット!
【レビュー】名探偵ピカチュウ(3DS) [評価・感想] ポケモンを題材にした初心者向けアドベンチャーゲームの第一章!
【レビュー】キングダム ハーツ3D [評価・感想] あらゆる要素を盛り込んでしまった複雑怪奇な良作!
【レビュー】ライオットアクト2 [評価・感想] 協力プレイ推奨で作られたジャンプアクション型のTPS
【レビュー】New みんなのGOLF [評価・感想] 細部まで作り込み、遊びの幅が広がった”本物”のゴルフゲーム
【レビュー】コロコロカービィ [評価・感想] 続編を出したら化けそうなカービィのお気に入りゲーム♪
【レビュー】はたらくUFO (Switch) [評価・感想] UFOキャッチャーとバランスゲームの面白さを見事に融合!
【レビュー】妖怪ウォッチダンス JUST DANCE スペシャルバージョン [評価・感想] ブームに合わせて発売された超コンパクトなダンスゲーム!
【レビュー】ドラクエIV 導かれし者たち(DQIV DS) [評価・感想] 手軽に楽しめる王道のオムニバスRPG
【レビュー】マリオ&ソニックAT 東京2020オリンピック [評価・感想] マリオとソニックに加えて”東京”も共演を果たした夢の祭典!