2018/12/02/7:00 | ゲームレビュー

ピクミン【レビュー・評価】癒されるCMソングとは対象的に人を選びすぎた良作!

708100cd.jpg
ピクミン/GC / Wii

おはっく~!kentworld(@kentworld2 )です!

今回は2001年10月に発売されたGC「ピクミン」のレビューをしていきます。

本作はCMソングが社会現象を起こしたAIアクションゲームですが、見た目とは対象的に超ストイックな作品でした!

あまりにもストイックなのでCMソングに惹かれて手を出すと大火傷しますが、個人的には数あるゲームキューブソフトの中でも特に好きな作品です。

そんなGC「ピクミン」の良いと思った点からまずは書いていきます。

※2008年12月にはWii向けにアレンジした「Wiiであそぶピクミン」が発売されました。

▼このゲームを3行で説明すると?

・ピクミンを連れ歩いてロケットのパーツを集めていくゲーム。
・30日以内に30個のパーツを集めるのが目的。
・ピクミンは最大100匹まで連れ歩ける。

良いところ

段取りよく作業を進める気持ち良さ

「ピクミン」というタイトルだからプレイアブルキャラクターはピクミンだろう。

当初はそんな先入観を持っていましたが、実際にプレイしてビックリ!

なんと、操作出来るのはピクミンではなくオリマーだったんです!

なんだよ・・・ノーテンキなおっさん(?)がプレイアブルキャラクターなのかよ。

ぼくは少しだけガッカリしてしまいましたが、ピクミンを直接操作出来ないからこその楽しさが本作には詰まっていました!

130118-1833-17

オリマーはピクミンに「物を拠点まで運んでもらう」「敵を倒してもらう」「壁を壊してもらう」などの命令することが可能となっています。

ポイントなのが、ピクミンはオートで動き、その間にもプレイヤーは行動出来ること。

なので、複数の作業を並行してこなすことが出来るんですね。

本作を初めてプレイした時、ぼくは”段取り”という言葉を覚えました。

そして、段取りの楽しさを実感したんです!

複数の作業を並行してこなすことで作業時間を短縮出来るので、そこに楽しさを見出せたんですね。

タイムアタックが楽しい!

130118-1832-38

本作の目的はバラバラになったロケットのパーツを集めること!

ロケットのパーツは全部で30個存在し、30日以内にすべてを集めなければゲームオーバーになってしまいます。

制限時間が存在するのはストイックに感じますが、だからこそ時短することの重要性を感じられました。

前述の通りピクミンを沢山連れて行けば複数の作業を並行して進めることが出来ます。

それこそロケットのパーツを手分けして運ぶことも出来るでしょう。

上手く行けばクリア日数を大幅に短縮出来るので、どこまで行けるのかチャレンジしてみるのも面白いですよ♪

ピクミンを増やすのが楽しい!

130118-1834-53

ピクミンには生死の概念が存在し、増殖もしていきます。

なので、ピクミンを増殖させていくことも楽しく感じられました!

ピクミンを増やす方法は簡単。

敵の死骸やペレットを拠点(オニヨン号)に運ぶことです。

ピクミンが多いほど作業時や戦闘時は便利なので、増やして損をすることはありません。

なので、ピクミンを増やすのはまるでお金を溜めていくかのような気持ち良さを味わえました。

時間に余裕があるなら危害を加えない敵もどんどん倒してオニヨン号まで運んでいきましょう!

ピクミンを使い分ける楽しさ

64

ピクミンは赤・青・黄の3種類が存在します。

単なる色違いではなく、それぞれに以下のような特徴があるんです!

名前 特徴
炎に強く、攻撃力が高い
水の中に入っても溺れないうえに溺れているピクミンを助けてくれる
爆弾岩を扱えるうえに高くに飛ばせる

 
各ステージの仕掛けを解くにはそれぞれの特性を活かさなければならず、パズル的な楽しさもあるんですね。

チャレンジモードが楽しい

そして本作で最もハマったのがチャレンジモード!

チャレンジモードは本編とは独立したサブモードで制限時間以内にピクミンを何匹増やせるのかを目指していきます。

言ってしまえばスコアアタックゲームなんですが、本編とは違って短時間で楽しめるうえにルールが分かりやすいので大ハマリしました!

あまりのハマりようにプレイタイムは本編を遥かに上回る勢いです。

比率で表すと本編が2割なのに対しチャレンジモードが8割になりましたw

出来る限り効率良く作業を進め、1秒たりとも無駄にせず、1匹でも多くのピクミンを増やす。

これを追求していくのがとにかく面白く、当時は自分の限界に挑戦していました。

130118-1831-00

↑こちらはぼくが叩き出した自慢のスコアです。

もし、これを上回るスコアを叩き出していた場合、貴方は上級者と言っても過言ではないでしょう。

現実味のある世界観

130118-1834-20

本作の風景はデフォルメされたキャラクターとは対象的に現実的なタッチとなっています。

透明感のある水、水草、ゴツゴツした岩、コケ、草。

まるで庭園の一部を切り取ったかのような風景で、現実味を感じられました。

そんなフィールドをよりリアルにしてくれるのが敵キャラクターの生態。

敵キャラクターは単に突っ立っているだけではなく、生態も描かれているので本当に生きているかのようでした。

細かい設定も色々と用意されており、ネーミングが昆虫っぽいので実在する生き物なのかと錯覚してしまいます。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

ステージ数が少ない

130118-1835-31

非常に完成度が高いピクミンですが、用意されているステージは非常に少ないです。

なんと、たったの5つしか用意されていません。

しかもそのうち2つはとても狭いので、力を入れたステージはたったの3つしかないんです。

確かに力が入っている3ステージの密度は濃いけど、それでもボリュームは少なく感じました。

やり込みの見返りが少ない

本作をやり込んでも報酬はほとんどありません。

返ってくるのは自分が叩き出したスコアのみ。

ストーリーが追加されるなんてことはありません。

2001年に発売されたハイエンドゲームとしてはあまりにも割り切っています。

ぼくは限られた時間の中でピクミンを増やす遊びにハマったのでハイスコアを更新し続けましたが、一方では古臭くも感じました。

スコアアタックやタイムアタックに魅力を見出だせない場合、メインモードを1周プレイするだけで終わってしまう恐れがあります。

全体のまとめ

引っこ抜かれて~あなただけに~ついて行く~♪

本作が発売された当時、このような歌詞のCMソング(ストロベリー・フラワー/愛のうた)が流行りました。

そのため普段はゲームをプレイしないようなカジュアル層にも注目を集めた作品ですが、肝心のゲーム内容はかなりストイックだったりします。

直感的ではない操作感。

油断しているとあっという間に全滅するシビアなゲームバランス。

常に絡んでくる制限時間。

土台となるのがリアルタイムストラテジーというパソコンで人気のゲームジャンルなのもありますが、ストイックな要素が多く、油断していると大火傷します。

かくいうぼくもあまりのストイックさに驚きましたが、コツを掴んでからは大ハマリしたんです!

とにかく限られた時間の中でピクミンを集めていくのが楽しすぎる!

その影響で気が付いたらチャレンジモードをプレイしてしまうような生活を半年くらい送ってしまいました。

メインモードをクリアしたから次のゲームに移りたかったのにw

上手く行けば7時間程度でクリア出来てしまうほど小規模な作品ですが、一度ツボにはまればとてつもなく高いリプレイ性を感じられる作品です。

さすが世界の宮本茂!21世紀に入っても職人気質なゲームを生み出してくれました!

非常に人を選ぶ作品ですが、個人的には数あるゲームキューブソフトの中でも特に気に入っています♪

癒されるCMソングとは対象的に人を選びすぎた良作!

こんな人には特におススメ。
・効率化を求めるのが好きな人。
・自然好き。

こんな人にはおススメできない。
・同時に物事を考えるのが苦手な人。
・ボリュームを重視する人。

ピクミン/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約100時間

, ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(16)

  1. 匿名 より:

    ピクミンを何匹殺しても気にせずひたすらクリアだけを目指せばそれほど難しい訳ではありませんが
    可愛らしいピクミンが無惨に食い散らかされるのを黙ってみているに忍びなく死んではリセット、死んではリセット、を繰り返したら初回クリアするまでに300時間ほどかかりました
    なので個人的にお腹一杯のゲームです

    • kentworld より:

      そうなると、FEでもノーミスクリアを目指してしまうタイプでしょうか?w

      続編もプレイしているとなったら大変な時間を持っていかれそうですねw

  2. yy より:

    ピクミンって今考えるとゲームデザインが凄まじく綺麗ですよね
    とても無駄のない構成していると思います!

    ゲームでいわゆる効率厨と呼ばれるタイプの人はピクミンをお勧めしたいですねw
    可愛い見た目とは裏腹に超効率重視のゲームです
    さながらブラック企業の社長になっている気分を味わえますw

    前のゲーム性の話の元記事で、ゲーム性を上げると一般性が下がるという部分がありましたが、今作はゲーム性が強すぎて一般性が下がってる部分がある気はしますね〜
    その代わりに短期間クリア、不殺プレイ、ピクミンの数を増やしまくるプレイなどプレイングの幅の広さが素晴らしく、やり込んでしまうプレイヤーが多いのも納得のゲームです!

    • kentworld より:

      改めてピクミンのゲームデザインを見ると実に芸術的ですね!

      各要素の筋が通っていて宮本さんのゲームらしいです。

      そうそう、効率厨には最高のゲームになるんですよw

      ぼくも効率は求める方なので上手く行った時はめちゃくちゃ気持ち良かったです♪

      しかし、本作はゲーム性を高めすぎる要素があるので人を選ぶんですよね・・・

      その代表例が制限時間だと思います。

      制限時間があることで生まれる駆け引きもあると思うんですが、一般的には受け入れられなかったのが歯がゆいです。

      その悔しさから生まれたのが次回作なんですね。

  3. Conker the Squirrel より:

    初代ピクミンは時間制限があるので大変でした。
    一度ゲームオーバーになった時は、トラウマになりました。
    初代のダイオウデメマダラは最強です。最後の宇宙船パーツであるへそくり金庫を食べてしまっているので倒さなくてはいけないのですが、救済措置としてへそくり金庫は回収しなくても一応エンディングを迎えることが出来るが真エンディングを迎えるためには回収しなければならないです。
    2では元ラスボス(笑)に、なんであんなに弱くなってしまったのか?残念でした。

    • kentworld より:

      あはは、一度ゲームオーバーになってしまいましたか。

      そうなると、かなり前からやり直しになってしまいますもんね・・・

      初代のダイオウデメマダラは大苦戦しましたよ。さすがに初見でクリアは無理でしたねぇ。

      それだけに倒せた時の達成感は素晴らしかった!

      1が難しすぎたからか2は色々と簡単になっていましたねw

  4. ホンマ🌼トモフミ より:

    ピクミンって雰囲気が良くて一見すると緩そうなんだけど、実はかなり人を選ぶゲームなんですよね( ̄▽ ̄;)
    僕もゆるい雰囲気に惹かれて2や3に手を出したことがあるのですが、時間の概念が好きになれなかったなぁ。

    あとアメボウズ、クイーンチャッピー、クマチャッピー、ヘビガラスと恐ろしいボスキャラがたくさん出るので個人的にホラーゲームの側面もありますよ。
    地下世界は奥へ行けば行くほど恐ろしいです。

    当時は少し難癖をつけてましたけど、僕は3DSの「Heyピクミン」ぐらいがどちらかというとおもしろいかな。

    • kentworld より:

      あの広告展開によって多くの人が興味を示すきっかけが生まれましたが、ゲームのコンセプトと噛み合っていないのが不幸でしたねぇ。

      そうそう、妙にグロテスクな面があるんですよ。

      これでもマイルドにしている方だと思いますが、ゲームデザインを含めて尖った作品でしたねぇ。

      でも、ぼくはそういう尖ったところに魅力を感じていました。

  5. ひろき より:

    ピクミンのじめじめ湿る空気清浄機

  6. JINO より:

    今日も運ぶ、戦う、増える、
    そして食べられる~♪
    あのCMソングは印象に残りますよねぇw

    記事でも触れていますがピクミンはアクションゲームと
    分類はされていますが内容的にみれば実質的に
    リアルタイムストラテジーというジャンルといえますね
    当時のコンシューマーゲーム界では割とマニアックな
    ジャンルだったとは思いますがそこは任天堂
    シビアながら魅力的なゲームに仕上げてきた感じですね

    • kentworld より:

      リアルタイムストラテジーの認知度は低いのでAIアクションと表記しているんですね。

      確かに本作をプレイするまでにリアルタイムストラテジーには魅力を感じていませんでした。

      それだけに本作が作り上げた功績は大きいです。

  7. KAZU より:

    発売前は製作者のインタビューなどで、「誰でも遊べる簡単操作のアクションゲーム」みたいなことを盛んにうたっていたのですが、実際プレイしたらかなり難しかったです。しかも1、2回プレイしたくらいでは、本当のおもしろさがわからないんですよね。
    数年後に、6日でコンプリートクリアという動画を見ました。残り1秒でお宝コンプリートという場面で鳥肌が立ちました。プレイヤーがとてもうまいのはもちろんですが、それを可能にするゲームバランスがすごい。このまま埋もれてしまうのはもったいないので、ぜひVRでリメイクを。

    • kentworld より:

      従来のリアルタイムストラテジーと比べたらこれでも簡単なのかも知れませんが、それでもかなり難しいですよねw

      そこは任天堂としては想定外だったかも。

      このゲームのハードルが高くなっている要因に1~2回程度のプレイでは本当の面白さがわからないところですね。

      6日クリアは本当に凄い。そんなに短縮出来るものなのか!?

      確かにVRだと映えそうなシリーズですね。

  8. より:

    3よりこっちが好きです。難易度の絶妙な高さと、歯ごたえの有る生物のお陰で、程良くスリル有る冒険出来ますからね。初代だから1章で冒険終わるの納得行きますし、どんどんすんなり出来るようになってく爽快感が3よりも有ります。

    • kentworld より:

      ぼくも1が一番好きかなー。どうしても時代に合わせて丸くなる部分ってあるので、怖いもの知らずで作られた1は尖った魅力がありますよね。

      なので、ツボにはまれば最高のゲームになります。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

うつすメイド イン ワリオ【レビュー・評価】DSiのカメラ機能でメイドインワリオを作って壊してしまったバカゲー
ソニック・ザ・ヘッジホッグ【レビュー・評価】任天堂も認めたマリオ最大のライバルがここに誕生!
コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア【レビュー・評価】FPSの歴史を変えてしまった偉大なゲーム
フォートナイト バトルロイヤル【速報レビュー・評価】欧米人気No1のバトルロイヤルゲームになるのも納得のクオリティ!
エンスレイブド~オデッセイ トゥ ザ ウェスト~【レビュー・評価】良質なアンチャーテッド系ゲーム
Never Alone(ネバーアローン)【レビュー・評価】北極圏を知る教育アクションゲームとしてなら
ベヨネッタ【レビュー・評価】魔女のお姉さんは意外としつこい味だった!
LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-【レビュー・評価】可愛い見た目に反してストイックで人を選ぶホラーゲーム
パイロットウイングスリゾート【レビュー・評価】3D映像が面白さと直結!
Deadlight(デッドライト)【レビュー・評価】悪くは無いが、オリジナリティが薄く、ストレスが溜まる