2012/04/16/17:30 | ゲームレビュー

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡【レビュー・評価】派手さは無いものの、丁寧な作り

620856b4.jpg


2005年4月に発売されたGC「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」を今回はレビューします。
GC「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」は、人気シミュレーションRPG
「ファイアーエムブレム」シリーズの9作目となる作品です。


良いところ


43b9c77b.jpg
戦略性の高さ


将棋のように沢山の駒(キャラクター)を動かし、いかに敵からダメージを受けず、
各ステージでの目標を達成する基本ルールは本作でも健在でした。
慣れて来ると敵の行動をすべて読み取り、各ユニットの特性、武器の相性を
考慮に入れて戦略を練るのが楽しくなり、詰め将棋的な楽しさを味わえます。


1cc34c32.jpg e775a31f.jpg
緊張感のあるシステム


仲間の体力が0になると、そのキャラはもう二度と復活せず、
それまで育てた苦労は水の泡になってしまいます。
シリーズ伝統の要素ですが、このシビアな要素によって
確実に緊張感が上がっており、より完璧なプレイをする意欲が出て来ました。


a3737ce3.jpg 25feec3a.jpg
キャラクターに愛着を持ちやすい


各キャラクターにはそれぞれ設定が用意されており、
仲間同士の会話も用意されているため感情移入がし易く、
シミュレーションパートをプレイしている時は好きなキャラを
優先して育ててしまいます。それで上手く育った時の嬉しさと来たら・・・!

会話の内容はキャラクター同士の仲が良くなると変わって来るので、
それを見たさにやり込むのもアリだと思います。
もしかしたら各キャラクターの意外な事実が明らかになるかも!?
ここからは僕が本作で好きなキャラクターを紹介。
※あくまでもキャラクター面、戦闘面で個人的に
 思い入れがあるだけで、他にも強いキャラクターは沢山います。

魔道士のセネリオ
⇒一度に2回の攻撃を行う「連続」という特技が有難い。
 性格に少しトゲはありますが、徐々に丸くなっていく過程が描かれており、
 謎も多いのでしっかり育てて秘密を知りたくなってきます。
 序盤からずっと主力メンバーとして活躍してくれました。 

剣士のワユ
⇒最初から付いている先制攻撃を行う「待ち伏せ」という特技によって
 育てれば敵のターンでも無双出来るのが楽しい!
 気さくなキャラクターもgood!序盤から活躍してくれました。

鳥翼族のリュシオン
⇒隣接する味方を再行動させる「再行動」という専用の特技が面白く、
 他のお気に入りのキャラクターとセットで行動させたい。
 本人は打たれ弱いのが残念。

ボゥナイトのステラ
⇒最初はあまり使えないけど、経験値が2倍貰える「エリート」という
 専用の特技によってすぐ主力メンバーになってくれます。

ジェネラルのタウロニオ
⇒最初から付いているHPが半分以下になった時、力、技、速さを増やす
 「勇将」という特技が強く、これにHPが半分以下になった時、
 必殺率が上がる「怒り」という特技を追加で付けたら大化けします。

ソードマスターのソーンバルケ
⇒最初から付いている、威力は半減するものの、5回連続でダメージを与える
 「流星」という特技が強い!すぐに武器が壊れますけど。


808c93a7.jpg
かゆい所にも手が届くオプション


戦闘アニメが長い?→OFFに出来ます。
特定のキャラの戦闘アニメだけ見たい!→個別に設定できます。
2周目なのでイベントシーンを飛ばしたい→飛ばせます。しかも小刻みに。

こんな感じでオプションではかゆい所にも手が届く細かい設定が可能で、
この辺りはシリーズを重ねているだけの事はありました。
操作性も良く、ロード時間はあっという間で、インターフェースはかなり良いです。


a8d90898.jpg
綺麗なアニメCGムービー


見せ場のあるシーンではシリーズ初となるアニメCGムービーが挿入されます。
クオリティはかなり高く、シリーズでは初となるボイスも付いているので、
各キャラクターに思い入れがあったらたまらない演出!
あまり収録されていないのは残念ですが。


4cd31e99.jpg
幅広い難易度設定


難易度は「ノーマル」・「ハード」・「マニアック」の全部で3種類が用意されています。
ノーマルだとやや簡単で緊張感はありませんが、シリーズ初心者には
最適な難易度の一方、マニアックは激ムズで、クリアまでに
何十、何百回もリセットボタンを押す事になりました。

なんとかクリア出来ましたが、その時に感じられた達成感、
そして、プレイ中の緊張感・中毒性は今でも思えているくらい印象的でしたね。

あと、序盤にプレイする事になるステージは
チュートリアル的な作りになっていて、ファイアーエムブレムでの
お約束を頭では無く、で覚えられるようになっているのも良いなと思いました。


7bdbffe6.jpg

おまけ要素が多い


本編のボリュームはやや少ないものの、GBA版との連動やトライアルマップ、
隠しキャラ、イラスト集、ムービー集とおまけ要素が多く、
中には○○周クリアしないと出現しない要素もあって、
やり込みゲーマーの事も考えられて作られているように感じました。
欲を言えば、イラスト集でズーム機能があると良かった。


個人的に合わない&気になったところ


ae1da3db.jpg
3Dポリゴンの戦闘アニメが安っぽい


自軍と敵軍のキャラクターが密接すると戦闘がはじまり、
3Dポリゴンの戦闘アニメが挿入されますが、
背景が殺風景でモデリングが安っぽく、モーションもロボットみたいなぎこちなさで、
まるでPS1やN64のゲームを見ているかのようでした。戦闘アニメが挿入されるまでの
ロード時間が一瞬なので、それが関係しているのかもしれませんが・・・。


63d08314.jpg
主人公が強過ぎる


シミュレーションRPGではありがちな事だと思いますが、
主人公のアイクが後半から強力な特技を覚えるため無双になりがちで、
ゲームバランスが少し崩れてしまっているような気がします。
それでもマニアックモードは苦戦しますけどね。


59f56106.jpg
BGMが弱い


この手の大作では1曲くらいは印象に残るBGMが
出て来るはずなんですが、本作のBGMは主張が少なく、
自軍ターン時に流れる短いBGMしか覚えていません。





ゲームキューブのスペックを活かした要素はゲーム面ではあまり見られませんでしたが、
それまでの作品よりも表現面が進化しており、ゲーム自体の作りも丁寧なので、
派手さは無いものの、丁寧に作られた良作に感じました。
システム面での癖もそんなに無いので、シリーズの入門用としてもおススメ!

こんな人には特におススメ。
・シミュレーションRPG好き。
・シミュレーションRPG初心者。
・緊張感を味わいたい人。

こんな人にはおススメできない。
・キャラクターを直接動かすゲームがやりたい人。
・自由度が低いゲームは苦手な人。

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡/お気に入り度【90/100%】
プレイした時間・・・約150時間

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

タグ ,

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. riko より:

    面白かったけど2周目のノーマルで犠牲者0達成の時に力尽きました。
    犠牲者出せばそんなに難しくないかもしれないけど良心が痛みます。
    新作もし買ったら素直にカジュアルでいきます。
    リセットはゲームオーバーの条件を満たしそうな時にしたいです。

  2. 最近プレイされたのですか?自分はリアルタイムでプレイしましたよ。
    FEファンには一番と言うかも言わないかもな重要であるお馴染みの曲がOPじゃないのが蒼炎のガッカリなところですよ
    あとお馴染みの曲は一応エンディングの途中で流れますよ。
    初代の使えない主人公達よりは強い方が好きですよ、個人的には。
    あ、初代は初代でもシグルド編はシグルドが強すぎて仲間が使えないですけどね。
    BGWは個人的には凄く印象に残ってますね、サナキのところやエリンシアとか、漆黒の騎士のテーマや、最初、中盤、最後のマップとか、
    予約特典のサントラも入ってる曲の数は少ないけど、なかなか良かった特典でした。

  3. より:

    お久しぶりです!去年のゼル伝コンサート後に、モリモット氏のおまけとしてトークに参加した鍋です。覚えてますでしょうか?(笑)
    今回の記事を読んで、長所や短所の部分が言われてみれば確かにと思うところだらけで、納得させられっぱなしでしたw
    FE初プレイのきっかけとなった作品だけあって、凄く好きになった蒼炎の軌跡の記事を読むことができて懐かしさと嬉しさで胸がいっぱいになりました!この作品を記事にして下さってありがとうございますっ!
    またkentさんの記事を読みに、度々こちらにお邪魔させていただきますね。
    長々と失礼致しましたm(_ _)m

  4. シン より:

    蒼炎の軌跡は本当に面白かった。
    難易度はノーマルでやりましたが、慣れていないと難しいですね。
    序盤でボーレがやられてしまって大変でしたw。
    FEシリーズはキャラクターも濃いですよね。
    支援レベルを上げることにより、あるキャラの隠していた秘密が明らかになったり、誰と誰の支援を上げるか結構悩んだりしました。
    よく使っていたキャラは、女性ではミスト・ワユ・マーシャ・ジル・ネフェニー、男性ではアイク・セネリオ・ガトリー・チャップ・バルケ・ハールですね。
    ラグズでは、ライとリュシオンぐらいしか使いませんでした。
    しかし、アイクが強すぎますよね。
    天空を覚えてからは奥義が頻繁にでてほとんど無敵なのがちょっとw。
    他には、ラグズが使いにくかったです。

  5. Ryou より:

    ■ハード
    蒼炎レビュー来ましたね。はじめからFE基準のハードでプレイしましたが、
    慣れない事もあって終始苦労した覚えしかない(;^_^A。アイクとタウロニオは主力でした。
    ■音楽
    そうそう音楽は覇気が無いというか印象に残るBGM無かったですよね。
    FEメインテーマがタイトルで流れないのもちょっとどうかなと思いました。
    ■バイオリズム
    そして厄介なのがバイオリズム。これへの不満は書いたらキリがありませんが、
    覚醒では今の所公開されてないのでISも反省したんだなとホッとしてます。

  6. kentworld より:

    >rikoさん
    そうですね。犠牲者を多少出しても
    クリアは出来るけど、なんか心が痛みますねぇ。
    それでもFEの伝統的な
    このシビアな要素は大好きですけど。
    シレンと言い、戦略系は緊張感ある方が好きみたい。

  7. kentworld より:

    >二本のしっぽきゅうだんさん
    いえ、僕も発売当時・・・から少し遅れてプレイしました。
    今になってレビュー記事を書いているのは、
    最新作が発売されるからです。
    記憶を頼りに書いたので、多少間違っている所はあるかもw
    主人公はねぇ。強い方が良いには良いんですよ。
    でも、今作の場合はゲームバランスを
    崩してしまうくらい、"強過ぎる"んです。
    発売されてから7年も経ちましたが、
    BGMは本当に思いだせないんですよw

  8. kentworld より:

    >鍋さん
    おおお!しっかりと覚えていますよ!
    まさかコメントを頂けるなんて思っていなかったので、凄く嬉しいです!!!!!
    レビューも納得してもらえて嬉しい。
    もう7年も前のゲームなので、必死に過去の記憶を
    思いだして記事にしてみましたw
    色々と中身が詰まっているので、
    思いだしたらもっと書けるかも。
    今後もFE関連の記事を書いて行きますので、よろしくお願いします。

  9. kentworld より:

    >シンさん
    ボーレを失ってしまいましたか・・・。
    あのキャラは育てるとそこそこ使えますからね。
    そこはリセットするべきだったーw
    やっぱり育てていくとそのキャラの事が気になってくるから、
    隠していた秘密見たさに支援レベルを上げてしまいますよね。
    使用キャラは少し僕と被っていますね。
    ラグズは僕もそんなに使いませんでした。
    アイクの、後半でのあの強さは反則ですw
    アイク無双なんて言葉が出てしまうくらい。

  10. kentworld より:

    >Ryouさん
    >■ハード
    いきなりハードでプレイされましたか。
    慣れないとアレはキツイですねぇ。
    僕はノーマル→ハード→マニアックの
    順でプレイしました。マニアックは
    めちゃくちゃクリアするのに時間がかかったw
    >■音楽
    悪くはないんですが、なんか海外ゲームのように
    あまり主張が無いんですよね。
    >■バイオリズム
    これは不評ですよねw
    僕はあまり意識していなくって
    空気に感じてしまいました。

  11. 疑義 より:

    これは錬成武器なのかな?(?_?) もしかして縛りプレイしました?w
    確かにアイクが強すぎて、剣のみで戦うユニットが個人的に空気すぎました(´・ω・`)
    後、地味に『敵の攻撃範囲が分かるように固定できる』のが出来たのは、蒼炎が初でしたよね。あれは便利だったな~^^
    そして、乱数・固定成長を選べるのもまた良いところです!覚醒では無いようですが^^;

  12. ahusa より:

    私も現在プレイ中だったりします。
    聖魔の光石以来で、シリーズ二作目です。
    kentさんのいう通り、
    BGMは確かに印象が薄いですね。
    ストーリーやキャラとかはなかなか良いと思います。

  13. kentworld より:

    >疑義さん
    これは・・・6年くらい前のデータなので忘れましたw
    縛りプレイはした覚えはないけど・・・。
    >後、地味に『敵の攻撃範囲が分かるように固定できる』のが出来たのは、蒼炎が初でしたよね。あれは便利だったな~^^
    そうそう、このゲームをやった後GBA版を
    やってアレ?って思ったんですよ。
    ちなみにGBA版は未クリア^^;

  14. kentworld より:

    >ahusaさん
    おお!このゲームを今プレイ中ですか!
    今では結構プレミア付いていたりするんですよね。
    BGMは悪くはないんだけど、
    もうちょっとキャッチーさが欲しいなと思いました。
    ストーリーやキャラは安定した良さを感じます。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

アサシン クリード リベレーション【レビュー・評価】面白いけど、繋ぎの印象が強い作品
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで【レビュー・評価】ギャルゲーとゼルダ要素を上手く融合した良作!
スーパーストリートファイターIV【レビュー・評価】対戦ツールとしては最高!
閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-【レビュー・評価】ただのセクシーゲームと思いきや、かなりの力作
巨人のドシン1【レビュー・評価】遊び方次第で良作にも駄作にも!
パックンロール【レビュー・評価】誰でも思いつくゲーム
SUPERHOT(スーパーホット)【レビュー・評価】FPS業界に革命を起こしたイノベーションの塊!
バイオショック インフィニット【レビュー・評価】緻密な世界観、ストーリーは凄いが…
ファイアーエムブレム覚醒【レビュー・評価】現代のユーザー向けに覚醒!
龍が如く 極【レビュー・評価】流用×リメイクのコンボで既視感が半端ない作品