| ゲームレビュー

【レビュー】Deadlight(デッドライト) [評価・感想] 悪くは無いが、オリジナリティが薄く、ストレスが溜まる

116

2012年8月にXbox LIVE アーケードソフトとして
1,200MSポイントで配信された「Deadlight/デッドライト」。
2012年末に実施されたXbox 360の「カウントダウン to 2013 セール」にて
半額で購入して、クリアしました。本記事では本作をレビューをして行きます。

▼平たく言えばゾンビ版LIMBO

130106-0203-47

2010年に発売され、各地で絶賛された横スクロール
ギミックアクションゲームのXbox LIVE アーケード「LIMBO/リンボ」。
モノトーンの世界観や死んで覚えて先に進むゲーム性が高く評価された
作品ですが、今回紹介する「Deadlight/デッドライト」は平たく言ってしまえば
あれのストーリー色を強め、ゾンビ色を強めにしたような感じですね。

ストーリーは簡単に言ってしまえばゾンビから逃げて、
家族と再会する。そんな感じの、海外映画ではよくあるゾンビ物です。
そこに様々な設定や脇役をアクセントに最後まで引っ張っていく感じ。

130106-0214-18

↑ストーリーが語られるイベントシーンは太い線で描かれた1枚絵と字幕で
構成されたものとなっており、それ以外にも最近のゲームらしくプレイ中にも
字幕が表示されるなどしてストーリーが語られ、臨場感があるものになっています。

130106-0301-15

ゲームジャンル的には完全な横スクロールアクション。
背景が凝っているので奥にもいけそうですが、左右にしか動けません。
挙動もそっくりで、リアル志向の海外ゲームらしくモッサリな感じとなっており、
ジャンプして高いところにつかまり、時にはパズル的な仕掛けを解いて行く作りとなっています。

▼悪くは無いんだけど・・・

130106-0228-52

クリアまでのプレイタイムは4~5時間。価格的に考えると少なめですが、
各ステージには謎解き、逃走、アスレチック、戦闘、ストーリーなど
様々な要素が存在し、どのステージにも違いを持たせています。
また、チェックポイントも多く、収集アイテムも色々とあり、マップを探索する楽しさもある。
だけど、全体的な評価は及第点をあげられるかあげられないか程度なんですよね。
「LIMBO」と比較しても1.2ランク落ちるレベル。

そう感じてしまう大きな要因がストレスです。このゲームは初見殺しの罠が
沢山隠されており、初回プレイ時は次の仕掛けを見るたびに死んでしまうことでしょう。
そこは死んで覚えて先に進むゲーム好きとしては良いんですが、
その初見殺しの罠の多くは、不親切から来る物だったりするんですよね。

130106-0220-55

何度か先に進むための仕掛けを画面上から見つけることになるんですが、
無駄に背景が凝っているせいでよく見落としてしまいます
(画面が見にくいため、時には落下死してしまう事も)。

一応先に進める場所にはヒントとして画面に小さい矢印や
ヒラヒラ揺れる布のようなものが映りますが、それでも分かりにくいし、
もたもたしていると敵に殺されてしまうことが
後半では多いので、もう少し分かりやすくしても良かったと思う。

LIMBO」でも詰まることはありましたが、画面がモノトーンで
シンプルのためここまで詰まることはありませんでした。
ギミック自体も多彩なのは良いのですが、
特別目新しいものもなく、どこかで見たことあるような仕掛けばかり。
英文字表記の看板が落ちていく仕掛けなんて、まんま「LIMBO」じゃんw

130106-0427-33

あと、本作には敵としてゾンビが登場し、銃や斧で倒していくことになるんですが、
銃は撃てる弾の数が少なく、遅いリロードを繰り返し、斧はボタン連打すれば
良いだけの単純なもので、戦っていて楽しいとは感じません。
それどころかゾンビに絡まれて、死んでしまうことが多々あってストレスを感じてしまいます。

ゾンビ物としては良い味付けにも感じますが、ただでさえ
ストレスが溜まる仕掛けが多いので、戦闘要素は別に無くても
良かった気がする。ゾンビは強制スクロール的な存在で、「逃げる」シーンだけに
登場させるとかした方が全体的なストレスは抑えられたような気がします。

ストレスと言えば、もう少しリトライにかかるロード時間を短くしてほしかったな。
リトライ時のロードは5秒ほどなんですが、とにかく殺されまくるんで
長いことプレイしているとジワジワとストレスが溜まってきます。

▼ミニゲームがあるのは良かった!

130106-0626-01

とある場所には隠しアイテムとして「携帯ゲーム機」が存在します。
これを見つけると、なんとミニゲームが遊べるんです!
そのミニゲームがユニークなもので、かの有名な「ゲーム&ウオッチ」のような
シンプルな画面でコマ送りのキャラクターを動かす内容となっていました!

3種類用意されているけど、ゲーム性的にはどれも似たようなもので、
コマ送りのキャラクターを指定の場所まで動かしてボタンを押すか、
旗上げゲームをやるような感じで非常にシンプル
最近のゲームに慣れていたら5分で飽きますw
でも、「ゲーム&ウオッチ」に似せた画面構成と、携帯ゲーム機のデザインはGood!


130106-0751-15

全体的には悪くないんだけど、ストーリー面、ゲーム面のどこを見ても
オリジナリティが薄く、ストレスが溜まる要素が多い作品でした。
ギミックアクションは好きなのでプレイしていて
楽しいと思うシーンもあったんですが・・・惜しいゲームです。
LIMBOになれそうでなれなかった。そんなゲームでした。

こんな人には特におススメ。
・死んで覚えるゲームが好きな人。
・ゾンビゲーム好き。

こんな人にはおススメできない。
・短気な人。

Deadlight/お気に入り度【60/100%】
プレイした時間・・・約5時間
※当ブログでこれまでにレビューしたタイトルの一覧はこちら をご覧下さい。

※何か分からないゲーム用語を見かけたらこちら をご覧ください。

【人気ブログ】( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)( ´艸`)【ランキングへ】
6646e5e1.gif

, , , ,

 

Sponsored Link



Amazonギフトカードにチャージする

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

コメント広場の住人(0)

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)コメントは出来る限り返信していきますが、しない場合もあるのでご了承ください。

関連記事

【レビュー】ケイデンス・オブ・ハイラル [評価・感想] 2Dゼルダとクリネクを高次元に融合させた好事家向けの意欲作!
【レビュー】ポケモンスタジアム金銀(ポケスタ金銀) [評価・感想] 攻略本やパーティゲーム代わりにもなるシリーズの最終形態!
【レビュー】伝説のスタフィー [評価・感想] 水中ステージ嫌いなぼくでも楽しめた探索型2Dアクション!
【レビュー】ヨッシーアイランドDS [評価・感想] タイトルに偽りアリな地獄を彷徨う2Dアクションゲーム!
【レビュー】サウンドシェイプ [評価・感想] 色んな楽しみ方があるオシャレなサウンド2Dアクション!
【レビュー】キャッチ!タッチ!ヨッシー! [評価・感想] スコアアタックに特化したDS黎明期の意欲作!
【レビュー】神巫女 -カミコ- [評価・感想] 2Dゼルダと無双を融合させたようなレトロ調ゲーム
【レビュー】たたいて弾む スーパースマッシュボール・プラス [評価・感想] あくまでもWiiリモコンプラスのおまけ
【レビュー】ドンキーコング リターンズ 3D [評価・感想] 驚異的な移植度で発売された最強の携帯機向けドンキー!
【レビュー】Hey! ピクミン [評価・感想] カジュアルに寄せた淡々としたピクミン