2018/07/15/12:00 | ゲームレビュー

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝【レビュー・評価】少々蛇足だが、あらゆる部分が進化した続編の名に偽りない作品

664
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 PlayStation Hits/PS4

2016年5月に発売されたPS4「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」を今回はレビューします。

PS4「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」はアクションアドベンチャーゲーム「アンチャーテッド」シリーズの本編4作目です。

開発は「クラッシュバンディクー」シリーズで知られるノーティドッグが担当。

良いところ

シリーズ最終章を締めくくる壮大なストーリー

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160527052132

PS3で生まれた「アンチャーテッド」シリーズ。

主人公・ネイトはこれまでに数え切れないほどの世界を駆け抜け、様々な人物と出会いましたが、今作ではそんな彼の冒険活劇を締めくくる壮大なストーリーが描かれていました!

ポイントなのが、PS3などで発売された過去作品を振り返るシーンが満載である事。

シリーズを通してプレイしていると「あの時はこんな風だったなぁ」とか思い出に浸ることが出来て動きが少ない序盤も別の意味で楽しめると思います。

それ故にムービーシーンの比率は過去作品と比べて多く、少々じれったいところはありますが、描くべきところはちゃんと描いていてシリーズの幕を見事に下ろしています。

兄・サムとの兄弟愛

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160510184919

今作で大きな鍵を握るのが、主人公・ネイトの兄・サム。

ネイトは彼との再会を期に冒険の旅へ出掛ける事になりますが、旅の道中では兄と過ごした少年時代が頻繁に回想されるんです!

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160510181502

おかげでネイトとサムの兄弟愛を感じられ、サムがぽっと出の脇役ではないと実感出来ました。

もちろん、兄弟愛と言っても単にベタベタしている訳ではありません笑

再開を果たした後も2人の関係は波乱万丈で、様々な試練に遭遇します。

正直なところ兄・サムの第一印象は頭が後退した老けたおっさんって感じで悪かったんですが、行動がイケメンなのでそんな印象はどこかへ吹き飛んでしまいましたw

PS4のマシンパワーによって描かれた大自然

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160513230920

「アンチャーテッド」と言えばアドベンチャー!冒険です!

今作でも様々なロケーションを冒険する事が可能で、PS4のマシンパワーによって描かれる大自然が印象的でした。

特に印象的だったのが、中盤に訪れるマダガスカル。

原色で開放感のある荒れた大地をジープに乗って走行する事が可能で、まるでオープンワールドゲームをプレイしているかのような感覚を味わえました。

ノーティドッグは過去に「クラッシュバンディクー」「ジャック×ダクスター」といったカラフルポップな3Dアクションゲームを作っていましたが、その時のノウハウをここで活かしています。

フォトリアル系のゲームでもこんな色彩豊かな絵作りが出来るんだなぁ・・・。

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160513225644

ちなみにマダガスカルはちょっとしたオープンワールドマップになっていて、ある程度の寄り道が出来ます。

「アンチャーテッド」シリーズはリニア式のゲームで寄り道がほとんど出来ないゲームデザインだと思われていたので、初めてこのエリアに訪れた時は驚きました!

アスレチックと融合した銃撃戦

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160513184544

「アンチャーテッド」シリーズのゲームプレイで重要な役割を果たす銃撃戦。

今作では戦場の高低差がさらに激しくなり、草むらゾーンの追加、AIの向上によって面白さがさらに増していました。

草むらゾーンの追加によって敵に見つからずこっそり倒す楽しさが増していますし、敵が賢くなったおかげで同じところに籠って戦う事が出来なくなり、縦横無尽に動いてドンパチを繰り広げる必要がありますからね。

遮蔽物に隠れているから弾なんて当たらないぜぇ!
ゲッ!後ろから回り込んできた!

高台へ逃げろー!

 
こんな駆け引きを楽しめるようになり、同系統のTPSとの差別化に成功しています。

1作目の頃はフィールドが平面的でステルス性が低く、平凡なTPSという印象は否めませんでしたが、そこから作品を重ねて独自のゲーム性を生み出してきました。

難易度プロでプレイすると高い判断力やエイム力、反射神経が求められて歯ごたえ抜群ですぞ!

個人的にはシリーズ最高難易度に感じました。だって、クリアまでにリトライを600回以上もしてしまいましたからねw

これだけリトライを繰り返すとストレスを溜めてしまいそうですが、リトライ時のロード時間は一瞬なので思ったほどは溜まりませんでした。

前作と比べてグラフィックが劇的にパワーアップしているのにロード時間が早いとは素晴らしい!

マルチプレイモードのマッチングも良好ですし、全体的なパフォーマンスは非常に高いです。

唯一の弱点となる起動時間の長さもPS4のスタンバイモードを活用すればカバー出来るので、待ち時間に関する不満はほとんどありません。

レールシューターの常識を打ち破ったカーチェイスシーン

765

な・・・なんだこの迫力は!?やべやべやべやべ!!!!!

「アンチャーテッド」シリーズと言えばダイナミックなアクションシーンも特徴的ですが、今作はゲーム史上最高に迫力のあるシーンを体感する事が出来ます。

特に印象深かったのが、中盤で体験する事になるカーチェイスシーン!

これまでの作品にもカーチェイスシーン自体はありました。

しかし、今作では自分で車を操作する事が可能で、相手の車に飛び移ったり、銃での攻撃も出来るんです!

そのうえグラフィックのクオリティが高く、視点が近いのでこれまでに体験したカーチェイスシーンとは迫力の次元が違う!

この迫力は旧世代機では実現不可能なほどのレベルで、細かい操作が可能になったゲームプレイと相まって衝撃を味わえます。

間違いなく2016年に発売された作品の中では最先端を走っていて、初見プレイ時の衝撃は相当なものです。

充実のやり込み&おまけ要素

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160527053300

シリーズでお馴染みのやり込み&おまけ要素は今作でも健在でした。

代表的なのが、各地に隠された収集アイテムのお宝集め。

お宝は巧妙に隠されているのでちょっとやそっとじゃコンプリートする事は出来ず、トレジャーハンターとしての腕がなります。

さらに今作では手帳・メモという新たな収集要素が追加されました!

特定のシーンでしか聞けない会話イベントも存在しますし、過去作品よりも寄り道の楽しさが増しています。

アンチャーテッドR 海賊王と最後の秘宝 マルチプレイ_20151212205512

2作目から追加されたマルチプレイモードは今作にも収録。

新たにロープアクションやお金の概念が追加された影響でさらにアスレチック色が強いドンパチが楽しめるようになり、他のマルチプレイ型TPSと差別化を図っています。

チュートリアルも充実しているので取っ付きやすく、アンロック要素も満載なのでボリューム満点です!

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160518182621

おまけ要素としては他にもキャラクターコスチュームの変更、武器のチート、グラフィックトーンの変更、無重力やスローモーションなどのゲームプレイオプション。

キャラクターギャラリー、コンセプトアートギャラリー、収集アイテムの閲覧が存在し、サービス精神旺盛です。

有料ダウンロードコンテンツが主流となっている中でここまでおまけ要素に力を入れるとは恐れ入ります。

スポンサーリンク

個人的に合わない&気になったところ

アスレチックエリアが多過ぎる

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160513215917

ゲームクリアまでのプレイタイムは15~25時間になると思います。

レールシューター系のゲームでこの長さは過去最高レベルですが、その大部分をアスレチックエリアが占めていたので蛇足に感じました。

アスレチックといっても進むべき方向にスティックを倒してジャンプボタンを押せば勝手に進むので「スーパーマリオ」のようにテクニックを求められる事はほとんどなく、ハッキリ言うと退屈なんですよね。

それでいてどこに行けば良いのか分かりにくいので思わぬ場所から転落してリトライを繰り返す事も多々あり、ゲーム的にはあまり面白いシーンではありません。

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160510183210

今作では新たにロープやハーゲンアクションが追加されて多少のテクニックが求められるようになり、仲間との楽しい会話をリアルタイムで繰り広げてくれますが、それでも長く続くとパターン化するので飽きてきます。

前作と比べてフィールドのスケールが増しているので移動時間が長くなるのも無理ははありませんが、「アンチャーテッド」シリーズはジェットコースター的な体験もウリなだけにパンの耳が増えたように感じてしまいました。

何度も言うように「アンチャーテッド」シリーズのアスレチックはアクション性が低く、低難易度でプレイしたらグラフィックが綺麗なだけの雰囲気ゲーという誤解を招く可能性が過去作品よりも高くなっていると思います。

導入部分が長すぎる

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝_20160510182855

今作はシリーズ最終章という事で良くも悪くも丁寧に描きすぎています。

その拘りは素晴らしいと思うのですが、動きが少ないシーンの比率も増えているのでゲームプレイのエンジンが掛かるのは遅くなってしまいました。

ジェットコースターのようなゲーム体験を味わいたい!

そんな思いを強く持たれていると冗長なアスレチックと相まってじれったく感じるかもしれません。

個人的にもチャプター10辺りまでなかなかエンジンがかからず、やきもきしてしまいました。

全体のまとめ


シリーズを締めくくる作品だけあってボリュームが半端なく、綺麗にまとめています。

それでいてゲームプレイもしっかりと進化していて、長年待たされただけのことはありました。

今作はナンバリングで表すと「4」に位置付けられますが、数字を上乗せしても差し支えないほどあらゆる部分が進化しています。

ただ、何でもかんでも入れてしまったせいで蛇足と言える部分も目立っていて、パンの耳が増したのは残念。

そのパンの耳もシリーズへの愛があれば味わい深くなるんですけどね。

今作を100%楽しみたい場合はPS3向けの3作品をまとめて収録したPS4「アンチャーテッド コレクション」から入るのがおススメです。

少々蛇足だが、あらゆる部分が進化した続編の名に偽りない作品。

こんな人には特におススメ。
・PS4のマシンパワーを堪能したい人。
・冒険好き。

こんな人にはおススメできない。
・せっかちな人。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝/お気に入り度【85/100%】
プレイした時間・・・約30時間

, , ,

 

おすすめ記事


コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(14)

  1. ヨウタイガ より:

    クリアしましたー!ps4 初クリアゲームです。
    いやー、面白かったです。1.2はクリアして3を飛ばしたのですが、それでも面白かった。確かに途中のアスレチックが面倒なところもありましたが、すごく綺麗な映像の中を動けて本当に映画の世界でした。ラストはちょっとあっけなかった気がしましたが、エピローグの演出はかなり素敵だと思います。ネイトの物語が終わるのは寂しいですね。いつかまた別の話を観てみたいです。
    難易度は初級だったので、途中少し詰まるくらいで、ストーリーを楽しみながらクリアできました。
    買って良かった!次は3も体験したいので、思い切ってコレクション買おうかなー。

    • kentworld より:

      クリアおめでとうございます!
      過去作品をプレイしていないと分かりにくいところがあったと思いますが、しっかり楽しめたようですね。
      僕は最高難易度でプレイしたから詰まりまくりましたよw
      ネイトに会いたくなったら3をやりましょう!こちらはサリーも活躍していますよー。
      ネイトとサリーの過去も分かってシリーズの中では一番気に入っています。

  2. 黒詩★紅月 より:

    良いも悪いも、シリーズをやった人がプレイするほうが良いですね
    共感しやすいです

    新参者だと、子供時代と兄の操作にちょっと嫌になるかもしれないです

    アスレチックは大好きだから、何回やっても飽きないですw
    でも車パートは少々面倒でした
    ってか先に行った敵が多すぎるんですw

    DLCは早く来ると良いですね

    • kentworld より:

      はい!ですので、まずはコレクションをプレイした方が良いですね。
      今はだいぶ買いやすくなっていると思います。

      DLCはそう言えばなかなか発表されないなぁ。12月辺りに情報がないもんか。

  3. hanataka より:

    アンチャーテッドシリーズは、めっちゃ衝撃感じた最高の作品ですねぇ?

    僕的には、逆にジープで自由に行動するシーンは要らないかなって感じましたねぇ。僕的には、最後まで映画を遊ぶって感じで前三作と同じ感じが良かったかな。まぁそれだと世間的に、進化無いとかになっちゃうんでしょうなぁ。

    兎に角、冒険映画好きには、面白くてたまらない作品ですねぇ?

    • kentworld より:

      アンチャーテッドシリーズは環境破壊に毎回驚かされていて、特に2作目の「黄金刀と消えた船団」は本体ごと買うほど惹かれました。

      ジープで自由に行動するシーンはリニア式ゲームとしてみると噛み合っていないのは確かですね・・・スムーズに目的地へ進めたら良いんですが。

  4. コルチカム より:

    何と言ってもチャプター11がスゴかった!
    全体的にはアスレチック多めのゲームでしたが、チャプター11だけはクリア後も何度か再プレイするほどお気に入りで、ノーティドッグ(そしてネイトの不死身っぷり)ヤベェェェェェって心の中で叫んでましたw

    一般人なら車に引きづられてる時点で3回くらい死ぬでしょうに、引きづられてドンパチした挙句事故って車の下敷きになっても生きてるネイトさんの生命力には脱帽ですね。

    • kentworld より:

      僕もチャプター11に関しては何度もプレイしてしまいましたw チャプターセレクト機能に感謝!

      あと、本作をプレゼンテーションする時はまっさきにチャプター11を見せますねw

      PS4自体のプレゼンテーションにもなるんじゃないかと。そして、ネイトさんの不死身さもw

  5. 匿名くん より:

    アンチャーテッド4は全体的に見ると単調なアスレチック部分が多いのは難点ですよね。
    一度クリアしてしまえば好きな場所からリトライして楽しめるのでそこは良いと思うんですけどね。

    ただ個人的には、脱獄するチャプターの話とかは少し形式は違いますが、洋ドラマのプリズンブレイクを見てるような感覚でゲームが遊べて最高に面白かったです。
    あそこだけは何回やり直しても何故か面白い…

    • kentworld より:

      アンチャーテッド4のアスレチックパートは過去作品と比べてかなり多かったので面を喰らいましたw

      脱獄チャプターにハマりましたか!?確かにプリズンブレイクを彷彿するようなシーンですね・・・もしかして狙って入れたのかな?なんてw

  6. ナスタ より:

    マシンパワーを存分に感じられる魅力的なロケーションとグラフィックには感動しましたし、TPSとしてもしっかり進化しているのは良かったですね。個人的には広いマップを探索できるパートがあるのがとにかく嬉しかったです。探索やカーチェイスはクリア後に再度プレイするくらい楽しめました!

    ただ個人的にはとにかく前作よりも肥大したアスレチックパートが辛かったです。オープンワールド系のゲームで目的意識を持っている場合なら気にならないのですが、今作のようにリニアな進行のゲームだと個人的には只退屈なだけのパートなってしまいます。せめてもう少しアクション性が高ければ良いんですけどね。会話の増加などでフォローしようとしているのはわかるのですが、もっと根本的に進化させて欲しかったのが本音です。

    ストーリーに関しては3までの方向性は実は苦手なので、ややシリアスよりなノリになったのは個人的には良かったです。最終作だからか冗長になってしまっている所はありましたが、全体的には綺麗にまとまっていて良かったですね。

    • kentworld より:

      プレイしていて「これはPS3では出せない!」と思いました。未だにそういうゲームって少ないので、本作がどれだけパワフルなゲームなのか分かりますね。

      アスレチックパートはナスタさんも辛かったですか・・・僕の周りでも冗長に感じている人が多いようです。

      マップのスケールアップやストーリーの掘り下げが影響してあれだけ冗長にしたのかな?と思っています。

      ストーリーは過去作品から雰囲気が変わりましたね。個人的にはラスト・オブ・アスが間に挟まれた影響もあったのかと思いました。

  7. 匿名 より:

    蘇るスリルで最初の橋の下でサムからロープを貰えないのは何故ですか、最初からやり直ししても同じです、ディスクがおかしいのかな?

    • kentworld より:

      すみません・・・そのシーンはよく覚えていないですm(_ _)m

      僕が進行不能なのか怪しく感じたら、そのシーンのプレイ動画を見るようにしています。

      ネタバレにならないよう、今、自分が進めているところまで再生するようにして確認してみてはいかがでしょうか?

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

パイロットウイングスリゾート【レビュー・評価】3D映像が面白さと直結!
キキトリック【レビュー・評価】見た目は地味だが凄く斬新な聴き取りゲーム!
クローズド・ナイトメア【レビュー・評価】コンパクトに美しくまとまった実写ホラーアドベンチャー!
プレイルーム【レビュー・評価】おもちゃとしてはすぐ飽きるが、配信ツールとしては可能性が無限大!
マリオスポーツ スーパースターズ【レビュー・評価】1万円以上の価値はある良質なオムニバススポーツゲーム
メトロイドゼロミッション【レビュー・評価】GBAの隠れた名作探索アクションゲーム!
Summer Pockets(サマーポケッツ)【レビュー・評価】青春の片鱗と喪失感を味わえるおにーちゃんの夏休み!
Dead Cells(デッドセルズ)【レビュー・評価】ローグライクとメトロイドヴァニア要素を高次元に融合させた中毒性抜群のデジタル麻薬!
スーパーマリオメーカー2(Switch)【レビュー・評価】「これさえあれば本編2Dマリオ不要」と言い切れるほど進化した決定版!
アサシン クリード ブラザーフッド【レビュー・評価】オープンワールドなのに濃密!