2016/07/10/12:00 | ゲームレビュー

ロコサイクル【レビュー・評価】突っ込みどころ満載なバカで冗長なゲーム

843

LocoCycle(ロコサイクル)

2014年9月に配信されたXboxOne向けダウンロードタイトルです。価格は約1,500円。今回の記事では本作のレビューをしていきます。

ズボンのすそにバイクが引っかかった!?

174

本作のストーリーは、突っ込みだしたらキリがありません。

人間とハイテクバイクが協力して悪い奴らをやっつけるというものなんですが、単に乗って戦うのではなく、引きずられた状態で戦うんですよ。

どうやらズボンの裾がタイヤに挟まって取れなくなったらしい。

本来ならバイクで引きずられ続けるとアザだらけで大変なことになりますが、このゲームの場合は重力を無視してバイクを鈍器のように活用して戦うんですw

リアリティを重視する海外ゲームとは全く逆の発想で作られていて、完全ご都合主義の痛快ギャグコメディとなっています。

色んなジャンルが融合!

177

ゲームはチャプター形式となっていて、敵と戦いながら先へ進んでいきます。

基本はバイクを操作して行くレースゲームみたいな感じですが、弾を発射して敵にダメージを与えられるのでシューティングゲームっぽいところがあるし、近接攻撃でコンボを繋いでダメージを与える事も出来るのでアクションゲームっぽいところもあります。

それに加えてクイックタイムイベントやボス戦、ミニゲームも挿入されて、1つのチャプターに沢山の刺激が詰め込まれていると思いました。

バイクの走行がメインなので背景は目まぐるしく変わりますし、僕が好きな短時間で濃い体験を味わえる作品であることは確かです。

175

どの要素もそれなりに良く出来ていますが、一番気に入っているのが近接攻撃

ヒットした時の効果音が心地良く、エフェクトも派手なので、コンボを繋げていく楽しさがあるんですよ。

単に同じボタンを押せば良いのではなく、敵が攻撃して来たらカウンター攻撃ボタンを押す必要があるのもアクセントとして良いですね。

一定のコンボ数に到達すると実績解除されるのと相まって、夢中で繋いでしまいました。

まさかの実写ムービーを収録!?

176

なんと、イベントシーンは実写ムービーを採用しています。非常にシュールな設定のゲームなだけに、まさか実写化するとはw

バカゲーここに極まり!といった感じで吹っ切れていて最高です!「クォンタムブレイク」もビックリですねw

でも、肝心のムービーは面白くないんだよなぁ。

お金がかかる実写だからか本編のように派手なアクションシーンがほとんどなく、会話ばかりなんですよ。

人間とハイテクバイクが協力して悪い奴らをやっつけるという単純明快な内容なので、そこに説明的な描写を加えても面白くなる訳はありません。

予算の問題で難しかったんだと思いますが、本編に負けないくらいのアクションシーンがあったらシュールで笑えたんだけどなぁ。

スポンサーリンク

2~3時間で終われば良かった!

178

本作はクリアまでに約5~6時間かかりました。

1,500円のダウンロード専用タイトルとしてはそこそこのボリュームですね。

でも、全体的に冗長だったので半分くらいのプレイタイムでも良かったと思う。

確かにレース、シューティング、アクション、クイックタイムイベント、ボス戦と1つのチャプターに沢山の仕掛けが存在しますが、同じようなシチュエーションに遭遇する事も多く、「またこの仕掛けかよぉ」と思う事もあったんですよね。

同じような仕掛けでもフェイントをかけたり、敵の量を増やしてくれたらまだ分かるんですが、そのような工夫はほとんど見られず、本当に同じ事を別のチャプターで4回も5回もやらされます。

ゲームというものはボリュームを持たせるため素材の流用は避けられないけど、それに気が付かないような工夫はするべきでしょう。

ストーリーも5~6時間楽しませられるものではなく、引き延ばし感が半端無いです。

全体のまとめ


突っ込みどころ満載なストーリーも色んなジャンルが融合したゲームプレイも悪くないのに、引き延ばし感がすべてをダメにしたゲーム。単純にボリュームがあれば良い訳では無い典型例です。

突っ込みどころ満載なバカで冗長なゲーム。

こんな人には特におススメ。
・バカゲー好き。

こんな人にはおススメできない。
・飽きやすい人。

ロコサイクル/お気に入り度【50/100%】
プレイした時間・・・約5時間


 

, , ,

 

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

コメント広場の住人(4)

  1. y.crash より:

    このゲームのバイク「I.R.I.S. (アイリス)」は一応女の子って設定みたいですね。
    公式で「彼女」って表記されてますからね。
    この作品少し気になってたんですけど、微妙そうだなと思ってまだ手を出していません。
    お金に余裕があれば軽く遊ぶ程度にはいいかもしれませんが。
    あと、もともとXbox360向けに配信されてたのをXboxOneにも配信したと聞いてます。

  2. チキ より:

    kentさんの感想が気になっていたゲームです!
    銃撃は発射音や当たった時の音が地味だけど近接攻撃は派手で気持ち良かったですね。
    QTEは本来、僕は嫌いなんですけど、このゲームはダイナミックな演出で楽しませてくれるので良かったです。
    でも一部のボス戦のQTEはタイミングがシビアで嫌でしたね。
    QTEに失敗すると次の攻撃のチャンスが来るまで、ひたすら避けゲーをやらされるのが苦痛でした。
    >「クォンタムブレイク」もビックリですねw
    なんとクォンタムブレイクより先に実写ムービーを取り入れたゲームがXboxOneで出てたんですw
    まあストーリーが分岐するわけじゃないし、実写をゲームに取り入れること自体は珍しくないんですよね。ニード・フォー・スピードシリーズでもやってたし。
    仕掛けの使い回しにはウンザリしました。忘れた頃に再利用するならまだしも、それが頻繁に出てきて何度も同じことをやらされるんですから勘弁して欲しい。
    僕はそれが時間の無駄に思えて途中でプレイをやめてしまいました。
    貰える実績がデカイからクリアまで頑張りたかったけど、ゲームそのものを楽しめてないんじゃ本末転倒ですからね。
    「バイクのタイヤにズボンの裾が挟まって引きずられる」という出オチ感があるアイディアを膨らませて、これほどのバカゲーを作り上げたのは素晴らしいと思います。
    でも仕掛けの使い回し方にもう一工夫欲しかったです。

  3. kentworld より:

    >y.crashさん
    相変わらず詳しいですねw
    僕はゴールド会員特典で無料プレイしました。
    定価での購入だと厳しいですね・・・
    Xbox360でも配信されているのかよく分からないのでXboxOne向けにしました。

  4. kentworld より:

    >チキさん
    ようやくレビュー記事を公開する事が出来ました!
    近接攻撃、実績にも関わってくるだけあって
    250コンボとか達成出来た時は気持ち良かったなぁ♪
    この部分に関しては面白いと思いました。
    クイックタイムイベントは一部、判定が厳しくて何度もやられてしまいました。
    あそこはちょっとしんどかったですねぇw
    実写ムービーはこのゲームで使ってくるとは思いませんでしたw
    コミカル系で使用しているところがミソですね。
    素材の流用は上手くありませんでしたね。
    ここは本作最大の欠点です。
    僕は1日に1時間ずつプレイしたから何とか最後までプレイ出来ました。
    1日でクリアしろ!とかなったら辛すぎますねw
    アイデアの膨らまし方はバカゲーらしくて良かった。
    あとは冗長さですねぇ。同じ価格でも良いから削って欲しかった。

コメントする

初めての方もコメント大歓迎!何か伝えたい場合、お気軽にどうぞ(^o^)でも、荒らしや誹謗中傷コメントはご勘弁(>д<) 頻繁にされる場合、ログを取って法的な措置を取らせて頂きます。

関連記事

忍道2 散華【レビュー・評価】ステルスアクションとしては凡作だが、世界観が良くて遊びやすい!
オリとくらやみの森(Ori and the Blind Forest)【レビュー・評価】手ごたえのある雰囲気ゲーを求めている人へ
ニンテンドーラボ VRキット【レビュー・評価】アクション×探索×対戦×クリエイト!なんでもござれの任天堂流VRゲームパック!
ドラゴンクエストIX 星空の守り人(DQIX)【レビュー・評価】育成やソーシャル性を重視したスマホゲーの先駆け!
ロストウィンズ【レビュー・評価】Wiiリモコンの素晴らしさを再認識!
ドンキーコング トロピカルフリーズ【レビュー・評価】2.5Dアクションに進化した安定感抜群の高難易度ゲーム!
ロックマン1【レビュー・評価】難易度激辛のカプコンからの挑戦状!君はイエローデビルを倒せるか!?
スパイロ・ザ・ドラゴン【レビュー・評価】四足歩行のドラゴンがダイヤを淡々と集めていく滑空3Dアクション!
ロードオブソーサリー【レビュー・評価】魔法使いを体感できる!
バイオショック【レビュー・評価】一人称視点ゲームの可能性を感じさせてくれる作品